ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2018年02月07日(水)

大豆は需給の弱さや輸出の伸び悩みが材料視される中、改めて弱気
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2018年2月7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大豆は需給の弱さや輸出の伸び悩みが材料視される中、改めて弱気

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・10年債入札 (13:00)
・12月消費者信用残高 (15:00、予想200億ドル増、前月279.5億ドル増)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2018/02/images/1517997202.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 原油、天然ガス、コーン、ドル/円
売り: 大豆、砂糖、10年債

コメント

原油 ・・・ 目先しばらくは金融市場の混乱が続く中、株価の動向を睨みながら
の不安定な展開が続くことになりそうだ。在庫も季節的に積み増し傾向が続く可
能性があり、当面上値は重いままかもしれない。中長期的には、流れが改めて強
気に傾くと予想する。世界的な景気回復に伴う需要増や産油国の減産によって足
元の需給は逼迫しており、夏場に向けてガソリン需要が強まってくれば、在庫も
再び取り崩しが進むようになるだろう。産油国の動向にも注意が必要、供給に余
裕がないだけに一時的な生産停止に市場が大きく反応することも考えられる。
〓堅調〓

天然ガス ・・・ 目先はまだしばらく上下に不安定に振れる展開が続くかもしれ
ないが、その後は流れが改めて強気に転じると予想する。今月半ばにかけて平年
以上に気温が上昇するとの天気予報を見る限り、暖房需要の更なる増加には期待
できないが、一方で在庫が平年を16%も下回る水準にあることも忘れるべきでは
ない。この先も大きな取り崩しが続くなら、春先に深刻な供給不足が生じること
も十分にあり得るだろう。天候パターンが変わり、再び厳しい寒波に見舞われる
可能性も残っており、そうしたリスクを考えれば、今の水準はやはり割安だ。
〓押し目待ち〓

金 ・・・ 目先しばらくは株価の動向などを睨みながら投機的な売り買いが交錯
、不安定な展開が続くと思われる。株式市場の混乱はしばらく収束することはな
く、当面は様子見に徹しているのが無難だろう。金利の上昇が嫌気されるなら株
と共に大きく値を下げるだろうが、株価の急落が安全資産としての需要を呼び込
む可能性もあるだけに、予想は難しい。中長期的には長期金利の上昇が重石とな
る中で、改めて弱気に転じるのではないか。 〓乱高下〓

小麦 ・・・ 目先は流れが改めて強気に転じると予想する。このところの降雨予
報で懸念は後退しているとはいえ、それまでの乾燥気候や年初の厳しい寒波の影
響で、米冬小麦の作柄の大幅な悪化は避けられないと見て良いだろう。この先は
被害の実態も徐々に明らかになってくると思われるが、イールドの低下や生産見
通しの引き下げなどに注目が集まり買いが加速するというパターンは、この先何
度も見られることになるのではないか。 〓堅調〓

コーン ・・・ 目先は輸出の好調さが下支えとなる中、流れが強気に傾く予想す
る。足元の需給は依然として弱気、新年度の作付に注目が集まるまでにもう一度
売りに押し戻されると見ていたが、今のところ米産に対する需要の強さが、弱気
の見方を吹き飛ばしているというのが実際のところだろう。これ以上の上昇局面
では生産者を中心に売り圧力が強まくることも考えられるが、強気の成約が続く
なら大きく値を崩すこともないのではないか。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。アルゼンチンの天候
や生育状況は依然として不透明、ポジション整理の買い戻しはいつ入っても不思
議ではないが、それで流れが強気に転じることはないだろう。足元の需給は依然
として弱気、8日の需給報告では期末在庫が改めて引き上げられると見られてお
り、上昇局面では生産者を中心に売り圧力が強まるだろう。最近は輸出の成約ペ
ースも目に見えて鈍ってきているし、作付も前年から増加、コーンを上回るとの
見方が大勢を占めている。中長期的には、9ドルの節目割れを試すのではないか
。 〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。今年度の世界市場が
3年ぶりの供給過剰に陥るとの見通しに加え、インドなどの生産増によって次年
度も供給過剰が続くとの見通しが浮上、需給の弱さはこの先も相場の大きな重石
となり続けるだろう。ブラジルでは政府が米産エタノールの輸入関税を撤廃する
のかに注目、実現するなら製糖所において砂糖からエタノールへの生産シフトが
進むという下支え要因が、後退することになる。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は決め手となる材料に欠ける中、まだしばらく120セント
台前半を中心とした今のレンジ内でレアルの値動きを睨みながら上下に不安定に
振れる展開が続くと予想する。ここまでの値動きを見る限り、既に当面の底値を
つけたと考えるが、ブラジルCONABが新年度の生産に関して、前年から大幅に増
加し過去最高を更新するという弱気の見通しを出していることもまったく無視す
るわけにはいかないというのが今の状況だ。〓様子見〓

ダウ平均 ・・・ 目先しばらくは市場の混乱状態が続く中、投機的な売り買いに
振り回され不安定に値が大きく振れる展開を予想する。ボラティリティーの上昇
はしばらく続く可能性が高く、機関投資家などが更なるポジションの縮小を迫ら
れることも十分に考えられる。市場が落ち着きを取り戻せば、改めて減税による
企業収益の拡大や景気の回復への期待を支えに、流れが強気に傾くと考えるが、
当面はそうした動きが出てくることもないだろう。 〓乱高下〓

為替 ・・・ 目先は株価の動向や安全資産に対する需要の変化を睨み、方向感の
定まらない不安定な展開が続くと予想する。しばらくは株価が下がれば安全資産
としての円に買いが集まり、上昇すれば円が売られるパターンが中心となるので
はないか。一方、そうした中でも減税によって米景気の回復ペースが速まり、一
方で財政赤字が拡大するとの見方を背景に、米国の長期金利は上昇基調を維持す
る可能性が高いと考える。相場が落ち着きを取り戻してくれば、こうした見通し
を支えにドルに改めて買いが集まってくることになるだろう。 〓中長期的にド
ル高〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 05時03分

ページのトップへ ページのトップへ

2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ