ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



9月

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2017年09月26日(火)

物価上昇抑制の中で緩やかなペースの利上げ適切・FRB議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のイエレン議長は26日の講演で、緩やかなペースでの利上げの必要性を強調した。特に物価上昇が抑えられているうえ、中立金利は低い中では緩やかなペースで取り組むのが適切とコメント。ただ、過度に緩慢な利上げにも慎重になるべきだと述べた。雇用増加が続いており、労働市場の過熱化、さらにはインフレ圧力が強まるリスクに懸念を示し、インフレ率が当局の目標である2%に上昇するまで金利を据えくのは賢明でないという。

イエレン議長は、インフレ率が徐々に%に上昇するとの見方を繰り返しながらも、雇用情勢が改善していながら低インフレが続いていることも認識した。低インフレは時間の経過とともに薄れいていく要素を反映しているだろうとしながらも、想定以上に長続きする可能性も示唆した。

Posted by 直    9/26/17 - 17:28   

2年債入札、応札倍率は2.88と前回やや上回る、利回りは上昇
  [要人発言]

2年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

2年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(8/28)
合計 74870.5 26000.3 2.88 2.86
競争入札分 74651.8 25781.6 2.90 2.87
顧客注文比率(外国中銀含む) 44.15% 45.80%
最高落札利回り(配分比率) 1.462% (45.60%) 1.345%

Posted by 松    9/26/17 - 13:05   

2017年09月25日(月)

賃金や物価上昇の明確なサイン必要・シカゴ連銀総裁
  [要人発言]

シカゴ連銀のエバンス総裁は25日の講演で、一段と金利を引き上げる前に賃金や物価が上昇していることを示す明確なサインをみる必要があると述べた。ファンダメンタルズは良好で、労働市場も拡大とコメント。ただ、物価のコア部分に懸念を示した。2016年終わりから2017年初めにかけて物価に改善がみられたものの、その後停滞しており、7月時点で前年比1.4%の上昇にとどまったと指摘した。

エバンス総裁はまた記者団に対し、低インフレが一時要素によるとの見方を疑問視していることを明かしたと報じられた。インフレ期待が低すぎることにも懸念を示したという。

エバンス総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーである。

Posted by 直    9/25/17 - 17:36   

中期的な物価上昇で緩やかな利上げ続ける見通し・NY連銀総裁
  [要人発言]

ニューヨーク連銀のダドリー総裁は25日の講演で、中期的に物価が2%の目標に上昇すると見通し、緩やかな利上げを続けることになるだろうと述べた。輸入物価の上昇、また物価抑制の一時的な要因が後退することで、物価が目標水準に落ち着くようになるとの見方である。

米国がトレンドをやや上回る成長過程にあり、労働市場が徐々にタイトになっているとの見方を示した。これに伴い賃金も上がってくるとコメント。雇用の改善と緩慢ながらも賃金が上がることで、所得が上向き、個人消費も引き続き伸びるという。

企業の設備投資拡大も見通した。労働力の需給ひっ迫が、技術投資のインセンティブになると指摘。最近のドル安と海外の成長によって貿易セクターが足かせで亡くなるとも述べた。このほか、ハリケーン「ハービー」と「イルマ」、「マリア」の影響を認識しながらも、自然災害は結果的に経済活動の拡大につながるとの見方を示した。

Posted by 直    9/25/17 - 14:02   

2017年09月22日(金)

利上げ前にさらなる経済指標みたい・ダラス連銀総裁
  [要人発言]

ダラス連銀のカプラン総裁は22日、年内あと1回の利上げに前向きとしながら、決定前にさらなる経済指標をみたいと述べた。メディア報道によると、総裁の発言はカンザスシティー連銀とダラス連銀が主催したイベントでのもの。景気循環がインフレを強めるのに自信があるとする一方、経済の構造的な変化が物価や賃金の向かい風になっていると指摘。失業率低下の中でも、グローバリゼーションやテクノジーが賃金や物価の上昇を抑えているかもしれないという。

カプラン総裁は今年の米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーである。19−20日に行われたFOMC会合ではほかのメンバーとともに金利の据え置きに賛成票を投じた。

Posted by 直    9/22/17 - 16:10   

KC連銀総裁、緩やかな利上げ継続を支持
  [要人発言]

カンザスシティー連銀のジョージ総裁が22日、最近の物価上昇鈍化の中でも緩やかな利上げ継続に支持を示したと報じられた。、メディア報道によると、失業率の低下、消費者心理が改善していることを指摘し、むしろ利上げを先送りすることで長期的な経済成長や金融市場の安定を脅かすと述べた。

ジョージ総裁はこのほか、米連邦公開市場委員会(FOMC)が20日の会合で10月からバランスシートの縮小開始を発表したことに対し、市場の反応が限定的だったことを歓迎すると述べた。計画が事前に織り込まれていたとし、実際にバランスシートの縮小がスムーズに行われることを望むともコメントした。

ジョージ総裁は20156年にFOMCのメンバーを務めた。カンザスシティー連銀総裁が次にFOMCで投票権を持つのは2019年になる。

Posted by 直    9/22/17 - 14:09   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

メールマガジン
WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ