ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2018年01月24日(水)

今日は正真正銘、米国発のドル安でした
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2018年1月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日は正真正銘、米国発のドル安でした

〓今日の一言〓

おはようございます!

今日はドル安ですね。

これまでは日銀やECBでテーパリング観測が高まったことなどを受けたその反対
がわとしてのドル安でしたが、今回は正真正銘、米国発の材料主導でのドル安で
しょう。具体的にはムニューシン財務長官が、ドル安は米国の貿易にとっては良
いことと、あからさまにドル安容認の姿勢を示したことが背景になっています。


昨年12月に税制改革という大きな仕事をやり遂げたトランプ大統領は、再選への
道筋をつけるためにも、ここへきて選挙前の公約の実現を積極的に進めるように
なっています。移民問題やオバマケアの廃止でつまずき、税制改革でもかなり苦
労した政権にとって、残された大きな公約は、国内産業の保護、米国第一主義を
抱えた通商政策です。これは予算の伴わないため、議会の承認を得る必要がない
ので、就任当初大統領が積極的に進めようとしていたのですが、いきなりメキシ
コことの関係がギクシャクするなど、あちこちに問題が生じたこともあって、し
ばらくは矛先を収めていましたが、ここへきて改めて動き始めたという感じです


もちろん、状況は1年前と大きくは変わっていませんから、米国第一主義を掲げ
れば、他国の反発を呼び込むのは必至であり、新たな火種を多く残すことになる
でしょう。一方ではモラー特別検察官が、大統領本人との面談を摸索していると
伝わるなど、ロシア疑惑や司法妨害の問題も、いよいよ最終局面に入ってきたか
のような動きです。これらが新たなリスクとなって、株価の調整につながる可能
性には、更なる注意が必要と考えておいた方がよさそうですね。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードにかんしては、ドル安が一気に進んだことがマイナスに作用しまし
たが、一方では原油や天然ガスが値を伸ばしてくれたので、しっかりと利益は維
持したままとなっています。30日の一般教書演説までは、まだまだ大統領絡みで
色々と相場が不安定に動きそうですしあまり大きなリスクは取らないほうが良さ
そうです。月が変わるまで、大人しくしておきましょう。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 18時54分   パーマリンク

今日の材料 2018年1月24日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年1月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 11月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数は前月から0.4%上昇
・ 12月中古住宅販売、557万戸に減少し市場予想も下回る
・ MBA住宅ローン申請指数は前週から4.45%上昇
・ 2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.38
・ 5年債入札、応札倍率は2.48と前回上回る、利回りは上昇
・ EIA在庫:原油は107.1万バレルの取り崩し、予想下回る

-----------------------------------------------------------------------

・ 11月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数は前月から0.4%上昇

米連邦住宅金融庁(FHFA)によると、2017年11月の住宅価格指数は255.97と前月
から0.40%上昇した。5ヶ月ぶりに低い伸びで、市場予想と一致した。9地域ある
うち中西部西側(北部)や東海岸南部など7地域で上がり、中西部東側(南部)
で1.06%落ち込み、ニューイングランドでは0.11%低下した。前年同月比にすると
6.54%の上昇になり、全9地域で前年を上回った。ただ、伸び率は1月以降最も小
さい。

・ 12月中古住宅販売、557万戸に減少し市場予想も下回る

全米不動産協会(NAR)によると、2017年12月の一戸建てとコンドミニアムをあ
わせた中古住宅販売は年率換算で557万戸と前月から3.63%減少した。4ヶ月ぶり
のマイナス転落で、市場予想も下回った。北東部の販売が7.50%減り、ほかの3地
域も減少。前年同月との比較にすると1.09%の増加。西部を除く3地域で増加にな
った。

住宅ストックは前月比11.38%減の148万戸となった。販売の3.2ヶ月分に相当し、
前月の3.5ヶ月分(修正値)から下がった。販売価格は中間値で24万6800ドル
と、前年同月から5.79%上昇した。平均値は4.84%上昇の28万8200ドル。中間値と
平均値いずれも全ての地域で前年を上回った。

・ MBA住宅ローン申請指数は前週から4.45%上昇

米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)によると、住宅ローン申請総合指数は1月
19日時点で379.2と、前週から4.45%上昇した。新規購入指数が6.10%上がり、借
り換え指数も0.90%の上昇。

・ 2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.38

米財務省は24日、2年変動金利債(FRN)の入札で、最高割引マージンが0%になっ
たと発表した。応札倍率が3.38、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率は37.2
4%だったという。

・ 5年債入札、応札倍率は2.48と前回上回る、利回りは上昇

米財務省によると、24日の5年債入札で最高落札利回りは2.434%となった。前月
の2.245%から上昇。応札倍率が2.48で、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率
は64.98%。いずれも前回の2.36、58.40%を上回った。

・ EIA在庫:原油は107.1万バレルの取り崩し、予想下回る

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した在庫統計によると、1月19日現在の米国
内民間原油在庫は前週から107.1万バレルの取り崩しとなった。市場予想は下回
った。中西部の石油供給拠点となるオクラホマ州クッシングの在庫は、315.0万
バレル減少した。戦略備蓄原油(SPR)は前週から423.6バレル増加した。石油製
品の在庫はガソリンが309.8万バレルの積み増し、ディーゼル燃料や暖房油とな
る留出油は63.9万バレルの積み増し。原油と石油製品をあわせた在庫は186.5万
バレルの取り崩しとなった。製油所稼働率は90.89%と前週から2.10ポイント低下
した。原油輸入は日量804.1万バレルと9.1万バレル増加、国内石油需要は日量
2,063.6万バレルと17.3万バレル減少、国内原油生産は日量987.8万バレルと12.8
万バレル増加した。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時45分   パーマリンク

トランプ大統領が更に保護主義的な政策打ち出すなら、ドル一段安
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2018年1月24日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トランプ大統領が更に保護主義的な政策打ち出すなら、ドル一段安

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・11月米連邦住宅金融庁住宅価格指数 (09:00、予想0.4%上昇、前月0.53%上昇)
・12月中古住宅販売 (10:00、予想570万戸、前月581万戸)
・2年変動金利債(FRN)入札 (11:30)
・5年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2018/01/images/1516781042.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: ドル/円
売り: 金、コーン、砂糖、コーヒー

コメント

原油 ・・・ 目先は堅調な展開を予想する。産油国の減産によって足元の需給が
逼迫する中、市場は供給面の強気材料に対して敏感に反応するようになっている
。中でも財政危機に直面しているベネズエラの生産には注意が必要だ。今後更に
生産が落ち込む恐れは高く、米シェールオイルの生産が少々増えた程度では追い
つかなくなるだろう。これまでならサウジが増産で穴埋めをしてくれていたのだ
が、積極的に減産を進めている同国に今は期待することもできない。次に新たな
供給不安が生じれば、70ドルの節目を一気に上抜ける展開となるだろう。 〓堅
調〓

天然ガス ・・・ 目先は来月初めにかけて再び気温が低下するとの予報が出る中
、改めて買い意欲が強まってくると予想する。在庫が平年を12%下回る水準にあ
り、状況次第では春先に深刻な供給不足に陥る可能性も残る中、市場は在庫水準
の低さだけでも十分に買いが集まるようになってきている。実際に寒波に見舞わ
れるなら、4ドル台まで一気に値を伸ばすことも十分にあり得るのではないか。
〓強気〓

金 ・・・ 目先はまだしばらくドル安を支えに底堅い展開が続くかもしれないが
、その後は長期金利の上昇を嫌気する田価値で流れが弱気に転じると予想する。
減税によって米国の景気回復ペースが速まる一方、財政赤字が拡大するとの見方
を背景に、金利は上昇基調を更に強めることになるだろう。やはり減税の効果か
ら賃金の上昇圧力が高まってくれば、FRBが利上げのペースを速めざるを得なく
なるシナリオも考えられる。金利上昇やFRBの利上げは一番の売り材料、普通な
ら為替がドル高に振れることが多いことも忘れるべきではい。 〓中長期的に弱
気〓

小麦 ・・・ 目先は流れが弱気に転じると予想する。ポジション整理の買い戻し
はいつ入ってきても不思議ではないが、それで大きな流れが強気に転じることは
ないだろう。昨秋以降の乾燥や年初の寒波による作柄悪化に対する懸念は依然と
して残っているが、被害の実態が明らかになるのは、休眠期が明ける春になって
から。米長期金利の上昇を支えにドルが上昇に転じるようなことがあれば、4ド
ルの節目を割り込むことも十分にあり得るだろう。 〓弱気〓

コーン ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。12日のUSDAレポートで生産
見通しが予想に反して引き上げられたことで、当面の売り材料は出尽くしたとは
思われるが、期末在庫が87/88年度以来の高水準にまで積み上がるという圧倒的
な需給の弱さは、今後も大きな重石となる可能性が高い。春になって新年度の作
付動向が注目されるようになれば、新たな展開が見られるかもしれないが、それ
までにもう一段値を切り下げるのではないか。 〓軟調〓

大豆 ・・・ 目先はアルゼンチンの乾燥による作柄赤観測が下支えとなる中、し
ばらく買いが優勢の展開が続くかもしれないが、その後は流れが弱気に転じると
予想する。特に12日の需給報告で、輸出見通しが前月に続いて引き下げられたこ
とには注意が必要だ。今のところ輸出は好調なペースを保っているが、中国が将
来的に輸入の抑制策を取るとの見方が浮上するなど、見通しは意外と弱気に傾い
ている。将来的に成約が鈍ってくるようなことがあれば、大きな下支えを失った
相場が、一気に下げ足を速めることもあり得るのではないか。 〓中長期的に弱
気〓

砂糖 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。ここから更に大きな売り材料
が出ることもないとは思われるが、今年度の世界市場が3年ぶりの供給過剰に転
じるとの見通しが、引き続き大きな重石となるだろう。特にインドの生産見通し
が改めて引き上げられる可能性も残っていることと、ブラジルが米産エタノール
輸入に対する関税撤廃を検討していることには注意が必要、新たな売りを呼び込
む展開となっても、何ら不思議ではないだろう。 〓軟調〓

コーヒー ・・・ 目先は上値の重い展開が続くと予想する。120セントを割り込
む水準では買い意欲も強く、大きな支持線になると考えているが、一方で先週に
CONABがブラジルの新年度の生産見通しを発表、前年から大幅に増加し過去最高
を更新するとの見通しを示したことも無視することはできない。レアル安の進行
が改めて重石となる中で売りが加速、直近の安値を割り込むようなことがあれば
、一気に下げ幅を拡大することもあり得るだろう。 〓軟調〓

ダウ平均 ・・・ 目先はまだしばらく買いの勢いが続くかもしれないが、その後
はポジション調整の売りが出てきやすい状況となるだろう。暫定予算の問題は根
本的に解決された訳でなく、2月8日の次の期限が迫ってくれば、市場の不安も再
び高まることになる。最終的には何らかの形で合意が成立するのだろうが、最後
の最後まで話がもつれる可能性は極めて高く、それにつれて売り圧力も強まって
くると思われる。長期金利の上昇圧力が更に強まる可能性や、トランプ大統領が
通商問題で保護主義的な政策を打ち出す可能性にも十分な注意が必要だ。 〓価
格調整〓

為替 ・・・ 目先はダボス会議での講演や一般教書演説を控え、トランプ大統領
が更に保護主義的な通商政策を打ち出す可能性がある中でドルが一段安となるか
もしれないが、中長期的には米長期金利の上昇を支えに流れがドル高に転じると
予想する。減税によって景気回復ペースを速める一方で国内産業も保護するとい
う、相反する政策を採る以上、乱高下は避けられないが、いずれは金利の上昇が
モノを言うのではないか。 〓中長期的にドル高〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 03時12分   パーマリンク

2018年01月23日(火)

貿易問題とロシア疑惑には、十分に気をつけて
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2018年1月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

貿易問題とロシア疑惑には、十分に気をつけて

〓今日の一言〓

おはようございます!

今日の注目は、米政府によるセーフガード(緊急輸入制限)の発動ですね。

国内産業保護のため、太陽光パネルと洗濯機の輸入に新たな関税を賦課、中国な
どアジア諸国の反発は必至の状況となっている。おりしも本日からはNAFTAの再
交渉の新たなラウンドが始まっており、こちらへも影響があるのではないかとの
懸念が浮上しています。

税制改革という大きな仕事を成し遂げた今、トランプ大統領は再選への足場固め
を急速に進めようとしています。そのためにも、公約を実現したという実績を少
し手もつける必要があるのですが、予算が絡むものには議会の承認が必要となっ
てくることを考えれば、結局はホワイトハウスのみの権限で行える貿易問題しか
残っていないというわけです。26日にはダボスでの講演、30日には一般教書演説
を控えています。それまでに更なる政策を打ち出してくることも、十分にあり得
ると見ておくべきでしょう。

特別検察官の捜査が本格化しているロシア疑惑とこの貿易問題が、この先市場の
新たな懸念材料となる可能性は、かなり高いのではないでしょうか。



〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードに関しては、株価指数が結局頭打ちとなったことに加え、天然ガス
と本日ロング下原油がしっかりと 上昇したこと、ショートした小麦もしっかり
と利が乗ってくれたことで、今月の利益も3%を超えてきました。年初というのは
どうしても緊張するものですが、今年は十分に満足のいく滑り出しとなりました
ね。あと一週間少し、この調子でいきたいものです。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 18時49分   パーマリンク

今日の材料 2018年1月23日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2018年1月23日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 小売チェーンストア販売指数、前週比0.1%上昇
・ 1月のチェーンストア売上高、最初の3週間で前月比横ばい
・ 2年債入札、応札倍率は3.22と前回から上昇、利回りも上昇
・ ユーロシステムの金準備高は3週連続で前週から変わらず
・ API在庫:原油は475.5万バレル増加、8週ぶりの積み増し

-----------------------------------------------------------------------

・ 小売チェーンストア販売指数、前週比0.1%上昇

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデ
ータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、1月20日時点
で前週から0.1%上昇した。前年同期比にすると3.4%の上昇になる。

・ 1月のチェーンストア売上高、最初の3週間で前月比横ばい

米小売調査レッドブック・リサーチが23日に発表したレポートによると、1月の
国内チェーンストア売上高は最初の3週間で前月比横ばいとなった。前年同期と
比べると3.3%の増加という。

・ 2年債入札、応札倍率は3.22と前回から上昇、利回りも上昇

米財務省によると、23日の2年債入札で最高落札利回りは2.066%と、昨年12月の
前回入札での1.922%から上昇した。応札倍率が3.22で、前回の2.52から改善。し
かし、外国中銀を含む顧客の注文が占める比率は58.27%になり、前回の69.97%を
下回った。

・ ユーロシステムの金準備高は3週連続で前週から変わらず

ECBが23日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備
高(受取勘定含む)は1月19日現在3,763億100万ユーロと、3週連続で前週から変わ
らずとなった。

・ API在庫:原油は475.5万バレル増加、8週ぶりの積み増し

全米石油協会(API)の発表によると、1月19日現在の原油在庫は前週から475.5
万バレル、8週ぶりの積み増しとなった。市場では取り崩しを予想していた。中
西部の石油供給拠点で、NYMEX先物の受け渡し地点に指定されているオクラホマ
州クッシングの在庫は357.2万バレルの取り崩しとなった。一方ガソリンは411.7
万バレルの積み増し、暖房油やディーゼル燃料となる留出油は128.0万バレルの
取り崩しとなった。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時37分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1月

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      





当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ