ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



4月

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2018年04月16日(月)

2018年のインドモンスーン降雨は長期平均の97%・気象局見通し
  [天候]

インドの気象局(IMD)は18日、2017年のモンスーン(6-9月)の降水量が長期平均(LPA)の89センチメートルの97%になると見通した。誤差は5%。LPAの96-104%が通常量とみなされ、IMDは平均的な降雨を予想している。

より具体的な見通しでは、通常量と所みなされるLPAの95-104%になる確率が42%とした。一方、90-96%の通常以下は30%、90%未満の雨不足になるのは14%と予想。これに対し、12%の確率で104-110%の平均以上、過剰降雨は2%をみていることから、降雨が平均以下になる可能性が高いことになる。

当局は、6月に次回のモンスーン予測を発表する予定という。

インドで灌漑農地は約半分しかなく、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育にモンスーンの降雨がかぎとなる。

Posted by 直    4/16/18 - 10:56   

2018年04月06日(金)

インド主要給水所の貯水量、前年や過去10年平均下回る
  [天候]

インドの水資源省によると、91ヶ所ある主要給水所の貯水量は4月5日時点で最大能力の27%になった。前週の28%から下がり、前年同期の31%や過去10年平均の29%を下回った。

マハラシュトラ州を含む西部の貯水量が30%で、これも前年の35%、過去平均の34%より低い。ウッタルプラデシュ州などの中部が30%になり、前年の44%を大きく下回るが、過去平均とは同水準だった。給水所の数が31と最も多い南部では18%。前年の13%を上回るが、過去10年平均の24%からはダウンである。南部にはカルナタカやタミルナドゥ、アンドラプラデシュといった州などがある。このほか、北部で21%、東部で44%となった。

インドの給水所は、飲用にもちろん、国内で灌漑農地が約半分しかないことから、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育に欠かせず、また、秋の作付の鍵も握る。

Posted by 直    4/6/18 - 11:30   

2018年04月05日(木)

インド、モンスーンで平均的な降雨見通し・スカイメット
  [天候]

インドの気象情報会社スカイメットは、2018年のモンスーン(6-9月)の降水量が長期平均(LPA)の887ミリメートルの100%と、平均的な降雨になる見通しを示した。誤差が5%。通常量と所みなされるLPAの95-105%になる確率が55%で、90-95%の通常以下もしくは105-110%の通常以上がいずれも20%とした。また、LPAの110%を超える確率は5%あるが、干ばつはゼロという。このほか、月別には、6月にLPAの111%になるが、7月と9月には97%、96%にダウン、9月には通常を下回る可能性も示唆した。

インドで灌漑農地は約半分しかなく、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育にモンスーンの降雨がかぎとなる。

Posted by 直    4/5/18 - 14:16   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
okachi
sunward




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ