ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



4月

2017


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2017年4月28日(金)

FX:インフレより北朝鮮や政治リスク材料視するなら、再びドル安

ドル/円:111.47、ユーロ/ドル:1.0893、ユーロ/円:121.49 (NY17:00)

為替は円が小幅安。欧州や米国の物価関連指標が予想を上回ったことを受け、金利差の点から円に売りが膨らんだ。ただ、北朝鮮情勢などに対する警戒感から、安全資産としての円に対する需要も強く、下値は限られた。ドル/円は東京では111円台前半のレンジ内で上下を繰り返す展開、ロンドンに入ると徐々に買い意欲が強まり、111円台半ばまで値を回復した。NYでは朝方発表された1-3月期の雇用コスト指数が予想を大きく上回る伸びとなったのを受け、111円台後半まで上げ幅を拡大。しかし一方ではGDPが予想を下回る伸びにとどまったことが重石となり、それ以上の動きは見られず。中盤以降は111円台半ばのレンジ内でのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.08ドル台半ばから後半のレンジ内でのもみ合い、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、1.09ドルに迫るまで値を戻した。その後は欧州圏の4月CPIが予想をやや上回ったことを受けて改めて買い意欲が強まり、1.09ドル台半ばまで上げ幅を拡大。NYに入ると米国でも雇用コスト指数やGDPの物価指標が予想以上の伸びとなったことから売りに押し戻される格好となり、午後からは1.09ドルをやや割り込んだあたりでの推移が続いた。ユーロ/円は東京では120円台後半のレンジ内での小動き、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、121円台を回復、CPI発表後は122円に迫るまでに値を伸ばした。NYに入ると一転して売りが優勢となり、121円台半ばまで値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続伸、経済指標消化して売り一巡の後買いに転じる

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 6月限 152-23/32 153-2/32 151-28/32 152-31/32 ↑ 8/32
CBOT:10年債先物 6月限 125-21/32 125-24/32 125-9/32 125-23/32 ↑ 3/32
CBOT:5年債先物 6月限 118-13/32 118-14/32 118-5/32 118-13/32 ↑ 1/32
債券利回り
30年債 2.967 3.001 2.947 2.959 ↓ 0.007
10年債 2.302 2.340 2.272 2.291 ↓ 0.008
5年債 1.829 1.872 1.803 1.822 ↓ 0.004
2年債 1.266 1.302 1.238 1.278 ↑ 0.012

債券は続伸。朝方発表された経済指標を消化して売り一巡後は月末に伴う機関投資家による保有債券の残存年限延長を狙った買いが入り、相場は軟調なんて階から上昇に転じた。1-3月期実質国内総生産(GDP)は予想以上に低い伸びだったが、個人消費支出(PCE)物価指数の上昇が進み、1-3月期雇用コスト指数も予想以上の上昇だったのが売り圧力を強めた。夜間取引で買い戻しが優勢となりながら、早朝に欧州の主要国債が売られるのにつれて売りが膨らんだ。10年債利回りは2.3%を超える上昇となり、さらに通常取引で物価指標を受けて売りが加速し、2.34%まで上がった。しかし、この水準ですかさず買い戻しが集まり、早々に戻していった。前日の水準でいったんもみ合ってから、午後には低下となり、一時、2.27%まで下がった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:不安定ながらも、ポジション調整の売り膨らみやすい状況続く

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 20987.39 20987.76 20926.75 20940.51 ↓ 40.82
S&P 500種 2393.68 2393.68 2382.36 2384.20 ↓ 4.57
ナスダック 総合指数 6072.87 6074.04 6040.71 6047.61 ↓ 1.33
ラッセル2000種 1417.75 1419.21 1399.75 1400.43 ↓ 16.70
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 6月限 20896.00 20929.00 20859.00 20874.00 ↓ 24.00
CME:S&P500 6月限 2385.20 2388.40 2378.50 2380.50 ↓ 5.60
CME:NASDAQ100 6月限 5584.50 5597.75 5571.75 5580.50 ↓ 10.50

NY株式は反落。米1-3月期GDP速報値が予想を下回る伸びにとどまり、米景気の回復ペースが鈍ってきているとの懸念が重石となる中、月末を前にポジション調整の売りが相場を主導する展開となった。ダウ平均は寄り付きから売りが優勢で推移、中盤にかけてジリジリと値を切り下げる展開となった。午後には売りも一服、それ以上大きく値を崩すこともなかったが、最後まで上値の重いまま取引を終了した。ナスダックは朝方には前夕の好決算を受けたアマゾンの上昇などにつれて買いが先行したものの、中盤以降は前日終値近辺でもみ合う展開、最後はややマイナス圏に入ったところで終了した。

セクター別では、銀行株の値下がりが目立ったほか、運輸株や半導体、小売関連も軟調に推移、公益株も上値が重かった。一方金鉱株は上昇、バイオテクノロジーやヘルスケア、インターネット関連も買いが優勢となった。ダウ銘柄では、シェブロン(CVX)が予想を上回る決算発表を受けて1.2%の上昇、シスコシステムズ(CSCO)やボーイング(BA)もしっかりと値を伸ばした。エクソンモービル(XOM)も好調な決算を支えに買いが優勢となった。一方インテル(INTC)は前夕の決算で利益が予想をやや上回ったにもかかわらず、3.4%の大幅安。ベライゾン(VZ)やアメリカン・エクスプレス(AXP)も1%を超える下落となった。ゴールドマン・サックス(GS)やJPモルガン・チェース(JPM)も下げが目立った。このほか、前夕の決算発表が予想を上回ったアマゾン(AMZN)は0.7%、グーグルの親会社であるアルファベット(GOOG)は3.6%それぞれ上昇、スターバックス((SBUX)は売り上げが予想に届かなかったことが嫌気され、2%値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2017年4月27日(木)

FX:しばらく不安定な値動き続くも、流れはドル安に傾く

ドル/円:111.25、ユーロ/ドル:1.0872、ユーロ/円:120.95 (NY17:00)

為替はドルが小幅高。決め手となる材料に欠ける中、日中を通じて株の値動きを睨んでドルを中心に売り買いが交錯する展開となった。ドル/円は東京からロンドンにかけて、111円台前半の比較的狭いレンジ内でもみ合う展開。NY朝にかけては買いが優勢となり、11円台半ばまで値を伸ばしたものの、中盤には株価の下落につれて売りが膨らみ、111円割れをうかがう水準まで値を下げた。午後からは再び動意が薄くなり、111円台前半での推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京からロンドンにかけて、1.09ドル台前半で方向感なく上下に振れる展開、ECB理事会の声明発表を前に、様子見気分の強い状況が続いた。NY早朝には1.09ドルをやや割り込むまでに下落、ECB理事会後のドラギ総裁の会見が始まると買いが集まる場面も見られたが、早々に息切れ。現在の金融緩和政策に特に大きな変更が見られなかったことから1.08ドル台半ばまで売りに押される格好となった。その後は下げも一服、午後からは1.08ドル台半ばでのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京では121円台前半から半ばのレンジ内でもみ合う展開、ロンドンでも特に大きな動きは見られなかった、NY朝には121円台後半まで買い進まれる場面も見られたが、すぐに売りに押され120円台後半まで反落。午後からは121円近辺でのもみ合いとなった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続伸、米政府一部閉鎖の可能性やECB総裁発言が買いを支援

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 6月限 152-26/32 153-1/32 152-7/32 152-23/32 ↑ 2/32
CBOT:10年債先物 6月限 125-19/32 125-25/32 125-14/32 125-21/32 ↑ 3/32
CBOT:5年債先物 6月限 118-10/32 118-15/32 118-8/32 118-13/32 ↑ 2/32
債券利回り
30年債 2.969 2.988 2.950 2.967 ↑ 0.001
10年債 2.314 2.326 2.276 2.299 ↓ 0.010
5年債 1.842 1.854 1.801 1.826 ↓ 0.009
2年債 1.286 1.294 1.238 1.266 ↓ 0.020

債券は続伸。米国で予算審議の中で連邦政府機関の一部閉鎖の可能性が出ており、買いを支える格好となった。また、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁の記者会見での発言がハト派寄りと受け止められ、欧州主要国の債券相場上昇につれて買いが集まった。夜間取引では売りが先行して相場は軟調な展開となったが、売りも比較的限られ、早朝には一時、もみ合いにシフト。通常取引で改めて弱含んでも、売りが一巡してから買いが優勢となり、相場は反発した。10年債利回りの低下が進み、2.3%を割り込んでから、午後にかけて2.2%台後半での推移となった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:好決算下支えも、トランプ政権への懸念が引き続き重石に

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 20991.12 21005.80 20935.80 20981.33 ↑ 6.24
S&P 500種 2389.70 2392.10 2382.68 2388.77 ↑ 1.32
ナスダック 総合指数 6038.47 6050.70 6031.59 6048.94 ↑ 23.71
ラッセル2000種 1419.57 1423.52 1413.68 1417.13 ↓ 2.30
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 6月限 20900.00 20949.00 20871.00 20898.00 ↓ 7.00
CME:S&P500 6月限 2381.60 2388.00 2379.00 2386.10 ↑ 3.90
CME:NASDAQ100 6月限 5535.25 5599.00 5534.25 5591.00 ↑ 54.75

NY株は小幅続伸。午前中は経済指標に弱気の内容が多かったこともあってポジション調整の売りに押される場面も見られたものの、引け後に主要ハイテク企業の決算発表が相次ぐこともあって値動きは控え目、昼からは買い意欲が強まった。ナスダック総合指数は再び史上最高値を更新した。ダウ平均は寄り付き後しばらくややプラス圏に入ったあたりでのもみ合い、中盤にかけては売りが優勢となり、下げ幅も40ポイントまでに広がった。昼過ぎには一転して買い意欲が強まり、2万1,000台まで値を回復。そこから積極的に上値を試すような動きは見られなかったが、最後までプラス圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。

セクター別では半導体やインターネット関連がしっかりと上昇したほか、住宅や保険、公益株も堅調に推移した。一方石油関連や金鉱株、銀行株などは下げが目立ったほか、小売関連も軟調に推移した。ダウ銘柄では、インテル(INTC)が1%を超える上昇となったほか、ホームデポ(HD)も前日に続いてしっかりと上昇。シスコシステムズ(CSCO)も1%以上値を伸ばした。一方前日に急伸したキャタピラー(CAT)やデュポン(DD)は反落、下げ幅も1%台後半まで広がった。べライズン(VZ)は1.5%の下落、JPモルガン・チェース(JPM)は0.9%値を下げた。マイクロソフト(MSFT)は0.7%の上昇となったが、引け後の決算で売り上げが予想に届かなかったことが嫌気され、時間外取引では1%を越える下落。アマゾン(AMZN)やグーグルの親会社のアルファベット(GOOG)は、決算が予想を上回ったことを好感し時間外取引で上昇している。このほか、ペイパル(PYPL)は前夕発表の決算が予想を上回ったことから6.9%上昇、フォード・モーター(F)は決算が予想を上回ったにも関わらず1.1%下落、アメリカン・エアライン(AAL)も決算がまずまずだったにも関わらず、賃金の上昇見通しが嫌気され5.2%値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ