ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年04月06日(木)

ドル/円は金融政策より米政権の先行き不透明感から軟調に推移
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月6日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドル/円は金融政策より米政権の先行き不透明感から軟調に推移

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・3月米企業解雇予定数 (07:30)
・失業保険新規申請件数 (08:30、予想24.5万件、前週25.8万件)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)



●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1491477012.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 該当銘柄なし
売り: 砂糖、コーヒー

コメント

原油 ・・・ 目先は流れが弱気に転じると予想する。シェールオイルの生産が順
調に増加する中、米国内需給は改めて弱気に傾く可能性が高く、在庫も再び積み
増し傾向が強まってくるだろう。OPECの減産に関しては、サウジが積極的に減産
を進める姿勢を見せなくなって以降、積極的に買い材料視する向きもなくなって
きている。やはり一度の減産だけで需給を引き締め、流れを強気に変えることは
無理ということだ。5月の次回総会では追加減産が打ち出される可能性もあると
見るが、それまでに一旦は0ドル台半ばから前半まで値を下げるのではないか。
〓軟調〓

天然ガス ・・・ 目先は需要動向や在庫の推移を睨み、投機的な売り買いに振り
回される展開が続くと予想する。この先は季節的に暖房需要も減少、相場の大き
な重石となるとは思われるが、一方で原発の稼動停止が相次いだことで、発電需
要が増加するとの見方が強まってきていることには注意が必要だ。需要の高止ま
りによって今後の在庫積み増しペースが平年を下回るようだと、改めて買いが集
まってくることも十分に考えられよう。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。前日のFOMC議事録では年内にも
バランスシートの縮小に乗り出す可能性が示されるという、ややタカ派的な内容
となったが、市場の反応は限定的。現時点ではFRBの金融政策よりも、トランプ
政権の先行き不透明感などを背景とした安全資産としての需要が相場を動かして
いる部分が大きいということなのだろう。次から次へと問題が浮上、求心力の低
下するするトランプ政権が、早期に税制改革などの経済政策に着手する可能性は
低く、期待が失望に変わる中で買い意欲は更に強まるのではないか。 〓堅調〓

小麦 ・・・ 目先はまだしばらく生産地の天候や生育状況、コーンやドルの値動
きなどを睨み、投機的な売り買いに振り回される展開が続くと予想する。米国の
作付が減少、生育状況次第では生産の落ち込みにより国内需給が逼迫する可能性
が出てきたことは大きな下支えとなるだろうが、世界市場には依然として供給が
潤沢にあるのも事実。この先天候に恵まれイールドが上昇するなら需給も逼迫す
ることはなく、改めて売り圧力が強まることもあり得るだろう。生育が進み生産
見通しが固まってくるまでは、明確な方向感が出てくることもないのではないか
。 〓乱高下〓

コーン ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。先の意向調査で作付が前年
から大幅に減少するとの見通しが示されたことの影響は大きく、生育期に乾燥が
続くなどしてイールドが低下するなら、生産の大幅な減少によって需給が一気に
引き締まる可能性も十分に高い。全ては天候次第だし、作付が本格化していない
段階では一方的な相場展開になるとも思えないが、そうした懸念だけでも380セ
ントまでは値を伸ばすのではないか。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。降雨によってブラジルやアル
ゼンチンの収穫作業に影響が出るとの懸念が出てきているが、収穫を放棄せざる
を得なくなるほどの豪雨にでもならない限り、最終的に買いを呼び込む材料とは
ならないだろう。米国の生産地の降雨も同様で、現時点では作付の遅れを気にす
る必要はない。作付の増加や輸出の低迷が重石となる中、このまま9ドルの節目
を割り込むまでは値を下げるのではないか。 〓軟調〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。前日にはインド政府が50万ト
ンに上る免税輸入を承認するとの見通しが浮上したことを受けて大きく買いが先
行したものの、最後は結局マイナス圏まで売りに押し戻される展開。50万トンで
は量的に不十分と見られた可能性は高いが、地合が依然として弱気に傾いている
のは間違いないだろう。新たな買い材料が出てこない限り、このまま15セント台
前半までは値を下げるのではないか。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。昨年の干ばつによるロブ
スタ種の需給逼迫はもはや材料とはならず、新年度のブラジルのアラビカ種生産
が前年から減少するとの見通しも、収穫サイクルの裏作にあたる年としてはそれ
ほど大きな落ち込みではないとの見方が浮上、買いの手掛かりとはならなくなっ
ている。今後も決め手となる材料に欠ける中、これまでの流れを継いだ投機的な
売りにジリジリと押されていくのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先はこのまま価格調整が進むと予想する。前日のFOMC議事録
発表後の急落はかなりのものだったが、FRBのバランスシート縮小よりも、参加
者から株価水準が高いことに対する懸念が示されたことが、売りを呼び込んだ可
能性が高いと考える。トランプ政権の先行き不透明感が高まる中、小さな悪材料
にも反応しやすくなっているのだろう。次に何か新たな問題が出てくれば、2万
の大台を一気に割り込むこともあるのではないか。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先はトランプ政権の先行き不透明感の高さから投資家のリスク回
避の動きが強まる中、流れがもう一段円高ドル安に傾くと予想する。日米欧の中
銀の金融政策の比較に注目が集まれば、ドル高の流れが進んでも不思議ではない
が、当面そうした方向に流れが傾いていくことはないだろう。年内あと2回の利
上げは既に織り込み済みとなっているが、トランプ政権の経済政策よって景気の
回復ペースが速まることが前提となっていることも忘れるべきではない。経済政
策の進捗が遅れれば、利上げ観測が急速に後退することもあり得るだろう。 〓
円高ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時18分

ページのトップへ ページのトップへ

4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ