ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



7月

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2019年07月19日(金)

19/20年度南アコーン生産増加、国内価格上昇で増反・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、南アフリカの2019/20年度コーン生産は1330万トンと、前年から15.8%増加の見通しになった。作付予想が260万ヘクタールで、13%の増加。国内の価格上昇が増反に寄与し、平均的な天候を前提に生産が上向見通しという。輸出は前年比横ばいの100万トンとみられる。

Posted by 直    7/19/19 - 10:43   

2019/20年度ウクライナ穀物輸出、19日時点で194万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナの農務省によると、7月に始まった2019/20年度穀物輸出は19日時点で194万トンとなった。前年同期の100万トンを上回る。このうち小麦が39万4000トン、コーンは119万トンという。現時点で農務省は2019/20年度の輸出見通しを明らかにしていない。なお、2018/19年度は5000万トン近くになり、過去最高を更新した。

Posted by 直    7/19/19 - 09:39   

2019年ウクライナ穀物収穫、18日時点で60%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は18日時点で588万ヘクタールと事前予想の60%終了となった。規模にして2052万9000トンで、前年同期の1671万7000トンを上回る。小麦が392万9000ヘクタールから1447万2000トン収穫済みで、前年の1253万7000トンからアップ。

Posted by 直    7/19/19 - 09:35   

2019年ロシア穀物・豆類収穫、18日時点で3520万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は18日時点で3520万トンと、前年同期の3140万トンを上回った。面積にして950万ヘクタールで、やはり前年の850万ヘクタールからアップ。イールドは3.69トンで、前年と変わらない。小麦が820万ヘクタールから3080万トン収穫済みとなり、イールドは3.75トンだった。

Posted by 直    7/19/19 - 09:13   

アルゼンチン小麦作付、17日時点で92.1%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、同国の2019/20年度小麦作付は17日時点で事前予想の660万ヘクタールの92.1%終了した。コルドバ州南部と北部の生産地帯では作業が完了。作付は前週の85.8%からアップで、この一週間主にエントレリオス州中部とラパンパ州北部ブエノスアイレス州西部で作業が進んだという。作付は前年同期とほぼ同じペースでもあった。

Posted by 直    7/19/19 - 08:21   

18/19年アルゼンチンコーン収穫、17日時点で61%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度コーン収穫は17日時点で61%終了した。前週から7.9ポイントアップで、天候改善が寄与してペースが速まった。しかし、前年同期の76%は下回る。作業のほとんどは北部と中部の生産地で行われた。

Posted by 直    7/19/19 - 08:20   

2019年07月18日(木)

ブラジルサフリーニャコーン収穫、11日時点で半分以上終了
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、同国のサフリーニャコーン収穫は11日時点で56%終了し、半分以上が収穫済みとなった。前年同期の36%や過去5年平均の30%を上回る。一部の州では気温が下がり、降霜もみられたが、作業は順調に進んだとコメント。マットグロッソ州で、前年の61%に対して76%sとなり、最も進捗率が高い。また、パラナ州では60%と、前年同期の19%と比べて大幅アップである。

アグルーラルおアナリストは、イールドは事前如層内、あるいは予想以上で、イールドはもちろん品質が落ちていることはないと報告した。アグルーラルはブラジルの2019年コーン生産全体で7630万トンと、干ばつ被害のひどかった前年尾5390万トンから増加を見通している。

Posted by 直    7/18/19 - 10:46   

2019年ウクライナ穀物収穫、17日時点で58%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は17日時点で560万ヘクタールと事前予想の58%終了となった。規模にして1970万トン。小麦が370万ヘクタールから1380万トン収穫済みで、57%終えた格好になる。

Posted by 直    7/18/19 - 09:02   

輸出成約高:小麦と大豆は前週から増加、コーン減少で予想下回る
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

7/11/19 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 347.3 0.0 347.3 ↑22.1% 200.0 〜400.0
コーン 200.0 133.0 333.0 ↓16.1% 350.0 〜800.0
大豆 127.9 198.4 326.3 ↑24.7% 100.0 〜700.0
大豆ミール 65.3 149.5 214.8 ↑308.4% 50.0 〜300.0
大豆油 12.2 1.5 13.7 ↑59.3% 5.0 〜50.0

Posted by 松    7/18/19 - 08:45   

2019年07月17日(水)

エジプトGASC、6万トンのロシア産小麦買い付け
  [穀物・大豆]

エジプト商品供給公社(GASC)が17日、6万トンのロシア産小麦を付けたと報じられた。トレーダーによると、価格は1トン201.35ドル。8月21-31日に出荷となる。

Posted by 直    7/17/19 - 16:20   

2019/20年度ウクライナ穀物輸出、17日時点で170万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナの農務省によると、7月に始まった2019/20年度穀物輸出は15日時点で170万トンとなった。前年同期の77万8000トンを大きく上回る。現時点で農務省は2019/20年度の輸出見通しを明らかにしていない。なお、2018/19年度は5000万トン近くになり、過去最高を更新した。

Posted by 直    7/17/19 - 11:04   

米ワシントン州自生小麦に遺伝子組み換え種発見
  [穀物・大豆]

米ワシントン州で未承認の非遺伝子組み換え(GM)小麦が見付かったと報じられた。米農務省(USDA)動植物検疫局(APHIS)が12日には票下調査結果によると、自生小麦からモンサント社製GM種が発見、ただ、商業用小麦や食用供給に混入した証拠はゼロとも強調している。同州では前月にもGM種小麦の発見が伝わっていた。

一方、韓国政府は17日、米国から輸入した小麦や小麦粉にGM種は混入していなかったと発表。米産小麦は引き続き調査する意向も示した。

Posted by 直    7/17/19 - 10:07   

ロシア穀物生産6.7%増加見通し、輸出は過去2番目の高水準・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、ロシアの2019年穀物生産は1億1716万2000トンと、前年から6.7%増加の見通しとなった。過去5年平均の1億1288万9000トンも上回る。このうち小麦が7600万トンの見通し。この2ヶ月間の乾燥や平年以上の気温の影響で当初予想されていた水準からやや引き下げとなったが、平均を上回る作付増加を反映して前年からは5.4%増加、また過去平均の7060万2000トンと比べてもアップになる。コーン生産は前年比13.8%増の1300万トン。過去5年平均の1289万4000トンも僅かに上回る。

2019/20年度(7-6月)穀物輸出は4700万トンの予想で、過去2番目の高水準になる。過去5年平均との比較では20%ほどアップ。価格面で競争力があり、また政府が2021年7月までゼロ関税を延長したことから、輸出が3700万トンに増加見通しとなった。

Posted by 直    7/17/19 - 08:14   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

C-fes
WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ