ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



10月

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2020年10月29日(木)

20/21年度世界穀物生産見通し、100万トン下方修正・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は10月29日付けの世界穀物需給報告で、世界の2020/21年度穀物生産見通しを22億2600万トンと、前月時点での22億2700万トンとから100万トン引き下げた。コーンを11億6000万トンから11億5600万トンに下方修正し、主に欧州連合(EU)とウクライナ、米国の引き下げが響いたという。ただ、穀物生産は前年比にすると1.9%増加、コーンも前年から2.9%の増加になる。小麦は前年比0.1%増の7億6400万トンとみており、100万トン引き上げた。

穀物消費は22億2300万トンの見通しで、300万トン引き上げた。前年との比較にして1.3%増加。小麦の消費を7億4900万トンから7億5100万トンに上方修正、前年からは0.7%の増加になる。コーンは11億7600万トンから11億7300万トンに引き下げたが、前年と比べると1.7%の増加。

2020/21年度の穀物貿易は4億300万トンになる見通しで、前月の3億9800万トンから500万トン引き上げた。中国とパキスタンの小麦、EUと中国のコーンの需要が背景にある。前年比が2.3%増加。期末在庫予想が6億1900万ドル。前月の6億2900万ドルから下方修正し、前年からは0.5%アップとなる。

Posted by 直    10/29/20 - 12:57 

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ