ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

ギャラリーまつぼっくり


米国商品情報を活用して待ち伏せする“先取り"株式投資術


がんばらない料理
続けられるから、
からだもうれしい。


がんが自然に治る生き方


テクテクノロジー革命


「強い体」をつくる食べ方


わら一本の革命


石原結實「食べない」健康法


済陽式ガンの食事療法


細胞から元気になる食事


食べない人は病気にならない


9割の病気は自分で治せる


<神道>のこころ


Pachelbel in the Garden


Arisen


アマゾンJP

最近のギャラリー

PHOTO

虹の橋

虹の橋

散歩日和

散歩日和

大空に・・・

大空に・・・

2020年7月28日(火)

Social Media Giants Remove Viral Video of Doctors Talking About Coronavirus, Masks & Treatment [このごろ]

今何が起こっているのか・・・

命がけの訴えをされているのですよね。

少しでも多くの人が彼らの行動を知ることが大切かなと思うのです。

支持するかどうかは別として・・・

(薬については安全性に問題有りの様子ですし)

America's Frontline Doctors

みなさんどうぞご無事で・・・


Social Media Giants Remove Viral Video of Doctors Talking About Coronavirus, Masks & Treatment

https://www.collective-evolution.com/2020/07/28/social-media-giants-remove-viral-video-of-doctors-talking-about-coronavirus-masks-treatment/




AMERICAN DOCTORS ADDRESS COVID-19 MISINFORMATION WITH CAPITOL HILL PRESS CONFERENCE

https://www.bitchute.com/video/09K3kIwzeewO/

https://www.bitchute.com/video/POLTxXtodLuV/



FRONTLINE PHYSICIANS AIM TO DISPEL MASSIVE COVID-19 DISINFORMATION CAMPAIGN’ ON CAPITOL HILL

https://www.bitchute.com/video/YfQuHY1qQVqY/



日本語解説がUPされていました。
キャピトル・ヒルで起きている誤報とコロナの偽情報を打ち消す

https://blog.goo.ne.jp/truthseeker/e/c0cd2dd112c9657bf2cd4fe97428abdf




こちらは、ドイツの医師団 2020.5.7



議会外調査委員会

http://www.acu2020.org/

啓蒙のための医師団

http://www.aerzte-fuer-aufklaerung.de/


Posted by まつぼっくり   パーマリンク

「大統領としての給料」の話 [このごろ]


現大統領の収入の話は有名ですが

今頃日本語のニュースになっていました。

あんまり知られてないのでしょうか?

彼らは家族でボランティアしてるんですね。


ド派手なリーダーの”裏”の顔

トランプは「大統領としての給料」を全額寄付していた!

https://news.yahoo.co.jp/articles/3f0f120690176c8e0fb52e0af5f4fe582cc3eed9/

同じ内容
hhttps://courrier.jp/news/archives/206729/

Posted by まつぼっくり   パーマリンク

2020年7月25日(土)

トランプは 考えられないことをする By リズ・クロッキン [このごろ]

大統領になるよりずっと前に、新聞の読者投稿とか、他にも、こんな話をいくつも見たことがあって、へ〜良い人なんだ〜って思っていたんです。人助けが好きな人。もし、困ったことがあったら助けてって言ったら助けてくれたりしてねって思ったり。ところが、今、メディアで言われている酷い酷い話の数々。まったく反対の人物像。なんで?おかしいなぁ・・・なんでこんなに酷いこと言われているのかわからなくて、不思議で不思議で仕方なくて・・・こんな動画見つけたので、シェアさせてください。(日本語訳付きです〜)
別に彼のファンでもなんでもないです。ただ、でっちあげたり、嘘、情報操作、めちゃくちゃ言われていることがイヤ、そういうのダメなので・・・



トランプは 考えられないことをする By リズ・クロッキン

2016年、リズ・クロッキンは "トランプは 考えられないことをする" というタイトルの記事を書きました。主流メディアや大口を叩くセレブによって、当時の大統領候補ドナルド・トランプについての嘘が広がっていることに彼女はうんざりしていました。彼が共和党員として大統領に立候補することを決定するまで、トランプについて誰も悪いことを言うことはありませんでした。リズ・クロッキンは、ドナルド・トランプが本当はどのような人物なのかという本質を捉えようとしたのです。
この記事はすぐに口コミで広まり、最近では複数のソーシャルメディア・プラットフォームにまたがって広まっています。リズ・クロッキンはこの記事をビデオに編集してできるだけ多くの人に届けることにしました。どのメディアにも嘘偽りのない報道を見つけることがとても困難な時代に、誰もが大統領のありのままの心を知ることができるように。

元動画URL
Trump Does The Unthinkable By Liz Crokin
https://youtu.be/EUEW5sc4JaM

Liz Crokin YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCL5Q...
Liz Crokin PayPal
https://www.paypal.me/LizCrokin
Liz Crokin ショップ
https://liz-crokin.myshopify.com
Liz Crokin ジャーナリストサイト
https://www.lizcrokin.com
Liz Crokin Facebook
https://www.facebook.com/liz.rubyghos...
Liz Crokin Instagram
https://www.instagram.com/lizcrokin/

Posted by まつぼっくり   パーマリンク

432Hz. の世界へ [このごろ]

この方は、の〜んびり話されるので途中で眠くなっちゃって最後まで辿り着かないこともあったりですが、一昨日の分は、なにげにさらっとこんな話をされていました。私利私欲な時代は終わり〜のようで・・・

もうひとつ、昨日のお話は〜
「うちはこうする」という独自性が個人も国家も必要なんですよ・・・自分の周波数を持って・・・というお話でした。440Hz.⇒432Hz. へ、これからは、穏やかな生きやすい世の中になりますね〜。


ヒューストンの中国総領事館閉鎖と赤木夫人の決意

財務省でまじめに働いていた赤木氏が自殺しましたが、政府は無視を決め込みました。裁判でも赤木氏の遺書は取り上げられない形での決着でした。

目を外に向けると、トランプはヒューストンの中国総領事館を72時間以内に閉めろと命令。これは戦争が始まる時の流れのような思い切った内容です。日本のマスコミはすぐには取り上げないという異常さでしたが、さすがに事実だけは伝え始めています。

空母レーガンともう一隻の空母、さらにイギリスの空母、オーストラリアまで空母を南シナ海に派遣中とのこと。本気の戦争体制です。

これまでのやり方は、腐りきった上が仲間内で分け合うなあな政治手法がどこの国でも共通していました。金と権力を独り占めしたのはよかったのでしょうが、腐敗の度合いは深刻で、どんなに軍隊を持とうが、どんなに金を持とうが、いざ本気の争いになった際には、簡単に総崩れしてしまうことになると思います。

もちろん日本も例外ではありません。友達同士でファミリー企業同士で、国富を奪い取るやり方。腐敗した人間がそれになびいてよいしょする。そこに現れたのが赤木夫人です。赤木氏は文書改ざんを命じられ、苦しんだ末に自殺。

夫婦は毎晩、自分たちの身に襲い掛かった恐怖で二人で泣いていたということです。そして夫は自殺に追い込まれていきました。

そして心の整理がついた時、ご婦人ははっと気づいたのです。「もう私には怖いものなんかない。ただ本当のことが知りたい、、、それだけなんです」

さらに婦人は付け加えました。「道で刺されったってかまいやしない」安倍政権の中にこういう人と戦って勝てる人はいるのでしょうか。いるわけがない。

世界も同じ構図なんです。ウイグル人に行われていること、モンゴルで行われていること、チベットで行われていること、法輪功信者に行われていること、、、香港で行われていること、、、追い詰められた彼ら彼女らには、もうあとがない。どうせやられるならやってみろ、、、との気迫の前で、毎晩うまいものを食べ、下の者をこき使い、隠れ妻を何十人も持った上位者が勝てる道理がないのです。

トランプも権力や金欲しさに大統領になったわけではなく、悲惨な子供たちを救おうとして大統領になったとも言われる美談が、嘘ばかりではないとも思える。

長い間、教会の中で行われてきた恐ろしい事実、マスコミの影に隠されてきたあまりにひどい現実、そうした上に立つ人のあまりにひどすぎる腐敗。トランプも赤木夫人も同じように決意してそこにいるように思える。

今、世界の構図は右対左でもない、民族対民族でもない、人種差別でもない、腐敗した者対そうしたものがもういやだ、、との争いの構図が急速に出てきている。

腐敗が勝てば、私たち個人の未来も絶対に開けない、、、ことがわかりだしてきているわけです。

長い間苦しみに苦しみ抜いた中でも失うことなく来た純粋な勇気と、金まみれ、権力まみれ、いくら軍備に優れていても、死ねば神の元に行く、、と思っている者とが争えば、腐敗組が勝てるわけがない。マスコミはこうした構図を必死に隠しているが、ほころびが出始めている。

日本でも世界でも今、本当にすごいことが起きだしているのです。
ある意味、人類の方向を決める戦いといえるかもしれません。



トランプが5Gにちなんで言及した432Hzとは

人類の歴史はイノベーションごとに進展し変化してきました。時代時代のスタンダードを得た組織体がこの世を支配していましたが、ここに原則があります。槍と刀の戦いは鉄砲というイノベーションの前で無力となり、鉄砲の覇者に譲っていきます。

鉄砲で得た領土は、原則的に槍と刀で得た領土よりも大きなものとなります。馬車で交通網を築いた人は、自動車の交通網にやがて負けていきます。そして、馬車で得た利益よりも自動車網で得た利益は比較にならないほど大きなものとなります。

何が言いたいかというと、新しいものや考えや物理的な成果は、古いもので得ていたものよりもずっと大きくなるということです。

なので、この世の支配者は常にイノベーションにおびえる構造をもっています。一見、すべてを支配しているように思えても、彼らは画期的なイノベーションの前では無力になることを知っているため、フリーエネルギーなどは抑えなくてはならないわけです。

なので、今、私たちの地球を支配しているかのうような大きな勢力にも、隠れたイノベーションの影響は訪れ、実は急速に力を失っている構造があります。

民間においても、ビルを所有し、権利権限を持つ大金持ちでも、新たなイノベーションの前ではもろくもくずれかねないことが起こるのです。

アマゾンや楽天やアリババなどの急成長のスピードは、車やビルという物質的な価値を超えて発展したわけで、一種のイノベーションでした。そうしたものがさらに発展して大きな動きをもたらしかねない。

そうした新しいものが生み出すものは、旧態のものと比較にならない利益を生み出す、、、、なので、この世の支配者はイノベーションの前ではひどくもろい可能性があります。自動車業界や銀行業界にそれほどの未来がないというのもそういうことです。

トランプはイノベーションを味方につければ旧態以前の権力と喧嘩しても負けないことを理解しているように見えます。物から金へ、金から情報へ、情報から生命へ、生命から喜びへ、、、イノベーションの波はこれからが本番です。

そうしたものを許さない旧態固定勢力は非人間化し、ひどい状況を地球と人類にもたらしており、トランプはそれと戦っていくことを、432Hzというひとつの周波数を持ち出すことで、暗喩的に語り、それは私には理解できたわけです。


公式サイト http://www.love-ai.com/
ブログ https://ameblo.jp/mademoiselle-ai/
ツイッター https://twitter.com/hoshitomori
フェイスブック https://www.facebook.com/hoshitomori
公式SHOP http://hoshitomori.net/

Posted by まつぼっくり   パーマリンク


過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

10月

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2011-2013   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ