ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

松の無責任トーク - 為替・株・債券



12月

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


カテゴリーリスト

検索




最近の無責任トーク


2018年12月12日(水)

FX:景気減速懸念やFRBの利上げ打ち止め観測で、ドル/円一段安

ドル/円:113.28、ユーロ/ドル:1.1368、ユーロ/円:128.78 (NY17:00)

為替はユーロが反発。米中関係が改善するとの期待や、メイ英首相の信任投票で首相が改めて支持されるとの見方が好感される中、株式市場の上昇につれて投資家のリスク志向が強まった。ドル/円は東京では113円台半ばを中心としたレンジ内での推移、ロンドンに入ると上値が重くなり、NY朝には113円台前半まで値を切り下げた。その後は売りも一服、同水準で方向感なくもみ合う展開が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.13ドル台前半の、狭いレンジ内でのもみ合い。ロンドンに入ってもほとんど動きは見られなかった。NY朝にはまとまった買いが入り、1.13ドル台後半まで上昇。午後には買いも一服となり、同水準でのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京では買いが優勢、128円台半ばまで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入っても同水準でのもみ合いが継続、NYに入ると買い意欲が強まり、128円台後半まで上げ幅を拡大、その後は動意も薄くなった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続落、米中貿易摩擦への懸念薄れて売り膨らむ

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 143-8/32 143-11/32 142-17/32 142-23/32 ↓ 16/32
CBOT:10年債先物 3月限 120-14/32 120-16/32 120-5/32 120-8/32 ↓ 6/32
CBOT:5年債先物 3月限 113-16/32 113-17/32 113-11/32 113-13/32 ↓ 3/32
債券利回り
30年債 3.125 3.155 3.122 3.152 ↑0.027
10年債 2.879 2.918 2.874 2.914 ↑0.036
5年債 2.744 2.778 2.737 2.771 ↑0.029
2年債 2.772 2.791 2.754 2.776 ↑0.008

債券は続落。カナダで中国通信機器大手ファーウェイの幹部が保釈されたことや、中国政府がIT産業の高度化を狙った「中国製造2025」計画を見直すとの報道などを背景に米中貿易摩擦の懸念が薄れ、株高もあって売りが膨らんだ。夜間取引から売りが優勢となり、通常取引でも流れを継続。午後には10年債入札結果が低調と受け止められたのも重石となり、10年債利回りは2.9%を超え、2.91%と5日以来の高水準を付けた。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:景気減速懸念強まる中、流れは改めて弱気に転じる

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 24509.09 24828.29 24509.09 24527.27 ↑157.03
S&P 500種 2658.23 2685.44 2650.26 2651.07 ↑14.29
ナスダック 総合指数 7127.00 7197.29 7099.62 7098.31 ↑66.48
ラッセル2000種 1440.70 1471.96 1440.70 1455.32 ↑15.19
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 12月限 24352.00 24844.00 24336.00 24566.00 ↑144.00
CME:S&P500 12月限 2632.50 2686.50 2631.75 2652.50 ↑11.25
CME:NASDAQ100 12月限 6686.50 6872.00 6683.50 6769.00 ↑52.00

NY株式は上昇。中国が最先端テクノロジーの分野での覇権を目指す長期計画、「中国製造2025」の目標達成時期の一部先送りを検討しているとの観測が伝わり、米国に譲歩する内容となっているとの見方浮上、通商交渉にも進展が見られるとの期待が下支えとなる中でしっかりと買いが集まった。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、大きく売りに押し戻されることのないままに上昇を続け、午後には上げ幅も400ポイント以上に広がった。その後は一転して売りに押し戻される格好となったものの、最後までプラス圏は維持したまま取引を終了した。

セクター別では、金関連やバイオテクノロジーに大きく買いが集まったほか、半導体や一般消費財、素材なども上昇。一方で生活必需品と公益株は軟調に推移した。ダウ銘柄ではダウデュポン(DWDP)が2.05%の上昇となったほか、アメリカン・エキスプレス(AXP)やキャタピラー(CAT)、ボーイング(BA)、ユナイテッド・ヘルス(UNH)も上昇。一方でベライゾン(VZ)は2.72%の下落、エクソン・モービル(XOM)やウォルマート(WMT)、コカ・コーラ(KO)も値を下げた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

2018年12月11日(火)

FX:投資家のリスク回避の動き強まる中、円高ドル安進む

ドル/円:113.56、ユーロ/ドル:1.1316、ユーロ/円:128.29 (NY17:00)

為替はユーロ安が進行、欧州離脱に関するEUとの合意案が英議会で承認されない可能性が高まり、ブレグジットに関する懸念が改めて高まる中、英ポンドやユーロに投機的な売りが膨らんだ。ドル/円は東京では売りが先行、113円の節目割れを試すまでに値を下げての推移となった。午後には買い戻しが優勢となったが、早々に息切れ。ロンドンに入っても、113円台前半で上値の重い展開が続いた。NYには入ると一転して騰勢を強める格好となり、113円台半ばまで値を伸ばしたが、それ以上の動きは見られず。午後からは113円台前半から半ばでのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では買いが優勢1.13ドル台半ばから後半まで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入ると改めて騰勢を強める格好となり、1.14ドル台まで上げ幅を拡大。NYに入ると一転して売り一色の状況となり、1.13ドル台前半まで急反落。中盤以降は売りも一服となったが、同水準で上値の重い展開が続いた。ユーロ/円は東京では128円台半ばでの推移、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、129円に迫るまで値を伸ばした。NYに入ると一転して売りに押される展開となり、128円台前半まで反落。午後には売りも一服となったが、安値近辺でのもみ合いが続いた。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

債券:続落、米中通商交渉への期待から売り圧力強まる

長期金利先物 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
CBOT:30年債先物 3月限 143-13/32 143-27/32 142-30/32 143-7/32 ↓ 9/32
CBOT:10年債先物 3月限 120-20/32 120-25/32 120-11/32 120-14/32 ↓ 8/32
CBOT:5年債先物 3月限 113-20/32 113-23/32 113-14/32 113-16/32 ↓ 5/32
債券利回り
30年債 3.126 3.154 3.098 3.122 ↓0.006
10年債 2.856 2.893 2.841 2.879 ↑0.020
5年債 2.711 2.757 2.697 2.744 ↑0.029
2年債 2.731 2.785 2.705 2.768 ↑0.033

債券は続落。米中通商交渉への期待から売り圧力が強まる格好となった。夜間取引で買いの場面があったが、一巡して売りが膨らみ、10年債利回りの上昇が進んだ。朝方に2.89%まで上がって一服。昼にかけて低下の場面をみてから、午後に再び売りの展開となった。ただ、トランプ米大統領がメキシコ国境の壁建設予算を求め、米政府閉鎖も辞さない構えを示したことが下支えであり、大きく売り込むのも手控えられた。

続きを読む

Posted by 直        コメント ( 0 )

株式:将来的な景気減速に対する懸念は、売りを呼び込み続ける

主要株価指数 - 始値 - - 高値 - - 安値 - - 終値 - - 前日比 -
ダウ工業平均 24719.91 24791.26 24221.06 24370.24 ↓53.02
S&P 500種 2664.44 2674.35 2621.30 2636.78 ↓0.94
ナスダック 総合指数 7121.66 7129.83 6983.01 7031.83 ↑11.31
ラッセル2000種 1444.29 1465.76 1431.88 1440.13 ↓2.96
株価指数先物
CBOT:ダウ平均 12月限 24475.00 24823.00 24231.00 24422.00 ↓68.00
CME:S&P500 12月限 2644.00 2678.00 2621.25 2641.25 ↓1.75
CME:NASDAQ100 12月限 6695.00 6808.75 6651.25 6717.00 ↑17.75

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が反落となった一方、ナスダック総合指数は続伸。中国が米国製自動車に対する関税引き下げを検討しているとの見方が下支えとなる一方、メキシコとの国境の壁建設に関してトランプ大統領が議会と対立、政府機関閉鎖に対する懸念が高まったことが弱気に作用した。ダウ平均は寄り付きでは買いが先行、一気に300ポイント以上上昇したものの、直後から売りに押し戻される格好となり、中盤にはマイナス転落。午後には改めて買いが集まり、プラス圏を回復する場面も見られたが、最後は売りに押されマイナス圏で取引を終了した。

セクター別では、生活必需品や半導体の上昇が目立ったほか、コンピューター間連やバイオテクノロジー、公益株も底堅く推移。一方で金融株は下落、運輸株や素材、金関連、保険も下げが目立った。ダウ銘柄では、ナイキ(NKE)が1.46%の上昇となったほか、ベライゾン(VZ)やプロクター・アンド・ギャンブル(PG)、マイクロソフト(MSFT)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、ウォルグリーン(WBA)もしっかりと上昇。一方トラベラーズ(TRV)は1.65%の下落、ボーイング(BA)やゴールドマン・サックス(GS)、ダウデュポン(DWDP)も1%を超える下落となった。

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 0 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ