ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



7月

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2018年07月20日(金)

米大統領の利上げ批判、政策に影響ない・セントルイス連銀総裁
  [要人発言]

セントルイス連銀のブラード総裁は20日に記者団に対し、トランプ米大統領の利上げ批判が金融政策に何らかの影響を及ぼすことはないだろうと述べた。トランプ大統領は19日の米CNBCとのインタビューで利上げを好ましくないと発言し、また20日朝には利上げによって米国の競争上の優位な立場が後退しているとツイートに投稿。ブラード総裁は、トランプ大統領のスタイルを考えれば発言には驚いていないとコメント。FRBは法的に定められている雇用と物価の目標達成に向けて取り組み続けるだけとした。

ブラード総裁はこの利回り曲線についての講演も行い、長短金利の逆転は現実的な可能性となってきたとの見方を示した。長短金利逆は景気が弱含むサインであり、市場や政策当局者は注意する必要があると述べた。インフレ期待が抑えられている中で利上げを進めすぎて金利の反転を引き起こさせる必要はないともいう。

セントルイス連銀総裁は2019年に米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーになる。

Posted by 直    7/20/18 - 13:01   

2018年07月18日(水)

通商問題長引いた場合米国や世界経済に悪影響・FRB議長
  [要人発言]

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は18日に下院金融サービスで年2回の金融政策に関する証言を行い、通商問題が長引いた場合、米国はもちろん世界経済に悪影響を及ぼすとの見方を示した。自由貿易は生産性や所得を押し上げるとし、ビジネス界では懸念が強まっており、投資計画の見送りなどが聞かれるとコメント。商工会議所がすでに反対姿勢を示しているとも発言したが、商工会議所と直接話し合ってはないという。

一方で、前日の上院での証言同様にFRBは通商政策に携わらないと強調した。トランプ米政権の政策方針を批判する立場になく、通商政策に関する討議にもかかわっていないと発言。すでに貿易戦争が起きているかどうかについての質問に返答も避けた。

パウエル議長は現行の財政政策を持続的でないと述べ、連邦債務が経済性成長より早いペースで伸びていることに懸念を示した。また、現時点で金融バブルはみられないが、重要なリスクであると認識した。

Posted by 直    7/18/18 - 13:20   

2018年07月17日(火)

現時点で段階的な利上げ継続が最善策・パウエルFRB議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は17日、上院銀行住宅都市委員会で年2回の金融政策に関する証言を行い、現時点では段階的な利上げの継続が最善策であると考えていると述べた。労働市場の力強さや、インフレが当局の目標に近付いていること、景気見通しのリスクバランスがほぼ安定していることを指摘した。

続きを読む

Posted by 直    7/17/18 - 13:23   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

sunward
WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ