ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 農産物



5月

2017


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2017年5月26日(金)

大豆:生育が順調に進むなら、夏までに9ドル割り込む

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 7月限 939-1/2 941 925-1/4 926-1/2 ↓13
CBOT:大豆 8月限 941-1/2 942-3/4 928-1/4 929-1/2 ↓12
CBOT:大豆 9月限 939 940 926-3/4 927-3/4 ↓11
CBOT:大豆 11月限 939-1/4 940-3/4 928 929-1/4 ↓10
CBOT:大豆ミール 7月限 304.5 305.1 301.3 301.8 ↓2.9
CBOT:大豆油 7月限 32.10 32.13 31.55 31.60 ↓0.44

シカゴ大豆は続落。3連休を控え、南米の豊作見通しや米国でコーンから大豆への転作が予想されていることなどが重石となった。7月限は夜間取引で売りが先行して下落し、前日に付けた約1年ぶりの安値を下回ると下げ足がより速まった。930セント台半ばでいったん下げ止まり、通常取引に入って一時、買いが進み、940-0セントまで上昇もあったが、すぐに上値で売りに押されてマイナス転落した。そのままほとんど一服することなく下げ幅を拡大。取引終了近くで925-1/4セントと2016年3月31日以来の低水準を付けた。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

穀物:コーンは4ドルを超えるあたりまでなら、いつでも値を伸ばす

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 7月限 430-1/4 439 429-1/4 438-1/4 ↑7-1/2
CBOT:小麦 9月限 443-3/4 452-1/4 442-1/2 451-1/4 ↑7
CBOT:小麦 12月限 465-1/2 474 464-1/2 473-1/2 ↑7
KCBT:硬質赤色小麦 7月限 430 439 430 437-1/2 ↑6-1/4
MGE:硬質春小麦 7月限 562 570 561 568-3/4 ↑6-1/2

シカゴ小麦は反発。天候絡みの作柄に対する懸念が買いを支援し、3連休前のポジション調整も手伝って買いの展開となった。7月限は夜間取引でやや売りが膨らみ、420セント台後半に下落したが、下値で買いも入り下げは限定的。朝方には買いが優勢となって430セント台に持ち直した。通常取引に入ると買いのピッチも速まり、ほぼ一本調子で430セント台半ばに上がった。430セント台後半に上昇してから一服し、引けにかけて改めて強含んで439-0セントと4日ぶりの高値を付けた。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 7月限 369-1/4 374-3/4 368-3/4 374-1/4 ↑5
CBOT:コーン 9月限 377 382-1/2 376-1/4 381-3/4 ↑4-3/4
CBOT:コーン 12月限 387-1/2 393 386-3/4 392-1/2 ↑5
CBOT:コーン 3月限 397-1/2 402-3/4 396-3/4 402-1/4 ↑4-3/4

シカゴコーンは反発。29日のメモリアルデーに伴う3連休を控えてポジション調整の買いが進んだ。米中西部などの天候による影響懸念も引き続き下支え。7月限は夜間取引でやや売りに押されて小安くなったが、売りが一巡してもみ合いにシフトし、朝方には買いに弾みが付いてしっかりと上昇していった。通常取引開始後にはピッチも加速し、370セント台前半に上昇。前日の高値を超えて370セント台半ばまで上がった。その後伸び悩む場面をみながらも、引けにかけて本日の高値圏に持ち直した。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

コーヒー:ブラジルの生産見通しに不透明感強まる中、流れは強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 7月限 129.50 132.20 128.60 131.20 ↑ 1.90
ICE-US:NYアラビカコーヒー 9月限 132.05 134.55 131.00 133.55 ↑ 1.90
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 135.80 138.00 134.70 137.05 ↑ 1.85
LIFEE:ロンドンロブスタ 7月限 1945 2001 1941 1991 ↑ 57

NYコーヒーは続伸。対ドルでのブラジルレアルの上昇が下支えとなる中、週末を前にしたポジション整理の買い戻しが相場を主導した。7月限は夜間の時間帯から買いが優勢、130セントの節目近辺までレンジを切り上げての推移となった。朝方には売りに押し戻される場面も見られたが、NYに入ると改めて買い意欲が強まり、中盤には132セントまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったが、最後まで高値近辺を維持したまま取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:このまま14セント台半ばまでは下げ幅を広げる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 7月限 15.60 15.60 15.01 15.05 ↓ 0.61
ICE-US:NY粗糖 10月限 15.92 15.92 15.35 15.37 ↓ 0.59
ICE-US:NY粗糖 3月限 16.49 16.49 15.96 15.99 ↓ 0.55
LIFEE:ロンドン白糖 8月限 448.20 448.20 438.00 439.20 ↓ 11.70

NY砂糖は続落。需給見通しの弱さが改めて材料視される中、日中を通じて軟調な展開が続いた。7月限は夜間の取引開始時から売りが先行、早朝には15セント台前半まで値を切り下げての推移となった。NYに入ってからも売りの勢いは衰えず、、15セントの節目割れをうかがうまでに下げ幅を拡大。中盤にかけても流れは変わらず、最後は15セントの節目割れを試すまでに下げ幅を拡大した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2017年5月25日(木)

大豆:輸出の低迷と作付増加観測で、軟調な流れ続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 7月限 947-3/4 952-1/4 938-1/4 939-1/2 ↓8-3/4
CBOT:大豆 8月限 949-3/4 954-1/4 940-1/4 941-1/2 ↓8-3/4
CBOT:大豆 9月限 947-1/4 951 937-3/4 938-3/4 ↓9
CBOT:大豆 11月限 947-1/2 950-3/4 938 939-1/4 ↓8-3/4
CBOT:大豆ミール 7月限 306.3 307.5 304.5 304.7 ↓1.7
CBOT:大豆油 7月限 32.28 32.57 32.01 32.04 ↓0.24

シカゴ大豆は下落。原油先物が大きく下落したのを材料に売りが進んだ。7月限は夜間取引で買いが優勢となり、950セント台前半に上昇したが、前日の高値水準では買いのペースが鈍った。通常取引開始後も上値の重いのに着目し、売りに転じた。マイナス転落して下げ足が一段と加速。941-1/4セントと4月11日以来の低水準に下落していったん下げ渋ったが、取引終盤に売り圧力が強まり、本日のレンジ切り下げとなった。940セントを割り込み、938-1/4セントと2016年4月8日の安値を付けた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:小麦はこれ以上の作柄悪化ないなら、収穫期に向け一段安

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 7月限 431-1/2 436 430-1/4 430-3/4 ↓1-3/4
CBOT:小麦 9月限 445-1/2 448-3/4 443-1/4 444-1/4 ↓1-3/4
CBOT:小麦 12月限 467 470-1/2 465-1/4 466-1/2 ↓1-1/4
KCBT:硬質赤色小麦 7月限 432-3/4 438-1/4 430-3/4 431-1/4 ↓1-1/2
MGE:硬質春小麦 7月限 560 565-3/4 560 562-1/4 ↑1-1/4

シカゴ小麦は反落。コーンや大豆の下げにつれ安となった。7月限は夜間取引で買いが優勢となり、430セント台半ばでしっかりと推移。朝方には436-0セントと3日ぶりの高値を付けたが、この水準で買いも一服。通常取引に入って大豆やコーンを追う形で売りが膨らみ、前日終値を下回った。独自の売り材料に乏しく、下値でいったん買い戻しが集まって持ち直したが、すぐに売りに押されて再び弱含んだ。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 7月限 371 373 368-3/4 369-1/4 ↓2
CBOT:コーン 9月限 379 380-3/4 376-1/2 377 ↓2
CBOT:コーン 12月限 389-1/2 391-1/4 387 387-1/2 ↓2-1/4
CBOT:コーン 3月限 399 401 397 397-1/2 ↓1-3/4

シカゴコーンは反落。朝方発表された週間輸出成約高が予想も下回る減少となったのを受け売りに押さる格好となった。7月限は夜間取引で買いが先行し、堅調な展開だったが、朝方に売りにシフトして値を消した。通常取引に入ってマイナス転落。370セントを割り込んでいったん下げ渋りながら、取引終盤に改めて弱含み、370セントを下回った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:ブラジルの生産が振るわない中、流れは強気に転じる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 7月限 128.55 130.00 127.15 129.30 ↑ 0.75
ICE-US:NYアラビカコーヒー 9月限 131.35 132.35 129.60 131.65 ↑ 0.70
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 134.75 135.80 133.15 135.20 ↑ 0.70
LIFEE:ロンドンロブスタ 7月限 1900 1955 1890 1934 ↑ 29

NYコーヒーは反発。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中は軟調な展開が続いたものの、最後はポジション整理の買い戻しが集まった。7月限は夜間の時間帯は買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。NYに入ると改めて売りに押し戻される格好となり、中盤には128セントを割り込むまで下げ幅を拡大。昼前からは一転して買い意欲が強まり、130セントの節目に迫るまで一気に値を戻した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:世界市場の供給過剰重石となる中、軟調な展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 7月限 15.70 15.74 15.44 15.66 ↓ 0.01
ICE-US:NY粗糖 10月限 15.98 16.02 15.74 15.96 ↑ 0.02
ICE-US:NY粗糖 3月限 16.54 16.60 16.35 16.54 ↑ 0.02
LIFEE:ロンドン白糖 8月限 451.30 451.90 445.70 450.90 ↓ 0.50

砂糖は前日からほぼ変わらず。対ドルでのブラジルレアルの下落が重石となる中、日中を通じて前日の流れを継いだ売りが相場を主導したものの、最後は買い戻しが集まり下げ幅を縮小した。7月限は夜間の時間帯から売りが優勢、NYに入ると15セント台半ばまで値を下げた。その後は売りも一服、中盤にかけてはジリジリと買いが集まる展開。昼にはプラス圏を回復する格好となったものの、それ以上積極的な動きは見られず。最後は再び売りが優勢となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ