ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年01月20日(金)

今日の材料 2017年1月20日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年1月20日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 2017年に3回の利上げ見通し・フィラデルフィア連銀総裁

-----------------------------------------------------------------------

・ 2017年に3回の利上げ見通し・フィラデルフィア連銀総裁

フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は20日の講演で、年内に3回の利上げが行
われるとの見通しを示した。雇用が順調に伸びていることを指摘、インフレ率も
当局の目標である2%に向かって上昇しており、経済成長も底堅いと評価。2017年
の滑り出しは好調とコメントし、景気が想定通りに拡大することを前提に3回の
利上げが適切だと述べた。

ただ、金融政策による効果は限定的であることを、繰り返して指摘する価値があ
るとも強調した。金融政策は一貫した経済成長に貢献できるが、雇用や税制、貿
易などの面で景気を押し上げるのは、連邦政府や州政府、地方自治体の政策次第
であると述べた。

ハーカー総裁は2017年に米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーを務める。2017
年のFOMCはこのほか、米連邦準備理事会(FRB)の5人の理事、ダドリー・ニュー
ヨーク連銀総裁の常任メンバー、エバンス・シカゴ連銀総裁、カプラン・ダラス
連銀総裁、カシュカリ・ミネアポリス総裁で構成される。次回のFOMC会合は1月
31日-2月1日に開催予定。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時33分   パーマリンク

2017年01月19日(木)

今日の材料 2017年1月19日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年1月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 失業保険新規申請件数は23.4万件に減少、予想も下回る
・ 12月住宅着工件数は122.6万戸と前月から11.25%増加、予想上回る
・ 1月フィラデルフィア連銀指数は23.6に上昇、予想も上回る
・ 1月の月次入札予定額、総額880億ドルで前月と同じ
・ 10年TIPS入札、応札倍率は2.45

-----------------------------------------------------------------------

・ 失業保険新規申請件数は23.4万件に減少、予想も下回る

米労働省が発表した1月14日までの週の失業保険新規申請件数は23万4000件と、
前週の24万9000件(修正値)から1万5000件減少、2016年11月12日までの週以来の
低水準になった。市場予想も下回った。

雇用情勢をより良く反映するといわれる4週平均は14日時点で24万6750件と、前
週の25万7000件(修正値)から減少した。

失業保険継続受給件数は、1月7日時点で前週比4万7000件減の204万6000件となっ
た。継続受給のデータは、新規申請件数より一週間遅れで発表される。

・ 12月住宅着工件数は122.6万戸と前月から11.25%増加、予想上回る

米商務省が発表した16年12月の新規住宅着工件数は年率換算で122万6000戸と、
前月から11.25%増加した。市場予想も上回った。中西部では22万7000戸と31.21%
増加、2007年8月以来の高水準を記録した。西部と北東部も増加したが、南部だ
けは1.38%減少、2ヶ月連続のダウンとなった。前年同月との比較では5.69%の増
加、中西部と西部が増加した一方、北東部と南部は減少した。住宅タイプ別にみ
ると、一戸建てが前月から3.99%減少したが、前年同月は3.92%上回った。5世帯
以上の集合住宅は前月比で53.87%、前年に比べると10.32%それぞれ増加した。

先行指標となる建設許可件数は前月比0.17%減の121万戸と、4ヶ月ぶりの低水準
となった。市場予想も僅かに届かなかった。ただ、地域別に中西部で2.91%減少
しただけで、西部と北東部、中西部の許可件数は増加した。前年同月との比較で
は0.75%の増加、地域別にはまちまちだった。住宅タイプ別の許可件数は、一戸
建てで前月から4.74%の増加、前年からは10.70%増加した。5世帯以上の集合住宅
は前月比で10.13%減少、前年も17.06%下回った。

・ 1月フィラデルフィア連銀指数は23.6に上昇、予想も上回る

フィラデルフィア連邦準備銀行が発表した1月の企業景況感指数は23.6と前月の
19.7から上昇2014年11月以来の高水準を更新した。市場予想も上回った。なお、
連銀は季節調整値の変更に伴って全面的なデータ修正を行った。

新規受注は前月の14.9から26.0に上昇、やはり2014年11月以来の高水準を付けた
。雇用は12.8も上昇、2015年4月以来の高水準となった。一方、出荷は21.7から
20.5に低下、週平均労働時間は7.1から6.8に下がった。生産コストを示す支払指
数は28.1から32.5と、2012年2月以来の水準に上昇。販売価格を示す受取指数は
26.8と前月の8.0から大きく上がり、2008年7月以降最高となった。

向こう6ヶ月の見通しを表す指数は56.6と前月の48.7から上がり、2014年8月以来
の高水準となった。雇用は38.6と、1984年2月以降最高を記録した。新規受注は
54.5と2013年10月以来、出荷は59.1で2003年9月以来の高水準をそれぞれ付けた
。週平均労働時間は22.5と、2010年10月以来の高水準に上昇。一方、設備投資は
32.3から21.9に低下した。支払価格は46.5から49.0と2012年2月以来の水準に上
昇したが、受取価格は27.5と前月の29.1を下回った。


・ 1月の月次入札予定額、総額880億ドルで前月と同じ

米財務省は19日、24日に実施の2年債入札予定額を260億ドルにしたことを発表し
た。5年債は340億、7年債を280億ドルと決めた。いずれも前月と同額で、総額
880億ドルの入札になる。5年債入札は25日、7年債は26日に行われる。

米財務省はまた、25日に2年変動金利債(FRN)の入札を予定しており、発行額を
150億ドルとした。2014年1月に発行を始めてから、2年FRNの発行額はリ・オープ
ンも含めて据え置いたままである。

・ 10年TIPS入札、応札倍率は2.45

米財務省が19日に行なった10年インフレ連動債(TIPS)の銘柄統合入札(リ・オ
ープン)で、最高落札利回りは0.436%になった。応札倍率が2.45、外国中銀を含
む顧客の注文が占める比率は77.06%だった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時40分   パーマリンク

2017年01月18日(水)

今日の材料 2017年1月18日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年1月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 12月消費者物価指数(CPI)は前月から0.28%上昇、ほぼ予想通り
・ 12月鉱工業生産指数は前月から0.83%上昇、予想も上回る
・ 1月住宅市場指数(HMI)は67に低下、予想も下回る
・ 米経済活動、昨年末にかけて緩やかペースで拡大継続・FRB
・ 11月対米証券投資は307.6億ドルの流入超、前月から拡大
・ MBA住宅ローン申請指数は前週から0.79%上昇
・ 小売チェーンストア販売指数、前週比0.8%低下
・ 1月のチェーンストア売上高、最初の2週間で前月比3.4%減少

-----------------------------------------------------------------------

・ 12月消費者物価指数(CPI)は前月から0.28%上昇、ほぼ予想通り

米労働省が発表した2016年12月の消費者物価指数(CPI)は前月から0.28%上昇し
た。前月よりややペースの速い伸びである。変動の激しいエネルギーと食品を除
いたコア指数は0.23%の上昇。いずれも市場のほぼ予想通りだった。

エネルギーは1.46%上昇し、ガソリンが3.44%上がった。揃って前月よりプラス幅
が大きい。ガス・電力は0.06%と僅かに下落した。食品・飲料も前月比0.04%の下
落となった。コア部分では、航空運賃が1.88%上昇した。3ヶ月ぶりのプラス転換
で、しかも伸び率は2016年6月以降最大。新車は0.13%、宿泊料金が1.11%それぞ
れ上昇で、いずれも2ヶ月ぶりに前月比プラスとなった。医療や教育も前月以上
の値上がり。反面、アパレルが0.70%、2ヶ月連続の下落で、また前月以上の下げ
幅である。レクレーションはほぼ横ばいだった。

前年同月と比較すると、総合指数が2.10%の上昇で、2014年5月以降最大の伸び率
となった。コア指数は2.21%上昇した。

・ 12月鉱工業生産指数は前月から0.83%上昇、予想も上回る

米連邦準備理事会(FRB)が発表した2016年12月の鉱工業生産指数は、前月から
0.83%上昇した。2ヶ月ぶりのプラス転換で、2014年11月以来の高い伸び。市場予
想も上回った。製造業は前月比で0.17%の上昇、このうち耐久財は0.54%上昇とな
ったが、非耐久財は0.29%低下した。鉱業はほぼ横ばい、公益は6.60%上昇した。


設備稼働率は75.46%と、11月の74.89%(修正値)から上昇した。市場予想も僅かに
上回った。

・ 1月住宅市場指数(HMI)は67に低下、予想も下回る

全米住宅建設業協会(NAHB)が発表した1月の住宅市場指数(HMI)は67と、前月
の69(修正値)から2ポイント低下した。市場予想も下回った。ただ、前年同月の
61と比べると、6ポイントの上昇となる。

一戸建て住宅販売の現状を示す指数は72と前月の75(修正値)から下がったが、前
年の68は上回った。半年後の見通し指数は76と前月から2ポイント低下、前年比
にすると12ポイントの上昇となった。見込み客の活況度を表す指数は51と、前月
の52(修正値)から低下したが、前年の44からは上昇した。

・ 米経済活動、昨年末にかけて緩やかペースで拡大継続・FRB

米連邦準備理事会(FRB)が18日発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)
によると、国内の経済活動は2016年11月終わりから年末にかけて緩やかなペース
での拡大を続けた。ほとんどの地区の製造業で売り上げが増加した一方、エネル
ギー業に関するレポートはまちまちだった。自動車以外の小売売上高は概ね増加
したが、連銀の中には年末商戦が低調だったことを指摘するところもあった。ま
た、電子商取引の普及が実店舗での販売に響いている地域も少なくなかった。住
宅建設と販売はまだら模様だったが、サンフランシスコ連銀は管轄地区内の不動
産ビジネスが活発だったことを報告した。また地域や業種を超えて、2017年の景
気見通しには楽観的だっ

全ての地区の雇用が、程度こそ差はありながらも増加し、さらに連銀の大勢が労
働需給を引き締まっていると評価した。2連銀は地区内のレイオフを指摘しなが
ら、ほかの連銀同様にほとんどのビジネスが雇用の純増を報告。専門職の人材不
足の傾向が広がっており、またさほど技術を要しない職種でも人材確保に窮して
いる地区もあったという。一部の地区では賃金の上昇圧力が強まった。多くの連
銀は、地区内で2017年に賃金が上昇、雇用は安定しているか拡大を続ける見通し
になっていると伝えた。

物価に関すると、前回のベージュブック以降に上昇圧力がやや強まった。インプ
ットコストの増加は、最終財の値上がり以上だったという。小売業者の販売価格
に開きはあったが、平均すれば他社との値引き合戦によって、横ばいもしくは下
落となった。農産物の価格は低迷。住宅価格が安定あるいは小幅上昇した。一部
の連銀は、地区内のビジネスが2017年にインプットコスト、販売価格ともにさら
に上向く見通しを示したと伝えた。

今回のベージュブックは、1月9日までに収集した情報データをもとにボストン連
銀がまとめた。1月31日-2月1日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合での政策
決定における討議資料となる。

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から0.79%上昇

米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)によると、住宅ローン申請総合指数は1月
13日時点で382.22と、前週から0.79%上昇した。新規購入指数は5.17%低下したも
のの、借り換え指数が6.8%上がった。

・ 小売チェーンストア販売指数、前週比0.8%低下

米小売調査会社リテール・エコノミストと金融大手ゴールドマン・サックスが集
計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、1月
14日時点で前週から0.8%低下した。前年同期に比べると0.4%の上昇。

・ 1月のチェーンストア売上高、最初の2週間で前月比3.4%減少

米小売調査レッドブック・リサーチが18日に発表したレポートによると、1月の
国内チェーンストア売上高は最初の2週間で前月から3.4%減少した。前年同期と
比べると0.6%の増加という。

・ 11月対米証券投資は307.6億ドルの流入超、前月から拡大

米財務省が発表した2016年11月の対米証券投資は307億5700万ドルの流入超とな
った。2ヶ月連続して流入が流出を上回り、また純流入額は前月の93億2800万ド
ル(修正値)から拡大。米国長期債は8ヶ月連続して流出超だが、純流出額が2億
500万ドルと前月の635億3700万ドルから大きく縮んだ。一方、株式が57億8900万
ドル、社債が16億7500万ドルそれぞれ流出超に転じた。エージェンシー債が流入
超だが、純流入額が前月の324億1400万ドルを下回る209億6700万ドルだった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 18時09分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1月

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ