ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 農産物



11月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2018年11月16日(金)

大豆:米中の貿易戦争解決への期待支えに、流れは強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 1月限 889-3/4 894-3/4 881-3/4 892-1/4 ↑3-1/2
CBOT:大豆 3月限 902-3/4 908-1/4 895-1/4 905-3/4 ↑3-1/2
CBOT:大豆 5月限 916 921 908-1/2 918-3/4 ↑3-1/4
CBOT:大豆 7月限 928-1/2 933-1/4 921 930-1/2 ↑2-1/2
CBOT:大豆ミール 1月限 309.0 314.8 308.0 313.0 ↑5.4
CBOT:大豆油 1月限 27.95 28.05 27.50 27.57 ↓0.32

シカゴ大豆は続伸。トランプ米大統領が、中国は貿易合意を望んでいるなどと述べ、問題解決への期待から買いが進んだ。1月限は夜間取引でまず買いが集まり、一巡して売りの展開。朝方にかけて小安く推移し、通常取引開始時にいったんプラス圏に持ち直しても、すぐに売りに押されて再び下落となった。前日の安値を下回り、881-3/4セントまで下げて一服。しばらくもみ合いの後、取引終盤にトランプ大統領の発言が伝わるとピッチの速い買いによって一気に持ち直し、そのまま小じっかりとした値動きで引けた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:コーンは需給の弱さが改めて重石となる中、軟調に推移

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 12月限 505-1/4 508-3/4 502-3/4 506-3/4 ↑1-1/4
CBOT:小麦 3月限 513-3/4 516-3/4 511-3/4 515-1/4 ↑0-1/2
CBOT:小麦 5月限 522-1/2 524-3/4 520-1/4 522-1/4 ↓0-3/4
KCBT:硬質赤色小麦 12月限 479 484-1/2 479 482-3/4 ↑2-3/4
MGE:硬質春小麦 12月限 574-3/4 576-1/2 570-1/2 571-1/4 ↓3-1/2

シカゴ小麦は小幅続伸。引き続きテクニカルな買いが中心の展開となった。ただ、新規材料に欠けるため積極的な買いは見送りで、狭いレンジでの値動きでもあった。12月限は夜間取引で買いが優勢となり、小じっかりと推移した。一時、売りが台頭しマイナス転落。前日の安値を下回るまで下落したが、通常取引に入ってピッチの速い買いによって持ち直した。その後はプラス圏で上下してから小高く引けた。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 12月限 367-1/4 368-3/4 363-1/4 364-3/4 ↓2-3/4
CBOT:コーン 3月限 378 379-3/4 374 375-3/4 ↓2-1/2
CBOT:コーン 5月限 385-1/2 386-3/4 381-1/2 383-1/2 ↓2-1/4
CBOT:コーン 7月限 392-1/4 393-1/4 388-1/2 390 ↓2-1/2

シカゴコーンは下落。目新しい材料が見当たらず、週末を控えポジション調整の売りに押された。12月限は夜間取引で買いの場面があったが、長くは続かず、小高く推移してから下げに転じた。朝方にかけて前日終値をやや下回ったところで推移し、通常取引に下げ足が加速。363-1/4セントと1日以来の安値を付けて売りにブレーキがかかり、その後は360セント台半ばに下げ渋った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:ブラジルの生産減少観測手掛かりに、中長期的に強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 110.30 112.80 109.85 112.60 ↑2.55
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 113.85 116.60 113.65 116.30 ↑2.50
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 116.65 119.40 116.45 119.10 ↑2.50
LIFEE:ロンドンロブスタ 3月限 1672 1676 1658 1658 ↓20

NYコーヒーは反発。対ドルでのブラジルレアルの上昇が下支えとなる中、週末を前にしたポジション整理の買い戻しが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯は前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開、早朝からは徐々に買いが優勢となり、NYに入ると115セント台まで上げ幅を拡大した。その後は買いも一服、中盤にかけて売りに押し戻される格好となったものの、プラス圏はしっかりと維持。最後は改めて買い意欲が強まり、115セント台に戻して取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:しばらくレアルの値動きに振り回されるも、その後強気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 12.65 12.78 12.61 12.69 ↑0.04
ICE-US:NY粗糖 5月限 12.78 12.91 12.75 12.84 ↑0.04
ICE-US:NY粗糖 7月限 12.91 13.01 12.85 12.95 ↑0.04
LIFEE:ロンドン白糖 3月限 342.40 344.50 341.00 341.10 ↓2.10

NY砂糖は小幅高。対ドルでのブラジルレアル高の進行が下支えとなる中、週末を前にしたポジション整理の買い戻しが相場を主導する展開となったものの、上昇局面では売り圧力も強く、上げ幅は限定的なものにとどまった。3月限は夜間の時間帯から買いが優勢、朝方には12.70セント台まで値を切り上げての推移となった。NYに入ると一旦は売りに押されマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、早々に値を回復。中盤には12.78セントの高値まで値を伸ばした。その後は売りに押し戻される格好となったものの、最後までプラス圏は維持したまま取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2018年11月15日(木)

大豆:米中通商問題解決への期待高まるなら、買い戻し集まる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 1月限 884-1/4 897-1/2 883-3/4 888-3/4 ↑5-1/4
CBOT:大豆 3月限 896-3/4 910-3/4 896-3/4 902-1/4 ↑5-1/2
CBOT:大豆 5月限 910 923-1/2 910 915-1/2 ↑5-1/4
CBOT:大豆 7月限 923-1/2 937 923-1/2 928 ↑4-3/4
CBOT:大豆ミール 1月限 307.6 311.1 305.9 307.6 →0.0
CBOT:大豆油 1月限 27.80 27.98 27.80 27.89 ↑0.11

シカゴ大豆は続伸。通商問題を巡る米中の歩み寄りへの期待から買いの展開となった。1月限は夜間取引で買いが先行し、しっかりと値を伸ばしていった。890セント台に上がり、一時、897-1/2セントと2日以来の高値を更新。ただ、情勢を見守りたいとする向きもあり、この水準で買いのペースも鈍り始め、890セント台前半に伸び悩んだ。通常取引でも上値の重い展開を続け、取引終盤には880セント台半ばまで伸び悩んだ。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:小麦は潤沢な供給やドル高嫌気し、改めて売り膨らむ

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 12月限 503 509 503 505-1/2 ↑2-1/2
CBOT:小麦 3月限 512 517-1/4 512 514-3/4 ↑2-3/4
CBOT:小麦 5月限 520-3/4 526 520-3/4 523 ↑2
KCBT:硬質赤色小麦 12月限 480-3/4 485-1/4 478-3/4 480 ↓1
MGE:硬質春小麦 12月限 576 579-3/4 574-1/2 574-3/4 ↓1-1/4

シカゴ小麦は反発。テクニカルな買いが値を押し上げる格好となった。12月限は夜間取引で買いが進み、500セント台後半に上昇。通常取引に入って伸び悩んだが、買いの流れが切れるには至らず、最後まで限定的な値幅ながら小じっかりの展開だった。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 12月限 366-3/4 371-3/4 366-1/2 367-1/2 ↑0-1/2
CBOT:コーン 3月限 377-3/4 383 377-3/4 378-1/4 ↑0-1/4
CBOT:コーン 5月限 385-3/4 390-1/2 385 385-3/4 →0
CBOT:コーン 7月限 392-1/4 397 392 392-1/2 ↑0-1/4

シカゴコーンはほぼ変わらず。大豆の上昇を追って買いが入ったものの、独自の新規材料に欠け長続きしなかった。夜間取引で買いが集まり、12月限は強含んだ。通常取引では370セント台に上昇。371-3/4セントと3日ぶりの高値を付けたところで、買いにブレーキがかかり、その後は値を消していった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:ブラジルの新年度産の生育状況次第では、改めて買い

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 112.65 113.70 109.40 110.05 ↓2.60
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 116.20 117.15 112.80 113.80 ↓2.40
ICE-US:NYアラビカコーヒー 5月限 119.05 119.90 115.60 116.60 ↓2.45
LIFEE:ロンドンロブスタ 3月限 1678 1683 1667 1678 ↑3

NYコーヒーは反落。ブラジルが休日で材料に欠ける中、前日の上昇の反動もあってテクニカルな売りに押される展開となった。3月限は夜間の時間帯はややマイナス圏に入ったあたりでもみ合う展開、NYに入ると買いが集まりプラス圏を回復する場面も見られたが、早々に息切れ。その後は一転して売り圧力が強まり、中盤には113セントを割り込むまで値を下げた。その後は売りも一服となったものの、押し目で買いを仕掛ける向きもなく、安値近辺での推移が続いた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:ブラジルやインドの生産引き下げなら、一段高の展開に

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 3月限 12.74 12.88 12.58 12.65 →0.00
ICE-US:NY粗糖 5月限 12.90 13.02 12.74 12.80 →0.00
ICE-US:NY粗糖 7月限 13.02 13.12 12.87 12.91 ↓0.01
LIFEE:ロンドン白糖 3月限 346.10 347.30 342.30 343.20 ↓2.30

NY砂糖は前日から変わらず。朝方にはポジション整理の買い戻しが先行する場面も見られたものの、その後はジリジリと売りに押し戻された。3月限は夜間の取引開始時には12.70セント台まで値を切り上げる展開となったものの、その後売りが優勢となりマイナス転落。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、12.80セント台まで上げ幅を拡大した。中盤以降は買いも一服、ブラジルが祝日で新たな材料に欠ける中、引けにかけては一転して売りに押される展開となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ