ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



5月

2019


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2019年05月20日(月)

USDAクロップ:コーン、大豆共に作付は大幅に遅れたまま
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン、大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

コーン作付進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 49% 30% 78% 80%
コーン発芽進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 19% 10% 47% 49%
大豆作付進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 19% 9% 53% 47%
大豆発芽進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 5% - 24% 17%

Posted by 松    5/20/19 - 16:07   

USDAクロップ:冬小麦作柄は前週から改善、春小麦作付は70%終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

5月19日現在

冬小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 2% 6% 26% 50% 16%
前週 2% 6% 28% 49% 15%
前年 15% 20% 29% 29% 7%
冬小麦出穂進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 54% 42% 59% 66%
春小麦作付進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 70% 45% 76% 80%
春小麦発芽進捗率 5月19日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 26% 10% 34% 51%

Posted by 松    5/20/19 - 16:05   

輸出検証高:小麦、コーン、大豆共に前週から減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

5月16日 前週比 前年比 期初来 前年比
小麦 757.7 ↓13.7% ↑116.6% 23579.6 ↑2.3%
コーン 820.9 ↓18.0% ↓47.0% 37454.2 ↑3.1%
大豆 497.1 ↓3.3% ↓45.2% 33153.4 ↓27.4%

Posted by 松    5/20/19 - 11:11   

2019年ウクライナコーン作付、20日時点で92%終了
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2019年コーン作付は20日時点で430万ヘクタールになった。事前予想の92%終了。春穀物・豆類の作付はコーンもあわせて660万ヘクタールで、91%終わった。なお、小麦など早期に作業開始となった春穀物の作付はすでに完了した。

Posted by 直    5/20/19 - 10:59   

5月1日時点のウクライナ穀物在庫、1195万トンで前年35万トン上回る
  [穀物・大豆]

ウクライナ統計局によると、5月1日時点の国内穀物在庫が1194万7000トンになった。前年同期を35万3000トン上回る。このうち、小麦が337万7000トン、コーンが727万3000トンという。

Posted by 直    5/20/19 - 10:55   

2019年アルゼンチンコーン生産、5300万トンと過去最高更新見通し
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、アルゼンチンの2019年コーン生産は5300万トンと、前年から22.0%増加し、過去最高を更新する見通しとなった。北部の大雨や洪水の影響で、作付は前年の過去最高から5%ほど減少するが、過去5年平均を約20%上回るとコメント。また、北部では2月以降天候も改善し、生育に適した状態にあるとした。2019/20年度(3-2月)コーン輸出は2900万トンと、これも記録を塗り替える見通し。生産増加に加え、アルゼンチンペソの下落によって国際市場での競争力が高まっているという。

2019年小麦生産予想は前年比1.7%増の1980万トン、過去5年平均の1631万8000も上回る。穀物生産が8118万9000トン、前年から13.3%の増加見通しになった。また過去5年平均の6511万5000トンから改善する。

Posted by 直    5/20/19 - 09:34   

2019年EU小麦イールド見通し上方修正、前年から7.4%上昇・MARS
  [穀物・大豆]

欧州連合(EU)の農業サポート機関MARSは20日付レポートで、2019.年のEU小麦イールド見通しを5.82トンと、前月時点での5.77トンから0.05トンから引き上げた。3月に発表した初回予想の5.81トンも僅かに上回る。前年比にして7.4%上昇、また過去5年平均の5.70トンから完全となる。このうち軟質小麦を6.01トンから6.05トンにやや上方修正した。前年との比較で7.7%上昇、過去平均からも1.9%上がる。一方、デュラム小麦は3.42トンから3.51トンに引き上げた。前年の3.54トンからダウンだが、過去平均の3.46トンは上回る。

コーンのイールドは7.73トンから7.92トンに引き上げた。前年比にして5.3%低下となるものの、過去平均の7.62トンに比べると3.9%上昇。

MARSは、欧州南部で冬穀物の見通しが大きく改善したという。ただ、北部では引き続き水不足の影響で下方修正になり、この結果、全体で限定的な上方修正にとどまったとコメント。コーンも南部で改善、北部ではトレンド水準にあるとした。

Posted by 直    5/20/19 - 08:46   

2019年05月17日(金)

アルゼンチン大豆生産見通し、予想上回るイールド背景に上方修正
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所は16日付のクロップレポートで、2018/19年度大豆生産見通しを5600万トンと、100万トン引き上げた。イールドが事前予想を上回っており、上方修正につながったとコメント。チャコ州やサンチャゴ・デル・エステロ州、サンタフェ州北部で洪水に見舞われなかったらさらに生産は上向いていたともいう。収穫は15日時点で76.7%終了。前週の67.4%からアップ、また前年同期の71.1%を上回った。

Posted by 直    5/17/19 - 08:26   

18/19年アルゼンチンコーン収穫、15日時点で34%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度コーン収穫は15日時点で34%終了した。前週の32.2%からやや進み、前年同期とほぼ同水準。イールドが9.56トンとなった。この一週間は中部や南部で早期に作付されたコーンの収穫が進み、またブエノスアイレス州とコルドバ州の遅くに作付された分の収穫も行われた。生産見通しは4800万トンで据え置いた。

Posted by 直    5/17/19 - 08:25   

2019年05月16日(木)

EU軟質小麦生産見通し、ハンガリーの干ばつなどで再び下方修正
  [穀物・大豆]

ストラテジーグレインズは、欧州連合(EU)の2019/20年度軟質小麦生産見通しをハンガリーの干ばつなどを理由に再び引き下げた。最新予測は1億4390万トンで、前月時点での1億4480万トンから下方修正。ただ、最近の降雨で乾燥が和らいでおり、収穫見通しはまずまずとの見方も示した。実際、生産は下方修正でも前年の1億2720万トンから13%の増加になる。コーン予想は前年比2%増の6290万トンで、従来の6310万トンを僅かに下回る。

Posted by 直    5/16/19 - 10:56   

輸出成約高:小麦、コーン、大豆とも前週から増加
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

5/9/19 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 114.5 419.4 533.9 ↑6.2% 150.0 〜600.0
コーン 553.3 80.8 634.1 ↑115.3% 300.0 〜900.0
大豆 370.9 303.4 674.3 ↑360.3% 300.0 〜1000.0
大豆ミール 196.1 69.3 265.4 ↑35.1% 125.0 〜400.0
大豆油 10.8 0.0 10.8 ↓34.1% 5.0 〜25.0

Posted by 松    5/16/19 - 08:54   

19/20年度豪州小麦生産、前年から15.6%増加見通し・USDAアタシェ
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、オーストラリアの2019/20年度小麦生産は2000万トンと、前年から15.6%増加の見通しになった。栽培面積が17.7%増えて1200万ヘクタールとみられ、一部でオオムギからの乗り換えが寄与しているという。生産は、2018/19年度に東部の干ばつ被害で18.8%落ち込んだのから回復となるが、主要生産地で平均的な降水量など天候次第であることを強調している。なお、2018/16年度もシーズン当初は天候改善で増加予想となっていたが、その後で天候要因から下方修正、最終的に前年から減少した。

2019/20年度の輸出は前年から20%増えて1200万トンの見通しとなった。期末在庫予想が276万8000トンと、前年から32.8%取り崩しになる。

Posted by 直    5/16/19 - 08:13   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ