ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



1月

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2019年01月15日(火)

印マハラシュトラ州西部砂糖きび農家デモが一時停止
  [砂糖]

インド・マハラシュトラ州西部で砂糖きび農家による抗議デモが一時停止したと報じられた。農家は11日、地元の製糖所が採算面から段階的な返済を決めたことを非難してデモを決行。しかし、14日に農家と製糖所の間で話し合いが設けられ、農家組合の代表は、製糖所が適正価格(FRP)の2850ルピーに基づいて全額返済することで合意したとコメント。1月28日が返済期限という。製糖所はタイムリーな返済に向けて政府支援を要請することを決めたと伝わっている。マハラシュトラ州は国内の砂糖生産で2番目に大きく、デモが起きた西部は同州の生産の60%を占める。

Posted by 直    1/15/19 - 11:03   

18/19年ブラジル中南部砂糖きび圧搾、12月後半は5.72%減少
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が発表した国内中南部の砂糖きび収穫報告によると、2018年12月後半の2018/19年度砂糖きび圧搾高は241万トンと前年同期から5.72%減少した。前半に9月からの連続ダウンにブレーキがかかって21.85%増加したが、後半にペースが落ちた格好になる。年初からの圧搾高は2019年1月1日時点で5億6202万9000トンと、前年同期を3.64%下回った。

12月後半の砂糖生産は7万2000トンと、前年から38.33%減少した。5月から連続の減少で、しかも前半の18.17%より大幅マイナスとなった。エタノールは2億400万リットルで、前年比7.69%の増加。2週連続アップだが、前週の39.56%より小幅増である。無水エタノールが前年の6.5倍に膨らんだが、含水エタノーは10.02%減少に転じた。2018/19年度の砂糖生産は1月1日時点で2633万9000トンと前年から26.49%減少、エタノールは301億2300万リットルと、19.43%増加した。

1月1日時点での砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は138.65キログラムと、前年同期の137.37キログラムを上回った。砂糖きびの消費比率は砂糖生産が前年同期の46.93%から35.47%に低下、エタノール生産は53.07%から64.53%に上昇した。

Posted by 直    1/15/19 - 08:16   

2019年01月14日(月)

印マハラシュトラ州西部砂糖きび、農家デモで収穫や輸送が麻痺
  [砂糖]

インド・マハラシュトラ州の砂糖きび生産の60%を占める西部で、製糖所による返済を巡って砂糖きび農家による抗議デモの影響から砂糖きびの収穫や輸送が麻痺していると報じられた。警察当局によると、13日には一部の製糖所が攻撃を受け、火災が発生した。製糖所は、100キロ当たり2900ルピーの販売価格で生産コストがカバーできないことを理由に、農家に段階的な返済を決定。また、農家に支払う砂糖きびの基準となる適正価格(FRP)の2850ルピーより低いレートで支払う方針に強く反発、デモ実施となった。


Posted by 直    1/14/19 - 11:22   

2019年01月11日(金)

18/19年度インド砂糖輸出、政府割当枠下回る見通し強まる
  [砂糖]

インドの2018/19年度砂糖輸出が、国際価格の下落やルピー上昇を背景に政府の500万トンの割当枠を大きく下回る見通しが強まっていると報じられた。ロイターが5人のディーラーと3人の業界関係者の予想をまとめた結果、2018/19年度の輸出は最小で250万トン、最大でも350万トンにとどまった。

インド国内の販売価格は1トン2万9200ルピーとなっているの対し、輸出価格は1万9000ルピー。一方、ルピーは対米ドルで昨年10月に74.48ルピーの過去最低を記録したから5.5%上昇し、マージンを押し下げているとの指摘がある。ムンバイに拠点を置く商社は、国内外の価格差が大きく、製糖所は売り渋っているとコメントした、インド製糖所協会(ISMA)のプレジデントは、製糖所がより積極的に販売を進めるだけでなく、政府の支援によって、350万トン以上の輸出を目指せるとの見方を示した。

地元関係者によると、昨年10月に2018/19年度が始まってからこれまでの輸出成約が140万トン、約65万トンが出荷済みとなった。

Posted by 直    1/11/19 - 11:01   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ