ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



2月

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28    


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2019年2月22日(金)

FX:ドルやユーロへの売り圧力強まる中、消去法的に円高進む

ドル/円:110.63、ユーロ/ドル:1.1334、ユーロ/円:125.39 (NY17:00)

為替は対円を中心にドルが軟調。米長期金利の低下が重石となる中、日中を通じてドルの上値が重い展開となったが、一方で米株の上昇が下支えとなり、大きな動きにつながることはなかった。ドル/円は東京では110円台後半の狭いレンジ内での推移。ロンドンに入ると買いが優勢となり、110.90円まで値を切り上げた。NYに入ると一転して売りに押し戻される格好となり、昼には110円台半ばまで反落。その後は売りも一服となり、110円台半ばから後半のレンジ内でのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.13ドル台前半での小動き。午後には買いが優勢となり、1.13ドル台半ばまで値を伸ばした。ロンドンでは一転して売りに押し戻される格好となったものの、1.13ドル台前半でしっかりと下げ止まり。NYに入ると1.13ドル台前半から半ばのレンジ内で、方向感なくもみ合う展開となった。ユーロ/円は東京から買いが優勢、午後には125円台後半まで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入ると買いも一服、NY早朝からは一転して売りに押し戻される格好となり、125円台前半まで反落。その後一旦は125円台半ばまで買い戻されたものの、中盤以降はジリジリと値を切り下げる展開となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:反発、欧州景気減速懸念から欧州主要国債につれて買い

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 145-22/32 146-25/32 145-21/32 146-13/32 ↑ 20/32
CBOT:10年債先物 3月限 121-27/32 122-9/32 121-27/32 122-5/32 ↑ 8/32
CBOT:5年債先物 3月限 114-15/32 114-24/32 114-14/32 114-21/32 ↑ 6/32
債券利回り
30年債 3.049 3.051 2.997 3.016 ↓0.033
10年債 2.698 2.698 2.634 2.654 ↓0.043
5年債 2.512 2.518 2.450 2.472 ↓0.047
2年債 2.529 2.545 2.470 2.500 ↓0.037

債券は反発。低調なドイツの経済指標を受けて欧州景気の減速懸念から欧州主要国債券が買われ、米国債にもつれて買いが集まった。夜間取引から買いが優勢となり、通常取引でも流れを継続。10年債利回りの低下が進み、午後には前日のレンジ下限を下抜ける場面もあった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:買いの勢い依然強いが、景気減速懸念高まる中で流れは弱気

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 25906.27 26052.90 25906.27 26031.81 ↑181.18
S&P 500種 2780.67 2794.20 2779.11 2792.67 ↑17.79
ナスダック 総合指数 7481.63 7526.78 7479.01 7527.55 ↑67.84
ラッセル2000種 1576.31 1590.10 1576.31 1590.06 ↑14.51
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 3月限 25833.00 26044.00 25805.00 26002.00 ↑169.00
CME:S&P500 3月限 2773.50 2794.50 2770.50 2791.25 ↑17.00
CME:NASDAQ100 3月限 7031.25 7101.25 7019.25 7088.25 ↑53.75

NY株式は反発。米中貿易協議に対する期待が引き続き大きな下支えとなる中、これまでの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導した。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、昼前には上げ幅も200ポイントにまで広がった。その後は買いも一服、午後に入ってやや売りに押される格好となったものの、押し目では買い意欲も強く、高値圏はしっかりと維持。最後まで大きく値を崩すことのないままに取引を終了した。終値ベースでは11月8日以来の2万6,000台を回復した。

セクター別では、バイオテクノロジーやコンピューター関連、通信などが上昇を主導したほか、半導体や薬品、保険もしっかりと値を伸ばした。一方で運輸株、生活必需品、銀行株は軟調な展開となった。ダウ銘柄では、インテル(INTC)が2.10%の上昇となったほか、ファイザー(PFE)、ボーイング(BA)、マイクロソフト(MSFT)、シスコ・システムズ(CSCO)もしっかりと値を伸ばした。一方でコカ・コーラ(KO)は1.26%の下落、ダウデュポン(DWDP)やJPモルガン・チェース(JPM)も値下がりが目立った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2019年2月21日(木)

FX:ユーロやドルへの売り圧力強まる中、消去法的に円高進む

ドル/円:110.68、ユーロ/ドル:1.1333、ユーロ/円:125.44 (NY17:00)

為替は円高ユーロ安が進行。米経済指標の悪化を受けて景気減速に対する懸念が高まる中、投資家のリスク回避の動きが強まった。ドル/円は東京では110円台後半のレンジ内でもみ合う展開。ロンドンに入る徐々に売りが優勢となり、NY朝には110円台半ばまで値を下げた。その後は一転して買い意欲が強まり、110円台後半まで値を回復したものの、昼には息切れ。午後からは株が下落基調を強める中で改めて上値が重くなった。

ユーロ/ドルは東京では1.13ドル台前半から半ばのレンジ内で、方向感なく上下を繰り返す展開。ロンドンに入っても新たな動きは見られず、不安定な値動きが続いた。NY朝には1.13ドル台後半まで買い進まれる場面も見られたが、その後は一転して売りに押し戻される格好となり、1.13ドル台前半まで反落。午後には動意も薄くなった。ユーロ/円は東京では125円台半ばから後半のレンジ内でのもみ合い、ロンドン朝に125.80円まで買い進まれたものの、その後売りに押され125円台前半まで値を下げた。NYに入ると値動きも一服、125円台半ばの狭いレンジ内でのもみ合いが続いた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:反落、米中貿易協議の進展期待から売り膨らむ

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 146-23/32 146-25/32 145-17/32 145-25/32 ↓ 26/32
CBOT:10年債先物 3月限 122-7/32 122-8/32 121-26/32 121-29/32 ↓ 8/32
CBOT:5年債先物 3月限 114-21/32 114-22/32 114-13/32 114-15/32 ↓ 5/32
債券利回り
30年債 2.995 3.054 2.988 3.049 ↑0.052
10年債 2.647 2.698 2.637 2.695 ↑0.045
5年債 2.469 2.519 2.459 2.513 ↑0.041
2年債 2.500 2.539 2.487 2.531 ↑0.023

債券は続落。米中貿易協議の進展期待から売りが膨らんだ。前日発表された米連邦公開市場委員会(FOMC)議事録が年内の利上げのシナリオを意識させる内容だったのも改めてマイナスに作用。夜間取引で小動きだったのから、朝方に売りが優勢となり、通常取引でさらに売りが進んだ。10年債利回りはほとんど一服することなく上昇、午後に2.69%と14日以来の高水準を付けた。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:世界的な景気減速懸念重石となる中、流れは弱気に転じる

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 25922.41 25938.88 25762.21 25850.63 ↓103.81
S&P 500種 2780.24 2781.58 2764.55 2774.88 ↓9.82
ナスダック 総合指数 7475.41 7485.75 7430.89 7459.71 ↓29.36
ラッセル2000種 1581.31 1581.31 1569.42 1575.55 ↓6.11
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 3月限 25964.00 26082.00 25753.00 25833.00 ↓131.00
CME:S&P500 3月限 2787.00 2798.00 2764.25 2774.25 ↓12.75
CME:NASDAQ100 3月限 7070.75 7113.75 7005.00 7034.50 ↓38.75

NY株式は反落。ここまでの上昇の勢いも一服、ポジション調整の売りが相場を主導する展開となった。朝方発表された中古住宅販売やフィラデルフィア連銀指数が弱気の内容となったことも、上値を重くした。ダウ平均は寄り付きから売りが先行、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。昼からは改めて売り圧力が強まる格好となり、下げ幅も100ポイントを大きく超えるまでに拡大。最後は買い戻しが集まったが、反発は限定的なものにとどまった。

セクター別では、公益株や生活必需品が上昇したほか、運輸株も底堅く推移。一方でエネルギーやバイオテクノロジー、金関連は下げがきつくなった。半導体や金融株も値を下げた。ダウ銘柄では、マイクロソフト(MSFT)が2.11%の上昇となったほか、コカ・コーラ(KO)やマクドナルド(MCD)も1%を超える上昇を記録。一方でウォルグリーン(WBA)は1.85%の下落、ダウデュポン(DWDP)やユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)、ユナイテッドヘルス(UNH)、ゴールドマン・サックス(GS)も下げが目立った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ