ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

ちょっといっぷく



4月

2010


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


カテゴリーリスト

検索




最近のいっぷく


PHOTO

ATM

ATM

2010年4月22日(木)

オバマ大統領の腹案 [まじめなお話]

今日はお昼にオバマ大統領がイーストビレッジで演説。
金融規制改革について熱弁をふるいはった。
といいたいけど、内容は極めて穏やかやったね。

先週末にSECがゴールドマンサックスを証券詐欺で提訴、
勢いに乗って一気に規制改革を進める意思表示をするんかと
思ってたから、ちょっと拍子抜けや。
そやけど、一方ではやっぱりねっちゅう感じがせんでもない。

オバマさんは、結構理想を追求しているようにみえて
意外としたたかに物事を進めるところがある。
先の医療改革法案も、やっぱり成立は難しいかなという
雰囲気が漂いはじめた中、妥協するところは妥協しながら
議員を強引に説得して成立に漕ぎ着けはった。
そういう力業をすることが出来るねんね。

いずれにせよ、医療改革で富裕層や金融界と喧嘩したんは確かやから、
今度の金融改革でも彼らを完全に敵に回す訳にはいかん、っちゅとこかな。
ゴールドマンの提訴も国民の溜飲を下げて世論を見方につけるための
テクニックの一つで、本気で彼らをぶっつぶそうとはしてないやろ。
勢いのある間に適当なところで手を打って、当初の案よりも
かなり緩いところで法案を成立させてしまうんとちゃうやろか。

市場に過度に規制をかけても資金がロンドンに逃げていって
しまうだけで、米国には何も得することはあらへん。
なにしろ、シカゴから出てきた人だけに、
そのへんのところはよう分かってるんとちゃうかな?

ボルカーのじいちゃんが「これで良し」といえば
何となくみんな納得するような雰囲気が出来てるし、
うまいことそういうのを利用して話をまとめるねんやろね。

そやから、あんまり悲観的になる必要はないと思うよ。
その分、ヨーロッパの信用不安を心配しとき。


Posted by 松   

コメント

コメント投稿フォーム

名前: (この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

ページのトップへ ページのトップへ



ケンコーコム


波除稲荷神社


広告貼るならアクセストレード!

アマゾンJP

USA




最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2011-2013   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ