ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



8月

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2017年08月16日(水)

16/17年度ブラジル大豆生産見通し、60万トン上方修正・Abiove
  [穀物・大豆]

ブラジルの油種加工業協会(Abiove)の4日付レポートによると、同国の2016/17年度大豆生産見通しは1億1380万トンとなった。従来の1億1320万トンから600万トンの上方修正で、前年比にして18.3%の増加になる。輸出が6300万トンから6400万トンに上方修正、前年24.1%上回る。また、圧搾は前年比5.0%増の4150万トンで、50万トン引き上げとなった。期末在庫は979万トンの見通しで、従来の1059万トンから引き下げられたが、下方修正でも前年の2.3倍になる。

Posted by 直    8/16/17 - 11:03   

16/17年度米飼料用穀物輸出、6月時点で前年比20%増加・USGC
  [穀物・大豆]

米穀物理事会(USGC)は、米農務省のデータとUSGCの分析に基づいて米国の2016/17年度(9-8月)の飼料用穀物輸出が6月時点で前年から20%増加して9690万トンになったとの見方を示した。米産価格の競争力、主要顧客との長期にわたる関係や新しい市場への着目が寄与したとコメントし、過去最高を更新する可能性も示唆した。コーンが前年比36%増の4990万トンで、すでに過去5年間の年間輸出を上回っていると指摘。このうち、日本向けで48%増えて1150万トンと、前年の累計を超えたという。また、サウジアラビアや台湾、韓国など複数の国にも記録的な輸出になっているとした。

一方、DDGS(コーンなど穀類蒸留粕)の輸出は932万トンで、前年をやや下回った。中国とベトナム向けの落ち込みが背景にあるとしながらも、価格や販売促進策により米産需要が上向くとの見方を示した。例えば、メキシコ向けには169万トンと前年比で9%増加したとしている。エタノール輸出は11億5000万ガロンとすでに2011/12年度に記録した10億9000万ガロンの過去最高を超えたという。カナダ向けで5%増えて2億6300万ガロン、インド向けでは1億1600万ガロンと前年の2倍以上になった。

Posted by 直    8/16/17 - 10:44   

2017/18年度ウクライナ穀物輸出、8月15日時点で411.5万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナ政府によると、7月に始まった2017/18年度穀物輸出は8月15日時点で411万5000トンとなった。このうち小麦が167万7000トン、コーンは99万5000トンという。

Posted by 直    8/16/17 - 09:21   

ウクライナ穀物収穫、15日時点で3640万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の穀物・豆類収穫は8月15日時点で3640万トンになった。面積にして950万ヘクタール、イールドが3.56トン。

Posted by 直    8/16/17 - 09:19   

2017年08月15日(火)

7月NOPA大豆圧搾高は前月から4.81%増加、予想も上回る
  [穀物・大豆]

NOPA大豆圧搾高
出所:全米油種加工業組合(NOPA)、NY12:00発表、季節調整値、
単位100万ブッシェル、100万ポンド(大豆油)

17年7月 前月比 前年比 市場予想
大豆圧搾高 144.72 ↑4.81% ↑0.70% 143.00
大豆油在庫 1557.85 ↓8.54% ↓10.63% 1623.00

Posted by 松    8/15/17 - 13:12   

ウクライナ穀物収穫、14日時点で3607万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の穀物・豆類収穫は8月14日時点で3607万トンになった。面積にして937万9000ヘクタールで事前計画の97%終了、イールドが3.85トン。冬小麦が607万ヘクタールから2525万5000トンの収穫で、98%終了、イールドは4.16トンとなった。一方、春小麦は77%に当たる15万3600ヘクタールから56万9300トンを収穫し、イールドが3.71トンという。

Posted by 直    8/15/17 - 08:29   

ロシア穀物収穫、8月14日時点で前年下回る6460万トン
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、同国の穀物・豆類収穫は、8月14日時点で6460万トンと前年同期の7270万トンを下回った。面積にして1600万ヘクタールで、前年の2199万ヘクタールからダウン。ただ、イールドは4.03トンになり、前年の3.31トンを上回った。小麦が事前予想の43.3%に相当する1210万ヘクタールから5200トンの収穫となり、イールドは4.31トンという。

Posted by 直    8/15/17 - 08:27   

2017年08月14日(月)

USDAクロップ:大豆作柄はやや悪化、着サヤは平年上回るペース
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

8月13日現在

大豆作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 9% 29% 49% 10%
前週 3% 9% 28% 50% 10%
前年 2% 5% 21% 55% 17%
大豆開花進捗率 8月13日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 94% 90% 94% 93%
大豆着サヤ進捗率 8月13日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 79% 65% 78% 75%

Posted by 松    8/14/17 - 16:13   

USDAクロップ:コーン作柄は改善、生育は依然として遅れ気味
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン
出所:米農務省、NY16:00発表

8月13日現在

コーン作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 9% 26% 49% 13%
前週 4% 9% 27% 47% 13%
前年 2% 5% 19% 53% 21%
コーンシルキング進捗率 8月13日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 97% 93% 99% 98%
コーンドウ進捗率 8月13日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 61% 42% 70% 62%
コーンデント進捗率 8月13日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 16% 7% 19% 20%

Posted by 松    8/14/17 - 16:10   

USDAクロップ:春小麦作柄はやや改善、収穫は40%終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・春小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

8月13日現在

春小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要6州平均 24% 18% 25% 27% 6%
前週 22% 21% 25% 25% 7%
前年 3% 6% 25% 56% 10%
春小麦収穫進捗率 8月13日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 40% 24% 45% 35%

Posted by 松    8/14/17 - 16:08   

17/18年度EU穀物生産見通し、天候要因で650万トンの下方修正
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、欧州連合(EUU)の2017/18年度穀物生産は3億万トンの見通しとなった。従来予測の3億650万トンから下方修正。また、最終的な生産は引き継ぐ気今後の天候次第という。昨年11−12月の水不足、今年1月には寒波に見舞われたが、2月と3月にはヨロ穏やかな冬となり、冬枯れも限定的で、見通しは改善したことを指摘。しかし、4月に乾燥が戻ってから、5月終わりから6月にかけては一部で猛暑となるなど情勢が悪いことを認識した。英国とフランスでは散発的にも降雨によって作柄懸念が和らいだが、スペインでは不安が根強いことを示した。

EUの2017/18年度小麦生産予測が1億4580万トンで、1億5170万トンから引き下げとなった。前年から2%と増加の見方で変わらない。輸出は前年比7.4%増の2900万トンで据え置き。EUのコーン生産見通しは6200万トンから6100万トンに下方修正となり、しかも2016/17年度の推定が6075万トンから6150万トン引き上げられたため、前年から0.8%と小幅にも減少の見方にシフトである。

Posted by 直    8/14/17 - 11:40   

輸出検証高:小麦、コーン、大豆とも前週から減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

8月10日 前週比 前年比 期初来 前年比
小麦 511.5 ↓19.6% ↓26.8% 6173.0 ↑12.2%
コーン 756.9 ↓22.7% ↓35.5% 54558.9 ↑27.3%
大豆 570.0 ↓17.0% ↓26.7% 55646.0 ↑14.5%

Posted by 松    8/14/17 - 11:18   

17/18年ロシア穀物輸出、8月9日時点で前年上回る365.3万トン
  [穀物・大豆]

ロシアの税関データによると、2017/18年度穀物輸出(7-6月)は8月9日時点で365万3000トンとなり、前年同期を24.1%上回った。このうち、小麦は2.6%増えて140万8000トン、コーンが44万5000トンと前年の14.4倍に膨らんだ。また、オオムギの輸出も前年比増加という。

Posted by 直    8/14/17 - 10:54   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

Okato20170826
WEB会員
メールマガジン




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ