ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 農産物



12月

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2017年12月11日(月)

大豆:アルゼンチンの降雨で、足元の需給の弱さに注目集まる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 1月限 989 989 981-1/2 982-1/2 ↓7-1/4
CBOT:大豆 3月限 1000-3/4 1001 993-1/4 994 ↓7-1/2
CBOT:大豆 5月限 1012 1012 1004-1/2 1005-1/4 ↓7
CBOT:大豆 11月限 1004 1004 997-3/4 999-1/4 ↓5-1/2
CBOT:大豆ミール 1月限 331.8 331.8 327.0 327.7 ↓4.0
CBOT:大豆油 1月限 33.54 33.70 33.34 33.46 ↓0.16

シカゴ大豆は続落。アルゼンチンの降雨予報が作柄不安がやや緩和し、売りが膨らんだ。1月限は夜間取引で売りが優勢となってまず980セント台半ばに下がり、いったんもみ合ってから、前半まで下落した。通常取引に入り一時買いも入って下げ幅縮小。しかし、売りの流れが切れず、その後本日のレンジも切り下げる下落に進んだ。引け近くでは、981-1/2セントと11月17日以来の安値を付けた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:小麦は供給の潤沢さが改めて材料視される中、軟調に推移

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 12月限 386-1/2 387-3/4 386-1/2 387-3/4 ↓4-1/4
CBOT:小麦 3月限 418 418-3/4 410-3/4 413-1/2 ↓5-1/2
CBOT:小麦 5月限 431-3/4 432 424-1/2 427-1/4 ↓5
KCBT:硬質赤色小麦 3月限 417-1/2 418-1/4 410-1/2 412-3/4 ↓5-1/4
MGE:硬質春小麦 3月限 611-1/2 613-3/4 606-3/4 608-3/4 ↓2-1/2

シカゴ小麦は続落。潤沢な世界供給が再び売り圧力を強めた。3月限は夜間取引から売りの展開で、前週末に付けた一代安値を早々に下回ってさらに下落が進んだ。410セント台前半に下落して一時下げ渋ったが、通常取引に入って改めて弱含み。410-3/4セントと安値を更新して売りが一服した。取引終盤には410セント台半ばに下げ幅を縮めた。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 12月限 340 340 336 336-1/2 ↓3-1/2
CBOT:コーン 3月限 352 352-1/4 348-1/4 349 ↓3-3/4
CBOT:コーン 5月限 360-1/4 360-1/2 356-3/4 357-1/4 ↓3-3/4
CBOT:コーン 7月限 369 369 365 365-3/4 ↓3-1/2

シカゴコーンは反落。USDA需給報告の発表を12日に控えてポジション調整の売りが優勢となり、大豆の下げもマイナスに作用した。3月限は夜間取引から売りに押されて下落。350セント割れに迫ったところでいったん売りのペースが鈍ったが、通常取引の開始に続いて一気に節目を下抜けた。一時もみ合ってから、下げ幅拡大。11月16日に付けた一代安値の348-3/4セントを割り込み、348-1/4セントと安値を更新した。取引終盤はやや下げ渋った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:しばらくレアル安重石も、ブラジルの乾燥には注意必要

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 121.00 121.00 121.00 119.00 ↓1.60
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 122.30 122.80 119.55 120.00 ↓2.60
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 124.45 125.00 121.85 122.20 ↓2.60
LIFEE:ロンドンロブスタ 1月限 1748 1759 1718 1728 ↓22

NYコーヒーは続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中を通じて投機的な売りが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯から、ややマイナス圏に入ったあたりを中心に上値の重い展開。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、上下を繰り返しながらも徐々に下値を切り下げる展開となった。昼過ぎに商いの薄い中でまとまった売りが出ると、120セントの節目を割り込むまで一気に下げ幅を拡大。最後はかろうじて120セントを回復する形で取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:レアル安重石となる中、しばらく軟調な展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 14.05 14.14 13.90 13.95 ↓0.10
ICE-US:NY粗糖 5月限 14.00 14.06 13.84 13.87 ↓0.10
ICE-US:NY粗糖 7月限 14.04 14.13 13.92 13.95 ↓0.08
LIFEE:ロンドン白糖 3月限 367.00 368.80 365.00 365.50 ↓1.30

NY砂糖は続落。対ドルでのブラジルレアルの下落が投機的な売りを呼び込む格好となり、日中を通じて上値の重い展開が続いた。3月限は夜間の取引開始後しばらくはポジション整理の買い戻しが優勢となったが、その後売りに押されマイナス転落、朝方には14セントの節目も割り込んだ。NYに入ると再び買いが集まったものの、プラス圏を回復したあたりで早々に息切れ。中盤以降は売り圧力が強まり、日中安値を更新する形で取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2017年12月8日(金)

大豆:不安定な上下繰り返しながらも、9ドル半ばまで値を下げる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 1月限 991-3/4 996-1/2 986 989-3/4 ↓2-1/4
CBOT:大豆 3月限 1004 1008-3/4 997-3/4 1001-1/2 ↓2-3/4
CBOT:大豆 5月限 1014 1019-1/4 1008-1/2 1012-1/4 ↓2-1/2
CBOT:大豆 11月限 1004-3/4 1009 1000 1004-3/4 ↓0-1/2
CBOT:大豆ミール 1月限 335.6 337.9 330.3 331.7 ↓3.5
CBOT:大豆油 1月限 33.26 33.67 33.05 33.62 ↑0.29

シカゴ大豆は続落。目先のアルゼンチンの降雨予報を背景に売り圧力が強まった。1月限は夜間取引でまず前日の終値を挟んでもみ合ってから買いが優勢となり、上昇が進んだ。早朝に990セント台後半まで上がったが、通常取引が始まると売りにシフト、一気にマイナス圏に下がった。990セントを割り込み、986-0セントと1日以来の安値を更新した。その後は下げ渋って、990セント台に戻す場面もあったが、最後は節目を若干下回って引けた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:小麦は供給の潤沢さが再確認される中、軟調な展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 12月限 395-1/2 395-1/2 391-1/2 392 ↓2-1/4
CBOT:小麦 3月限 421 424-3/4 417-3/4 419 ↓2-1/2
CBOT:小麦 5月限 434-3/4 437-1/2 431 432-1/4 ↓2-3/4
KCBT:硬質赤色小麦 3月限 420-1/4 423-3/4 417 418 ↓2-3/4
MGE:硬質春小麦 3月限 610-3/4 616 608 611-1/4 ↑0-1/4

シカゴ小麦は続落。今週発表されたカナダ生産推定の上方修正など背景に世界供給に引き続き着目して売りの展開になった。3月限は夜間取引で買いが先行、小高くなった。しかし、420セント台半ばに上昇が進むと買いが一服して値を消した。早朝に改めて買いが進んでも、やはり上値が重く、通常取引で下落に転じた。420セントを下抜け、さらに前日に付けた一代安値も割り込んだ。417-3/4セントと安値を更新して一服となった。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 12月限 338-1/2 341-1/4 338-1/2 340 ↑1-1/4
CBOT:コーン 3月限 351-1/2 354 351-1/4 352-3/4 ↑1-1/4
CBOT:コーン 5月限 360 362-1/4 359-3/4 361 ↑1
CBOT:コーン 7月限 368-1/4 370-1/2 368 369-1/4 ↑0-3/4

シカゴコーンは反発。週末を控え、ポジション調整の買いがやや優勢となった。3月限は夜間取引で買いが集まり上昇。ただ、大きく買い進む手掛かりに乏しく、上値も重かった。通常取引に入って買いに弾みが付き、前日の高値を超えながら、354-0セントまで上昇して買い一服。取引終盤に前日比横ばいまで戻す場面があり、引けにかけて小じっかりとした。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:しばらくレアル安が売り呼び込むが、中長期的には買い

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 120.60 120.60 120.60 120.60 ↓0.25
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 122.90 123.90 121.90 122.60 ↓0.30
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 125.25 126.20 124.15 124.80 ↓0.35
LIFEE:ロンドンロブスタ 1月限 1735 1754 1726 1750 ↑20

NYコーヒーは前日からほぼ変わらず。対ドルでのブラジルレアル安の進行を嫌気する形で投機的な売りに押される展開となったが、最後はポジション整理の買い戻しが集まり下げ幅を縮小した。3月限は夜間の時間帯は買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。NYに入ると一転して売りに押される格好となり、中盤には122セントを割り込むまでに下げ幅を拡大。売り一巡後はプラス圏まで買い戻しが集まったものの、流れを強気に変えるだけの勢いもなく、最後はややマイナス圏に入ったあたりで取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:レアル安の進行続くなら、売り圧力も衰えない

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 14.35 14.39 13.97 14.05 ↓0.26
ICE-US:NY粗糖 5月限 14.28 14.30 13.91 13.97 ↓0.27
ICE-US:NY粗糖 7月限 14.31 14.32 13.98 14.03 ↓0.24
LIFEE:ロンドン白糖 3月限 372.00 373.20 365.10 366.80 ↓4.40

NY砂糖は続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。3月限は夜間の取引開始時に買いが先行する場面も見られたものの、その後売りに押し戻され早朝にはマイナス転落。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、引け間際には一時14セントの節目を割り込むまでに下げ幅を拡大した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ