ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年05月19日(金)

渦中のトランプ大統領が、就任後初の外遊に出かけます
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年5月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

渦中のトランプ大統領が、就任後初の外遊に出かけます


〓今日の一言〓

おはようございます!

今日は株がしっかりと上昇しました。トランプ・スキャンダルに関して、特に新
たな問題が出てこなかったことや、来週のOPEC総会を前に減産期間の延長観測を
支えに原油が上昇したことなどが下支えとなったのでしょう。週末ですし、ボラ
ティリティーもかなり上がっていましたから、ポジション調整の動きが出てくる
のも当然ですね、

そうこうしているうちに、解任されたコーミーFBI前長官が、メモリアルデーの
連休後に上院で証言することに同意したとのニュースが飛び込んできました。こ
の問題は簡単に幕引きという訳にはいかないでしょうから、まだまだ多くの材料
が出てきては、相場を騒がせることになるのでしょうね。

さてトランプ大統領は、中東を中心に、就任後初めての外遊に出かけます。最初
で最後との意地悪な見方もあるようですが、さてどうなのでしょう。特にイスラ
エル訪問は見ものですね。ロシアに流してしまった機密情報は、イスラエルから
のものだったらしいですから、どのような言い訳を用意していくのでしょうか。
ちなみに、公約の一つだった米大使館のエルサレムへの移転は、今回方針の発表
などは行わないようです。公約を守らないことが評価されることが多い大統領と
いうのも、考えものですが。

実は、私も週末から日本に出張です。NY時間の朝に出すストラテジーは通常通り
でますが、引け後のこのコラムは、日本でのスケジュールによっては配信時間に
バラツキが出たり、配信できなかったりすることもあるかもしれませんが、何卒
ご了承ください。25日には東京で、27日には大阪でセミナーも予定しています。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードについては、今日の大豆の反発でポジションが全てなくなってしま
いました。あれだけボラティリティーが一気に高まれば、まあ当然の流れという
ことでしょう。トランプ・スキャンダルへの懸念が強まる中、今後もリスク回避
の動きが続くとの見通しに変化はありませんので、市場が落ち着いてきたら、ま
たポジションを立てていきたいと思います。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時22分   パーマリンク

今日の材料 2017年5月19日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年5月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ FOMCは利上げに積極的過ぎる・セントルイス連銀総裁
・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は901基と前週から16基増加

-----------------------------------------------------------------------

・ FOMCは利上げに積極的過ぎる・セントルイス連銀総裁

セントルイス連銀のブラード総裁は19日の講演で、最近の経済指標を考慮すると
、米連邦公開市場委員会(FOMC)は利上げに積極的過ぎるかもしれないとの懸念
を示した。3月のFOMC会合以降の経済指標は全般に低調で、特に失業率が4.4%に
低下した中でもインフレ及びインフレ期待が下向きであることを指摘。低失業率
に基づいて物価の上昇を予測するのにも、限界があるとの見方を示した。

ブラード総裁は2016年に米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーを務めた。セ
ントルイス連銀総裁がFOMCで次に投票権を持つのは2019年になる。

・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は901基と前週から16基増加

石油サービスのベーカーヒューズ社が19日に明らかにしたデータによると、米国
内で稼働中のリグ(掘削機)は同日現在901基と前週から16基増加した。前年から
は497基、123.0%の増加となる。このうち石油のリグは720基と8基増加、天然ガ
スのリグは180基と8基増加した。前年比ではそれぞれ126.4%、111.8%の増加とな
る。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時54分   パーマリンク

大豆は需給両面の弱気材料にレアル安で、流れが更に弱気に傾く
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年5月19日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大豆は需給両面の弱気材料にレアル安で、流れが更に弱気に傾く

〓今日の予定〓 (米東部時間)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)



●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/05/images/1495191235.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 天然ガス、金、10年債
売り: 原油、小麦、砂糖、コーヒー、ドル/円

コメント

原油 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。足元では25日の総会
を控え、OPECの減産延長に対する期待が買いを呼び込んでいるが、既にほとんど
は織り込み済みとなっている可能性が高い。問題は米シェールオイルの生産が増
加基を続ける一方、世界的な景気の減速によって需要が伸び悩むとの懸念が浮上
する中で、今の減産量だけで世界市場の需給バランスを維持することが出来るの
かという部分にある。リビアやナイジェリアなどの生産が回復基調を強めてくれ
ば、市場が再び供給過剰に陥ってしまう恐れは高いのではないか。 〓弱気〓

天然ガス ・・・ 目先は月末にかけて再び平年以下にまで気温が下がるとの予報
が出る中、しばらく軟調な展開が続くかもしれないが、中長期的には夏の到来に
つれて本格的に冷房需要が増加してくる中、流れが強気に転じると予想する。3.
10ドル台にまで下がった今の価格水準はやはり割安、状況が少し強気に変化した
だけでも、ポジション整理の買い戻しが集まってくる可能性は高いと見ておくべ
きだろう。 〓底値模索〓

金 ・・・ 目先しばらくは不安定な上下を繰り返す展開が続くかもしれないが、
基本的にはトランプ政権の先行き不透明感を背景とした強気の流れが続くと予想
する。一連のスキャンダルは少なくとも短期間で状況が好転することはなく、投
資家の不安が払拭されない中で安全資産としての需要が大きな下支えとなり続け
るだろう。一方、FRBの金融政策にも引き続き注意が必要だ。米景気回復ペース
が鈍化しているとの見方が浮上する一方で+インフレ圧力が後退する中、6月FOMC
での見送りも含めてこの先利上げ観測が後退する可能性は高いと考える。 〓強
気〓

小麦 ・・・ 目先は生産地の天候を睨んだ不安定な展開が続くかもしれないが、
米冬小麦の作柄がこれ以上悪化しないことを前提に、流れは弱気に傾くと予想す
る。米国内の生産は前年から大きく減少するものの、世界市場には依然として供
給が潤沢にあり、安価なロシア産や欧州産に押され輸出が伸び悩むという弱気の
構図にも変化は見られていない。この先は収穫期が近づくにつれ、生産者からの
売り圧力も強まってくることになるだろう。 〓弱気〓

コーン ・・・ 目先はしばらくブラジルレアルや大豆の値動きを睨んで不安定な
展開が続くかもしれないが、その後は新年度の生産減少観測を支えに、流れが強
気に転じると予想する。大豆への転作が進むことで作付が減少する中で、悪天候
による作付や生育の遅れ、害虫の発生などによって作柄が悪化すれば、生産は大
幅に落ち込むことになる。供給面の不安が高い中、価格調整が見られても限定的
なものにとどまる可能性は高いだろう。 〓堅調〓

大豆 ・・・ 目先は弱気の展開が続くと予想する。作付が過去最高を更新する一
方、ブラジルやアルゼンチンの生産見歳の引き上げが続く中、安価な南米産に押
され米国の輸出が低迷を続けるという、需給両面の売り材料が大きな重石となっ
ているところへ、ブラジルでテメル大統領に関するスキャンダルが浮上、ブラジ
ル株やレアルが急落したことの意味は大きい。足元の需給の弱さに加え、レアル
の下落につれてブラジルの生産者からの売りも加速するような格好となれば、9
ドルの節目を割り込むのもそう遠い先の話ではなくなってきたのではないか。
〓弱気〓

砂糖 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に傾くと予想する。ブラジルの新たな政治
スキャンダルはまだ不透明な部分が多いが、再び大統領の弾劾に発展する可能性
を指摘する向きもあり、当面はレアル安を呼び込む形で大きな重石となりそうだ
。需給面でも主要生産国の生産が軒並み増加する中、新年度の世界市場が3年ぶ
りの供給過剰に転じるとの見方を背景に売りが集まりやすい状況にあるだけに、
下落に拍車が掛かることもあり得るだろう。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先はこのまま流れが弱気に傾くことになるだろう。ブラジル
の政治スキャンダルに伴うレアル安の進行はしばらく続く可能性が高く、同国の
生産者からの売りを加速させることになるだろう。前日のCONABの生産見通しも
特にサプライズはなく。生産地で生育が比較的順調の見方が重石となる中で、ブ
ラジルレアル安の進行が更に投機的な売りを呼び込むことになれば、120セント
台前半までは楽に値を下げるのではないか。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先は弱気の流れが続くと予想する。トランプ・スキャンダル
を嫌気した混乱はひとまず一服したようだが、これで売りが出尽くしたとは考え
ない方が良い。この先政治の混迷が更に深まり、不安を高める可能性は極めて高
いと見る。一方で経済指標に弱気の内容が目立つようになっていることにも注意
が必要だ。経済政策が行き詰まる中、米景気の回復ペースが鈍ってくるとの見方
が新たな売りを呼び込むこともあり得るだろう。 〓弱気〓

為替 ・・・ 目先は流れが改めてドル安に転じると予想する。トランプ大統領を
巡るスキャンダルが、従来と次元の違う深刻さとなったのは明らか。自らが解任
したコーミーFBI長官に対する職務介入は弾劾の理由となる可能性もあるだけに
、今後も市場の大きなリスクとなり続けるだろう。一方、FRBの金融政策にも注
意が必要だ。ここへきて弱気の経済指標が目立つようになり、米景気の回復ペー
スの鈍化が懸念される中、インフレ圧力が後退してきたことの意味は大きい。株
式市場の調整が加速するなら、簡単には利上げに踏み切れなくなるのではないか
。 〓ドル安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 06時59分   パーマリンク

2017年05月18日(木)

大統領のスキャンダルは、米国だけではありませんでした
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年5月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大統領のスキャンダルは、米国だけではありませんでした


〓今日の一言〓

おはようございます!

今日はひとまず株が反発しましたね。昨日あれだけ下げたので、反発しても不思
議ではないといえばそれまでなのですが、市場がパニック的な状況に陥り、下落
のスパイラルが加速しなかっただけでも、ひとまず良しとするべきでしょう。

ただ、これで悪材料が出尽くしたわけでは、もちろんありません。今後は今回の
スキャンダルに関して、事態がどの程度のスピードで進展していくのかによりま
すが、今後も市場の不安を煽るような材料が出てくるのが途切れることはないで
しょう。司法省が任命した特別検察官によるロシア疑惑の捜査進展、解任された
コーミーFBI長官の議会証言、新たなスキャンダルの発覚(可能性高そう)、政
治が混乱される中、税制改革やインフラ投資といった経済政策の審議が放置され
るリスクと、シナリオを上げればキリがないでしょう。

一方、ブラジルでも大統領のスキャンダルが発覚したことにも注意が必要です。
テメル大統領が国営石油のペトロブラスに関連する汚職疑惑に関して、捜査の鍵
を握る獄中の前下院議長に対する口止め料の支払いを承認したことを示す証拠が
裁判所に提出されたとの報道がきっかけですが、これも大統領の弾劾にまで発展
する可能性がありそうです。これによってブラジル株とブラジルレアルは急落、
ブラジルに関連する大豆や砂糖、コーヒーといった商品市場の大きく値を崩して
しまいました。今のところは米株などへの影響は限定的なものにとどまるでしょ
うが、これによってブラジル経済が失速、中南米をはじめとした新興国の経済に
まで波及するようなことになれば、影響も無視できなくなる可能性があるので注
意が必要です。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードの方は、前日の巻き戻しが入ったことで、大豆を除く全てのポジシ
ョンが手仕舞いとなってしまいました。ボラティリティーが一気に高まったので
、当然と言えば当然ですね。ただし今回のリスク回避の流れは、まだ始まったば
かりの可能性が高いので、今後は改めて参入のチャンスを探ることになります。
まだまだこれからが本番でしょう。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 19時29分   パーマリンク

今日の材料 2017年5月18日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年5月18日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 失業保険新規申請件数は23.2万件に減少、予想も下回る
・ 5月フィラデルフィア連銀指数は38.8に上昇、予想も上回る
・ 4月景気先行指数は前月から0.3%上昇、予想以下の伸びにとどまる
・ 10年TIPS入札リ・オープン、応札倍率は2.56、最高利回りは0.420%
・ 5月の月次入札予定額、総額880億ドルで前月と同じ
・ ロシアの金及び外貨準備高は5月12日時点で前週から9億ドル増加
・ 天然ガス在庫は680億立方フィートの積み増し、予想上回る

-----------------------------------------------------------------------

・ 失業保険新規申請件数は23.2万件に減少、予想も下回る

米労働省が発表した5月13日までの週の失業保険新規申請件数は23万2000件と、2
月25日までの週以来の低水準となった。市場の増加予想に反し、前週の23万6000
件から4000件減少した。

雇用情勢をより良く反映するといわれる4週平均は13日時点で24万750件と、前週
の24万3500件から減少した。

失業保険継続受給件数は、6日時点で前週比2万2000件減の189万8000件となった
。継続受給のデータは、新規申請件数より一週間遅れで発表される。

・ 5月フィラデルフィア連銀指数は38.8に上昇、予想も上回る

フィラデルフィア連邦準備銀行が発表した5月の企業景況感指数は38.8と前月の2
2.0から上昇、4ヶ月ぶりの高水準となった。市場予想も上回った。

出荷が前月の23.4から39.1に上昇、2004年7月以来の高水準を付けた。週平均労
働時間は21.7と、1987年10月以降最高を記録。一方、雇用は19.9から17.3に低下
、新規受注も25.4と前月から2ポイント下がった。生産コストを示す支払指数は2
4.2と、7ヶ月ぶりの低水準を記録、販売価格を示す受取指数は16.6から15.3に小
幅低下した。

向こう6ヶ月の見通しを表す指数は前月の45.4から34.8に低下、2016年11月以来
の低水準を更新した。新規受注は47.2、出荷は38.5と、揃って6ヶ月ぶりの低水
準。雇用は37.6から29.2に下がった。週平均労働時間は15ポイント以上の低下、
0.3と増加・減少の境目のゼロに接近した。設備投資は36.5から32.6に低下。支
払価格は42.7と8ポイント上昇したが、受取価格は前月の28.6から22.9に下がっ
た。

・ 4月景気先行指数は前月から0.3%上昇、予想以下の伸びにとどまる

米カンファレンスボードが発表した4月の景気先行指数は126.9と、前月比で0.3%
上昇した。伸び率は前月と同じで、市場予想は下回った。

景気先行指数は、過去に発表された景気に先行するとされる10種類の経済指標か
ら算出される。4月には長短金利差や失業保険新規申請件数など8つがプラス要素
となり、住宅建築許可件数と株価がマイナス要素となった。

景気一致指数と景気遅行指数も、共に前月から0.3%上昇した。

・ 10年TIPS入札リ・オープン、応札倍率は2.56、最高利回りは0.420%

米財務省が18日に行なった10年インフレ連動債(TIPS)の銘柄統合入札(リ・オ
ープ)で、最高落札利回りは0.420%になった。応札倍率が2.56、外国中銀を含む
顧客の注文が占める比率は80.30%だった。

・ 5月の月次入札予定額、総額880億ドルで前月と同じ

米財務省は18日、23日に実施の2年債入札予定額を260億ドルにしたことを発表し
た。5年債は340億、7年債を280億ドルと決めた。いずれも前月と同額で、総額
880億ドルの入札になる。5年債入札は24日、7年債は25日に行われる。

米財務省はまた、24日に4月に発効した2年変動金利債(FRN)の銘柄統合入札
(リ・オープン)を予定しており、発行額を130億ドルとした。2014年1月に発行
を始めてから、2年FRNの発行額はリ・オープンも含めて据え置いたままである。

・ ロシアの金及び外貨準備高は5月12日時点で前週から9億ドル増加

ロシア中銀が18日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は5
月12日時点で3,997億ドルと、前週から9億ドル増加した。年初の3,777億ドルか
らは、220億ドルの増加となる。

・ 天然ガス在庫は680億立方フィートの積み増し、予想上回る

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した天然ガス在庫統計によると、5月12日現
在のアラスカとハワイを除く48州の天然ガス在庫は2兆3,690億立方フィートと前
週から680億立方フィートの積み増しとなった。市場予想も上回った。在庫は前
年を14.0%下回る一方、過去5年平均は11.3%上回る水準にある。地区別では、東
部が前週から170億立方フィート、中西部は160億立方フィート、西部は60億立方
フィート、南部は230億立方フィートそれぞれ積み増しとなった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時40分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

5月

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ