ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 農産物



2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2018年2月20日(火)

大豆:大豆ミール主導の上昇も息切れ、流れは弱気に転じる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 3月限 1031-1/2 1039 1024-1/2 1026-1/2 ↑5
CBOT:大豆 5月限 1041-3/4 1050 1035-1/2 1037-1/2 ↑5
CBOT:大豆 7月限 1050 1059-1/4 1045 1047 ↑4-3/4
CBOT:大豆 11月限 1024 1029-3/4 1021-1/4 1025 ↑3
CBOT:大豆ミール 3月限 380.0 385.5 375.1 376.5 ↑3.2
CBOT:大豆油 3月限 31.64 31.89 31.42 31.86 ↑0.32

シカゴ大豆は反発。週末のアルゼンチンの降雨が限定的だったのを背景に、改めて乾燥懸念から買いが優勢となった。3月限は夜間取引でピッチの速い買いによって1030セント台に上昇した。しっかりと上げ幅を広げていき、朝方に1039-0セントと2017年7月25日以来の高値を付けた。通常取引ではやや買い一服感が出て、まず1030セント台半ばでもみ合い。その後さらに上げ幅縮小となり、取引終盤に1020セント台半ばまで伸び悩んだ。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:コーンは輸出が好調さ維持するなら、押し目は買いチャンス

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 3月限 459-3/4 463-1/4 449 449-1/4 ↓8-1/2
CBOT:小麦 5月限 474 477-1/4 462 462-1/2 ↓9
CBOT:小麦 7月限 488-1/2 492-1/2 477-3/4 478-1/4 ↓8-1/4
KCBT:硬質赤色小麦 3月限 480 485-1/2 470-1/4 471-3/4 ↓6-3/4
MGE:硬質春小麦 3月限 605-1/4 607 601-3/4 602-1/2 ↓2-3/4

シカゴ小麦は続落。ドル高の進行を背景に売りに押された。3月限は夜間取引で買いが優勢となり、460セント台に上昇。通常取引開始が始まって買いに弾みが付いたが、463-1/4セントまで上がって売り台頭。一気に16日の終値を下回り、そのままさらに下落が進んだ。取引終盤に450セント割れ目前に下落していったん売り一服の場面があったが、引けにかけて節目を下抜け、449-0セントと9日以来の安値を付けた。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 3月限 369 370 365-1/4 365-1/2 ↓2
CBOT:コーン 5月限 376-1/4 378 373-1/4 373-3/4 ↓1-1/4
CBOT:コーン 7月限 384 385-1/2 381 381-1/2 ↓1-1/4
CBOT:コーン 12月限 397-3/4 399 395-1/2 396 ↓1

シカゴコーンは下落。週末のアルゼンチンの降雨量が事前予想を下回ったのを手掛かりに買いが進んだ後、買われ過ぎの感から売りに転じた。3月限は夜間取引で買いが先行し、じりじりと上がった。通常取引に入って一段高となり、370-0セントと2017年9月29日以来の水準まで上がって買いも息切れ。そのまま値を消して、横ばい水準でもみ合ってから、取引終盤に360セント台半ばに下落が進んだ。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:ブラジルで生育順調に進むなら、軟調な展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 117.75 119.15 116.95 118.20 ↑0.25
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 120.30 121.00 119.50 119.70 ↓0.75
ICE-US:NYアラビカコーヒー 7月限 122.75 123.30 121.80 122.00 ↓0.75
LIFEE:ロンドンロブスタ 3月限 1774 1820 1770 1812 ↑35

NYコーヒーは小幅続落。中盤まではポジション整理の買い戻しが相場を主導する場面も見られたが、最後は対ドルでのブラジルレアルの下落が重石となる中でポジション整理の売りに押し戻された。5月限は夜間の時間帯は先週末の終値を中心としたレンジ内でのもみ合い、朝方からは売りが優勢となり、NYに入ってからは120セントの節目を割り込んでの推移が続いた。昼前には買い戻しが集まりプラス圏を回復したものの、早々に息切れ。最後は改めて売り圧力が強まり、日中安値を更新する形で取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:需給見通しの弱さ変わらず、軟調な展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 13.50 13.54 13.33 13.36 ↓0.02
ICE-US:NY粗糖 5月限 13.38 13.44 13.23 13.29 ↑0.01
ICE-US:NY粗糖 7月限 13.44 13.52 13.34 13.42 ↑0.04
LIFEE:ロンドン白糖 5月限 359.10 359.90 356.30 357.90 ↓3.60

NY砂糖はほぼ変わらず。ここまで下落で売られ過ぎ感が高まる中でポジション整理の買い戻しが集まったが、一方では対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となった。5月限は夜間の取引開始時から買いが先行したものの、早朝には売りが膨らみ上げ幅を縮小。NYに入ると先週末の終値を中心としたレンジ内でのもみ合いが続いた。中盤以降は改めて買い意欲が強まったものの、日中高値を更新するだけの勢いは見られず、最後は再び売りに押し戻された。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2018年2月16日(金)

大豆:輸出の伸び悩みが重石となる中、流れは弱気に傾く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 3月限 1023-1/2 1028-1/4 1012 1021-1/2 ↓2-3/4
CBOT:大豆 5月限 1034-1/4 1039 1023 1032-1/2 ↓2-1/2
CBOT:大豆 7月限 1043-3/4 1048-1/2 1033 1042-1/4 ↓2-1/2
CBOT:大豆 11月限 1023 1023-3/4 1015-1/4 1022 ↓1-3/4
CBOT:大豆ミール 3月限 373.7 379.3 368.3 373.3 ↓0.4
CBOT:大豆油 3月限 31.78 31.84 31.48 31.54 ↓0.16

シカゴ大豆は反落。アルゼンチンの乾燥懸念は引き続き支援材料とみられるものの、買われ過ぎの感もあり、また19日のプレジデントデーに伴う3連休を控えて利食い売りに押された。3月限は夜間取引でやや買いが先行し、小高く推移。通常取引が始まると1028-1/4セントと2017年7月28日以来の高水準を付けた。この水準で売りに押されて反落、前日の安値を割り込んだ。1010セント台前半まで下落して一服。1020セント台に下げ渋り、一時はプラス圏にも持ち直したが、上値で改めて売り圧力が強まり、取引終盤に弱含んでマイナス引けとなった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:コーンは輸出の好調が支えとなる中、更に値を伸ばす

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 3月限 463-1/2 464-1/2 456-3/4 457-3/4 ↓4
CBOT:小麦 5月限 478 478 470-1/4 471-1/2 ↓3-3/4
CBOT:小麦 7月限 491 492-1/4 484-3/4 486-1/2 ↓3-1/2
KCBT:硬質赤色小麦 3月限 479-1/2 482-1/4 473 478-1/2 ↑0-1/2
MGE:硬質春小麦 3月限 607-3/4 607-3/4 603 605-1/4 ↓3-1/4

シカゴ小麦は反落。3連休を控え、ドル高も重石となって売りが膨らんだ。3月限は夜間取引では買いが進んで上昇した。しかし、464-1/2セントと3日ぶりの水準まで上がってから買いのペースも鈍り始め、そのまま前日の終値水準に戻した。朝方に売りに弾みが付いて460セントを割り込む下落。通常取引でも450セント台後半で軟調に推移した。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 3月限 368 368-1/2 366-1/2 367-1/2 ↓0-1/4
CBOT:コーン 5月限 375-1/4 376 374-1/4 375 ↓0-1/2
CBOT:コーン 7月限 383 383-3/4 381-3/4 382-3/4 ↓0-1/4
CBOT:コーン 12月限 397 397-3/4 396 397 ↓0-1/2

シカゴコーンはほぼ変わらず。アルゼンチンの乾燥懸念、USDAが日本向けで輸出成約報告を受けたことは下支えとなる一方で、利食い売りも断続的に出て方向感の定まらない値動きに終始した。3月限は夜間取引では買いが優勢となり、小じっかりとする場面があったが、買われ過ぎ感から上値が重い展開。早朝には売りも台頭して、前日の終値を挟んでもみ合いの展開となった。通常取引でも上下に振れる動きを続け、最後は前日終値を小幅下回って引けた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:週明け早々に買い戻し集まらなければ、一段安

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 121.85 122.25 117.65 117.95 ↓3.80
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 124.15 124.60 120.20 120.45 ↓3.70
ICE-US:NYアラビカコーヒー 7月限 126.50 126.80 122.50 122.75 ↓3.60
LIFEE:ロンドンロブスタ 3月限 1815 1825 1782 1789 ↓29

NYコーヒーは大幅続落。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、週末を控えて商いの薄い中で前日の流れを継いだ投機的な売りが加速、一代安値を一気に更新した。3月限は夜間の時間帯から売りが優勢、NYに入ると売り圧力が強まり、あっさりと120セントの節目を割り込んだ。その後もまとまった売りが出るたびに値を切り下げるパターンが続き、最後は117セント台まで下げ幅を拡大して取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:軟調な流れ継続、直近の安値割り込めば12セント試す

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 13.65 13.70 13.30 13.38 ↓0.24
ICE-US:NY粗糖 5月限 13.55 13.55 13.20 13.28 ↓0.23
ICE-US:NY粗糖 7月限 13.64 13.64 13.32 13.38 ↓0.22
LIFEE:ロンドン白糖 5月限 362.80 362.80 355.00 356.80 ↓4.30

NY砂糖は反落。足元の需給の弱さが改めて材料視される中、日中を通じて売りに押される展開となった。3月限は夜間の時間帯から軟調に推移、朝方には13セント台半ばまで値を切り下げての推移となった。NYに入ると買いが集まったものの、プラス圏まで値を戻したところで早々に息切れ。その後は売り一直の展開となり、中盤には13.30セント台まで一気に下げ幅を拡大した。引けにかけては下げも一服となったが、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ