ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



9月

2018


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年09月19日(水)

債券:続落、米中貿易摩擦への警戒感後退の中売りの展開
  [場況]

債券は続落。米中貿易摩擦に対する警戒感が後退する中、株高の進行も重石となり、売りの展開になった。夜間取引には買いが先行したが、一巡して売りも台頭。10年債利回りは下げから前日の水準を挟んでもみ合いに転じた。通常取引に入ってやや買いが進む場面があったが、結局売りに押されて上昇となった。一時、3.09%と5月18日以来の水準まで上がり、その後は3.0%台後半でもみ合った。

Posted by 直    9/19/18 - 17:30   

FX:円高ユーロ安、ブレグジットや米中貿易戦争への懸念強まる
  [場況]

ドル/円:112.28、ユーロ/ドル:1.1672、ユーロ/円:131.04 (NY17:00)

為替は円高ユーロ安。ブレグジットに対する先行き不透明感が改めて高まり、米中の貿易戦争がエスカレートする中で投資家のリスク回避の動きが全体を支配、ユーロを売って円を買い戻す展開となった。ドル/円は東京では112円台前半のレンジ内での推移。ロンドンに入っても新たな動きは見られず、同水準でのもみ合いが続いた。NYに入ると徐々に売りが優勢となり、昼過ぎには112.10円台まで下落。その後は売りも一服、やや値を回復した。

ユーロ/ドルは東京では1.16ドル台後半での推移、午後からは買い意欲が強まり、ロンドン朝には1.17ドル台前半まで値を伸ばした。その後は一転して売りに押し戻される格好となり、NYに入ると1.16ドル台半ばまで反落。午後には1.16ドル台後半の水準まで値を戻して、動意も薄くなった。ユーロ/円は東京では131円をやや上回ったあたりを中心にもみ合う展開。ロンドンに入ると買い意欲が強まり、131円台後半まで値を伸ばした。その後は一転して売りに押される展開都なり、NY朝には130円台後半まで反落。その後は買いも一服、午後からは131円の節目近辺での推移が続いた。

Posted by 松    9/19/18 - 17:30   

ブラジルコーヒー輸出:19日現在132.24万袋と前月を15.5%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

9月19日 9月累計 前月(8/17) 前月比 前年比
輸出合計 174.385 1322.414 1145.347 ↑15.5% ↑30.4%
>アラビカ種 169.757 1046.321 875.836 ↑19.5% ↑15.5%
>ロブスタ種 0.000 170.042 152.625 ↑11.4% ↑78.4%
>インスタント 4.628 106.051 116.886 ↓9.3% ↑11.2%

Posted by 松    9/19/18 - 17:18   

大豆:反発、下落進んだ後で売られ過ぎの見方から買い優勢
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:830-0↑16-0

シカゴ大豆は反発。前日の11月限の一代安値更新など下げが進んだ後で売られ過ぎの見方から買いが優勢となった。11月限は夜間取引で買いが集まり小高くなり、通常取引に入って上げ幅拡大。820セント台に上昇して、さらに値を伸ばしていった。引け近くには前週末以来で830セント台に上がった。

Posted by 直    9/19/18 - 17:05   

コーン:反発、大豆や小麦の上昇につれて買い入る
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:345-3/4↑2-1/2

シカゴコーンは反発。大豆や小麦の上昇につれて買いが入った。12月限は夜間取引で買いの展開になり、小じっかりと推移した。通常取引に入って値を消す場面があったが、買いの流れは切れず、横ばい水準に戻してから改めて上昇が進んだ。

Posted by 直    9/19/18 - 17:03   

小麦:続伸、世界の供給懸念背景にテクニカルな買いの展開
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:522-1/2↑12-0

シカゴ小麦は続伸。世界の供給懸念を背景に、テクニカルな買いが値を押し上げる展開となった。12月限は夜間取引で買いが先行し、しっかりと上昇。朝方にかけて510セント台後半まで上がっていったん買いが細ったが、通常取引で改めて強含んだ。520セント台に上昇し、引け近くに523-1/4セントと12日以来の高値を付けた。

Posted by 直    9/19/18 - 17:00   

株式:ダウ平均大幅続伸、金融関連が上昇を主導
  [場況]

ダウ工業平均:26,405.76↑158.80
S&P500:2,907.95↑3.64
NASDAQ:7,950.04↓6.07

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が続伸となる一方、ナスダック総合指数は小幅反落。米中の貿易戦争に対する懸念や米長期金利の上昇がほとんど売り材料視されないという、楽観的な雰囲気が全体を支配する中、日中を通じてしっかりと買いが主導する展開となった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、中盤にはあっさりと200ポイントを超える上昇となった。その後は買いも一服、午後からは徐々に上値が重くなったものの、最後まで高値圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

セクター別では、銀行株が大きく値を伸ばしたほか、金関連も上昇。保険やエネルギーにもしっかりと買いが集まった。一方公益株は大きく下落、薬品株や通信も軟調な展開となった。ダウ銘柄では、ゴールドマン・サックス(GS)が2.92%、JPモルガン・チェース(JPM)が2.90%それぞれ大きく上昇。キャタピラー(CAT)も2%を超える上昇となったほか、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)、ダウデュポン(DWDP)もしっかりと上昇した。一方ベライズン(VZ)とマイクロソフト(MSFT)は1%を超える下落、ナイキ(NKE)やメルク(MRK)、ファイザー(PFE)も下げが目立った。

Posted by 松    9/19/18 - 16:51   

天然ガス:反落、在庫統計の発表を前に手仕舞い売りが優勢
  [場況]

NYMEX天然ガス10月限終値:2.908↓0.025

NY天然ガスは反落。前日の急騰で買われ過ぎ感が高まる中、日中を通じてポジション整理の売りが相場を主導する展開となった。明日の在庫統計で平年を上回る積み増しが予想されていることも、弱気に作用した。10月限は夜間取引ではこれまでの流れを継いだ買いが優勢、朝方には2.90ドル台半ばまで値を伸ばす場面も見られた。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される展開。不安定な上下を繰り返しながらも徐々に下値は切り下げていくパターンが続く中、最後まで上値は重いままだった。

Posted by 松    9/19/18 - 15:05   

天然ガス在庫は840億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
20日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 84.0 ↑ 76.0 〜 ↑ 94.0
>前週 ↑ 69.0
>前年 ↑ 97.0
>過去5年平均 ↑ 71.6

Posted by 松    9/19/18 - 15:00   

石油製品:続伸、原油の上昇支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン10月限:2.0207↑0.0158
暖房油10月限:2.2466↑0.0109

NY石油製品は続伸。原油の上昇が下支えとなる中、しっかりと買いが集まった。相場は夜間取引から前日の流れを継いだ買いが優勢。朝方にかけては売りに押し戻されマイナス圏まで値を下げたものの、通常取引開始後は改めて買い意欲が強まり、プラス圏を回復。EIA在庫統計が強気の内容だったこともあり、中盤以降も買いの勢いが継続。最後まで値を切り上げる展開となった。

Posted by 松    9/19/18 - 14:59   

原油:続伸、イランの生産減少観測や在庫取り崩しが買い呼び込む
  [場況]

NYMEX原油11月限終値:70.77↑1.18

NY原油は続伸。イランの生産減少観測が引き続き大きな下支えとなる中、EIA在庫統で原油の大幅な取り崩しが確認されたことを手掛かりに買いが加速した。11月限は夜間取引から前日の流れを継いだ買いが優勢、早朝にかけてはマイナス転落するまで売りに押される場面も見られたが、通常取引開始後は改めて買い意欲が強まり70ドル台を回復。在庫統計の発表後は70ドル台後半まで一気に値を伸ばした。その後は一旦値を下げたものの、午後からは改めて買いが加速、日中高値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    9/19/18 - 14:59   

金:小幅反発、貿易戦争への懸念高まる中でドル安の進行が下支え
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,208.3↑5.4

NY金は小幅反発。米中の貿易戦争に対する懸念が高まる中、ドル安の進行を支えに投機的な買いが集まった。一方では米長期金利の上昇が重石となり、上げ幅は限定的なものにとどまった。12月限は夜間の時間帯から買いが優勢、1,200ドル台後半までレンジを切り上げてのもみ合いとなった。通常取引開始後に改めて買い意欲が強まり、1,210ドル台を回復したものの、それ以上の動きは見られず。中盤にかけては売りに押し戻される格好となったが、最後までプラス圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/19/18 - 13:56   

コーヒー:小幅反発、売られ過ぎ感の高まる中で買い戻しが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:96.70↑0.85

NYコーヒーは小幅反発。ここまでの下落で売られ過ぎ感の高まる中、ポジション整理の買い戻しが相場を押し上げる展開となった。12月限は夜間の時間帯は売りが優勢、朝方にかけて95セント台前半まで値を切り下げた。NYに入ると売りも一服となり、早々にプラス圏まで値を回復してのもみ合い。中盤以降は改めて買い意欲が強まり、昼過ぎには97セント台まで一気に値を戻した。引けにかけては売りに押し戻されたが、最後までプラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/19/18 - 13:39   

砂糖:反発、ブラジルレアル高の進行支えに買い戻し集まる
  [カレンダー]

ICE-US砂糖3月限終値:11.64↑0.14

NY砂糖は反発、需給面で新たな材料が見当たらない中、対ドルでのブラジルレアルの上昇を支えにポジション整理の買い戻しが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ってもしばらくは動きが見られなかったが、中盤以降は買い意欲が強まり、11.80セントの高値まで上げ幅を拡大。その後は再び売りが優勢となったものの、最後までプラス圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/19/18 - 13:18   

インド政府、食料省の砂糖セクター支援案協議を先送り・地元紙
  [砂糖]

インドの内閣経済諮問委員会(CCEA)は19日の会合で、食料省の砂糖セクター支援案の協議を先送りしたと報じられた。エコノミック・タイムズ紙によると、CCEAは来週に話し合う可能性を示唆。食料相は、2018/19年度の砂糖生産補助を100キログラムあたり13.88ルピーと、2017/18年度の5.5ルピー化の2倍以上に引き上げを提案。また、製糖所には500万トンの輸出に対して1トンあたり3000ルピーの補助も提案していた。いずれも国内の砂糖需給の緩み解消と製糖所の債務削減が狙い。本日の会合で総額450億ルピーの支援策が検討されるとの見方が伝わっていた。

Posted by 直    9/19/18 - 13:01   

EIA在庫:原油は205.7万バレルの取り崩し、ガソリンも減少
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

9月14日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 394137 ↓ 2057 ↓ 2133 ↑ 1250
ガソリン在庫 234150 ↓ 1719 ↓ 329 ↓ 1485
留出油在庫 140122 ↑ 839 ↑ 467 ↑ 1536
製油所稼働率 95.42% ↓ 2.16 ↓ 0.91 -
原油輸入 8024 ↑ 433 - -

続きを読む

Posted by 松    9/19/18 - 11:31   

2018年カナダ小麦生産推定、前年から3.5%増加・統計局
  [穀物・大豆]

カナダ統計局は19日、2018年の小麦生産推定が前年比3.5%増の3101万9000トンになったと発表した。統計局が農務省と組んで開発したモデルに基づいた推定であり、8月末に発表した農家を対象に行った調査からの生産推定とは異なる。夏の間に天候懸念の局面があったが、8月の平均以下の気温によってイールドが改善したという。

春小麦の生産推定は2291万トンで、前年から3.4%増加する。また、デュラム小麦が15.0%増えて570万6000トン。一方、冬小麦は239万4000トンと、前年から16.1%の減少になる。

コーンの生産推定は1446万1000トンになり、前年から2.6%増加する。大豆は前年比2.9%減の751万500トン、カノーラが1.5%減少の見通しとなった。

Posted by 直    9/19/18 - 11:04   

ロシア、18/19年度穀物輸出見通しを下方修正・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省は18日、同国の2018/19年度穀物輸出が3500万-3700万トンになると見通した。従来の4400万-4500万トンから下方修正。小麦は3500万トンから3000トンに引き下げた。

Posted by 直    9/19/18 - 10:53   

2018年ウクライナ穀物生産見通し、310万トン上方修正・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、同国の2018年穀物生産は6310万トンの見通しとなった。従来予測の6000万トンから上方修正。適した天候には程遠い状態だが、損失が限定的とコメント。生産とともに輸出見通しも上方修正して4200万トンとした。

Posted by 直    9/19/18 - 10:50   

2018年ウクライナコーン収穫、18日時点で150万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2018年コーン収穫は9月18日時点で220万トンとなった。面積にして40万2000ヘクタールで、9%終了。イールドは5.49トンという。

Posted by 直    9/19/18 - 09:57   

ウクライナ冬穀物作付、18日時点で16%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は、9月18日時点で110万ヘクタールとなった。事前予想の16%終了という。

Posted by 直    9/19/18 - 09:56   

4-6月期経常収支は1,014.6億ドルの赤字に縮小、予想も下回る
  [経済指標]

経常収支
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位10億ドル、▲赤字

18年2Q 前期比 18年1Q 17年4Q
経常収支 ▲101.460 ↑20.250 ▲121.710 ▲116.148
>モノ+サービス ▲133.812 ↑20.177 ▲153.989 ▲147.826
>一次所得 60.845 ↓0.330 61.175 62.371
>二次所得 ▲28.493 ↑0.403 ▲28.896 ▲30.692
市場予想 ▲103.30

続きを読む

Posted by 松    9/19/18 - 08:38   

8月住宅着工件数は128.2万戸と前月から9.20%増加、予想も上回る
  [経済指標]

新規住宅着工・建築許可件数
出所:米国勢調査局、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000戸

18年8月 前月比 18年7月 市場予想
新規住宅着工件数 1282 ↑9.20% 1174 1229
建築許可件数 1229 ↓5.68% 1303 1310

続きを読む

Posted by 松    9/19/18 - 08:34   

18/19EU軟質小麦生産見通し、1.2%下方修正・COCERAL
  [穀物・大豆]

欧州の穀物輸出組合COCERALは、欧州連合(EU)の2018/19年度軟質小麦生産見通しを1億2989万4000トンと、6月時点での1億3878万2000から引き下げた。3月に1億4052万7000トンの初回予想を発表してこれで2回連続の下方修正。前年からは8.4%の減少になる。EUで生産規模が最大のフランスを3739万5000トンから3512万3000トンに引き下げた。初回予想の3657万9000トンも下回り、また前年比にして4%減少の見方にシフトした。2番目に大きいドイツは2000万1000トンで、従来の2327万9000トンから下方修正、前年からは17.7%落ち込む。英国は1442万1000トンから1363万8000トンに引き下げた。前年との比較で8.3%ダウン。

EUのコーン生産見通しは6028万5000トンから5894万3000トンに2回連続の下方修正で、前年と比べて2.8%の減少になる。主要生産国で最大のフランスを1278万8000トンから1179万3000トンに引き下げた。前年比は18.7%減少。反面、ルーマニアは948万トンから1056万トン、ハンガリーは730万8000トンから866万5000トンにそれぞれ引き上げた、いずれも初回予想の984万8000トン、735万トンを上回り。前年比にして3.5%、27%の増加。

Posted by 直    9/19/18 - 08:29   

MBA住宅ローン申請指数は前週から1.57%上昇
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

9月14日 前週比 前年比 9月7日
総合指数 342.7 ↑1.57% ↓17.92% ↓1.78%
新規購入指数 234.2 ↑0.30% ↑4.23% ↑0.91%
借り換え指数 917.1 ↑3.71% ↓38.77% ↓5.93%

Posted by 松    9/19/18 - 07:03   

18日のOPECバスケット価格は76.09ドルと前日から0.10ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
9/18 (火) 76.09 ↓0.10
9/17 (月) 76.19 ↑0.14
9/14 (金) 76.05 ↓0.41
9/13 (木) 76.46 ↓0.70
9/12 (水) 77.16 ↑1.14

Posted by 松    9/19/18 - 06:22   

9/19(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・8月新規住宅着工・建築許可件数 (08:30)
・4-6月期経常収支 (08:30)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)

納会日

・プラチナ 10月限OP 納会

Posted by 松    9/19/18 - 06:19   

2018年09月18日(火)

FX:ドル高、米長期金利の上昇や株高の進行が下支え
  [場況]

ドル/円:112.35、ユーロ/ドル:1.1664、ユーロ/円:131.08 (NY17:00)

為替はドル高が進行。米長期金利が再び上昇基調を強める中、ドルにしっかりと買いが集まる展開となった。米中がお互いに追加関税を発動する状況下にも関わらず、米株が大きく値を伸ばしたことも、ドルの下支えとなった。ドル/円は東京から買いが先行、112円をやや割り込んだあたりまでレンジを切り上げての推移となった。ロンドン朝には112円台前半まで買い進まれる場面も見られたものの、その後直ぐに売りに押し戻され、元の水準に逆戻り。NY早朝からは改めて買い意欲が強まり、中盤には112円台前半から半ばのレンジまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったものの、高値圏を維持しての推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京から買いが優勢、午後には1.17ドル台前半まで値を伸ばしたものの、ロンドンに入ると売りに押し戻され1.16ドル台後半まで反落。NYに入ると再び1.17ドル台を回復したものの、中盤にかけてはジリジリと値を切り下げる展開となり、1.16ドル台半ばまで値を下げた。午後には売りも一服、1.16ドル台半ばから後半でのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京から買いが先行、午後には131円台半ばまで一気に値を伸ばした。ロンドンでは売りが優勢となり130円台後半まで値を下げたものの、NYに入ると改めて買いが加速、131円台半ばまで値を戻した。その後は上値が重くなり、131円の節目近辺まで値を切り下げての推移が続いた。

Posted by 松    9/18/18 - 17:30   

債券:下落、株式相場の上昇嫌気して売り膨らむ
  [場況]

債券は下落。株式相場の上昇を嫌気し、売りが膨らんだ。朝方発表された住宅市場指数が予想を上回ったのも重石。夜間取引でまず買いが入ったが、早々に売りに転じ、この結果、10年債利回りは3%を超える上昇となった。通常取引でさらに上げ幅を広げていき、午後もほぼ一本調子の上昇。この結果、3.05%と5月23日以来の高水準を付けた。

Posted by 直    9/18/18 - 17:28   

大豆:続落、米中の対立悪化背景に売り膨らむ
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:814-0↓9-1/2

シカゴ大豆は続落。米国の中国製品に対する追加関税発表、中国の報復関税決定と両国の対立悪化を背景に売りが膨らんだ。11月限は夜間取引で前日終値を挟み上下する展開だったが、一巡して売り圧力が強まる中値を下げていった。早朝に12日に付けた一代安値の821-1/4セントを下抜け、さらに810セント台に下落。通常取引でも下げ幅拡大となり、812-1/4セントまで落ち込んだところでブレーキがかかった。取引終盤に下げ渋ったが、810セント台後半まで戻してから、引けにかけて再び弱含んだ。

Posted by 直    9/18/18 - 17:04   

コーン:続落、収穫進捗率が前年や過去5年平均上回り売りの展開
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:343-1/4↓4-3/4

シカゴコーンは続落。前夕に発表されたクロップレポートで収穫進捗率が前年同期や過去5年平均を上回ったのを背景に売りの展開となった。12月限は夜間取引に狭いレンジでもみ合ってから、朝方にかけて売りに押され弱含んだ。前日に更新した一代安値347-3/4セントを割り込み、通常取引では下げ足加速。342-1/2セントまで下落したところで売りも息切れとなったが、戻りも限られ、結局は本日の安値近くでの終了となった。

Posted by 直    9/18/18 - 17:00   

ブラジルコーヒー輸出:18日現在114.80万袋と前月を4.5%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

9月18日 9月累計 前月(8/16) 前月比 前年比
輸出合計 181.971 1148.029 1098.086 ↑4.5% ↑44.2%
>アラビカ種 147.096 876.564 854.128 ↑2.6% ↑26.9%
>ロブスタ種 0.000 170.042 152.625 ↑11.4% ↑79.2%
>インスタント 34.875 101.423 91.333 ↑11.0% ↑6.9%

Posted by 松    9/18/18 - 17:00   

小麦:反発、オーストラリアなどの収穫懸念が下支え
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:510-1/2↑4-1/4

シカゴ小麦は反発。テクニカルな買いが入り、オーストラリアなどの収穫懸念も下支えとなった。12月限は夜間取引で買いが先行し、小高く推移した。朝方にかけて510セント台に上昇し、通常取引でも流れを継続。一時、510セントを下回るなど上値は重いながらも、最後まで小じっかりと推移した。

Posted by 直    9/18/18 - 16:57   

株式:大幅反発、米中貿易戦争への懸念後退する中で買いが加速
  [場況]

ダウ工業平均:26,246.96↑184.84
S&P500:2,904.31↑15.51
NASDAQ:7,956.11↑60.32

NY株式は大幅反発。米国が発動した中国製品2,000億ドルに対する追加関税第3弾が、税率を年内は10%にとどめるなど、懸念されていたほどに厳しい内容ではなかったことを好感する格好となり、日中を通じて投機的な買いが先行する展開となった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、中盤には100ポイントを超える上昇となった。その後も買いの勢いは衰える、午後遅くには200ポイントを大きく超えるまでに上げ幅を拡大。引けにかけては、ポジション調整の売りがやや優勢となった。

セクター別では、バイオテクノロジーが大きく値を伸ばしたほか、石油サービスなどエネルギー関連もしっかり。半導体や一般消費財も上昇が大きくなった。一方で生活必需品や公益株は軟調に推移した。ダウ銘柄では、ナイキ(NKE)が2.40%の上昇、ボーイング(BA)も2.14%上昇した。キャタピラー(CAT)やインテル(INTC)、ユナイテッド・テクノロジーズ(UTX)もしっかりと値を伸ばした。一方でダウデュポン(DWDP)は1.15%の下落、コカコーラ(KO)、ベライズン(VZ)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、マクドナルド(MCD)、ユナイテッド・ヘルス(UNH)の計6銘柄のみが下落した。

Posted by 松    9/18/18 - 16:56   

エジプトGASC、ロシア産小麦買い付け
  [穀物・大豆]

エジプト商品供給公社(GASC)が18日にロシア産小麦を買い付けたと報じられた。関係者によると、購入したのは18万トンの11月1-10日出荷分と29万5000トンの11月11-20日出荷分。価格は不明である。

Posted by 直    9/18/18 - 16:46   

API在庫:原油は125万バレルの積み増し、予想は大幅取り崩し
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

9月14日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↑ 1250 ↓ 2133
>オクラホマ州クッシング ↓ 1570 -
ガソリン在庫 ↓ 1485 ↓ 329
留出油在庫 ↑ 1536 ↑ 467

続きを読む

Posted by 松    9/18/18 - 16:39   

7月対米証券投資は748.0億ドルの流入超
  [経済指標]

対米証券投資
出所:米財務省、NY16:00発表、単位100万ドル

18年7月 18年6月
ネット流入額 債券・株式合計 74804 ▲36459
純資本フロー(TIC) 52174 189669

続きを読む

Posted by 松    9/18/18 - 16:08   

天然ガス:大幅続伸、需要面での強気材料手掛かりに買いが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス10月限終値:2.933↑0.119

NY天然ガスは大幅続伸。大型ハリケーン「フローレンス」の上陸に伴う需要の低下が懸念されていたほど大きくはならなかった一方、米南部を中心にこの先も平年以上の気温が続くとの予報が出る中で投機的な買いが加速、終値ベースで8月23日以来の高値を更新した。10月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後は改めて買い意欲が強まる格好となり、昼過ぎには2.90ドル台まで一気に値を回復。その後も買いの勢いは衰えず、2.90ドル台前半まで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    9/18/18 - 15:03   

石油製品:大幅反発、原油の株の上昇につれて買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン10月限:2.0049↑0.0281
暖房油10月限:2.2357↑0.0293

NY石油製品は大幅反発。株や原油の上昇を好感する形で、投機的な買いが集まった。相場は夜間取引ではややマイナス圏に入ったあたりでの推移。早朝に原油の急伸につれて買いが集まると、一気にプラス圏を回復した。通常取引開始後には一段高、その後は買いも一服となり、やや売りに押し戻される格好となったものの、高値圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/18/18 - 14:57   

原油:反発、イランの生産減少懸念が改めて買い呼び込む
  [場況]

NYMEX原油10月限終値:69.85↑0.94

NY原油は反発。米国の制裁によるイランの生産減少懸念が改めて材料視される中、投機的な買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。10月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。早朝にまとまった買いが入ると、69ドル台後半まで一気に値を回復。サウジがブレント原油の80ドル超えを容認する意向を示したことで、将来的にイランの減少分を積極的にカバーしないとの見方が強まった。通常取引開始後は改めて買いが加速し、70ドル台半ばまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服 、売りに押し戻される格好となったものの、69ドル台半ばから後半の水準はしっかりと維持しての推移となった。

Posted by 松    9/18/18 - 14:44   

金:小幅反落、長期金利の上昇やドル高嫌気し売りが優勢
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,202.9↓2.9

NY金は小幅反落。長期金利の上昇やドル高の進行が嫌気される中、投機的な売りが相場を主導する展開となった。12月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方にかけては買い意欲が強まりプラス圏を回復、通常取引開始後は1,208ドルまで値を伸ばす場面も見られた。中盤にまとまった売りが出ると再びマイナス転落したものの、一気に1,200ドルの節目を割り込むような動きにもならず、しっかりと下げ止まり。その後はややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。

Posted by 松    9/18/18 - 13:55   

コーヒー:続落、ブラジルの生産増観測が改めて売り呼び込む
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:95.85↓1.45

NYコーヒーは続落。ブラジルの生産増観測が改めて重石となる中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。12月限は夜間の時間帯は買いが優勢、朝方には98セント台を回復する場面も見られた。NYに入ると一転して売りに押し戻される展開、ブラジルCONABが生産推定を引き上げらことも弱気に作用、中盤には95セント台まで一気に下げ幅を拡大した。その後は一旦買い戻しが集まったものの、流れを変えるには至らず。最後は改めて売りに押し戻された。

Posted by 松    9/18/18 - 13:41   

砂糖:続落、新たな材料に欠ける中で売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:11.50↓0.08

NY砂糖は続落。需給面で新たな材料が見当たらない中、これまでの流れを継いだポジション整理の売りが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯は買いが優勢、前日までの急落の反動もあり、ややプラス圏に入ったあたりで底堅い値動きが続いた。朝方からは徐々に売り圧力が強まり、NYに入ってしばらくは前日終値近辺での推移。中盤にまとまった売りが出ると、11セント台半ばまで一気に下げ幅を拡大した。引けにかけては売りも一服となったものの、最後まで上値は重いままだった。

Posted by 松    9/18/18 - 13:25   

ユーロシステムの金準備高は前週から100万ユーロ増加
  [メタル]

ECBが18日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は9月14日現在3,732億300万ユーロと、前週から100万ユーロ増加した。増加はユーロシステム内の中銀1行が、金貨をネットで買い越したことによるもの。

Posted by 松    9/18/18 - 11:55   

8月のウクライナ砂糖輸出、前月から39%減少
  [砂糖]

ウクライナ砂糖生産者協会の調査部門幹部によると、8月の砂糖輸出は2万2400トンとなり、前月から39%減少した。8月は低調な輸出になりやすいという。2017/18年(9-8月)の輸出は56万400トンで、前年を27%下回る。

Posted by 直    9/18/18 - 10:52   

9月の住宅市場指数(HMI)は67、前月比横ばいで市場予想上回る
  [経済指標]

住宅市場指数(HMI)
出所:全米住宅建設業協会(NAHB)、NY10:00発表

18年9月 18年8月 市場予想
住宅市場指数{HMI} 67 67 66

続きを読む

Posted by 直    9/18/18 - 10:02   

ロシア砂糖ビート収穫、9月17日時点で22.2%終了
  [砂糖]

ロシア農務省によると、2018年砂糖ビートの収穫は9月17日時点で860万トンとなった。面積にして25万400ヘクタールで、事前予想の22.2%終了。イールドが34.53トンという。

Posted by 直    9/18/18 - 09:50   

2018年ロシア穀物・豆類収穫、9月17日時点で8820万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2018年穀物・豆類収穫が9月17日時点で8820万トンと、前年同期の1億1040万トンを下回った。面積にして3230万ヘクタールで、前年の3480万ヘクタールからダウン、イールドも2.73トンになり、前年の3.17トンを下回った。冬小麦と春小麦あわせて1990万ヘクタールから6190万トンが収穫済み、イールドが3.11トンとなった。またコーンの収穫が35万6400ヘクタールから120万トン、イールドは3.27トンである。

Posted by 直    9/18/18 - 09:47   

ロシア冬穀物作付、9月17日時点で48.7%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は9月17日時点で840万ヘクタールとなった。事前予想の48.7%終了で、前年同期の780万ヘクタールを上回る。

Posted by 直    9/18/18 - 09:47   

2018年ウクライナコーン収穫、14日時点で150万トン・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2018年コーン収穫は9月14日時点で150万トンとなった。面積にして27万4000ヘクタールで、6%終了。イールドは5.49トンという。

Posted by 直    9/18/18 - 09:41   

ウクライナ冬穀物作付、14日時点で9%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2019年に収穫となる冬穀物の作付は、9月14日時点で65万6000ヘクタールとなった。事前予想の9%終了という。

Posted by 直    9/18/18 - 09:40   

カザフスタン穀物在庫、9月1日時点で557.1万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナの調査会社APKインフォームによると、カザフスタン政府のデータで同国の穀物・豆類在庫は9月1日時点で557万1000トンになった。前月の437万8000トンから拡大。このうち小麦が440万5000トン、コーンは1万7400トンという。

Posted by 直    9/18/18 - 09:36   

9月のチェーンストア売上高、最初の2週間で前月比0.3%増加
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが18日に発表したレポートによると、9月の国内チェーンストア売上高は最初の2週間で前月から0.3%増加した。前年同期と比べると5.9%の増加という。

Posted by 直    9/18/18 - 09:05   

ブラジルCONAB、コーヒー生産推定を5月時点より引き上げ
  [コーヒー]

CONABブラジルコーヒー生産推定
出所:ブラジル農務省商品供給公社(CONAB)、単位:100万袋(60KG)、1,000ヘクタール

18/19年度 前回(5月)推定 修正 前年比 17/18年度 16/17年度
作付面積 1862.01 1880.93 ↓ 18.92 ↓0.06% 1863.13 1950.68
イールド 32.17 30.86 ↑ 1.31 ↑33.26% 24.14 26.33
生産 59.906 58.044 ↑ 1.862 ↑33.21% 44.970 51.369
>アラビカ 45.938 44.333 ↑ 1.604 ↑34.13% 34.249 43.382
>ロブスタ 13.968 13.710 ↑ 0.258 ↑30.29% 10.721 7.987

続きを読む

Posted by 松    9/18/18 - 08:19   

小売チェーンストア販売指数、前週比0.8%低下
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、9月15日時点で前週から0.8%低下した。前年同期比にすると3.4%の上昇になる。

Posted by 直    9/18/18 - 08:00   

17日のOPECバスケット価格は76.19ドルと前週末から0.14ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
9/17 (月) 76.19 ↑0.14
9/14 (金) 76.05 ↓0.41
9/13 (木) 76.46 ↓0.70
9/12 (水) 77.16 ↑1.14
9/11 (火) 76.02 ↑0.82

Posted by 松    9/18/18 - 06:30   

9/18(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・9月住宅市場指数(HMI) (10:00)
・7月対米証券投資 (16:00)

エネルギー
・API石油在庫統計 (16:30)

農産物
・CONABブラジルコーヒー生産推定

納会日
・コーヒー 9月限納会
・カナダドル先物 9月限納会

Posted by 松    9/18/18 - 06:28   

2018年09月17日(月)

債券:ほぼ横ばい、貿易摩擦懸念の一方景気などにらんで慎重姿勢
  [場況]

債券はほぼ横ばい。米中の貿易摩擦激化が懸念される一方で、景気や金融政策をにらんで新著姿勢も強く、売り買い交錯となった。夜間取引で買いの場面をみてから、早朝に売りに押され、10年債利回りの上昇が進んだ。3%を超え、3.02%まで上がったところで売りも一服。しばらくもみ合ってから、急速に買いが進み下げに転じた。午後には再び売り優勢の場面もあり、10年債利回りは上下する格好になった。

Posted by 直    9/17/18 - 17:36   

FX:ドル安、米中貿易戦争への懸念や株安嫌気し売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:111.84、ユーロ/ドル:1.1682、ユーロ/円:130.67 (NY17:00)

為替はドル安が進行。米中の貿易戦争に対する懸念がドルの大きな重石となる中、米株の下落につれてドルに売り圧力が強まる展開となった。朝方発表されたNY連銀指数が弱気のサプライズとなったことも、ドルの重石となった。ドル/円は東京市場が休みの中、アジア時間は112円の節目近辺でもみ合う展開。ロンドンに入ると一旦111円台後半まで売りに押されたものの、直ぐに買いが入り112円台を回復した。NYでは再び売りが優勢、米株の下落につれてジリジリと値を切り下げる格好となり、午後遅くには111円台後半での推移となった。

ユーロ/ドルはアジア時間には1.16ドル台前半で、やや底堅い展開。ロンドンに入ると買い意欲が強まり、1.16ドル台半ばまで値を切り上げた。NYに入っても買いの勢いは衰えず、早々に1.17ドルの節目をうかがう水準まで上げ幅を拡大。しかしそれ以上積極的な動きは見られず、中盤以降は1.17ドルをやや割り込んだあたりでのもみ合いが続いた。ユーロ/円はアジア時間には130円台前半での小動き、ロンドンに入ると買いが集まり、130円台半ばまで値を伸ばした。その後も買いの勢いは衰えず、NYに入ると131円台を試すまでに上げ幅を拡大。午後にはやや売りが優勢となり、131円台後半から半ばのレンジまで値を切り下げた。

Posted by 松    9/17/18 - 17:31   

ブラジルコーヒー輸出:17日現在96.61万袋と前月を5.0%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

9月17日 9月累計 前月(8/15) 前月比 前年比
輸出合計 75.369 966.058 1017.285 ↓5.0% ↑34.3%
>アラビカ種 72.916 729.468 775.084 ↓5.9% ↑15.8%
>ロブスタ種 0.000 170.042 152.625 ↑11.4% ↑112.8%
>インスタント 2.453 66.548 89.576 ↓25.7% ↓16.7%

Posted by 松    9/17/18 - 17:17   

全米平均ガソリン小売価格は前週から0.8セント上昇
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

9月17日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢284.1 ↑0.8 ↑20.7
ディーゼル燃料全米平均 ¢326.8 ↑1.0 ↑47.7

Posted by 松    9/17/18 - 17:15   

大豆:続落、通商問題の悪化懸念し売り圧力強まる
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:823-1/2↓7-0

シカゴ大豆は続落。米国の追加関税計画、中国の反発が伝わったことなどを背景に通商問題の悪化を懸念し、売り圧力が強まった。さらに、NOPA圧搾高や週間輸出検証高もマイナスに作用。11月限は夜間取引で売りが先行し、820セント台半ばに下落となった。通常取引開始時には下げ足が加速。821-1/2セントと12日に付けた一代安値の821-1/4セントに迫ったところですぐに買いが集まったが、830セント目前まで下げ渋ってから再び売り圧力が強まった。引けにかけて820セント台前半に弱含んだ。

Posted by 直    9/17/18 - 17:01   

コーン:反落、収穫が進んでいることに着目して売り
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:348-0↓3-3/4

シカゴコーンは反落。先週のハリケーン「フローレンス」の影響は限定的とみられ、収穫が進んでいることに着目する形で売りが出た。12月限は夜間取引から売りの展開となり、340セント台後半に下落。朝方に前週末の終値近くに下げ渋る場面があったが、結局売りの流れが切れず、その後再び節目を割り込んだ。さらに通常取引に入って13日に付けた一代安値の348-3/4セントを下抜け。引け近くに347-3/4セントまで下がった。

Posted by 直    9/17/18 - 16:54   

株式:下落、米中の貿易戦争に対する懸念高まる中で売られる
  [場況]

ダウ工業平均:26,062.12↓92.55
S&P500:2,888.80↓16.18
NASDAQ:7,895.79↓114.25

NY株式は下落。米中の貿易戦争に対する懸念が改めて強まる中、ポジション調整の売りが膨らんだ。ダウ平均は寄り付きから売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心としたもみ合い。中盤にはプラス転換する場面も見られたが、反発局面では売り圧力も強く、直ぐにマイナス圏まで押し戻された。昼からは徐々に下げ足を速める展開、午後遅くにはトランプ大統領が引け後に通商政策に関する発表を行うとの報道があると改めて売りが加速、下げ幅も一時100ポイントを越えるまでに拡大した。

セクター別では、金関連がしっかりと上昇したほか、公益や生活必需品、素材、エネルギーも上昇。一方で半導体やコンピューター関連、バイオテクノロジー、一般消費財、銀行株などには売りが膨らんだ。ダウ銘柄では、キャタピラー(CAT)が0.91%の上昇となったほか、スリーエム(MMM)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)、コカコーラ(KO)も堅調に推移。一方でアップル(AAPL)は2.66%の下落、マクドナルド(MCD)、ビサ(V)、マイクロソフト(MSFT)、ボーイング(BA)も1%を超える下げとなった。

Posted by 松    9/17/18 - 16:51   

小麦:反落、目新しい材料に欠けコーンや大豆につれて売り
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:506-1/4↓5-1/4

シカゴ小麦は反落。目新しい材料に欠け、コーンや大豆の下落につれて売りが膨らんだ。12月限は夜間取引で買いが優勢となったが、510セント台後半に上昇するとすぐにペースが鈍るなど上値はやや重い展開だった。早朝に改めて強含んでも、やはり510セント台後半まで上がって値を消し、そのままマイナス圏に値を下げた。通常取引ではまず前週末終値を挟んで上下に振れる展開となってからやや弱含み、引け近くでは500セント台半ばまで下げた。

Posted by 直    9/17/18 - 16:51   

USDAクロップ:大豆作柄は前週からやや悪化、収穫始まる
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

9月16日現在

大豆作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 7% 23% 49% 18%
前週 3% 7% 22% 50% 18%
前年 3% 9% 29% 48% 11%
大豆落葉進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 53% 31% 38% 36%
大豆収穫進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 6% - 4% 3%

Posted by 松    9/17/18 - 16:11   

USDAクロップ:コーン作柄は前週から変わらず、収穫は9%終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン
出所:米農務省、NY16:00発表

9月16日現在

コーン作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 4% 8% 20% 47% 21%
前週 4% 8% 20% 47% 21%
前年 4% 9% 26% 48% 13%
コーンデント進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 93% 86% 84% 86%
コーン成熟進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 54% 35% 32% 36%
コーン収穫進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 9% 5% 7% 6%

Posted by 松    9/17/18 - 16:09   

USDAクロップ:春小麦収穫は97%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・春小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

春小麦収穫進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 97% 93% 98% 92%

Posted by 松    9/17/18 - 16:08   

USDAクロップ:冬小麦作付は13%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

冬小麦作付進捗率 9月16日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 13% 5% 12% 14%

Posted by 松    9/17/18 - 16:07   

全米コーヒー生豆在庫、8月末時点で前月から2.53%減少
  [コーヒー]

全米コーヒー生豆在庫
出所:米コーヒー生豆協会、単位1,000袋

8/31/18 7/31/18 前月比 (%) 前年比
全米合計 6662.861 6835.629 ↓ 172.768 ↓2.53% ↓8.30%

Posted by 松    9/17/18 - 15:13   

天然ガス:反発、気温上昇予報支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス10月限終値:2.814↑0.047

NY天然ガス反発。目先米東部を中心に再び気温が上昇するとの予報が出る中、冷房需要の増加観測を支えにしっかりと買いが先行した。10月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後は改めて騰勢を強める格好となり、2.80ドル台前半まで一気に上げ幅を拡大。その後は買いも一服、中盤にかけて売りに押し戻される格好となったものの、2.80ドル台はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/17/18 - 15:03   

石油製品:ガソリンが小幅反発する一方、暖房油は続落
  [場況]

RBOBガソリン10月限:1.9768↑0.0066
暖房油10月限:2.2064↓0.0028

NY石油製品はガソリンが小幅反発する一方、暖房油は続落。相場は日中を通じて原油の値動きを追随、朝方まではしっかりと買いが先行する展開となり、先週金曜の高値を更新する場面も見られた。通常取引開始後もしばらくは高値圏を維持していたものの、中盤にかけては原油の下落につれて手仕舞い売りが加速、ガソリンは最後までプラス圏を維持したが、暖房油はマイナス転落した。

Posted by 松    9/17/18 - 14:58   

原油:小幅反落、朝方まで買い先行もその後売りに押される
  [場況]

NYMEX原油10月限終値:68.91↓0.08

NY原油は小幅反落。朝方まではドル安の進行やイランの生産減少観測などを支えに買いが先行したものの、その後は株価の下落が重石となる中で投機的な売りに押される展開となった。10月限は夜間取引では買いが先行、69ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後もしばらくは同水準での推移が続いたが、中盤にかけては一転して売りに押される格好となり、昼過ぎには68ドル台半ばまで反落。その後は再び買いが優勢となったものの、69ドル台を一時回復するのが精一杯だった。

Posted by 松    9/17/18 - 14:47   

2018年インドコーヒー輸出、8月時点で前年僅かに下回る
  [コーヒー]

インドコーヒー局によると、同国の2018年コーヒー輸出は8月まであわせて26万2764トンとなった。前年同期にの26万3269トンを僅かに下回る。イタリア向けが6万2937トンと最も多く、このほかドイツやベルギーなどが主な仕向け先だった。アラビカ種は前年から19.1%増加して4万3668トンだったが、ロブスタ種は前年比11%減の13万8317トン。また、インスタントコーヒーが1万9106トンで、44%落ち込んだ。。

Posted by 直    9/17/18 - 14:31   

10月の米シェールオイル生産は前月から7.9万バレル増加、EIA
  [エネルギー]

米エネルギー省情報局(EIA)は17日に発表した掘削状況レポートで、米国の10月のシェールオイル生産が日量759.4万バレルと、前月から7.9万バレル増加するとの見通しを示した。テキサス州西部のパーミヤンで3.1万バレル、ワイオミングからコロラドにかけてのニオブララで0.6万バレル、ノースダコタを中心としたバッケンで1.4万バレル、南テキサスのイーグルフォード地域で1.6万バレルそれぞれ生産が増加する。9月の生産量は日量751.5万バレルと、前月に752.2万バレルと推定していたのから引き下げられた。シェールガスの生産は、10月に前月から日量9億6,100万立方フィート増加するとの見通しが示された。

Posted by 松    9/17/18 - 14:16   

金:反発、対ユーロ中心のドル安好感し投機的な買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,205.8↑4.7

NY金は反発。対ユーロを中心としたドル安の進行が下支えとなる中、投機的な買いがしっかりと相場を押し上げた。12月限は夜間取引では売りが優勢、1,200ドルの節目をやや割り込むまで値を下げる場面も見られた。早朝にかけては徐々に値を切り上げる展開、通常取引開始後は改めて買い意欲が強まり、中盤には1,209.7ドルの高値まで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服、引けにかけてジリジリと売りに押し戻される格好となったものの、最後までプラス圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    9/17/18 - 13:44   

コーヒー:続落、これまでの流れを継いだテクニカルな売りが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:97.30↓2.40

NYコーヒーは続落。需給面で新たな材料が見当たらない中、これまでの流れを継いだテクニカルな売りが日中を通じて相場を主導する展開となった。12月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。朝方からは改めて売り圧力が強まる格好となり、98セントを割り込むまで一気に下げ幅を拡大。NYに入ると一旦は買い戻しが集まったものの、早々に息切れ。中盤にかけては改めて売り圧力が強まる展開、最後は97セント台半ばまで下げ幅を拡大して取引を終了した。

Posted by 松    9/17/18 - 13:41   

砂糖:続落、材料難の中でポジション整理の売りが加速
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:11.58↓0.44

NY砂糖は続落。新たな材料に欠ける中、先週金曜の流れを継いだポジション整理の売りが加速した。3月限は夜間の取引開始時から売りが先行、早々に11セント台後半まで値を下げての推移となった。早朝にかけては買い戻しが優勢となったものの、12セントの節目まで値を戻すことなく息切れ。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、最後は11セント台半ばまで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    9/17/18 - 13:18   

8月NOPA大豆圧搾高は前月から5.28%減少
  [穀物・大豆]

NOPA大豆圧搾高
出所:全米油種加工業組合(NOPA)、NY12:00発表、季節調整値、
単位100万ブッシェル、100万ポンド(大豆油)

18年8月 前月比 前年比
大豆圧搾高 158.89 ↓5.28% ↑11.56%
大豆油在庫 1623.13 ↓7.96% ↑14.55%

Posted by 松    9/17/18 - 12:09   

輸出検証高:コーンは前週から増加、小麦と大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

9月13日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 406.0 ↓5.7% ↓13.4% 6100.4 ↓30.1% 350.0 〜550.0
コーン 1030.3 ↑31.5% ↑49.7% 1708.8 ↑25.1% 850.0 〜1200.0
大豆 784.8 ↓15.3% ↓15.9% 1618.4 ↓20.7% 700.0 〜1000.0

Posted by 松    9/17/18 - 11:32   

18/19年世界小麦生産見通し、2000万トン下方修正・ABARES
  [穀物・大豆]

オーストラリア農業資源経済科学局(ABARES)は四半期ごとの商品レポートで、2018/19年度の世界小麦生産見通しを7億2300万トンと、6月の前回報告での7億4300万トンから2000万トン引き下げた。前年比にすると4.6%減少。欧州連合(EU)を1億5000万トンから1億3800万トン、黒海周辺地域を1億1400万トンから1憶800万トンにそれぞれ下方修正。中国も400万トン引き下げた。反面、米国は4850万トンから5110万トンに引き上げ、インドの生産が9630万トンで、従来の9350万トンを上回る。

2018/19年度の世界小麦消費見通しは7億4800万トンから7億3800万トンに引き下げた。前年との比較で0.3%の増加。食用を100万トン引き下げ、飼料用を900万トン下方修正した。食用は前年比にすると1.4%の増加予想だが、飼料用は前回の報告でほぼ横ばい見通しだったのが、5%の減少になった。

貿易は1億7800万トンの見通しで、1億8400万トン万トンから引き下げた。下方修正により、前年の推定1億7900万トン(修正値)をやや下回る。輸出について、EUを2390万トンと、360万トン引き下げた。黒海周辺地域は6150万トンから5760万トンに下方修正で、このうちロシアを400万トン引き下げ、ウクライナも60万トン引き下げた。一方、カザフスタンは60万トン上方修正。オーストラリアは1520万トンから1300万トンに引き下げた。これに対し、米国は2620万トンから2900万トン、アルゼンチンは1350万トンから1430万トンにそれぞれ上方修正。

期末在庫の見通しに関すると、2017/18年度を2億6200万トンから2億6600万トンに上方修正。2018/19年度は2億5800万トンから2億5100万トンに引き下げた。

Posted by 直    9/17/18 - 11:13   

世界砂糖生産見通し、上方修正で前年から小幅にも増加・ABARES
  [砂糖]

オーストラリアの農業資源経済科学局(ABARES)は四半期ごとの商品レポートで、世界の2018/19年度(10-9月)砂糖生産を1億9400万トンと見通し、6月の前回報告での1億9100万トンから引き上げた。一方、前年の推定は1億9500万トンから1億9300万トンに下方修正で、この結果、2018/19年度には小幅にも増加の見方にシフトした格好になる。最大のブラジルの生産については、3690万トンと、前年から2.6%と減少予想を維持しているが、従来の3500万トンあらは引き上げた。

2018/19年度の世界砂糖消費予想は1億8700万トンから1億8600万トンに引き下げた。前年との比較で1.6%増加。2018/19年度の輸出は6600万トンで据え置いた。前年比にして1.5%減少の見通し。期末在庫に関すると、2017/18年度の推定を8320万トンから8250万トンに上方修正、2018/19年度は8740万トンから9060万トンに引き上げた。

Posted by 直    9/17/18 - 11:11   

18/19年豪州砂糖生産見通し上方修正、輸出も引き上げ・ABARES
  [砂糖]

オーストラリアの農業資源経済科学局(ABARES)は四半期ごとの商品レポートで、国内の2018/19年度(7-6月)砂糖生産見通しを500万トンと、従来の483万トンから引き上げた。前年比にして3.5%の増加になる。2018/19年度輸出が前年比4.2%増の400万5000トンの予想。従来の386万3000トンから上方修正した。

Posted by 直    9/17/18 - 11:10   

仕向け先不明で24.1万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は17日、民間業者から仕向け先不明で24万1000トンの2018/19年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    9/17/18 - 09:53   

2018年EU小麦イールド推定、5ヶ月連続の下方修正・MARS
  [穀物・大豆]

欧州連合(EU)の農業サポート機関MARSは17日付レポート、2018.年のEU小麦イールド推定を5.48トンと、前月時点での5.49トンから引き下げた。5ヶ月連続の下方修正で、前年比にして6.2%の低下。また、過去5年平均の5.73トンを下回る。

ただ、軟質小麦に限ると5.70トンで据え置いた。前年から6.7%下がり、過去5年平均に比べても4.5%の低下になる。デュラム小麦は3.47トンから3.48トンに上方修正。前年から0.6%ダウンとなり、過去平均は2.7%上回る。

コーンのイールドは7.49トンとみており、前月時点での7.57トンから下方修正した。前年比4.6%低下。ただ、過去平均の7.29トン(修正値)に比べると改善する。

Posted by 直    9/17/18 - 09:50   

2018年EU砂糖ビートイールド推定、0.5トン下方修正・MARS
  [砂糖]

欧州連合(EU)の農業サポート機関MARSは17日付レポートで、2018年のEU砂糖ビートイールド推定を73.3トンと、前月時点での73.8トンから0.5トン引き下げた。前年比にして9.1%低下、過去5年平均も1.2%下回る。

Posted by 直    9/17/18 - 09:49   

9月ニューヨーク連銀指数は19.0に低下、予想も下回る
  [経済指標]

ニューヨーク連銀指数
出所:ニューヨーク連邦準備銀行、NY8:30発表、季節調整値

現況指数 18年9月 18年8月 市場予想
総合 19.0 25.6 23.0

続きを読む

Posted by 松    9/17/18 - 08:31   

18/19年インド小麦生産推定、170万トン上方修正・USDAアタシェ
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、インドの2018/19年度小麦生産推定は9970万トンと、従来の9800トンから170万トン引き上げとなった。上方修正により、前年の9851万トンから増加の見方にシフトで、また、過去最高を更新する。パンジャブ州のイールドが事前予想を上回り、ビハール州やグジャラート州といった小麦栽培では知られない地域で生産が伸びたことで全体を押し上げる格好になったという。

2017/18年度の小麦消費は9800万トンの従来見通しで据え置きとなった。前年比にして2.3%の増加。輸入は前年比57.1%減の50万トンと従来予想から変わらない。期末在庫見通しが1333万トンから1500万3000トンに上方修正、前年からは13.6%膨らむ。

Posted by 直    9/17/18 - 08:23   

14日のOPECバスケット価格は76.05ドルと前日から0.41ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
9/14 (金) 76.05 ↓0.41
9/13 (木) 76.46 ↓0.70
9/12 (水) 77.16 ↑1.14
9/11 (火) 76.02 ↑0.82
9/10 (月) 75.20 ↑1.03

Posted by 松    9/17/18 - 06:48   

9/17(月)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・9月ニューヨーク連銀指数 (08:30)

エネルギー

・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物
・USDA輸出検証高 (11:00)
・8月NOPA大豆圧搾高 (12:00)
・8月全米コーヒー生豆在庫 (15:00)
・USDAクロップレポート (16:00)

Posted by 松    9/17/18 - 06:45   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ