ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



6月

2019


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2019年6月25日(火)

FX:FRBの利下げ観測が重石となる中、円高ドル安の流れ続く

ドル/円:107.16、ユーロ/ドル:1.1365、ユーロ/円:121.79 (NY17:00)

為替は円高が進行、景気減速懸念やFRBの利下げ観測を背景に、安全資産としての円に対する需要が改めて強まった。ドル/円は東京から売りが先行、中盤には107円を割り込み、106円台後半まで値を下げた。その後は売りも一服、ロンドンでは107円台を回復してもみ合う展開。NYに入ると改めて売りが優勢となり、106円台後半まで値を下げた。昼過ぎにはセントルイス連銀のブラード総裁が50bpの利下げは行き過ぎと発言したことを受けて買い戻しが殺到、107円台半ばまで一気に値を回復。その後は改めて売りに押され、107円をやや上回ったあたりでの推移となった。

ユーロ/ドルは東京から買いが優勢、1.14ドルをやや上回ったあたりでのもみ合いとなった。午後からは一転して売りに押される格好となり、ロンドンでは1.13ドル台後半まで反落。NY朝には一旦1.14ドルまで値を回復したものの、昼にブラード発言を受けてまとまった売りが出ると、1.13ドル台半ばまで一気に下げ幅を拡大。その後は売りも一服、1.13ドル台後半での推移が続いた。ユーロ/円は東京から売りが先行、122円をやや割り込むまで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入っても売りの流れは止まらず、121円台後半まで下げ幅を拡大。NY朝には一旦買い戻しが集まったものの、その後は再び売りに押し戻される展開。中盤以降は121円台後半のレンジ内で、上下を繰り返す格好となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続伸、低調な経済指標で米景気減速に着目し買いの展開

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 9月限 155-14/32 156-2/32 155-9/32 155-29/32 ↑ 16/32
CBOT:10年債先物 9月限 127-31/32 128-8/32 127-29/32 128-4/32 ↑ 6/32
CBOT:5年債先物 9月限 118-7/32 118-13/32 118-4/32 118-10/32 ↑ 4/32
債券利回り
30年債 2.545 2.552 2.515 2.528 ↓0.016
10年債 2.021 2.025 1.979 1.993 ↓0.024
5年債 1.748 1.764 1.705 1.734 ↓0.018
2年債 1.737 1.763 1.695 1.742 ↓0.003

債券は続伸。朝方発表された消費者信頼感指数や新築住宅販売が予想を下回り、米景気減速に着目して買いの展開になった。夜間取引で前日の買いの流れを引き継ぎ、10年債利回りは2%を割り込むまで低下した。早朝にいったん買いが細って2%台に戻したが、通常取引で低調な経済指標が寄与して買いに弾みが付き節目を下抜け、1.98%を付けた。パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長やブラード・セントルイス連銀総裁の発言を消化して一時2.01%に戻したが、2年債入札結果が好調と受け止められたことなどもあってその後改めて買いが進み、1.9%台後半に下がった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:景気減速懸念強まる中、流れはこのまま弱気に転じる

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 26731.61 26752.31 26527.66 26548.22 ↓179.32
S&P 500種 2945.78 2946.52 2916.01 2917.38 ↓27.97
ナスダック 総合指数 8005.27 8007.31 7879.15 7884.72 ↓120.98
ラッセル2000種 1530.99 1533.24 1520.50 1521.04 ↓9.05
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 9月限 26758.00 26827.00 26539.00 26562.00 ↓200.00
CME:S&P500 9月限 2951.00 2958.25 2920.00 2922.00 ↓30.00
CME:NASDAQ100 9月限 7753.00 7779.50 7609.50 7628.75 ↓130.00

NY株式は大幅安。景気減速に対する懸念が改めて材料視される中、ポジション整理の売りが相場を主導した。セントルイス連銀のブラード総裁が、50bpの利下げは行き過ぎと発言したことも、FRBの利下げ期待を後退させたという点で弱気に作用した。ダウ平均は寄り付きから売りが先行、早々に100ポイント以上値を下げての推移となった。その後は一旦買い戻しが集まったものの、プラス圏まで戻すことなく息切れ。昼からは改めて売り圧力が強まる展開、一時下げ幅も200ポイント近くまで拡大した。

セクター別でも、ほぼ全てのセクターが下落。中でもコンピューター関連や半導体、通信などの値下がりが目立った。一方素材はほぼ横ばい、生活必需品も小幅の下落にとどまった。ダウ銘柄では、ウォルグリーン(WBA)が1.92%の上昇となったほか、マクドナルド(MCD)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、トラベラーズ(TRV)もしっかりと値を伸ばした。一方でマイクロソフト(MSFT)は3.16%の下落、ナイキ(NKE)も2%を超える下げとなった。シスコ・システムズ(CSCO)、インテル(INTC)、アップル(AAPL)も下げが目立った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2019年6月24日(月)

FX:FRBの利下げ観測やイラン情勢不安背景に、円高ドル安進む

ドル/円:107.30、ユーロ/ドル:1.1398、ユーロ/円:122.30 (NY17:00)

為替はドルが小幅安。全体的に動意の薄い中ながら、FRBの早期利下げ観測や米長期金利の低下を背景にドル売りが優勢の展開となった。ドル/円は東京では107円台前半から半ばのレンジ内でのもみ合い。ロンドンに入ると売りが優勢となったが、107.20円台で早々に下げ止まり。NYに入ると107円台半ばまであっさりと買い戻された。その後は再び107円台前半から半ばのレンジ内での推移、午後に入っても新たな動きは見られなかった。

ユーロ/ドルは東京では1.13ドル台後半のレンジ内での推移、ロンドンに入るとやや買いが優勢となり、NY朝には1.14ドルを試すまで値を切り上げた。その後は一旦売りが膨らんだものの、押し目では買い意欲も強く、中盤には1.14ドル台を回復。昼前には買いも一服となったが、高値圏はしっかりと維持。午後からは1.14ドルをやや割り込んだあたりでのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京からロンドンにかけて、122円台前半の狭いレンジ内での推移。NYに入っても新たな動きは見られず、日中を通じて同水準で細かい上下を繰り返す展開となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:反発、米政府の対イラン追加制裁受けて買い進む

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 9月限 154-25/32 155-16/32 154-17/32 155-13/32 ↑ 26/32
CBOT:10年債先物 9月限 127-21/32 128 127-17/32 127-30/32 ↑ 14/32
CBOT:5年債先物 9月限 118 118-8/32 117-30/32 118-6/32 ↑ 8/32
債券利回り
30年債 2.584 2.596 2.541 2.548 ↓0.036
10年債 2.063 2.067 2.012 2.017 ↓0.045
5年債 1.797 1.806 1.741 1.749 ↓0.048
2年債 1.778 1.786 1.716 1.739 ↓0.040

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:G20で米中貿易交渉進展しなければ、流れも弱気に傾く

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 26727.61 26806.52 26723.37 26727.54 ↑8.41
S&P 500種 2951.42 2954.92 2944.05 2945.35 ↓5.11
ナスダック 総合指数 8040.58 8047.56 8004.63 8005.70 ↓26.01
ラッセル2000種 1550.10 1551.65 1530.08 1530.08 ↓19.54
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 9月限 26674.00 26815.00 26662.00 26762.00 ↑65.00
CME:S&P500 9月限 2948.00 2961.75 2947.25 2952.00 ↑1.50
CME:NASDAQ100 9月限 7744.50 7794.25 7731.75 7758.75 ↑7.25

NY株式はダウ平均が小幅反発となる一方、S&P500種とナスダック総合指数は続落。FRBの早期利下げ観測が引き続き投機的な買いを呼び込む一方、米国のイランの緊張の高まりや世界的な景気減速に対する懸念が重石となった。ダウ平均は寄り付きでは買いが先行したものの、早々に息切れ。中盤にかけてはややプラス圏に入ったあたりで、上値の重い展開が続いた。昼からは改めて売りが優勢となったものの、プラス圏はかろうじて維持する格好で下げ止まり。引けにかけては動意も薄くなった。

セクター別では、金関連が大きく値を伸ばしたほか、素材や生活必需品も上昇。一方でバイオテクノロジーや運輸株、エネルギーは値を下げた。銀行株も軟調に推移した。ダウ銘柄では、ダウ(DOW)が2.52%の上昇となったほか、メルク(MRK)、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)も1%を超える上昇となった。一方でホーム・デポ(HD)は1.86%の下落、ナイキ(NKE)、ユナイテッドヘルス(UNH)、エクソン・モービル(XOM)、ウォルグリーン(WBA)も下げが目立った。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ