ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



2月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2018年2月23日(金)

FX:中長期的には米金利上昇支えにドル高も、しばらくは不安定

ドル/円:106.88、ユーロ/ドル:1.2293、ユーロ/円:131.36 (NY17:00)

為替は対ユーロを中心にドル高が進行、FRBが議会に提出した報告書に、利上げペースを速めるようなタカ派的な内容ではなかったことを受けて米長期金利は低下したが、ドルには米株の上昇につれる形で買いが集まった。一方ユーロはECBの金融政策に対する注目度が下がる中、欧州圏の政治リスクなどが懸念材料視される中で売りが優勢となった。ドル/円は東京から買いが優勢、午後には107円台前半まで値を伸ばす場面も見られた。その後は一転して売りに押される展開となり、ロンドンでは106円台後半まで反落。NYに入ってもの売りの流れは止まらず、中盤には106円台半ばまで値を下げた。午後からは株が騰勢を強めるのにつれて買いが入るようになり、106円台後半まで値を回復した。

ユーロ/ドルは東京から売りが先行、1.22ドル台後半まで値を下げての推移となった。ロンドンでは一旦1.23ドル台まで買い戻されたものの、それ以上の動きは見られず。NYに入ってからは1.23ドルをやや割り込んだあたりを中心としたレンジ内で、方向感なく上下を繰り返す展開が続いた。ユーロ/円は東京では131円台半ばから後半のレンジ内で、やや上値の重い展開。ロンドンに入ると徐々に売り圧力が強まり、NY朝には131円台前半まで値を下げた。中盤にはまとまった売りが出て131円を割り込む場面も見られたが、午後遅くには株価の上昇につれて買いが集まり、131円台前半まで値を回復した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続落、引き続き売られ過ぎの感強く持ち高調整の買い優勢

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 143-2/32 144-8/32 142-24/32 144-2/32 ↑ 30/32
CBOT:10年債先物 3月限 120-12/32 120-27/32 120-8/32 120-24/32 ↑ 10/32
CBOT:5年債先物 3月限 114-7/32 114-14/32 114-5/32 114-12/32 ↑ 5/32
債券利回り
30年債 3.213 3.224 3.149 3.157 ↓0.055
10年債 2.930 2.938 2.859 2.870 ↓0.059
5年債 2.667 2.675 2.602 2.623 ↓0.043
2年債 2.262 2.266 2.216 2.246 ↓0.012

債券は続伸。引き続き売られ過ぎの感が強く、週末を控えていることもあり持ち高調整の買いが優勢となった。米連邦準備理事会(FRB)が議会に提出する金融政策報告書を発表したが、内容は前回の米連邦公開市場委員会(FOMC)声明と大きな開きがないと受け止められ、取引へのインパクトは極めて限定的だった。夜間取引では売りに押される場面があったが、一巡して買いにシフト。10年債利回りの低下が進んで、2.9%を割り込んだ。通常取引で一段と下がり、午後には2.85%まで下がった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:このまま直近の高値試す可能性も、金利上昇は引き続き警戒

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 25050.51 25313.91 25028.73 25309.99 ↑347.51
S&P 500種 2715.80 2747.76 2713.74 2747.30 ↑43.34
ナスダック 総合指数 7261.35 7336.18 7232.50 7337.39 ↑127.30
ラッセル2000種 1531.35 1549.19 1531.35 1549.19 ↑19.20
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 3月限 25019.00 25318.00 24996.00 25314.00 ↑301.00
CME:S&P500 3月限 2712.75 2749.50 2710.00 2748.75 ↑37.25
CME:NASDAQ100 3月限 6792.50 6911.50 6782.75 6909.75 ↑121.00

NY株式は全面高の展開。FRBが議会に提出した報告書で、雇用市場は完全雇用に近い状況ながらも賃金の上昇圧力はここまで穏やかだの見方を示すなど、目先利上げのペースを速める根拠となるような内容が特に含まれていなかったことを受けて長期金利が低下する中、投機的な買いが集まった。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、早々に100ポイントを大きく超える上昇となった。中盤にかけてはしばらく上昇も一服となったものの、午後遅くには改めて騰勢を強める展開、最後は300ポイントを超えるまでに上げ幅を拡大して取引を終了した。

セクター別でも、ほぼ全てのセクターで上昇を記録。公益やエネルギー関連、情報通信や半導体、バイオテクノロジーなどの上昇が目立った。ダウ銘柄では、インテル(INTC)が4.21%の上昇、マイクロソフト(MSFT)やシスコ・システムズ(CSCO)、シェブロン(CVX)、キャタピラー(CAT)、エクソン・モービル(XOM)なども2%を大きく超える上昇となった。一方、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)とゼネラル・エレクトリック(GE)の2銘柄は下落した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2018年2月22日(木)

FX:中長期的にドル高も、金利が更に上昇するまでは様子見

ドル/円:106.74、ユーロ/ドル:1.2329、ユーロ/円:131.60 (NY17:00)

為替はドル安が進行。米長期金利の上昇がひとまず一服、FRBが利上げのペースを速めることはないとの見方が強まる中で、ここまでのドル高の反動もなって大きく売りが膨らんだ。ドル/円は東京から売りが先行、107円台前半までレンジを切り下げての推移となった。午後にやや買いが優勢となる場面も見られたが、早々に息切れ。ロンドンに入っても特に大きな動きは見られなかった。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、107円を割り込むまでに下げ幅を拡大。中盤には買い戻しが集まったものの、流れを変えるには至らず。午後からは106円台後半でのもみ合いとなった。

ユーロ/ドルは東京では1.22ドル台後半での小動き、ロンドンに入ると買い意欲が強まり1.23ドルまで値を戻したが、その後は上値が重くなった。NY朝には改めて買い意欲が強まり、1.23ドル台半ばまで一気に上げ幅を拡大。中盤以降は買いも一服となり、1.23ドル台前半から半ばのレンジ内での推移が続いた。ユーロ/円は東京から売りが先行、132円をやや割り込んだあたりまでレンジを切り下げての推移となった。ロンドンでは特に動きは見られず、NY朝には131円台前半まで値を崩す場面も見られたが、押し目ではしっかりと買いが集まり、131円台後半まで値を戻した。午後からは再び売りが優勢、131円台半ばまで値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:反発、売られ過ぎの感から買い優勢

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 142-23/32 143-19/32 142-21/32 143-4/32 ↑ 14/32
CBOT:10年債先物 3月限 120-5/32 120-16/32 120-3/32 120-14/32 ↑ 7/32
CBOT:5年債先物 3月限 114-1/32 114-8/32 114-1/32 114-7/32 ↑ 4/32
債券利回り
30年債 3.217 3.220 3.178 3.207 ↓0.011
10年債 2.948 2.953 2.901 2.923 ↓0.025
5年債 2.692 2.694 2.643 2.659 ↓0.035
2年債 2.274 2.278 2.242 2.258 ↓0.020

債券は反発。売られ過ぎの感から、夜間取引で買いが優勢となり、通常取引でも流れを継続した。10年債利回りは何度か一服しながら、じりじりと低下。朝方に2.90%まで下がった。ただ、さらに買い進む手掛かりも見当たらず、その後ペースも鈍化。午後には7月の入札結果が低調と受け止められたのも重石で、利回りの下げ幅がやや縮小した。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:当面は様子見、長期金利の動向見極める

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 24855.41 25156.72 24854.83 24962.48 ↑164.70
S&P 500種 2710.42 2731.26 2697.77 2703.96 ↑2.63
ナスダック 総合指数 7252.46 7280.93 7194.84 7210.09 ↓8.14
ラッセル2000種 1532.79 1548.29 1529.20 1529.99 ↓1.85
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 3月限 24783.00 25137.00 24576.00 25013.00 ↑231.00
CME:S&P500 3月限 2698.50 2731.00 2682.00 2711.50 ↑12.75
CME:NASDAQ100 3月限 6756.50 6831.50 6694.75 6788.75 ↑28.25

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が反発した一方、ナスダック総合指数は小幅続落となった。米長期金利の上昇が一服したことや、FRBは利上げのペースを速めることはないとの見方が強まったことなどが好感される形で投機的な買いが先行したが、午後からは売りが優勢となった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、昼には一時上げ幅が300ポイントを越えるまでに値を伸ばした。その後は買いも一服、徐々に売り圧力が強まる中で上げ幅を縮小したが、最後までしっかりとプラス圏は維持したまま取引を終了した。

セクター別では、原油の上昇につれてエネルギー関連がしっかりと値を伸ばしたほか、素材や公益、運輸株も上昇。一方銀行株や保険、通信は下げが目立った。ダウ銘柄では、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)が3.34%の上昇となったほか、キャタピラー(CAT)も2.34%の上昇。スリーエム(MMM)やダウデュポン(DWDP)、ホーム・デポ(HD)、エクソン・モービル(XOM)もしっかりと値を伸ばした。一方でシスコ・システムズ(CSCO)やゴールドマン・サックス(GS)、トラベラーズ(TRV)、IBM(IBM)などは値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ