ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の「ほんまに」無責任なトーク



1月

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


カテゴリーリスト

検索




最近の「ほんまに」無責任なトーク


2017年1月4日(水)

金はようやく底打ちしてきたかな、という感じです

日本の皆さん、おはようございます!

ダウ平均が、また2万の節目に近づいてきました。

昨年11月の米大統領選以降のトランプ相場といえば、米長期金利上昇、株高、ドル高、12月半ばには既に頭打ちとなった感が強いんですが、それでも果敢に大台を狙える位置を維持しているというのは、なかなか凄いものがあります。新政権への期待は、政策が具体的になっていくにつれて失望に変わるとの見方から、こうした市場には弱気(長期金利は低下)の見方をしてるのは、これまでの何度も書いたので割愛しますが、ダウ平均だけは、なんだかんだといって、一度は2万という数字を見ない限りは、納得しないのかもしれませんね。もっとも、いったい誰がそれで納得するのかは、よう分かりませんが。

そうした中で、ようやく金は底打ちしたかなという感じの動きが出てきたような気がします。このままの調子でポジション整理の買い戻しが入ってくれば、1,200ドルの節目回復も時間の問題という勢いですが、実際にはどうでしょう。一方で、SPDR金ETFの保有高が減少を続けるなど、市場からの資金流出が止まらないというのがどうも引っ掛かるんですね。投資対象としての金の魅力が、薄れているのではなかろうか、株価が下落に転じても、安全資産としての需要があまり出てこないのではなかろうかと、なんとなく 前向きな気持ちになれないというのが実際のところです。

「どう考えてもこれは買いしかないやろー」 という時も危ないですが、何となく気が乗らないというのも、やっぱり慎重になった方がエエですね。金利が低下しドル安が進むなら、見通しは強気で大丈夫とは思うんですが、リスクを取って大きなロングポジションを取れるのかというと、ちょっと尻込みしてしまうというのが正直なところ。せめてETFの保有高がちょっとでも増えてくれれば、ずいぶん楽になれるのにと思いながら、ポジションを取るかどうか、悩む日々が続くような気がします。一気に1,200ドルを超えるまで急伸してくれれば諦めもつくでしょうし、何となくそんなパターンになるのかなという気もしてきました。まあ、こうしてあれこれ悩みながら、時は経っていくものですし、明日になったらあっさりとオーダーを入れてることも、良くある話なんですが。

とにかくポジションを取らないと、その次には進めないんで、なるべく取る方向で決断するようにはしてるんですが、一方ではこうした心の「引っ掛かり」も、やっぱり大切にせんといかんでしょう。

という訳で、今日はこのへんで。

グダグダと書くだけになってしまいましたが、
FOMC議事録も含め、あんまりこれといった材料がなかったんですね。

金に復活の兆しを見ている人も、もうちょっとあかんやろと思ってるひとも、
グーッドラック!

Posted by 松      コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ

当コラムについて

一日のマーケットを振り返って、目に付いたトピックを中心に思いつくままに色々と書いていこうと思います。 「ほんまに」無責任に、本音を書いていこうかと思うんで、どんどんと内容が過激になっていくかもしれまへん。

ご意見、ご質問は大歓迎ですが、忙しさにかまけてほったらかすこともあるんで、その際はご容赦を。 なにぶん、無責任ですから・・・

このコラム自体、まともに続くかどうかも今のところなんともいえませんが、 まあ、気負うことなく気楽にやっていきますわ。

松のプロフィールが見たい人は
こちら→
 
メルマガ
WEB会員




最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ