ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



9月

2021


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2021年09月16日(木)

22/23年ブラジル中南部砂糖生産、小幅増加予想・地元調査会社
  [砂糖]

ブラジルの砂糖調査会社CovrigAnalyticsは15日、同国中南部の2022/23年度(4-3月)砂糖生産が3417万トンになるとの見通しを示した。2021/22年度に3306万トンの生産を見越していることから、小幅増加の予想になる。砂糖きびの生産は、2021/22年度に5億3200万トンとなってから、干ばつから回復してより平均的な天候になることを前提に2022/23年度に増加を見通す。2022/23年度エタノール生産は前年から小幅増加して243億2000万リットルになると予想。また、2021/22年度に2390万トンの砂糖を輸出し、2022/23年度は2500万トンに増加の見通しとした。

Posted by 直    9/16/21 - 11:07   

ロシア砂糖ビート収穫、9月15日時点で前年上回る620万トン
  [砂糖]

ロシア農務省によると、2021年砂糖ビートの収穫は9月15日時点で620万トンとなった。前年同期の610万トンを上回る。面積にすると前年と同じ20万ヘクタール、イールドは37.91トンで、前年の36.04トンから上昇。

Posted by 直    9/16/21 - 10:44   

2021年09月14日(火)

21年フランス砂糖ビート生産初回見通しは前年比26.4%増加・農務省
  [砂糖]

フランスの農務省は14日、国内の2021年砂糖ビート生産が3311万7000トンと、前年から26.4%増加するとの初回見通しを発表した。ただ、過去5年平均は10.5%下回る。作付推定は40万7000ヘクタールで、従来の40万8000ヘクタールから小幅修正、前年比にして3.3%の減少。イールドが前年の62.24トンから81.37トンに上昇の意見通しとした。

Posted by 直    9/14/21 - 11:51   

21/22年度中国砂糖輸入見通し据え置き、前年比18.4%減少・農務省
  [砂糖]

中国農務省は、同国の2021/2年度砂糖輸入見通しを457万トンで据え置いた。前年比18.4%減少になる。消費は前年比横ばいの1550万トンを維持。生産についても1031万トンの見通しで変わらず、前年から3.4%減少する。大半を占める砂糖きびからの生産は917万トン、前年比にして0.4%増加になり、ビートからの生産が26%落ち込み、114万トンにとどまる見通しという。

Posted by 直    9/14/21 - 10:36   

印マハラシュトラの21/22年度砂糖生産、2.2%増加見通し・州政府
  [砂糖]

インドのマハラシュトラ州政府は13日付声明で、同州の2021/22年度(10-9月)砂糖生産が1120万トンと、前年の1064万トンから2.2%増加する見通しを示した。砂糖きびは123万2000ヘクタールで栽培され、イールドが97トンになると予想。圧搾高の見通しが1億960万トンという。また、砂糖局の政府会議で2021/22年度の圧搾は10月15日に始めることを決定。193件の製糖所稼働が見込まれるとした。

Posted by 直    9/14/21 - 08:35   

8月のブラジル砂糖輸出、前年から25.0%減少
  [砂糖]

ブラジル農務省によると、8月の砂糖輸出は255万トンになり、前年同月から158.7%減少した。エタノールは7万2000トンで、前年比にして72.9%落ち込んだ。

Posted by 直    9/14/21 - 08:23   

2021年09月13日(月)

21/22年インド砂糖輸出、政府補助なくても600万トン到達の可能性
  [砂糖]

インドの2021/22年度(10-9月)砂糖輸出は、政府圃場がなくても600万トンに到達する可能性があると報じられた。国際価格が4年半ぶりの高水準に上昇しているのが背景にあり、西インド製糖所協会(WISMA)の会長は、1ポンド20セントで安定するなら、政府補助が不在でも600万トンを輸出することができると見通す。製糖所協会(ISMA)も9日付声明で、価格上昇を挙げ、ブラジル産の流通が始まる2022年4月までインドが輸出を進めるチャンスとコメントし、最終的に600万トンになるとの見方を示した。タイの生産は改善予想となっているが、やはり市場に出回るのは1月以降であり、また生産はかつての水準を300万-350万トン下回るとみられていることを指摘した。

ISMAによると、2020/21年度の輸出は8月末時点で667万トンとなり、前年から約20%増加となった。今月9日時点で22万9000トンが出荷待ちであり、9月をあと20日ほど残すことを考慮し、2020/21年度の輸出は最終的に700万トンを超えるとの見方を繰り返した。

Posted by 直    9/13/21 - 13:26   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ