ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



1月

2022


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2021年12月17日(金)

テーパリング終了適切、さらに速める必要ない・NY連銀総裁
  [要人発言]

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は17日に米CNBCとのインタビューで、2022年3月半ばに資産購入縮小(テーパリング)を終えることが適切とし、ペースをさらに速める必要はないとも述べた。米連邦公開市場委員会(FOMC)は15日、テーパリングの加速を決め、この結果、当初の6月から3月半ばに買い入れ終了となる。一段とペースを速めても利点はないとコメント。一方で現行のテーパリング計画を進めることで、来年に利上げの選択肢が増えるとした。

利上げのタイミングは経済指標次第と強調した。11月のテーパリング開始と12月のペース加速はいずれも雇用や物価情勢、また見通しに基づいての決定だったとし、来年もスタンスを維持するとのこと。景気には前向きな見方を示し、雇用の改善ぶりなどを評価した。インフレは現時点で高すぎ、当局も重視していると述べ、確実に2%の目標に戻すと述べた。

FOMCの2022年最初の会合は1月25-26日に開催の予定となっている。

Posted by 直    12/17/21 - 13:30   

2021年12月15日(水)

新型コロナオミクロン株、景気見通しにリスク・FRB議長会見
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は15日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に記者会見を行い、新型コロナウィルスのオミクロン株に懸念を示した。ここ数週間のコロナ感染増加に加え、オミクロン株の出現もあって景気見通しにリスクをもたらしていると述べ、記者との質疑応答でも、オミクロン株を巡る不透明感に言及した。

ただ、成長力や雇用、物価への影響がどの程度か明らかでないとも述べた。また、人々が適応していることを認識。オミクロン株の中でもテーパリングの加速が適切とした。FOMCは本日の会合でインフレ高進を理由に資産購入縮小(テーパリング)のペースを速めることを決定し、労働市場の改善も評価。パウエル議長も会見で、改めてインフレ圧力や労働市場が強いことを強調した。

記者からテーパリング完了後と最初の利上げまでの期間について質問が挙がり、パウエル議長は現時点で当局の優先事項出ないとした。今後の会合で情勢を判断しながら決めるとのこと。ただ、2014年の前回テーパリングと状況が違うことも指摘した。経済は遥かに強く、最大限の雇用に近いとコメント。また物価も目標を上回っており、利上げ開始まで長い時間待つ必要はないだろうと答えた。

Posted by 直    12/15/21 - 17:32   

2021年11月30日(火)

オミクロン株による景気や物価への影響に懸念・FRB議長議会証言
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は30日に上院銀行住宅都市委員会でCARES法の下で義務付けられている証言を行い、新型コロナウィルスのオミクロン株出現による景気や物価への影響に懸念を示した。最近のコロナ感染拡大に加えてオミクロン株が出現し、雇用や経済活動の下振れリスクが高まり、またインフレを巡る不透明感が強まったとコメント。特に気掛かりであるのは、人々の仕事意欲が後退し、労働市場の進展がスローダウン、サプライチェーンの混乱が更に進むことだと述べた。

続きを読む

Posted by 直    11/30/21 - 12:11   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ