ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



4月

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2019年04月18日(木)

エルニーニョ現象、発生しても短期間で終了の可能性・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は16日付のレポートで、エルニーニョ現象が発生しても短期間で終了する可能性があるとの見方を示した。当局によると、発生確率は引き続き70%で、見通しもAlert(警戒)が維持されている。熱帯太平洋の海面水温は依然としてエルニーニョ現象の基準に近いが、大気の反応が一貫していないと指摘した。

南方振動指数(SOI)はエルニーニョ発生時に低下するのが、中立状態を続けており、貿易風も赤道近くで通常並みの勢力にとどまっているという。気象モデルは5月によりエルニーニョを意味する水準に上がることを示す一方、ほとんどのモデルが南半球の冬場には低下予想になっているともした。

エルニーニョ現象によってオーストラリア東部では冬から春にかけての降水量が平均を下回る一方、南部では気温が平均以上となり、小麦や砂糖きび生産に影響が及ぶリスクも高まるとされている。

Posted by 直    4/18/19 - 09:15   

2019年04月15日(月)

2019年のインドモンスーン降雨は平均的・気象局見通し
  [天候]

インドの気象局(IMD)は15日、2019年のモンスーン(6-9月)降雨が平均的になる見通しを示した。降水量予想は長期平均(LPA)の89センチメートルの96%。LPAの96-104%が通常量とみなされ、IMDは平均的な降雨をみている格好になる。なお、誤差は5%。

より具体的な見通しでは、通常量と所みなされるLPAの96-104%になる確率が39%とした。次に確率が高いのは90-96%の通常以下で32%。90%未満の雨不足になるのは17%を見越す。これに対し、104-110%の平均以上 になる確率が10%、過剰降雨の確率は2%。

当局は、6月第一週に次回のモンスーン予測を発表する予定という。

インドで灌漑農地は約半分しかなく、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育にモンスーンの降雨がかぎとなる。

Posted by 直    4/15/19 - 09:00   

2019年04月05日(金)

2019年インドモンスーン降雨は平均下回る見通し・スカイメット
  [天候]

インドの気象情報会社スカイメットは、インドの2019年モンスーン(6-9月)降雨がエルニーニョ現象の影響から平均を下回るとの見通しを発表した。同社のマネジングディレクターによると、降水量は長期平均(LPA)の890ミリメートルの93%になり、通常量以下とみなされるLPAの90-95%のレンジ内に収まる。誤差は5%。通常量を下回るのが55%の確率で、通常並みになるのは30%とコメント。また15%の確率で干ばつが起きるともいう。

6月にLPAの77%とかなり限定的なモンスーン開始になり、7月に91%にやや上向くのを見越す。また、8月には102%、9月に99%と通常量になると予想した。地域別には、東部が雨不足に陥るリスクが高いという。このほか、同社が監視する気象モデルに基づいて、3-5月に80%の確率でエルニーニョ現象が起きる見通しを示した。ただ、6-8月には60%に下がることも指摘。

インドで灌漑農地は約半分しかなく、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育にモンスーンの降雨がかぎとなる。

Posted by 直    4/5/19 - 11:21   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ