ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

相場ひとひねり



8月

2017


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    




季節トレンド指数とは?

季節トレンド指数-グラフ



カテゴリーリスト

検索


上記の検索結果のRSS情報です RSS1.0


最近のひとひねり


2008年4月3日(木)

USDA作付意向調査のインパクトを検証する
  [穀物・大豆]

米農務省は3月31日、農家への聞き取り調査に基づく08/09年度の作付意向調査を発表した。コーン作付が前年から8.10%と大きく減少するのに対し、大豆の作付は前年比で17.54%増加、過去最高だった06/07年度に迫る内容となった。市場ではエネルギー高で肥料価格が上昇するなど生産コストの高さや、コーンを連作することで土地が痩せイールドが下がることを嫌気して、多くの農家がコーンから大豆など他の作物への転作を進めると見られていたが、事前の予想を遥かに上回る内容となっている。

コーンの数字はどれだけ強気なのか、また大豆は作付増によってはたして需給が緩和されるのか。今回発表された数字を基に色々と検証してみたい。


続きを読む

Posted by 松        コメント ( 1 )

2007年3月31日(土)

コーンの作付増はどの程度弱気なのか
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は30日に発表した作付意向調査で、コーン作付を前年比15.48%増の9,045.4万エーカーと推定した。1944年以来の高水準という予想以上に弱気の結果を受け、シカゴ市場は取引開始から20セントのストップ安をつける売り一色の展開となった。今回の作付意向の結果はコーン市場にとってどの程度弱気なのだろうか。

PDFファイル(30KB)

Analisys Planting2007-0331 (30KB)

PDF版レポートのダウンロード⇒

続きを読む

Posted by 松        コメント ( 3 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ





最近のコメント

当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2014-2016   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ