ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



11月

2020


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2020年11月24日(火)

20/21年世界砂糖生産見通し下方修正、前年からは増加・USDA
  [砂糖]

米農務省(USDA)は24日に年2回の世界砂糖需給報告を発表し、2020/21年度生産見通しを1億8186万6000トンと、5月時点での1億8807万7000トンから引き下げた。それでも、前年の1億6549万6000トン(修正値)から9.9%増加し、3年ぶりの高水準になる。最も生産規模の大きいブラジルは3948万トンから4206万トンに上方修正し、前年との比較にして40.6%の増加。2位のインドは前年比16.8%増の3376万トンで、前回報告時の3370万5000トンから修正した。一方、3位の欧州連合(EU)を1768万トンから1605万トン、4位の中国を1070万トンから1050万トンにそれぞれ引き下げた。また、タイの生産を1290万トンから785万トンに下方修正。EUとタイについては、下方修正によってそれぞれ前年から5.6%、5.4%減少の見通しに転じた。

2020/21年度世界消費は1億7376万トンの見通しで、従来の1億7779万5000トンから引き下げた。しかし、前年との比較にすると2.1%、3年ぶりに増加する。最大のインドは5.6%増加して2850万トンになるとの見通しで修正なし。EUは1860万トンから1830万トンにやや引き下げたが、中国は1520万トンから1580万トンに引き上げた。インドネシアも720万トンら776万2000トンに上方修正。

貿易に関すると、輸出が6533万3000トンの見通し、前年から22.6%増加する。5月時点での6522万7000トンから修正となった。ブラジルを2885万トンから3202万トンに引き上げ、インドは100万トン引き上げて600万トンとしたが、タイは1100万トンから730万トンに下方修正。輸入予想は前年を5.5%上回る5450万7000トンで、5480万3000トンから引き下げた。ただ、インドネシアは565万トンとみており、100万トン上方修正。また中国を420万トンから440万トン、EUを210万トンから300万トンに引き上げ、上位3位は上方修正となる。

USDAはこのほか、2020/21年度の期末在庫が4280万7000トンになると見通し、前年比7.4%減少で、4年ぶりの低水準を更新する。また、従来の4355万1000トンから引き下げた。インドの在庫は1741万9000トンから1487万4000トンに下方修正。反面、タイが2890万トンから5334万トンに引き上げとなった。

Posted by 直    11/24/20 - 15:36   

オーストラリア砂糖きび圧搾、11月22日時点で95.7%終了
  [砂糖]

オーストラリアの砂糖製造業者協議会(ASMC)によると、国内の2020年砂糖きび圧搾は11月22日時点で2979万7703トンと、事前予想の95.7%終了した。前年同期の98.5%を下回る。圧搾は22日までの一週間で103万9749トンとなった。ASMCは2020年の砂糖きび圧搾が最終的に3113万3523トンになると予想。シーズン初めに3100万6500トンの見通しを発表してから断続的に修正を行っている。

Posted by 直    11/24/20 - 08:24   

2020年11月23日(月)

2020年フランス砂糖ビートイールドなお不透明・MARS
  [砂糖]

欧州連合(EU)の農業サポート機関MARSは月次レポートで、フランスの2020年砂糖ビートイールドがなお不透明との見方を示した。天候要因から生育不良となったうえ、アブラムシの媒介萎黄ウィルス感染が広がり、イールドも一段と落ち込んだと指摘。

ただ、MARSでは天候や生育トレンドなどに基づいてイールドを試算するが、病害や害虫の影響はモデルに組み込んでいないという。このため、MARSによるフランスの砂糖ビートイールド推定は過去5年平均を6.5%下回るのに対し、フランス農務省では26.5%と平均比でより大きな落ち込みが予想されており、大きく開きがあることを認識した。最終的なイールドをみてから、分析方法の見直しが必要になるかもしれないとの見方を示した。

Posted by 直    11/23/20 - 11:04   

10月中国砂糖輸入、前年から94.3%増加
  [砂糖]

中国税関総局によると、10月の砂糖輸入は88万トンと、前年同月から94.3%増加した。2020年の輸入は10月まであわせて365万トンになり、前年同期を28.4%上回る。

Posted by 直    11/23/20 - 10:18   

2020年11月19日(木)

20/21年インド砂糖生産、前年から16.8%増加見通し・USDAアタシェ
  [砂糖]

米農務省(USDA)アタシェによると、インドの2020/21年度(10-9月)砂糖生産は3376万トンと、前年から16.8%増加の見通しになった。従来の3370万5000トンからもやや修正。国内で2番目と3番目に生産規模が大きいマハラシュトラ州とカルナタカ州でモンスーンの降雨が平均以上だったことや給水所の十分な貯水量を反映して砂糖きびの作付が増加。また、イールドは1ヘクタール当たり85−90トンと過去5年平均の水準に持ち直す見通しという。国内全体の砂糖きび生産は前年比11.4%増の3億8100万トンの見通しで修正なし。

2020/21年度の砂糖輸出が600万トンの見通しで、100万トン上方修正となった。前年から3.5%増加。政府の2020/21年度輸出補助の発表が遅れているが、プログラムは継続されることを前提に輸出が増えるとの見方である。消費予想は2850万トンで据え置き、前年との比較にしてから5.6%の増加になる。期末在庫見通しが1741万9000トンから1487万4000トンに下方修正。ただ、前年の推定も1601万4000トンから1461万4000トンに引き下げられたことから、僅かにも在庫の積み増しが進む予想に変わらない。

Posted by 直    11/19/20 - 09:39   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ