ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



11月

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2019年11月13日(水)

仕向け先不明で10.6万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は13日、民間業者から仕向け先不明で10万6000トンの2019/20年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    11/13/19 - 09:42   

ブラジルCONAB、大豆と小麦生産引き上げ、コーンはほぼ据え置き
  [穀物・大豆]

ブラジル商品供給公社(CONAB)生産推定
出所:ブラジル農務省商品供給公社(CONAB)、単位1,000トン

19/20年度 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 120860.3 ↑0.39% ↑ 5.07% 3292
コーン 98366.1 ↓0.02% ↓1.68% 5610
小麦 5277.7 ↑2.49% ↓2.76% 2586

続きを読む

Posted by 松    11/13/19 - 08:31   

ブラジルIBGE、大豆とコーン生産推定引き上げ、小麦は引き下げ
  [穀物・大豆]

ブラジルIBGE農産物生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2019年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 113018.1 ↑0.17% ↓4.09% 3162
コーン 100236.3 ↑0.08% ↑23.19% 5729
>メインクロップ 25922.5 ↓0.38% ↑0.70% 5423
>サブクロップ 74313.9 ↑0.24% ↑33.61% 5843
小麦 5303.8 ↓3.00% ↓0.02% 2586

続きを読む

Posted by 松    11/13/19 - 08:28   

2019年11月12日(火)

USDAクロップ:コーン収穫は66%、大豆は85%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン、大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

コーン収穫進捗率 11月10日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 66% 52% 83% 85%
大豆収穫進捗率 11月10日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 85% 75% 87% 92%

Posted by 松    11/12/19 - 16:06   

USDAクロップ:冬小麦作柄は前週から悪化、発芽は78%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

11月10日現在

冬小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 10% 33% 43% 11%
前週 4% 9% 30% 45% 12%
前年 3% 9% 34% 45% 9%
冬小麦作付進捗率 11月10日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 92% 89% 88% 92%
冬小麦発芽進捗率 11月10日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 78% 71% 76% 81%

Posted by 松    11/12/19 - 16:04   

輸出検証高:小麦とコーンは大幅に増加、大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

11月7日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 528.9 ↑79.9% ↑49.3% 11459.8 ↑23.1% 299.4 〜500.9
コーン 560.1 ↑97.4% ↓51.6% 4321.3 ↓61.2% 350.5 〜599.5
大豆 1331.6 ↓10.2% ↓1.9% 10886.5 ↑9.1% 800.3 〜1600.7

Posted by 松    11/12/19 - 11:15   

フランス軟質小麦生産推定、下方修正でも過去2番目の高水準
  [穀物・大豆]

フランス農務省は12日、同国の2019年軟質小麦生産推定を3950万トンと、前月時点での3970万トンから引き下げた。減反が背景にあるが、過去2番目の高水準を記録する見方には変わらない。前年比にして16%増加で、過去10年平均も11.8%上回る。

コーン生産は1260万トンとみており、従来の1250万トンからやや引き上げた。イールドも上方修正。前年との比較で0.5%増加だが、過去10年平均からは10%ダウンになる。

Posted by 直    11/12/19 - 10:28   

2019/20年度英小麦輸出、最初の3ヶ月間で前年の5.2倍
  [穀物・大豆]

英国の税関データによると、2019/20年度(7-6月)の小麦輸出は最初の3ヶ月間で41万3752トンと、前年の5.2倍になった。欧州連合(EU)向けも5.2倍膨らみ41万1661トン。非EU向けは2091万トンになり、前年の29トンから大幅増加となった。

Posted by 直    11/12/19 - 10:11   

ロシア冬穀物作付、11日時点で1810万ヘクタール
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2020年に収穫となる冬穀物の作付は11月11日時点で1860万ヘクタールとなった。作付は10月の終わり時点で事前予想を上回り、その後なお作業が続いている。

Posted by 直    11/12/19 - 10:03   

2019年11月11日(月)

ロシア穀物・豆類収穫、8日時点で1.24億トン
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は11月8日時点で1億2400万トンとなり、前年同期の1億@480万トンを上回った。面積にして4490万ヘクタールで、事前予想の96%終了した格好になる。イールドが2.76トンと、前年の2.61トンから上昇。小麦が2750万ヘクタールから7770万トン収穫済みとなり、98%終了、イールドは2.82トンだった。コーン収穫が207万ヘクタールから1260万トン、80.1%終わったという。イールドが6.07トン。

Posted by 直    11/11/19 - 10:34   

ロシア冬穀物作付、8日時点で1806万ヘクタール
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2020年に収穫となる冬穀物の作付は11月8日時点で1806万ヘクタールとなった。作付は10月の終わり時点ですでに事前予想を上回った。

Posted by 直    11/11/19 - 10:34   

19/20インド乾期作物作付、前週末時点で前年15%下回る
  [穀物・大豆]

インドの農務省によると、2019/20年度の乾期(ラビ)作物の作付は前週末時点で953万5000ヘクタールと、前年同期を15%下回った。このうち小麦が96万9000へくたーるうで、前年比にして37%ダウン。マディヤプラデシュ州やパンジャブ州、ハリヤナ州で前年を下回っているが、ウッタルプラデシュ州では84%上回った。雨期の作物収穫が遅れたため、小麦の作付がずれ込んだとの見方が伝わっている。

このほか、豆類や雑穀の作付も前年に比べて遅いペースで進んでいる。反面、油種がアップ、コメは前年とほぼ同水準。農務省高官は、モンスーンの降雨が平均を超え、多くの給水所で水位は80%以上にあr、また土壌水分も十分とし、作付見通しが明るいとの見方を示した。

Posted by 直    11/11/19 - 10:10   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ