ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



1月

2017


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2017年1月20日(金)

FX:新政権が減税より保護貿易優先するなら、ドル売り圧力強まる

ドル/円:114.57、ユーロ/ドル:1.0699、ユーロ/円:122.64 (NY17:00)

為替はドル安が進行。トランプ新大統領の就任式を迎え、政権の先行き不透明感に対する懸念が改めて強まる中、リスク回避のドル売りが相場を主導した。ドル/円は東京では114円台半ばから後半のレンジ内でのもみ合い。ロンドンに入ると徐々に買い意欲が強まり、115円台前半まで値を回復した。NYに入ると再び売りが優勢となり、115円の節目近辺で上値の重い展開。午後遅くには改めて下げ足を速め、一時114円台前半まで値を上げた。

ユーロ/ドルは東京では1.06ドル台後半での推移。ロンドンに入ると売り圧力が強まり、1.06ドル台前半まであっさりと値を下げた。NYに入ると再び騰勢を強める展開となり、中盤には1.06ドル台後半まで値を回復。午後遅くには一段高の展開、1.07ドルを試すまでに買いが集まった。ユーロ/円は東京では122円台半ばを中心としたレンジ内で上下を繰り返す展開、ロンドンに入っても特に新たな動きは見られなかった。NYに入ると中盤にかけて買い意欲が強まり、122.90円まで値を伸ばしたものの、昼からは一転して売りに押し戻される展開、一時122円台前半まで値を下げる場面も見られた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:小反発、トランプ大統領の就任演説に目新しさ欠けて買い戻し

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 150-25/32 151-5/32 149-30/32 150-25/32 ↓ 9/32
CBOT:10年債先物 3月限 124-2/32 124-10/32 123-25/32 124-7/32 ↑ 2/32
CBOT:5年債先物 3月限 117-16/32 117-23/32 117-11/32 117-22/32 ↑ 4/32
債券利回り
30年債 3.046 3.086 3.025 3.050 ↑ 0.004
10年債 2.481 2.518 2.445 2.472 ↓ 0.010
5年債 1.970 2.002 1.923 1.942 ↓ 0.031
2年債 1.242 1.254 1.168 1.197 ↓ 0.041

債券は小反発。トランプ大統領の就任演説に具体的な経済政策に関する発言がな買ったことから、買い戻しが集まった。夜間取引に買いが先行、早朝には売りにシフト。10年債利回りの上昇が進み、2.5%を超えた。しかし、この水準では買い戻しが入り、一段の上昇は抑えられた。さらに、トランプ大統領の演説に目新しさが欠けたことを手掛かりに買い戻しが集まり、徐々にレンジを狭めていった。取引終盤に前日の水準を下回った。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:反発、朝方から買い戻し集まりダウ平均6営業日ぶり反発

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 19795.06 19843.94 19759.14 19827.25 ↑ 94.85
S&P 500種 2269.96 2276.96 2265.01 2271.31 ↑ 7.62
ナスダック 総合指数 5556.87 5574.35 5542.23 5555.33 ↑ 15.25
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 3月限 19652.00 19779.00 19652.00 19745.00 ↑ 51.00
CME:S&P500 3月限 2261.90 2272.20 2260.50 2265.90 ↑ 4.30
CME:NASDAQ100 3月限 5055.50 5083.00 5044.75 5058.25 ↑ 4.75

NY株式は反発。このところ売りに押され気味だった反動で買い戻しが集まった。原油相場の上昇も寄与。ただ、トランプ米大統領の就任演説に目新しい発言もなく、引き続き経済政策を巡る不透明感が上値を重くした。

取引開始時に相場上昇が進み、ダウ平均の約100ドル高などみてから一服した。午後には上げ幅縮小の場面もあり、S&P500やナスダック総合指数が一時、前日の終値近くまで戻した。それでも、最後までプラス圏で推移し、ダウ平均は6日営業日ぶりに反発した。週ベースで、ダウ平均とS&P500が2週連続で下げ、ナスダックは3週間ぶりの下落となった。

ダウ平均の終値は94.85ドル高の1万9827.25ドルとなり、S&P500が7.62ポイント高の2271.31、ナスダック総合指数は15.25ポイント高の5555.33だった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

2017年1月19日(木)

FX:トランプ次期政権への不安高まる中、中長期的にドル安

ドル/円:114.86、ユーロ/ドル:1.0663、ユーロ/円:122.50 (NY17:00)

為替は対円を中心にドルが小幅高。前日のFRB議長講演でFRBの利上げ観測が改めて材料視される中、朝方発表された経済指標が強気の内容となったことを受けてドルが大きく買い進まれる展開となったものの、その後は株価の下落につれてポジション調整のドル売りが優勢となった。ドル/円は東京からロンドンにかけて、114円台半ばから後半のレンジ内で方向感なく上下を繰り返す展開。NYに入るとフィラデルフィア連銀指数や住宅着工件数が予想以上の伸びとなったことを受けて買いが加速。115円台半ばまで一気に値を伸ばした。昼過ぎには115.60円まで上げ幅を拡大する場面も見られたが、その後は一転して売りに押し戻される展開。午後遅くには114円台後半まで値を下げたところで値動きが落ち着いた。

ユーロ/ドルは東京から買いがやや優勢、ロンドンでは1.06ドル台後半までレンジを切り上げての推移となった。NYに入ると流れは一転、ECB理事会後の会見でドラギ総裁が、欧州圏の物価上昇はまだ十分ではなく、追加緩和の可能性も残っているとの見方を示したことを受けて売りが加速、1.06ドルを割り込むまで値を崩した。売り一服後は中盤にかけて1.06ドル台前半まで値を回復、午後には改めて買い意欲が強まり、1.06ドル台半ばから後半のレンジでの推移となった。ユーロ/円は東京では122円をやや割り込んだあたりでの推移、午後に入ると買いが優勢となり、ロンドンでは122円台前半でのもみ合いとなった。NYではECB理事会後のドラギ総裁発言を受けて122円を割り込むまで売りに押されたものの、直後から買い意欲が強まり、122円台後半まで値を回復。午後には株価の下落につれて売りが優勢となり、122円台前半まで値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続落、強気の経済指標受けて売り圧力強まる

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 151-12/32 151-27/32 150-9/32 151-2/32 ↓ 31/32
CBOT:10年債先物 3月限 124-10/32 124-16/32 123-28/32 124-6/32 ↓ 18/32
CBOT:5年債先物 3月限 117-18/32 117-22/32 117-12/32 117-18/32 ↓ 10/32
債券利回り
30年債 3.013 3.072 2.989 3.046 ↑ 0.034
10年債 2.433 2.500 2.408 2.476 ↑ 0.045
5年債 1.940 1.993 1.915 1.967 ↑ 0.029
2年債 1.230 1.262 1.197 1.234 →0.000

債券は続落。朝方発表された失業保険申請件数が予想外の減少となり、フィラデルフィア連銀指数や住宅着工件数も改善と強気の経済指標が相次いだのを受けて売り圧力が強まった。また、ムニューチン財務長官候補が承認公聴会で、連邦債務上限の早期引き上げや強いドルを支持する発言をしたことも重石。夜間取引で買いが優勢となりながら、徐々に売り圧力も強まり、朝方には軟調な相場にシフトした。10年債利回りの上昇が進み、昼過ぎに2.50%と3日以来の水準に上がった。ただ、インフレ連動債の入札結果が好調と受け止められたことや、株式相場が弱含むのを背景にその後はやや買いもみられ、2.4%台後半での推移となった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:下落、トランプ就任式前に調整売り広がりダウ平均5日続落

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 19813.55 19824.14 19677.94 19732.40 ↓ 72.32
S&P 500種 2271.90 2274.33 2258.41 2263.69 ↓ 8.20
ナスダック 総合指数 5560.61 5571.53 5528.37 5540.08 ↓ 15.57
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 3月限 19728.00 19758.00 19607.00 19694.00 ↓ 41.00
CME:S&P500 3月限 2266.00 2269.30 2255.00 2261.60 ↓ 5.00
CME:NASDAQ100 3月限 5053.25 5074.75 5036.50 5053.50 ↓ 1.00

NY株式は下落。20日にトランプ次期米大統領による就任式での演説に関心が集まる中、持ち高調整の売りが広がった。取引開始時はもみ合い相場だったが、比較的早い段階から弱含み。徐々に下げ幅を広げていき、午後には一段安となった。

ダウ平均が5日続落で、2016年10月27日-11月4日まで7日連続で下落した以来である。終値2016年12月8日以来の安値引けとなった。また、S&P500とナスダック総合指数が反落した。

ダウ平均の終値は72.32ドル安の1万9732.40ドルとなり、S&P500が8.20ポイント安の2263.69、ナスダック総合指数は15.57ポイント安の5540.08だった。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ