ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2018年02月13日(火)

今日の材料 2018年2月13日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年2月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 昨年並みのペースでの利上げ継続が適切・クリーブランド連銀総裁
・ 金融安定脅かすリスクへの警戒続ける・パウエルFRB議長
・ 小売チェーンストア販売指数、前週比1.8%上昇
・ 2月第一週のチェーンストア売上高、前月から1.1%減少
・ IEA、世界石油需要見通しを小幅引き上げ
・ API在庫:原油は395万バレルの積み増し、予想上回る
・ ユーロシステムの金準備高は6週連続で前週から変わらず

-----------------------------------------------------------------------

・ 昨年並みのペースでの利上げ継続が適切・クリーブランド連銀総裁

クリーブランド連銀のメスター総裁は13日の講演で、今年と来年に昨年と同じよ
うなペースで利上げを続けるのが適切との見方を示した。緩やかに金利を引き上
げることでリスクバランスや景気拡大を保ち、雇用等物価の長期目標維持につな
がるとコメント。ただ、景気や物価の動向次第で利上げペースを調整していくと
も述べた。

最近の株式相場の乱高下や金利上昇について言及し、現時点で景気に影響するこ
とはないとみていると述べた。ファンダメンタルズは健全であり、景気見通しも
変えていないという。減税が向こう2年間の成長率を0.25-0.5ポイント押し上げ
るのを予想するとした。

インフレ率が当局の目標よりも低く推移を続けていることを認識しながら、最近
の物価に関するニュースは良好とも評価した。足元の変動よりも中期的な動きを
注視しているとも述べ、景気拡大や雇用需要の増加が続くなら、インフレ率は向
こう1-2年内に2%の目標に到達すると見通した。

メスター総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーであり、1月の会
合ではほかのメンバーとともに金利据え置きに賛成票を投じた。

・ 金融安定脅かすリスクへの警戒続ける・パウエルFRB議長

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は13日の就任式で、金融の安定を脅か
すリスクに対する警戒を続けると述べた。現在、世界経済は力強く回復している
と強調。景気拡大を継続させ、当局の目標達成に向けて金融政策の正常化も進め
ているとも述べた。また、金融規制の重要な部分を維持しながら、より効率的な
ものにしていく意向も示した。

具体的な景気や金融政策に関する発言はなかった。

・ 小売チェーンストア販売指数、前週比1.8%上昇

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデ
ータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、2月10日時点
で前週から1.8%上昇した。前年同期比にすると1.6%の上昇になる。

・ 2月第一週のチェーンストア売上高、前月から1.1%減少

米小売調査レッドブック・リサーチが6日に発表したレポートによると、2月第一
週の国内チェーンストア売上高は前月から1.1%減少した。前年同期と比べると
2.8%の増加という。

・ IEA、世界石油需要見通しを小幅引き上げ

国際エネルギー機関(IEA)は13日に発表した月報で、2018年の世界石油需要が
前年から日量140万バレル増加するとの見通しを示した。前月から小幅の引き上
げで、これはIMFによる世界経済成長見通しの引き上げを受けてのもの。2017年
の需要は、前年から160万バレル増加する。

1月の世界石油生産は日量9,770万バレルと、前月から僅かに減少した。前年同月
比では、150万バレルの増加、米国の生産増か背景にある。非OPEC産油国の生産
は1月に日量5,860と前月から17.5万バレル減少、前年は130万バレル上回る水準
となっている。米国の生産は前年比で130万バレル増加。サウジの生産量に追い
つき、今年中にロシアの生産も上回ると予想される。

OPECの1月石油生産は日量3,216万バレルと前月からほぼ変わらず、ナイジェリア
の生産増がそのほかの国の減少を補う格好となった。減産遵守率は137%と、今回
の減産局面で最高を更新した。

OECD諸国の在庫は12月末時点で前月から5,560万バレル、2011年2月以来の大幅な
減少となった。2017年通年では1億5,400万バレル、日量42.0万バレルのペースで
減少、過去5年平均を5,200万バレル上回る水準となっている。

製油所稼動は、2017年10-12月期に過去最高を記録した後にペースが鈍り、1-3月
期には日量8,110万バレルと40万バレル減少する見通し。製油所の定期点検など
の季節的な要因が背景にある。

・ API在庫:原油は395万バレルの積み増し、予想上回る

全米石油協会(API)の発表によると、2月9日現在の原油在庫は前週から394.7万
バレルの積み増しとなった。市場予想も上回った。中西部の石油供給拠点で、NY
MEX先物の受け渡し地点に指定されているオクラホマ州クッシングの在庫は231.9
万バレルの取り崩しとなった。ガソリンは463.4万バレルの積み増し、暖房油や
ディーゼル燃料となる留出油は110.0万バレルの積み増しとなった。

・ ユーロシステムの金準備高は6週連続で前週から変わらず

ECBが13日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備
高(受取勘定含む)は2月9日現在3,763億200万ユーロと、6週連続で前週から変わ
らずとなった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時35分

ページのトップへ ページのトップへ

2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ