ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



2月

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28            


カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のはやみみ


2021年02月26日(金)

FX:ドル高、株価の調整進む中で安全資産としての買い集まる
  [場況]

ドル/円:106.53、ユーロ/ドル:1.2070、ユーロ/円:128.66 (NY17:00)

為替はドル高が大きく進行。米長期金利の上昇に対する懸念から株価の調整が加速する中、安全資産としてのドルにしっかりと買いが集まった。ドル/円は東京では売りが先行し106円を割り込む場面も見られたものの、すぐに値を回復。ロンドンでまとまった買いが入ると106円台半ばまで値を切り上げた。NYに入ると改めて騰勢を強まる格好となり、106円台後半まで上げ幅を拡大。昼には買いも一服となり、午後遅くには106円台半ばまで上げ幅を縮小した。

ユーロ/ドルは東京では1.21ドル台半ばから後半のレンジ内での推移。午後からロンドンにかけて徐々に売りが優勢となり、NY早朝には1.21ドル割れを試すまで値を切り下げた。その後は一旦1.21ドル台前半まで値を回復したものの、中盤以降は改めて売りに押される格好となり、1.20ドル台後半まで下げ幅を拡大した。ユーロ/円は東京では売りが先行、午後には128円台後半まで値を下げた。ロンドンに入ると売りも一服、NYでは一転して買い意欲が強まる格好となり、129円台前半まで値を回復。中盤以降は再び売りが優勢、午後遅くには128円台半ばまで値を下げた。

Posted by 松    2/26/21 - 17:29   

債券:反発、前日に大きく売りに押された反動で買い戻し入る
  [場況]

債券は反発。前日に大きく売りに押された反動で買い戻しが入り、月末要因の買いも進んだ。夜間取引では引き続き売りに押される場面があったが、早々に買いに転じ、10年債利回りは1.4%台半ばに低下。新型コロナウィルスワクチン普及や追加経済対策成立への期待が根強いため、通常取引で売りが出る場面があったが、買いの流れまで切れることなく、1.5%台に戻してから、改めて1.4%に下げた。取引終盤には買いに弾みが付き、1.38%まで下がった。

Posted by 直    2/26/21 - 17:17   

株式:ダウ平均とS&P500が続落の一方、ナスダックは反発
  [場況]

ダウ工業平均:30,932.37↓469.64
S&P500:3,811.15↓18.19
NASDAQ:13,192.34↑72.91

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が続落となる一方、ナスダック総合指数は反発。このところの長期金利の急速な上昇が改めて懸念材料視される中、投機的な売りに押される展開となった。ナスダックは前日までの下げがきつかったこともあり、週末を前に買い戻しが優勢となった。ダウ平均は寄り付きから前日の流れを継いだ売りが先行、早々に500ポイント近く一気に値を崩した。売り一巡後は中盤にかけて値を回復したものの、大きな流れを強気に変えるには至らず。中盤以降は安値近辺のレンジ内での方向感なく上下を繰り返す展開となったが、最後は売りに押され日中安値近辺まで値を下げて取引を終了した。

セクター別では、半導体に買い戻しが集まったほか、コンピューター関連や通信、一般消費財も上昇。一方で金鉱株は大幅に下落、エネルギー関連や銀行株にも売り圧力が強まった。ダウ銘柄では、マイクロソフト(MSFT)が1.48%の上昇となったほか、ホーム・デポ(HD)、ユナイテッド・ヘルス(UNH)、インテル(INTC)、アップル(AAPL)の計5銘柄のみが上昇。一方でセールスフォース・・ドットコム(CRM)は6.31%の急落、ダウ(DOW)も3.33%の下落となった。

Posted by 松    2/26/21 - 17:00   

大豆:続落、ポジション調理の売りに中国の豚コレラ不安も重石
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1404-1/4↓3-1/4

シカゴ大豆は続落。ポジション調整の売りが台頭し、中国でアフリカ豚コレラ不安が再燃していることも重石となった。5月限は夜間取引で下落し、1380セントを割り込む場面もあった。通常取引に入って急速に買いが進み、一時、前日の終値水準まで戻した。再び売りに押されて1380セント台後半に弱含んでも、取引終盤に下げ幅を縮めて最後は限定的な下落で取引終了となった。

Posted by 直    2/26/21 - 16:43   

コーン:続落、月末を控えてポジション調整の売り出る
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:547-1/2↓2-1/4

シカゴコーンは続落。月末を控えてポジション調整の売りが出た。夜間取引で売りが先行し、5月限は軟調な展開となった。朝方に540セントちょうどまで下げた後売りのペースはスローダウン。通常取引でも売りに終始しながら、引けにかけて540セント台後半に下げ渋った。

Posted by 直    2/26/21 - 16:40   

小麦:続落、ドル高の進行を背景に売り膨らむ
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:660-1/4↓15-1/2

シカゴ小麦は続落。ドル高の進行を背景に売りが膨らんだ。夜間取引で売りが進み、5月限は660セント台に下落した。通常取引で一段と売りに押され、引け近くに660セントを割り込む場面があった。

Posted by 直    2/26/21 - 16:38   

天然ガス:ほぼ変わらず、売り先行も最後は買い戻し集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:2.771↓0.006

NY天然ガスは前日からほぼ変わらず。目先の気温上昇予報や季節的な暖房需要の減少観測が重石となる中で売りが先行したものの、押し目では買い意欲も強く最後は下げ幅を縮小した。4月限は夜間取引では売りが先行、早朝には2.70ドルの節目をやや割り込むまで値を切り下げる場面も見られた。その後は買い戻しが集まり、2.70ドル台半ばまで値を回復。通常取引開始後は2.70ドル台前半から半ばのレンジ内でのもみ合いが続いたあと、昼前から改めて買い意欲が強まる格好となり、前日終値近辺まで値を回復して取引を終了した。

Posted by 松    2/26/21 - 15:00   

石油製品:続落、原油安の進行重石となる中で手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン4月限:1.9505↓0.0259
暖房油4月限:1.8431↓0.0548

NY石油製品は続落。原油安の進行が重石となる中、月末を前にしたポジション整理の売りが日中を通じて主導する展開となった。相場は夜間取引から売りが先行、早朝にかけて一段と値を切り下げた。朝方には一旦買い戻しが集まる場面も見られたものの、早々に息切れ。中盤以降は改めて売り圧力が強まる展開、引けにかけては急速に下げ幅を拡大した。

Posted by 松    2/26/21 - 14:53   

原油:反落、月末を前にしたポジション整理の売りに押される
  [場況]

NYMEX原油4月限終値:61.50↓2.03

NY原油は反落。ここまでの上昇の勢いも一服、ドル高の進行が嫌気される中、月末を前にしたポジション整理の売りが相場を主導した。4月限は夜間取引から売りが先行、62ドル台後半から63ドルにかけてのレンジまで値を切り下げての推移が続いた。早朝からは改めて売り圧力が強まる格好となり、62ドルを割り込むまで一気に下げ幅を拡大。朝方には買い戻しが集まったものの、63ドル台まで値を回復することなく息切れ。中盤以降は改めて売り圧力が強まる格好となり、最後は61ドル台前半まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    2/26/21 - 14:52   

金:大幅続落、ドル高嫌気される中で昨年6月以来の安値更新
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,728.8↓46.6

NY金は大幅続落。対ユーロを中心としたドル高の進行が嫌気される中でこれまでの流れを継いだ投機的な売りが加速、昨年6月以来の安値を更新した。4月限は夜間取引から売りが優勢、1,760ドル近辺まで値を切り下げてのもみ合いが続いた。通常取引開始後もしばらくは動きが見られなかったものの、その後まとまった売りが断続的に出ると、昼にかけて1,720ドルを割り込むまで一気に下げ幅を拡大した。その後は売りも一服、ポジション整理の買い戻しが優勢となったものの、反発は極めて限定的なものにとどまった

Posted by 松    2/26/21 - 14:15   

コーヒー:反落、週末に月末重なる中ポジション整理の売りが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:137.50↓2.55

NYコーヒーは反落。ここまでの上昇の勢いも一服、週末に月末が重なる中でポジション整理の売りが相場を主導した。5月限は夜間の取引開始時から売りが先行、早朝には135セント台まで値を切り下げる場面も見られた。その後は一転して買い意欲が強まり、NYに入ると139セント台まで値を戻したものの、プラス圏を回復することなく息切れ。中盤にかけては改めて売りが優勢となり、137セント台までジリジリと値を切り下げた。

Posted by 松    2/26/21 - 14:05   

砂糖:続落、レアルや原油の下落嫌気し手仕舞い売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:16.45↓0.39

NY砂糖は続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行や原油の下落が重石となる中、月末を前にポジション整理の売りが相場を主導する展開となった。5月限は夜間の時間帯からこれまでの流れを継いだ売りが先行、朝方には16セント台半ばまで値を切り下げての推移となった。NYに入ると一旦は買い意欲が強まり、16.70セント近辺まで値をも戻したものの、それ以上の動きは見られず。中盤以降は改めて売りに押し戻される格好となり、最後は日中安値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    2/26/21 - 13:42   

2021年02月25日(木)

FX:円安ユーロ高、株価急落の中でこれまでの流れ継いだ動き加速
  [場況]

ドル/円:106.17、ユーロ/ドル:1.2172、ユーロ/円:129.24 (NY17:00)

為替は円安ユーロ高が進行。長期金利の上昇を嫌気して米株の調整が加速、市場全体にリスク回避の動きが強まる中にも関わらず、前日までの流れを継いだ投機的な円売り/ユーロ買いが全体を主導した。ドル/円は東京朝から買いが先行、早々に106円台まで値を切り上げた。中盤にかけては一旦105円台後半まで売りに押されたものの、午後からは改めて買い意欲が強まり、ロンドンでは106円をやや上回ったあたりでのもみ合い。NYに入っても買いの勢いは衰えず、昼過ぎには一時106円台半ばまで値を伸ばした。直後には一旦106円割れを試すまで値を下げたが、午後遅くには再び106円台前半まで値を回復した。

ユーロ/ドルは東京では1.21ドル台後半のレンジ内で堅調に推移、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、1.22ドル台前半まで一気に値を切り上げた。その後は買いも一服、NYに入ってもしばらくは動きが見られなかったが、昼からは一転して売り圧力が強まり、1.21ドル台後半まで値を下げた。ユーロ/円は東京では109円の節目近辺まで値を切り上げて、底堅く推移。ロンドンに入ると改めて騰勢を強める格好となり、129円台後半まで上げ幅を拡大した。NYに入っても同水準での推移が継続、昼過ぎにはまとまった売りが出て、129円割れを試すまで一気に値を崩した。午後には売りも一服、129円台前半でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    2/25/21 - 17:29   

債券:反落、景気回復進むとの見方から売り膨らみ入札結果も重石
  [場況]

債券は大幅続落。新型コロナウィルスワクチンの普及や追加経済対策で景気回復が進むとの見方から売りが膨らんだ。午後には7年債入札結果が低調と受け止められたのも重石となり、一段と売りに弾みが付いた。夜間取引から売り圧力が強まり、10年債利回りはじりじりと上昇。1.4%台に乗せ、通常取引では1.5%を超えた。午後には1.6%を超える場面もあった。

Posted by 直    2/25/21 - 17:14   

株式:全面安、長期金利の急速な上昇嫌気し売りが加速
  [場況]

ダウ工業平均:31,402.01↓559.85
S&P500:3,829.34↓96.09
NASDAQ:13,119.43↓478.54

NY株式は全面安の展開。新たな景気支援策による財政赤字の拡大や景気回復に伴うインフレ圧力の高まりに対する懸念を背景に米長期金利が急速に上昇する中、ポジション調整の売りが加速した。ダウ平均は寄り付きから軟調に推移、中盤から昼にかけて徐々に売りが加速する格好となり昼過ぎには500ポイント台後半まで下げ幅を拡大した。その後は一旦買い戻しが集まったものの、早々に息切れ。引けにかけては改めて売りが加速、日中安値を更新するに至った。

セクター別では、全てのセクターが下落。中でも半導体や金鉱株の値下がりがきつくなった。一般消費財やコンピューター関連、銀行株も大きく値を下げた。ダウ銘柄では、スリーエム(MMM)が0.64%の上昇となったほか、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)とメルク(MRK)の計3銘柄のみが上昇。一方でボーイング(BA)は5.62%、インテル(INTC)は1.10%それぞれ大きく下落、セールスフォース・ドットコム(CRM)、アップル(AAPL)、ウォルト・ディズニー(DIS)も3%を超える下落となった。

Posted by 松    2/25/21 - 16:58   

大豆:反落、利食い売り膨らみ低調な週間輸出成約高も重石
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1407-1/2↓18-1/4

シカゴ大豆は反落。利食い売りが膨らみ、低調な週間輸出成約高も重石となった。夜間取引ではブラジルの収穫遅延を手掛かりに買いが集まり、5月限はまず1430セント台に上昇。1月14日に付けた一代高値の1433セントを超え、さらに1440セント台に乗せた。1445-3/4セントと高値を更新してから、朝方に売りに転じて一気に下落となった。通常取引に入って1390セント台前半に値を下げた後は売りもスローダウン。1410セント台後半まで下げ幅を縮め、取引終盤に再び弱含んだ。

Posted by 直    2/25/21 - 16:40   

コーン:反落、弱気の週間輸出成約高受けて売りに弾み付く
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:549-3/4↓7-1/4

シカゴコーンは反落。弱気の週間輸出成約高を受けて売りに弾みが付いた。夜間取引で買いの場面をみながら、すぐにテクニカルな売りが台頭し、5月限は反落。朝方に550セント台前半に弱含み、通常取引開始後に540セント台前半まで一気に下落した。下げ渋るのも早かったが、550せを超えて改めて売り圧力が強まった。

Posted by 直    2/25/21 - 16:35   

小麦:反落、テクニカル要因に加え弱い週間輸出成約高で売り
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:675-3/4↓9-3/4

シカゴ小麦は反落。テクニカル要因に加え、週間輸出成約高が弱い内容だったため売りが進んだ。夜間取引から売りの展開で、5月限は680セントを下回る下落となった。一時下げ幅を縮めたが、前日の終値水準まで戻すとすぐに売りに押された。通常取引に入って660セント台後半まで下落してから、売りのペースも鈍り、670セント台に下げ渋った。

Posted by 直    2/25/21 - 16:32   

天然ガス:小幅続落、暖房需要の減少観測重石となる中で売られる
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:2.777↓0.018

NY天然ガスは小幅続落。季節的な暖房需要の減少観測が重石となる中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。在庫統計は過去最高に迫る大幅な取り崩しとなったが、積極的に買いを呼び込むには至らなかった。4月限は夜間取引では買いが先行、2.80ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。朝方からは徐々に売り圧力が強まり、通常取引開始時には2.70ドル台後半まで反落。その後一旦は買い戻しが集まり、在庫統計発表後には2.8ドル台前半まで値を回復したものの、早々に息切れ。長期金利の上昇を嫌気し市場全体が弱気に傾く中、再び売りに押される展開となった。

Posted by 松    2/25/21 - 15:00   

石油製品:小幅反落、株価の急落重石となる中で売りが優勢
  [場況]

RBOBガソリン4月限:1.9764↓0.0013
暖房油4月限:1.8979↓0.0021

NY石油製品は小幅反落。株価の急落が重石となる中、日中を通じてポジション整理の売りが優勢となった。相場は夜間取引では買いが先行したものの、その後ジリジリと売りに押し戻される展開。朝方にかけては株や原油が値を崩すのにつれて売りが加速、一気に下げ幅を拡大した。通常取引開始後はしっかりと買いが集まったが、前日終値近辺まで値を戻すのが精一杯だった。

Posted by 松    2/25/21 - 14:53   

原油:小幅続伸、株価の下落嫌気もしっかりと値を切り上げる
  [場況]

NYMEX原油4月限終値:63.53↑0.31

NY原油は小幅続伸。足元の在庫取り崩しや将来的な景気や需要の回復に対する期待が下支えとなる中、これまでの流れを継いだ買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。4月限は夜間取引からこれまでの流れを継いだ買いが先行、63ドル台後半まで値を切り上げる場面も見られた。朝方からは株価が大きく値を崩すのを嫌気する形でポジション整理の売り圧力が強まり、通常取引開始時には62ドル台後半まで値を下げたものの、この水準では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。中盤には再び63ドル台後半まで値を回復した。昼からは改めて売り圧力が強まったものの、最後はプラス圏に戻して取引を終了した。

Posted by 松    2/25/21 - 14:52   

金:大幅続落、景気回復期待の高まり受けて投機的な売り膨らむ
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,775.4↓22.5

NY金は大幅続落。景気回復期待の高まりを受けて米長期金利が大きく上昇する中、日中を通じて投機的な売りに押される展開となった。4月限は夜間取引では買いが先行、1,800ドル台を回復する場面も見られたものの、その後は徐々に売りに押し戻される格好となり、朝方には1,780ドル近辺まで値を切り下げた。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、強気の経済指標が相次いだことも弱気に作用する格好となり、中盤には1,770ドルを割り込むまでに下げ幅を拡大。昼にかけては買い戻しが集まる場面も見られたものの、最後は改めて売りが加速、一段と値を崩した。

Posted by 松    2/25/21 - 14:04   

コーヒー:反発、これまでの流れ継いだ投機的な買いが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:140.05↑2.80

NYコーヒーは反発。米長期金利が上昇、市場全体が弱気に傾く中にもかかわらず、日中を通じてこれまでの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導する展開となった。5月限は夜間の時間帯から買いが先行、朝方には140セントの節目まで一気に値を切り上げる展開となった。NYに入ると買いも一服となったものの、140セントをやや割り込んだあたりの水準はしっかりと維持しての推移。昼にかけては再び買い意欲が強まり、140セント台を回復する場面も見られた。引けにかけては再び売りが優勢となった。

Posted by 松    2/25/21 - 13:54   

砂糖:反落、市場全体にリスク回避の動き強まる中で売りが加速
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:16.84↓0.33

NY砂糖は反落。米長期金利が大幅に上昇、市場全体にリスク回避の動きが強まる中で、ポジション整理の売りが加速した。対ドルでのブラジルレアル安の進行も弱気に作用した。5月限は夜間の取引開始時には前日の流れを継いだ買いが先行、17.30セント台まで値を切り上げての推移となった。早朝にかけては売りに押し戻される格好となり、マイナス転落。しばらくは下げ渋る場面も見られたが、NYに入ると改めて売りが加速、16.60セント台まで一気に値を崩した。売り一巡後はジリジリと買い意欲が強まり、16.80セント台まで下げ幅を縮小して取引を終了した。

Posted by 松    2/25/21 - 13:43   

2021年02月24日(水)

FX:円安ユーロ高、景気回復期待から株高進む中リスク志向強まる
  [場況]

ドル/円:105.86、ユーロ/ドル:1.2162、ユーロ/円:128.73 (NY17:00)

為替は円安ユーロ高が進行。追加景気支援策やCOVID-19ワクチンの普及によって景気回復のペースが速まるとの期待を背景に株価がしっかりと上昇、投資家のリスク志向が高まる中で円を売ってユーロを買う動きが加速した。ドル/円は東京から買いが先行、午後に入ると更に騰勢を強める格好となり、ロンドンでは105円台後半まで一気に値を切り上げた。NY朝には106円台を回復するまでに買いが集まったものの、この水準では売り圧力も強く、伸び悩み。中盤にかけては105円台後半まで反落、午後に入ると動きも鈍くなった。

ユーロ/ドルは東京では1.21ドル台半ばを中心としたレンジ内でのもみ合い、ロンドンでは朝方1.21ドル台後半まで買い進まれる場面も見られたが、それ以上の動きは見られず。NYに入ると一転して売りに押し戻される格好となり、1.21ドル台前半まで反落。中盤以降は再び買いが優勢、午後遅くには1.21ドル台後半まで値を回復した。ユーロ/円は東京から買いが先行、128円台を回復しての推移となった。午後からは改めて騰勢を強め、ロンドンでは1.21ドル台後半まで上げ幅を拡大。NYに入るとやや売りに押される場面も見られたが、中盤以降は128円台後半まで値を回復した。

Posted by 松    2/24/21 - 17:26   

債券:反落、ワクチン普及などによる景気回復シナリオ着目し売り
  [場況]

債券は反落。新型コロナウィルスワクチン普及や追加経済対策による景気回復シナリオに着目して売りの展開となった。夜間取引では買いの場面があったが、10年債利回りは1.3%台前半に低下してから、売りが膨らみ上昇に転じた。通常取引に入ると売りに拍車がかかり、1.4%台に乗せ、1.43%と2020年2月以来の高水準を付けた。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長が議会証言で改めて金融緩和政策を続ける意向を示したことが下支えになって、売りにブレーキがかかり、1.3%台に戻したが、最後まで売りの流れは続き、日中は1.3%台後半でもみ合った。

Posted by 直    2/24/21 - 17:19   

株式:大幅上昇、景気回復期待高まる中で投機的な買いが加速
  [場況]

ダウ工業平均:31,961.86↑424.51
S&P500:3,925.43↑44.06
NASDAQ:13,597.97↑132.77

NY株式は大幅上昇、ダウ工業平均は再び史上最高値を更新した。新たな景気支援策やCOVID-19ワクチンの普及によって景気回復のペースが更に速まるとの期待が下支えとなる中、しっかりと買いが集まった。パウエルFRB議長が下院での議会証言で、前日の上院同様に積極的な緩和政策を長期間維持する方針を示し、インフレに関して影響は限定的と楽観的な見通しを示したことも下支えとなった。ダウ平均は寄り付きこそインフレや長期金利の上昇を嫌気する形でハイテク株を中心に売りに押されたものの、すぐに買い意欲が強まりプラス圏を回復。その後も買いの勢いは衰えず、昼過ぎには400ポイントを超えるまでに上げ幅を拡大した。その後は買いも一服となったが、大きく売りに押されることもなく、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

セクター別では、公益株が値を下げたのを除き、主要セクターが軒並み上昇。中でもエネルギー関連と半導体、銀行株の上昇が大きくなった、工業株や運輸株、金鉱株もしっかりと上昇した。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)が8.12%一気に値を伸ばしたほか、シェブロン(CVX)やゴールドマン・サックス(GS)、ビサ(V)、インテル(INTC)も3%を超える上昇となった。一方でホーム・デポ(HD)は2.72%の下落、ウォルマート(WMT)やアムジェン(CRM)も1%を超える下げとなった。下落したのは、30銘柄中5銘柄のみだった。

Posted by 松    2/24/21 - 16:47   

大豆:続伸、ブラジルのさらなる収穫遅延見通しから買いに弾み
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1425-3/4↑17-1/4

シカゴ大豆は続伸。ブラジルで降雨予報を背景に収穫がさらに遅れるとの見通しから買いに弾みが付いた。夜間取引で買いが集まり、5月限はじりじりと上昇。朝方には1420セント台に乗せた。通常取引に入って1428-0セントと前日の高値目前に上がった後いったん買いにブレーキがかかり伸び悩み。1410セント台前半まで戻すと改めて買いが進み、1420セント台半ばに強含んだ。

Posted by 直    2/24/21 - 16:43   

コーン:続伸、独自材料乏しくも他市場の上昇追って買い入る
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:557-0↑4-1/2

シカゴコーンは続伸。独自の材料に乏しいながら、大豆や小麦、また原油など他市場の上昇を追って買いが入った。夜間取引ではまず様子見が強まり、5月限は前日終値を挟んで上下に振れてから、買いが進み上昇。550セント台後半に値を伸ばし、通常取引でも買いの流れを維持し、一時上昇ペースがスローダウンしても、その後改めてしっかりの値動きとなった。

Posted by 直    2/24/21 - 16:39   

小麦:上昇、米国や黒海周辺地域の冬枯れ不安から買い進む
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:685-1/2↑15-1/4

シカゴ小麦は上昇。米国や黒海周辺地域の冬枯れ不安から買いが進んだ。夜間取引でやや買いが先行し、5月限は小じっかりと推移。通常取引開始後に買いに拍車がかかって一気に680セント台に上がった。688-1/2セントと1月19日以来の高値を付けてすぐに買いのペースは鈍ったが、買いの流れは続き、日中も堅調な値動きだった。

Posted by 直    2/24/21 - 16:36   

天然ガス:続落、季節的な暖房需要の減少が売り呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:2.795↓0.062

NY天然ガスは続落。目先中西部や北東部で平年以上に気温が上昇するとの予報が重石となる中、季節的な暖房需要の減少が売りを呼び込む格好となった。在庫統計で記録的な大幅取り崩しが予想されていることも、特に下支えとはならなかった。4月限は夜間取引から前日の流れを継いだ売りが優勢、2.80ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。朝方には2.80ドル台半ばまで買い戻される場面も見られたものの、早々に息切れ。中盤にかけては再び2.80ドル台前半での推移、昼からは改めて売りが加速、2.80ドルの節目を割り込むまでに下げ幅を拡大した。その後は下げも一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた

Posted by 松    2/24/21 - 15:04   

石油製品:続伸、停電による製油所停止や供給不安が買い呼び込む
  [場況]

RBOBガソリン4月限:1.9777↑0.0352
暖房油4月限:1.9000↑0.0391

NY石油製品は続伸。先の停電による製油所の稼働停止を受けた供給不安が、改めて買いを呼び込んだ。相場は夜間取引では売りが優勢となる場面も見られたものの、ロンドン時間に入ると買いが集まりプラス圏を回復。通常取引開始後は原油が騰勢を強まるのにつれて買いは加速、大きく上げ幅を拡大した。昼からは上昇も一服となったものの、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    2/24/21 - 14:53   

原油:続伸、先の停電による供給不安が改めて買い呼び込む
  [場況]

NYMEX原油4月限終値:63.22↑1.55

NY原油は大幅上昇。在庫統計で石油製品が大幅取り崩しとなり、先のテキサス州の停電で生産施設や製油所の稼働が停止したことによる供給不安が改めて材料視される中、投機的な買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。4月限は夜間の取引開始後しばらくは上値が重かったものの、その後徐々に買い意欲が強まり、朝方には62ドル台まで値を回復、通常取引開始後も買いの勢いは衰えず、63ドル台まで上げ幅を拡大した。中盤には買いも一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、高値圏はしっかりと維持、そのまま取引を終了した。

Posted by 松    2/24/21 - 14:53   

金:続落、長期金利の上昇やドル高嫌気し投機的な売りが加速
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,797.9↓8.0

NY金は続落。長期金利の上昇やドル高の進行が嫌気される中、投機的な売りが相場を主導する展開となった。4月限は夜間取引では前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開。朝方からは一転して売りに大きく押される格好となり、通常取引開始後には1,780ドル台まで一気に下げ幅を拡大した。中盤には売りも一服となり 、昼にかけて1,800ドルの節目を回復するまでに買いが集まったものの、プラス転換することなく息切れ。引けにかけては改めて上値が重くなった。

Posted by 松    2/24/21 - 14:00   

コーヒー:反落、朝方まで買い先行もその後売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:137.25↓1.05

NYコーヒーは反落。朝方まではこれまでの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導したものの、その後はポジション整理の売りに押し戻された。5月限は夜間の時間帯は堅調に推移、139セント台まで値を切り上げての推移となった。NYに入ると139セント台後半まで上げ幅を拡大する場面が見られたものの、140セントの節目にとどくことなく息切れ。その後は一転してポジション整理の売りに押し戻される格好となり、136セント台まで一気に値を切り下げた。売り一巡後は138セント台まで値を戻したが、最後は再び売り圧力が強まり、日中安値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    2/24/21 - 13:52   

砂糖:反発、原油やブラジルレアルの上昇好感し堅調に推移
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:17.17↑0.16

NY砂糖は期近3月限を除いて反発。原油高の進行や対ドルでのブラジルレアルの上昇が下支えとなる中、日中を通じて堅調な展開が続いた。5月限は夜間の取引開始時直後に16.80セント台まで売りに押されたものの、すぐに値を回復。そのまま17.10セント台後半まで値を切り上げた。早朝には再び売りが優勢となり、17セントを割り込む格好となったが、やはり押し目では買い意欲が強く、すぐにプラス圏を回復した。NYに入ってからも改めて動きは見られず、17.10セント台でのもみ合いが継続、引け間際には改めて買い意欲が強まり、日中高値を更新した。

Posted by 松    2/24/21 - 13:36   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ