ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の「ほんまに」無責任なトーク



10月

2013


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


カテゴリーリスト

検索




最近の「ほんまに」無責任なトーク


2013年10月29日(火)

新しいレポートを作り始めました

日本での怒涛の一週間が過ぎて、睡魔と闘い中

日本での怒涛の一週間が過ぎて、強烈な眠気と戦いながらこのコラムを書いとります。昔は時差ボケなんか無縁やってんけど、やっぱり年かねぇ。ただ、前回も今回も、早朝に日本を発ってNYにも早朝に着いて、その後すぐに仕事というスケジュールやったんで、これも影響してるんかもしれんな。次に行くときは、普通のスケジュールの便にしてみよか。それでもボケるンやったら、年ということやろね。

ハリケーンサンディから1年が経ちました

さて、あっという間に10月も終わりです。去年の今頃はハリケーンサンディーでひっちゃかめっちゃかやったわけで、何か1年が経つのは早いね。今年のハロウィーンは、ちゃんとできるみたいで良かったね。NYマラソンも・・・

で、FOMCはどうなるの?

その前にはもちろん、FOMCが待ちかまえております。前回の会合ではみんながみんな、量的緩和の縮小を予想していて、縮小見送りのサプライズに大騒ぎしたんがウソみたいや。今となっては年内の縮小開始おろか、来年3月や4月まで緩和継続というのがコンセンサスになりつつある状況。たった一ヵ月半でここまで雰囲気が変わるもんかと思うけど、その間に半月以上の政府機関の一部閉鎖という大問題が生じてんから、しゃあないわね。

で、実際のところはどうなるんやろね。量的緩和の縮小見送りは間違いないとして(さすがに縮小というサプライズはないでしょう)、注目は緩和策の縮小開始時期に関して、何らかの示唆を声明に盛り込むかどうかになるんかな。市場では、いまだに年内の縮小開始の可能性もあり得るという向きもおるみたいやから、このあたりの微妙なニュアンス次第では、思った以上に相場が動きことになるかもしれんね。ワシ個人としては、今後の景気動向次第で緩和策の縮小も拡大もあり得るという、従来の立ち位置に戻る事を強調するような感じになるんとちゃうかなと思うねんけど、実際のところはどうやろね。

イベントに振り回されてたら、上手いこと儲けられへんよ

ただ、こうした大きなイベントというのは、予想してもなかなか上手いこと儲けにつなげられへんもんやねんね。注目度が十分に高いだけに、事前に大きく思惑で動く事が多く、イベント後は材料出尽くし感やポジション整理の動きも加わって、値動きがかなり不安定になることがほとんどやねんね。雇用統計なんかにしても、予想自体がなかなか当たるもんやないし、仮に当たっても発表後の乱高下に巻き込まれて、結果的に上手いこと利益を確定せけへんかったという苦い経験を持っている人は少なくないんとちゃうかな?

雇用統計を予想するのは至難の業でも、市場予想の傾向は分かります

最近はそれよりも、イベントの1週間から10日前くらいから、それに対する市場の予想がどっちの方向に傾いていくかを予想して、それに賭けるようにしてるねん。もちろん、直前には勝ってても負けてても、ポジションは一旦整理。ぼらてぃりてぃーが高くなると事前に分かってる時に、ポジションを縮小するのはセオリー中のセオリーやからね。雇用統計やFOMCなんかを正確に予想するのは至難の業やけど、それに向けて市場の予想がどのあたりに収束していくんかを予想するのは、意外に簡単かもしれんよ。

最近は雇用統計ナイト!とかいうて、ネット上で盛り上がってるイベントが多く見られるけど、トレードとしてはそれまでにしっかり儲けて、その瞬間はのんびりするのが一番屋と思うよ。まあ、皆で盛り上がるのは楽しいけど、くれぐれもそうした熱狂の中でオーダーを入れるような真似はせんようにね。

新しいレポートを作り始めました

という訳で、今度そうしたコンセプトに基づいて、レポートを書き始めることにしました。FOMCと雇用統計、それとあと一つか二つ、大体月に3回くらい注目イベントを定めて、それに向けて10日くらい前からどのような戦略でトレードを仕掛けていったらエエかを書いてます。まだどのような配信形態にするかは決まってないけど、結構面白いもんになると思うねんね。一番下に添付してあるファイルは、FOMCに向けて今月17日に書いたサンプルです。一番最後のページ、意外にドンピシャでちょっとビックリ。これについて何か意見やアイデアがあったら、ドンドン知らせてちょうだいね。ヨロシクです。

では今日はこの辺で。 みなさん、グーッドラック!

PDFファイル(27KB)

CaseSenarioOutlook2013-1017 (27KB)

Posted by 松     

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

当コラムについて

一日のマーケットを振り返って、目に付いたトピックを中心に思いつくままに色々と書いていこうと思います。 「ほんまに」無責任に、本音を書いていこうかと思うんで、どんどんと内容が過激になっていくかもしれまへん。

ご意見、ご質問は大歓迎ですが、忙しさにかまけてほったらかすこともあるんで、その際はご容赦を。 なにぶん、無責任ですから・・・

このコラム自体、まともに続くかどうかも今のところなんともいえませんが、 まあ、気負うことなく気楽にやっていきますわ。

松のプロフィールが見たい人は
こちら→
 
WEB会員
メルマガ




最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ