ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



12月

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年12月31日(月)

米国市場騰落率 - 2018年12月末時点
  [季節トレンド指数]

12/31/18現在 - 終値 - - 前月比 - - 前年比 -
ダウ工業平均 23327.46 ↓8.66% ↓5.63%
S&P 500種 2506.85 ↓9.18% ↓6.24%
ナスダック 総合指数 6635.28 ↓9.48% ↓3.88%
10年債利回り 2.684 ↓0.311 ↑0.274
5年債利回り 2.513 ↓0.315 ↑0.305
2年債利回り 2.504 ↓0.291 ↑0.617
NYMEX:WTI原油 1月限 45.41 ↓11.12% ↓24.84%
NYMEX:RBOBガソリン 1月限 1.3021 ↓7.34% ↓27.49%
NYMEX:暖房油 1月限 1.6794 ↓7.85% ↓18.80%
NYMEX:天然ガス 1月限 2.940 ↓33.47% ↓0.44%
COMEX:金 12月限 1281.3 ↑4.51% ↓2.14%
COMEX:銀 12月限 15.540 ↑9.31% ↓9.36%
COMEX:銅 12月限 263.10 ↓5.61% ↓20.28%
CBOT:小麦 3月限 503-1/4 ↓2.42% ↑17.86%
CBOT:コーン 3月限 375 ↓0.73% ↑6.91%
CBOT:大豆 1月限 895 ↓1.38% ↓6.94%
ICE-US:NY粗糖 3月限 12.03 ↓6.31% ↓20.65%
ICE-US:NYコーヒー 3月限 101.85 ↓5.30% ↓19.29%
ICE-US:ココア 3月限 2416 ↑9.67% ↑27.70%
ICE-US:綿花 3月限 72.20 ↓8.50% ↓8.18%
ICE-US:FCOJ 1月限 125.80 ↓12.27% ↓8.07%

Posted by 松    12/31/18 - 18:23   

全米平均ガソリン小売価格は前週から5.5セント下落
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

12月31日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢226.6 ↓5.5 ↓25.4
ディーゼル燃料全米平均 ¢304.8 ↓2.9 ↑7.5

Posted by 松    12/31/18 - 18:04   

債券:続伸、年末で動意薄の中世界景気減速観測が買い支える
  [場況]

債券は続伸。年末で動意が薄く、経済指標の発表もなかったが、世界景気の減速観測が買いを支える格好となった。夜間取引では売りに優勢となり、朝方にも流れを継続したが、10年債利回りは2.7%台半ばまで上昇して一服。前日の水準に戻してから買いに弾みが付き、午後にかけて低下が進んだ。2.7%を下抜け、2.67%と2月6日以来の低水準を更新した。

Posted by 直    12/31/18 - 17:32   

FX:対円中心にドル安、米長期金利の低下につれ売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:109.64、ユーロ/ドル:1.1464、ユーロ/円:125.74 (NY17:00)

為替は対円を中心にドル安が進行。米株が上昇する中にも関わらず、景気減速に対する懸念が重石となる中で米長期金利の低下につれてドルに売りが膨らんだ。ドル/円は東京市場が休みの中、アジア時間には買いが優勢、110円台半ばまで値を切り上げる格好となった。午後には一転して売りに押される展開となり、ロンドンでは110円の節目をあっさりと下抜け。NYに入って一旦は売りも一服となり、110円台を回復したものの、中盤にかけては改めて売りが加速、109円台半ばまで下げ幅を拡大した。

ユーロ/ドルはアジア時間では1.14ドル台前半から半ばのレンジ内での推移、ロンドンに入ると買い意欲が強まり。1.14ドル台後半まで値を伸ばした。NYに入ると売りに押し戻される格好となり、中盤に派1.14ドル台前半まで反落。午後からは改めて買い意欲が強まり、1.14ドル台後半まで値を伸ばした。ユーロ/円はアジア時間では126円台前半で、上値の重い展開。ロンドンに入ると126円を割り込むまでに値を下げた。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、125円台半ばまで下げ幅を拡大。午後には動意も薄くなった。

Posted by 松    12/31/18 - 17:21   

ブラジルコーヒー輸出:31日現在284.09万袋と前月を3.6%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

12月31日 12月累計 前月(11/30) 前月比 前年比
輸出合計 90.215 2840.929 2743.004 ↑3.6% ↑15.0%
>アラビカ種 56.376 2498.561 2359.769 ↑5.9% ↑12.8%
>ロブスタ種 28.257 123.313 212.865 ↓42.1% ↓45.3%
>インスタント 5.582 219.055 170.370 ↑28.6% ↓2.9%

Posted by 松    12/31/18 - 16:57   

大豆:小幅安、通商交渉への期待から買いの後テクニカルな売り
  [場況]

CBOT大豆3月限終値:895-0↓0-1/2

シカゴ大豆は小幅安。米中の通商交渉への期待から買いが進む場面があったが、最後はややテクニカルな売りに押された。米政府機関の一部閉鎖の影響で新たな中国の米産買い付けニュースが聞かれないのも上値を重くした。3月限は夜間取引で買いが進み900セント台に上昇し、902-0セントと21日以来の高値を更新。しかし、通常取引に入って急速に値を消した。横ばい水準でもみ合ってから、小安くなった。

Posted by 直    12/31/18 - 16:52   

コーン:小幅安、目新しい材料乏しく大豆につれて売り買い交錯
  [場況]

CBOTコーン3月限終値:375-0↓0-1/2

シカゴコーンは小幅安。目新しい材料に乏しく、大豆につれて売り買い交錯となった。3月限は夜間取引で買いが先行して小じっかりと推移。通常取引に入って売りに転じ、値を下げた。一時、372-3/4セントと3営業日ぶりの水準まで下落した。取引終盤に買いが集まりプラス圏に持ち直す場面があったものの、買いが続かず最後は小安く引けた。

Posted by 直    12/31/18 - 16:49   

小麦:反落、テクニカルな売り優勢で週間輸出検証高も重石
  [場況]

CBOT小麦3月限終値:503-1/4↓8-1/4

シカゴ小麦は反落。テクニカルな売りが優勢となり、週間輸出検証高が低調な内容だったのも重石だった。夜間取引でまず買いが入り、一巡して売りにシフト、3月限は小高い展開から下げに転じた。500セント台に下落し、通常取引に入って下げ足が加速。503-0セントと1月24日以来の安値を付けた。

Posted by 直    12/31/18 - 16:47   

株式:上昇、年末を前にポジション調整の買い戻し集まる
  [場況]

ダウ工業平均:23,327.46↑265.06
S&P500:2,506.85↑21.11
NASDAQ:6,63528↑50.76

NY株式市場は上昇。年末を前に、ポジション調整の買い戻しが相場を主導した。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、早々に200ポイント後半まで値を伸ばした。その後は買いも一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、高値圏をしっかりと維持しての推移。午後に入っても新たな動きは見られず、そのまま取引を終了した。

セクター別では、ほぼ全てのセクターが上昇。バイオテクノロジーや金関連、薬品株の上昇が目立った一方、エネルギー関連や公益株の上昇は限定的なものにとどまった。ダウ銘柄は、30銘柄全てが上昇。ゴールドマン・サックス(GS)が2.47%の上昇、ウォルトディズニー(DIS)が2.19%の上昇となったほか、ボーイング(BA)、ベライズン(VZ)、ファイザー(PFE)もしっかりと値を伸ばした。一方、エクソン・モービル(XPM)やシェブロン(CVX)は、僅かな伸びにとどまった。

Posted by 松    12/31/18 - 16:42   

天然ガス:大幅続落、目先の暖冬予報重石となる中で売りが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス2月限終値:2.940↓0.363

NY天然ガスは大幅続落。目先の暖冬予報が材料視される中、暖房需要の減少観測が売りを呼び込む展開となった。2月限は夜間取引の開始時から、大きく売りが先行、3.10ドルを割り込むまで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後は改めて売り圧力が強まり、中盤にかけてジリジリと下値を切り下げる展開。昼からも流れは変わらず、引け間際にまとまった売りが出ると、2.90ドル台前半まで一気に値を崩した。

Posted by 松    12/31/18 - 15:23   

石油製品:小幅高、原油の下落につれ売り先行も最後は買い戻し
  [場況]

RBOBガソリン2月限:1.3021↑0.0007
暖房油2月限:1.6794↑0.0190

NY石油製品は小幅高。取引前半には原油の下落につれて売りに押される格好となったが、その後買い意欲が強まりプラス圏を回復した。相場は夜間取引では買いが先行したものの、朝方には一転して売りが加速、通常取引開始後には一気にマイナス転落した。その後は売りも一巡、投機的な買い戻しが集まる中で徐々に値を回復、プラス圏に戻して取引を終了した。

Posted by 松    12/31/18 - 15:18   

原油:小幅続伸、ポジション整理の動き主導する中で上下に振れる
  [場況]

NYMEX原油2月限終値:45.41↑0.08

NY原油は小幅続伸。年末を前にポジション整理の動きが全体を主導する中、日中を通じて上下に不安定に振れる展開となった。2月限は夜間取引では買いが先行、朝方には46ドル台半ばまで値を切り上げた。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される格好となり、中盤には45ドルを割り込むまでに反落。その後は再び買いが優勢、最後は小幅ながらプラス転換して取引を終了した。

Posted by 松    12/31/18 - 15:10   

金:小幅反落、年末を前にしたポジション整理の売りに押される
  [場況]

COMEX金2月限終値:1,281.3↓1.7

NY金は小幅反落。朝方まではこれまでの流れを継いだ買いが相場を押し上げる格好となったものの、その後は年末を前にしたポジション整理の売りに押し戻された。2月限は夜間取引では朝方にかけて買いが加速、対円を中心としたドル安の進行が支えとなる中、1,280ドル台後半まで値を切り上げる格好となった。通常取引開始後は一転して売りが加速、マイナス転落したものの、1,280ドル台はしっかりと維持して下げ止まり。中盤にはプラス圏を回復する場面も見られたが、引け間際には改めて売りが膨らんだ。

Posted by 松    12/31/18 - 14:21   

コーヒー:反発、朝方まで売り先行もその後買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:101.85↑0.90

NYコーヒーは反発。朝方まではこれまでの流れを継いだ売りが先行する展開となったが、その後は年末を前にポジション整理の買い戻しが集まった。3月限は夜間の時間帯は売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。朝方にはプラス圏まで買い戻されたものの、その後改めて売りに押される格好となり、NYに入ると1ドルの節目を割り込むまでに下げ幅を拡大した。その後は一転して買い意欲が強まり、昼過ぎにはプラス圏を回復、最後は102セントに迫るまで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    12/31/18 - 14:02   

砂糖:反落、新たな材料に欠ける中でこれまでの流れ継いだ売り先行
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.03↓0.36

NY砂糖は反落。需給面で新たな材料が見当たらない中で、これまでの流れを継いだ売りの流れが継続、終値ベースで10月1日以来の安値を更新した。3月限は夜間の時間帯から売りが優勢、12.20セント台まで値を切り下げての推移となった。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、中盤には12.10セントを割り込むまで下げ幅を拡大。売り一巡後も押し目で買いを入れる向きもなく、最後まで上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    12/31/18 - 13:36   

輸出検証高:小麦とコーンは前週から減少、大豆は小幅増
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

12月27日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 376.3 ↓34.9% ↑36.8% 12671.3 ↓12.9% 375.0 〜625.0
コーン 913.8 ↓8.3% ↑25.8% 17904.1 ↑69.1% 850.0 〜1100.0
大豆 677.7 ↑1.8% ↓44.0% 16514.0 ↓41.8% 700.0 〜1000.0

Posted by 松    12/31/18 - 11:28   

2018/19年度ウクライナ穀物輸出、12月28日時点で2310万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナの食品安全局(SSUFSCP)によると、2018/19年度穀物輸出(7-6月)は12月28日時点で2310万トンと、前年同期を10%上回った。このうちコーンが550万トン、小麦は1100万トンになった。

Posted by 直    12/31/18 - 08:19   

12/31(月)の予定
  [カレンダー]

エネルギー
・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物

・USDA輸出検証高 (11:00)

納会日

・大豆・大豆製品 1月限第一通知日
・石油製品 1月限納会
・2年債、5年債 12月限納会

Posted by 松    12/31/18 - 07:33   

2018年12月28日(金)

債券:続伸、米政府一部閉鎖や不安定な米国株など背景に買い進む
  [場況]

債券は続伸。米政府機関の一部閉鎖や米株式相場が引き続き不安定な動きをみせていることを背景に、安全資産を求めた買いが進んだ。朝方発表された住宅販売ペンディング指数やシカゴビジネス指標の低下も支援。夜間取引では売りに押される場面があったが、一巡して買いが優勢となり、10年債利回りは低下した。通常取引では一段と下げ、取引終盤には2.71%と2月6日以来の低水準を付けた。

Posted by 直    12/28/18 - 17:37   

FX:円高、投資家の不安高まる中で安全資産の需要が下支え
  [場況]

ドル/円:110.25、ユーロ/ドル:1.1440、ユーロ/円:126.17 (NY17:00)

為替は円高が進行。世界的な景気減速やトランプ政権の先行き不透明感などに対する投資家の不安が高まる中、安全資産としての円に対する需要が改めて高まった。株式市場が乱高下を繰り返していることも、市場の不安を高める格好となった。ドル/円は東京から売りが先行、110円台半ばまで値を下げての推移となった。午後からは改めて売り圧力が強まり、ロンドンでは110円台前半まで下げ幅を拡大。NYに入ると売りも一服となったが、押し目でドルを買い戻す動きも見られず。午後遅くには110.10円台まで値を崩すなど、終始売り圧力は強かった。

ユーロ/ドルは東京では買いが優勢、1.14ドル台後半まで値を切り上げての推移となった。ロンドン朝には売りに押される格好となったが、その後改めて買いが集まるなど、不安定な展開。NYに入ると売りが優勢となり、1.14ドル台前半から半ばのレンジまで値を下げてのもみ合いとなった。ユーロ/円は東京では売りが優勢、126円台後半で上値の重い展開となった。午後からは売り圧力が強まり、ロンドンでは126円台前半から半ばのレンジまで値を切り下げての推移。午後遅くには126円割れを意識する水準まで下げ幅を広げる場面も見られた。

Posted by 松    12/28/18 - 17:27   

株式:ダウ平均とS&P500反落の一方、ナスダックは小幅続伸
  [場況]

ダウ工業平均:23,062.40↓76.42
S&P500:2,485.74↓3.09
NASDAQ:6,584.52↑5.03

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が反落となる一方、ナスダック総合指数は小幅続伸。日中を通じて投機的な売り買いが交錯、上下に不安定に振れる展開が続いたが、最後は売りが優勢となった。ダウ平均は寄り付きから前日終値を中心としたレンジ内で、方向感なくもみ合う展開。午後には買い意欲が強まり、上げ幅が200ポイント以上に広がる場面も見られたが、引けにかけては売りに押し戻されマイナス転落して取引を終了した。

セクター別では、半導体や薬品、一般消費財に買いが集まったほか、金融株も底堅く推移。一方で金関連やエネルギー、素材、運輸株などは値を下げた。ダウ銘柄では、インテル(INTC)が0.84%の上昇、ウォルト・ディズニー(DIS)が0.73%の上昇となったほか、ウォルマート(WMT)もしっかりと値を伸ばした。一方でゴールマン・サックス(GS)は1.44%、エクソン・モービル(XOM)は1.12%それぞれ下落、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)やキャタピラー(CAT)、ビサ(V)も下げが目立った。

Posted by 松    12/28/18 - 16:52   

大豆:上昇、1月の米中通商協議の見通し背景に買い進む
  [場況]

CBOT大豆3月限終値:895-1/2↑13-0

シカゴ大豆は上昇。1月に米中通商協議が開かれるとみられているのを背景に買いが進み、ブラジルの天候見通しも買いを支援した。3月限は夜間取引で買いが先行し、880セント台後半に上昇となった。通常取引に入ると買いのピッチが加速。890セント台に値を伸ばし、900セント目前まで上がった。取引終盤には買いも一服となり、やや伸び悩んだ。

Posted by 直    12/28/18 - 16:48   

コーン:小幅続伸、大豆上昇につれ高
  [場況]

CBOTコーン3月限終値:375-1/2↑1-0

シカゴコーンは小幅続伸。大豆の上昇につれ高となった。3月限は夜間取引から買いが進み、堅調な値動き。通常取引でも流れを続け、前日の高値を超えて377-1/2セントまで上がった。ただ、週末を控えて上値で買いにブレーキがかかり、引けには370セント台半ばまで上げ幅を縮めた。

Posted by 直    12/28/18 - 16:46   

小麦:小幅上昇、テクニカルな買い入るも積極的な買いは手控え
  [場況]

CBOT小麦3月限終値:511-1/2↑1-0

シカゴ小麦は小幅上昇。テクニカルな買いが入ったがが、決め手材料に欠け積極的な買いは手控えられた。夜間取引で買いの展開になり、3月限はじりじりと上がった。通常取引に入っていったん値を消し、前日終値を割り込む場面もあった。すぐに買いが集まり、小じっかりの値動きに戻ったが、やはり上値がやや重く、そのまま限定的な上昇で推移した。

Posted by 直    12/28/18 - 16:43   

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から0.33%上昇
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
12/24〜 12/28 1.8295 ↑ 0.33% ↓ 5.45% 1.6675 ↑ 0.10% ↓ 5.93%
12/17〜 12/21 1.8234 ↓ 0.27% ↓ 5.06% 1.6658 ↓ 0.19% ↓ 4.93%
12/10〜 12/14 1.8283 ↑ 0.11% ↓ 3.75% 1.6690 ↑ 0.29% ↓ 4.68%
12/3〜 12/7 1.8263 ↑ 3.18% ↓ 3.97% 1.6641 ↑ 2.54% ↓ 4.25%

Posted by 松    12/28/18 - 16:33   

ブラジルコーヒー輸出:28日現在275.07万袋と前月を4.9%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

12月28日 12月累計 前月(11/29) 前月比 前年比
輸出合計 192.785 2750.714 2622.867 ↑4.9% ↑16.6%
>アラビカ種 187.315 2442.185 2301.997 ↑6.1% ↑15.5%
>ロブスタ種 0.000 95.056 150.964 ↓37.0% ↓56.0%
>インスタント 5.470 213.473 169.906 ↑25.6% ↓1.1%

Posted by 松    12/28/18 - 16:31   

天然ガス:反落、暖房需要の伸び悩み観測が売り呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス2月限終値:3.303↓0.243

NY天然ガスは大幅反落。目先穏やかな天候が続くとの予報が出る中、暖房需要が伸び悩むとの見方を背景に投機的な売りが加速、終値ベースで11月2日以来の安値を更新した。2月限は夜間取引から売りが先行、3.40ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。朝方には改めて売り圧力が強まり、3.30ドル台前半まで下げ幅を拡大。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、午後遅くには3.20ドル台後半まで値を崩した。

Posted by 松    12/28/18 - 15:20   

石油製品:ガソリンが小幅反発の一方、暖房油は続落
  [場況]

RBOBガソリン2月限:1.3014↑0.0164
暖房油2月限:1.6604↓0.0131

NY石油製品はガソリンが小幅反発となった一方、暖房油は続落。株や原油の上昇が下支えとなる一方、暖房油は暖冬が続いていることや天然ガスの下落が嫌気された。相場は夜間取引では買いが先行したものの、朝方には原油の下落につれて売りが膨らみマイナス転落。通常取引開始後はガソリンがプラス圏を回復したが、暖房油は最後まで上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    12/28/18 - 15:17   

原油:小幅反発、売られ過ぎ感高まる中で買い戻しが優勢
  [場況]

NYMEX原油2月限終値:45.33↑0.72

NY原油は小幅反発。需給面で新たな買い材料が出た訳ではなかったが、売られ過ぎ感が高まる中でポジション整理の買い戻しが相場を主導した。2月限は夜間取引から買いが先行、APIの在庫統計で原油が大幅積み増しとなったにも関わらず、一時46ドルまで値を切り上げる展開となった。朝方にかけては売りに押し戻される格好となり、小幅ながらマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、しっかりと値を回復。通常取引開始後にもマイナス圏まで値を下げる場面が見られたが、やはり押し目では買いが集まり45ドル後半まで値を戻した。中盤以降は値動きも一巡、EIAの在庫統計も特に材料とはならず、45ドル前半での小動きが続いた。

Posted by 松    12/28/18 - 15:07   

金:小幅続伸、中盤まで売りに押されるも最後は値を回復
  [場況]

COMEX金2月限終値:1,283.0↑1.9

NY金は小幅続伸。中盤まではポジション整理の売りに押される格好となったものの、金融市場の先行き不透明感に対する懸念が安全資産としての需要を高める中、最後はしっかりと値を回復した。2月限は夜間取引では1,280ドル台半ばまで値を伸ばす場面も見られたものの、その後1,280ドルを割り込むまで売りに押されるなど、不安定な値動き。通常取引開始後はややマイナス圏に入ったあたりを中心に、上値の重い展開が続いた。中盤以降は徐々に買い意欲が強まり、最後はプラス転換して取引を終了した。

Posted by 松    12/28/18 - 13:58   

コーヒー:小幅続落、これまでの流れ継いだ投機的な売りが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:100.95↓0.80

NYコーヒーは小幅続落。需給面で決め手となる材料に欠ける中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導する展開となった。3月限は夜間の時間帯は買いが先行、102セント台後半まで値を伸ばしたものの、朝方には売りに押し戻されマイナス転落。NYに入ってからは101セント台前半まで値を切り下げての上値の重い展開が続いた。昼過ぎにまとまった売りが出ると、100セント台まで下げ幅を拡大したものの、引けにかけては買いが集まり、下げ幅を縮小した。

Posted by 松    12/28/18 - 13:40   

砂糖:反発、材料難の中週末を前に買い戻しが加速
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.39↑0.14

NY砂糖は反発。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、売られすぎ感が高まる中で週末を前にポジション整理の買い戻しが集まった。3月限は夜間の時間帯は買いが優勢、12.30セントまで値を回復する場面も見られた。朝方からは売りに押される格好となり、NYに入るとややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合い、昼前には12.18セントの日中安値をつけたものの、その後は一転して買いが加速12.40セント台まで一気に値を回復した。

Posted by 松    12/28/18 - 13:28   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は1,083基と前週から3基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

12月28日 前週比 前年比 (%)
米国合計 1083 ↑ 3 ↑ 154 ↑16.58%
>陸上油田 1056 ↑ 3 ↑ 147 ↑16.17%
>海上 24 →0 ↑ 6 ↑33.33%
>>メキシコ湾 24 →0 ↑ 6 ↑33.33%
カナダ 70 ↓ 61 ↓ 66 ↓48.53%
北米合計 1153 ↓ 58 ↑ 88 ↑8.26%

続きを読む

Posted by 松    12/28/18 - 13:09   

EIA在庫:原油は4.6万バレルの小幅取り崩し、予想下回る
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

12月21日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 441411 ↓ 46 ↓ 2633 ↑ 6900
ガソリン在庫 233106 ↑ 3003 ↑ 88 ↑ 3700
留出油在庫 119902 ↑ 2 ↓ 88 ↓ 598
製油所稼働率 95.12% ↓ 0.30 ↑ 0.50 -
原油輸入 7656 ↑ 233 - -

続きを読む

Posted by 松    12/28/18 - 11:11   

天然ガス在庫は480億立方フィートの取り崩し、予想やや下回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 12月21日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 2725 ↓ 48 ↓ 50 ↓18.22% ↓19.01%

続きを読む

Posted by 松    12/28/18 - 10:32   

18/19年ブラジル大豆、1月にも高温乾燥による影響続く見通し
  [穀物・大豆]

ブラジルの主要大豆生産で、12月からの高温乾燥による作柄への影響が1月にもしばらく続く見通しが報じられた。情報サービスのRefinitiveによると、マットグロッソ州とマットグロッソ・ド・スル州、ゴイアス州、パラナ州。サンパウロ州の1月10日までの降水量は平均以下にとどまり、特にマットグロッソ州北東部では50ミリメートルほど平均を下回るとみられる。また、パラナ州でも平均に比べて約20ミリメートルダウンとなる見通し。

ブラジル大豆生産者協会(Aprosoja)の幹部は、水不足によって2018/19年度の大豆イールドが地域によって最大30%落ち込む可能性を示唆。また、マットグロッソ・ド・スル州の農協幹部は、地元で40%前後のイールド低下が危惧されており、被害が広がる前に例年より2週間早く収穫を開始するかもしれないと述べた。

Posted by 直    12/28/18 - 10:27   

11月住宅販売ペンディング指数は前月から0.69%低下、予想は上昇
  [経済指標]

住宅販売ペンディング(契約進行中)指数
出所:全米不動産協会、NY10:00発表、季節調整値、年率

18年11月 前月比 前年比 市場予想
ペンディング指数 101.4 ↓0.69% ↓7.65% ↑0.5%

続きを読む

Posted by 松    12/28/18 - 10:05   

12月シカゴビジネス指標(PMI)は65.4、前月からやや低下
  [経済指標]

シカゴビジネス指標(PMI)
出所:シカゴ供給管理協会(ISM-Chicago)、NY9:45発表

18年12月 18年11月 市場予想
総合指数 65.4 66.4 N

続きを読む

Posted by 直    12/28/18 - 09:55   

18/19年アルゼンチン大豆作付、26日時点で83.3%終了
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度の大豆作付は26日時点で事前推定の1790万ヘクタールの83.3%終了となった。前週の74%からほぼ9ポイントアップ、前年同期の81.9%も僅かに上回った。この一週間は天候が改善した後で作業も進んだという。中部や南部の生産地帯委では暴風雨で土壌水分の過剰に悩まされるなど問題はあるものの、ほかの地域では十分あるいは適切な土壌水分の中で生育に入る見通しを示した。

Posted by 直    12/28/18 - 08:17   

2018/19年度アルゼンチンコーン作付、26日時点で73%終了
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度コーン作付は26日時点で73%終了した。前週の60.4%や、前年同期の70.2%を上回った。北部で十分な土壌水分が報告されている中で作業も順調に進んでいるといいう。

Posted by 直    12/28/18 - 08:16   

2018/19年度アルゼンチン小麦収穫、26日時点で82.1%終了
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度小麦収穫は26日時点で事前見通しの1900万トンの82.1%終了した。天候改善が寄与して前週から13.9ポイントアップ、前年も約1ポイントと僅かながら上回った。イールドは2.96トンで、前週の2.8トンから上がった。コルドバ州北部やエントレリオス州北部や東部中央で完了したという。

Posted by 直    12/28/18 - 08:16   

12/28(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・11月貿易収支(モノ-Goods)速報値 (08:30 - 米連邦機関閉鎖の影響で発表延期)
・11月住宅販売ペンディング(契約進行中)指数 (10:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)
・EIA石油在庫統計 (11:00)
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物

・USDA輸出成約高 (08:30)
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30 - 米連邦機関閉鎖の影響で発表延期)

Posted by 松    12/28/18 - 07:00   

2018年12月27日(木)

債券:反発、値動き激しい米国株にらみ安全資産の需要高まる
  [場況]

債券は反発。前日に急反発した米株式相場が大きく下げるなど値動きが激しいのをにらみ、安全資産の需要が高まり買いの展開になった。朝方発表された消費者信頼感指数の低下、米中通商交渉の先行き不安が再燃したことなども買いを支えた。夜間取引で買いが優勢となり、10年債利回りは2.7%台でじりじりと低下、通常取引で一段と下がった。午後に2.7%台前半まで低下してから一服となった。

Posted by 直    12/27/18 - 17:32   

FX:ドル反落、米株に売り先行する中でリスク回避のドル安進む
  [場況]

ドル/円:110.98、ユーロ/ドル:1.1429、ユーロ/円:126.87 (NY17:00)

為替はドルが反落。前日の急騰の反動から米株に売りが先行する中、リスク回避の動きがドル安を主導する展開となった。ドル/円は東京から売りが先行、111円を割り込むまで値を下げての推移となった。午後には一旦111円台まで値を回復したものの、ロンドンに入ると改めて売りが加速、110円台後半まで値を切り下げた。NYに入っても売りの流れは止まらず、午後には110円台半ばまで下げ幅を拡大。遅くには株価の急反発につれて買い戻しが集まったが、111円台を回復するのが精一杯だった。

ユーロ/ドルは東京から買いが優勢、1.13ドル台後半まで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入ると一段と買い意欲が強まり、1.14ドル台まで上げ幅を拡大。NY朝にかけては一旦売りに押されたものの、その後改めて買いが加速、1.14ドル台半ばまで一気に値を伸ばした。午後遅くには米株が急反発する中で売りが膨らんだが、1.14ドル台前半までの小幅な下げにとどまった。ユーロ/円は東京では126円台前半から半ばのレンジ内での推移、午後には126円台後半まで買いが集まる場面も見られた。ロンドンでは126円台前半まで値を切り下げての推移、NYに入ると改めて買い意欲が強まり、午後遅くには127円台まで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    12/27/18 - 17:19   

大豆:小幅安、決め手材料に欠け方向感定まらない展開
  [場況]

CBOT大豆3月限終値:882-1/2↓0-1/2

シカゴ大豆は小幅安。引き続き決め手材料に乏しく、前日の下げ反動で買いが入っても上値は重く、方向感の定まらない展開となった。3月限は夜間取引で買いが集まり880セント台後半に上昇。しかし、890セントに近付くとすぐにペースも鈍り、通常取引に入って値を消した。前日の終値を挟んでもみ合いの後下落。880-1/2セントと11月27日以来の安値を更新する場面もあったが、引けにかけて改めて買いが入り下げ幅を縮めた。

Posted by 直    12/27/18 - 16:57   

株式:続伸、午後に入るまでは売り先行もその後急速に切り返す
  [場況]

ダウ工業平均:23,138.82↑260.37
S&P500:2,488.83↑21.13
NASDAQ:6,579.49↑25.13

NY株式は続伸。午後に入るまでは前日の急伸の反動から大きく値を崩す格好となったが、最後は流れが一転、プラス転換するまで一気に値を回復した。ダウ平均は寄り付きから売りが先行、午後には一時600ポイント以上にまで下げ幅を拡大した。引けにかけては買い一色の展開となり、あっさりとプラス転換。最後は260ポイント以上上昇して取引を終了した。

セクター別では、ほぼ全てのセクターが上昇。素材や保険、金融株や金関連の上昇が目立った一方エネルギーや一般消費財は上値が重かった。ダウ銘柄では、スリーエム(MMM)が2.38%の上昇となったほか、IBM(IBM)やプロクター・アンド・ギャンブル(PG)、ダウデュポン(DWDP)も2%を超える上昇を記録。一方で下落したのはアップル(AAPL)とユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)の2銘柄のみだった。

Posted by 松    12/27/18 - 16:51   

コーン:反発、前日下げた反動でやや買い進む
  [場況]

CBOTコーン3月限終値:374-1/2↑1-1/4

シカゴコーンは反発。前日に下げた反動でやや買いが進んだ。3月限は夜間取引で買いが優勢となり、370セント台半ばに上昇。通常取引に入って買いが細り、伸び悩んだが、最後までプラス圏での推移は維持した。

Posted by 直    12/27/18 - 16:49   

小麦:小幅高、売りの場面みながらテクニカルな買いで持ち直す
  [場況]

CBOT小麦3月限終値:510-1/2↑0-1/2

シカゴ小麦は小幅高。ロシアの輸出見通しなどが引き続き重石で売りに押される場面もみられたが、テクニカルな買いによって持ち直した。3月限は夜間取引で買いの展開になって510セント台前半に上昇し、早朝には値を消した。通常取引に入ってマイナス圏に下落。507-1/4セントと11月30日来の安値を更新し、しばらく本日のレンジ下限でもみ合った後回復、最後は小高く引けた。

Posted by 直    12/27/18 - 16:46   

API在庫:原油は690万バレルの大幅積み増し
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

12月21日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↑ 6900 ↓ 2633
>オクラホマ州クッシング ↑ 1800 -
ガソリン在庫 ↑ 3700 ↑ 88
留出油在庫 ↓ 598 ↓ 88

続きを読む

Posted by 松    12/27/18 - 16:39   

ブラジルコーヒー輸出:27日現在255.79万袋と前月を5.6%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

12月27日 12月累計 前月(11/28) 前月比 前年比
輸出合計 177.640 2557.929 2422.212 ↑5.6% ↑12.2%
>アラビカ種 126.003 2254.870 2119.211 ↑6.4% ↑10.5%
>ロブスタ種 7.433 95.056 147.531 ↓35.6% ↓54.6%
>インスタント 44.204 208.003 155.470 ↑33.8% ↓0.6%

Posted by 松    12/27/18 - 15:21   

天然ガス:続伸、在庫統計の発表控えしっかりと買い集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス2月限終値:3.546↑0.088

NY天然ガスは続伸。在庫統計の発表を控え、在庫水準の低さや将来的な需給逼迫に対する懸念が買いを呼び込む格好となった。2月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移が続いた。早朝にかけては買い意欲が強まりプラス転換したものの、通常取引開始後は改めて売りに押され3.40ドルを割り込むまでに反落。売り一巡後もしばらく3.40ドル近辺で上値の重い展開が続いたが、昼からは改めて買いが加速、3.50ドル台まで値を伸ばした。

Posted by 松    12/27/18 - 15:14   

石油製品:反落、原油や株の下落につれ投機的な売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン1月限:1.3040↓0.0264
暖房油1月限:1.6783↓0.0553

NY石油製品は反落。原油や株式が大きく値を下げるのにつれ、投機的な売りが膨らんだ。相場は夜間取引から大きく売りが先行、通常取引開始後はガソリンを中心に買い戻しが集まったものの、プラス圏まで戻すことなく、早々に息切れ。中盤以降は改めて売り圧力が強まる展開、暖房油が主導する形で値を切り下げる格好となった。

Posted by 松    12/27/18 - 15:10   

原油:反落、前日の急伸の反動から投機的な売り膨らむ
  [場況]

NYMEX原油2月限終値:44.61↓1.61

NY原油は反落。材料面で新たな変化が見られたわけではなかったが、前日の急伸の反動から投機的な売りに押される展開となった。2月限は夜間取引から売りが先行、45ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。、通常取引開始後は改めて売りに押される格好となり、44ドル台半ばまで下げ幅を拡大。中盤には売りも一服、45ドル台前半まで買い戻されたものの、下落の流れを止めるには至らず。引けにかけては改めて売り圧力が強まった。

Posted by 松    12/27/18 - 15:01   

金:続伸、米株の下落やドル安支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

COMEX金2月限終値:1,281.1↑8.1

NY金は続伸。米株が再び大きく値を崩し、ドル安が進む中、安全資産としての需要がしっかりと相場を押し上げる展開となった。2月限は夜間取引では売りが先行したものの、ロンドン時間に入ると一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。通常取引開始には1,270ドル台後半まで値を切り上げた。その後は一旦売りに押し戻されたものの、プラス圏を維持してしっかりと下げ止まり。昼には朝方つけた高値を上抜け、そのまま1,280ドル台まで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    12/27/18 - 14:11   

天然ガス在庫は500億立方フィートの取り崩し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
28日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↓ 50.0 ↓ 61.0 〜 ↓ 39.0
>前週 ↓ 141.0
>前年 ↓ 112.0
>過去5年平均 ↓ 121.6

Posted by 松    12/27/18 - 14:04   

コーヒー:反落、前日の上昇の反動から投機的な売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:101.75↓2.15

NYコーヒーは反落。前日の上昇の反動もあり、日中を通じて投機的な売りに押される展開となった。3月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、中盤には102セントを割り込むまでに下げ幅を拡大。引け前には100.90セントの安値まで値を崩したが、最後はやや値を持ち直した。

Posted by 松    12/27/18 - 13:55   

砂糖:続落、材料難の中でこれまでの流れ継いだ売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.25↓0.14

NY砂糖は続落。決め手となる材料に欠ける中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導する展開となった。3月限は夜間の取引開始時こそ買いが先行したものの、早々に息切れ、その後はややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、中盤には12.20セント台まで下げ幅を拡大。売り一巡となった後も積極的に買いを仕掛ける向きはなく、安値近辺でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    12/27/18 - 13:24   

7年債入札、応札倍率は2.46と前回下回る、利回りは低下
  [金融・経済]

7年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

7年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(11/28)
合計 78694.7 32000.2 2.46 2.55
競争入札分 78682.8 31988.3 2.46 2.55
顧客注文比率(外国中銀含む) 67.39% 56.61%
最高落札利回り(配分比率) 2.680% (27.75%) 2.974%

Posted by 松    12/27/18 - 13:09   

2018年EU軟質小麦生産推定、3回連続下方修正・COCERAL
  [穀物・大豆]

欧州の穀物輸出組合COCERALは、欧州連合(EU)の2018年軟質小麦生産推定を1億2800万4000トンと、9月時点での1億2989万4000トンから小幅引き下げた。3月に1億4052万7000トンの初回予想を発表してからこれで3回連続の下方修正になる。前年からは9.8%の減少。EUで生産規模が最大のフランスを3512万3000トンから3416万トンに引き下げた。前年比にして6.6%減少になる。2番目に大きいドイツは前年比17.7%減の2000万1000トンで据え置いた。英国は1363万8000トンから1408万6000トンに上方修正。それでも、前年との比較にすると5.3%ダウンである。

EUのコーン生産推定は5894万3000トンから6053万4000トンに引き上げた。前年と比べて0.2%と僅かに減少。主要生産国で最大のフランスは1117万8000トンとみており、従来の1179万3000トンから一段と下方修正し、前年を22.9%下回る。しかし、ルーマニアを1056万トンから1200万トンに引き上げた。前年との比較で17.7%の増加になる。ハンガリーは前年を27%上回る866万5000トンの従来推定を維持した。

Posted by 直    12/27/18 - 11:05   

米CEO景気見通し指数、通商政策の不透明感で3-四半期連続低下
  [金融・経済]

米主要企業最高経営責任者(CEO)で構成するビジネス・ラウンドテーブルが四半期ごとに行なう景気調査報告によると、CEO景気見通し指数は10-12月期に104.4と、前期の109.3から低下した。1-3月期に118.6と過去最高を記録してから、これで3-四半期連続の低下。通商政策を巡る不透明感が、引き続き背景にあるという。前年同期の96.8は上回った。

向こう6ヶ月間の売り上げについては、増加見通しが80%と、前回調査での87%から下がった。横ばいが9%から14%、減少が4%から6%にそれぞれ上昇。設備投資見通しでは、増加が53%と2ポイントの低下、横ばいも1ポイント下がって43%、減少は2%から5%に上がった。雇用に関すると、増加計画は前期と同じ56%。据え置きは30%から29%にダウン、削減は14%と前月の13%を上回った。

2019年の実質国内総生産(GDP)見通しは2.7%の増加となった。

Posted by 直    12/27/18 - 10:33   

ユーロシステムの金準備高は2週連続で前週から横ばい
  [メタル]

ECBが27日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は12月21日現在3,554億5,500万ユーロと、2週連続で前週から横ばいとなった。

Posted by 松    12/27/18 - 10:10   

12月消費者信頼感指数は128.1に低下、予想も下回る
  [経済指標]

消費者信頼感指数
出所:カンファレンスボード、NY10:00発表、1985年=100

18年12月 18年11月 市場予想
消費者信頼感指数 128.1 136.4 133.7
現状指数 171.6 172.7
期待指数 99.1 112.3

続きを読む

Posted by 松    12/27/18 - 10:07   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から11億ドル増加
  [メタル]

ロシア中銀が27日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は12月21日時点で4,660ドルと、前週から11億ドル増加した。年初の4,327億ドルからは、333億ドルの増加となる。

Posted by 松    12/27/18 - 09:31   

10月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数は前月から0.33%上昇
  [経済指標]

米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数
出所:米連邦住宅金融庁(FHFA)、 NY9:00発表、1991年=100

月ベース 18年10月 前月比 前年比 18年9月 修正前
全米 267.89 ↑0.33% ↑5.65% ↑0.24% ↑0.18%

続きを読む

Posted by 松    12/27/18 - 09:05   

カザフスタン穀物在庫、12月1日時点で1579.4万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナの調査会社UkrAgroConsultによると、カザフスタン政府のデータで同国の穀物・豆類在庫は12月1日時点で1579万4400トンになり、前年同月を10.8%下回った。このうち小麦が1221万7000トン、コーンは15万9400トンで、いずれも前年から1割を超える減少。

Posted by 直    12/27/18 - 08:32   

失業保険新規申請件数は21.6万件に減少、予想も下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

12月22日 前週比 12月15日 市場予想
新規申請件数 216.00 ↓ 1.00 217.00 225.00
4週平均 218.00 ↓ 4.75 222.75 -
継続受給件数 1701.00 NA

続きを読む

Posted by 松    12/27/18 - 08:32   

2018/19年度ウクライナ穀物輸出、12月26日時点で2170万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナの農務省によると、2018/19年度穀物輸出(7-6月)は12月26日時点で2170万トンとなった。前年同期の1990万トンを上回る。このうちコーンが820万トンで、前年から500万トンアップ。一方、小麦は1010万トンになり、前年の1100万トンを下回った。ウクライナの2018年穀物生産は7010万トンと過去最高を更新。農務省は2018/19年度の穀物輸出が4720万トンと、前年から19.8%増加を見通す。

Posted by 直    12/27/18 - 08:27   

2018年ベトナムコーヒー輸出推定188万トン、前年20%上回る
  [コーヒー]

ベトナム統計局によると、2018年のコーヒー輸出推定は188万トンとなった。前年を20.1%上回る。12月の輸出は16万トンとみられ、前月から14.3%の増加。

Posted by 直    12/27/18 - 08:14   

12/27(木)の予定
  [経済指標]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・10月米連邦住宅金融庁(FHFA)住宅価格指数 (09:00)
・11月新築住宅販売 - 米連邦政府機関閉鎖の影響で発表延期
・12月消費者信頼感指数 (10:00)
・7年債入札 (13:00)

エネルギー
・API石油在庫統計 (16:30)

納会日
・メタル 12月限納会
・天然ガス 1月限納会

Posted by 松    12/27/18 - 06:22   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
C-fes




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ