ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



12月

2022


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2022年12月08日(木)

2023年1-2月にENSO中立に戻る見多し・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局によると、エルニーニョ・南方振動(ENSO)は2023年1-2月に中立に戻る見通しを示した。大気や海洋モデルから、ラニーニャ現象は現時点でピークにあり、オーストラリアの北部や東部で平均以上の降雨、北東部では気温が低下しやすいという。

このほか、インド洋赤道域の西部と東部の海面水温差の影響で起きるインド洋ダイポード現象(IOD)が中立に戻ったことを指摘した。海面水温は5週間連続してマイナス0.4℃とプラス0.4℃の中立レンジにあり、直近データでマイナス0.16℃。IODのサイクルに沿って負のIODは終了の見通しであることを示した。南半球環状モード(SAM)は12月いっぱい中立から正の状態を続けると見通した。正の環状モードは南半球の夏の間オーストラリア東部とビクトリア州東部の降水量が平均を上回り、一方タスマニア州西部の降雨は平均以下になる可能性が強いという。

Posted by 直    12/8/22 - 10:34   

2022年11月23日(水)

ラニーニャ現象、2023年初めに勢力弱まる可能性・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は22日付リリースで、ラニーニャ現象の勢力が2023年初めに弱まる可能性を示唆した。現時点ではまだラニーニャが発達した状態にあり、このためオーストラリアの北部や東部で夏の間は平均以上の降雨、北東部では気温が低下しやすいと指摘した。

このほか、インド洋赤道域の西部と東部の海面水温差の影響で起きるインド洋ダイポード現象(IOD)は2週間前の前回報告から後退傾向を続けていることを挙げた。この3週間の海面水温はマイナス0.4℃とプラス0.4℃の中立レンジ、直近データでマイナス0.06℃。向こう2週間の水温次第でもあるが、気象モデルは12月終わりに負のIOD終了の見通しになっているという。

一方、南半球環状モード(SAM)は12月いっぱい正の状態を続けると見通した。正の環状モードは南半球の夏の間オーストラリア東部とビクトリア州東部の降水量が平均を上回り、一方タスマニア州西部の降雨は平均以下になる可能性が強いという。

Posted by 直    11/23/22 - 11:59   

2022年11月08日(火)

ラニーニャ現象、勢力を維持・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は8日付リリースで、ラニーニャ現象が勢力を維持しているとの見方を示した。熱帯太平洋の海面水温、南方振動指数(SOI)、雲の動きなど大気や海洋の指標から、ラニーニャが完全に発達した状態にあるとコメント。ラニーニャに伴いオーストラリアの北部や東部で春から夏にかけて平均以上の降雨の可能性が強まりやすく、さらに北部では春の間気温が上昇する傾向にあるという。このほか、インド洋赤道域の西部と東部の海面水温差の影響で起きるインド洋ダイポード現象(IOD)は6月以来で中立に戻ったが、雲や降雨のパターンはマイナス0.4℃の負の基準にあることを認識した。

一方、南半球環状モード(SAM)は12月にかけて正の状態を続けると見通した。正の環状モードは春から夏の間ニューサウスウェールズ州東部とビクトリア州東部、クイーンズランド州南東部の降水量が平均を上回り、一方タスマニア州西部の降雨は平均以下になる可能性が強いという。

Posted by 直    11/8/22 - 08:21   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ