ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年04月24日(月)

市場のリスクは、フランス大統領選だけではありません
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

市場のリスクは、フランス大統領選だけではありません


〓今日の一言〓

おはようございます!

フランス大統領選、結局はマクロン、ルペンの両候補が決戦投票に進むという、
大方の予想通りの内容となりましたね。市場では所謂リスク・オンの動きが加速
、「ちょっと待って、市場で懸念されているリスク要因は、大統領選だけではな
かったでしょ!」 と言いたくなるほど急激な動きになりましたが、マーケット
というのはやはり過剰に反応してしまうものなのだと、理解しておきましょう。
勿論、北朝鮮情勢や、米議会での予算審議、トランプ政権が26日にも発表すると
されている税制改革案と、まだまだ先行きの不透明感は残ります。早ければ明日
にも、再びリスク回避の動きが全体を主導するようになるのではないでしょうか


一方原油市場の方は、OPECが来月25日の総会で年初から6ヶ月間とされていた減
産の期間を延長するのか否かに、注目が集まってきています。サウジやクウェー
トなどの湾岸諸国は、期間延長に向けて積極的に動いているようですが、アフリ
カ諸国やイラン、イラクの態度は未定です。減産に協力しているロシアも今のと
ころ、期限延長についての方針は示していません。

ここで気をつけなければならないのは、米国のシェールオイル生産が順調に増加
している中、下剤の減産を維持するだけで需給のバランスは取れるのか、という
点です。シェールオイル生産の増加傾向が更に強まるなら、今の減産規模では不
十分、供給過剰の状態が続くことも十分にあり得るところです。もちろん、価格
下落に対する産油国の危機意識は高いので、状況次第では減産幅を更に拡大する
ことも十分に考えられますが、50ドル前後という今の価格水準では、底までは話
が進むことはないと思います。追加減産を催促するという意味でも、やはりもう
一段大きく値を下げる展開になるのではないでしょうか。減産期間の延長につい
て前向きなコメントなどが出てくれば、買い戻しが集まってくることも十分に考
えられますが、需給バランスを取るには追加減産が必要と見ているのなら、そう
した反発局面は売りのチャンスと捉えておくべきです。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードの方は、原油と大豆に売りを仕掛けた一方、金はロングしました。
金のロングは、仏大統領選を受けたリスク・オンの動きを一時的なものと見て、
押し目を買いのチャンスと考えたからです。原油と大豆は、基本的に需給見通し
の弱さを背景としたものですね。今日のところは相場も良い方向に進んでおり、
今月の利益も再び1%を超えてきました。この調子で今週も乗り切りたいところで
すが、北朝鮮情勢も予算審議も待ったなしの状態なので、週末にかけてポジショ
ン調整の動きが加速、思った以上に大きな動きにつながることも十分にあり得る
でしょう。週末にかけての2日間は、かなり注意が必要だと思います。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時44分   パーマリンク

今日の材料 2017年4月24日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 米国の母の日関連支出額、17年は236億ドルで過去最高更新見通し
・ ロシアの石油生産は昨年10月から25万バレル減少、エネルギー相

-----------------------------------------------------------------------

・ 米国の母の日関連支出額、17年は236億ドルで過去最高更新見通し

全米小売協会(NRF)の調査によると、母の日関連の支出額が236億ドルになる見
通しとなった。前年に記録した過去最高の214億ドルを上回り記録更新である。
一人当たりの予算が186.39ドルと、前年の172.22ドルから8.23%増加。支出計画
で、「カードを贈る」が77.9%と、最も比率が高かった。次いで、「花を買う」
が68.5%、外食が55.9%となった。

調査は4月4-11日に7406件の米世帯を対象に行われたという。

・ ロシアの石油生産は昨年10月から25万バレル減少、エネルギー相

ロシアのノバク・エネルギー相は21日、訪問中の東京で記者団の質問に答え、同
国の石油生産は昨年10月時点から日量25万バレル減少しており、今月末には昨年
12月のOPECとの減産合意に基づく日量30万バレルまで減産が進むとの見通しを示
した。合意通り、6月末までは減産を維持するという。ただ、減産期間の延長に
ついては、市場への影響などを見極めている段階で、まだ方針は決定していない
とした。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時40分   パーマリンク

仏大統領選以外のリスクは残り、金の安全資産としての需要も健在
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

仏大統領選以外のリスクは残り、金の安全資産としての需要も健在

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標の発表予定はありません


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1493032195.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

買い: COMEX金6月限
売り: NYMEX原油6月限、CBOT大豆7月限

(タイミング待ち)

買い: コーン
売り: 小麦、砂糖、コーヒー、株価指数、ドル/円

コメント

原油 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。米国のシェールオイル生産が
増加を続ける中、需給が再び弱気に傾くとの見方は今後も大きな重石となるだろ
う。OPECが来月25日の総会で減産期間の延長で合意するかに注目が集まっている
が、今の減産量では需給バランスを取るには不十分との見方もある。仮に期間を
延長しても、相場を540ドル台後半から60ドルに向けて押し上げるような買いを
呼び込むのは難しいだろう。追加減産の可能性が浮上してこない限りは見通しも
弱気、反発局面では積極的に売りを仕かけていきたい。 〓弱気〓

天然ガス ・・・ 目先は需要動向や在庫の推移を睨み、売り買いに振り回される
展開が続くと予想する。季節的には暖房需要の減少に伴い、流れが弱気に傾きや
すい時期ではあるが、今年は原発の稼動停止に伴う発電需要の高止まりなどで在
庫の積み増しも進んでおらず、下値は意外に堅い。5月には入れば夏の冷房需要
を意識した動きが出てくることを考えれば、この先価格調整が進んでも下げ幅は
限定的なものにとどまるのではないか。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。週末に行われたフランス大統領
選挙で中道のマクロン候補が決戦投票に残り、最悪の事態が避けられたことを受
けてリスク・オンの動きが加速する中、夜間取引では売りが先行しているが、こ
れまで相場を押し上げてきたリスク要因はフランスだけではない。北朝鮮やシリ
ア問題といった地政学リスク、トランプ政権の経済政策に対する期待の後退や予
算成立に関する先行き不透明感の高さなど、不安を高める材料は依然として残っ
ており、安全資産としての需要は引き続き相場を押し上げることになるだろう。
〓堅調〓

小麦 ・・・ 目先は軟調な流れが続くと予想する。20日の急落によって直近の安
値を大きく割り込んだことで、流れは一気に弱気に傾いたと見て良いだろう。一
方で作付は前年から大幅に減少、イールドが思ったほどに伸びなければ需給が逼
迫することもあり得るのだが、今のところ降雨に恵まれ生育は順調に進んでおり
、可能性は低そうだ。この先も天候面で大きな問題が出てこないなら、中長期的
に4ドルの節目割れを試すのではないか。 〓軟調〓

コーン ・・・ 目先はまだしばらく生産地の天候や作付の進捗状況を睨み、不安
定な上下が続くかもしれないが、その後は流れが強気に転じると予想する。先月
末の意向調査では作付が前年から4%以上減少するとの見通しが示されており、仮
にこの先作付作業が順調に進んだとしても、需給が更に緩む可能性は極めて低い
。今後の生育状況次第では生産が大幅に落ち込むとの懸念が払拭されることはな
く、ここから積極的に売りは仕掛けにくいというのが実際のところだ。もう一段
売りに押される場面が見られるなら、押し目では買いのチャンスを探りたい。
〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。まだしばらくポジション整理
の買い戻しが集まりやすい状態が続くかもしれないが、安価な南米産に押され米
国の輸出低迷が続くとの見方に加え、今後は米国の作付が過去最高を更新すると
の見通しが、改めて売りを呼び込むようになる可能性は高い。この先天候に恵ま
れ作付や生育が順調に進むなら、夏の天候相場が始まるまでに8ドル台半ばから
前半まで値を下げているのではないか。 〓軟調〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。相場には売られ過ぎ感が高ま
っており、ポジション整理の買い戻しはしっかりと入ってくるのだが、上昇局面
ではこれまでの流れを継いだ投機的な売り圧力も強く、流れを強気に変えてしま
うには至らないというのが今の状況だ。市場の注目は新年度の生産動向に集まる
ようになってきており、ブラジルやインド、中国などの生産が増加するとの見通
しが、改めて売りを呼び込むことになるだろう。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は軟調な流れが続くと予想する。相場に売られ過ぎ感が高
まっているのは間違いないが、ポジション整理の買い戻しが先行しても、反発局
面ではこれまでの流れを継いだ投機的な売りの勢いが、それ以上に強いというの
が今の状況だ。3月後半から一ヶ月弱続いていた取引レンジの下限を大きく割り
込んだことで、でテクニカルな売りが出てきやすい状況にあることも考えれば、
しばらく下落の流れに逆らうべきではないだろう。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先は軟調な展開に戻ると予想する。仏大統領選で最悪のシナ
リオが回避されたことで夜間取引では先物に買いが集まっているが、これでリス
クが全てなくなった訳では決してない。米国では予算審議が難航し連邦機関の一
部が閉鎖される恐れがあるし、トランプ政権の経済政策への期待は後退する一方
だ。北朝鮮情勢も、改めて緊張が高まる可能性は高いだろう。しばらくは様子見
に徹し、改めて売りのチャンスを探りたい。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先は円高ドル安の流れが続くと予想する。仏大統領選でマクロン
候補が決選投票に残ってことを好感、市場ではユーロを買い戻す動きが加速して
いるが、地政学リスクや米国の予算審議など、問題が解決されたわけでは決して
ない。北朝鮮情勢は緊張が続いており、次に何か問題が生じれば一気に相場が動
くことも考えられよう。米国では暫定予算の切れる28日までに本予算が成立しな
ければ、連邦機関の一部閉鎖などの事態に陥る恐れもある。こうしたリスクが残
る中、安全資産としての円に対する需要が後退することはないだろう。 〓円高/
ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時16分   パーマリンク

2017年04月21日(金)

フランス大統領選は、結果に関わらず先行き不透明感が残るでしょう
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フランス大統領選は、結果に関わらず先行き不透明感が残るでしょう


〓今日の一言〓

おはようございます!

この日曜日は、いよいよフランスの大統領選ですね。最後の最後で極左のメラン
ション候補が支持率を挙げてきたこともあって、市場では先行き不透明感の高菜
を嫌気する形でリスク回避の動きが加速するかと思っていたのですが、意外なほ
どに動きのないまま週の取引を終えてしまいましたね。20日にシャンゼリゼで起
こった銃の乱射事件も、結局大きく材料視されることはありませんでした。

だからと言って、このまま中道保守のマクロン候補が勝利を収めるという結果に
落ち着くとは、考えない方が良いでしょう。英国のブレグジットに関する国民投
票と米大統領選でサプライズを二度も経験し、市場も大騒ぎしなくなったのかも
しれませんが、それでも結果によっては市場が混乱する可能性は高いと思います
。極右のルペン候補とメランション候補が決選投票に残るという可能性も、決し
てゼロではないと思いますよ。その場合には投資家のリスク回避の動きが加速、
対ユーロを中心に安全資産としての円に買いが集まることになるでしょう。

マクロン候補が決選投票に残った場合は、彼が大統領になる可能性はかなり高く
なるとは思いますが、まだ確定ではありません。決選投票までは先行き不透明感
が残るわけですから、やはりリスク回避の動きもなくならないと思います。いず
れにせよ、開票結果を見ながら一喜一憂、相場が大きく上下に振れる展開になる
のは間違いなさそうですね。主戦場はまたまた東京市場になるのでしょうか。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードに関しては、ポジションが全てなくなってしまったので、今日はの
んびりしたものでした。週明けからは改めてポジションを取っていくことになり
ますが、基本的にはリスク回避の動きを強まることを前提としたものになるでし
ょう。一方では需給見通しが弱気に傾いている大豆や小麦のショートを立てるこ
とも考えています。政治リスクに振り回されるポジションばかりでは、ちょっと
身体が持ちそうにありませんから。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時28分   パーマリンク

今日の材料 2017年4月21日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月21日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 3月中古住宅販売は571万戸と前月から4.39%増加、予想も上回る
・ FRB副議長、引き続き年内あと2回乗り上げ見通す
・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は857基と前週から10基増加

-----------------------------------------------------------------------

・ 3月中古住宅販売は571万戸と前月から4.39%増加、予想も上回る

全米不動産協会(NAR)によると、3月の一戸建てとコンドミニアムをあわせた中
古住宅販売は年率換算で571万戸と前月から4.39%増加、2007年2月以来の高水準
となった。市場予想も上回った。北東部で10.14%増え、中西部と南部でも増加。
一方、南部の販売は1.61%減少した。前年同月と比較すると5.94%の増加になり、
全4地域で増加した。

住宅ストックは前月比5.78%増の183万戸となった。販売の3.8ヶ月分に相当し、
前月と変わらず。販売価格は中間値で23万6400ドルと、前年同月から6.78%上昇
した。西部で7.99%上がったのをはじめ、全ての地域で上昇した。平均値は27万
8500ドルと前年比で5.33%上昇、やはり4地域揃って上昇した。

・ FRB副議長、引き続き年内あと2回の利上げ見通す

米連邦準備理事会(FRB)のフィッシャー副議長はCNBCとのインタビューで、最
近の低調な経済指標がみられるる中でも、年内あと2回の金利引き上げを見通し
ていることを明かした。景気や物価の伸びがスローダウンしているのは季節要因
によるとコメント。2月と3月のデータには天候がらみの影響が反映されていると
いい、日が経つにつれてインパクトは薄れていくとの見方を示した。あと2回の
利上げの見通しに縛られているのではないとしながら、いまのところ変更する理
由も見当たらないとした。中国や欧州など世界的に景気改善のサインがみられる
とも述べた。

フィッシャー副議長はこのほか、金融規制改革法(ドッド・フランク法)の改定
に懸念を示した。強い金融システムは、景気拡大を続けるのに不可欠であり、構
造を強化するために取り入れた措置を撤廃するのは非常に危険とコメントした。
トランプ米大統領は同日午後に財務省に規制の見直しを指示する覚書に署名する
と伝わっている。

・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は857基と前週から10基増加

石油サービスのベーカーヒューズ社が21日に明らかにしたデータによると、米国
内で稼働中のリグ(掘削機)は同日現在857基と前週から10基増加した。前年から
は426基、98.8%の増加となる。このうち石油のリグは688基と5基増加、天然ガス
のリグは167基と5基増加した。前年比では、それぞれ100.6%、89.8%の増加とな
る。




↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時45分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ