ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



9月

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年09月11日(火)

7月の求人数は前月比11.7万人増加、前月より小幅増
  [経済指標]

求人・労働力異動調査(JOLTS)
出所:米労働省、NY10:00発表、季節調整値、単位1,000人

18年7月 前月比 求人/離職率 18年6月
求人数 6939 ↑117 4.45% 4.39%
離職数 5534 ↑20 3.71% 3.71%
>自発的離職 3583 ↑106 2.41% 2.34%

米労働省が発表した7月の求人・労働力異動調査(JOLTS)によると、求人数は693万9000人と、前月から11万7000人増加した。2ヶ月連続増加だが、前月の16万3000人(修正値)より小幅増である。民間で13万3000人の増加。レジャー・ホスピタリティーが7万2000人増え、プロフェッショナルサービスは4万8000人アップ。製造業は3万1000人増加したが、非耐久財が3万2000人増えた一方で、耐久財は1000人減少となった。小売りが8万5000人落ち込んだ。政府は1万6000人減少。求人率は4.45%で、前月の4.39%(修正値)から上昇した。

新規採用は前月比2000人増加し、567万9000人となった。採用率が3.81%で、前月の3.82%(修正値)からやや下がった。辞職とレイオフ・解雇などを含む離職数は2万人増加して553万4000人。自発的離職が10万6000人増えた一方、解雇は5万人減少した。離職率は前月比横ばいの3.71%。6月が3.69%から3.71%に修正となった。

なお、労働省は2011年1月から2018年6月の政府新規採用数、離職数、解雇に誤りが見付かったとし、一部のデータを修正したことを明らかにした。

Posted by 直    9/11/18 - 10:03 

ページのトップへ ページのトップへ

Sunward
okachi
WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ