ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年04月26日(水)

トランプ政権税制改革案が、ようやく発表されました
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ政権税制改革案が、ようやく発表されました


〓今日の一言〓

おはようございます!

今日は午後に、トランプ政権の税制改革案が、ようやく発表されました。法人税
を15%にまで引き下げ、LLCなど会社の利益が経営者個人の所得になる会社形態で
も、15%の税率を適用させるようにしたほか、個人所得税では税率の区分をそれ
までの7段階から10%、25%、35%の3つにするなど、減税規模自体はそれなりのも
のとなりましたが、財源は経済成長によって自然に賄えるとするなどあいまいな
部分も多く、株式市場に更に買いを呼び込むだけの内容とはなりませんでした。
議会での審議に入れば、また色々と問題が出てくるのは必至でしょうね。政権の
目玉政策が出てきたわけですから、これでひとまず材料出尽くしとの見方が強ま
る可能性は高いでしょう。株には価格調整が進むことになりそうです。一方で国
境調整税が含まれなかったことについては、ドルに弱気に作用することになると
思われます。もちろんこれは単純な問題でもありませんし、明日からいきなり弱
気一色の展開になるとも思えませんが、売りのチャンスは常に探っておくように
したいところです。

一方、朝方発表された米エネルギー省(EIA)の在庫統計では、原油が364.1万バ
レルと予想以上の大幅取り崩しとなりましたが、全体的に見れば決して強気の内
容ではありません。相場はこれを手掛かりに買いが集まりましたが、長続きする
ことはないでしょう。原油の取り崩しが進んだのは、製油所稼働率が94.1%と、
この時期としては異例の水準まで上昇したことが背景にあります。稼働率が上が
れば、製油所での原油の消費が増える一方、ガソリンや留出油など石油製品の生
産が増えるので、石油製品在庫は増加する事になります。今回も石油製品在庫は
1,000万バレルを超える大幅積み増しとなり、原油と石油製品の合計でも661.5万
バレルの積み増しとなりました。

このように原油単独の在庫は、製油所稼働率の変化に大きく影響されてしまうの
で、需給の状況をしっかりと把握するには、原油と石油製品を合わせた在庫の推
移を見る必要があります。今回は石油需要が前週に続いて減少していることも含
め、全体的に弱気の内容だったと受け止めておくべきでしょう。こうした状況が
続けば石油製品の在庫は膨れ上がる一方となり、精製マージンも下がってくると
思われます。需要が大幅に増加してこない限り、製油所は今のような高い稼働率
を長期間維持することは難しいでしょう。稼働率が下がってくれば、原油在庫の
積み増し圧力も高まってくるのではないでしょうか。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードに関しては、本日ショートした砂糖が大きく値を崩した一方、ロン
グしたコーンは後半売りに押されるという、まちまちの結果になりました。コー
ンはトランプ大統領がNAFTA離脱に関する大統領令発令を検討しているとの噂が
出たことで、メキシコ向けの輸出に影響が出るとの見方が懸念材料視されたわけ
ですが、これはあまり長続きしないでしょう。それよりも、悪天候による作付の
遅れや、作付そのものの減少による生産の落ち込みに対する懸念の方を材料視、
見通しは強気にしておくべきです。明日からは株やドルのショートのタイミング
を計ることになりますが、いきなり仕掛けるか、少し様子を見るか、ここからア
ジアと欧州市場でどのように動くのかを見て、決めたいと思います。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時14分   パーマリンク

今日の材料 2017年4月26日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から2.68%上昇
・ 3月住宅建築許可件数は126.7万戸、速報値から上方修正
・ 5年債入札、応札倍率は2.34と前回下回る、利回りは低下
・ 2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.35
・ EIA在庫:原油は364万バレルの取り崩し、石油製品は大幅積み増し

-----------------------------------------------------------------------

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から2.68%上昇

米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)によると、住宅ローン申請総合指数は4月
21日時点で406.2と、前週から2.68%上昇した。借り換え指数が7.16%の上昇。し
かし、新規購入指数は0.97%低下した。

・ 3月住宅建築許可件数は126.7万戸、速報値から上方修正

米商務省によると、3月の建築許可件数は126万7000戸と、速報値の126万戸から
やや上方修正となった。前月比にして4.19%の増加、前年同月は17.64%上回る。

・ 5年債入札、応札倍率は2.34と前回下回る、利回りは低下

米財務省によると、26日の5年債入札で最高落札利回りは1.875%となった。前月
の1.950%から低下。応札倍率が2.34、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率は
57.29%で、いずれも前回の2.39、68.88%を下回った。

・ 2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.35

米財務省は26日の2年変動金利債(FRN)の入札で、最高割引マージンが0.070%に
なったと発表した。応札倍率が3.35、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率は
62.79%だったという。

・ EIA在庫:原油は364万バレルの取り崩し、石油製品は大幅積み増し

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した在庫統計によると、4月21日現在の米国
内民間原油在庫は前週から364.1万バレル、3週連続の取り崩しとなった。市場予
想も上回った。中西部の石油供給拠点となるオクラホマ州クッシングの在庫は
120.3万バレル減少した。戦略備蓄原油(SPR)は、前週から50.1万バレルの取り
崩しとなった。石油製品の在庫はガソリンが336.9万バレルの積み増し、ディー
ゼル燃料や暖房油となる留出油は265.1万バレルの積み増し、原油と石油製品を
あわせた在庫は661.5万バレルの積み増しとなった。製油所稼働率は94.08%と前
週から1.18ポイント上昇、原油輸入は日量891.2万バレルと前週から110.2万バレ
ル増加、国内石油需要は日量1,911.0万バレルと前週から33.0バレル減少、国内
原油生産は日量926.5万バレルと1.3万バレル増加した。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時36分   パーマリンク

ユーロはECBが金融緩和策の解除検討するなら、大きな流れ変わる
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユーロはECBが金融緩和策の解除検討するなら、大きな流れ変わる

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・2年変動金利債(FRN)入札 (11:30)
・5年債入札 (13:00)

エネルギール
・EIA石油在庫統計 (10:30)



●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1493204434.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

買い: CBOTコーン12月限
売り: ICE砂糖7月限

(タイミング待ち)

買い: ユーロ/ドル
売り: コーヒー、株価指数、ドル/円

コメント

原油 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。米国のシェールオイルの生産
が増加基調を強める中、目先市場の供給過剰が再び強まるとの見通しは、引き続
き相場の大きな重石になるだろう。市場ではOPECが5月25日の総会で、年初から6
ヶ月間とされてきた減産の期間を延長するのかに注目が集まっているが、シェー
ルオイル生産がこのまま増え続けるのなら、今の減産量では需給バランスを取る
には不十分となる可能性は高い。追加減産の可能性が早々に浮上してこない限り
、見通しは弱気に傾けておくべきだ。 〓弱気〓

天然ガス ・・・ 目先は需要動向や在庫の推移を睨み、投機的な売り買いに振り
回される不安定な展開が続くと予想する。季節的には暖房需要の減少に伴い、流
れも弱気に傾くことが多い時期ではあるが、一方では原発の稼動停止などで発電
需要が高止まりしているとの見方が下支えとなっているのが現状だ。在庫の積み
増しペースが平年を下回る状況が続くようなら、一転して買い意欲が強まること
も十分にあり得るのではないか。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先は流れが強気に転じると予想する。フランス大統領選の結果を受
けて投資家の不安が後退したのは確かだが、これまで安全資産としての需要を呼
び込んできた材料はそれだけではない。北朝鮮やシリアといった地政学リスクや
、米議会で今年度の予算が成立せず連邦機関の一部が機能停止に陥るとの懸念が
改めて浮上する可能性は高いし、トランプ政権が本日発表する税制改革案も、実
現性に対する懐疑的な見方から不安材料と受け止められるかもしれない。こうし
たシナリオが一つでも現実となれば、一気に買いが集まるのではないか。 〓堅
調〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候や冬小麦の生育状況を睨みながら、投機的な売
り買いに振り回される不安定な展開が続くと予想する。中西部で低温多雨によっ
て春小麦の作付に更なる遅れが生じるとの見方が強気に作用するようになってき
たことにも注意が必要だ。生産量の違いを考えれば、最終的には冬小麦の需給見
通しが優先されることになるとは思われるが、しばらくは明確な方向性が定まる
ことはないのではないか。 〓軟調〓

コーン ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。中西部で低温多雨が続くと
の予報が出てきたことで、作付の遅れに対する懸念が改めて強まることになりそ
うだ。イールド悪化の可能性が高まったり、大豆への転作が進んだりすることに
なれば、元々作付が前年から減少するとの見通しが示されているだけに、新穀の
生産に致命的な影響を及ぼす恐れは高い。4ドルの節目あたりまでは、いつ値を
伸ばしても不思議ではないと考えておくべきだ。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。中西部で再び天候が悪化、コ
ーンの作付作業に遅れが生じれば最終的に大豆への転作が増えるとの見方が浮上
する中、作付や生産の増加観測が改めて売りを呼び込むことになるだろう。一方
ではブラジルで収穫が順調に進み、安価な南米産に押され米国の輸出低迷が続く
との見通しも、弱気に作用する可能性が高い。作付や生育が順調に進むなら、06
/07年度以来の高水準にある期末在庫は更に積み上がることになる。夏の天候相
場が始まるまでに、8ドル台前半まで値を下げているのではないか。 〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。インドの輸入動向が材料視さ
れなくなる一方、ブラジルやインド、中国や欧州などで生産が増加するとの見通
しが出てきたことが、改めて売りを呼び込むようになるだろう。相場には依然と
して売られ過ぎ感が残っているが、今の水準でのもみ合いが続くうちに解消され
る可能性は高い。直近の安値を割り込めば、15セント台前半あたりまで一気に下
げ幅を広げるのではないか。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。ここまでの下落で売られ
過ぎ感が高まっているのは間違いなく、しばらくはポジション整理の買い戻しが
集まりやすい状況が続くかもしれないが、それで大きな流れが強気に転じること
はないだろう。ブラジルでは天候面の問題もなく、生育は比較的順調と伝わって
おり、引き続き相場の重石となりそうだ。来月のCONABの生産推定の内容次第で
は、120セント台前半まで値を下げるのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先しばらくは投機的な売り買いが交錯、不安定な展開が続く
ことになりそうだ。仏大統領選の結果を受けて市場の不安が後退したことは確か
だが、一方では北朝鮮情勢や米議会での予算審議などのリスクも残っている。ト
ランプ政権が発表する税制改革案も、実現性に対する懐疑的な見方が先に立てば
、期待が失望に変わってしまうこともあり得るだろう。株価は依然として割高、
いずれ改めて調整圧力が強まるのではないか。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先しばらくは全体的に不安定な展開が続くかもしれないが、その
後は対円、対ユーロ共にドル安の流れが強まると予想する。北朝鮮の情勢不安の
高まりや、米議会で予算が成立せず連邦政府機能の一部が停止するとの懸念が残
る中、安全資産としての円に改めて買いが集まる可能性は高い。一方では仏大統
領選によって政治的リスクが後退したとの判断から、ECBが金融緩和策の解除に
向けた検討を始めるとの見方が浮上してきたことにも注意が必要だ。ユーロ相場
の大きな転換点になることがあっても、何ら不思議ではないだろう。 〓ドル安




↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時09分   パーマリンク

2017年04月25日(火)

ユーロの動きが、面白くなるかもしれません
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ユーロの動きが、面白くなるかもしれません


〓今日の一言〓

おはようございます!

今日も株が上がりましたね、ナスダックは一気に6,000ポイント台突入です。

フランス大統領選の結果は確かに市場の安心感を高めましたが、他のリスクまで
解消されたわけではないので価格調整の動きは改めて高まると、前日のレポート
に書きましたし、その考えは変わっていませんが、株式市場には他のリスクなど
お構いなしに買いが集まってきています。株式市場は単純なので、こうした流れ
になるとしばらくは手を付けられません。今年度の暫定予算が28日に期限切れと
なるので、それまでにはちょっとは他のリスクにも目を向けるようになると思い
ますが、今は流れに逆らわない方が良いでしょうね。

一方では、ユーロの動きが面白くなりそうです。株のリスクはフランスの大統領
選だけではありませんが、ユーロにとってはかなり大きな重石となっていたのは
確かです。まだマクロン候補が決選投票で勝利すると決まったわけではないので
すが、既にECB内では政治リスクの後退を受けて、金融緩和策の解消に向けて検
討を始める動きが出てきているとの報道もありました。欧州圏の経済指標も徐々
に上向いてきているので、金融政策転換の可能性が今後の市場の一番の注目材料
となることもあり得るでしょう。金融引き締めで先行したFRBには逆に、利上げ
のペースが鈍るのではとの見方もちらほらと出てくるようになってきているだけ
に、ユーロ/ドルの流れが一気に強気に傾くことになるかもしれません。状況が
大きく変わるときは、色々とチャンスが転がっているものです。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードの方は、株の急騰を受けて金に売りが膨らみましたが、これはある
程度覚悟の上です。他にもリスクが残る中、安全資産としての金に対する需要が
後退することはないでしょう。次は、ドル/円と株のショートをいつ仕掛けるか
ですが、株の勢いが凄いので、しばらくは様子をみることにします。それよりも
、ユーロ/ドルのロングを仕掛けるのが先になるかもしれません。農産物では、
コーンのロングのタイミングを逃したのが痛いですが、今後も生産地で悪天候が
続くなら、上昇も続くでしょう。押し目があれば買いを仕掛けたいと思います。




↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時23分   パーマリンク

今日の材料 2017年4月25日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月25日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 4月消費者信頼感指数は120.3に低下、予想も下回る
・ 3月新築住宅販売は62.1万戸と前月から5.79%増加、予想も上回る
・ 2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、20都市は前年比で5.85%上昇
・ 2月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数は前月から0.79%上昇
・ 4月のチェーンストア売上高、最初の3週間で前月比1.2%増加
・ 小売チェーンストア販売指数、前週比0.6%上昇
・ 2年債入札、応札倍率は2.85と前回上回る
・ 3月の中国原油輸入は日量921.05バレルと前月から10.70%増加
・ API在庫:原油は90万バレルの積み増し、ガソリンは大幅増
・ ユーロシステムの金準備高は前週から変わらず

-----------------------------------------------------------------------

・ 4月消費者信頼感指数は120.3に低下、予想も下回る

米有力シンクタンクのカンファレンス・ボードによると、4月の消費者信頼感指
数は120.3と、前月の124.9(修正値)からやや低下した。市場予想も下回った。
現状指数は143.9(同)から140.6に下がり、半年後を占う期待指数は112.3(同
)から106.7に低下した。

調査は4月13日までに集計したデータに基づいている。

・ 3月新築住宅販売は62.1万戸と前月から5.79%増加、予想も上回る

米商務省が発表した3月の新築一戸建て住宅販売は年率で62万1000戸と前月から5
.79%増加、2016年7月以来の高水準になった。市場予想も上回った。北東部で25.
81%増え、西部と南部でも前月から増加したが、中西部だけは4.55%の減少となっ
た。前年同月比にすると15.64%の増加、4地域揃って増加した。

住宅ストックは26万8000戸と前月から1.13%増加、販売の5.2ヶ月分となった。2
月の5.4ヶ月分からは低下した。販売価格は中間値で31万5100ドルと前年同月か
ら1.19%上昇、平均値は38万8200ドルと5.58%上昇した。

・ 2月S&P/ケース・シラー住宅価格指数、20都市は前年比で5.85%上昇

米調査会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が25日に発表した2月のS&P
ケース・シラー住宅価格指数は、10都市総合が前月から0.33%上昇、20都市総合
が0.42%の上昇となった。いずれも7か月ぶりの高い伸びとなった。20都市中17都
市で上がり、このうちシアトルとサンフランシスコ、ダラスで1%を超える上昇だ
った。一方、タンパとクリーブランド、ニューヨークでは前月から下がった。

前年同月との比較にすると、10都市総合が5.19%上昇と、2014年8月以来の大幅プ
ラスを記録した。20都市総合は5.85%の上昇と、2014年7月以降最も大きな伸び率
を更新した。20都市全てが上昇した。

全米指数は前月から0.24%上昇、前年同月を5.76%上回った。

・ 2月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数は前月から0.79%上昇

米連邦住宅金融庁(FHFA)によると、2月の住宅価格指数は244.80と前月から0.7
9%上昇、2016年3月以来の高い伸びとなった。中西部東側(南部)で1.80%上がっ
たのをはじめ、9地域中8地域で上昇。東海岸南部だけは0.06%低下した。前年同
月比では6.43%の上昇、2016年8月以来の大きな伸び率となった。全9地域で前年
を上回った。

・ 4月のチェーンストア売上高、最初の3週間で前月比1.2%増加

米小売調査レッドブック・リサーチが25日に発表したレポートによると、4月の
国内チェーンストア売上高は最初の3週間で前月から1.2%増加した。前年同期と
比べると1.9%の増加という。

・ 小売チェーンストア販売指数、前週比0.6%上昇

米小売調査会社リテール・エコノミストと金融大手ゴールドマン・サックスが集
計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、4月2
2日時点で前週から0.6%上昇した。前年同期に比べると0.9%の上昇。

・ 2年債入札、応札倍率は2.85と前回上回る

米財務省によると、2年債入札で最高落札利回りは1.280%と、3月の前回入札で1.
261%だったのから上昇した。応札倍率が2.85になり、外国中銀を含む顧客の注文
が占める比率は58.92%で、それぞれ前回の2.73、53.58%を上回った。

・ 3月の中国原油輸入は日量921.05バレルと前月から10.70%増加

中国税関総局が発表した貿易統計の詳細データによると、3月の原油輸入は3,285
万2,934トン(日量921.05万バレル)と前月比で10.70%増加した。前年同月比では
1947%の増加となる。上位の輸入先は順にサウジアラビア、ロシア、アンゴラ、
イラク、オマーン、イランとなる。年初からの累計では1億472万9,285トン(日量
852.96万バレル)と、前年同期を14.97%上回っている。

燃料油の輸入は140万571トンと、前年から25.37%増加した。ジェット燃料は28万
1,970トンと前年から19.16%増加、液化天然ガス(LNG)の輸入は199万679トンと
17.631%増加した。年初からの累計では、燃料油が前年同期比で4.61%、ジェット
燃料は20.57%、LNGは29.92%それぞれ増加した。

・ API在庫:原油は90万バレルの積み増し、ガソリンは大幅増

全米石油協会(API)の発表によると、4月21日現在の原油在庫は前週から90万バ
レルの積み増しとなった。市場では取り崩しを予想していた。中西部の石油供給
拠点で、NYMEX先物の受け渡し地点に指定されているオクラホマ州クッシングの
在庫は、197万バレル減少した。ガソリンは445万バレルの大幅積み増し、暖房油
やディーゼル燃料となる留出油は4万バレルと僅かに減少した。

・ ユーロシステムの金準備高は前週から変わらず

ECBが25日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備
高(受取勘定含む)は4月21日現在4,041億8,800万ユーロと、前週から変わらずと
なった。四半期ごとの調整を除けば、16週連続で横ばいが続いている。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時44分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ