ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



7月

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2018年07月20日(金)

18/19年ロシア穀物輸出、7月18日時点で前年90%上回る
  [穀物・大豆]

ロシアの農務省によると、同国の2018/19年度(7-6月)穀物輸出は7月18日時点で207万トンと前年同期を90%上回った。このうち小麦は140万トンで、前年の2.7倍。しかし、コーンは前年を43%下回る16万8000トンという。

Posted by 直    7/20/18 - 08:35   

18/19年度アルゼンチン小麦作付、18日時点で92.5%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所によると、同国の2018/19年度小麦作付は7月18日時点で事前予想の610万ヘクタールの92.5%終了となった。前週の87.2%からアップで、前年同期を10ポイント上回る。コルドバ州南部やほとんどのブエノスアイレス州、ラパンパ州で最近の降雨によって土壌水分が改善し、作業も進んだという。

Posted by 直    7/20/18 - 08:12   

2017/18年アルゼンチンコーン生産見通し、100万トン下方修正
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所は19日付のクロップレポートで、2017/18年度コーン生産見通しを3100万トンと、従来の3200万トンから100万トン引き下げた。水不足でイールドが前年から1.4-1.8トン低下がっ予想されるという。収穫は7月18日時点で76%終了した。前週から5.4ポイント進み、前年同期は約15ポイント上回る。この一週間ほとんどの生産地で作付が広がり、特にチャコ州やコルドバ州の作業が進んだとしている。イールドは6.28トンで、前週の6.3トンからダウン。

Posted by 直    7/20/18 - 08:11   

2018年07月19日(木)

輸出成約高:小麦、コーン、大豆共に前週の落ち込みから回復
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

7/12/18 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 300.0 0.0 300.0 ↑119.9% 150.0 〜500.0
コーン 641.0 774.5 1415.5 ↑167.0% 500.0 〜1100.0
大豆 252.3 613.4 865.7 ↑101.6% 300.0 〜1000.0
大豆ミール 131.0 91.0 222.0 ↑183.9% 75.0 〜350.0
大豆油 10.9 9.2 20.1 ↓36.0% 8.0 〜40.0

Posted by 松    7/19/18 - 08:43   

2018年ウクライナ穀物・豆類収穫、18日時点で1670万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2018年穀物・豆類収穫が18日時点で1670万トンとなった。面積にして53万4000ヘクタールで、事前予想の56%に当たる。イールドは3.13トン。冬小麦が1250万トン、春小麦は2万3700トンという。

Posted by 直    7/19/18 - 08:26   

2018/19年度ウクライナ穀物輸出、7月18日時点で89.1万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナ政府によると、2018/19年度穀物輸出(7−6月)は7月18日時点で89万1000トンとなった。このうち小麦が27万8000トン、コーンは34万4000トンという。

Posted by 直    7/19/18 - 08:23   

2018年07月18日(水)

パキスタン向けで19.95万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は18日、民間業者からパキスタン向けで19万9500トンの2018/19年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    7/18/18 - 10:18   

2018年穀物生産見通し1.107億トン、乾燥懸念から下方修正・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、ロシアの2018年穀物生産は1億1070万トンと、前年の過去最高1億3113万1000トンから16%減少する見通しとなった。また、従来予想の1億2190万トンから下方修正で、乾燥による影響懸念が背景にあるという。このうち小麦は700万トンの見通し。前年比で18%の落ち込み、また従来の7800万トンから引き下げられた。ただ、過去5年平均の6654万9000トンは上回り、穀物全体の見通しも過去平均に比べると増加になる。

コーンの生産予想は1450万トンから1230万トン下方修正。この結果、前年の1323万6000トンから減少の見方に転じ、過去平均の1293万7000トンも下回る。

2018/19年度(7-6月)の穀物輸出は4567万5000トンの見通しとなった。前年に5289万5000トン(修正値)と過去最高を記録したのから減少に転じるが、過去2番目の高水準になり、過去5年平均の3607万5000トンからもアップ。

Posted by 直    7/18/18 - 08:09   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

sunward
WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ