ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



12月

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2018年11月27日(火)

エルニーニョ現象、来年2月にかけて75-80%の確率で発生見通し
  [天候]

世界気象機構(WMO)は27日、2018年12月から2019年2月の間に75-80%の確率でエルニーニョ現象が発生する見通しを示した。この間、アジアや欧州、北米など広範囲にわたって高温傾向が予想されるとし、一方で、気象モデルや専門家の見解からエルニーニョ現象が起きても強力なものにはなりそうにないという。2019年2月から4月に現象が続く確率は、60%ほどとも見通した。また、北半球で2019年春にかけてラニーニャ現象が起きる可能性は極めて小さいとの見方も示した。

Posted by 直    11/27/18 - 11:54   

2018年11月15日(木)

エルニーニョ現象の発生確率は引き続き70%・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は、2018年にエルニーニョ現象が起きる確率は引き続き70%との見方を示した。10月にそれまでの50%から70%に引き上げ。当局が監視する8つの国際モデルのうち7つは、少なくとも2019年3月まで海面水温がエルニーニョの基準を上回ることを示しているという。

一方、この2ヶ月間は正のインド洋ダイポード現象(IOD)にあることを指摘した。南半球の春の間に正のIODが起きることで、オーストラリア南部や中部で平均以下の降雨になる可能性が強まる。ただ、国際モデルが、11月には正のIODは衰退する見通しを示しているともいう、

Posted by 直    11/15/18 - 12:48   

2018年10月26日(金)

株式:反落、ダウ平均とS&P500は再び年初来マイナス
  [天候]

ダウ工業平均:24,688.31↓296.24
S&P500:2,658.69↓46.88
NASDAQ:7,167.21↓151.13

NY株式は反落、世界的な景気の先行き不透明感に対する漠然とした懸念や、政治的リスクが高まっていることが重石となる中で売りが先行、ダウ工業平均とS&P500種は再び年初来でマイナスに転じた。ダウ平均は寄り付きからい大きく売りが先行、昼前には下げ幅も500ポイントを超えるまでに拡大した。その後は一転して買い戻しが集まり値を言回復したものの、プラス圏まで戻すには至らず。午後遅くには再び上値が重くなった。

セクター別では、金関連に買いが集まったほか、保険が底堅く推移した以外、ほぼすべてのセクターで下落。生活必需品や通信が大幅に下落、半導体や生活必需品、公益株も下げが目立った。ダウ銘柄では、前日引け後の決算が強気の内容となったインテル(INTC)が3.11%の上昇となったほか、ウォルグリーン(WBA)、メルク(MRK)、トラベラーズ(TRV)の計4銘柄のみが上昇。一方でホーム・デポ(HD)は3.82%の下落、シスコ・システムズ(CSCO)、ユナイテッド・ヘルス(UNH)、アメリカン・エクスプレス(AXP)も2%を超える下落となった

Posted by 松    10/26/18 - 16:51   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ