ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年04月05日(水)

今日の材料 2017年4月5日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月5日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 3月ADP民間雇用数は前月から26.3万人増加、予想上回る
・ 3月ISMサービス指数は55.2に低下、予想も下回る
・ FRB高官、年内バランスシート正常化で討議・3月FOMC議事録
・ MBA住宅ローン申請指数は前週から1.61%低下
・ ユーロシステムの金準備高は四半期調整で221億2,700万ユーロ増加
・ EIA在庫:原油は157万バレルの積み増し、石油製品は減少

-----------------------------------------------------------------------

・ 3月ADP民間雇用数は前月から26.3万人増加、予想上回る

雇用関連サービスADPによると、3月の非農業部門民間雇用数は前月から26万3000
人増加した。2月の増加数が29万8000人から24万5000人に下方修正されたため、3
月に2014年12月以来の大幅増を記録した格好になり、市場予想も上回った。民間
雇用は2016年11月から5ヶ月連続で20万を超える増加となった。

鉱業と建設を含む製造業は8万2000人の増加、5ヶ月連続だが、前月の10万人(修
正値)より小幅増にとどまった。建設は4万9000人の増加、製造業だけでは3万人
増加した。サービス業の雇用は18万1000人増と、前月の14万5000人(修正値)を
上回る増加となった。

・ 3月ISMサービス指数は55.2に低下、予想も下回る

米供給管理協会(ISM)によると、3月の非製造業(サービス)NMI指数は55.2と
前月の57.6から2.4ポイント低下、2016年10月以来の低水準となった。市場予想
も下回った。ビジネス指数は63.6から58.9に下がった。3月にビジネスの拡大を
報告した産業は、マネジメント・サポート、公益、卸売など15業種で、前月の16
業種から減少した。ビジネスが振るわなかったのは情報関連、教育、プロフェッ
ショナル・サービスの3業種だった。

新規受注は58.9と前月の61.2から低下、雇用は55.2から51.6に低下した。在庫は
48.5と3.5ポイント低下、2ヶ月ぶりに増加・減少の境目である50を下回った。価
格は57.7から53.5に低下した。一方、輸出は57.0から62.5に上昇した。

・ FRB高官、年内バランスシート正常化で討議・3月FOMC議事録

米連邦準備理事会(FRB)が5日に発表した3月14-15日の米連邦公開市場委員会
(FOMC)議事録によると、メンバー以外の高官も含む会合参加者の間で今年終わ
りにもバランスシートの正常化を開始するとの見方が出ていたことが明らかにな
った。景気が想定通りに回復することを前提に、ほとんどの参加者は緩やかなペ
ースの利上げを続け、また今年終りに当局が保有する住宅担保ローン証券などの
償還金をエージェンシー債へ再投資する方針を変更するのが適切と判断していた
という。

ただ、取り組み方を巡っては利点とコストが討議され、段階的に行うことで市場
の混乱や誤解を招くリスクが軽減されると指摘が挙がった一方、全面停止は市場
とのコミュニケーションが容易になり、またバランスシートの正常化を進めやす
いとの見方もあったとされている。

ほぼ全ての参加者は、完全雇用もしくはそれに近い状態にあると判断したが、物
価に関しては見方がまちまちだった。複数の参加者はコアインフレが物価の行方
を読むのにより役立つとし、直近のデータからインフレ率が当局の2%に到達する
までまだしばらく時間が駆るとの見方を示した。一部の参加者はインフレ率が目
標までそう遠くにあるわけではないとみながら、中期的な物価の安定化のために
も徐々に金融緩和を削除していくべきだと主張した。一方ほかの参加者からは、
1月時点での個人消費支出(PCE)物価指数の前年比伸び率が2%近くにあり、コア
は1.75%程度だったことを取り上げ、インフレ目標を達成したか、今年終わりに
は達成が見込まれ、より速いペースの利上げが正当化されるとの見方を示した。
FOMCメンバーに限れば、最近のエネルギー価格の上昇により、物価が目先、一時
的に2%の目標も超える上昇となるかもしれないとし、中期的には2%前後で安定す
ると見越した。

メンバーの間ではこのほか、財政政策やほかの政策方針が変更された場合の影響
に大きな不透明感があると判断した。ただ、目先のリスクについてはほぼ均衡し
ているようだとし、数人のメンバーが米景気の上振れる可能性がここ数ヶ月間で
財政政策などをめぐりやや高まり、逆に海外で下振れリスクが若干後退したとの
見方を示した。

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から1.61%低下

米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)によると、住宅ローン申請総合指数は3月
31日時点で397.1と、前週から1.61%低下した。新規購入指数は0.71%上昇したも
のの、借り換え指数が4.16%落ち込んだ。

・ ユーロシステムの金準備高は四半期調整で221億2,700万ユーロ増加

ECBが5日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高
(受取勘定含む)は3月31日現在4,041億8,800万ユーロと前週から221億2,700万ユ
ーロ増加した。増加は四半期毎に行う評価基準価格の調整に伴うもので、調整前
では前週から変わらずとなった。

・ EIA在庫:原油は157万バレルの積み増し、石油製品は減少

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した在庫統計によると、3月31日現在の米国
内民間原油在庫は前週から156.6万バレルの積み増しとなった。市場では取り崩
しを予想していた。中西部の石油供給拠点となるオクラホマ州クッシングの在庫
は、141.3万バレル増加した。戦略備蓄原油(SPR)は前週から52.4万バレル減少
した。石油製品の在庫はガソリンが61.8万バレルの取り崩し、ディーゼル燃料や
暖房油となる留出油は53.6万バレルの取り崩し、いずれも予想を下回った。原油
と石油製品をあわせた在庫は、104.1万バレルの積み増しとなった。製油所稼働
率は90.79%と前週から1.53ポイント上昇、原油輸入は日量785.0万バレルと前週
から37.4万バレル減少、国内石油需要は日量1,970.3万バレルと前週から17.1万
バレル減少、国内原油生産は日量919.9万バレルと、前週から5.2万バレル増加し
た。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時49分

ページのトップへ ページのトップへ

4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ