ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近のメルマガ

2018年02月16日(金)

今日の材料 2018年2月16日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年2月16日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 1月住宅着工件数は132.6万戸と前月から9.68%増加、予想上回る
・ 1月輸入物価指数は前月から0.96%上昇
・ 2月のロイター/ミシガン大消費者指数、99.9で4ヶ月ぶりの高水準
・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は975基と前週から変わらず

-----------------------------------------------------------------------

・ 1月住宅着工件数は132.6万戸と前月から9.68%増加、予想上回る

米商務省が発表した1月の新規住宅着工件数は年率換算で132万6000戸と前月から
9.68%増加し、2016年10月以来の高水準になった。市場予想も上回る。北東部で
45.45%増え、西部や南部でもアップ。中西部だけ10.18%減少した。前年同月との
比較にすると7.28%の増加。ただ、西部と北東部の増加の一方、南部と中西部で
は減少した。住宅タイプ別にみると、一戸建てが前月から3.66%増え、前年同月
比では7.61%の増加。5世帯以上の集合住宅は前月から19.72%増加、前年比でも
3.11%の増加である。

先行指標となる建設許可件数は139万6000戸で、前月から7.38%増加、2007年6月
以来の高水準を記録した。市場の予想以上でもある。ただ、南部で21.93%増え、
西部でも増加したが、北東部と中西部では減少と地域別にまちまちだった。前年
比にしても7.38%の増加。やはり、南部と西部が前年を上回り、北東部と中西部
はダウンとなった。住宅タイプ別の許可件数は、一戸建てで前月比1.70%減少、
前年から7.44%の増加となった。5世帯以上の集合住宅は前月に比べて25.39%増
え、前年からも3.01%増加した。

・ 1月輸入物価指数は前月から0.96%上昇

米労働省が発表した1月の輸入物価指数は前月から0.96%上昇した。2017年8月か
ら連続アップ、また前月よりも高い伸びとなった。燃料を除くと前月から0.43%
上がり、伸び率は2012年3月以降最も大きい。燃料及び潤滑油が4.72%、石油及び
石油製品は4.27%それぞれ上昇した。輸入物価指数は前年同月比にすると3.60%の
上昇となり、2017年4月以来の大幅プラスを記録した。

輸出物価指数は前月から0.80%上がり、前年同月との比較にすると3.37%の上昇で
ある。

・ 2月のロイター/ミシガン大消費者指数、99.9で4ヶ月ぶりの高水準

2月のロイター/ミシガン大消費者指数速報値は99.9と、前月の95.7から上昇し、
4ヶ月ぶりの高水準になった。市場予想も上回る。現状指数は110.5から115.1、
6ヶ月後を占う期待指数は86.3から90.2にそれぞれ上がった。

1年後のインフレ見通しは2.7で、3ヶ月連続で同水準となった。5年後は前月比横
ばいの2.5。

・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は975基と前週から変わらず

石油サービスのベーカーヒューズ社が16日に明らかにしたデータによると、米国
内で稼働中のリグ(掘削機)は同日現在975基と前週から変わらずとなった。前年
からは224基、29.8%の増加となる。このうち石油のリグは798基と前週から7基増
加、天然ガスのリグは177基と7基減少した。前年比ではそれぞれ33.7%、15.7%の
増加となる。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時40分   パーマリンク

2018年02月15日(木)

今日の材料 2018年2月15日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年2月15日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 失業保険新規申請件数は23.0万件に増加、市場予想上回る
・ 1月生産者物価指数(PPI)は前月から0.44%上昇、市場予想通り
・ 2月のニューヨーク連銀指数、13.1に低下し市場予想も上回る
・ 2月フィラデルフィア連銀指数は25.8に上昇、予想上回る
・ 1月鉱工業生産指数は前月から0.05%低下、予想外のマイナス
・ 2月の住宅市場指数(HMI)、前月比横ばいの72で市場予想下回る
・ 2月の月次入札予定総額920億ドル、40億ドルの増額
・ 30年TIPS入札、応札倍率は2.31
・ 天然ガス在庫は1,940億立方フィートの取り崩し、予想上回る
・ ロシアの金及び外貨準備高は前週から24億ドル減少

-----------------------------------------------------------------------

・ 失業保険新規申請件数は23.0万件に増加、市場予想上回る

米労働省が発表した2月10日までの週の失業保険新規申請件数は23万件と、前週
の22万3000件(修正値)から7000件増加した。市場予想も上回る。

雇用情勢をより良く反映するといわれる4週平均は10日時点で22万8500件と、前
週の22万5000件(修正値)から増加した。

失業保険継続受給件数は、2月3日時点で前週比1万5000件増の194万2000件となっ
た。継続受給のデータは、新規申請件数より一週間遅れで発表される。

・ 1月生産者物価指数(PPI)は前月から0.44%上昇、市場予想通り

米労働省によると、1月のモノとサービスの最終需要を示す生産者物価指数
(PPI)は前月から0.44%上昇し、前月の横ばいからプラス転換となった。ほぼ市
場の予想通りでもある。変動の激しいエネルギーと食品を除いたコア指数も
0.44%上がり、これは市場予想を上回った。

エネルギーが前月から3.40%上昇した。一方、食品が2ヶ月低下。しかし、下げ幅
は0.17%と前月の0.43%から小さくなった。最終需要財は0.71%上昇。最終需要サ
ービスは0.35%上がり、貿易や輸送・倉庫関連を除くと0.44%の上昇になった。

PPIは前年同月比で2.59%上昇し、伸びペースは前月より若干鈍い。反面、コア指
数は2.34%の上昇となり、前月よりやや高い伸びである。

・ 2月のニューヨーク連銀指数、13.1に低下し市場予想も上回る

ニューヨーク連邦準備銀行が発表した2月の製造業景況感指数は13.1と、前月の
17.7から低下し、2017年7月以来の低水準を更新した。市場予想も下回る。

出荷が14.4から12.5に下がり、2017年7月以来の低水準を付けた。在庫は13.8か
ら4.9にダウン。一方、雇用が10.9になり、前月の3.8から上昇した。週平均労働
時間は0.8から4.6に改善し、新規受注は11.9から13.5に上がった。生産コストを
示す支払い指数は48.6で、2012年3月以来の高水準を付けた。販売価格を表す受
け取り指数が21.5になり、前月の2012年1月以降最高の21.7とほぼ変わらず。

6ヶ月先の期待指数は50.5になり、前月の48.6から上昇し、2012年1月以来の高水
準を記録した。週平均労働時間が20.8と、約4ポイント上がって、2012年3月以来
の高水準。出荷は46.3から46.7に上がった。新規受注が47.2で、前月の47.6から
僅かに低下し、雇用は19.5と、5ヶ月ぶりの低水準になった。設備投資は34.8か
ら31.9、テクノロジー投資は27.5から23.6にそれぞれ低下した。支払い指数は
52.9から52.1にダウン、受け取り指数は31.2から25.7に下がった。

・ 2月フィラデルフィア連銀指数は25.8に上昇、予想上回る

フィラデルフィア連邦準備銀行が発表した2月の企業景況感指数は25.8と、前月
の22.2から上昇した。市場予想も上回った。

新規受注が10.1から24.5に上がり、受注残は14.5と前月に2016年9月以来で
増加・減少の境目であるゼロを下回ったのからプラス圏に改善した。雇用は前月
の16.8から25.2に上昇し、4ヶ月ぶりの高水準。一方、出荷は30.3から15.5に下
がった。週平均労働時間は13.7で、3ポイント低下。生産コストを示す支払指数
は32.9から45.0に上昇し、2011年5月以来の高水準を付けた。しかし、販売価格
を示す受取指数は25.1から23.9にやや低下。

向こう6ヶ月の見通しを表す指数は41.2と、前月の42.2から1ポイントと僅かにも
下がり、2017年7月以来の低水準を更新した。一方、新規受注は46.2から49.1、
出荷が49.4から51.7にそれぞれ上がった。また、雇用が40.4で、5.5ポイント上
昇。週平均労働時間は10.6から14.7に上がった。設備投資は40.4と、1984年4月
以降最高となった。支払価格は65.2になり、2011年2月以来の高水準、受取価格
は49.5で、1989年1月以降最も高い。

・ 1月鉱工業生産指数は前月から0.05%低下、予想外のマイナス

米連邦準備理事会(FRB)が発表した1月の鉱工業生産指数は前月から0.05%低下
した。2017年8月以来で下がり、予想外のマイナス転落である。製造業は0.08%の
上昇。耐久財だけで0.15%上がり、非耐久財はほぼ横ばいだった。鉱業は0.96%の
低下、公益は0.59%上昇した。

設備稼働率は77.54%と、前月の77.74%(修正値)から低下した。市場予想も下回
る。

・ 2月の住宅市場指数(HMI)、前月比横ばいの72で市場予想下回る

全米住宅建設業協会(NAHB)が発表した2月の住宅市場指数(HMI)は前月比横ば
いの72となった。市場予想も下回る。指数は前年同月と比べると5ポイントの上
昇である。

一戸建て住宅販売の現状を示す指数は前月の79から78に下がった。前年同月との
比較では6ポイントの上昇。半年後の見通し指数は80と、前月から2ポイント上
昇、前年同月からは4ポイント上がった。見込み客の活況度を表す指数が54で、
前月と変わらず、前年同月は3ポイント上回った。

・ 2月の月次入札予定総額920億ドル、40億ドルの増額

米財務省は15日、20日に実施の2年債入札予定額を280億ドルとしたことを発表し
た。従来の260億ドルから20億ドル引き上げ。また、5年債は350億ドル、7年債を
290億ドルとし、いずれも従来を10億ドル上回る。総額920億ドル。5年債入札は
21日、7年債は22日に行う。

財務省は1月末に、米連邦準備理事会(FRB)の米国債保有縮小と財政見通しに基
づいて、2-4月の国債発行規模を全面的に増やすことを決めていた。このため、2
1日に予定している2年変動金利債(FRN)の銘柄統合入札(リ・オープン)の発
行額も150億ドルと、昨年12月の前回リ・オープンでの130億ドルから20億ドルの
引き上げた。2年FRNの発行額は2014年1月に発行を始めてから初めての増額であ
る。

・ 30年TIPS入札、応札倍率は2.31

米財務省が15日に行なった30年インフレ連動債(TIPS)の入札で、最高落札利回
りは1.003%になった。応札倍率が2.31、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率
は73.64%だった。

・ 天然ガス在庫は1,940億立方フィートの取り崩し、予想上回る

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した天然ガス在庫統計によると、2月9日現
在のアラスカとハワイを除く48州の天然ガス在庫は1兆8,840億立方フィートと、
前週から1,940億立方フィートの取り崩しとなった。市場予想を上回った。在庫
は前年を22.9%、過去5年平均を19.0%下回る水準にある。地区別では、東部が前
週から560立方フィート、中西部が750億立方フィート、西部が横ばい、南部が
540億立方フィートそれぞれ取り崩しとなった。

・ ロシアの金及び外貨準備高は前週から24億ドル減少

ロシア中銀が15日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は2
月9日時点で4,474ドルと、前週から24億ドル減少した。年初の4,327億ドルから
は、147億ドルの増加となる。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時43分   パーマリンク

2018年02月14日(水)

今日の材料 2018年2月14日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年2月14日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 1月の消費者物価指数(CPI)0.54%上昇、市場予想上回る
・ 1月の小売売上高0.26%減少、予想外のマイナス転落
・ 12月の企業在庫、0.37%増加し市場予想も上回る
・ MBA住宅ローン申請指数は前週から4.06%低下
・ EIA在庫:原油は184.1万バレルの積み増し、製油所稼働率が低下

-----------------------------------------------------------------------

・ 1月の消費者物価指数(CPI)0.54%上昇、市場予想上回る

米労働省が発表した1月の消費者物価指数(CPI)は前月から0.54%上昇した。前
月の2倍以上の伸びになり、市場予想も上回った。変動の激しいエネルギーと食
品を除いたコア指数は0.35%上がり、やはり前月に比べて大幅プラス、市場の予
想以上である。

エネルギーが2.98%、2ヶ月ぶりに上昇した。ガソリンが5.67%の上昇に転じた。
一方、ガス・電力は0.75%、5ヶ月ぶりに低下した。食品・飲料は0.18%の上昇で
前月と同じ伸び率だった。コア部分では、アパレルが1.67%上昇し、1990年2月以
来の高い伸びを記録した。医療が0.41%の上昇、6ヶ月ぶりの大幅プラスである。
このほか、家賃、教育も上がった。しかし、新車が0.08%下がり、3ヶ月ぶりのマ
イナス転落。宿泊料金は2.49%落ち込み、航空運賃は0.59%低下した。

前年同月比にすると総合指数は2.14%上昇、コア指数は1.85%の上昇となった。

・ 1月の小売売上高0.26%減少、予想外のマイナス転落

米商務省によると、1月の小売売上高は4920億300万ドルと、前月から0.26%減少
した。市場の増加予想に反して2017年8月以来のマイナス転落である。自動車お
よび部品が1.27%の減少に転じ、建設資材・造園は2.43%落ち込んだ。このほか、
健康関連、スポーツ・趣味・音楽、家具も前月比マイナス。一方、ガソリンスタ
ンドは1.57%増加、衣料品は1.23%増えた。電気機器やデパートも増加した。

自動車および部品を除いた売上高は前月比横ばいとなった。ガソリンスタンドを
除いた場合で0.43%減少、自動車関連とガソリンスタンド共に除くと0.18%の減少
である。自動車、建設資材・造園、ガソリンスタンドを除いた売上高は0.05%の
増加となった。

・ 12月の企業在庫、0.37%増加し市場予想も上回る

米商務省が発表した2017年12月の企業在庫は1兆9022億400万ドルと、前月から
0.37%増加した。市場予想も上回る。製造業が0.50%増え、卸売業は0.40%増加。
また、小売業は0.22%アップ、自動車および部品を除いて0.55%の増加になった。


12月の企業売上高は前月から0.60%増加した。在庫率は1.329%と、前月の1.332%
(修正値)から僅かに低下した。

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から4.06%低下

米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)によると、住宅ローン申請総合指数は2月
9日時点で399.4と、前週から4.06%低下した。新規購入指数が5.87%落ち込み、借
り換え指数は1.95%下がった。

・ EIA在庫:原油は184.1万バレルの積み増し、製油所稼働率が低下

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した在庫統計によると、2月9日現在の米国
内民間原油在庫は前週から184.1万バレルの積み増しとなった。市場予想は下回
った。中西部の石油供給拠点となるオクラホマ州クッシングの在庫は、364.2万
バレルの大幅取り崩しとなった。戦略備蓄原油(SPR)は前週から42.0バレル増
加した。石油製品の在庫はガソリンが359.9万バレルの積み増し、ディーゼル燃
料や暖房油となる留出油は45.9バレルの取り崩し。原油と石油製品をあわせた在
庫は267.2万バレルの取り崩しとなった。製油所稼働率は89.84%と前週から2.68
ポイント低下した。原油輸入は日量788.8万バレルと4,000バレル減少、国内石油
需要は日量2,028.4万バレルと55.9万バレル減少、国内原油生産は日量1,027.1万
バレルと2.0万バレル増加した。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時31分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ