ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 農産物



8月

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2017年8月23日(水)

大豆:見通しは依然弱気、収穫近づくにつれて9ドル割り込む

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 9月限 940-1/4 943-1/4 929 935 ↑1-1/4
CBOT:大豆 11月限 945 947 932-3/4 938 ↑0-1/2
CBOT:大豆 1月限 952-1/4 955-1/2 941-1/2 946-3/4 ↑1
CBOT:大豆 3月限 961-1/4 963-3/4 950-1/4 955-1/2 ↑1-1/2
CBOT:大豆ミール 12月限 297.8 299.5 295.1 296.5 ↓2.2
CBOT:大豆油 12月限 35.25 35.37 34.70 35.06 ↑0.64

シカゴ大豆は小幅高。米政府によるアルゼンチンとインドネシア産のバイオディーゼルに対する相殺関税設定は買い材料となったが、USDAが中国向けの大豆輸出解約の報告を受けたことが上値を重くした。11月限は夜間取引に買いが先行し、940セント台に上昇した。一時、947-0セントと10日以来の高値を付けるなど940セント台後半まで上がる場面が何度かあったが、通常取引に入ると急速に売りが進み、一気にマイナス圏に下がった。930セント台前半まで下落して一服。取引終盤に持ち直し、もみ合ってから前日終値をやや上回って引けた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:コーンは最終的に3ドル台前半まで値を下げる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 9月限 402-1/2 408-1/2 401-1/4 403-1/4 ↑1
CBOT:小麦 12月限 429 434-1/2 428 430 ↑1
CBOT:小麦 3月限 453 457-3/4 451-1/2 453 ↑0-1/4
KCBT:硬質赤色小麦 9月限 397-3/4 404-1/4 396-1/4 397-3/4 ↓1-1/4
MGE:硬質春小麦 9月限 640 645-1/2 638-1/2 639-1/4 ↓1-3/4

シカゴ小麦は小反発。週初から売りが続いた反動でやや買いが優勢となった。ただ、世界の供給が潤沢なことが依然として上値を重くし、日中は上下に振れる値動きでもあった。9月限は夜間取引で買いが集まり、小高く推移してから、通常取引開始時には売りに押された。前日終値を割り込み401-1/4セントと一代安値を更新したところですかさず買いが集まったが、400セント台後半に上昇してから、取引終盤に伸び悩んだ。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 9月限 346-1/4 348-3/4 341-1/2 342 ↓4
CBOT:コーン 12月限 360-1/4 362-3/4 355-1/2 355-3/4 ↓4-1/4
CBOT:コーン 3月限 372-3/4 375 368 368-1/4 ↓4-1/4
CBOT:コーン 5月限 379-1/4 381-1/2 374-3/4 374-3/4 ↓4

シカゴコーンは続落。米中西部の降雨が売り圧力を強め、クロップツアーからの報告がまちまちの内容なことも重石となった。9月限は夜間取引でやや買いが先行する中で小高く推移し、朝方には買いのピッチが加速。しかし、通常取引に入って一気に値を消す展開となり、前日終値も下回って下落が進んだ。引け近くで341-1/2セントと一代安値を更新した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:まだしばらくは不安定な上下を繰り返す展開続く

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 9月限 126.80 127.50 126.10 126.25 ↑ 0.40
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 129.05 130.35 128.45 128.70 ↓ 0.40
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 132.70 133.90 132.05 132.30 ↓ 0.40
LIFEE:ロンドンロブスタ 11月限 2135 2139 2099 2100 ↓ 35

NYコーヒーは小幅続落。対ドルでのブラジルレアルの上昇を支えに、中盤まではポジション整理の買い戻しが優勢となったが、最後はこれまでの流れを継いだテクニカルな売りに押し戻された。12月限は夜間の時間帯は買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移が続いた。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、130セント台まで値を伸ばしたものの、反発局面では売り圧力も強く、早々に息切れ。中盤以降は徐々に売りに押される格好となり、最後は小幅ながらもマイナス圏で取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:買い戻し入りやすい状況ながら、弱気の流れは継続

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 10月限 13.54 13.78 13.38 13.67 ↑ 0.16
ICE-US:NY粗糖 3月限 14.26 14.47 14.11 14.39 ↑ 0.13
ICE-US:NY粗糖 5月限 14.53 14.70 14.37 14.63 ↑ 0.12
LIFEE:ロンドン白糖 10月限 375.00 377.60 369.00 374.60 ↑ 1.20

NY砂糖は反発。需給面で新たな材料に欠ける中、日中を通じて上下に方向感なく振れる不安定な展開となったが、最後は買いが優勢で取引を終了した。10月限は夜間の時間帯は買いが先行、早々に13.78セントの高値まで値を伸ばした。その後はジリジリと売りに押し戻される展開、NYに入ると一旦値を戻す場面が見られたものの、直後にはまとまった売りが出てマイナス転落、13.40セントを割り込むあたりまで値を下げた。中盤以降は一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。そのまま取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2017年8月22日(火)

大豆:流れは改めて弱気、生産の落ち込みは限定的なものにとどまる

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:大豆 9月限 931-1/4 938-1/2 927-3/4 933-3/4 ↑1-1/4
CBOT:大豆 11月限 935 942-3/4 931-1/4 937-1/2 ↑1-1/4
CBOT:大豆 1月限 943-3/4 951-1/4 939-1/2 945-3/4 ↑1-1/4
CBOT:大豆 3月限 952-1/4 959-3/4 948-1/4 954 ↑1
CBOT:大豆ミール 12月限 298.6 301.3 297.7 298.7 ↓0.3
CBOT:大豆油 12月限 34.15 34.55 34.06 34.42 ↑0.25

シカゴ大豆は反発。テクニカルな買いが集まり、やや値を押し上げる格好となった。ただ、クロップツアーが行われている中で、現地からの報告をにらんで様子見の向きもあり、積極的な買いは見送られた。11月限は夜間取引でまず売りに押されたが、前日の安値近くに下落して売りも一服。急ピッチの上昇で940セントを超え、942-3/4セントと11日以来の高値を付けた。買いのペースも早々にスローダウンし、930セント台後半に伸び悩み。通常取引では限定的な上昇となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

穀物:小麦は世界市場の供給の潤沢さが重石となる中で軟調に推移

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:小麦 9月限 410-3/4 413 402 402-1/4 ↓7-1/4
CBOT:小麦 12月限 438-1/4 440-1/2 428-3/4 429 ↓8
CBOT:小麦 3月限 461-1/2 463-1/4 452-1/2 452-3/4 ↓7-1/2
KCBT:硬質赤色小麦 9月限 408-3/4 411-1/2 398-1/4 399 ↓8-3/4
MGE:硬質春小麦 9月限 652-1/2 661-3/4 640 641 ↓14

シカゴ小麦は続落。ロシアの豊作見通しを背景に売りが進んだ。9月限は夜間取引で買いが優勢となり、410Uセント前半まで上昇したが、早朝には買いも細って伸び悩み。通常取引に入ると急速に前日終値を割り込み、そのまま下げ幅拡大となった。400セント台前半に下げていったん売りが一服したが、引け際に改めて弱含み、402-0セントと一代安値を更新した。

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:コーン 9月限 349 351 346 346 ↓3
CBOT:コーン 12月限 363 365-1/4 360 360 ↓3
CBOT:コーン 3月限 375-1/4 377-1/2 372-1/4 372-1/2 ↓2-3/4
CBOT:コーン 5月限 381-1/2 383-1/2 378-3/4 378-3/4 ↓2-3/4

シカゴコーンは続落。米中西部の目先の降雨予報、アイオワ州とサウスダコタ州のクロップツアー報告がまちまちの内容だったことを背景に売り圧力が強まった。9月限は夜間取引で売り先行の後買いにシフトし、一時、350セント台に上昇もあった。しかし、早朝には買いも一服し、通常取引に入って前日終値を下回ってさらに下落が進んだ。前日に付けた一代安値の346-1/2セントまで下がっていったん売りにブレーキがかかったが、戻りも限られ、取引終盤に改めて弱含み。引け近くでは値下がりが進んで346-0セントと安値を更新した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

コーヒー:決め手材料に欠ける中、しばらく不安定な上下繰り返す

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NYアラビカコーヒー 9月限 126.50 127.00 125.50 125.85 ↓ 0.55
ICE-US:NYアラビカコーヒー 12月限 130.20 130.55 129.05 129.10 ↓ 1.05
ICE-US:NYアラビカコーヒー 3月限 133.75 134.00 132.65 132.70 ↓ 1.00
LIFEE:ロンドンロブスタ 11月限 2117 2139 2117 2135 ↑ 16

NYコーヒーは続落。新たな材料に欠ける中、これまでの流れを継いだテクニカルな売りが相場を主導した。12月限は夜間の時間帯から上値の重い展開、朝方には130セントの節目を割り込んでの推移となった。NYに入ると商いが薄い中でまとまった売りが出て、129セント台前半まで下げ幅を拡大。その後一旦は130セントまで値を回復したものの、最後は再び売りに押され日中安値をやや更新する形で取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

砂糖:需給見通しの弱さが重石となる中、流れは再び弱気

- 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ICE-US:NY粗糖 10月限 13.51 13.55 13.26 13.51 ↓ 0.01
ICE-US:NY粗糖 3月限 14.25 14.30 14.03 14.26 →0.00
ICE-US:NY粗糖 5月限 14.48 14.55 14.29 14.51 →0.00
LIFEE:ロンドン白糖 10月限 371.60 374.60 368.00 373.40 ↑ 1.00

NY砂糖は前日からほぼ変わらず。前日までの上昇の反動もあって日中は売りが優勢の展開となったが、最後はしっかりと買いが集まり下げ幅を縮小した。10月限は夜間の時間帯は売りが先行、NYに入ると早々に13.26セントの日中安値をつけるまでに値を下げた。その後は売りも一服、しばらくは安値近辺で上値の重い状態が続いたが、中盤以降は買い意欲が強まり、最後は前日終値近辺まで値を戻して取引を終了した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ