ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年04月27日(木)

トランプ政権が普通になれば、市場の期待も剥がれ落ちます
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月27日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ政権が普通になれば、市場の期待も剥がれ落ちます


〓今日の一言〓

おはようございます!

今日はあまり動きがありませんでしたね。前日にトランプ政権が税制改革案を発
表、当面の材料が出尽くしたとの見方が強まる一方、引け後に主要ハイテク企業
の決算が控えていたこともあり、株式市場がかなり小幅のレンジ内でもみ合う展
開となり、他のマーケットも動くに動けないという感じだったと思います。個人
的には、ECB理事会で金融緩和策の解除に向けた、何らかの動きがあるのではと
期待していたのですが、特に変化は見られず。後は原油に売りが膨らんだくらい
でしょうか。パイプラインの閉鎖によって止まっていたリビアの主要油田の生産
が再開したこともあり、原油市場には改めて売り圧力が強まることになりそうで
す。

昨日は大統領がNAFTAからの離脱を命じる大統領令に署名するとの噂が広がるな
ど、相変わらずトランプさんの周辺は騒がしいですが、NAFTAに関しては結局条
約の枠組みにとどまったままで修正の交渉を行うとの方針をすぐに示すなど、最
近は彼も強硬に突っぱねることはしなくなりましたね。前日の税制改革案も紙一
枚の簡単なもので、アナリストはこれだけの情報では予測モデルを組むことすら
出来ないと嘆いていたようですが、見方によっては、それだけ後々の修正の余地
が大きいということも出来ます。

最初に派手に主張をぶち上げるスタイルは変わっていませんが、その後の交渉や
調整に関しては、かなり柔軟になってきたように思います。以前ヘルスケア法案
の採決が迫る中、バノン主席戦略官が高飛車な態度に出て、共和党保守派との交
渉をぶち壊し、結局採決に漕ぎ着けることが出来なかったことのショックは、か
なり大きなものだったのでしょう。この先は、議会との調整も意外にスムーズに
進み、政策が進んでいくかもしれません。

もっとも、それは必ずしも株式市場や米経済にとってプラスに作用するとは言え
ないでしょう。もちろん、政権内のゴタゴタは少なくなるに越したことはありま
せんが、各方面と妥協を重ねることで、政策がありきたりの内容になってしまう
可能性は高いと思います。昨年の大統領選以降のトランプ相場は、政界のアウト
サイダーであるトランプ大統領が、常識破りの政策を打ち出すとの期待が、極端
なまでに強気に受け止められた結果だと考えます。もしそうなのだとすれば、仮
に方向性が間違っていなかったとしても、妥協を重ねてありきたりの内容になっ
てしまえば、市場の期待は剥がれ落ちることになります。ここまでの急激な上昇
によって買われ過ぎ感が高まっている株式市場は、返って価格調整の動きが強ま
ることになるので注意が必要です。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードの方は、ダウ平均のショートのユーロ/ドルのロングを立てました
。このうちユーロはECBが理事会で金融緩和解除に向けた何らかの動きを見せる
のではとの見方に基づいたもので、見事に空振りに終わってしまったのですが、
ユーロ売りの圧力も意外に強まらなかったので、ラッキーでしたね。ダウ平均の
方は、来週の半ばあたりまでには価格調整が強まってくるのではないでしょうか
。他にポジションを立てるとすれば、ドル/円おショートですが、これは金のロ
ングやダウ平均のショートと重ねる部分が多いので、ポジション全体のリスクが
高まらないように、しばらくは様子見としておきましょう。明日で4月のトレー
ドも終わり、はたして2%を超える利益を確保することはできるでしょうか。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時14分   パーマリンク

今日の材料 2017年4月27日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月27日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 失業保険新規申請件数は25.7万件に増加、予想も上回る
・ 3月耐久財受注は前月から0.69%増加、予想下回る伸びにとどまる
・ 3月貿易収支 (モノ)速報値は648.1億ドルの赤字、予想やや下回る
・ 3月住宅販売ペンディング指数は前月から0.80%低下、予想上回る
・ 7年債入札、応札倍率は2.73と前回上回る、利回りは低下
・ ロシアの金及び外貨準備高は4月21日時点で前週から16億ドル増加
・ 天然ガス在庫は740億立方フィートの積み増し、予想やや上回る

-----------------------------------------------------------------------

・ 失業保険新規申請件数は25.7万件に増加、予想も上回る

米労働省が発表した4月22日までの週の失業保険新規申請件数は25万7000件と前
週の24万3000件(修正値)から1万4000件増加、4週間ぶりの高水準となった。市
場予想も上回った。

雇用情勢をより良く反映するといわれる4週平均は22日時点で24万2250件と、前
週の24万2750件(修正値)から減少した。

失業保険継続受給件数は、15日時点で前週比1万件増の198万8000件となった。継
続受給のデータは、新規申請件数より一週間遅れで発表される。

・ 3月耐久財受注は前月から0.69%増加、予想下回る伸びにとどまる

米商務省によると、3月の耐久財受注は2387億1300万ドルと前月から0.69%増加し
た。3ヶ月連続増加だが、前月の2.30%(修正値)より低い伸びにとどまり、市場
予想も下回った。前月は1.82%増から上方修正された。運輸機器は2040%の増加、
このうち軍用機は26.07%、民間機は6.97%それぞれ増加した。一方自動車および
部品は0.77%減少した。一次金属、電気製品も前月比プラスとなったが、金属製
品は0.76%減少、機械やコンピューター・電子機器も減った。

受注は運輸を除くと0.21%の減少、防衛を除いた場合では0.07%増加した。企業の
設備投資の目安となる非防衛資本財受注は前月から0.11%増え、航空機を除くと
0.32%の増加となった。

・ 3月貿易収支 (モノ)速報値は648.1億ドルの赤字、予想やや下回る

米商務省が発表した3月の貿易収支(モノ)速報値は648億500万ドルの赤字と、
赤字幅が前月から1.37%拡大した。市場予想はやや下回った。輸入が1.75%減少、
輸出も0.71%の減少となった。

・ 3月住宅販売ペンディング指数は前月から0.80%低下、予想上回る

全米不動産協会(NAR)が発表した3月の住宅販売ペンディング指数は111.4と、
前月から0.80%低下した。市場予想を上回る下げ幅となった。北東部で2.94%下が
り、西部と中西部でも前月から低下。南部だけは1.17%上昇した。前年同月との
比較では0.81%の上昇、中西部を除く3地域で上昇した。

・ 7年債入札、応札倍率は2.73と前回上回る、利回りは低下

米財務省によると、27日の7年債入札で最高落札利回りは2.084%になり、3月の前
回入札で2.215%だったのから低下した。応札倍率が2.73、外国中銀を含む顧客の
注文が占める比率は81.69%で、いずれも前回の2.56、71.11%を上回った。

・ ロシアの金及び外貨準備高は4月21日時点で前週から16億ドル増加

ロシア中銀が27日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は
4月21日時点で4,000億ドルと、前週から16億ドル増加した。年初の3,777億ドル
からは、223億ドルの増加となる。

・ 天然ガス在庫は740億立方フィートの積み増し、予想やや上回る

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した天然ガス在庫統計によると、4月21日現
在のアラスカとハワイを除く48州の天然ガス在庫は2兆1,890億立方フィートと、
前週から740億立方フィートの積み増しとなった。市場予想もやや上回った。在
庫は前年を14.4%下回る一方、過去5年平均は14.9%上回る水準にある。地区別で
は、東部が前週から250億立方フィート、中西部は170立方フィート、西部は50億
立方フィート、南部は220億立方フィートそれぞれ積み増しとなった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時41分   パーマリンク

コーンは作付の遅れで生産減少するリスク高く、下落余地限られる
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月27日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コーンは作付の遅れで生産減少するリスク高く、下落余地限られる

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30、予想24.2万件、前週24.4万件)
・3月耐久財受注(速報値) (08:30、予想1.2%増加、前月1.82%増加)
・3月貿易収支(モノ-Goods)速報値
(08:30、予想650億ドル赤字、前月639.3億ドル赤字)
・3月住宅販売ペンディング(契約進行中)指数
(10:00、予想0.5%低下、前月5.55%上昇)
・7年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/04/images/1493291121.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

買い: ユーロ/ドル
売り: CBOTダウ平均6月限

(タイミング待ち)

買い: 天然ガス
売り: コーヒー、ドル/円

コメント

原油 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。前日の在庫統計は原油が予想
以上の大幅取り崩しとなったものの、石油製品の在庫はそれ以上に増加、需要も
減少しており、全体的には弱気の内容と受け止めておくべきだろう。一方OPECに
関しては、減産期間の延長が行われるのかに注目が集まっているが、シェールオ
イルの生産が今の減産分を上回る勢いで増加している可能性は高く、期間延長だ
けでは世界市場の需給バランスを取るのは難しい。追加減産に踏み切らない限り
、需給は再び供給過剰に陥り、売り圧力も強まってくることになるだろう。 〓
弱気〓

天然ガス ・・・ 目先は需要動向や在庫の推移を睨み、投機的な売り買いが交錯
する不安定な展開が続くと予想する。季節的には暖房需要の減少によって流れが
弱気に傾く時期ではあるが、今年は気温低下予報にも依然として反応するなど、
原発の稼動停止などによって発電需要が高止まりしていることの影響が出ている
ようだ。在庫統計では平年を上回る積み増しが予想されているが、強気の数字が
出てくることも十分にあり得るだろう。 〓乱高下〓

金 ・・・ 目先は流れが改めて強気に転じると予想する。トランプ政権はようや
く税制改革案の内容を発表したが、財源は経済成長に伴って賄われるなど具体性
に欠けており、この先議会での審議が難航するのは必至の状況だ。市場の見方を
更に楽観的にするには不十分と言わざるを得ない。一方暫定予算の期限を1週間
ほど延長するとの見方も問題の先送りに過ぎず、市場の不安がその分高まること
も考えられる、北朝鮮問題をはじめとした地政学リスクも依然として残っている
ことを考えれば、安全資産としての金に対する需要が後退することはないだろう
。 〓堅調〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候や生育状況を睨み、不安定な展開が続くと予想
する。足元では悪天候による春小麦の作付の遅れが買いを呼び込んでいるが、一
方では冬小麦の生育が降雨に恵まれ順調に進んでいることが大きな重石となって
いる。冬小麦は作付が前年から大きく減少、今後の生育状況次第では生産が落ち
込み、需給が逼迫する可能性も残っているだけに、見通しも不透明にならざるを
得ないというのが実際のところだろう。 〓軟調〓

コーン ・・・ 目先は流れがもう一段強気に傾いてくると予想する。足元の需給
の弱さが重石となる中、悪天候による作付の遅れに対する懸念だけではなかなか
持続的な買いを呼びこむことが出来ない状況にあるが、作付自体が前年から減少
することも忘れてはならない。作業の遅れによって開花期が夏の暑さにピークに
ずれ込み、イールドが低下したりするようなことがあれば、生産が大幅に減少し
需給が一気に引き締まることもあり得るだけに、下落の余地は限られてくるだろ
う。トランプ政権がNAFTAを維持する意向を示したことも、強気に作用しそうだ
。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。ブラジルで生産見通しの引き
上げが相次ぐ中、安価な南米産の供給に押され米国の輸出が伸び悩むとの見方は
、今後も大きな重石となるだろう。供給面では、作付が過去最高を更新すると見
られている中、最近の降雨によってコーンからの転作が進むのではとの見方が、
売りを呼び込むようになってきている。こうした弱気のシナリオが実現するなら
、8ドル台前半までは値を下げるのではないか。 〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先はこのまま軟調な展開が続くと予想する。週末にかけてはポジ
ション整理の買い戻しが集まってくるかもしれないが、それで下落の流れが止ま
ることはないだろう。新年度の生産が増加するとの見方から、インド更なる輸入
を行う可能性が大幅に後退、更にはブラジルや中国、生産枠が撤廃される欧州で
も生産が増加、市場が供給過剰に陥るとの見通しが強まる中、反発局面では改め
て売り圧力が強まることになりそうだ。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。ブラジルではアラビカ種
の生育は比較的順調に進んでいると伝わっており、収穫サイクルの裏作に当たる
年としては生産の落ち込みはそれほど大きなものとならないとの見方が重石とな
るだろう。5月に発表されるCONABの生産推定で見通しが引き上げられるようなこ
とになれば、中長期的に120セント台前半まで値を下げることもあり得るのでは
ないか。反発局面は、売りのチャンスと捉えたい。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先は価格調整の動きが改めて強まると予想する。注目のトラ
ンプ政権の税制改革案は、減税規模はそれなりだったものの、財源は経済成長に
伴い自然と賄われるとするなど具体性に欠けている部分が多く、大まか過ぎて予
測モデルを立てるのが難しいとの声もある。この先議会での調整が難航するのは
必至だし、トランプ政権の目玉政策が明らかになったことで、ひとまず買い材料
出尽くし感が強まるのは避けられないだろう。 〓軟調〓

為替 ・・・ 目先はドル安の流れが改めて強まると予想する。トランプ政権が税
制改革案を発表し、材料とひてはひとまず出尽くし感が強まる中、北朝鮮などの
地政学リスクや、米議会の予算審議などの政治リスクを改めて懸念する動きが出
てくる可能性は高く、安全資産としての円に対する大きな下支えとなるだろう。
ユーロに関しては、ECB理事会で金融緩和策の解消に向けた議論が出てくるのか
に注目したい。ある程度引き締めが織り込み済みとなっているFRBと後外を考え
れば、もう一段ユーロに買いが集まってくることも十分にあり得るだろう。 〓
ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 07時15分   パーマリンク

2017年04月26日(水)

トランプ政権税制改革案が、ようやく発表されました
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年4月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ政権税制改革案が、ようやく発表されました


〓今日の一言〓

おはようございます!

今日は午後に、トランプ政権の税制改革案が、ようやく発表されました。法人税
を15%にまで引き下げ、LLCなど会社の利益が経営者個人の所得になる会社形態で
も、15%の税率を適用させるようにしたほか、個人所得税では税率の区分をそれ
までの7段階から10%、25%、35%の3つにするなど、減税規模自体はそれなりのも
のとなりましたが、財源は経済成長によって自然に賄えるとするなどあいまいな
部分も多く、株式市場に更に買いを呼び込むだけの内容とはなりませんでした。
議会での審議に入れば、また色々と問題が出てくるのは必至でしょうね。政権の
目玉政策が出てきたわけですから、これでひとまず材料出尽くしとの見方が強ま
る可能性は高いでしょう。株には価格調整が進むことになりそうです。一方で国
境調整税が含まれなかったことについては、ドルに弱気に作用することになると
思われます。もちろんこれは単純な問題でもありませんし、明日からいきなり弱
気一色の展開になるとも思えませんが、売りのチャンスは常に探っておくように
したいところです。

一方、朝方発表された米エネルギー省(EIA)の在庫統計では、原油が364.1万バ
レルと予想以上の大幅取り崩しとなりましたが、全体的に見れば決して強気の内
容ではありません。相場はこれを手掛かりに買いが集まりましたが、長続きする
ことはないでしょう。原油の取り崩しが進んだのは、製油所稼働率が94.1%と、
この時期としては異例の水準まで上昇したことが背景にあります。稼働率が上が
れば、製油所での原油の消費が増える一方、ガソリンや留出油など石油製品の生
産が増えるので、石油製品在庫は増加する事になります。今回も石油製品在庫は
1,000万バレルを超える大幅積み増しとなり、原油と石油製品の合計でも661.5万
バレルの積み増しとなりました。

このように原油単独の在庫は、製油所稼働率の変化に大きく影響されてしまうの
で、需給の状況をしっかりと把握するには、原油と石油製品を合わせた在庫の推
移を見る必要があります。今回は石油需要が前週に続いて減少していることも含
め、全体的に弱気の内容だったと受け止めておくべきでしょう。こうした状況が
続けば石油製品の在庫は膨れ上がる一方となり、精製マージンも下がってくると
思われます。需要が大幅に増加してこない限り、製油所は今のような高い稼働率
を長期間維持することは難しいでしょう。稼働率が下がってくれば、原油在庫の
積み増し圧力も高まってくるのではないでしょうか。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードに関しては、本日ショートした砂糖が大きく値を崩した一方、ロン
グしたコーンは後半売りに押されるという、まちまちの結果になりました。コー
ンはトランプ大統領がNAFTA離脱に関する大統領令発令を検討しているとの噂が
出たことで、メキシコ向けの輸出に影響が出るとの見方が懸念材料視されたわけ
ですが、これはあまり長続きしないでしょう。それよりも、悪天候による作付の
遅れや、作付そのものの減少による生産の落ち込みに対する懸念の方を材料視、
見通しは強気にしておくべきです。明日からは株やドルのショートのタイミング
を計ることになりますが、いきなり仕掛けるか、少し様子を見るか、ここからア
ジアと欧州市場でどのように動くのかを見て、決めたいと思います。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時14分   パーマリンク

今日の材料 2017年4月26日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年4月26日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から2.68%上昇
・ 3月住宅建築許可件数は126.7万戸、速報値から上方修正
・ 5年債入札、応札倍率は2.34と前回下回る、利回りは低下
・ 2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.35
・ EIA在庫:原油は364万バレルの取り崩し、石油製品は大幅積み増し

-----------------------------------------------------------------------

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から2.68%上昇

米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)によると、住宅ローン申請総合指数は4月
21日時点で406.2と、前週から2.68%上昇した。借り換え指数が7.16%の上昇。し
かし、新規購入指数は0.97%低下した。

・ 3月住宅建築許可件数は126.7万戸、速報値から上方修正

米商務省によると、3月の建築許可件数は126万7000戸と、速報値の126万戸から
やや上方修正となった。前月比にして4.19%の増加、前年同月は17.64%上回る。

・ 5年債入札、応札倍率は2.34と前回下回る、利回りは低下

米財務省によると、26日の5年債入札で最高落札利回りは1.875%となった。前月
の1.950%から低下。応札倍率が2.34、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率は
57.29%で、いずれも前回の2.39、68.88%を下回った。

・ 2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.35

米財務省は26日の2年変動金利債(FRN)の入札で、最高割引マージンが0.070%に
なったと発表した。応札倍率が3.35、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率は
62.79%だったという。

・ EIA在庫:原油は364万バレルの取り崩し、石油製品は大幅積み増し

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した在庫統計によると、4月21日現在の米国
内民間原油在庫は前週から364.1万バレル、3週連続の取り崩しとなった。市場予
想も上回った。中西部の石油供給拠点となるオクラホマ州クッシングの在庫は
120.3万バレル減少した。戦略備蓄原油(SPR)は、前週から50.1万バレルの取り
崩しとなった。石油製品の在庫はガソリンが336.9万バレルの積み増し、ディー
ゼル燃料や暖房油となる留出油は265.1万バレルの積み増し、原油と石油製品を
あわせた在庫は661.5万バレルの積み増しとなった。製油所稼働率は94.08%と前
週から1.18ポイント上昇、原油輸入は日量891.2万バレルと前週から110.2万バレ
ル増加、国内石油需要は日量1,911.0万バレルと前週から33.0バレル減少、国内
原油生産は日量926.5万バレルと1.3万バレル増加した。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時36分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ