ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



12月

2022


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2022年12月06日(火)

石油製品:続落、株や原油の急落につれて投機的な売りが加速
  [要人発言]

RBOBガソリン1月限:2.1491↓0.0528
暖房油1月限:2.9155↓0.0843

NY石油製品は続落。将来的なリセッションに対する懸念が高まる中、株や原油の急落につれて投機的な売りが加速した。相場は夜間取引売りが先行、朝方にかけて軟調な展開が続いた。通常取引開始後には一段と売りに押される格好となり、大きく下げ幅を拡大。午後には売りも一服となったが、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、反発は限定的なものにとどまった。

Posted by 松    12/6/22 - 14:59   

2022年11月30日(水)

早ければ12月に利上げペース鈍らせる可能性・パウエルFRB議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は30日の講演で、早ければ12月の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で利上げペースを鈍らせる可能性を示した。金融政策の累積効果が景気や物価に表れるまでの時間差を指摘し、現時点でこれまで急速に進めてきた利上げのインパクトがまだ完全に出ていないとコメント。ただ、インフレを押し下げるのに十分な金利水準にも近付いており、ペースを緩めるのが理に適っているという。

ただ、物価上昇の抑制に向けてどこまで金利を引き上げ、引き締め的な政策をいつまで続ける必要があるのかが利上げの減速以上に重要な課題であると述べた。インフレが依然として高すぎると強調。物価安定を取り戻すためには当面引き締め政策を維持する必要性がありそうだとした。早期の政策緩和に否定的な姿勢を示し、また、最終的な金利水準は、9月時点での連銀高官で予想されていた以上の水準をやや上回ると見通した。

FOMCの次回会合は12月13-14日に開催予定。この会合では、連銀高官による四半期ごとの成長率や物価、金利見通しが発表される。

Posted by 直    11/30/22 - 13:54   

2022年11月09日(水)

石油製品:続落、需要伸び悩みに対する懸念重石となり売りが加速
  [要人発言]

RBOBガソリン12月限:2.5446↓.0921
暖房油12月限:3.6563↓0.1144

NY石油製品は続落。世界的な景気減速に伴う需要の伸び悩みに対する懸念が大きな重石となる中、投機的な売りに押される展開となった。相場は夜間取引から売りが先行、通常取引開始後には一段と値を切り下げた。中盤には一旦買い戻しが集まる場面も見られたものの、下落の流れを止めるには至らず。午後からは改めて売り圧力が強まる格好となり、日中安値近辺まで値を下げた。

Posted by 松    11/9/22 - 14:48   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ