ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



11月

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2020年11月24日(火)

ラニーニャ現象、12月あるいは来年1月にピーク・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は24日付のリリースで、ラニーニャ現象が少なくとも12月あるいは来年1月にピークに達する見通しを示した。熱帯太平洋の中太東部で海面水温がラニーニャの水準にあり、気象モデルはラニーニャの勢力が一段と強まることを占めているとコメント。南半球環状モード(SAM)は現時点で中立にあるが、ラニーニャの影響から向こう数週間内に正の環状モードに発達が予想されるという。気象局はラニーニャ現象により、12月から来年2月の間にほぼ全国的に平均以上の降雨になると見通しとした。

Posted by 直    11/24/20 - 10:59   

2020年10月27日(火)

ラニーニャ現象、少なくとも21年2月まで続く見通し・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は27日付のリリースで、ラニーニャ現象が少なくとも2021年2月まで続く見通しを示した。熱帯太平洋の中部や東部の水温、大気、雲の動きなどがラニーニャ現象の基準にとどまっていることを指摘。当局が監視している国際モデルのほとんどが12月にピークとなり、またこうしたモデルの約半分は勢力も強まることを示しているという。

ラニーニャ現象により、南半球の春の間の降水量が平均を上回り、オーストラリア東部では夏にかけて平均以上の降雨が続く傾向にある。

Posted by 直    10/27/20 - 08:25   

2020年10月14日(水)

インド中南部で記録的な豪雨、農作物に被害
  [天候]

インド中南部で、記録的な豪雨によって死者や農作物に被害が出ていると報じられた。インド気象局(IMD)によると、テランガナ州ハイデラバード市の13日の降水量は192ミリメートルとなり、10月の降水量として1903年に付けた過去最高の117.1ミリメートルを超えて記録を更新。13日にはマハラシュトラ州やカルナタカ州沿岸部などでも激しい雨を見越す。地元トレーダーはメディアに対し、コメやコーンなどの作物への影響を指摘。ただ、具体的な損失を予想するのは尚早と慎重な姿勢も示した。

Posted by 直    10/14/20 - 12:05   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ