ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2018年02月06日(火)

今日の材料 2018年2月6日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年2月6日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 12月貿易収支は531.18億ドルの赤字に拡大、予想も上回る
・ 12月の求人数581.1万人、前月から16.7万人減少
・ 小売チェーンストア販売指数、前週比1.9%低下
・ 1月のチェーンストア売上高、5週ベースで前月比横ばい
・ 3年債入札、応札倍率は3.00と前回下回る、利回りは上昇
・ 2017年10-12月期の世界金需要は前期比で16.3%増加、WGC
・ ユーロシステムの金準備高は5週連続で前週から変わらず
・ 12月の米国金輸入は前月から7.18%減少、商務省
・ EIA、世界石油需要見通しを前月から引き上げ
・ API在庫:原油は105万バレルの取り崩し、増加予想に反する

-----------------------------------------------------------------------

・ 12月貿易収支は531.18億ドルの赤字に拡大、予想も上回る

米商務省が発表した2017年12月の貿易収支は、531億1800万ドルの赤字と、2008
年10月以来の大幅赤字を記録した。前月比にして5.32%の赤字拡大、市場予想も
上回った。2017年は5660億3100万ドルの赤字で、前年から12.13%と大きく膨ら
み、2008年以来の高水準を記録した。

12月の輸入は前月から2.49%増加、モノだけで2.91%増えた。サービスは0.57%増
加し、11月の修正もあって4ヶ月連続アップである。輸出は1.77%の増加で、前月
より小幅プラス。モノが2.54%、サービスは0.22%それぞれ増加した。実質値(リ
アルマネー)では、モノの赤字が684億4800万ドルと、赤字幅は前月から2.99%膨
らんだ。

国・地域別の貿易収支をみると、対中国の赤字が308億800万ドルと前月の354億
3100万ドルから縮んだ。対日赤字は57億5600万ドルから55億2700万ドルに縮小。
このほか、メキシコに対する赤字幅も前月より小さいが、カナダ、欧州に対して
は赤字拡大。対石油輸出国機構(OPEC)は、前月に12億6100万ドルの赤字だった
のから2億1100万ドルの黒字に転じた。

・ 12月の求人数581.1万人、前月から16.7万人減少

米労働省が発表した2017年12月の求人・労働力異動調査(JOLTS)によると、求
人数は581万1000人と、前月から16万7000人減少した。3ヶ月連続ダウンで、また
減少数は前月の5万3000人(修正値)を上回る。民間で17万6000人の減少とな
り、このうち建設業は5万2000人ダウン。製造業が4万人減り、耐久財と非耐久財
それぞれ2万人減少した。プロフェッショナルサービスは11万9000人の減少とな
り、2016年8月以来の大きな落ち込みである。一方、レジャー・ホスピタリティ
ーが4万2000人増加した。政府は1万人の増加。求人率は3.80%で、前月の3.91%
(修正値)から低下した。

新規採用は前月比5000人減少の548万8000人になり、採用率は前月の3.74%(修正
値)から3.73%に小幅下がった。辞職とレイオフ・解雇などを含む離職数は2万
6000人増加して523万8000人。このうち自発的離職が9万8000人アップだが、解雇
は8万人減少である。離職率は3.56%になり、前月の3.55%(修正値)からやや上
昇した。

・ 小売チェーンストア販売指数、前週比1.9%低下

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデ
ータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、2月3日時点で
前週から1.9%低下した。前年同期比にすると2.7%の上昇になる。

・ 1月のチェーンストア売上高、5週ベースで前月比横ばい

米小売調査レッドブック・リサーチが6日に発表したレポートによると、1月の国
内チェーンストア売上高は5週ベースで前月比横ばいとなった。前年同期と比べ
ると3.2%の増加という。

・ 3年債入札、応札倍率は3.00と前回下回る、利回りは上昇

米財務省によると、3年債入札で最高落札利回りは2.280%となり、1月の前回入札
で2.080%だったのから上昇した。応札倍率が3.00と前回の3.13からダウン、外国
中銀を含む顧客の注文が占める比率も49.76%で前回の54.90%を下回った。

・ 2017年10-12月期の世界金需要は前期比で16.3%増加、WGC

ワールドゴールドカウンシル(WGC)が発表したゴールド・ディマンド・トレン
ドによると、2017年10-12月期の世界金需要は1,095.8トンと、前期比で16.3%増
加した。7-9月期は915.0トンから942.3トンに上方修正された。前年同期比では
5.8%の増加となる。このうち宝飾需要は648.9トンと、前期比で31.4%の増加、前
年同期比では2.9%の増加。工業や歯科治療などのテクノロジー需要は88/.2トン
と前期から4.6%、前年同期比で4.5%それぞれ増加した。投資需要は285.6トンと
前期から16.7%、前年同期比では41.1%それぞれ増加、このうち金塊、コインなど
の一般向けの投資は256.7トンと前期から10.9%増加、前年同期比では31.7%の減
少となった。ETF投資は28.9トンと前期から118.6%増加、前年同期はネットで
173.4トンのマイナスだった。中銀など公的機関の保有金購入は73.1トンと前期
から38.9%減少、前年同期からは38.3%の減少となった。

10-12月期の世界供給は鉱山生産が833.1トンと前期から2.4%減少、前年同期から
は1.7%の減少となった。生産者のヘッジは15.0トンのマイナス、前期は8.3トン
のプラス、前年同期は24.6トンのマイナスだった。スクラップ供給は276.6トン
と前期から12.7%減少、前年同期からは7.6%の増加となった

・ ユーロシステムの金準備高は5週連続で前週から変わらず

ECBが6日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高
(受取勘定含む)は2月2日現在3,763億100万ユーロと、5週連続で前週から変わら
ずとなった。

・ 12月の米国金輸入は前月から7.18%減少、商務省

米商務省が6日に発表した貿易収支によると、12月の金輸入は9,078.256キログラ
ムと前月の9,780.726キログラムから7.18%減少した。前年同月の7,293.123キロ
グラムからは24.48%の増加となる。年初来の累計では8万8,856.249キログラム
と、前年同期の16万8,104.194キログラムを47.14%下回っている。

・ EIA、世界石油需要見通しを前月から引き上げ

米エネルギー省情報局(EIA)は9日に発表した短期アウトルックで、2018年度の
世界石油需要を日量1億23万バレルと推定、前月から12万バレル引き上げた。前
年比では173万バレル、1.76%の増加となる。2017年の需要は日量9,850万バレル
と11万バレルの上方修正、2019年度の需要は日量1億195万バレルと19万バレルの
引き上げ、前年からは172万バレル、1.72%増加する見通しとなった。

2018年度の世界石油供給は日量1億43万バレルと前月から9万バレルの引き上げ、
前年からは245万バレル、2.50%の増加となる。2017年の供給は日量9,798万バレ
ルと1万バレルの上方修正、2019年は1億217万バレルと6万バレルの引き上げ、前
年から174万バレル、1.73%増加する見通しとなった。OPECの1月の石油生産は、
日量3,241.0万バレルと前月から10.0万バレル増加。リビアの生産が4万バレル回
復したほか、サウジが3万バレル、イラクが3万バレルそれぞれ増加、一方ベネズ
エラは4万バレル減少した。

価格見通しは、2018年のWTI原油価格平均が1バレル58.28ドルと前月から2.95ド
ルの引き上げ。2017年は50.79ドルと据え置きとなった。2019年は57.41ドルに低
下する見通しで、前月からは0.08ドルの引き上げとなる。レギュラーガソリンの
小売価格は2018年が1ガロン 2.62ドルと前月から5セントの引き上げ、2017年は
2.42ドルで据え置き、2019年は2.58ドルと前年からは低下するものの、前月から
は1セントの引き上げとなった。

・ API在庫:原油は105万バレルの取り崩し、増加予想に反する

全米石油協会(API)の発表によると、2月2日現在の原油在庫は前週から105.0万
バレル減少、3週ぶりの取り崩しとなった。市場では積み増しを予想していた。
中西部の石油供給拠点で、NYMEX先物の受け渡し地点に指定されているオクラホ
マ州クッシングの在庫は、63.3万バレルの取り崩しとなった。ガソリンは22.7万
バレルの取り崩し、暖房油やディーゼル燃料となる留出油は455.2万バレルの積
み増しとなった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時37分

ページのトップへ ページのトップへ

2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ