ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0

最近のメルマガ

2017年05月19日(金)

大豆は需給両面の弱気材料にレアル安で、流れが更に弱気に傾く
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年5月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大豆は需給両面の弱気材料にレアル安で、流れが更に弱気に傾く

〓今日の予定〓 (米東部時間)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)



●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/05/images/1495191235.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 天然ガス、金、10年債
売り: 原油、小麦、砂糖、コーヒー、ドル/円

コメント

原油 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。足元では25日の総会
を控え、OPECの減産延長に対する期待が買いを呼び込んでいるが、既にほとんど
は織り込み済みとなっている可能性が高い。問題は米シェールオイルの生産が増
加基を続ける一方、世界的な景気の減速によって需要が伸び悩むとの懸念が浮上
する中で、今の減産量だけで世界市場の需給バランスを維持することが出来るの
かという部分にある。リビアやナイジェリアなどの生産が回復基調を強めてくれ
ば、市場が再び供給過剰に陥ってしまう恐れは高いのではないか。 〓弱気〓

天然ガス ・・・ 目先は月末にかけて再び平年以下にまで気温が下がるとの予報
が出る中、しばらく軟調な展開が続くかもしれないが、中長期的には夏の到来に
つれて本格的に冷房需要が増加してくる中、流れが強気に転じると予想する。3.
10ドル台にまで下がった今の価格水準はやはり割安、状況が少し強気に変化した
だけでも、ポジション整理の買い戻しが集まってくる可能性は高いと見ておくべ
きだろう。 〓底値模索〓

金 ・・・ 目先しばらくは不安定な上下を繰り返す展開が続くかもしれないが、
基本的にはトランプ政権の先行き不透明感を背景とした強気の流れが続くと予想
する。一連のスキャンダルは少なくとも短期間で状況が好転することはなく、投
資家の不安が払拭されない中で安全資産としての需要が大きな下支えとなり続け
るだろう。一方、FRBの金融政策にも引き続き注意が必要だ。米景気回復ペース
が鈍化しているとの見方が浮上する一方で+インフレ圧力が後退する中、6月FOMC
での見送りも含めてこの先利上げ観測が後退する可能性は高いと考える。 〓強
気〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候を睨んだ不安定な展開が続くかもしれないが、
米冬小麦の作柄がこれ以上悪化しないことを前提に、流れは弱気に傾くと予想す
る。米国内の生産は前年から大きく減少するものの、世界市場には依然として供
給が潤沢にあり、安価なロシア産や欧州産に押され輸出が伸び悩むという弱気の
構図にも変化は見られていない。この先は収穫期が近づくにつれ、生産者からの
売り圧力も強まってくることになるだろう。 〓弱気〓

コーン ・・・ 目先はしばらくブラジルレアルや大豆の値動きを睨んで不安定な
展開が続くかもしれないが、その後は新年度の生産減少観測を支えに、流れが強
気に転じると予想する。大豆への転作が進むことで作付が減少する中で、悪天候
による作付や生育の遅れ、害虫の発生などによって作柄が悪化すれば、生産は大
幅に落ち込むことになる。供給面の不安が高い中、価格調整が見られても限定的
なものにとどまる可能性は高いだろう。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は弱気の展開が続くと予想する。作付が過去最高を更新する一
方、ブラジルやアルゼンチンの生産見歳の引き上げが続く中、安価な南米産に押
され米国の輸出が低迷を続けるという、需給両面の売り材料が大きな重石となっ
ているところへ、ブラジルでテメル大統領に関するスキャンダルが浮上、ブラジ
ル株やレアルが急落したことの意味は大きい。足元の需給の弱さに加え、レアル
の下落につれてブラジルの生産者からの売りも加速するような格好となれば、9
ドルの節目を割り込むのもそう遠い先の話ではなくなってきたのではないか。
〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に傾くと予想する。ブラジルの新たな政治
スキャンダルはまだ不透明な部分が多いが、再び大統領の弾劾に発展する可能性
を指摘する向きもあり、当面はレアル安を呼び込む形で大きな重石となりそうだ
。需給面でも主要生産国の生産が軒並み増加する中、新年度の世界市場が3年ぶ
りの供給過剰に転じるとの見方を背景に売りが集まりやすい状況にあるだけに、
下落に拍車が掛かることもあり得るだろう。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先はこのまま流れが弱気に傾くことになるだろう。ブラジル
の政治スキャンダルに伴うレアル安の進行はしばらく続く可能性が高く、同国の
生産者からの売りを加速させることになるだろう。前日のCONABの生産見通しも
特にサプライズはなく。生産地で生育が比較的順調の見方が重石となる中で、ブ
ラジルレアル安の進行が更に投機的な売りを呼び込むことになれば、120セント
台前半までは楽に値を下げるのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先は弱気の流れが続くと予想する。トランプ・スキャンダル
を嫌気した混乱はひとまず一服したようだが、これで売りが出尽くしたとは考え
ない方が良い。この先政治の混迷が更に深まり、不安を高める可能性は極めて高
いと見る。一方で経済指標に弱気の内容が目立つようになっていることにも注意
が必要だ。経済政策が行き詰まる中、米景気の回復ペースが鈍ってくるとの見方
が新たな売りを呼び込むこともあり得るだろう。 〓弱気〓

為替 ・・・ 目先は流れが改めてドル安に転じると予想する。トランプ大統領を
巡るスキャンダルが、従来と次元の違う深刻さとなったのは明らか。自らが解任
したコーミーFBI長官に対する職務介入は弾劾の理由となる可能性もあるだけに
、今後も市場の大きなリスクとなり続けるだろう。一方、FRBの金融政策にも注
意が必要だ。ここへきて弱気の経済指標が目立つようになり、米景気の回復ペー
スの鈍化が懸念される中、インフレ圧力が後退してきたことの意味は大きい。株
式市場の調整が加速するなら、簡単には利上げに踏み切れなくなるのではないか
。 〓ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 06時59分   パーマリンク

2017年05月18日(木)

トランプ大統領のスキャンダルで政治混乱する中、円高ドル安進む
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年5月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ大統領のスキャンダルで政治混乱する中、円高ドル安進む

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30、予想24.0万件、前週23.6万件)
・5月フィラデルフィア連銀指数 (08:30、予想18.5、前月22.0)
・4月景気先行指数 (10:00、予想0.4%上昇、前月0.4%上昇)
・10年インフレ連動債(TIPS)入札 (Re-Opening) (13:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)



●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/05/images/1495105792.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 天然ガス
売り: 原油、小麦、砂糖

コメント

原油 ・・・ 目先は25日のOPEC総会を睨み、投機的な売り買いに振り回される展
開が続くことになりそうだが、追加減産の話が出てこないなら、中長期的に流れ
は弱気に転じると予想する。OPECの減産期間延長はほぼ織り込み済み、問題は米
シェールオイルの生産が増加基調を維持、リビアやナイジェリアの生産が本格的
に回復してくる可能性もある中で、今の減産量だけで需給バランスを取ることが
できるのかという点にある。景気の減速によって需要が頭打ちになるとの見方も
浮上する中、市場が再び供給過剰に陥る恐れは高いのではないか。 〓弱気〓

天然ガス ・・・ 目先は当面の底値を探る展開になると予想する。足元の真夏の
暑さとなっているにも関わらず、市場では月末にかけて再び平年以下の気温に逆
戻りするとの見通しが売りを呼び込む格好となっている。もっとも本格的な夏を
迎える今の時期に、ここから更に積極的な売りを呼び込むほど需給が弱気に傾く
可能性は低いと見て良いだろう。在庫統計を受けてもう一段値を下げる場面があ
れば、買いのチャンスを探ってみたい。 〓底値模索〓

金 ・・・ 目先はこのまま強気の流れが続くと予想する。解任したコーミーFBI
長官にフリン前補佐官のロシア疑惑捜査の打ち切りを要請していたという話は、
事実なら司法への介入ということになり、大統領弾劾の理由となる可能性も高く
、市場の不安をあおる 材料としてはこれまでと次元の違う内容のものだ。もし
弾劾ということになれば、手続きにはかなりの時間を要するため、その間は当然
ながら税制改革などの他の政策は前に進まなくなる。先行き不透明感に対する懸
念ばかりが高まる中、安全資産としての需要は、この先も相場を大きく押し上げ
るだろう。 〓強気〓

小麦 ・・・ 目先は米冬小麦の作柄がこれ以上悪化しないことを前提に、流れが
弱気に転じると予想する。世界市場には依然として供給が潤沢にあり、安価なロ
シア産や欧州産に押され米国の輸出が低迷を続けるとの見方は、今後も大きな重
石となるだろう。米国の冬小麦は生産が大きく減少すると見られているが、相場
には既に織り込み済み、天候面で新たな問題でも浮上しない限り、収穫期が近づ
くにつれ売り圧力が強まるのではないか。 〓弱気〓

コーン ・・・ 目先はまだしばらく生産地の天候や他市場の値動きを睨み、不安
定な展開が続くかもしれないが、その後は新年度の生産が大幅に減少するとの見
通しを支えに買い意欲が強まってくると予想する。低温多雨による作付の遅れに
対する懸念は、このところの気温上昇で後退したが、その分害虫被害の懸念が浮
上している。大豆への転作によって作付が減少すると予想される中で生育に問題
が生じれば、需給が一気に引き締まることもあり得るだけに注意が必要だ。少な
くともこうした懸念がある間は、安値で積極的な売りは出てこないだろう。 〓
堅調〓

大豆 ・・・ 目先は流れが弱気に転じると予想する。悪天候による作付の遅れに
対する懸念は引き続き下支えとなっているが、洪水によって作付が出来なくなる
事態にでも陥らない限り、最終的な生産に影響を及ぼすことはないだろう。作付
が過去最高と中で生育が順調に進むなら、生産も記録的な水準まで増加すること
になる。一方で安価な南米産に押され輸出が低迷するとの見方も大きな重石、い
ずれ9ドルの節目を割り込むのではないか。 〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先はまだしばらくポジション整理の買い戻しが入ってきやすいか
もしれないが、それで流れが強気に転じることはないだろう。主要国で生産が軒
並み増加、新年度の世界市場が3年ぶりの供給不足に陥るとの見方は、今後も大
きな重石となりそうだ。ブラジルでは砂糖きび生産が減少、砂糖生産の方は今後
の天候や圧搾状況次第という状況だが、エタノールの生産需要が低迷するなら14
セント台半ばまでは値を下げるのではないか。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は、流れが改めて弱気に転じると予想する。ポジション整
理の買い戻しはいつ入ってきても不思議ではないが、それが持続的な上昇につな
がることはないだろう、決め手となるような材料が見当たらない中、ブラジルの
生産地で天候に問題がなく、生育が比較的順調に進んでいるとの見方は、この先
も相場の重石となる可能性は高い。CONABが生産推定を引き上げるなら、120セン
ト台まで一気に値を下げるのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先はこのまま弱気の流れが続くと予想する。今のトランプス
キャンダルが何処まで発展するのかは不明だが、弾劾ということになれば手続き
にもかなりの時間を要し、その間は政治の混乱が続くことになる。税制改革やイ
ンフラ投資といた経済政策の審議も当然のように後回し、景気にも大きな影響を
及ぼすのではないか。辞任で売り材料出尽くしとなるかもしれないが、そこに至
るまでには下げ幅も相当なものとなるだろう。 〓弱気〓

為替 ・・・ 目先はトランプ大統領のスキャンダルを受けた政治の混乱を嫌気、
リスク回避の動きが強まる中で対円を中心としたドル安の流れが続くと予想する
。大統領が解任したコーミーFBI長官に対してフリン前補佐官のロシア疑惑に関
する捜査打ち切りを要請したとの報道は、事実なら司法への政治介入として弾劾
の理由となり得る問題。司法省は元FBI長官をロシア疑惑の特別検察官に任命、
議会ではコーミー長官の公聴会も開かれることになるだろう。この先も投資家の
リスク回避の動きは高まりこそすれ、後退することはなさそうだ。 〓円高ドル
安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時17分   パーマリンク

2017年05月16日(火)

株は看過できないリスク浮上すれば、一気に調整進む可能性高い
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年5月16日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

株は看過できないリスク浮上すれば、一気に調整進む可能性高い

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・4月新規住宅着工件数 (08:30、予想125.5万戸、前月121.5万戸)
・4月住宅建築許可件数 (08:30、予想127.0万戸、前月126.7万戸)
・4月鉱工業生産 (09:15、予想0.3%上昇、前月0.55%上昇)
・4月設備稼働率 (09:15、予想76.2%、前月76.06%)



●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/05/images/1494932176.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 天然ガス、10年債
売り: 砂糖

コメント

原油 ・・・ 目先は流れが弱気に転じると予想する。IEAの月報では、今年前半
の需要見通しを引き下げ、OPECが減産を延長しても在庫の取り崩しは思ったほど
進まず、過去5年平均を上回ったままになるとの見方を示している。米シェール
オイルの生産がぞうか 、リビアやナイジェリアの生産が回復すれば、市場は再
び供給過剰に陥る可能性は高い。総会で追加減産にまで踏み込んだ合意を行う可
能性はあると考えるが、それを催促するためにも一旦は40ドル前半まで値を下げ
る必要がある。期間延長だけなら、中長期的には更に下げることも考えられる。
〓弱気〓

天然ガス ・・・ 目先しばらくはポジション整理の売りに押されやすい状況が続
くかもしれないが、その後は改めて買い意欲が強まってくると予想する。在庫は
依然として平年を10%以上上回っているが、気温が上昇し冷房需要が伸びてくれ
ば在庫積み増しのペースも鈍り、夏までには平年並みの水準まで戻る可能性は十
分に高い。今の価格水準はまだまだ割安、4ドルあたりまでならいつ値を伸ばし
ても不思議ではないと見て良いだろう。 〓強気〓

金 ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。週末に再びミサイルを発射した
北朝鮮、ロシアに機密情報を漏らしてしまったトランプ大統領と、リスク要因は
依然として多く残っている。細かいことにいちいち反応していられないというの
が、今の市場の対応だが、次にその影響を無視できないような大きな問題が起こ
った時には、返って値動きが大きくなることもあり得るので注意が必要だろう。
一方では経済指標に弱気の内容が目立つ中、米景気回復ペースの鈍化や物価の伸
び悩みを背景にFRBの利上げ観測が後退する可能性も、大きな下支えとなりそう
だ。 〓強気〓

小麦 ・・・ 目先はまだしばらく生産地の天候や生育状況を睨みながらの不安定
な展開が続くかもしれないが、先のカンザス州での降雪の影響も限定的、他に大
きな問題も見られていないことを考えれば、流れが再び弱気に転じる可能性は高
いだろう。米国の生産は大幅に減少するものの、一方で安価なロシア産や欧州産
に押され米国の輸出が低迷するという状況にも変化はない。収穫が近づくにつれ
て、売り圧力も更に強まることになるだろう。 〓弱気〓

コーン ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。前日のクロップレポートで
は、作付はほぼ平年並みのペースながら、発芽はやや遅れていることが明らかと
なった。生育の遅れによって受粉期が夏の暑さのピークにずれ込んでしまい、作
柄悪化につながる可能性は依然として高いと見ておくべきだ。もともと作付が前
年から減少すると見られている中で、作柄も悪化するのであれば、生産は大幅に
落ち込むことになる。天気予報次第の不安定な展開ながらも、夏の天候相場期に
かけて4ドルの節目を超えていることがあっても、何ら不思議ではないだろう。
〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。作付が過去最高を上
回る中で今後生育が順調に進み、イールドが上昇すれば、生産も記録を更新する
ことになる。一方では前日のNOPA圧搾高が大幅に減少、南米の生産増により輸出
もペースが鈍っており、需要面の見通しも非常に弱い。06/07年度以来の高水準
にある期末在庫も、更に積み増しが進むだろう。夏までに8ドル台まで値を下げ
ていても、何ら不思議ではないと考える。 〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。ポジション整理の買い戻しは
いつ入ってきても不思議ではないが、それで流れが強気に転じることはないだろ
う。主要生産国で生産が増加すると見られている中、新年度の世界市場は3年ぶ
りの供給過剰に転じる可能性が高い。ブラジルでは14セント台半ばまで価格が下
がらないと、エタノールの生産意欲が高まらないとの見方もあり、少なくともこ
の水準までは下落余地があるのではないか。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。相場に売られ過ぎ感が高
まる中、1-2日ならポジション整理の買い戻しが相場を押し上げるかもしれない
が、それ以上の動きが見られることはないだろう。ブラジルの生産地で生育が比
較的順調に進んでいるとの見方が重石となる中、上下を繰り返しながらも下値は
ジリジリと切り下げていくのではないか。18日のCONABの生産推定で見通しが引
き上げられるなら、売り圧力も強まりそうだ。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先はまだしばらく買いの勢いが続くかもしれないが、その後
は北朝鮮絡みの地政学リスクや米国の政治リスク、あるいは米景気の回復ペース
の鈍化に対する懸念が高まるなかでポジション調整の売り圧力が強まると予想す
る。市場は今のところこうしたリスクを無視することが多いが、いつまでもそう
いう訳にはいかないだろう。看過できない大きな問題が浮上してくれば、一気に
価格調整が進むこともあり得るのではないか。 〓価格調整〓

為替 ・・・ 目先はまだしばらく株価の動向や長期金利を睨んでの不安定な値動
きが続くかもしれないが、その後は様々なリスク要因が重石となる中、対円を中
心としたドル安方向に流れが傾いてくると予想する。う。今のところは市場も楽
観的いちいち反応していられないという感じだが、北朝鮮問題やトランプ大統領
の言動は、大きなリスクにつながる可能性高いと見ておくべきだ。弱気の経済指
標が続く中、FRBの利上げ観測が後退する可能性にも注意が必要だ。株価が調整
色を強めてくれば、ドル売り圧力も一気に強まってくることになるだろう。 〓
ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時04分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5月

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ