ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2018年02月21日(水)

緩やかかつ忍耐強く金利引き上げるべき・ダラス連銀総裁
  [要人発言]

ダラス連銀のカプラン総裁は21日の講演で、2018年に緩やかかつ忍耐強く金利を引き上げていくべきだと述べた。ダラス連銀では2018年の米実質国内総生産(GDP)が2.5-2.75%増加すると予想しているとコメント。健全な労働市場や家計のバランスシート改善によって個人消費は力強く伸びるという。

また、企業の設備投資は前年から増加し、世界経済の回復も米景気の伸びに寄与するとの見方を示した。昨年末に成立した減税は2018年に効果をもたらす一方、2019年と2020年には効果が薄れると見通した。

雇用に関すると、失業率が現行の4.1%から今年末までに3.6%当たりまで下がるとの見通しを示した。パーとタイム、職探しは行っていないが意向を示している向きなどを含むU6失業率は8.2%から8%を下回る水準まで下がると予想。このほか、年内に物価が2%の目標到達に向けて進むのを見込んでいるとも述べた。

カプラン総裁は2017年に米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーを務めた。ダラス連銀総裁が次にFOMCの投票権を持つのは2020年になる。

Posted by 直    2/21/18 - 13:17   

フィラデルフィア連銀総裁、現時点で今年内2回の利上げを予想
  [要人発言]

フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は21日の講演で、今のところ今年内2回の利上げを予想していると述べた。景気は比較的しっかりしているものの、インフレが依然として伸びないことを指摘。金融政策の決定は経済指標次第である方針を強調し、これまでの経済指標から現時点で2回の利上げが適切とみているという。ただ、変化に応じて利上げの回数を調整することにも前向きなことを示した。

2018年の実質国内総生産は引き続き約2.5%の増加を見通していると述べた。ここ数年間に続いて個人消費が経済成長の要であるとコメント。ただ、2019年の成長率は2%にとどまり、その後さらに伸び悩むとも見通した。失業率は2019年半ばまでに3.6%まで下がるのを見越すとした。雇用に関してはまた、2018年も雇用創出が力強く伸びるのを見込むものの、需給が引き締まることによってどこかの時点でペースが鈍り始めるとした。インフレ率は2019年終わりまでに2%の目標に到達または超えるのを見越しているという。

ハーカー総裁はこのほか、当局の長期的な目標や金融政策の見直しに前向きなことを示しながら、総裁自身が変更、具体的な代替策を支持しているのでもないとした。

ハーカー総裁は2017年に米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーを務めた。フィラデルフィア連銀総裁が次回FOMCの投票権を持つのは2020年になる。

Posted by 直    2/21/18 - 11:21   

2018年02月13日(火)

金融安定脅かすリスクへの警戒続ける・パウエルFRB議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は13日の就任式で、金融の安定を脅かすリスクに対する警戒を続けると述べた。現在、世界経済は力強く回復していると強調。景気拡大を継続させ、当局の目標達成に向けて金融政策の正常化も進めているとも述べた。また、金融規制の重要な部分を維持しながら、より効率的なものにしていく意向も示した。

具体的な景気や金融政策に関する発言はなかった。

Posted by 直    2/13/18 - 14:23   

昨年並みのペースでの利上げ継続が適切・クリーブランド連銀総裁
  [要人発言]

クリーブランド連銀のメスター総裁は13日の講演で、今年と来年に昨年と同じようなペースで利上げを続けるのが適切との見方を示した。緩やかに金利を引き上げることでリスクバランスや景気拡大を保ち、雇用等物価の長期目標維持につながるとコメント。ただ、景気や物価の動向次第で利上げペースを調整していくとも述べた。

最近の株式相場の乱高下や金利上昇について言及し、現時点で景気に影響することはないとみていると述べた。ファンダメンタルズは健全であり、景気見通しも変えていないという。減税が向こう2年間の成長率を0.25-0.5ポイント押し上げるのを予想するとした。

インフレ率が当局の目標よりも低く推移を続けていることを認識しながら、最近の物価に関するニュースは良好とも評価した。足元の変動よりも中期的な動きを注視しているとも述べ、景気拡大や雇用需要の増加が続くなら、インフレ率は向こう1-2年内に2%の目標に到達すると見通した。

メスター総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーであり、1月の会合ではほかのメンバーとともに金利据え置きに賛成票を投じた。

Posted by 直    2/13/18 - 14:07   

2018年02月08日(木)

賃金や物価上昇待ってからの利上げを支持・カシュカリ総裁
  [要人発言]

ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は8日に開かれた対話型集会で、雇用をさらに伸ばし賃金や物価の上昇が進むのを待ってから利上げを行うことに支持を示した。カシュカリ総裁は2017年に米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーを務め、3月と6月、12月の利上げ決定時に金利据え置きを主張し、反対票を投じていた。この日のイベントでは、労働力への復帰ムードが高まっているなど情勢が改善していながら、賃金の上昇が鈍いと指摘。利上げによって経済を冷やすことはないと述べた。

2日に発表された1月の雇用統計で、時間当たり賃金の上昇が進んだことについて、賃金上昇の兆候との見方を示した。一方で労働時間が減少したことを挙げ、顕著な統計といい難いとコメント。また、減税が賃金や雇用を押し上げるかもしれないと述べた。どの程度の効果があるか判断するのは尚早としながらも、減税効果に楽観的な空気が強まったことを認識し、心理的なインパクトにつながる可能性を示唆した。

Posted by 直    2/8/18 - 14:45   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
サンワード




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ