ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



9月

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年09月13日(木)

債券:反落、新興国経済の先行き不透明感やや薄れ売り膨らむ
  [場況]

債券は反落。トルコ中銀の大幅利上げで新興国経済の先行き不透明感がやや薄れ、株式相場の上昇も響いて、売りの展開となった。夜間取引で売りが膨らみ、10年債利回りは上昇した。朝方に2.98%まで上がってから、消費者物価指数(CPI)のコア部分が予想を下回ったのを受けていったん買いに転じた。一気に2.94%まで下がったが、すぐに売りが戻り、改めて上昇。午後には2.9%台後半に上がった。

Posted by 直    9/13/18 - 17:33   

FX:円安ユーロ高、株価の上昇につれてユーロに買い集まる
  [場況]

ドル/円:111.91、ユーロ/ドル:1.1690、ユーロ/円:130.84 (NY17:00)

為替は円安ユーロ高の展開。米株がしっかりと上昇し投資家のリスク志向が強まる中、投機的な買いがユーロに集まった。ECB理事会やドラギ総裁の会見は、特にサプライズという内容ではなかったが、10月からの債権購入プログラムの規模縮小と、年末までの終了計画が改めて示されたことがユーロの下支えとなった。ドル/円は東京から買いが優勢、ロンドンでは111円台半ばまで値を切り上げての推移となった。NYでは消費者物価指数の発表を受けて一旦売りが出たものの、株式市場が開くと改めて買いが加速、午後には一時112円をつける場面も見られた。

ユーロ/ドルは東京では1.16ドル台前半での推移、午後からは売りが優勢となり、ロンドンでは1.1610ドルまで値を下げた。NYでは一転して買い意欲が強まり、1.17ドルまで一気に値を回復。その後は買いも一服となったものの、1.16ドル台後半の水準をしっかりと維持しての推移が続いた。ユーロ/円は東京から買いが優勢、129円台半ばから後半のレンジ内での推移となった。ロンドンではやや売りに押し戻されたものの、NYに入ると改めて買いが加速、株価の上昇につれて130円台後半まで一気に値を伸ばした。

Posted by 松    9/13/18 - 17:19   

大豆:反落、前日のUSDA需給報告に改めて着目し売り圧力強まる
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:833-1/4↓6-3/4

シカゴ大豆は反落。米中の通商問題の行方をにらみながら、前日発表されたUSDA需給報告がやや低調な内容だったのに改めて着目し、売り圧力が強まる格好となった。11月限は夜間取引で売りに押されて830セント台前半に下落した。朝方に下げ渋り、通常取引に入って一時上昇。846-1/4セントまで上がって値を消し、その後は引けまで830セント台で軟調な値動きだった。

Posted by 直    9/13/18 - 16:59   

コーン:続落、USDA需給報告引き続き重石で売りに押される
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:350-1/2↓2-0

シカゴコーンは続落。前日発表された弱気のUSDA需給報告が引き続き重石で、売りに押される展開となった。12月限は夜間取引で買いが入ったが、350セント台半ばまで上昇してすぐにペースが鈍り、上値の重い値動き。通常取引では前日比マイナスに転じ、7月12日に付けた350-1/4セントを下抜けた。さらに350セントも割り込み、348-3/4セントと安値を更新して一服。引けにかけて350セント台に下げ幅縮小となった。

Posted by 直    9/13/18 - 16:55   

ブラジルコーヒー輸出:13日現在70.74万袋と前月を0.3%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

9月13日 9月累計 前月(8/13) 前月比 前年比
輸出合計 147.292 707.412 709.625 ↓0.3% ↑38.1%
>アラビカ種 141.194 572.759 509.930 ↑12.3% ↑25.4%
>ロブスタ種 0.000 81.206 136.359 ↓40.4% ↑55.4%
>インスタント 6.098 53.447 63.336 ↓15.6% ↑2.3%

Posted by 松    9/13/18 - 16:55   

小麦:続落、ロシアの輸出伸びるとの見方から膨らむ
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:497-0↓9-3/4

シカゴ小麦は続落。前日のUSDA需給報告でのロシア生産見通し引き上げを背景に、ロシアの輸出が伸びるとの見方から売りが膨らんだ。12月限は夜間取引でまず買いが集まり小高くなったものの、早々に値を消し、その後は横ばい水準でもみ合った。早朝には売りが優勢となりマイナス転落。通常取引開始時に500セントちょうどまで下がっていったん下げ渋ったが、取引終盤に改めて弱含んだ。節目を下抜け、495-1/4セントと7月12日以来の安値を付けた。

Posted by 直    9/13/18 - 16:53   

株式:上昇、貿易戦争への懸念後退する中でしっかりと買い集まる
  [場況]

ダウ工業平均:26,145.99↑147.07
S&P500:2,904.18↑15.26
NASDAQ:8,013.71↑59.48

NY株式は上昇。米国の新たな通商交渉の提案を受けて米中の貿易戦争に対する懸念が後退する中、しっかりと買いが集まった。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、早々に200ポイント近く値を伸ばす展開となった。この後は買いも一服、中盤にかけてやや売りに押し戻される格好となったものの、大きく値を崩すこともなく高値近辺はしっかりと維持。午後からは値動きも落ち着き、小幅レンジ内でのもみ合いが続いた。

セクター別では、半導体やコンピューター関連、保険や薬品株の上昇が目立った一方、銀行株は下落。運輸株や金関連も値を下げた。ダウ銘柄では、アップル(AAPL)が2.42%の上昇、IBM(IBM)やトラベラーズ(TRV)、インテル(INTC)、メルク(MRK)、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)もしっかりと上昇した。一方マクドナルド(MCD)は1.42%の下落、ホーム・デポ(HD)やエクソン・モービル(XOM)、ウォルマート(WMT)も下げが目立った。

Posted by 松    9/13/18 - 16:51   

天然ガス:反落、在庫統計発表後に手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス10月限終値:2.817↓0.012

NY天然ガスは反落。在庫統計が特に新たな買いを呼び込むような内容でなかったこともあり、中盤以降はポジション整理の売りに押される格好となった。10月限は夜間取引では前日終値を中心としたレンジ内で、方向感なくもみ合う展開。朝方からは改めて買い意欲が強まり、通常取引開始後には2.80ドル台半ばまでレンジを切り上げての推移となった。在庫統計発表後は一転して売り圧力が強まり、あっさりとマイナス転落。最後は2.80ドル台前半まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    9/13/18 - 15:03   

石油製品:反落、原油の下落につれてポジション整理売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン10月限:1.9929↓0.0419
暖房油10月限:2.2235↓0.0342

NY石油製品は反落。原油の下落につれてポジション整理の売りが膨らんだ。相場は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。通常取引開始後もしばらくは動きが見られなかったが、その後原油の下落につれて売りが加速、一気に下げ幅を拡大した。中盤以降は売りも一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    9/13/18 - 14:54   

原油:大幅反落、OPECの生産増手掛かりとなる中で売りが加速
  [場況]

NYMEX原油10月限終値:68.59↓1.78

NY原油は大幅反落。IEAの月報でOPECの生産増が確認されたことが改めて材料視される中、前日までの上昇の反動もあってポジション整理の売りが加速した。10月限は夜間取引から売りが優勢、70ドルをやや割り込んだあたりでの推移となった。ロンドン時間に入るとIEAの月報発表を受けて69ドル台前半まで下げ幅を拡大。通常取引開始後もしばらくは動きが見られなかったが、その後まとまった売りが出ると、68ドル台半ばまで一気に値を崩した。中盤以降は売りも一服となったが、最後まで日中安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    9/13/18 - 14:53   

8月財政収支は2,141.5億ドルの赤字、前年同月の2倍近くに拡大
  [経済指標]

財政収支
出所:米財務省、NY14:00発表、単位10億ドル、▲赤字、会計年度:10月-9月

18年8月 17年8月 今年度累計 前年同期
財政収支 ▲214.148 ▲107.689 ▲898.112 ▲673.712
歳入 219.115 226.311 2985.186 2966.172
歳出 433.263 334.000 3883.298 3639.883

続きを読む

Posted by 松    9/13/18 - 14:15   

金:小幅反落、買い先行も株高が重石となる中で売りに押される
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,208.2↓2.7

NY金は小幅反落。朝方にはドル安の進行を好感する形で大きく買いが先行する場面も見られたが、その後は株価の上昇が重石となる中でポジション整理の売りに押し戻された。12月限は夜間取引ではややプラス圏に入ったあたりでもみ合う展開。通常取引開始後は対ユーロでドル安が進むのを手掛かりに買いが加速、1,210ドル台後半まで一気に上げ幅を拡大した。しかし株式市場が開くと一転して売り一色の展開となり、あっさりとマイナス転落した。中盤以降は売りも一服、1,200ドル台後半の水準での小動きが続いた。

Posted by 松    9/13/18 - 13:51   

コーヒー:反落、レアル安の進行嫌気し投機的な売り膨らむ
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:100.65↓1.45

NYコーヒーは反落。ブラジルレアルが対ドルで下落に転じたことが嫌気される中、日中を通じて投機的な売りに押される軟調な展開となった。12月限は夜間の時間帯は前日終値を中心とした狭いレンジ内でもみ合い。NYに入ると一転して売り一色の展開となり、中盤には100セント台前半まで一気に値を下げた。その後は下げも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで安値近辺で上値の重い状態が続いた。

Posted by 松    9/13/18 - 13:49   

砂糖:ほぼ変わらず、レアル安が重石も最後は値を回復
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:11.68↑0.01

NY砂糖は前日からほぼ変わらず。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中は売りが優勢の展開となったものの、前日の流れを継いだ投機的な買い意欲も強く、最後は値を回復した。10月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ると徐々に売り圧力が強まり、中盤には11.50セント台まで値を切り下げての推移。昼前からは改めて買いが優勢となり、最後は小幅ながらもプラス圏まで戻して取引を終了した。

Posted by 松    9/13/18 - 13:18   

30年債入札リ・オープン、応札倍率は2.34、最高利回り3.088%
  [金融・経済]

30年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

30年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(8/9)
合計 35058.8 15000.0 2.34 2.27
競争入札分 35055.6 14996.8 2.34 2.27
顧客注文比率(外国中銀含む) 61.71% 62.25%
最高落札利回り(配分比率) 3.088% (79.43%) 3.090%

Posted by 松    9/13/18 - 13:05   

天然ガス在庫は690億立方フィートの積み増し、市場予想通り
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 9月7日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 2636 ↑ 69 ↑ 69 ↓20.39% ↓18.27%

続きを読む

Posted by 松    9/13/18 - 11:48   

ブラジルと豪州、インドが砂糖輸出補助決めた場合WTOに抗議
  [砂糖]

ブラジルとオーストラリアは、インドが砂糖輸出補助を設けた場合、世界貿易機関(WTO)に対し抗議する見通しが報じられた。ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)の幹部はロイターとのインタビューにおいて、インドの補助は最近回復傾向にある砂糖価格を脅かすとの見方でオーストラリアの生産者と一致しているとコメント。インドが輸出補助を決めるなら、政府に公式な措置を求めると述べた。ブラジルの多くの製糖所が厳しい財務状況にあり、政府はUnicaの計画を支持しているともいう。

Posted by 直    9/13/18 - 11:41   

コスタリカ向けで14万2876トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は13日、民間業者からコスありか向けで14万2876トンの2018/19年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    9/13/18 - 10:51   

メキシコ向けと仕向け先不明で大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は13日、民間業者からメキシコ向けで10万810トンの2018/19年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。また、仕向け先不明で12万トンの成約報告もあり、4万トンが2018/19年度産、8万トンが2019/20年度産という。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    9/13/18 - 10:51   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から12億ドル減少
  [メタル]

ロシア中銀が13日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は9月7日時点で4,606ドルと、前週から12億ドル減少した。年初の4,327億ドルからは、267億ドルの増加となる。

Posted by 松    9/13/18 - 09:01   

輸出成約高:小麦と大豆は前週から小幅増、コーンは減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

9/6/18 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想 繰り越し 17/18年
小麦 387.6 0.0 387.6 ↑2.1% 300.0 〜500.0 - -
コーン 774.2 0.0 774.2 ↓27.2% 800.0 〜1200.0 2926.2 ▲171.6
大豆 693.5 0.0 693.5 ↑3.0% 500.0 〜1000.0 2430.9 14.6
大豆ミール 34.9 188.3 223.2 ↓37.8% 100.0 〜400.0 - -
大豆油 4.7 5.2 9.9 - 0.0 〜35.0 - -

Posted by 松    9/13/18 - 08:50   

8月消費者物価指数(CPI)は前月から0.22%上昇、ほぼ予想通り
  [経済指標]

消費者物価指数(CPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982-84年=100

前月比 18年8月 18年7月 市場予想
消費者物価指数 ↑0.22% ↑0.17% ↑0.2%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.08% ↑0.24% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    9/13/18 - 08:40   

失業保険新規申請件数は20.4万件に減少、予想も下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

9月8日 前週比 9月1日 市場予想
新規申請件数 204.00 ↓ 1.00 205.00 210.00
4週平均 208.00 ↓ 2.00 210.00 -
継続受給件数 1696.00 NA

続きを読む

Posted by 松    9/13/18 - 08:33   

オーストラリア砂糖きび圧搾、9月9日時点で56.9%終了
  [砂糖]

オーストラリアの砂糖製造業者協議会(ASMC)によると、国内の2018年砂糖きび圧搾は6月に始まってから9月9日時点で1908万9657トンと、事前予想の56.9%終了した。圧搾は9日までの一週間で149万7059トンになり、前週の152万1995トンからやや減少。ASMCは2018年の砂糖きび圧搾が最終的に3354万1000トンになると見通しており、従来の3357万6000トンから小幅引き下げた。シーズン初めの予想は3426万4500トンだった。

Posted by 直    9/13/18 - 08:25   

IEA、世界石油需要の伸びを前月から据え置き
  [エネルギー]

国際エネルギー機関(IEA)は13日に発表した月報で、2018年度の世界石油需要の伸びを前年比で日量140万バレルと推定、前月から据え置きとした。2019年度の伸びもにちりょう 150万バレルで据え置き。需要の伸びは4-6月期に急速にスローダウン、欧州とアジアのOECD諸国の低迷が背景にある。また、米国でも価格の高騰がガソリンの消費を抑える格好となった。非OECD諸国の需要は依然として好調だが、2019年には通貨下落と貿易問題の影響がリスク要因となる可能性を指摘。中国とインドの需要は2018年で合計で日量91万バレルの伸びとなるが、2019年には64万バレルまで伸び悩むという。

続きを読む

Posted by 松    9/13/18 - 06:31   

12日のOPECバスケット価格は77.16ドルと前日から1.14ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
9/12 (水) 77.16 ↑1.14
9/11 (火) 76.02 ↑0.82
9/10 (月) 75.20 ↑1.03
9/7 (金) 74.17 ↓0.34
9/6 (木) 74.51 ↓0.67

Posted by 松    9/13/18 - 06:30   

9/13(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・ECB理事会
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・8月消費者物価指数(CPI) (08:30)
・30年債入札 (Re-Opening) (13:00)
・8月財政収支 (14:00)

エネルギー
・国際エネルギー機関(IEA)月報
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

Posted by 松    9/13/18 - 06:28   

2018年09月12日(水)

FX:ドル安、弱気の生産者物価指数受けて売り圧力強まる
  [場況]

ドル/円:111.25、ユーロ/ドル:1.1625、ユーロ/円:129.35 (NY17:00)

為替はドル安が進行。8月の米生産者物価指数が予想外の前月比マイナスとなったことを受け、ドルを売る動きが加速した。ドル/円は東京から売りが優勢、111円台半ばのレンジ内でやや軟調な値動き。ロンドンに入ってからは特に新たな動きは見られず。NYでは物価指数の発表を受けて売りが膨らみ、111円台前半まで下げ幅を拡大。昼前に買い戻しが集まる場面も見られたが、早々に息切れ。午後からも111円前半で軟調な展開が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.15ドル台後半で、やや上値の重い展開。ロンドンに入ると同水準で方向感なく上下に振れる状態が続いた。NYでは物価指標の発表を受けて買いが集まり、1.16ドル台を回復、昼前にはそのまま1.16ドル台半ばまで一気に上げ幅を拡大した。昼からは値動きも落ち着き、1.16ドル台前半でのもみ合いとなった。ユーロ/円は東京では129円台前半の水準で、やや売りが優勢。ロンドンに入っても同水準でのもみ合いが続いた。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、129円台後半まで値を伸ばしたものの、早々に息切れ。午後からは129円台前半から半ばのレンジ内での小動きとなった。

Posted by 松    9/12/18 - 17:27   

債券:小反発、予想外のPPI低下が買い支える
  [場況]

債券は小反発。朝方発表された生産者物価指数(PPI)が予想外の低下となり、買いを支える格好となった。午後の10年債入札結果がまずまずと受け止められたのも寄与。ただ、地区連銀経済報告で、インプットコストの上昇圧力を指摘したことなどはマイナス視された。明日には消費者物価指数(CPI)、30年債入札を控えていることもあり、この結果、買いは限れた。

夜間取引でやや買い戻しが集まり、10年債利回りは低下となった。通常取引ではPPIを手掛かり買いの流れを継続。午後に入ってやや買いも細った。

Posted by 直    9/12/18 - 17:16   

ブラジルコーヒー輸出:12日現在56.01万袋と前月を12.4%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

9月12日 9月累計 前月(8/10) 前月比 前年比
輸出合計 211.858 560.120 639.149 ↓12.4% ↑170.7%
>アラビカ種 187.645 431.565 445.071 ↓3.0% ↑114.1%
>ロブスタ種 8.807 81.206 136.359 ↓40.4% ↑1419.0%
>インスタント 15.406 47.349 57.719 ↓18.0% ↑785.7%

Posted by 松    9/12/18 - 17:12   

株式:ダウ平均とS&P500が小幅続伸、ナスダックは反落
  [場況]

ダウ工業平均:25,998.92↑27.86
S&P500:2,888.92↑1.03
NASDAQ:7,954.23↓18.24

NY株式は、ダウ工業平均とS&P500種が小幅続伸となる一方、ナスダック総合指数は反落。ハイテク銘柄を中心としたポジション調整の売り圧力は相変わらず強いものの、米国が中国に対して新たな通商交渉を提案したとの報道が好感され、しっかりと買いが集まった。ダウ平均は寄り付きからしばらくは前日終値近辺でのもみ合い、中盤にはまとまった買いが入り、100ポイント台後半まで一気に値を伸ばす展開となったものの、それ以上の動きは見られず。その後は徐々に売りに押し戻される格好となり、昼過ぎには一時マイナス転落する場面も見られた。

セクター別では、金関連が金価格の上昇につれて大きく値を伸ばしたほか、エネルギーや生活必需品、薬品株や通信株も上昇。一方で銀行株は大幅に下落、半導体や保険、コンピュータ関連も値下がりが目立った。ダウ銘柄では、ウォルグリーン(WBA)とボーイング(BA)が2%を超える上昇となったほか、キャタピラー(CAT)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、メルク(MRK)の上昇も1%を超えた。一方でスリーエム(MMM)は2.39%の下落、新型iPhoneを発表したアップル(AAPL)やダウ・デュポン(DWDP)、JPモルガン・チェース(JPM)も1%を超える下げとなった。

Posted by 松    9/12/18 - 16:55   

大豆:反発、米政府が中国に新たな通商協議提案との報道受け買い
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:840-0↑8-1/4

シカゴ大豆は反発。米政府が中国に新たな通商協議を提案しているとの報道を受け、買いが集まった。11月限は夜間取引で売りに押されて820セント台に下落し、朝方には7月16日に付けた一代安値826-1/4セントを下抜け。通常取引に入って一段と下がり、821-1/4セントまで下落して一服となった。さらに、米中の通商協議再開を見込んだ買いで一気に上昇した。USDA需給報告がやや低調な内容だったためいったん売りが進み、820セント台前半に値を下げたが、すぐにプラス圏に持ち直した。840セント台に上がり、伸び悩む場面もみながら、最後は節目で引けた。

Posted by 直    9/12/18 - 16:52   

コーン:下落、USDA需給報告が弱気の内容で売り活発
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:352-1/2↓14-1/4

シカゴコーンは下落。USDA需給報告で単収が引き上げで予想を上回り、在庫も上方修正と弱気の内容だったことから売りが活発となった。12月限は夜間取引で小安くなり、通常取引でも売りの流れを引き継いで軟調に推移。需給報告を受けて売りに弾みが付き、一気に350セント台に値を下げた。350-3/4セントと7月12日に付けた一代安値の350-1/4セントに迫るまで下げてから売りにブレーキがかかり、その後は安値圏でもみ合った。

Posted by 直    9/12/18 - 16:48   

小麦:続落、USDA需給報告のロシア生産引き上げなど受け売り
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:506-3/4↓12-0

シカゴ小麦は続落。USDA需給報告でロシアの生産が引き上げとなり、世界在庫は予想を上回るなど内容が弱かったのを受け、売りが膨らんだ。12月限は夜間取引でまず小動きとなってから、買いが進み上昇した。520セント台に上がり、しっかりと値を伸ばす展開。通常穂取引に入って530セント近くまで上がって買いも一服となった。その後需給報告の発表に続いて売りに転じ、500Z台に下落してさらに値を下げた。500-1/4セントと7月13日以来の安値を付けたところで下げ止まった。

Posted by 直    9/12/18 - 16:44   

天然ガス:ほぼ変わらず、朝方まで買い先行もその後売られる
  [場況]

NYMEX天然ガス10月限終値:2.829↑0.001

NY天然ガスは前日からほぼ変わらず。朝方までは大型ハリケーン「フローレンス」の東海岸直撃を受け、パイプラインなど供給網への被害を懸念した買いが先行したものの、その後は売りに押し戻された。10月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移が続いた。早朝からは改めて買い意欲が強まる格好となり、通常取引開始時には2.80ドル台後半まで上げ幅を拡大。その後は一転して売りに押し戻される格好となり、昼からは前日終値近辺でもみ合う展開が続いた。

Posted by 松    9/12/18 - 15:19   

石油製品:続伸、ハリケーン直撃による石油製品への被害を懸念
  [場況]

RBOBガソリン10月限:2.0348↑0.0206
暖房油10月限:2.2577↑0.0057

NY石油製品は続伸。大型ハリケーンが米東海岸を直撃すると見られる中、石油製品の供給施設などに対する被害が懸念される中で買いが集まった。相場は夜間取引から買いが優勢、原油の上昇が下支えとなる中、通常取引開始後もしっかりの展開となった。在庫統計発表後は製品在庫の大幅積み増しが嫌気される中で売りに押される場面も見られたが、最後までプラス圏は維持して終了した。

Posted by 松    9/12/18 - 15:14   

原油:続伸、ドル安や原油在庫の取り崩し支えに買い集まる
  [場況]

NYMEX原油10月限終値:70.37↑1.12

NY原油は続伸。ドル安の進行が下支えとなる中で、前日の流れを継いだ投機的な買いが相場を主導した。EIA在庫統計で原油が大幅取り崩しとなったことも、強気に作用した。10月限は夜間取引から買いが先行、通常取引開始後には70ドルの節目を回復しての推移となった。在庫統計発表後は原油の大幅取り崩しを手掛かりに、71ドル台前半まで一気に上げ幅を拡大。その後は石油製品在庫がそれ以上の大幅積み増しとなったことなどが重石となる中で、売りに押し戻される格好となったものの、70ドルの大台は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/12/18 - 15:03   

米経済活動拡大続く、通商問題への懸念も・ベージュブック
  [金融・経済]

米連邦準備理事会(FRB)は12日に発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、8月末にかけて国内の経済活動が緩やかなペースでの拡大を続けたとの見方を示した。もっとも、ダラス地区で比較的に活発な伸びだったとする一方、フィラデルフィアとセントルイス、カンザスシティーの成長はやや平均以下と評価した。産業界の短期的な景気見通しは全般に前向きだったものの、ほとんどの地区で通商問題を巡る不透明感に対する懸念も強く、また製造業だけに限ったことでもなかったことを認識した。このため、複数の地区でビジネスが設備投資を削減あるいは延期を決めているともいう。

Posted by 直    9/12/18 - 14:35   

金:続伸、弱気の生産者物価指数受けドル安進む中で買いが加速
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,210.09↑8.7

NY金は続伸。朝方発表された8月の生産者物価指数が予想外の前月比マイナスとなったことを受けてドル安が進む中、投機的な買いがしっかりと相場を押し上げた。12月限は夜間取引では売りが優勢、朝方にかけては1,200ドルの節目を割り込んでの値動きが続いた。通常取引開始後は徐々に買い意欲が強まり、1,200ドル台を回復。中盤にまとまった買いが入ると、1,210ドルに迫るまで一気に上げ幅を拡大、そのまま最後まで堅調に推移した。

Posted by 松    9/12/18 - 14:18   

エジプトGASC、24万トンのロシア産小麦買い付け
  [穀物・大豆]

エジプト商品供給公社(GASC)が12日に24万トンのロシア産小麦を買い付けたと報じられた。トレーダーによると、商社2社から6万トンのカーゴ2つを購入。価格は輸送費を含めて1トン240.15ドルと240.38ドルだったという。小麦は全て10月25日から11月4日の出荷になる。

Posted by 直    9/12/18 - 14:00   

コーヒー:反発、レアル高の進行支えにしっかりと買い戻し集まる
  [カレンダー]

ICE-USコーヒー12月限終値:102.10↑1.65

NYコーヒーは反発。対ドルでのブラジルレアル高の進行が好感される中、日中を通じてポジション整理の買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。12月限は夜間の時間帯は売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いとなった。NYに入ると一転して買い一色の展開、需給面で材料が出た訳ではなかったが、弱気の米生産者物価指数を受けてドルが全面安の展開となる中、102セント台後半まで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服となったものの、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/12/18 - 13:57   

砂糖:大幅高、レアル高の進行支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:11.67↑0.49

NY砂糖は大幅高。対ドルでのブラジルレアルの上昇が下支えとなる中、これまでの流れを継いだ買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。10月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移が続いた。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、中盤には11セント台半ばまで上げ幅を拡大。その後は一旦買いも一服、上下に不安定に振れる展開となったが、引け間際にまとまった買いが入ると、11セント台後半まで一気に値を伸ばした。

Posted by 松    9/12/18 - 13:40   

天然ガス在庫は690億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
13日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 69.0 ↑ 64.0 〜 ↑ 75.0
>前週 ↑ 63.0
>前年 ↑ 91.0
>過去5年平均 ↑ 76.2

Posted by 松    9/12/18 - 13:40   

10年債入札リ・オープン、応札倍率は2.58、最高利回りは2.957%
  [金融・経済]

10年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

10年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(8/8)
合計 59328.8 23000.0 2.58 2.55
競争入札分 59313.4 22984.6 2.58 2.55
顧客注文比率(外国中銀含む) 63.92% 61.27%
最高落札利回り(配分比率) 2.957% (19.38%) 2.960%

Posted by 松    9/12/18 - 13:10   

USDA需給:砂糖国内在庫は前月から引き下げ、生産増も輸入減少
  [砂糖]

USDA需給報告・砂糖
出所:米農務省、NY12:00発表、単位1,000トン

砂糖 18/19年 修正 前年比 17/18年 修正 16/17年
生産 9328 ↑ 240 ↑ 0.79% 9255 ↓ 3 8969
ビート糖 5343 ↑ 236 ↑ 1.87% 5245 ↑ 4 5103
砂糖きび糖 3985 ↑ 4 ↓0.65% 4011 ↓ 6 3866
輸入 2776 ↓ 784 ↓17.53% 3366 ↓ 28 3244
>輸入枠内 1539 →0 ↓10.89% 1727 ↓ 27 1611
食用消費 12250 →0 ↑ 1.24% 12100 →0 12102
期末在庫 1687 ↓ 574 ↓18.58% 2072 ↓ 31 1876
在庫率 13.51% ↓ 4.60 - 16.68% ↓ 0.25 15.14%

Posted by 松    9/12/18 - 12:31   

USDA需給:世界在庫は小麦、コーン、大豆とも予想上回る引き上げ
  [穀物・大豆]

USDA需給報告・世界
出所:米農務省、NY12:00発表、単位100万トン

18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正 市場予想
小麦
生産 733.00 ↑ 3.37 ↓3.33% - 758.27 ↑ 0.25 -
消費 746.06 ↑ 2.32 ↑ 0.68% - 741.01 ↓ 1.12 -
期末在庫 261.29 ↑ 2.33 ↓4.76% 257.20 274.36 ↑ 1.29 272.70
コーン
生産 1069.00 ↑ 7.95 ↑ 3.42% - 1033.64 ↑ 0.34 -
消費 1106.12 ↑ 7.23 ↑ 3.64% - 1067.32 ↓ 0.48 -
期末在庫 157.03 ↑ 1.54 ↓19.12% 154.40 194.15 ↑ 0.82 192.30
大豆
生産 369.32 ↑ 2.22 ↑ 9.65% - 336.82 ↑ 0.12 -
消費 353.01 ↓ 0.63 ↑ 4.75% - 337.00 ↓ 0.53 -
期末在庫 108.26 ↑ 2.32 ↑ 14.27% 107.50 94.74 ↓ 0.87 95.20

続きを読む

Posted by 松    9/12/18 - 12:30   

USDA需給:コーンと大豆国内生産と在庫は予想上回る引き上げ
  [穀物・大豆]

USDA需給報告
出所:米農務省、NY12:00発表、単位:100万ブッシェル、イールドはブッシェル/エーカー

小麦 18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正 市場予想
>イールド 47.4 →0.0 ↑ 2.38% 46.3 →0.0 -
>生産 1877 →0 ↑ 7.81% 0 1741 →0 -
期末在庫 935 →0 ↓15.00% 938 1100 →0 -
コーン 18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正 市場予想
>イールド 181.3 ↑ 2.9 ↑ 2.66% 177.4 176.6 →0.0 -
>生産 14827 ↑ 241 ↑ 1.53% 14506 14604 →0 -
期末在庫 1774 ↑ 90 ↓11.39% 1590 2002 ↓ 25 2014
大豆 18/19年 修正 前年比 市場予想 17/18年 修正 市場予想
>イールド 52.8 ↑ 1.2 ↑ 7.54% 52.5 49.1 →0.0 -
>生産 4693 ↑ 107 ↑ 6.85% 4659 4392 →0 -
期末在庫 845 ↑ 60 ↑ 113.92% 836 395 ↓ 35 418

続きを読む

Posted by 松    9/12/18 - 12:25   

インド政府、エタノール価格を25%引き上げ
  [エタノール]

インド石油相は12日の記者会見で、甘しょ糖から直接生産するエタノール価格の25%引き上げを決めたことを発表した。従来の1リットル47.13ルピーから59.13ルピーに改定。国内の砂糖需給引き締めに向け、エタノールの生産を促進するためであり、また、原油輸入の削減も狙うという。

Posted by 直    9/12/18 - 11:20   

EIA在庫:原油は529.6万バレル減少も、石油製品はそれ以上に増加
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

9月7日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 396194 ↓ 5296 ↓ 1645 ↓ 8636
ガソリン在庫 235869 ↑ 1250 ↑ 382 ↑ 2122
留出油在庫 139283 ↑ 6163 ↑ 1100 ↑ 582
製油所稼働率 97.59% ↑ 1.01 ↓ 0.56 -
原油輸入 7591 ↓ 123 - -

続きを読む

Posted by 松    9/12/18 - 10:51   

18/19年ブラジル中南部砂糖きび圧搾、8月後半は10.83%増加
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が発表した国内中南部の砂糖きび収穫報告によると、8月後半の2018/19年度砂糖きび圧搾高は4330万6000トンと前年同期から10.83%増加した。6月後半から続いていた減少が一服した格好になる。年初からの圧搾高は9月1日時点で3億9176万7000トンと、前年同期を2.33%上回った。

8月後半の砂糖生産は237万1000トンとなり、前年から6.85%減少した。5月から減少続きではあるものの、この間で最も小幅マイナスとなった。エタノールは24億5100万リットルと前年比にして37.31%増加で、前半の1.10%より速いペースの伸びである。含水エタノーが62.75%増え、無水エタノールは2.67%の増加に転じた。2018/19年度の砂糖生産は9月1日時点で前年から19.28%減少して1884万2000トン、エタノールは204億9500万リットルで33.51%増加した。

9月1日時点での砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は138.22キログラムと、前年同期の131.93キログラムを上回った。砂糖きびの消費比率は砂糖生産が前年同期の48.50%から36.52%に低下、エタノール生産は51.50%から63.48%に上昇した。

Posted by 直    9/12/18 - 10:44   

8月生産者物価指数(PPI)は前月から0.09%低下、予想外のマイナス
  [経済指標]

生産者物価指数(PPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982年=100

前月比 18年8月 18年7月 市場予想
最終需要 ↓0.09% →0.00% ↑0.2%
コア(エネルギー・食品除く) ↓0.09% ↑0.09% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    9/12/18 - 08:31   

OPEC、世界石油需要見通しを前月から小幅引き下げ
  [エネルギー]

OPEC月報
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位100万バレル

2019年 修正 2018年 修正 18年4Q 18年3Q 2017年
世界需要合計 100.23 ↓ 0.03 98.82 ↓ 0.01 100.20 99.38 97.20
非OPEC石油生産合計 61.71 ↓ 0.04 59.56 ↓ 0.06 60.15 59.64 57.54

続きを読む

Posted by 松    9/12/18 - 08:19   

MBA住宅ローン申請指数は前週から1.78%低下
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

9月7日 前週比 前年比 8月31日
総合指数 337.4 ↓1.78% ↓26.99% ↓0.15%
新規購入指数 233.5 ↑0.91% ↓7.34% ↑0.56%
借り換え指数 884.3 ↓5.93% ↓45.97% ↓1.35%

Posted by 松    9/12/18 - 07:03   

11日のOPECバスケット価格は76.02ドルと前日から0.82ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
9/11 (火) 76.02 ↑0.82
9/10 (月) 75.20 ↑1.03
9/7 (金) 74.17 ↓0.34
9/6 (木) 74.51 ↓0.67
9/5 (水) 75.18 ↓1.14

Posted by 松    9/12/18 - 06:11   

9/12(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・8月生産者物価指数(PPI) (08:30)
・10年債入札 (Re-Opening) (13:00)
・地区連銀経済報告(ベージュブック) (14:00)

エネルギー
・石油輸出国機構(OPEC)月報
・EIA石油在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA需給報告 (12:00)
・USDA需給報告・世界 (12:00)

Posted by 松    9/12/18 - 06:09   

2018年09月11日(火)

FX:円安ユーロ高、株の上昇で投資家のリスク志向強まる
  [場況]

ドル/円:111.62、ユーロ/ドル:1.1604、ユーロ/円:129.54 (NY17:00)

為替は円安ユーロ高が進行。株がしっかりと上昇、投資家のリスク志向が強まる中で安全資産としての円に対する需要が後退、ユーロには投機的な買いが集まった。ドル/円は東京から買いが先行、111円台半ばまで値を切り上げての推移となった。ロンドンに入ると売りが優勢となり、111円台前半まで反落。NYに入ると株式市場の上昇につれて改めて買い意欲が強まり、中盤には111.60円台まで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったが、高値圏を維持しての推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.16ドルをやや割り込んだあたりを中心に推移。午後からは買い意欲が強まり、1.16ドル台半ばまで一気に値を伸ばした。ロンドンに入ると一転して売りに押し戻される格好となり、1.15ドル台後半まで反落。NYに入っても同水準でのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京から買いが先行、午後には129円台後半まで値を伸ばした。ロンドンに入ると流れが一転、128円台後半まで値を下げたものの、NYでは再び買いが優勢。株価の上昇につれてしっかりと値を切り上げる格好となり、午後遅くには129円台半ばまで値を回復した。

Posted by 松    9/11/18 - 17:29   

債券:反落、株高や求人数過去最高などが重石
  [場況]

債券は反落。株高や朝方発表された求人・労働力異動調査(JOLTS)で求人数が過去最高となったことが重石となった。今週は物価統計や国債入札を控えていることも売り圧力を強めた。夜間取引から売りが先行し、10年債利回りは上昇。通常取引でもほぼ一本調子で上げ、午後に2.98%と8月8日以来の高水準を付けた。

Posted by 直    9/11/18 - 17:24   

株式:上昇、ハイテク株中心にしっかりと値を伸ばす展開
  [場況]

ダウ工業平均:25,971.06↑113.99
S&P500:2,887.89↑10.76
NASDAQ:7,972.47↑48.31

NY株式は上昇。貿易戦争に対する懸念などが重石となる中にも関わらず、ハイテク株を中心にしっかりと買いが集まる展開となった。ダウ平均は寄り付きでこそ売りが先行、100ポイント以上値を下げる格好となったものの、押し目ではすぐに買いが集まりプラス圏を回復。そのまま中盤にかけて買いが加速、今度は100ポイント以上大きく値を伸ばした。昼過ぎには買いも一服となったものの、その後も大きく売りに押し戻されることはなく、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

セクター別では、石油サービスなどエネルギー関連が大きく値を伸ばしたほか、コンピューター関連、一般消費財、通信関連も上昇。一方で半導体は下落、生活必需品、バイオテクノロジー、公益株も値を下げた。ダウ銘柄では、アップル(AAPL)が2.53%の上昇となったほか、マイクロソフト(MSFT)、ホーム・デポ(HD)、エクソン・モービル(XOM)、ベライズン(VZ)も1%を超える伸びとなった。一方でインテル(INTC)は2.96%の下落、ウォルト・ディズニー(DIS)、ゴールドマン・サックス(GS)、メルク(MRK)も下落が目立った。

Posted by 松    9/11/18 - 16:59   

大豆:反落、USDA需給報告の発表前でポジション調整の売り優勢
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:831-3/4↓13-1/2

シカゴ大豆は反落。USDA需給報告の発表前でポジション調整の売りが優勢となった。通商問題を巡る不透明感や、ブラジルCONABによる生産見通し上方修正なども重石。11月限は夜間取引で買いが先行し、小じっかりと推移していたが、朝方に一転して売りに押されて下落となった。通常取引開始時には下げ足が速まり、840セントを割り込んだ。830セント台半ばに近付いたところでいったん下げ渋っていたが、結局売りが進んで下げ幅拡大。引け近くには830-3/4セントと8月31日以来の安値を付けた。

Posted by 直    9/11/18 - 16:41   

コーン:小幅安、USDA需給報告にらみ小麦や大豆につれてやや売り
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:366-3/4↓0-1/2

シカゴコーンは小幅安。12日に発表のUSDA需給報告をにらみながら、小麦や大豆の下落につれてやや売りの展開になった。12月限は夜間取引で買いが集まり、369-0セントまで上がったが、一巡して前日の終値を挟んでのもみ合いに転じた。通常取引に入って引き続き上下に振れる展開になった後、売りに押され始めて取引終盤には小安くなった。

Posted by 直    9/11/18 - 16:38   

小麦:反落、改めて米産需要の低調や世界供給に着目して売り
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:518-3/4↓9-1/2

シカゴ小麦は反落。USDA需給報告の発表を控え、改めて米産需要が低調なことや世界供給に着目して売り圧力が強まった。12月限は夜間取引でまず前日の買いの流れを引き継ぎ、530セント台に上昇。しかし、買いも長続きせず、値を消してそのまま前日終値を下抜けた。じり安を経て、520セントを割り込み、通常取引では510セント台後半で軟調な値動きとなった。

Posted by 直    9/11/18 - 16:35   

API在庫:原油は863.6万バレルの取り崩し、予想上回る
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

9月7日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↓ 8636 ↓ 1645
>オクラホマ州クッシング ↓ 1165 -
ガソリン在庫 ↑ 2122 ↑ 382
留出油在庫 ↑ 582 ↑ 1100

続きを読む

Posted by 松    9/11/18 - 16:33   

天然ガス:続伸、午前中まで売り優勢もその後しっかりと値を回復
  [場況]

NYMEX天然ガス10月限終値:2.828↑0.024

NY天然ガスは続伸。午前中までは季節的な需要の低迷を嫌気する形で売りが優勢となったものの、その後は原油の上昇も支えとなる中でポジション整理の買い戻しがしっかりと相場を押し上げた。10月限は夜間取引ではややプラス圏に入ったあたりでのもみ合い、早朝からは徐々に売りに押される格好となり、通常取引開始後には2.70ドル台後半まで値を下げた。しかし押し目では買い意欲も強く、中盤にはしっかりとプラス圏を回復。引けにかけては改めて買い意欲が強まり、2.830ドル台まで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    9/11/18 - 15:08   

石油製品:大幅反発、株や原油の上昇好感し買いが加速
  [場況]

RBOBガソリン10月限:2.0142↑0.0550
暖房油10月限:2.2520↑0.0342

NY石油製品は大幅反発。株や原油の上昇を好感する形で投機的な買いが加速、大きく値を伸ばした。相場は夜間取引から買いが優勢、通常取引開始後にはやや売りに押し戻される場面も見られたが、中盤にかけては原油の上昇につれ改めて買いが加速、前日の高値を一気に上抜けた。午後には買いも一服となったものの、最後まで高値圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/11/18 - 15:04   

原油:大幅反発、株高の進行支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

NYMEX原油10月限終値:69.25↑1.71

NY原油は大幅反発。株高の進行が下支えとなる中、足元の需給逼迫を手掛かりとした買いが集まった。リビア国営石油のオフィスが何者かに襲撃され、職員が死亡したことも、同国の供給不安を改めて煽る格好となった。10月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後もしばらくは同水準での推移、中盤にかけては断続的にまとまった買いが入る格好となり、昼には69ドル台まで一気に値を回復。その後はややペースが鈍ったものの、最後まで買いの勢いが衰えることのないままに取引を終了した。

Posted by 松    9/11/18 - 14:54   

金:反発、ドル高や長期金利の上昇にも関わらず買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,202.2↑2.4

NY金は反発。朝方にはドル高や長期金利の上昇を嫌気する形で売りが先行したものの、押し目ではしっかりと買いが集まり最後はプラス圏を回復した。12月限は夜間取引から買いが優勢、ロンドン時間には1,200ドルの節目を上回ったあたりでの推移となった。その後は徐々に上値が重くなり、通常取引開始後にまとまった売りが出ると、1,190ドル台前半まで一気に下げ幅を拡大。しかしこの水準では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。中盤以降は流れも一転、ジリジリと値を切り上げる展開となり、プラス圏を回復して取引を終了した。

Posted by 松    9/11/18 - 14:03   

コーヒー:続落、レアル安の進行重石となる中で軟調に推移
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:100.45↓0.80

NYコーヒーは続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中を通じて投機的な売りに押される軟調な展開が続いた。12月限は夜間の時間帯は前日終値を中心とした狭いレンジ内でのもみ合い。朝方にかけては徐々に売りが優勢となり、マイナス圏での推移となった。NYに入ると一旦は買い戻しが集まりプラス圏を回復したものの、直ぐに売りに押し戻される格好となり、中盤には100セント台前半まで下げ幅を拡大。その後は売りも一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い状態が続いた。

Posted by 松    9/11/18 - 13:48   

砂糖:小幅反落、レアル安の進行重石となる中で軟調に推移
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:11.18↓0.02

NY砂糖は小幅反落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中を通じてポジション整理の売りに押される軟調な展開が続いた。10月限は夜間の時間帯はこれまでの流れを継いだ買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移となった。早朝からは一転して売りに押される格好となり、NYに入ると11.10セントを割り込むまで反落。その後は一旦プラス転換するまで買い戻されたものの、中盤以降は改めて売り圧力が強まった。

Posted by 松    9/11/18 - 13:22   

3年債入札、応札倍率は2.68と前回上回る、最高利回りは2.821%
  [金融・経済]

3年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

3年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(8/7)
合計 93917.7 35000.0 2.68 2.65
競争入札分 93707.2 34789.5 2.69 2.66
顧客注文比率(外国中銀含む) 46.28% 42.68%
最高落札利回り(配分比率) 2.821% (55.37%) 2.765%

Posted by 松    9/11/18 - 13:05   

ユーロシステムの金準備高は前週から100万ユーロ減少
  [メタル]

ECBが11日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は8月31日現在3,732億200万ユーロと、前週から100万ユーロ減少した。減少はユーロシステム内の中銀1行が、記念金貨発行のため保有金を売却したことによるもの。

Posted by 松    9/11/18 - 12:47   

EIA、世界石油供給見通しを下方修正、2019年の需要も引き下げ
  [エネルギー]

EIAアウトルック
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、単位100万バレル(日量)

2019年 修正 2018年 修正 2017年
世界需要合計 101.57 ↓ 0.09 100.10 ↑ 0.01 98.52
世界供給合計 101.65 ↓ 0.29 99.67 ↓ 0.14 97.68
価格見通し 2019年 修正 2018年 修正 2017年
WTI原油 $67.36 ↑ 3.02 $67.03 ↑ 0.82 $50.79
レギュラーガソリン小売 $2.82 ↑ 0.06 $2.76 →0.00 $2.42

続きを読む

Posted by 松    9/11/18 - 12:27   

USDAクロップ:大豆作柄は前週から改善、落葉は31%まで進む
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

9月9日現在

大豆作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 7% 22% 50% 18%
前週 3% 8% 23% 49% 17%
前年 3% 9% 28% 49% 11%
上位10生産州 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 -- 国内シェア
イリノイ 1% 4% 16% 51% 28% 13.9%
アイオワ 2% 5% 21% 53% 19% 12.8%
ミネソタ 2% 6% 21% 51% 20% 8.7%
ネブラスカ 2% 5% 11% 56% 26% 7.4%
インディアナ 2% 6% 20% 53% 19% 7.3%
ミズーリ 8% 19% 30% 35% 8% 6.6%
オハイオ 1% 3% 17% 57% 22% 5.7%
サウスダコタ 7% 10% 24% 46% 13% 5.5%
ノースダコタ 3% 14% 30% 47% 6% 5.5%
カンザス 3% 9% 32% 45% 11% 4.3%

Posted by 松    9/11/18 - 12:10   

USDAクロップ:コーン作柄は前週から改善、収穫始まる
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン
出所:米農務省、NY16:00発表

9月9日現在

コーン作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 4% 8% 20% 47% 21%
前週 4% 8% 21% 46% 21%
前年 4% 9% 26% 48% 13%
コーンデント進捗率 9月9日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 86% 75% 73% 75%
コーン成熟進捗率 9月9日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 35% 22% 20% 21%
コーン収穫進捗率 9月9日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 5% - 5% 3%

Posted by 松    9/11/18 - 12:09   

USDAクロップ:冬小麦作付は5%が終了、ほぼ平年並みのペース
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

冬小麦作付進捗率 9月9日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 5% - 5% 5%

Posted by 松    9/11/18 - 12:08   

7月卸売在庫、前月から0.57%増加し市場予想下回る伸び
  [経済指標]

卸売在庫・在庫率
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

18年7月 前月比 18年6月 市場予想
卸売在庫 636341 ↑0.57% ↑0.12% ↑0.7%
卸売在庫率 1.259 ↑0.008 1.251

続きを読む

Posted by 直    9/11/18 - 10:05   

7月の求人数は前月比11.7万人増加、前月より小幅増
  [経済指標]

求人・労働力異動調査(JOLTS)
出所:米労働省、NY10:00発表、季節調整値、単位1,000人

18年7月 前月比 求人/離職率 18年6月
求人数 6939 ↑117 4.45% 4.39%
離職数 5534 ↑20 3.71% 3.71%
>自発的離職 3583 ↑106 2.41% 2.34%

続きを読む

Posted by 直    9/11/18 - 10:03   

ブラジルCONAB、大豆生産見通しを前月から小幅引き上げ
  [穀物・大豆]

ブラジル商品供給公社(CONAB)生産推定
出所:ブラジル農務省商品供給公社(CONAB)、単位1,000トン

17/18年度 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 119281.4 ↑0.25% ↑ 4.56% 3394
コーン 81356.7 ↓1.00% ↓16.85% 4890
小麦 4263.5 →0.00% ↓36.62% 2225
小麦(18/19年度) 5239.0 ↑1.85% ↑ 22.88% 2569

続きを読む

Posted by 松    9/11/18 - 09:56   

ブラジルIBGE、コーン生産推定を引き下げ、大豆と小麦は引き上げ
  [穀物・大豆]

ブラジルIBGE農産物生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 116768.0 ↑0.31% ↑1.55% 3356
コーン 81018.7 ↓2.29% ↓18.61% 4934
>メインクロップ 25951.2 ↓0.41% ↓16.46% 5131
>サブクロップ 55067.5 ↓3.15% ↓19.59% 4847
小麦 5879.7 ↑8.20% ↑38.62% 2925

続きを読む

Posted by 松    9/11/18 - 09:42   

ブラジルIBGE、砂糖きび生産推定を前月から引き下げ
  [砂糖]

ブラジルIBGE砂糖きび生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
砂糖きび 686752.6 ↓0.55% ↓0.15% 73340

続きを読む

Posted by 松    9/11/18 - 09:41   

ブラジルIBGE、コーヒー生産推定を前月から引き上げ
  [コーヒー]

ブラジルIBGEコーヒー生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE)、 単位:1,000袋(60kg)

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
コーヒー 57454.2 ↑0.42% ↑24.15% 30.13

続きを読む

Posted by 松    9/11/18 - 09:40   

韓国向けで13.8万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は11日、民間業者から韓国向けで13万8000トンの2018/19年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    9/11/18 - 09:24   

仕向け先不明の大豆輸出で解約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は11日、民間業者から仕向け先不明で予定していた19万2000トンの2018/19年度産大豆輸出が解約されたと報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    9/11/18 - 09:24   

2018年ウクライナコーン収穫、10日時点で35.3万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2018年コーン収穫は9月10日時点で82万4000トンとなった。面積にして14万7000ヘクタールで、3%終了。イールドは5.61トンという。

Posted by 直    9/11/18 - 09:18   

ウクライナ冬穀物作付、10日時点で3%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は、9月10日時点で23万7000ヘクタールとなり、事前予想の3%終了となった。ほとんどが小麦の22万5000ヘクタールという。

Posted by 直    9/11/18 - 09:17   

18/19年度ロシア穀物輸出、約3000万トンの見通し・副首相、
  [穀物・大豆]

ロシアのゴルデーエフ副首相は、2018/19年度の穀物輸出が約3000万トンになる見通しを示した。生産が1億500万トンとみられているのに基づいての予想とコメント。国内の食用や飼料用をカバーしてなお輸出余地があるという。生産、輸出とも前年の過去最高からは減少。

Posted by 直    9/11/18 - 09:11   

9月第一週のチェーンストア売上高、前月比0.8%増加
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが11日に発表したレポートによると、9月第一週の国内チェーンストア売上高は前月から0.8%増加した。前年同期と比べると6.3%の増加という。

Posted by 直    9/11/18 - 09:00   

中国大豆輸入見通しが通商問題要因で下方修正、前年から減少に
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、中国の2018/19年度大豆輸入は9400万トンと、従来の1億500万トンから下方修正になった。米中の通商問題が修正要因であり、当初は過去最高を更新するとみられていたのからk僅かながらも前年の9500万トンを下回る見方に転じた。なお、2017/18年度の推定も9700万トンから引き下げられた。

消費見通しは1億1050万トンで、1億1550万トンから下方修正だが、前年比に比べると2.3%の増加になる。飼料需要が消費を引き続き下支えするという。大豆生産は1520万トンの従来予想で据え置き。前年と比較で5.6%増加する。期末在庫見通しに関すると、2017/18年度が1944万1000トンから2044万1000トンに上方修正、2018/19年度は1949万1000トンから1904万1000トンに下方修正となった。

Posted by 直    9/11/18 - 08:43   

小売チェーンストア販売指数、前週比2.0%低下
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、9月8日時点で前週から2.0%低下した。前年同期比にすると4.4%の上昇になる。

Posted by 直    9/11/18 - 08:04   

10日のOPECバスケット価格は75.20ドルと前週末から1.03ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
9/10 (月) 75.20 ↑1.03
9/7 (金) 74.17 ↓0.34
9/6 (木) 74.51 ↓0.67
9/5 (水) 75.18 ↓1.14
9/4 (火) 76.32 ↑0.55

Posted by 松    9/11/18 - 04:34   

9/11(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・7月求人・労働力異動調査 (JOLTS) (10:00)
・7月卸売在庫・在庫率 (10:00)
・3年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIAアウトルック (12:00)
・API石油在庫統計 (16:30)

農産物

・ブラジル農産物生産推定
・USDAクロップレポート (12:00)

Posted by 松    9/11/18 - 04:32   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ