ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

メールマガジン    - メールマガジンの過去ログです。実際の発行日から数日遅れてアップされます。 -




・ メールマガジンの過去ログです。実際の発効日から数日遅れてアップされます。
 

カテゴリーリスト

検索



最近のメルマガ

2017年12月08日(金)

雇用統計は、あまり材料視されませんでした
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年12月8日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

雇用統計は、あまり材料視されませんでした

〓今日の一言〓

おはようございます!

今日は雇用統計の発表がありました

結果は非農業雇用数が前月から22.8万人と、予想を上回る伸びとなったのですが
、一方では時間当たり賃金が前月比で0.19%と、予想を下回る伸びにとどまって
おり、強気一色という内容ではありませんでした。株式市場は一応強気の反応を
見せましたが、これは税制改革法案の早期成立への期待の影響の方が大きいと見
ておくべきでしょう。金利や為替市場の反応は限定的、少なくともFRBの利上げ
ペースを速めるような内容ではなかったことは確かだと思います。

実は今朝の寄り付き前に出したストラテジーでも、敢えて雇用統計には一切触れ
ることはありませんでした。今の市場での注目度は、決して高くないと考えたか
らです。米政権がエルサレムをイスラエルの首都として正式に認め、中東情勢が
一気に不透明になった今の状況で、特にサプライズが予想されているわけでもな
い雇用統計がマーケットにインパクトを与えることはないと考え、はたしてそう
なりました。このままいけば、来週のFOMCも、特に注目されることはないかもし
れません。市場が今何に注目し、どれを材料視しているかを見極めることは、相
場で勝ち続ける上でもっとも重要なことです。まだ中東情勢が大きく材料視され
ている訳でもないので、年末にかけてはこのあたりの見極めが重要になってくる
でしょう。


〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードに関しては、今週は久しぶりに厳しい一週間となりました。株価の
上昇も痛いですが、それ以上に天然ガスの下落が効きましたね。NYもかなり冷え
込んできているので、大きく売られることはないと考えていたのですが、甘かっ
たようです。ただ今週末は雪の予報も出ており、厳しい冷え込みは続きそうなの
で、週明け以降のの上昇に期待したいところです。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 18時35分   パーマリンク

今日の材料 2017年12月8日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年12月8日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 11月失業率は4.12%と前月の4.07%から僅かに上昇、ほぼ予想通り
・ 11月非農業雇用数は前月から22.8万人増加、予想上回る
・ 10月卸売在庫、0.48%減少で4月以来のマイナス転落
・ 12月ミシガン大消費者指数速報値、96.8に低下し市場予想も下回る
・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は931基と前週から2基増加
・ 中国の11月原油輸入は前月から23.35%増加・税関総局

-----------------------------------------------------------------------

・ 12月失業率は4.12%と前月の4.07%から僅かに上昇、ほぼ予想通り

労働省が発表した11月の失業率は4.12%と前月の4.07%から僅かに上がり、市場の
ほぼ予想通りだった。失業率の母数で、実際に就労中の人や就職活動を行ってい
る失業者、学生など自己申告をベースとした労働力人口は14万8000人増加し、10
月に5月以来で減少したのからプラス転換。労働参加率は前月比横ばいの62.7%と
なった。非労働力人口は3万5000人増え3月以来の小幅増となった。一方、非労働
力人口の中で仕事を求めている向きは5万3000人、3ヶ月ぶりに増加した。

労働力人口のうち、就業者は5万7000人の増加に転じた。労働力人口の中で就業
者が占める割合は、前月の60.2%から60.1%に低下。失業者は9万人増え、3ヶ月ぶ
りのプラス転換である。27週間以上の長期失業者は4ヶ月連続で減少したが、減
少数は4万人と前月の半分以下になった。

・ 11月非農業雇用数は前月から22.8万人増加、予想上回る

米労働省が発表した11月の非農業雇用数は、前月から22万8000人増加した。前月
の24万4000人よりやや小幅増だが、市場予想は上回る。なお、10月の増加数は26
万1000人から下方修正、9月は1万8000人から3万8000人に上方修正となった。201
7年の雇用は年初から11月まであわせて191万6000人増加、一ヶ月当たり17万4000
人の増加となる。前年同期の208万5000人、月平均18万9500人を下回った。

政府分を差し引いた民間の雇用は22万1000人の増加となった。資源・鉱業や建設
を含めた製造業全体の雇用は6万2000人と4ヶ月連続で増加した。このうち鉱業・
資源は7000人増え、4月以来の大きな前月比プラスとなった。建設は2万4000人、
製造業だけで3万1000人それぞれ増加し、いずれも3ヶ月ぶりの大幅増である。民
間サービス業は15万9000人増え、前月に比べて伸びペースが鈍った。プロフェッ
ショナルサービスのカテゴリーに入る一時雇用は1万8300人の増加で、2016年11
月以来の大幅プラスとなった。政府雇用は7000人増加。9月と10月の下方修正に
より3ヶ月ぶりに前月比プラスとなった。

週平均労働時間は34.5時間で、前月から0.1時間増加、市場予想も上回った。時
間あたり賃金は26.55ドルと、前月に比べて0.19%の上昇になった。市場予想より
低い伸びである。前年との比較にすると2.47%の上昇。

・ 10月卸売在庫、0.48%減少で4月以来のマイナス転落

米商務省が発表した10月の卸売在庫は6053億4800万ドルと、前月から0.48%減少
した。4月以来のマイナス転落で、市場が予想していた以上の減少でもある。耐
久財の在庫が0.06%と僅かに増加、非耐久財は1.34%落ち込んだ。

10月の卸売売上高は前月から0.70増加した。在庫率は1.249%と、前月の1.264%
(修正値)から低下した。

・ 11月ミシガン大消費者指数速報値、96.8に低下し市場予想も下回る

12月のロイター/ミシガン大消費者指数速報値は96.8と、前月の98.5から低下し
た。3ヶ月ぶりの低水準で、市場予想も下回る。6ヵ月後を占う期待指数が88.9か
ら84.6にダウン。しかし、現状指数は113.5から115.9に上昇した。

1年後のインフレ見通しは2.8と、前月の2.5から上昇し、2016年4月以来の高水準
になった。5年後は2.4から2.5に上がった。

・ 米国内で稼動中のリグ(掘削機)は931基と前週から2基増加

石油サービスのベーカーヒューズ社が8日に明らかにしたデータによると、米国
内で稼働中のリグ(掘削機)は同日現在931基と前週から2基増加した。前年からは
307基、49.2%の増加となる。このうち石油のリグは751基と前週から2基増加、天
然ガスのリグは180基と横ばいだった。前年比ではそれぞれ50.8%、44.0%の増加
となる。

・ 中国の11月原油輸入は前月から23.35%増加・税関総局

中国税関総局が8日に明らかにしたデータによると、同国の11月の原油輸入は
3,704万トン(日量905.01万バレル)と10月の日量733.71万バレルから23.35%増加
した。前年比では12.03%の増加となる。年初来の累計では3億8,598万トン(日量
847.08万バレル)と、前年同期を12.00%上回っている。石油製品の輸入は254万ト
ンと、前月の195万トンから30.26%増加、前年の200万トンからは27.00%増加し
た。年初来の累計では2,689万トンと、前年同期を6.45%上回っている。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時40分   パーマリンク

原油は足元の需給逼迫が支えとなる中、改めて買いが加速
  [モーニングストラテジー]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年12月8日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

原油は足元の需給逼迫が支えとなる中、改めて買いが加速

〓今日の予定〓 (米東部時間)

経済指標
・11月失業率 (08:30、予想4.1%、前月4.17%)
・11月非農業雇用数 (08:30、予想19.0万人増、前月26.1万人増)
・10月卸売在庫・在庫率 (10:00、予想0.4%減、前月0.34%増)
・12月ロイター/ミシガン大消費者指数速報値 (10:00、予想98.8、前月98.5)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)


●現在のポジションの状況やトレード成績は、フルレポートに掲載されています

↓フルレポートのダウンロードはこちら (PDFファイル)↓
http://yosoukai.com/strategy/archives/2017/12/images/1512729813.pdf


-----------------------------------------------------------------------

本日の売買戦略

買い: NYMEX原油1月限
売り: 該当銘柄なし

(タイミング待ち)

買い: 砂糖、コーヒー、ドル/円
売り: 金、コーン

コメント

原油 ・・・ 目先は堅調な展開が続くと予想する。前日にはナイジェリアの石油
労働者がストを行う可能性が高まったのを背景に買いが集まったが、こうした供
給不安に市場がしっかりと反応するのは、それだけ足元の需給が引き締まってい
るということだ。年末にかけては米南部の製油所が税金対策のために意図的に在
庫を取り崩す傾向にあるし、米政権がエルサレムをイスラエルの首都と正式に認
めたことも、中東情勢の新たな混乱につながるとの見方から投機的な買いを呼び
込むことになりそうだ。年内には60ドルの節目を大きく上抜けるのではないか。
〓堅調〓

天然ガス ・・・ 目先は流れが強気に転じると予想する。足元の売りの勢いは、
とどまるところを知らないという感じだが、状況はそれほど弱気一色に傾いてい
る訳でもない。在庫は依然として過去5年平均を下回っており、この先厳しい寒
さが続き、取り崩しのペースが加速すれば、春先に一部の地域で供給不足に見舞
われる可能性も十分にあると見ておくべきだ。今の水準はやはり割安、3ドルあ
たりまでなら直ぐにでも値を回復するのではないか。 〓反発〓

金 ・・・ 目先は長期金利の上昇やドル高が重石となる中、軟調な展開が続くと
予想する。トランプ政権のロシア疑惑や北朝鮮のミサイル発射問題に加え、米国
がエルサレムをイスラエルの首都と正式に認めたことを受けて中東情勢が不安定
になるとの懸念も浮上、安全資産としての需要が高まっているのは間違いないが
、こうした混乱を背景とした買いは、短命に終わってしまうことが多いのも事実
。一方では米税制改革法案が年内成立に向けて動いている中、財政赤字の拡大観
測などから金利が更に上昇する可能性は高く、中長期的な重石となるだろう。
〓軟調〓

小麦 ・・・ 目先は軟調な展開が続くと予想する。欧州を中心に世界生産見通し
の引き上げは依然として続いており、記録的な豊作だった前年を僅かに下回るだ
けという水準になっている。市場に供給が潤沢にある中、安価なロシアや欧州産
に押されて米国の輸出が伸び悩むという構図は、この先も相場の重石となり続け
るだろう。ドル高の進行が新たな重石となる可能性もある中、4ドルの節目を割
り込むのもそう遠い将来の話ではないと考える。 〓軟調〓

コーン ・・・ 目先は流れが更に弱気に傾くと予想する。需給見通しは依然とし
て弱気、例年であれば生産者を中心とした収穫期の売りも終了している時期では
あるが、今年は来年1月の年次推定で生産見通しが更に引き下げられる可能性が
残っていることもあって、売り材料が出尽くしたという感じにもなっていない。
ドル高が進む局面では、輸出の伸び悩みに対する懸念も高まり、更に売り圧力が
強まることも考えられよう。いわゆる「2月の安値」をつけるまでは下落の流れ
が継続、ここから20セントは下げ幅を広げるのではないか。 〓軟調〓

大豆 ・・・ 目先は流れが改めて弱気に転じると予想する。中国向けを中心に輸
出は好調さを維持しているし、アルゼンチンの作柄悪化懸念もしっかりと買いを
呼び込んでいるのだが、それでも相場が上がりきらないというのが今の状況だ。
一方では期末在庫が06/07年度以来の高水準にまで積み上がるという需給の弱さ
が、大きな重石となっているということなのだろう。不安定な上下を繰り返しな
がらも、徐々に下値を切り下げていくのではないか。 〓軟調〓

砂糖 ・・・ 目先はブラジルレアルの値動きを睨み、不安定な展開が続くと予想
する。ブラジル中銀の利下げや年金改革法案の頓挫などを嫌気する形でレアルは
下落基調が継続、投機的な売りを呼び込むことになりそうだが、一方では同国で
乾燥気候が続き、次年度の生産が大幅に落ち込むとの懸念が浮上していることも
忘れるべきではない。当面は売りの流れにも逆らえないが、ブラジルの生産動向
だけには注意を払っておきたい。 〓中長期的に強気〓

コーヒー ・・・ 目先しばらくはレアルの値動きを睨み、不安定な値動きが続く
かもしれないが、その後は同国で乾燥気候が続き、新年度産の生育に対する懸念
が高まるのを前提に流れが強気に転じると予想する。レアルの先安感が高まる中
で投機的な売りの流れに逆らうのは難しいが、来年1月に農務省CONABが発表する
生産見通しの内容次第では、ポジション整理の買い戻しが一気に集まってくるこ
とも十分にあり得るだろう。 〓中長期的に強気〓

ダウ平均 ・・・ 目先は投資家のリスク回避の動きを強めるような材料の動向を
睨み、ポジション調整の売りが出てきやすい状況が続くと予想する。税制改革の
年内成立観測は、材料としては既に織り込み済み、一方でトランプ政権のロシア
疑惑や北朝鮮の ミサイル発射に加え、米政権がエルサレムをイスラエルの首都
として正式に認めたことで、中東情勢が再び不安定になるとの可能性も浮上する
中、こちらの方はまだほとんど消化されていないというのが実際のところ。一つ
でも懸念が現実のものになるなら、価格調整もかなり大きくなるのではないか。
〓価格調整〓

為替 ・・・ 目先は対ユーロ中心にドル高の流れが続くと予想する。年内の税制
改革法案成立期待に加えて、トランプ政権が年明けにもインフラ計画を打ち出す
との報道もあり、米景気回復ペースが速まるとの見方はドルの大きな押し上げ要
因となりそうだ。一方では北朝鮮や中東情勢不安など、リスク回避の動きを加速
させる材料もあり、対円では積極的に買いにくい部分もあるが、その分ドル高ユ
ーロ安は大きく進むのではないか。 〓ドル高/ユーロ安〓



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 05時50分   パーマリンク

2017年12月07日(木)

ドル高の流れが、徐々に強まってきました
  [引け後の一言・裏話]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松の すっとびストラテジー 番外編 2017年12月7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ドル高の流れが、徐々に強まってきました


〓今日の一言〓

おはようございます!

ドル高の流れが、徐々に強まってきたようです

本日はトランプ政権が年明けにもインフラ計画を打ち出すとの観測報道が出たこ
ともあり、米景気回復に対する期待が改めて高まる中で株価が上昇、それにつれ
てドル高の流れも強まりました。米経済、向かうところ敵なしという感じですが
、株式市場にはやはりこうした買い材料はほぼ織り込み済みとなっている可能性
が高く。更なる上昇には期待しにくいというのが実際のところです。

それに比べてドルは、まだまだ上昇余地が大きいですね。

景気回復期待に加えて、税制改革法案が成立すれば、減税によって財政赤字が拡
大するとの見方から、金利の上昇圧力が強まるとの見方も、ドル高を後押しする
可能性が高いと思います。米国がエルサレムをイスラエルの首都として認めたこ
とを受け、突如降って沸いてきた格好の中東情勢不安ですが、こちらの方も対円
ではドル売り材料となりますが、対ユーロなら中東情勢不安は欧州に対する懸念
が高まる可能性がたかいので、やはりドル高要因となるでしょう。

株式市場はどこかで大幅な価格調整入る可能性があり、積極的には買い進みにく
いところですが、ドル高に対してはかなり積極的に攻めていっても、大丈夫だと
思います。


〓ストラテジー裏話〓

仮想トレードは、今週に入ってちょっと旗色が悪いですね。本日も目先気温低下
予報が出ているにもかかわらず、天然ガスが大きく下げたのにやられてしまいま
した。現物市場では北東部などでしっかりと価格が上昇しているので、暖房需要
はしっかりと増えているのですが、先物市場は今のところ反応していません。も
う少し、辛抱が必要なようです。原油の見通しは必要なので、明日は改めてロン
グで参入する予定です。まだ12月は3分の1も過ぎていません。挽回のチャンスは
十分に残っているので、なんとかしたいところです。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

↓シミュレーションの取引ルールはこちら↓
http://yosoukai.com/strategy/simulation-rule.html

↓過去のトレード一覧はこちら (excelファイル、通常週末に更新)↓
http://yosoukai.com/strategy/perfomance-history.xls

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 18時20分   パーマリンク

今日の材料 2017年12月7日
  [今日の材料]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松のすっとびストラテジー 番外編 - 今日の材料 2017年12月7日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〓ニュース・ヘッドライン〓

・ 失業保険新規申請件数は23.6万件に減少、予想も下回る
・ 11月米企業解雇予定数3.5万人、4月以来の高水準
・ 10月消費者信用残高は前月から205.2億ドル増加、予想上回る
・ 11月米国債入札予定総額、前回と同じ560億ドル
・ 天然ガス在庫は20億立方フィートの積み増し、予想外の増加に転じる
・ ロシアの金及び外貨準備高は前週から4億ドル増加
・ 南アフリカの10月金生産指数は前月から1.8%低下、統計局

-----------------------------------------------------------------------

・ 失業保険新規申請件数は23.6万件に減少、予想も下回る

米労働省が発表した12月2日までの週の失業保険新規申請件数は23万6000件と、
前週の23万8000件から2000件減少し、5週間ぶりの低水準になった。市場予想も
下回った。

雇用情勢をより良く反映するといわれる4週平均は2日時点で24万1500件と、前週
の24万2250件から減少した。

失業保険継続受給件数は、11月25日時点で前週比5万2000件減の190万8000件とな
った。継続受給のデータは、新規申請件数より一週間遅れで発表される。

・ 11月米企業解雇予定数3.5万人、4月以来の高水準

人材派遣大手のチャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマス社によると、11月
の企業解雇予定数は3万5038人と前月から17.45%増加した。3ヶ月ぶりのプラス転
換で、また4月以来の高水準になった。前年同月との比較では、30.08%の増加。
2017年の解雇予定数は11月まであわせて38万6347人になり、前年同期を21.68%下
回った。

・ 10月消費者信用残高は前月から205.2億ドル増加、予想上回る

米連邦準備理事会(FRB)によると、10月の消費者信用残高は3兆8022億1000万ド
ルと、前月から205億2000万ドル、年率換算で6.5%増加した。修正に伴い9月より
大幅増、市場予想も上回る。クレジットカードなど回転式の信用残高は83億ド
ル、9.9%増加、自動車ローンなどの非回転信用は122億2000万ドル、5.3%の増加
となった。

・ 11月米国債入札予定総額、前回と同じ560億ドル

米財務省は7日、11日に実施の3年債入札の予定額を240億ドルで据え置いた。来
週はまた、11月に発行した10年債と30年債の銘柄統合入札(リ・オープン)を行
う予定で、10年債リ・オープンを200億ドル、30年債リ・オープンでは120億ドル
の発行を計画していることを発表。いずれも10月の前回リ・オープンと同じ。来
週は総額560億ドルの供給になる。10年債のリ・オープンは3年債と同じ11日、30
年債は12日に行う。

・ 天然ガス在庫は20億立方フィートの積み増し、予想外の増加に転じる

米エネルギー省情報局(EIA)が発表した天然ガス在庫統計によると、12月1日現
在のアラスカとハワイを除く48州の天然ガス在庫は3兆6,950億立方フィートと、
前週から200億立方フィートの積み増しとなった。市場では小幅の取り崩しを予
想していた。在庫は前年を6.5%、過去5年平均を0.7%下回る水準にある。地区別
では、東部が前週から80億立方フィート、中西部が100億立方フィート、西部が
10億立方フィートそれぞれ取り崩しとなった一方、南部は210億立方フィートの
積み増しとなった。

・ ロシアの金及び外貨準備高は前週から4億ドル増加

ロシア中銀が29日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は12
月1日時点で4,306億ドルと、前週から4億ドル増加した。年初の3,777億ドルから
は、529億ドルの増加となる。

・ 南アフリカの10月金生産指数は前月から1.8%低下、統計局

南アフリカ統計局が7日に発表した月次データによると、同国の10月金生産指数(
2010 年=100)は季節調整値で95.2と前月から1.8%低下した。季節調整前の指数は
98.4と1、前年同月比で0.9%の低下となる。金以外の鉱物を含めた全体では季節
調整値で前月から3.4%上昇、季節調整前では前年比で5.2%上昇した。



↓過去のマガジンはこちらから (数日遅れのアップデートになります)↓
http://yosoukai.com/magsample

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

松の すっとびストラテジー 番外編

発行者 :松本英毅 よそうかい・グローバル・インベスターズ代表
URL :http://yosoukai.com/
お問い合わせ :ask@yosoukai.com

配信停止 :http://yosoukai.com/magazine/subscribe-cancel001.html


当レポート上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成さ
れていますが、あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負う
ものではありません。投資の決断は、投資家自身の判断で下してください。


Posted at 17時41分   パーマリンク

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1月

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

http://yosoukai.com/magazine/




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ