ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 農産物



12月

2022


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2022年12月8日(木)

大豆:中国の需要や南米の生育状況睨み、不安定な上下続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 1月限 1471 1492-1/4 1468 1486-1/4 ↑14-1/4
CBOT:大豆 3月限 1476-1/4 1496-1/4 1473 1490-1/4 ↑13
CBOT:大豆 5月限 1482-3/4 1501-3/4 1480-1/4 1495-3/4 ↑11-1/2
CBOT:大豆 7月限 1487-1/2 1505-1/4 1485-1/4 1498-3/4 ↑9-3/4
CBOT:大豆ミール 1月限 459.0 468.6 455.9 466.4 ↑7.4
CBOT:大豆油 1月限 61.45 62.22 60.80 61.31 ↑0.35

シカゴ大豆は続伸。週間輸出成約高が予想を上回ったのに加え、USDAに中国向けと仕向け先不明で輸出成約報告があったとも伝わり、買いが優勢となった。夜間取引で買いが集まり、1月限はじりじりと上昇した。1480セントを超えていったん値を消した。通常取引に改めて強含み、1480セント台に乗せてピッチが加速。1492-1/4セントと9月21日以来の高値を付けて一服となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:コーンはまだしばらく軟調に推移も、需給の強さが下支え

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 12月限 721 726-3/4 721 724-1/4 ↓2-3/4
CBOT:小麦 3月限 749-1/2 755-1/2 737-1/2 746-1/4 ↓3-1/4
CBOT:小麦 5月限 759-1/2 765-1/4 747-1/2 756-1/4 ↓3-1/2
KCBT:硬質赤色小麦 3月限 849-1/2 852 831-1/4 844-3/4 ↓4
MGE:硬質春小麦 3月限 902-1/2 911-1/2 894 909-1/2 ↑7-1/2

シカゴ小麦は反落。週間輸出成約高が予想レンジの下限にとどまったのが重石となった。夜間取引で売り買いが交錯し、3月限はまず下落となってから反発。通常取引に入ると再び売りに押されて下げに戻った。前日の安値近くまで弱含んでから前日の終値水準に持ち直しながら、最後はやや下落で引けた。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 12月限 628 632-1/2 626 632 ↑4-1/4
CBOT:コーン 3月限 643-1/2 645-1/4 638-1/4 642-1/2 ↑1-1/4
CBOT:コーン 5月限 645-1/2 646-3/4 640 644-1/4 ↑1-1/2
CBOT:コーン 7月限 641-1/2 643-1/2 637-1/4 640-3/4 ↑1
CBOT:コーン 9月限 608 609 604-3/4 606-3/4 ↓0-1/2

シカゴコーンは小幅高。ブラジルCONABの同国生産見通し下方修正が下支えとなったが、明日にUSDA需給報告の発表を控えていることもあり、上値は重かった。夜間取引で買いの展開となり、3月限は小じっかりと推移。通常取引に入って640セント台半ばに上がって早々にブレーキがかかった。前日終値を割り込んで630セント台後半まで下落すると買いが進みプラス圏に回復しながら、上昇は限られた。期先限月には下落もあった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:しばらくは売り買いに振り回されるも、中長期的には強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 158.50 158.50 157.00 156.90 ↓0.80
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 160.55 161.90 157.55 158.70 ↓1.50
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 161.50 162.50 158.20 159.40 ↓1.50
ICE-EU:ロンドンロブスタ 3月限 1868 1886 1862 1876 ↑8

NYコーヒーは続落。需給面で新たな材料が見当たらない中、前日の流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯は買いが先行、161セント台後半までレンジを切り上げての推移となった。朝方からは一転して売りに押し戻され、中盤に157セント台まで急反落。その後再び騰勢を強めたものの、プラス圏を回復することなく取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:投機的な売り買いに振り回されながらも、中長期的には強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 19.57 19.85 19.52 19.68 ↑0.20
ICE-US:NY粗糖 5月限 18.45 18.66 18.38 18.51 ↑0.16
ICE-US:NY粗糖 7月限 17.77 17.94 17.73 17.83 ↑0.12
ICE-EU:ロンドン白糖 3月限 540.00 544.50 538.80 540.60 ↑3.50

NY砂糖は続伸。ブラジルで悪天候によって砂糖きびの収穫が進まず、圧搾を終了する製糖所が出てきたことを受け、供給不安が改めて高まる中で買いが集まった。3月限は夜間の時間帯から買いが先行、19.70セント近辺まで値を切り上げての推移となった。NYに入ると一段と買い意欲が強まり、19.80セント台まで上げ幅を拡大。その後一旦売りに押し戻されたものの、プラス圏をしっかりと維持して下げ止まり。中盤以降は19.70セント台前半を中心としたレンジ内での推移が続いた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2022年12月7日(水)

大豆:他市場の動きや中国の需要動向睨み、不安定な展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 1月限 1456 1478 1455-3/4 1472 ↑17
CBOT:大豆 3月限 1462 1482-3/4 1461-3/4 1477-1/4 ↑15-3/4
CBOT:大豆 5月限 1469 1489-1/2 1469 1484-1/4 ↑15-1/4
CBOT:大豆 7月限 1473-1/4 1493-3/4 1473-1/4 1489 ↑15-1/2
CBOT:大豆ミール 1月限 448.6 463.2 447.6 459.0 ↑10.4
CBOT:大豆油 1月限 61.81 62.91 60.73 60.96 ↓0.66

シカゴ大豆は続伸。中国の新型コロナウィルス規制緩和や大豆ミール上昇を手掛かりに買いが進んだ。夜間取引で買いが先行し、1月限はじりじりと上昇。通常取引に入って1470セントちょうどでいったん買い一服となり伸び悩んだが、取引終盤に改めて強含み、1470セント台後半まで上がった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:小麦はしばらくドルやウクライナ情勢睨み、売り買い交錯

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 12月限 727-1/4 728-3/4 727 727 ↑21-1/2
CBOT:小麦 3月限 732-1/4 756-1/4 726-1/4 749-1/2 ↑20-1/2
CBOT:小麦 5月限 742-1/2 766-1/4 737-1/2 759-3/4 ↑20
KCBT:硬質赤色小麦 3月限 832 853-1/2 828-3/4 848-3/4 ↑18-3/4
MGE:硬質春小麦 3月限 896 913 894 902 ↑6

シカゴ小麦は反発。12月に入って下落が続き、値ごろ感から買いが優勢となった。3月限は夜間取引でまず小動きとなってから、じわじわと買いが進み上昇にシフト。通常取引で買いのピッチが速まって750セント台に値を伸ばした。取引終盤はやや買いもスローダウンし、上値が重くなった。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 12月限 626-1/2 632-1/2 624 627-3/4 ↑2-1/4
CBOT:コーン 3月限 637-1/2 645-3/4 635 641-1/4 ↑4
CBOT:コーン 5月限 638-3/4 647 636-3/4 642-3/4 ↑3-3/4
CBOT:コーン 7月限 635-3/4 643-1/2 634 639-3/4 ↑3-3/4
CBOT:コーン 9月限 603 609 602-1/4 607-1/4 ↑3-1/4

シカゴコーンは反発。大豆や小麦の上昇を追って買いが入った。3月限は夜間取引でまずもみ合いとなってから、売りに押されて下落。しかし、635-0セントと8月22日以来の安値を更新してブレーキがかかった。朝方にかけて前日終値を挟んで上下に振れ、通常取引に入ると急速に買いが進んで640セント台半ばまで上がった。その後伸び悩んでも、下値ではすぐに買いが集まった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:まだしばらく不安定な上下続くが、流れは徐々に強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 157.70 157.70 157.70 157.70 ↓3.35
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 163.85 164.85 159.05 160.20 ↓3.30
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 164.70 165.20 159.75 160.90 ↓3.20
ICE-EU:ロンドンロブスタ 3月限 1876 1887 1863 1868 ↓9

NYコーヒーは反落。新たな材料に欠ける中、投機的な売りに押されて軟調な展開となった。3月限は夜間の時間帯は買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方からは一転して売りが台頭。ブラジルレアルの上昇も下支えとはならない中、昼前には159セント台まで一気に値を切り下げた。その後は売り一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い状態が続いた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:原油やレアルの値動き睨み、投機的な売り買いが交錯

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 19.45 19.54 19.27 19.48 ↑0.09
ICE-US:NY粗糖 5月限 18.30 18.41 18.16 18.35 ↑0.07
ICE-US:NY粗糖 7月限 17.71 17.76 17.53 17.71 ↑0.05
ICE-EU:ロンドン白糖 3月限 535.50 538.00 533.00 537.10 ↑2.20

NY砂糖は反発。日中を通じて方向感なく上下に振れる展開が続いたが、最後は投機的な買い戻しがしっかりと相場を押し上げた。3月限は夜間の時間帯は売りが優勢、早々に19.30セントまで値を切り下げ。その後は一転して買い意欲が強まり、早朝にはプラス圏を回復、NYに入ってもしばらくは19.40セント台でのもみ合いが続いた。中盤にかけては再び売りが優勢、原油の下落も重石となる中で昼前には19.20セント台まで下げ幅を拡大したものの、最後にまとまった買いが入ると一気にプラス転換した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ