ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の「ほんまに」無責任なトーク



12月

2016


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索




最近の「ほんまに」無責任なトーク


2016年12月1日(木)

株がいつまでしっかりしてるのかが、大きな鍵を握りそう

日本の皆さん、おはようございます!

長期金利の上昇がとまりません。元々は米大統領選でトランプ候補が勝利、新政権が積極的な財政政策を打ち出すことで財政赤字が拡大、インフレも加速するとの見方から始まった金利の上昇やけど、ここへ来てOPECの減産を受けた原油の急騰で、インフレ見通しが更に強まったことが上昇の流れに拍車をかけているみたいやね。朝方発表されたISM製造業指数が予想を上回る伸びとなり、米景気がいよいよ回復基調を強めてきたとの見方も、後押しとなったんとちゃうかな。今の景気回復は、トランプさんの政策とは関係のないものやからね。

もっとも、そうした中にも関わらず、ドルがポジション調整の売りに押され軟調に推移したことにも注意が必要やね。為替市場は何も金利差だけに注目して動いている訳ではないんで、特に驚く必要もないのかもしれんけど、ここまで金利の上昇にひっついて買いが集まっていたドルが、流れについていけなくなったことの意味は大きいと思うよ。もちろん今日一日の動きだけで判断するわけにはいかんけど、近い将来にドル高の流れがとまるシナリオも、しっかりと考えておく必要があるね。

明日は11月の雇用統計の発表があるけど、それほど強気のサプライズにはならないんとちゃうかな。水曜のADP民間雇用数は20万人を超える伸びとなったけど、10月と9月は下方修正されており、全体で見たらそれほど大きな伸びという訳ではない。弱気のサプライズとなることもないやろうし、これで12月の利上げも確実ということになるとは思うけど、年明け以降もかなりのペースで利上げが続くとの期待を高めるほどに、大幅な伸びになることもないと思う。

今のドル高や金利の上昇が、新興国をはじめとした世界経済に少なからぬ打撃を与えるのは避けられへんやろうし、それは回りまわって米景気にも影響を及ぼすことになる。今のところはそうしたリスクには注目が集まってないけど、今のような超楽観的な状況が、いつまでも続くことはないと思うよ。株式市場に調整圧力など、影響がでてくるようになれば 、FRBも長期金利の上昇を抑えるために、緩和的な政策に逆戻りせざるを得ない可能性も出てくるでしょう

もちろん、トランプ新政権の政策が上手いこと当たって成長を更に加速させるような方向に進んでいったら、こうした見方も杞憂に終ってしまうことになるやろうけど、大幅な財政支出を伴う政策は議会の反対に遭う可能性も高いし、そう簡単なことではないと思う。製作に対し市場の失望感が高まるようなことになったら、流れが一気に変わることも十分にあり得ると思うよ。株がいつまでしっかりとしてられるかは、大きな鍵を握るんとちゃうかな。

では、今日はこのへんで
株の上昇が続くと思う人も、懸念が高まったと感じてる人も、
グーッドラック!

Posted by 松   

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

当コラムについて

一日のマーケットを振り返って、目に付いたトピックを中心に思いつくままに色々と書いていこうと思います。 「ほんまに」無責任に、本音を書いていこうかと思うんで、どんどんと内容が過激になっていくかもしれまへん。

ご意見、ご質問は大歓迎ですが、忙しさにかまけてほったらかすこともあるんで、その際はご容赦を。 なにぶん、無責任ですから・・・

このコラム自体、まともに続くかどうかも今のところなんともいえませんが、 まあ、気負うことなく気楽にやっていきますわ。

松のプロフィールが見たい人は
こちら→
 
メルマガ
WEB会員




最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ