ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



1月

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2019年01月10日(木)

30年債入札リ・オープン、応札倍率は2.19、最高利回りは3.035%
  [金融・経済]

30年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

30年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(12/13)
合計 35059.3 16000.0 2.19 2.31
競争入札分 35052.1 15992.8 2.19 2.31
顧客注文比率(外国中銀含む) 57.32% 66.42%
最高落札利回り(配分比率) 3.035% (73.89%) 3.165%

Posted by 松    1/10/19 - 13:05   

2019年01月09日(水)

数人のFOMC会合参加者、12月の金利据え置きを支持
  [金融・経済]

米連邦準備理事会(FRB)が9日に発表した2018年12月18 -19日の米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録で、メンバー以外のFRB高官も含む会合参加者のほとんどが利上げを適切とみていた中、数人は金利据え置きを支持していたことが明らかになった。最近の金融市場の変動が激しいことや世界の景気見通しを巡る不透明感が強まっていることを挙げ、物価上昇のサインがないこともあり、様子見の余地があるとの見方が背景にあったという。

FOMCはこの会合で、フェデラルファンド金利の誘導目標を0.25ポイント引き上げて、2.25-2.5%に決定。議事録によると、参加者は、利上げによって政策金利が中立水準の下限に近付いたと判断した。

今後の金融政策に関しても、やはり金融市場が不安定なことや世界景気への懸念から、適切な金利の引き上げ幅やタイミングが以前に比べて明確でなくなったとの見方を示した。幾分かさらなる利上げが景気の拡大傾向にあることなどに沿っているとみなしながらも、多くの参加者はインフレ圧力が落ち着いていることからも、忍耐強く利上げに取り組むことができると指摘した。

Posted by 直    1/9/19 - 14:41   

10年債入札リ・オープン、応札倍率は2.51、最高利回りは2.728%
  [金融・経済]

10年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

10年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(12/12)
合計 60237.3 24000.0 2.51 2.35
競争入札分 60231.9 23994.6 2.51 2.36
顧客注文比率(外国中銀含む) 56.92% 63.11%
最高落札利回り(配分比率) 2.728% (81.02%) 2.915%

Posted by 松    1/9/19 - 13:07   

2019年01月08日(火)

3年債入札応札倍率は2.44と前回下回る、利回りは低下
  [金融・経済]

3年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

3年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(12/11)
合計 92604.7 38000.1 2.44 2.59
競争入札分 92439.6 37834.9 2.44 2.60
顧客注文比率(外国中銀含む) 41.90% 50.49%
最高落札利回り(配分比率) 2.559% (63.99%) 2.748%

Posted by 松    1/8/19 - 13:08   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ