ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年11月03日(金)

今日の材料 2017年11月3日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年11月3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 10月失業率は4.07%と前月の4.22%から低下、予想も下回る
・ 10月非農業雇用数は前月から26.1万人増加、予想は下回る
・ 9月貿易収支は434.95億ドルの赤字に拡大、予想はやや下回る
・ 9月の製造業受注、1.38%増加で市場予想も上回る
・ 10月のISM非製造業指数、60.1と2008年の算出開始以降最高
・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は898基と前週から11基減少
・ 9月の米国金輸入は前月から19.44%減少、商務省

-----------------------------------------------------------------------

・ 10月失業率は4.07%と前月の4.22%から低下、予想も下回る

労働省が発表した10月の失業率は4.07%と前月の4.22%から低下した。2000年12月
以来の低水準で、市場予想も下回った。失業率の母数で、実際に就労中の人や就
職活動を行っている失業者、学生など自己申告をベースとした労働力人口は76万
5000人の減少と、5月以来のマイナス。労働参加率は62.7%と、前月に63.1%と201
4年3月以来の高水準となったのから低下した。非労働力人口は、96万8000人の増
加と、2013年10月以来の大きな前月比プラスとなった。一方、非労働力人口の中
で仕事を求めている向きは2ヶ月連続の減少、減少数は44万3000人と前月の2倍以
上となった。

労働力人口のうち、就業者は48万4000人と、2013年10月以来の大きな落ち込みと
なった。労働力人口の中で就業者が占める割合は前月の60.4%から60.2%に低下。
失業者は28万1000人と2ヶ月連続で減少したが、減少数は前月より小幅なものに
とどまった。27週間以上の長期失業者は11万2000人と3ヶ月連続で減少した。

・ 10月非農業雇用数は前月から26.1万人増加、予想は下回る

米労働省が発表した10月の非農業雇用数は、前月から26万1000人増加した、市場
予想は下回ったのの、2016年7月以来の大幅増である。また、9月が当初3万3000
人減少、2010年9月以来のマイナスとされていたのから、1万8000人増加に修正と
なった。8月の増加数は16万9000人から20万8000人に引き上げられた。2017年の
雇用は年初から10月まであわせて168万5000人増加、一ヶ月当たり16万8500人の
増加となる。前年同期の192万1000人、月平均19万2100人を下回った。

政府分を差し引いた民間の雇用は25万2000人の増加となり、また前月の上方修正
もあって、2010年3月からの連続増加を維持した格好になる。資源・鉱業や建設
を含めた製造業全体の雇用は3万3000人と3ヶ月連続で増加した。鉱業・資源は
2000人減少したが、建設が1万1000人増加。製造業だけでは2万4000人の増加に
なった。民間サービス業は21万9000人増え、前月に2009年12月以来で減少したの
から改善した。プロフェッショナルサービスのカテゴリーに入る一時雇用は1万
8300人の増加で、2016年11月以来の大幅プラスとなった。政府雇用は9000人の増
加と、5ヶ月連続して前月を上回った。

週平均労働時間は前月比横ばいの34.4時間で、市場の予想通りでもあった。時間
あたり賃金は26.53ドルになり、前月の26.54ドルから僅かにも下がった。前年比
では2.43%の上昇、2016年2月以来の小さな伸び率となった。

・ 9月貿易収支は434.95億ドルの赤字に拡大、予想はやや下回る

米商務省が発表した9月の貿易収支は、434億9500万ドルの赤字となった。赤字幅
は前月の427億6500万ドル(修正値)から1.71%膨らみ、市場予想も僅かに下回っ
た。2017年に入って9月まであわせて3613億6000万ドルの赤字で、前年同期から
9.30%拡大した。

輸入が前月から1.18%増加し、5ヶ月ぶりのプラス転換となった。しかも、1月以
来の高い伸びである。モノも1.22%、5ヶ月ぶりの増加。サービスも0.98%の増加
に転じた。輸出は1.06%増加し、モノだけで1.39%増えた。サービスは0.42%増加
した。一方、実質値(リアルマネー)では、モノの赤字が622億500万ドルと、前月
の621億6600万ドル(修正値)から小幅膨らんだとなった。

国・地域別の貿易収支をみると、対中国の赤字が346億3800万ドルと、前月の348
億9400万ドルからやや父んだ。対日赤字も65億5400万ドルから48億3900万ドルに
縮小。対カナダやメキシコ、欧州の赤字幅も前月を下回った。石油輸出国機構
(OPEC)に対しては、前月に14億5700万ドルの赤字だったのから6億2500万ドル
の黒字に転じた。

・ 9月の製造業受注、1.38%増加で市場予想も上回る

米商務省によると、9月の製造業新規受注は4784億5500万ドルと前月から1.38%増
加した。2ヶ月連続アップで、また前月以上の伸び率、市場予想も上回った。運
輸機器が4.70%の増加になり、このうち民間機だけで30.78%増えた。軍用機は
2.50%の増加に転じた。ただ、自動車および部品が0.14%減少した。このほか、コ
ンピューター・電子機器が1.93%増え、金属製品も1.68%の増加。反面、家具が
1.08%減少した。

受注は運輸を除くと0.72%の増加となった。防衛を除いて1.33%増加。耐久財の受
注は2.01%の増加と、速報の2.16%よりやや小幅プラスに改定となった。非耐久財
受注は0.75%増加した。非防衛資本財の受注は6.42%増加、航空機を除いた場合で
1.73%の増加となった。

・ 10月のISM非製造業指数、60.1と2008年の算出開始以降最高

米供給管理協会(ISM)によると、10月の非製造業(サービス)NMI指数は60.1と
前月の59.8から上昇し、2008年に指数の算出開始以降最高となった。NMI指数以
前の非製造指数からみると2005年8月以来の高水準。市場予想も上回った。ビジ
ネス指数は61.3から62.2に上昇した。10月にビジネスの拡大を報告した産業は農
林漁業、建設、輸送関連など16業種。ビジネスが振るわなかったのは、教育、美
術・娯楽の2業種だった。前月にビジネス拡大となったのが15業種、不振は2業種
だった。

雇用が57.5で、前月の56.8から上昇した。輸出が4ポイント上昇の60.0、在庫も
51.5から52.5に上がった。反面、新規受注は63.0から62.8に小幅低下。受注残は
2.5ポイント下がって53.5となった、価格は66.3から62.7にダウン。

・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は898基と前週から11基減少

石油サービスのベーカーヒューズ社が3日に明らかにしたデータによると、米国
内で稼働中のリグ(掘削機)は同日現在898基と前週から11基減少した。前年から
は329基、57.8%の増加となる。このうち石油のリグは729基と8基減少、天然ガス
のリグは169基と3基減少した。前年比ではそれぞれ62.0%、44.4%の増加となる。


・ 9月の米国金輸入は前月から19.44%減少、商務省

米商務省が3日に発表した貿易収支によると、9月の金輸入は4,764.874キログラ
ムと前月の5,914.562キログラムから19.44%減少した。前年同月の9,170.802キロ
グラムからは48.04%の減少となる。年初来の累計で6万2,320.924キログラムと、
前年同期の14万2,371.623キログラムを56.23%下回っている。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時57分

ページのトップへ ページのトップへ

11月

2017


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ