ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



8月

2018


      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2018年8月16日(木)

FX:市場の不安はまだ解消に向かわず、円高ユーロ安の流れも続く

ドル/円:110.89、ユーロ/ドル:1.1375、ユーロ/円:126.16 (NY17:00)

為替はユーロ高が進行。米中の通商交渉が再開するとの報道を受けて貿易戦争が回避されるとの期待から株価が急伸、投資家のリスク志向が高まる中でユーロに買いが集まった。ドル/円は東京から買いが優勢、110円台後半までレンジを切り上げての推移となった。ロンドンに入っても特に新たな動きは見られず、NYでは朝方一旦110円台半ばまで値を下げたものの、その後米株の上昇につれて買いが加速、昼には111円台まで一気に値を回復した。その後は買いの勢いも一服、110円台後半での小動きとなった。

ユーロ/ドルは東京から買いが先行、午後には1.14ドルを試すまで値を伸ばす場面も見られた。その後は買いも一服となり、ロンドンでは1.13ドル台後半のレンジ内でのもみ合い。NYに入ると1.14ドル台まで買い進まれる格好となったものの、早々に息切れ。中盤以降は売りに押し戻される格好となり、1.13ドル台半ばまで値を下げた。午後遅くには再び値を回復。1.13ドル台後半での推移となった。ユーロ/円は東京から買いが優勢、126円台前半まで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入るとやや上値が重くなり、126円割れを試す水準での推移。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、126円台半ばまで値を伸ばしたが、午後には再び126円を割り込む場面も見られた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:ほぼ横ばい、強弱ニュース消化し方向感定まらない展開

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 9月限 144-18/32 144-23/32 144-5/32 144-17/32 ↓ 7/32
CBOT:10年債先物 9月限 120-11/32 120-13/32 120-4/32 120-9/32 ↓ 6/32
CBOT:5年債先物 9月限 113-21/32 113-22/32 113-17/32 113-19/32 ↓ 4/32
債券利回り
30年債 3.034 3.054 3.022 3.030 ↓0.005
10年債 2.861 2.894 2.852 2.870 ↑0.001
5年債 2.738 2.767 2.725 2.747 ↑0.010
2年債 2.612 2.635 2.598 2.621 ↓0.008

債券はほぼ横ばい。カタールの支援表明でトルコ情勢への警戒が薄れ、また米中の通商協議再開期待もあって売り圧力が強まった一方、朝方発表された住宅着工件数やフィラデルフィア連銀指数が予想を下回ったのは下支えだった。この結果、強弱ニュースを消化しながら方向感の定まらない相場展開に終始した。

夜間取引から売り買い交錯で、10年債利回りはまず2.8%台半ばに低下の後上昇に転じ、2.8%台後半で推移した。通常取引に入って買いが進み、前日の水準を下回る場面もあったが、売りの流れも切れず、改めて上向く展開。昼には2.9%に迫り、午後は再び上昇幅縮小となった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:米中貿易戦争やトルコ危機への懸念後退せず、流れは弱気

S&P 500種 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 25294.97 25607.34 25294.97 25558.73 ↑396.32
S&P 500種 2831.44 2850.49 2831.44 2840.69 ↑22.32
ナスダック 総合指数 7826.95 7849.67 7795.74 7806.52 ↑32.40
ラッセル2000種 1691.60 1691.60 1663.53 1685.75 ↑15.09
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 9月限 25209.00 25608.00 25147.00 25592.00 ↑405.00
CME:S&P500 9月限 2822.25 2851.75 2817.50 2844.75 ↑23.50
CME:NASDAQ100 9月限 7380.00 7434.50 7363.25 7389.00 ↑15.00

NY株式は大幅反発。米中が通商協議を再開するとの報道を受け、貿易戦争が回避されるとの期待が高まる中で投機的な買いが加速、ここ4ヶ月間で最大の上げ幅を記録した。前夕のシスコ・システムズや、朝方発表されたウォルマートの決算が予想より強気の内容だったことも下支えとなった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、昼には上げ幅も400ポイントを超えるまでに拡大した。午後には上昇も一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

セクター別では、通信が大きく値を伸ばしたほか、生活必需品や金融株、バイオテクノロジーや薬品株もしっかりと上昇。一方で金関連は下落、半導体も上値が重かった。ダウ銘柄では、ウォルマート(WMT)が強気の決算を支えに9.33%の急伸、ボーイング(BA)は4.29%、キャタピラー(CAT)は3.21%、シスコ・システムズ(CSCO)は2.96%の大幅上昇となった。一方でインテル(INTC)、ウォルト・ディズニー(DIS)、マイクロソフト(MSFT)の3銘柄は下落した。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2018年8月15日(水)

FX:トルコ危機が世界経済に波及する懸念から、円高ユーロ安進む

ドル/円:110.74、ユーロ/ドル:1.1345、ユーロ/円:125.64 (NY17:00)

為替は円高ユーロ安が進行。トルコ危機に対する懸念が高まり、投資家のリスク回避の動きが強まる中、安全資産としての円を買ってユーロを売る動きが強まった。ドル/円は東京では111円台前半のレンジ内で、方向感なくもみ合う展開。ロンドンに入っても同水準での推移が続いた。NY早朝からは徐々に売り圧力が強まる格好となり、中盤には110円台半ばまで一気に下げ幅を拡大。その後は売りも一服となったものの、大きく買い戻しが集まることもなく、110円台後半での値動きとなった。

ユーロ/ドルは東京では売りが優勢、1.31ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入ると徐々に売り圧力が強まる展開、NYに入っても流れは変わらず、中盤には1.13ドルの節目割れを試すまでに下げ幅を拡大。その後は一転して買い戻しが集まる格好となり、午後には1.13ドル台半ばまで値を回復した。ユーロ/円は東京から売りが優勢、126円の節目近辺まで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入ると改めて下げ足を速める展開、NYに入っても売りの勢いは衰えず、中盤には125円を割り込むまでに値を下げた。売り一巡後は125円台半ばまで値を戻しての推移、午後からは動意も薄くなった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:反発、トルコ情勢の新興国への影響懸念などで買い集まる

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 9月限 143-29/32 145 143-28/32 144-24/32 ↑ 23/32
CBOT:10年債先物 9月限 120-2/32 120-18/32 120-2/32 120-14/32 ↑ 11/32
CBOT:5年債先物 9月限 113-16/32 113-26/32 113-16/32 113-23/32 ↑ 6/32
債券利回り
30年債 3.067 3.069 3.013 3.033 ↓0.036
10年債 2.900 2.904 2.834 2.864 ↓0.043
5年債 2.769 2.775 2.704 2.738 ↓0.036
2年債 2.641 2.647 2.583 2.614 ↓0.027

債券は反発。トルコリラは上昇したものの、新興国への影響懸念が広がっており、先行き不透明感も根強く、また株価や原油先物相場の下落もあって買いが集まった。夜間取引から買いが優勢となり、10年債利回りは2.8%台に低下が進んだ。通常取引で一段と買いに弾みが付き、この結果2.8%台前半までダウン。2.83%と7月20日以来の低水準を付け、午後はやや買いのペースも鈍って下げ幅縮小となった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:市場の不安が更に高まる中、価格調整の流れ続く

S&P 500種 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 25235.37 25235.37 24965.77 25162.41 ↓137.51
S&P 500種 2827.95 2827.95 2802.49 2818.37 ↓21.59
ナスダック 総合指数 7810.02 7832.66 7732.69 7774.12 ↓96.77
ラッセル2000種 1691.60 1691.60 1663.53 1670.67 ↓21.91
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 9月限 25318.00 25318.00 24955.00 25187.00 ↓107.00
CME:S&P500 9月限 2841.75 2843.00 2803.00 2821.25 ↓19.75
CME:NASDAQ100 9月限 7460.50 7464.75 7316.50 7374.00 ↓83.75

NY株式は反落。トルコ危機や世界市場への影響拡大に対する懸念が改めて高まる中、ポジション整理の売りが相場を主導する展開となった。弱気の決算を受けたテンセントの下落がハイテク株の重石となったほか、在庫の大幅積み増しを嫌気した原油価格の急落も弱気に作用した。ダウ平均は寄り付きから大きく売りが先行、下げ幅は早々に300ポイントを超えるまでに広がった。売り一巡後はしばらく買い戻しが優勢の展開、昼からは改めて売りに押される格好となったものの、朝方の安値を更新することなく下げ止まり。引けにかけては買い戻しが集まり、下げ幅を縮小した。

セクター別では、公益株や生活必需品がしっかりと上昇、薬品株も底堅く推移した。一方でエネルギー関連は原油の急落を嫌気し大幅安、バイオテクノロジーも下げがきつくなったほか、半導体やコンピューター関連、金融株も値を下げた。ダウ銘柄では、メルク(MRK)が1.37%の上昇、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)やファイザー(PFE)も1%を超える上昇となった。一方でシェブロン(CVX)は3.79%の下落、ボーイング(BA)とキャタピラー(CAT)も2%を超える下げを記録した。エクソン・モービル(XOM)やダウデュポン(DWDP)も原油安を嫌気した売りに押された。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ