ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -



カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2018年03月09日(金)

コーンは輸出が好調なペースを維持する限り、見通しも強気
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2018年3月9日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コーンは輸出が好調なペースを維持する限り、見通しも強気

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・2月失業率 (08:30、予想4.0%、前月4.15%)
・2月非農業雇用数 (08:30、予想21.0万人増、前月20.0万人増)
・1月卸売在庫 (10:00、予想0.7%増、前月0.40%増)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2018/03/images/1520596770.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

買い: CBOT コーン 5月限
売り: 該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 原油、金、小麦
売り: 10年債

コメント

原油 ・・・ 目先は米シェールオイルの増加観測が重石となる中、まだしばらく
軟調な展開が続くかもしれないが、その後は強気の流れが戻ってくると予想する
。来週月曜にはEIAが掘削状況レポートを発表、4月のシェールオイル生産が更に
増加するとの見通しが出るなら、売り圧力が強まることもあるので注意が必要だ
。もっともシェールの増産だけで、世界的に景気が回復する中での需要の増加を
全てカバーするのは難しいのも事実。OPECや非OPECの産油国がこの先もしっかり
と減産を進めるなら世界市場は供給不足が継続、大きな下支えとなるだろう。
〓堅調〓

天然ガス ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。週末を前にもう一段ポジ
ション整理の売りに押されるかもしれないが、それで流れが弱気に転じることは
ないだろう。在庫は依然として過去5年平均を16%下回る水準にあり、足元の需給
逼迫がこの先も相場の下支えとなる可能性は高い。こうした状況が続くなら、夏
場の冷房需要や次年度の暖房需要期を睨んだ買いが出て来ることも考えられよう
。 〓反発〓

金 ・・・ 目先は流れがもう一段強気に傾くと予想する。まだしばらくはドルの
値動きを睨んで投機的な売り買いが交錯、明確な方向感が出てくることはないか
もしれないが、米国が更に保護主義的な政策を打ち出すとの懸念が強まる中、ド
ル安や安全資産としての需要を手掛かりに、徐々に下値を切り上げていくのでは
ないか。保護主義が進むことで景気回復のペースが鈍るとの見方が強まれば、長
期金利の上昇が一服することもあり得るし、FRBが利上げを躊躇する可能性もゼ
ロではないだろう。コーンNEC委員長辞任の影響は、過小評価すべきでない。 〓
堅調〓

小麦 ・・・ 目先は堅調な流れが続くと予想する。需給報告では国内、世界期末
在庫共に予想以上の引き上げとなったが、市場の注目は既に新年度の生産動向に
移っている。米南部の生産地で乾燥が続いたことで、冬小麦の作柄は大幅に悪化
したと見られているし、欧州やロシアなどの黒海周辺地域でも、寒波による被害
に対する懸念が高まっている。休眠期が明け、被害の実態が明らかになってくる
につれ、買い意欲も強まるのではないか。 〓堅調〓

コーン ・・・ 目先な堅調な展開が続くと予想する。前日の需給報告はエタノー
ル需要と輸出が引き上げられ、期末在庫がその分引き下げられるという、かなり
強気のサプライズと。在庫は依然として記録的な高水準にあるが、前年から減少
するとの見通しに転じたことの意味は小さくない。新年度の作付や生育状況次第
では、需給が一気に逼迫することも十分にあり得るだろう。少なくとも輸出が好
調な間は、見通しも強気に傾けておきたい。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は流れが弱気に転じると予想する。需給報告ではアルゼンチン
の生産が700万トンもの大幅引き下げとなったが、これでひとまず材料出尽くし
となる可能性が高いだろう。一方国内需給は輸出が4ヶ月連続で引き下げとなっ
たのを受け、期末在庫は予想を上回る上方修正。今後もブラジルからの安価な供
給に押され、輸出の伸び悩みが続く可能性が高いと考える。中国が米国への報復
措置として米産の輸入を制限することや、コーンからの転作で作付が再び過去最
高を更新する可能性にも注意が必要。9ドル半ばまでは、値を下げるだろう。 〓
弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。ポジション整理の買い戻しは
いつ入ってきても不思議ではないが、それで大きな流れが強気に転じることはな
いだろう。需給見通しは依然として弱気、今年度の世界需給が3年ぶりの供給過
剰に転じるのに加え、新年度も供給過剰が続くとの見方が強まっている。インド
の生産は更に引き上げられる可能性が高く、新たな売りを呼び込むきっかけとな
ることも十分に考えられるのではないか。 〓弱気〓

コーヒー ・・・ 目先は120セント台前半を中心としたやや幅の広いレンジ内で
、方向感なく上下を繰り返す展開が続くと予想する。120セントを大きく割り込
む水準では買い戻しが集まってくると見ているが、流れを一気に変えてしまうだ
けの材料が見当たらないのも事実。今のところはブラジルの新年度の生産が前年
から大幅に増加するとの見通しが大きな重石となっており、反発局面では生産者
を中心とした売りが上値を押さえることになるだろう。 〓乱高下〓

ダウ平均 ・・・ 目先は米政府がこの先保護主義的な政策を強めるとの懸念が重
石となる中、軟調な展開が続くと予想する。鉄鋼とアルミに対する高関税の賦課
政策は、カナダとメキシコが適用除外され他国にも交渉の余地を残すという当初
よりも穏やかな内容となったが、輸入制限策が打ち出されたことは事実だし、経
済に悪影響を及ぼす可能性が高いことにも変わりはない。少なくとも、ここから
積極的に買いを仕掛ける理由とはならないだろう。 〓弱気〓

為替 ・・・ 目先は対円を中心にドル安の流れが強まると予想する。足元では米
朝会談が行われるとのニュースを受けて円が売られる展開となっているが、落と
し所が見えない中で、これ以上材料視されることはないだろう。一方でコーンNE
C委員長の辞任を受け、政権が保護主義的な政策を強めるとの懸念や、経済運営
に対する先行き不透明感の高まりは、ドルの大きな重石となる可能性が高い。保
護主義が進む中で米景気の回復ペースに鈍化の兆しが見られるようなことになれ
ば、FRBが利上げのペースを緩める可能性も浮上してくるのではないか。 〓ドル
安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時09分

ページのトップへ ページのトップへ

3月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ