ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2018年02月05日(月)

株は市場が金利の上昇を材料視するようになる中、価格調整続く
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2018年2月5日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株は市場が金利の上昇を材料視するようになる中、価格調整続く

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・1月ISM非製造業指数 (10:00、予想56.7、前月55.9)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2018/02/images/1517822772.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 天然ガス、ドル/円
売り: コーン、砂糖

コメント

原油 ・・・ 目先は強気の流れが続くと予想する。長期金利の上昇やドル高の進
行が投機的な売りを呼び込む可能性には十分な注意が必要だが、それで大きな流
れが弱気に転じてしまうことはないだろう。OPECや非OPEC産油国の減産や世界的
な景気回復に伴う需要の増加によって、足元の需給はかなり逼迫した状態にある
。米シェールオイルの生産は増加しているが、需要の増加分を何とか賄うだけで
精一杯というのが実際のところ。季節的な傾向に反して在庫の取り崩しが続く可
能性も高く、相場の大きな下支えとなるのではないか。 〓堅調〓

天然ガス ・・・ 目先は流れが改めて強気に転じると予想する。今のところ厳し
い冷え込みは予想されておらず、暖房需要の増加には期待しにくい状況だが、だ
からといって直近の安値を試すまで相場が崩れることもないだろう。在庫は過去
5年平均を16%下回っており、今後も大幅な取り崩し続けば春先に深刻な供給不足
が生じる恐れも十分に高い。こうしたリスクを抱えた状況にあることを考えれば
、3ドルを割り込む水準はやはり割安だ。 〓押し目待ち〓

金 ・・・ 目先は弱気の展開が続くと予想する。FOMCで今年度の物価が上昇する
との見通しをはっきりと示したことや、1月の雇用統計が予想より強気の内容と
なったことを受け、市場ではこの先FRBが利上げのペースを速めるとの見方が急
速に強まっている。税制改革法案が成立、今後も減税によって企業収益が拡大、
景気の回復ペースが速まる一方で財政赤字が拡大するとの見方も支えとなる中、
長期金利はこの先も上昇を続けるだろう。FRBの利上げや金利の上昇は一番の売
り材料、こうした状況下で下落の流れには絶対に逆らうべきでない。 〓弱気〓

小麦 ・・・ 目先は堅調な流れが続くと予想する。ドル高の進行が投機的な売り
を呼び込む可能性には注意が必要だが、米南部の生産地で昨年から乾燥が続いて
いることや、年初の厳しい寒波によって冬小麦の作柄が悪化しているとの見通し
が、それ以上の押し上げ要因となるだろう。実際に作柄にどの程度の悪化してい
るのかは休眠期が明けてみないと分からないが、市場の懸念が高まるのであれば
買いの勢いも衰えないのではないか。 〓堅調〓

コーン ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。好調な輸出が支え
となる中で、もう一段買いが入ってくるかもしれないが、期末在庫が87/88年度
以来の水準まで積み上がるという、需給見通しの弱さが変化しない限り、上昇局
面では生産者を中心とした売りが上値を押さえるだろう。新年度の作付動向が材
料視されるようになってくれば、新たな動きが見られるようになるかもしれない
が、それまでに一旦大きく値を崩すことになりそうだ。 〓軟調〓

大豆 ・・・ 目先はこのまま流れが弱気に転じると予想する。期末在庫が06/07
年度以来の高水準まで積み上がるという足元の需給の弱さに加え、ここへきて輸
出のペースが鈍ってきていることが、改めて大きな重石となるだろう。新年度の
作付に関しても、今のところはコーンを逆転するまでに増加すると見方が優勢と
なっており、こちらも弱気に作用することになりそうだ。長期金利の上昇を背景
としたドル高の進行が、投機的な売りを呼び込む可能性にも注意が必要、中長期
的に9ドルの節目割れを試すような展開となることも、十分にあり得るのではな
いか。 〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。相場には売られ過ぎ
感も強く、ポジション整理の買い戻しはいつ入ってきても不思議ではないが、足
元の需給は依然として弱気に傾く中、上昇局面では生産者を中心とした売りが頭
を押さえることになるだろう。特にインドの動向には注意が必要、生産見通しは
改めて引き上げられる可能性が残っているほか、輸入関税を引き上げようとする
動きがあることも、弱気に作用するのではないか。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先はまだしばらく120セント台前半を中心としたレンジ内で
、レアルの動きを睨みながらの不安定な展開が続くと予想する。120セントを割
り込む水準では買い意欲も強く、既に当面の底値をつけた可能性は高いと考える
が、ブラジルCONABが新年度の生産が過去最高を大幅に更新するという見通しを
出したことも、無視する訳にはいかない。当面は様子見に徹し、120セントの支
持線でしっかりと下げ止まるのかを見極めたい。 〓様子見〓

ダウ平均 ・・・ 目先は価格調整の流れが強まる予想する。2日の雇用統計が予
想以上に強気の内容だったことを受けて長期金利が上昇、市場はいよいよこれを
懸念材料視するようになってきた。この先も賃金上昇圧力が強まるなら、FRBが
利上げのペースを速めるとの見方も浮上しており、しばらくはポジション整理の
売り圧力が弱まることもないだろう。ここまでの上昇のペースが速かっただけに
、調整が一気に進むことも考えられる。 〓価格調整〓

為替 ・・・ 目先は流れがドル高に傾くと予想する。2日の雇用統計は非農業雇
用数が予想を上回る伸びとなったほか、時間当たり賃金も前年比では2009年6月
以来の大きな伸びとなり、インフレ圧力が高まる中でFRBが利上げのペースを速
めるとの見方が一気に強まる格好となった。一方ではトランプ政権が国内産業の
保護のためにドル安政策を採るとの見方や、米株の調整が重石となる部分もあり
、このまま一気に流れが変わってしまうのかは何ともいえないところだか、長期
金利の上昇が続く可能性は高く、やはり流れはドル高と見ておくべきだろう。
〓ドル高〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 05時54分

ページのトップへ ページのトップへ

2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ