ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近のメルマガ

2017年04月18日(火)

原油の需給は再び弱気に傾くが、地政学リスク残る間は様子見
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原油の需給は再び弱気に傾くが、地政学リスク残る間は様子見

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・3月新規住宅着工件数 (08:30、予想126.0万戸、前月128.8万戸)
・3月住宅建築許可件数 (08:30、予想124.0万戸、前月121.6万戸)
・3月鉱工業生産 (09:15、予想0.4%上昇、前月0.01%上昇)
・3月設備稼働率 (09:15、予想76.2、前月75.40)

エネルギー
・API石油在庫統計 (16:30)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1492513231.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: コーン
売り: 砂糖、株価指数

コメント

原油 ・・・ 目先はまだしばらく今の水準で、投機的な売り買いに振り回される
不安定な展開が続くと予想する。米国のシェールオイルの生産が順調に増加して
いる中、需給は再び弱気に転じる可能性が高いと考えるが、一方では米国のシリ
アへのミサイル攻撃に端を発した地政学リスクの高まりが投機的な買いを呼び込
んでいる部分もあり、すぐに大きく値を崩してしまう感じでもない。当面は明確
な方向性が出てくることもないのではないか。 〓高止まり〓

天然ガス ・・・ 目先しばらくは不安定な上下を繰り返す展開が続くと予想する
。暖房需要を考慮する必要はさすがになくなったが、一方では原発の稼動停止な
どによって発電需要が高止まりしていることにも注意が必要。今後も平年を下回
るペースでの在庫積み増しが続くようなら、意外に大きな下支えとなるう。5月
に入れば、冷房需要の増加を意識した動きも出てくるし、価格調整が進むとして
もそれほど大きな下げにはならないのではないか。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。このところの地政学リスクの高
まりには歯止めが効かなくなってきた感があるが、シリア情勢はロシア、北朝鮮
は中国や韓国、日本をも巻き込む問題だけに、すぐに大規模な軍事行動に発展す
ることもないだろう。今のように双方が挑発行動を繰り返し、緊張だけが高まっ
ていくという状況は、金に対する安全資産としての買いを呼び込むのにはこの上
ない展開と言うことができる。また、ここへきてトランプが方針転換してきたこ
ともあり、FRBが再び緩和的な政策を取るというシナリオにも注意が必要だ。 〓
堅調〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候や生育状況、ドルやコーンの値動きを睨み、投
機的な売り買いに振り回される展開が続くことになるだろう。米国の作付は前年
から大幅に減少すると見られているが、世界市場には依然として供給が潤沢にあ
り、需給がしっかりと引き締まってくるのかは微妙なところ。現時点では生産地
で降雨に恵まれ、生育も順調との見方が投機的な売りを呼び込んでいるが、この
先天候パターンが変化、作柄悪化懸念が高まることも十分にあり得るところ。し
ばらく明確な方向性が出てくる可能性は低いと見ておいた方が良いだろう。 〓
乱高下〓

コーン ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。市場の注目は生産地の天候
や作付の進捗状況に集まっており、まだしばらくは天気予報を睨んでの不安定な
値動きとなるかもしれないが、先月末の作付意向調査で作付が前年から大幅に減
少するとの見方が示されたことの影響は大きい。作柄が悪化すれば生産が大幅に
減少するのは避けられないだけに、こうした懸念が高まる際に市場が大きく反応
する可能性は高いと見ておくべきだろう。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。先月末の作付意向調査と四半
期在庫が、共に予想より弱気の内容となったことは、この先も相場の大きな重石
となるだろう。ブラジルの生産見通しの引き上げが続き、南米の安価な供給に押
され米国の輸出が伸び悩んでいる中で、この先作付や生育が順調に進めば生産も
大幅に増加、足元で06/07年度以来の高水準にある期末在庫は更に積み増しが進
むことになる。9ドルの節目を割り込むのも、そう遠い将来の話ではないし、生
育状況次第では8ドル台前半まで値を下げることもあり得るのではないか。 〓軟
調〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。売られ過ぎ感が高まっている
のは間違いなく、ポジション整理の買い戻しは集まってくるのだが、流れを変え
るに至らないままに息切れとなってしまうのがこのところのパターン。地合はか
なり弱気に傾いているということなのだろう。今の水準でもみ合う展開を続けて
いれば、いずれ売られ過ぎ感も解消されてくる。次に直近の安値を割り込めば、
15セント台前半までは下げ幅を広げるのではないか。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先はまだしばらく今の水準で売り買いが交錯、方向感なく上
下に振れる展開が続くと予想する。相場に売られ過ぎ感が高まっているのは間違
いなく、ポジション整理の買い戻しはしっかりと入ってくるのだが、大きな流れ
を強気に変えてしまう動きにつながるのかは微妙なところ。5月にはブラジルCON
ABが新年度の生産見通しを発表するが、見通しが上方修正される可能性も高い。
まだしばらくは様子見に撤しておきたいところだ。 〓様子見〓

ダウ平均 ・・・ 目先は地政学リスクの高まりやトランプ政権の先行き不透明感
に対する市場の不安がリスク回避の動きを強める中、価格調整が続くと予想する
。北朝鮮やシリアで、いきなり大規模な軍事攻撃が行われるとは思わないが、万
が一の事態に対する懸念を払拭することもできないのも事実。今年度の予算や債
務上限引き上げ問題など、政治的リスクが改めて高まる可能性にも注意が必要、
まだ積極的に買いを入れる状況ではない。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先は円高ドル安の流れが続くと予想する。北朝鮮やシリア情勢の
緊迫ももちろんだが、一方でトランプ大統領が先週のインタビューで金利は低い
方が良いとした上で、イエレンFRB議長の続投にも含みを持たせたことの意味は
大きい。先週から経済指標に弱気の内容が目立つようになってきたことにも注意
が必要、景気の回復ペースが鈍り、物価も再び伸び悩むようになれば、FRBが利
上げを急ぐ根拠も薄れてくる。安全資産としての円買いと共に、FRBの金融政策
を睨んだ形でのドル安が進むこと可能性も、かなり高いのではないか。 〓円高
ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時07分   パーマリンク

2017年04月17日(月)

金は緊張が高まり続けるなら、1,400ドル台も視野に
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月17日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

金は緊張が高まり続けるなら、1,400ドル台も視野に

〓今日の予定〓 (米東部時間)

・4月ニューヨーク連銀指数 (08:30)
・4月住宅市場指数(HMI) (10:00)
・2月対米証券投資 (16:00)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1492426030.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 該当銘柄なし
売り: 砂糖、コーヒー

コメント

原油 ・・・ 目先はまだしばらく地政学リスクの高まりを意識しながら投機的な
売り買いが交錯、上下に方向感なく振れる不安定な展開が続くと予想する。米国
のシェールオイル生産が増加基調を強める中、OPECが追加減産にでも踏み切らな
い限り、中長期的には流れも弱気に傾いてくることになると考えるがが、現時点
では買いの勢いに逆らうべきではないだろう。リビアの新たな生産停止や、在庫
の取り崩しに市場が反応しやすくなっているのは、それだけ地合が強気に傾いて
いると受け止めておくべきだ。天井をしっかと確認するまで、様子見に徹したい
。 〓高止まり〓

天然ガス ・・・ 目先しばらくは需要動向や在庫の推移を睨み、投機的な売り買
いに振り回される展開が続くと予想する。例年なら季節的な暖房需要の減少に伴
い、軟調な流れが続く時期ではあるのだが、今年は3月の終わりまで季節外れの
寒さが続いたことや、原発の稼動停止の影響で発電需要が高止まりしていること
を受け、足元の需給逼迫観測が相場の大きな下支えとなっている。5月に入れば
夏場の冷房需要の増加を意識した動きが出てくる可能性も高く、今後価格調整が
進んだとしても、下げは限定的なものにとどまるのではないか。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。米政権内でタカ派の勢力が増し
てきているのは明らか、この先はシリアや北朝鮮に限らず、他国との問題を軍事
力で解決しようとする傾向が強まる可能性は高いと見ておくべきだ。トランプ大
統領が何をしでかすか分からないという先行き不透明感の高さに対する懸念もあ
り、安全資産としての金に対する需要が後退することはないだろう。大規模な軍
事衝突が起きればまた別の展開となるかもしれないが、最後の一線を越えないま
ま緊張が高まり続けるなら、1,400ドル台も視野に入れる必要があるのではない
か。 〓堅調〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候や生育状況を睨んで投機的な売り買いが交錯、
不安定な展開が続くと予想する。新年度の作付は前年から減少すると見られてい
るものの、現時点では中西部での降雨が大きな重石となっている。安価な欧州産
やロシア産に押され、米国の輸出もペースが速まりそうにないだけに、作柄悪化
などの問題が出てこないなら、これ以上積極的な買いには期待できないかもしれ
ない。当面は様子見に徹しておくべきた。 〓乱高下〓

コーン ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。中西部では降雨が続いてお
り、作付作業に支障が出るとの懸念が相場の下支えとなりそうだ。南米の生産見
通しを引き上げる動きが上値を押さえる可能性はあるものの、一方ではアルゼン
チンで悪天候による収穫の遅れを買い材料視する動きもあり、決定的な売り材料
とはなりそうにない。不安定な上下を繰り返しながらも、あと10-20セントは値
を切り上げることになるのではないか。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。安価な南米産に押され米国の
輸出低迷が続くとの懸念に加え、米国の作付が大幅に増加、過去最高を更新する
との見方は、今後も相場の大きな重石となり続けるだろう。米国の生産地では降
雨が続き、作付の遅れに対する懸念が高まっているが、大豆は開始時期が遅いた
め、コーンからの転作が進むとの見方から弱気に受け止められる可能性もあるの
で注意が必要だ。 〓軟調〓

砂糖 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に傾くと予想する。相場に売られ過ぎ感が
高まっているのは間違いなく、ポジション整理の買い戻しも入ってくるようにな
ってきているのだが、反発局面ではそれ以上に売り圧力が強いというのが今の状
況だ。特に大きな材料がある訳ではないが、地合は相当弱気に傾いていると見て
よいだろう。今のような形で不安定な上下を繰り返しているうちに、売られ過ぎ
感が徐々に解消されていくという可能性も高いだろう。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。140セントの節目を割り
込む水準では売られ過ぎ感も強まり、ポジション整理の買い戻しが集まってくる
ものの、決め手となる買い材料に欠ける中では流れを強気に変えてしまうだけの
勢いもないというのが今の状況だろう。この水準でのもみ合いも3週間を超えよ
うとしており、そろそろ売られ過ぎ感も後退してくる頃だ。そう遠くない将来に
、投機的が売り圧力が改めて強まってくるのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。税制改革などトランプ政
権の経済政策に対する期待を背景とした買いも息切れとなり、上値が重くなって
きたところへ、地政学リスクが急速に高まったことの影響はかなりのものと見て
おくべきだ。今年度の予算案にも引き続き注意が必要、共和党保守派や民主党の
抵抗で予算がまとまらず、連邦機関の一部閉鎖というような事態に陥れば、改め
て売り圧力が強まるのは言うまでもない。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先は円高ドル安の流れが続くと予想する。米政権内でタカ派が勢
力を強め、それに大統領が乗っかっているのは明らか、シリアや北朝鮮にとどま
らず、今後も地政学リスクが高まる可能性は高く、円に対する安全資産としての
需要も衰えることはないだろう。一方でFRBの金融政策にも注意が必要だ。打ち
出した政策がことごとく失敗に終わり、支持率の急落に悩まされている大統領が
、より現実的な政策に方針を転換、FRBに対して緩和的な政策の維持を求めるよ
うになるなら、こちらの点でもドル安が進む可能性は高いと考える。 〓円高ド
ル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 10時11分   パーマリンク

2017年04月13日(木)

株は地政学リスクの高まりに対する警戒感強く、流れが弱気に傾く
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月13日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株は地政学リスクの高まりに対する警戒感強く、流れが弱気に傾く

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30、予想25.1万件、前週23.4万件)
・3月生産者物価指数(PPI) (08:30、予想横ばい、前月0.27%上昇)
・4月ロイター/ミシガン大消費者指数速報値 (10:00、予想96.3、前月96.9)

エネルギー
・国際エネルギー機関(IEA)月報
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1492080902.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 該当銘柄なし
売り: 砂糖、コーヒー

コメント

原油 ・・・ 目先は産油国の情勢や在庫の推移を睨み、投機的な売り買いが交錯
する不安定な展開が続くと予想する。世界市場は依然として供給過剰、サウジを
はじめOPECが減産に積極的ではなくなってきていることもあっていずれ流れは弱
気に転じることになると思われるが、現時点では買いの勢いに逆らうべきではな
い。リビアの生産停止や、在庫の取り崩しに市場が反応しやすくなっているのは
、それだけ地合が強気に傾いている証拠と受け止めておくべきだ。少なくとも50
ドル台前半で上下を繰り返す程度には、買い意欲も強まっていると考える。 〓
堅調〓

天然ガス ・・・ 目先は需要動向や在庫の推移を睨み、投機的な売り買いに振り
回される展開が続くと予想する。このところようやく気温が上昇、売り圧力も強
まってきたが、5月に入れば冷房需要の増加を意識した動きが出てくることもあ
り、この動きが長続きすることはないだろう。原発の稼動停止によって発電需要
が高止まりしていることで、この先在庫積み増しのペースが上がってこない可能
性も高く、大きな下支えとなることも考えられる。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先はこのまま堅調な展開が続くと予想する。シリア問題に絡んだ米
ロ関係の悪化や、北朝鮮情勢の緊迫によってリスク回避の動きが強まる中、金に
対する安全資産としての需要は高まる一方となっている。こうした局面では、本
格的な軍事行動が始まってしまえばそれで材料出尽くしとなることが多いのだが
、現時点ではそこまで事態が急変することもなさそうだ。挑発が繰り返され緊張
だけが高まるというパターンは、買いを呼び込むにはこれ以上ない状況というこ
とができる。1,300ドルの節目を上抜けるのも、そう遠い将来の話ではないだろ
う。 〓堅調〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候を睨み、投機的な売り買いが交錯する展開が続
くと予想する。先の需給報告では国内、世界市場共に期末在庫が上方修正、足元
の需給の弱さを再確認する格好となったが、一方で新年度の作付は前年から減少
、生育状況次第では生産が大幅に落ち込み需給が引き締まる可能性もあるとの見
方が、大きな下支えとなっている。生産見通しある程度固まってくるまでは、方
向性が出てくることもないだろう。 〓乱高下〓

コーン ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。新年度の作付が本格的に始
まる中、先の意向調査で作付が前年から大幅に減少するとの見通しが示されたこ
とが、改めて買い材料視されるようになるだろう。期末在庫が記録的な高水準に
あるなど、足元には供給が潤沢にあるのは間違いないが、今後の天候や生育状況
次第では生産が大幅に減少、需給もが引き締めに転じる可能性も十分にあるだけ
に、現時点では積極的には売りを仕掛けにくい。悪天候が続き作付作業が遅れる
ことがあれば、一気に4ドルの大台を試す展開も十分に考えられる。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。先の需給報告でもブラジルの
生産見通しは大幅に上方修正、南米の安価な供給に押され米国の輸出が伸び悩む
との見方はこの先も重石となる可能性が高い。一方では新年度の作付が過去最高
を更新、生育が順調に進めば生産も大幅に増加することになる。06/07年度以来
の高水準にある期末在庫の積み増しが更に進むなら、9ドルの節目を割り込むの
もそう遠い将来の話ではないだろう。 〓軟調〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。イースターの休みを前にもう
一段の買い戻しが見られるかもしれないが、そうした動きによって売られ過ぎ感
が徐々に解消されてくることも忘れてはならない。この先も決め手となるような
買い材料が出てこないなら、ここまでの流れを継いだ投機的な売りが改めて相場
を主導するようになる可能性は高い。16セントの節目を割り込めば、そのまま15
セント台前半までは下げ幅を広げることになるだろう。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は流れが改めて弱気に傾くと予想する。割安感からポジシ
ョン整理の買い戻しは入ってくるものの、反発局面ではこれまでの流れを継いだ
投機的な売りがすかさず上値を押さえるというのが今の状況だ。相場は既に3週
間近く方向感を失ったままの状況が続いているが、そろそろ売られ過ぎ感が薄れ
てきてもおかしくない頃でもある。次に直近の安値を抜ければ、そのまま130セ
ントの節目を割り込むこともあり得るのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先は流れが弱気に傾くと予想する。この先発表される金融機
関の決算内容次第では、イースターの休みを前に買い戻しが集まることもあり得
るが、一方ではシリアや北朝鮮など、地政学リスクの高まりに対する警戒感は強
く、上昇局面ではすぐに売りが出てくることになるだろう。税制改革などの経済
政策が一向に進捗しない中、トランプ大統領が貿易不均衡の是正などに軸足を移
す可能性にも、十分な注意が必要だ。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先はこのまま円高の流れが続くと予想する。前日に伝わったトラ
ンプ大統領の 「ドルが強過ぎる」 発言は、やはり出てきたかという程度のもの
。税制改革などの経済政策が思うように進まず、シリアや北朝鮮問題を抱え込ん
でしまった大統領が、せめて貿易不均衡の問題くらいは何とかしようと、ドル高
是正に乗り出すのは想定済みと言うことができる。それよりもイエレンFRB議長
続投の可能性を示唆、金利は低い方が望ましいと述べたことの方が大きい。地政
学リスクにFRBの政策転換が加われば、ドル/円は更に下げ足を速めるのではない
か。 〓円高〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時04分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ