ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の「ほんまに」無責任なトーク



12月

2016


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索




最近の「ほんまに」無責任なトーク


2016年12月19日(月)

ロシア大使の射殺事件に対する、市場の反応は限定的でした

日本の皆さん、おはようございます!

今週末はクリスマスというこの時期、物騒な事件が起きてしまいました。トルコではロシアの駐トルコ大使がトルコ警察の警官に撃たれて死亡、ドイツではホリデーマーケットにトラックが突っ込むという事件が発生しました。ドイツの事件の背景はまだ不明のようですが、拘束された犯人とイスラム武装勢力とのつながりがあるようなら、この先改めて地政学リスクの高まりが意識されるようになることも十分にあり得るでしょう。

こうした一連の事件と、米国債の上昇(金利の低下)や円高の進行を結び付けようとするような報道は多いですが、ニュースが伝わった後の値動きを見る限り、今日のところは反応もかなり限定的だったように思います。メディアはどうしてもそういう風に書く傾向があるので、一度自分で各市場の値動きを確認した方が良いでしょう。

それよりも、午後に伝わったイエレンFRB議長の講演内容に対する、市場の反応の方が大きかったですね。議長は労働市場がここ10年近くでもっとも強い状態にあるとしたほか、継続的な雇用の増加に伴って、賃金の上昇圧力が強まっているとの見方も示しました。ただ、これはボルチモア大の卒業式でのスピーチなので、希望に満ち溢れている卒業生に対してのリップサービスの部分もあったと考えておいた方が良いでしょう。

議長は秋くらいまで、労働市場の回復は認めながらも、そのペースに関してはやや不満で、もっと改善の余地があると言い続けてきました。このところは雇用の伸びもややぺーすが鈍っており、11月の時間当たり賃金は、昨年12月以来で前月比マイナスとなりました。雇用が回復しているのは確かですが、それに議長が満足してしまうとは限りません。少なくとも今回のスピーチで、タカ派的な姿勢が強まったとは判断しない方が良いと思います。

では今日はこの辺で

イエレン議長はまだまだハト派と考えてる人も、
やっぱり利上げペースは速まると思ってる人も、
グーッドラック!

Posted by 松   

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

当コラムについて

一日のマーケットを振り返って、目に付いたトピックを中心に思いつくままに色々と書いていこうと思います。 「ほんまに」無責任に、本音を書いていこうかと思うんで、どんどんと内容が過激になっていくかもしれまへん。

ご意見、ご質問は大歓迎ですが、忙しさにかまけてほったらかすこともあるんで、その際はご容赦を。 なにぶん、無責任ですから・・・

このコラム自体、まともに続くかどうかも今のところなんともいえませんが、 まあ、気負うことなく気楽にやっていきますわ。

松のプロフィールが見たい人は
こちら→
 
WEB会員
メルマガ




最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ