ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



10月

2020


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2020年10月30日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から1.98%上昇
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
10/26〜 10/30 2.4264 ↑ 1.98% ↑ 18.98% 2.0570 ↑ 0.58% ↑ 10.76%
10/19〜 10/23 2.3792 ↑ 2.78% ↑ 19.74% 2.0452 ↑ 1.50% ↑ 12.24%
10/12〜 10/16 2.3149 ↑ 4.15% ↑ 16.68% 2.0149 ↑ 6.36% ↑ 11.72%
10/5〜 10/9 2.2226 ↑ 2.40% ↑ 13.10% 1.8945 ↑ 1.63% ↑ 5.23%

Posted by 松    10/30/20 - 17:45   

FX:ユーロ小幅安、COVID-19 への懸念高まる中でリスク回避の売り
  [場況]

ドル/円:104.60、ユーロ/ドル:1.1646、ユーロ/円:121.82 (NY17:00)

為替はユーロが小幅安。COVID-19の感染拡大や景気の先行き不透明感に対する懸念が引き続き市場全体に大きくのしかかる中、リスク回避のユーロ売りが相場を主導した。ドル/円は東京から売りが先行、午後には一時104円の節目割れをうかがう水準まで値を切り下げた。その後は買い戻しが集まり、ロンドンでは104円台前半から半ばのレンジ内での推移。NYに入ると一段と買いが優勢となり、104円台後半まで値を切り上げた。中盤以降は買いも一服、高値圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。

ユーロ/ドルは東京では買いが優勢、1.17ドルに迫るまで値を切り上げる場面も見られた。午後からは一転して売りに押し戻される格好となり、ロンドンでは1.16ドル台後半のレンジ内で上値の重い展開。NY朝には一旦1.17ドル台まで買い進まれる場面も見られたが、直後からは大きく売りに押し戻される格好となり、昼前には1.16ドル台半ばまで値を下げた。午後からは動意も薄くなり、同水準でのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京から売りが先行、午後には121円台半ばまで値を切り下げた。ロンドンでは121円台後半まで値を戻しての推移、NY朝には122円台半ばまで値を伸ばす場面も見られたが、昼にかけては売り圧力が強まり121円台後半まで反落。午後からは動意も薄くなった。

Posted by 松    10/30/20 - 17:28   

債券:続落、予想上回る経済指標消化して売りの展開
  [場況]

債券は続落。個人所得と消費支出の予想以上の増加、シカゴビジネス指標やミシガン大消費者指数も予想を上回り、売りの展開となった。夜間取引で買いが先行し、10年債利回りは低下したが、0.8%を割り込む前に一服。その後下げ幅を縮め、通常取引では経済指標を消化しながら上昇が進んだ。午後には0.87%と6月上旬以来の高水準まで上がった。

Posted by 直    10/30/20 - 17:19   

ブラジルコーヒー輸出:30日現在262.05万袋と前月を7.7%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

10月30日 10月累計 前月(9/30) 前月比 前年比
輸出合計 195.264 2620.536 2838.485 ↓7.7% ↑13.5%
>アラビカ種 169.318 2043.178 2056.288 ↓0.6% ↑6.6%
>ロブスタ種 18.168 393.278 578.177 ↓32.0% ↑88.1%
>インスタント 7.778 184.080 204.020 ↓9.8% ↓12.0%

Posted by 松    10/30/20 - 17:12   

株式:反落、GAFA決算で材料出尽くし感強まりハイテク主導で売り
  [場況]

ダウ工業平均:26,501.60↓157.51
S&P500:3,269.96↓40.15
NASDAQ:10,911.59↓274.00

NY株式は反落。前日引け後に出されたGAFAの決算が予想を上回る内容となったにも関わらず、ハイテク銘柄主導でポジション調整の売りが加速した。決算で買い材料が出尽くしたとの見方が強まったのに加え、COVID-19の感染拡大や景気の先行き不透明感に対する懸念も引き続き重石となった。ダウ平均は寄り付きから大きく売りが先行、早々に500ポイント以上値を崩す展開となった。売り一巡後は200ポイント台まで下げ幅を縮小したものの、中盤以降はジリジリと売りに押し戻される格好となり、午後には小幅ながら日中安値を更新。その後も上値の重い展開が続いたが、引け間際にまとまった買い戻しが入り値を回復した。

セクター別では、金鉱株や銀行株がしっかりと値を伸ばしたほか、エネルギーも堅調に推移。一方で一般消費財やコンピューター関連、情報関連は大幅に下落。保険やバイオテクノロジー、運輸株も下げが目立った。ダウ銘柄では、IBM(IBM)が2.53%の上昇となったほか、ウォルグリーン(WBA)やキャタピラー(CAT)、シェブロン(CVX)も1%を超える伸びとなった。一方でアップル(AAPL)は5.60%の下落、ボーイング(BA)やナイキ(NKE)、セールスフォース・ドットコム(CRM)も2%を超える下げを記録した。

Posted by 松    10/30/20 - 16:55   

大豆:反発、買い戻し入り仕向け先不明輸出成約報告も支援
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:1056-1/4↑5-3/4

シカゴ大豆は反発。連日の下落の反動で買い戻しが入り、USDAに仕向け先不明の輸出成約報告があったこともプラスに支援となった。夜間取引で売りに押される場面があったが、1月限は1040セント台に下落してから早々に持ち直した。買いがしっかりと進み、値を伸ばす展開。1060セント台に上昇すると一服となり、通常取引でも改めて1060セントを超えると上値は重くなった。それでも、日中に前日の終値水準まで戻すと買いが集まり、取引終盤に強含んだ。

Posted by 直    10/30/20 - 16:45   

コーン:横ばい、小麦下落につれた売りの後ポジション調整の買い
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:398-1/2→0

シカゴコーンは横ばい。小麦の下落につれた売りの後で週末前のポジション調整の買いが入った。夜間取引で売りが先行し、12月限は下落。390セント台半ばでペースもスローダウンし、下げは限られた。通常取引開始後に前日終値を超えてから、改めて売りに押され小安くなったが、引け近くで持ち直した。期先限月の多くは上昇で取引終了となった。

Posted by 直    10/30/20 - 16:42   

小麦:続落、米主要生産地などの降雨が引き続き重石
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:598-1/2↓5-1/4

シカゴ小麦は続落。米主要生産地などの降雨が引き続き重石となった。夜間取引では売りの展開の後買いに転じるのを繰り返した。12月限は上昇しても、上値は限定的。通常取引に入ると売りが膨らみマイナス圏に戻り、さらに590セント台に下落となった。595-1/4セントと14日以来の安値を付け、そのまま590セント台後半を軟調に推移した。

Posted by 直    10/30/20 - 16:39   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

10月27日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 507268 ▼ 18750
NEMEX-RBOBガソリン ▼ 78 ▼ 5656
NYMEX-暖房油 △ 49059 ▼ 4676
NYMEX-天然ガス △ 49458 ▼ 21883
COMEX-金 △ 246356 ▼ 4499
_
CBOT-小麦 △ 58298 ▼ 1070
CBOT-コーン △ 423973 △ 67647
CBOT-大豆 △ 260683 △ 1587
ICE US-粗糖 △ 316046 △ 12518
ICE US-コーヒー △ 27229 ▼ 6241
_
IMM-日本円 △ 20569 △ 6292
IMM-ユーロFX △ 156482 ▼ 10776
CBOT-DJIA (x5) △ 2639 ▼ 3759
CME-S&P 500 △ 127022 △ 62057

Posted by 松    10/30/20 - 15:33   

ハリケーンで停止したメキシコ湾の石油、天然ガスの生産回復進む
  [エネルギー]

米BSEE(安全環境局)が30日に発表したデータによると、カリブ海に発生したハリケーン「ゼータ」の影響で米東部時間12:30現在、メキシコ湾のプラットフォーム153ヶ所から職員が避難している。前日は228ヶ所だった。これによって日量122万6,413バレルの石油生産と、10億9,020万立方フィートの天然ガス生産が停止、それぞれメキシコ湾全体における生産の65.29%、40.23%に相当している。前日に石油が156万9,517バレル、天然ガスが15億6,130万立方フィートだったのから生産停止の規模が縮小した。

Posted by 松    10/30/20 - 15:16   

天然ガス:続伸、LNG輸出の好調さが改めて買い呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:3.354↑0.053

NY天然ガスは続伸。LNGの輸出が回復基調を強めていることが改めて材料視される中でしっかりと買いが集まり、期近終値ベースで2018年1月以来の高値を更新した。12月限は夜間取引から買いが先行、ロンドン時間に入ったあたりからは売りに押し戻される格好となり、早朝にはマイナス転落。通常取引開始時には3.2ドル台半ばまで値を切り下げる場面も見られた。その後は再び買い意欲が強まり、中盤にはプラス圏を回復。引けにかけてややまとまった買いが入ると、3.30ドル台半ばまで一気に上げ幅を拡大した。

Posted by 松    10/30/20 - 14:54   

石油製品:ガソリンが反発する一方、暖房油は小幅続落
  [場況]

RBOBガソリン12月限:1.0322↑0.0042
暖房油12月限:1.0859↓0.0010

NY石油製品はガソリンが反発する一方、暖房油は小幅続落。ここまでの下落で売られ過ぎ感が高まる一方、COVID-19の感染拡大や需要低迷に対する懸念が重石となる中、日中を通じて方向感なく上下を繰り返す展開となった。相場は夜間取引では早朝にかけて買いが先行、通常取引開始後は株や原油の下落につれ売りに押し戻される格好となったものの、最後は買い戻しが集まった。

Posted by 松    10/30/20 - 14:48   

原油:小幅続落、COVID-19の感染拡大や需要低迷が引き続き重石
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:35.79↓0.38

NY原油は小幅続落。欧米を中心にCOVID-19の感染が拡大、経済活動を制限する動きが強まる中、需要の更なる伸び悩みに対する懸念が投機的な売りを呼び込む格好となった。リビアの生産が急速に回復するとの見方も、引き続き弱気に作用した。12月限は夜間取引では前日終値を中心としたやや幅の広いレンジ内で、方向感なくもみ合う展開。通常取引開始後は売り圧力が強まる格好となり、午後には35ドル台前半まで下げ幅を拡大した。その後は売りも一服、引けにかけてはポジション整理の買い戻しが集まり、やや下げ幅を縮小して取引を終了した。

Posted by 松    10/30/20 - 14:48   

金:反発、COVID-19の感染拡大への懸念高まる中で買いが先行
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,879.9↑11.9

NY金は反発。前日までの売りの流れも一服、COVID-19の感染拡大や景気の先行き不透明感に対する懸念が高まる一方となる中で、しっかりと買いが集まった。12月限は夜間取引から買いが優勢、1,870ドル台前半まで値を回復しての推移が続いた。朝方からは改めて買い意欲が強まり、通常取引 の開始時には1,890ドルまで上げ幅を拡大。その後は売りに押し戻される格好となったものの、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。中盤以降は1,970ドル台後半から1,880ドルにかけてのレンジ内で、方向感なくもみ合う展開が続いた。

Posted by 松    10/30/20 - 14:11   

コーヒー:小幅続落、日中は買い戻し先行も最後に売られる
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:104.40↓0.20

NYコーヒーは小幅続落。日中はポジション整理の買い戻しが主導する中で底堅い展開が続いたものの、最後に売りに押された。12月限は夜間の時間帯から買いが先行、朝方には105セント台後半まで値を切り上げた。その後は一転して売り圧力が強まり、NYに入るとマイナス転落。押し目では買い意欲も強く、中盤にかけてはプラス圏を回復しての推移が続いたが、朝方につけた高値を上抜けるような動きも見られず。最後は売り圧力が強まり、わずかながらもマイナス転落して取引を終了した。

Posted by 松    10/30/20 - 14:02   

砂糖:小幅続落、朝方まで大きく買い先行もその後買い戻し集まる
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:14.36↓0.04

NY砂糖は小幅続落、前日の流れを継いだポジション整理の売りが先行したものの、最後は買い戻しが集まる下げ幅を縮小した。3月限は夜間の時間帯から売りが先行、市場全体にリスク回避の動きが強まる中、朝方には一時14セントの節目を割り込むまで値を崩す場面も見られた。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、中盤には僅かながらもプラス転換するまで値を回復。その後は売りに押し戻されたものの、最後は改めてプラス圏まで買い戻しが集まった。

Posted by 松    10/30/20 - 13:55   

20/21年南アコーン期末在庫、前年比88.6%増加見通し
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物・油種需給推定委員会は10月の需給報告で、国内の2020/21年度(5-4月)コーン期末在庫が188万7080トンと、前年から88.6%増加する見通しを示した。前月時点での188万3480トンからやや修正。飼料用のイエローコーン見通しを69万497トンから67万9547トン、食用となるホワイトコーンは119万2983トンから120万7533トンに修正した。イエローが前年から29.0%増加し、ホワイトは前年の2.5倍になる。

委員会はこのほか、2020/21年度(10-9月)小麦期末在庫が43万9212トンの見通しとし、43万7559トンから若干修正した。前年との比較で21.1%の増加。

Posted by 直    10/30/20 - 13:51   

EU軟質小麦生産見通し若干上方修正、コーンは引き下げ・欧州委
  [穀物・大豆]

欧州委員会は10月29日付の需給レポートで、欧州連合(EU)の2020/21年度軟質小麦生産見通しを1億1589万3000トンと、前月時点での1億1545万8000トンから若干引き上げた。これで2回連続の上方修正。それでも、前年比にすると11.7%の減少になる。コーン生産は6313万7000トンから6019万7000トンに3回連続で引き下げた。前年との比較で14.1%の減少見通し。2020/21年度の穀物生産は2億7151万9000トンとみており、従来の2億7425万1000トンから下方修正、6回連続の引き下げになる。前年から7.8%減少。

Posted by 直    10/30/20 - 13:43   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は296基と前週から9基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

10月30日 前週比 前年比 (%)
米国合計 296 ↑ 9 ↓ 526 ↓63.99%
>陸上油田 282 ↑ 9 ↓ 517 ↓64.71%
>海上 1 →0 →0 -
>>メキシコ湾 13 →0 ↓ 8 ↓38.10%
カナダ 86 ↑ 3 ↓ 56 ↓39.44%
北米合計 382 ↑ 12 ↓ 582 ↓60.37%

続きを読む

Posted by 松    10/30/20 - 13:13   

インド政府、エタノール価格引き上げ
  [エタノール]

インドの情報相は29日に記者団に対し、内閣経済諮問委員会(CCEA)が2020/21年度エタノール価格の引き上げを決めたことを明らかにした。農家の収入を伸ばすのが狙いと述べた。Cモラセスと呼ばれるものから作るエタノール価格を従来の1リットル43.75ルピーから45.69ルピー、Bモラセス由来のエタノールの価格を同54.27ルピーから57.61ルピーに改定。エタノールの年度初めとなる12月1日付で適用となる。

同相は、値上げによってガソリンへのエタノール混合も日に日に進んでいるとコメント。インド政府は10%のエタノール混合を目標にしており、パリ協定の下での温室効果ガス排出削減などに努め、あんた石油輸入の削減も目指す。

Posted by 直    10/30/20 - 11:26   

10月ミシガン大消費者指数は81.8に上方修正、予想も上回る
  [経済指標]

ロイター/ミシガン大消費者指数
出所:ロイター/ミシガン大学、NY10:00発表

20年10月 10月速報値 20年9月 市場予想
消費者指数修正値 81.8 81.2 80.4 81.2

続きを読む

Posted by 松    10/30/20 - 10:00   

10月シカゴビジネス指標(PMI)は61.1に低下、予想は上回る
  [経済指標]

シカゴビジネス指標(PMI)
出所:シカゴ供給管理協会(ISM-Chicago)、NY9:45発表

20年10月 20年9月 市場予想
総合指数 61.1 62.4 59.0

続きを読む

Posted by 松    10/30/20 - 09:47   

仕向け先不明で12.15万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は30日、民間業者から仕向け先不明で12万1500トンの2020/21年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/30/20 - 09:15   

アルゼンチン小麦生産見通し、ラニーニャ現象背景に下方修正
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、アルゼンチンの2020/21年度小麦生産見通しは1740万トンと、従来の2000万トンから下方修正となった。ラニーニャ現象に伴う乾燥が背景にある。引き下げにより、前年の1930万トンから減少の見方にシフトした。作付は前年比1.6%減の630万ヘクタールで、5万ヘクタールの下方修正。

2020/21年度輸出は1340万トンの従来予想から1120万トンに引き下げられた。前年から14.5%減少。期末在庫見通しは169万6000トンで、204万5000トンから下方修正だが、、前年に比べると3.3%の積み増しになる。

Posted by 直    10/30/20 - 09:13   

アルゼンチンコーン生産、前年から4%減少見通し・USDAアタシェ
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、アルゼンチンの2020/21年度コーン生産は4800万トンと、前年から4%減少見通しとなった。従来の4760万トンからはやや上方修正。主要生産地でコーンの採算性が大豆に比べて高いものの、土壌水分の不足から作付が遅れており、リスク回避のために大豆に乗り換える向きが出来る可能性もあるという。

2020/21年度輸出は3300万トンの予想で据え置きとなった。前年との比較で10.8%減少。期末在庫見通しが297万7000トンから267万5000トンに小幅引き下げられ、前年からは43%増加になる。

Posted by 直    10/30/20 - 09:13   

9月個人所得は前月から0.87%増加、個人消費支出は1.40%増加
  [経済指標]

個人所得・個人消費支出
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位:10億ドル

20年9月 前月比 市場予想
個人所得 19804.2 ↑0.87% ↑0.3%
個人消費支出 14578.4 ↑1.40% ↑1.0%
貯蓄率 14.28% ↓0.51
個人消費価格指数(PCE) 111.679 ↑0.16% NA
PCEコア 114.041 ↑0.18% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    10/30/20 - 08:38   

7-9月期雇用コスト指数は前期比で0.50%上昇、予想下回る
  [経済指標]

雇用コスト指数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、2005年=100

20年3Q 前期比 20年2Q 市場予想
雇用コスト指数 ↑0.50% ↑0.50% ↑ 0.7%
>給与 ↑0.43% ↑0.36%
>福利厚生 ↑0.56% ↑0.77%

続きを読む

Posted by 松    10/30/20 - 08:34   

20/21年アルゼンチンコーン作付、28日時点で29.8%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、2020/21年度コーン作付は10月28日時点で事前予想の630万ヘクタールの29.8%終了となった。前週から2.3ポイントアップだが、前年同期は10.4ポイント下回る。降雨で土壌水分がやや改善したという。

Posted by 直    10/30/20 - 08:14   

20/21年アルゼンチン小麦収穫、28日時点で6.1%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、2020/21年度小麦収穫は0月28日時点で6.1%終了した。前週から4.9ポイント進み、前年同期を2.6ポイント上回る。作業は主に北部で広がり、イールドは低めとコメント。一方、ブエノスアイレス州とラパンパ州のイールド見通しは改善したという。取引所は生産が1680万トンになるとの見通しを維持した。

Posted by 直    10/30/20 - 08:13   

29日のOPECバスケット価格は37.12ドルと前日から1.30ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
10/29 (木) 37.12 ↓1.30
10/28 (水) 38.42 ↓1.11
10/27 (火) 39.53 ↑0.31
10/26 (月) 39.22 ↓1.83
10/23 (金) 41.05 ↑0.14

Posted by 松    10/30/20 - 05:29   

10/30(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・7-9月期雇用コスト指数 (08:30)
・9月個人所得・個人消費支出 (08:30)
・10月シカゴビジネス指標(PMI) (09:45)
・10月ロイター/ミシガン大消費者指数修正値 (10:00)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

納会日
・石油製品 11月限納会

Posted by 松    10/30/20 - 05:26   

2020年10月29日(木)

債券:下落、株式反発や強い経済しひょ8う背景に売り膨らむ
  [場況]

債券は下落。株式相場の反発、朝方発表された失業保険申請件数や7-9月期実質国内総生産ともに強い内容だったことを背景に売りが膨らんだ。夜間取引から売りに押され、10年債利回りは上昇した。通常取引で買いが入る場面があったが、長続きせず、前日の水準に持ち直してもすぐに上昇に戻った。日中は0.8%台前半で推移した。

Posted by 直    10/29/20 - 17:31   

FX:ユーロ一段安、COVID-19の感染拡大懸念し投機的な売り加速
  [場況]

ドル/円:104.59、ユーロ/ドル:1.1672、ユーロ/円:122.08 (NY17:00)

為替はユーロが一段安の展開。欧州でCOVID-19の感染が深刻化、拡大防止のため経済活動を制限する動きが強まる中で景気が一段と押し込むとの懸念がリスク回避のユーロ売りにつながった。ドル/円は東京朝には買いが優勢、104円台半ば値を切り上げての推移となった。午後からは一転して売りに押される展開、ロンドンに入っても売りの勢いは衰えず、NY早朝には104円の節目割れをうかがうまでに下げ幅を拡大した。NY に入ってからは米株の上昇につれる形で買い意欲が強まり、昼には104円台後半まで一気に値を回復。午後からは買いも一服となったものの、高値圏をしっかりと維持してのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.17ドル台半ばの狭いレンジ内での小動き。ロンドンに入ると売り圧力が強まり、NY朝には1.17ドルを割り込んだ。その後も売りの勢いは衰えず、昼過ぎには1.16ドル台半ばまで下げ幅を拡大。遅くには買い戻しが優勢となり、l1.16ドル台後半まで値を回復した。ユーロ/円は東京では買いが優勢、122円台後半まで値を切り上げての推移となった。午後からは徐々に上値が重くなり、ロンドンに入ると売り圧力が強まり、122円の節目割れを試すまでに一気に値を崩した。NYでは売り一服、122円をやや上回ったあたりのレンジ内でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/29/20 - 17:29   

ブラジルコーヒー輸出:29日現在242.53万袋と前月を8.7%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

10月29日 10月累計 前月(9/29) 前月比 前年比
輸出合計 70.065 2425.272 2656.064 ↓8.7% ↑23.9%
>アラビカ種 67.658 1873.860 1915.414 ↓2.2% ↑7.8%
>ロブスタ種 1.069 375.110 559.087 ↓32.9% ↑120.7%
>インスタント 1.338 176.302 181.563 ↓2.9% ↑3.7%

Posted by 松    10/29/20 - 17:08   

株式:反発、GAFAの決算発表控え好決算への期待が買い呼び込む
  [場況]

ダウ工業平均:26,659.11↑139.16
S&P500:3,310.11↑39.09
NASDAQ:11,185.59↑180.72

NY株式は反発。前日の急落で短期的に売られ過ぎ感が高まったことあり、日中を通じてポジション調整の買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。引け後にGAFAなどハイテク大手の決算発表を控えていたことも、好決算への期待が高まる中で強気に作用した。ダウ平均は寄り付きでは前日の流れを継いだ売りが先行、200ポイント以上値を切り下げたものの、すぐに買い戻しが集まりプラス圏を回復。中盤にかけては前日終値をやや上回ったあたりでのもみ合いが続いたが、午後に入ると改めて買いが加速、300ポイントを超えるまでに上げ幅を拡大した。遅くには買いも一服、引け間際には売り圧力が強まり、上げ幅を縮小して取引を終了した。

セクター別では、エネルギーが大きく上昇したほか、通信や半導体、コンピューター関連もしっかりと値を伸ばした。一方でヘルスケアは下落、保険や薬品株も上値が重かった。ダウ銘柄では、アップル(AAPL)が3.71%の上昇となったほか、シェブロン(CVX)やウォルト・ディズニー(DIS)、ダウ(DOW)、キャタピラー(CAT)もしっかりと値を切り上げた。一方でウォルグリーン(WBA)は3.09%の下落、ユナイテッド・ヘルス(UNH)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)も下げが目立った。

Posted by 松    10/29/20 - 16:53   

大豆:続落、コロナの影響懸念やブラジルの降雨予報で売りの展開
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:1050-1/2↓4-1/4

シカゴ大豆は続落。新型コロナウィルスの影響懸念に加え、ブラジルの降雨予報も出て、売りの展開となった。夜間取引で買いが入り、1月限は反発。しかし、1050セント台後半で買いも一服となり、値を消した。前日終値を割り込むと売りに弾みが付き、1040セント台に下落した。通常取引でいったん持ち直しても、すぐに売りに押され弱含んだ。

Posted by 直    10/29/20 - 16:44   

コーン:続落、前日の売りの流れ引き継ぎテクニカルも重石
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:398-1/2↓3-0

シカゴコーンは続落。前日の売りの流れを引き継ぎ、テクニカルも重石となった。夜間取引で買いが集まり、12月限は上昇したが、上値が限定的なのに着目し、売りに転じた。前日比マイナスとなり、400セントを割り込むと下げ足も加速。393-0セントと10月14日以来の安値を付けた。その後下げ渋り、通常取引に一時持ち直したものの、結局買いが続かず、日中はマイナス圏で推移した。

Posted by 直    10/29/20 - 16:42   

小麦:続落、米国やロシアの降雨背景に売り圧力強まる
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:603-3/4↓5-0

シカゴ小麦は続落。米国やロシアの降雨を背景に売り圧力が強まった。夜間取引では売り買いが交錯する場面があったが、12月限が610セントを超える上昇となったところで一服となって値を消し、前日終値を下回ると急速に下落が進んだ。朝方にかけて600セントの節目を挟んでもみ合い、598-1/2セントと10月15日以来の安値を付ける場面もあった。通常取引に入って下げ足は鈍りながら、最後まで売りの流れが切れることはなかった。

Posted by 直    10/29/20 - 16:39   

ハリケーンによるメキシコ湾の石油、天然ガスの生産停止拡大
  [エネルギー]

米BSEE(安全環境局)が29日に発表したデータによると、カリブ海に発生したハリケーン「ゼータ」の影響で米東部時間12:30現在、メキシコ湾のプラットフォーム228ヶ所から職員が避難している。前日も同じ228ヶ所だった。これによって日量156万9,517バレルの石油生産と、15億6,130万立方フィートの天然ガス生産が停止、それぞれメキシコ湾全体における生産の84.80%、57.60%に相当している。前日に石油が123万1,305バレル、天然ガスが12億500万立方フィートだったのから生産停止の規模が拡大した。

Posted by 松    10/29/20 - 15:07   

インド、11月の州議会選挙終了まで砂糖輸出補助の決定見送り
  [砂糖]

インド政府は、11月に州議会選挙が終了するまで砂糖輸出補助に関する決定を見送る見通しと報じられた。政府関係者は、ビハール州で選挙が行われている中で行動規範に反することが背景にあると指摘。また、別の関係者は前年並みの補助になるだろうとの見方を示す中、業界では世界市場での砂糖価格上昇を理由に縮小を懸念する向きもあるという。新型コロナウィルス感染拡大の影響で税収が伸びないこともあり、補助の削減があり得るとの声が聞かれた。西インド製糖所協会(WISMA)の会長は、価格が高い今だからこそ、できるだけ早い補助の発表がインセンティブになると述べた。

Posted by 直    10/29/20 - 15:05   

天然ガス:小幅反発、朝方まで売り先行も強気の在庫統計買い戻し
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:3.301↑0.010

NY天然ガスは小幅反発。朝方まではポジション整理に売りに押される形で大きく値を切り下げたものの、在庫統計が強気の内容だったことを好感する形でしっかりと買い戻された。12月限は夜間取引では売りが優勢、3.20ドル台半ばまで値を切り下げてのもみ合いが続いた。朝方からは改めて売り圧力が強まり、通常取引開始後には3.10ドル台半ばまで一気に下げ幅を拡大。在庫統計が発表されると流れが一転、積み増し量が予想を下回ったことから足元の需給逼迫に対する懸念が改めて高まる格好となり、午後にはプラス転換、一時3.30ドル台前半まで値を戻した。

Posted by 松    10/29/20 - 14:50   

石油製品:続落、景気の先行き不安重石となる中で売りに押される
  [場況]

RBOBガソリン12月限:1.0280↓0.0356
暖房油12月限:1.0869↓0.0264

NY石油製品は続落、景気の先行き不透明感に対する懸念が重石となる中、原油の下落につれて投機的な売りが膨らんだ。相場は夜間取引から売りが先行、朝方にかけて大きく下げ幅を広げる展開となった。通常取引開始後は売りも一服、ポジション整理の買い戻しが集まる中で値を戻したものの、中盤には早々に息切れ。昼からは動意も薄くなり、方向感なくもみ合う展開が続いた。

Posted by 松    10/29/20 - 14:44   

原油:続落、COVID-19の感染拡大や需要の落ち込みへ懸念高まる
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:36.17↓1.22

NY原油は続落。欧米を中心にCOVID-19の感染が拡大、経済活動を抑制する動きが強まる中、需要が一段と落ち込むとの懸念が改めて売りを呼び込んだ。12月限は夜間取引から売りが先行、ロンドン時間に入ったあたりから下げ足を速める格好となり、通常取引開始後には35ドルを割り込むまで一気に値を崩した。その後は売りも一服、中盤にかけて36ドル近辺まで値を回復したものの、それ以上の動きは見られず。昼からは動意も薄くなり、同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/29/20 - 14:44   

金:続落、ドル高の進行嫌気し投機的な売りに押される
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,868.0↓11.2

NY金は続落。COVID-19の感染拡大や景気の先行き不透明感に対する懸念が高まる中、ドル高の進行を嫌気する形でこれまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。12月限は夜間取引では買いが優勢、一時1,880ドル台半ばまで値を切り上げる場面も見られた。ロンドンに入ると買いも一服、朝方にかけては急速に売り圧力が強まる格好となり、通常取引開始後には1,860ドルを割り込むまで急落。中盤には1,870ドル台まで買い戻しが集まったものの、早々に息切れ。その後は徐々に動意も薄くなり、引けにかけて1,870ドル近辺でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/29/20 - 14:04   

コーヒー:小幅続落、レアル安嫌気される中で投機的な売りが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:104.60↓0.40

NYコーヒーは小幅続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導する展開となった。12月限は夜間の時間帯から売りが先行、NYNに入ると103セントをやや割り込むまでに下げ幅を拡大した。その後は売りも一服、104セント近辺まで値を戻したものの、それ以上積極的に買いを入れる向きもなく、同水準でのもみ合いが継続。引けにかけては104セント台後半まで買い進まれる格好となったが、プラス転換するには至らなかった。

Posted by 松    10/29/20 - 13:42   

砂糖:大幅続落、レアル安の進行嫌気しポジション整理の売りが加速
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:14.40↓0.49

NY砂糖は大幅反落。ここまでの上昇の勢いも一服、対ドルでのブラジルレアル安の進行や原油の下落が嫌気される中でポジション整理の売りが加速、終値ベースで10月15日以来の安値を更新した。3月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方からは改めて売り圧力が強まる展開、NYに入ると一気に下げ足を速める格好となり、14.34セントの安値まで値を崩した。その後は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、安値近辺の狭いレンジ内で方向感なく上下をr繰り返す転嫁が続いた。

Posted by 松    10/29/20 - 13:21   

7年債入札、応札倍率は2.24と前回下回る、利回りは上昇
  [金融・経済]

7年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

7年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(9/24)
合計 118518.4 53000.0 2.24 2.42
競争入札分 118515.6 52997.2 2.24 2.42
顧客注文比率(外国中銀含む) 60.87% 62.85%
最高落札利回り(配分比率) 0.600% (34.59%) 0.462%

Posted by 松    10/29/20 - 13:05   

20/21年度世界穀物生産見通し、100万トン下方修正・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は10月29日付けの世界穀物需給報告で、世界の2020/21年度穀物生産見通しを22億2600万トンと、前月時点での22億2700万トンとから100万トン引き下げた。コーンを11億6000万トンから11億5600万トンに下方修正し、主に欧州連合(EU)とウクライナ、米国の引き下げが響いたという。ただ、穀物生産は前年比にすると1.9%増加、コーンも前年から2.9%の増加になる。小麦は前年比0.1%増の7億6400万トンとみており、100万トン引き上げた。

穀物消費は22億2300万トンの見通しで、300万トン引き上げた。前年との比較にして1.3%増加。小麦の消費を7億4900万トンから7億5100万トンに上方修正、前年からは0.7%の増加になる。コーンは11億7600万トンから11億7300万トンに引き下げたが、前年と比べると1.7%の増加。

2020/21年度の穀物貿易は4億300万トンになる見通しで、前月の3億9800万トンから500万トン引き上げた。中国とパキスタンの小麦、EUと中国のコーンの需要が背景にある。前年比が2.3%増加。期末在庫予想が6億1900万ドル。前月の6億2900万ドルから下方修正し、前年からは0.5%アップとなる。

Posted by 直    10/29/20 - 12:57   

20/21年世界大豆生産見通し、300万トン下方修正・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は10月29日付けの世界穀物需給報告で、2020/21年度の大豆生産見通しを3億7000万トンと、前月時点での3億7300万トンから300万トン引き下げた。米国とアルゼンチン、インド、ウクライナの下方修正が背景にあるという。それでも、世界生産は前年から9.5%増加。

2020/21年度消費は3億7000万トンの見通しで、過去最高を更新、また前月から100万トン引き上げた。貿易も200万トン引き上げ、最新予測は1億6700万トン。ただ、前年の推定を400万トン引き上げて1億6800万トンとしたことから、僅かにも減少の見方になった。期末在庫は5000万トンから4600万トンに下方修正し、前年の4700万トンを僅かにも下回る見通しに転じた。

Posted by 直    10/29/20 - 12:56   

天然ガス在庫は290億立方フィートの積み増し、予想下回る
  [メタル]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 10月23日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 3955 ↑ 29 ↑ 34 ↑ 7.04% ↑ 7.18%

続きを読む

Posted by 松    10/29/20 - 10:38   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から45億ドル増加
  [エネルギー]

ロシア中銀が29日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は10月23日時点で5,898億ドルと、前週から45億ドル増加した。昨年末時点の5,544億ドルからは、354億ドルの増加となる。

Posted by 松    10/29/20 - 10:36   

7-9月期世界金需要は前期から12.2%減少、WGCディマンドトレンド
  [メタル]

ワールドゴールドカウンシル(WGC)が発表したゴールド・ディマンド・トレンドによると、2020年7-9月期の世界金需要は892.3トンと、前期比で12.2%減少した。前年同期比では18.9%の減少となる。2020年4-6月期は1,015.7トンから1,016.5トンに上方修正された。宝飾需要は333.0トンと、前期比で32.4%の増加、前年同期比では28.9%の減少となった。工業や歯科治療などのテクノロジー需要は76.7トンと前期から13.4%の増加、前年同期比では6.4%の減少。投資需要は494.6トンと前期から15.5%の減少、前年同期比では21.2%の増加となった、このうち金塊、コインなどの一般向けの投資は222.1トンと前期から43.9%の増加、前年同期比では48.7%の増加となった。ETF投資は272.5トンと、前期から36.8%減少、前年同期からは5.3%の増加となった。中銀など公的機関の保有金購入は12.1トンのマイナス、前期は112.0トン、前年同期は141.9トンだった。

7-9月期の世界供給は鉱山生産が883.8トンと前期比で13.97%の増加、前年同期では3.44%の減少となった。生産者のヘッジは36.2トンのマイナス、前期は33.1トンのマイナス、前年同期は4.2トンのマイナスだった。スラップ供給は376.1トンと前期から31.45%増加、前年同期からは6.08%の増加となった。

Posted by 松    10/29/20 - 10:31   

9月住宅販売ペンディング指数は前月から2.18%低下、予想は上昇
  [経済指標]

住宅販売ペンディング(契約進行中)指数
出所:全米不動産協会、NY10:00発表、季節調整値、年率

20年9月 前月比 前年比 市場予想
ペンディング指数 130.0 ↓2.18% ↑20.48% ↑3.5%

続きを読む

Posted by 松    10/29/20 - 10:03   

メキシコ向けと仕向け先不明でコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は29日、民間業者からメキシコ向けで89万1540トンの2020/21年度産、54万1010トンの2021/22年度産、あわせて143万2550トンのコーン輸出成約報告を受けたことを発表した。また、仕向け先不明で14万トンの2020/21年度産コーンの輸出成約報告もあったという。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/29/20 - 09:10   

輸出成約高:小麦とコーンは前週から増加、大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

10/22/20 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 743.2 60.0 803.2 ↑118.6% 200.0 〜700.0
コーン 2243.7 0.0 2243.7 ↑22.5% 700.0 〜1500.0
大豆 1620.7 9.0 1629.7 ↓26.8% 1000.0 〜2000.0
大豆ミール 199.3 0.0 199.3 ↓38.1% 100.0 〜450.0
大豆油 6.0 0.0 6.0 ↓83.7% 5.0 〜40.0

Posted by 松    10/29/20 - 08:57   

7-9月期GDP速報値は前期比33.08%増加、予想も上回る
  [経済指標]

実質国内総生産(GDP) 速報値
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、年率、単位10億ドル

20年3Q 20年2Q 市場予想
実質国内総生産 ↑ 33.08% ↓31.38% ↑ 30.2%
個人消費 ↑ 40.70% ↓33.19%
国内投資 ↑ 82.98% ↓46.62%
物価指標
>GDPデフレーター ↑ 3.59% ↓1.82% ↑ 3.0%
>個人消費支出(PCE) ↑ 3.70% ↓1.60% NA
>>コア ↑ 3.49% ↓0.77%

続きを読む

Posted by 松    10/29/20 - 08:40   

失業保険新規申請件数は75.1万件に減少、予想下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

10月24日 前週比 10月17日 市場予想
新規申請件数 751.00 ↓ 40.00 791.00 763.00
4週平均 787.75 ↓ 24.50 812.25 -
継続受給件数 7756.00 NA

続きを読む

Posted by 松    10/29/20 - 08:33   

20/21年カナダ小麦生産や輸出見通し据え置き・農務省
  [穀物・大豆]

カナダ農務省(AAFC)は22日付需給レポートで、同国の2020/21年度小麦生産見通しを2801万1000トンで据え置いた。前年から1.3%増加。デュラム小麦も613万4000トンで修正なし、前年比に22.3%の増加になる。全小麦生産は前年比4.5%増の3414万5000トンの見通し。

2020/21年度小麦輸出は1920万トンの従来予想を維持した。デュラム小麦も530万トンで変わらず。ただ、2019/20年度の小麦を1923万2000トンから1912万8000トン、デュラム小麦を535万6000トンから534万4000トンに修正したため、2020/21年度小麦については前年比増加の見通しに転じ。全小麦輸出が前年を0.1%上回る2450万トン。

農務省はこのほか、コーン生産が1402万9000トンになるとみており、前回報告と同じである。前年から4.7%増加する。カノーラ生産に関すると、2019/20年度を1947万7000トンから1960万7000トンに引き上げ、2020/21年度は1939万3000トンで据え置いた。2020/21年度大豆も622万5000トンで修正なし、前年から1.3%増加を見越す。

Posted by 直    10/29/20 - 08:32   

2020年ベトナムコーヒー輸出推定、10月末時点で前年1.3%下回る
  [コーヒー]

ベトナム統計局によると、2020年のコーヒー輸出推定は10月末時点で前年同期を1.3%下回る134万トンとなった。金額ベースで前年比0.7%減の23億ドル。10月の輸出推定が9万トンで、前月から約4%の減少になる

Posted by 直    10/29/20 - 08:16   

10/29(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・ECB理事会
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・7-9月期GDP速報値 (08:30)
・9月住宅販売ペンディング(契約進行中)指数 (10:00)
・7年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

納会日
・大豆 11月限第一通知日

Posted by 直    10/29/20 - 08:11   

2020年10月28日(水)

FX:対円中心にユーロ安、COVID-19の拡大でリスク回避の動き加速
  [場況]

ドル/円:104.32、ユーロ/ドル:1.1746、ユーロ/円:122.53 (NY17:00)

為替は対円を中心にユーロ安が進行。COVID-19の感染が拡大、フランスやドイツで厳しい隔離政策が打ち出される中、欧州の景気が改めて落ち込むとの懸念が強まる中でリスク回避のユーロ売りが加速した。ドル/円は東京朝には104円台半ばで推移していたものの、その後売り圧力が強まり、ロンドンでは104円台前半まで値を切り下げての推移となった。NY朝に葉買い戻しが集まり、104円台半ばまで値を回復したものの、その後は改めて上値が重くなり、104.30円を中心とした狭いレンジ内でのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.17ドル台後半でのもみ合い、ロンドンに入ると売り圧力が強まり、NY朝には1.17ドル台前半まで値を切り下げた。その後は一転して買い戻しが集まり、中盤には1.17ドル台半ばまで値を回復。午後からは動意も薄くなった。ユーロ/円は東京から売りが先行、ロンドンでは122円台前半まで値を切り下げた。NYに入ると売りも一服、しばらく安値近辺でのもみ合いが続いたが、昼にかけて買いが集まり122円台後半まで値を回復。午後からは122円台半ばまでの推移が続いた。

Posted by 松    10/28/20 - 17:34   

債券:ほぼ横ばい、コロナ感染拡大など背景に買いの後売りも台頭
  [場況]

債券はほぼ横ばい。米欧を中心にした新型コロナウィルスの感染拡大や株式相場の急落を背景に買いが進む場面があったが、一巡して持ち高調整の売りも台頭した。10年債利回りは夜間取引でまずもみ合ってから低下。通常取引で買いの流れ流れを引き継ぎ、0.7%台半ばまで下がって一服となった。午後に売りに押され、0.7%台後半まで上昇しながら、結局は売りも続かず前日の水準まで戻した。

Posted by 直    10/28/20 - 17:33   

ブラジルコーヒー輸出:28日現在235.52万袋と前月を3.9%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

10月28日 10月累計 前月(9/28) 前月比 前年比
輸出合計 183.763 2355.207 2450.894 ↓3.9% ↑42.9%
>アラビカ種 119.207 1806.202 1787.886 ↑1.0% ↑22.4%
>ロブスタ種 22.694 374.041 545.603 ↓31.4% ↑199.3%
>インスタント 41.862 174.964 117.405 ↑49.0% ↑40.0%

Posted by 松    10/28/20 - 17:00   

株式:全面安、COVID-19の感染拡大や景気減速への懸念高まる
  [場況]

ダウ工業平均:26,519.95↓943.24
S&P500:3,271.03↓119.65
NASDAQ:11,004.87↓426.48

NY株式は全面安の展開。欧米を中心にCOVID-19の感染が拡大、再びロックダウンが進み、景気の回復ペースが大きく鈍るとの懸念が高まる中、日中を通じて大きく売りに押される展開となった。ダウ平均は寄り付きから売り一色の展開、900ポイント近く一気に値を切り下げた。売愛一巡も押し目で積極的に買いを入れる向きはなく、日中安値近辺でのもみ合いが継続。引けにかけては改めて売り圧力が強まり、900ポイントを超えるまでに下げ幅を拡大して取引を終了した。

セクター別では、主要セクターは軒並み下落。金鉱株が大きく値を崩したほか、エネルギーや運株、コンピューター関連、通信なども下げがきつくなった。ダウ銘柄では、トラベラーズ(TRV)が2.02%の上昇となった以外、30銘柄中29銘柄が下落。マイクロソフト(MSFT)の4.96%、ビサ(V)の4.84%など、4%以上値を下げたのが7銘柄、3%台の下落となったのが15銘柄、2%台が4銘柄、1%台が3銘柄だった。

Posted by 松    10/28/20 - 16:59   

大豆:大幅続落、コロナ感染拡大や株式の落ち込み背景に売られる
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:1054-3/4↓21-3/4

シカゴ大豆は大幅続落。米欧の新型コロナウィルス感染拡大や株式相場の落ち込みを背景に大きく売られた。1月限は夜間取引から下げ、1070セントを割り込むと売りのピッチも一段と加速し、朝方には1050セント台に下落した。通常取引に入って下げ渋っても、1060セント台後半まで戻したところで改めて売りのピッチが速まり弱含み。引けにかけて本日のレンジも切り下げた。

Posted by 直    10/28/20 - 16:53   

コーン:続落、コロナ感染拡大絡みの株式などの下げにつれて売り
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:401-1/2↓14-1/2

シカゴコーンは続落。米欧を中心にした新型コロナウィルスの感染拡大に絡み株式や商品などが下げ、コーンにもつれて売りが広がった。夜間取引で売りが先行し、12月限は弱含んだ。410セントを下回って一段安。通常取引でも軟調に推移し、引け近くには400セント割れ目前まで下落した。

Posted by 直    10/28/20 - 16:48   

小麦:続落、他市場の下落につれ安となり主要生産地の天候も重石
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:608-3/4↓7-0

シカゴ小麦は続落。他市場の下落につれ安となり、主要生産地の天候も引き続き重石となった。12月限は夜間取引でほぼ一本調子の下落となり、600セント台に値を下げた。通常取引開始後に600セント割れに近付いてから売りのペースはややスローダウン。ただ、売りの流れは維持し、引けまで軟調な展開が続いた。

Posted by 直    10/28/20 - 16:43   

ハリケーンによるメキシコ湾の生産停止、石油拡大も天然ガスは縮小
  [エネルギー]

米BSEE(安全環境局)が28日に発表したデータによると、カリブ海に発生したハリケーン「ゼータ」の影響で米東部時間12:30現在、メキシコ湾のプラットフォーム228ヶ所から職員が避難している。前日は154ヶ所だった。これによって日量123万1,305バレルの石油生産と、12億500万立方フィートの天然ガス生産が停止、それぞれメキシコ湾全体における生産の66.60%、55.50%に相当している。石油は前日に91万4,811バレルだったのから生産停止の規模が拡大、一方で天然ガスは15億立方フィートだったのから縮小した。

Posted by 松    10/28/20 - 14:59   

天然ガス:小幅反落、需要の伸び悩みに対する懸念が売り呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:3.291↓0.020

NY天然ガスは小幅反落。欧米を中心にCOVID-19の感染が拡大する中、需要の伸び悩みに対する懸念が重石となる中でポジション整理の売りが膨らんだ。11月前半にかけて、全米の広い範囲で平年以上に気温が続くとの予報も、弱気に作用した。12月限は夜間取引から売りが優勢、3.30ドルの節目近辺でのもみ合いが続いた。朝方にかけては売りが膨らみ、3.20ドル台後半まで値を切り下げる場面も見られたものの、通常取引開始後は一転して買い意欲が強まり、小幅ながらもプラス圏を回復。中盤にかけては改めて売りが優勢となり、3.30ドルをやや割り込んだあたりで取引を終了した。

Posted by 松    10/28/20 - 14:52   

石油製品:大幅反落、COVID-19への懸念高まる中で売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン12月限:1.0636↓0.0652
暖房油12月限:1.1133↓0.0457

NY石油製品は大幅反落、COVID-19の感染が拡大、株や原油が大きく値を崩す中、将来的な需要の低迷に対する懸念が売りを呼び込んだ。相場は夜間取引からお大きく売りが先行、通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、中盤にかけて更に下げ幅を拡大した。昼前には売りも一服となったものの、押し目で買いを入れる向きにも乏しく、最後まで上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    10/28/20 - 14:46   

原油:大幅反発、COVID-19の拡大や需要低迷への懸念で売り加速
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:37.39↓2.18

NY原油は大幅反落。欧米でCOVID-19の感染が拡大、人の移動や経済活動を制限する動きが強まる中、景気回復のペースが鈍るにつれて需要が落ち込むとの懸念が改めて売りを呼び込んだ。在庫統計で原油が大幅積み増しとなったことも弱気に作用した。12月限は夜間取引から売りが先行、38ドル台後半なで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、早朝には38ドル台を下抜け。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、37ドル台前半まで値を崩した。その後は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで安値近辺でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/28/20 - 14:45   

金:大幅反落、OVID-19への懸念強まる中で投機的な売りが加速
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,879.2↓32.7

NY金は大幅反落。欧州を中心にCOVID-19の感染が拡大、人の移動や経済活動を制限する動きが強まっていることに対する懸念が高まり、市場全体にリスク回避の動きが加速する中、対ユーロでのドル高を嫌気する形で投機的な売りが加速した。12月限は夜間取引ではややマイナス圏に入ったあたりで、上値の重い展開が続いた。ロンドン時間に入ったあたりから徐々に売りに圧力が強まり、早朝には1,900ドルの節目を下抜け。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、中盤には1,870ドルを割り込むまで一気に下げ幅を拡大した。その後は売りも一服、引けにかけては買い戻しが優勢となったものの、反発は限定的なものにとどまった。

Posted by 松    10/28/20 - 13:57   

コーヒー:反落、レアル安の進行重石となる中で売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:105.00↓1.95

NYコーヒーは反落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中を通じて売りに押される展開が続いた。12月限は夜間の時間帯から軟調に推移、NYに入ると104セント台まで下げ幅を拡大した。その後は一転して買い意欲が強まり、中盤には106セント台を回復したものの、プラス転換することなく息切れ。引けにかけては改めて売り圧力が強まり、日中安値近辺まで値を切り下げて取引を終了した。

Posted by 松    10/28/20 - 13:47   

砂糖:期近が続伸となる一方、期先限月は続落
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:14.89↑0.06

NY砂糖は期近3月限が続伸となる一方、期先限月は続落。朝方まではポジション整理の売りが優勢となったものの、その後はしっかりと買いが集まった。3月限は夜間の時間帯は売りが先行、14.60セント台まで値を切り下げての推移となった。NYに入ってから流れが一転、対ドルでブラジルレアル安が進む中にも関わらず買い意欲が強まり、昼前にはプラス圏を回復。引けにかけては売りに押し戻されたものの、下げは限定的なものにとどまった。

Posted by 松    10/28/20 - 13:20   

5年債入札、応札倍率は2.38と前回下回る、最高利回りは0.330%
  [金融・経済]

5年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

5年債入札 応札額 発行額 応札倍率 前回(9/23)
合計 130795.0 55000.0 2.38 2.52
競争入札分 130769.9 54974.9 2.38 2.52
顧客注文比率(外国中銀含む) 61.94% 61.93%
最高落札利回り(配分比率) 0.330% (39.15%) 0.275%

Posted by 松    10/28/20 - 13:09   

2年変動金利債(FRN)入札、応札倍率は3.22
  [金融・経済]

2年変動金利債(FRN)入札
出所:米財務省、単位100万ドル

2年変動金利債(FRN) 応札額 発行額 応札倍率 前回(9/23)
合計 83695.9 26000.1 3.22 2.88
競争入札分 83654.3 25958.5 3.22 2.88
顧客注文比率(外国中銀含む) 57.64% 16.26%
最高割引マージン(配分比率) 0.055% (1.01%) 0.058%

Posted by 松    10/28/20 - 13:06   

天然ガス在庫は340億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
29日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 34.0 ↑ 17.0 〜 ↑ 40.0
>前週 ↑ 49.0
>前年 ↑ 89.0
>過去5年平均 ↑ 63.6

Posted by 松    10/28/20 - 12:31   

EIA在庫:原油は432.0万バレルの積み増し、予想大きく上回る
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

10月23日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 492427 ↑ 4320 ↑ 782 ↑ 4577
ガソリン在庫 226124 ↓ 892 ↓ 373 ↑ 2252
留出油在庫 156228 ↓ 4491 ↓ 2027 ↓ 5333
製油所稼働率 74.59% ↑ 1.65 ↑ 0.70 -
原油輸入 5664 ↑ 546 - -

続きを読む

Posted by 松    10/28/20 - 10:50   

米バンギー、2020年一株利益見通し2回連続で上方修正
  [穀物・大豆]

米バンギーは28日、2020年の一株利益見通しを2回連続で引き上げた。最新予想は6.25−6.75ドルで、市場のトレンド改善と7−9月期が好調だったことを修正の理由とした。新型コロナウイルス感染拡大による影響を切り抜け、7-9月期の稼働は少なくとも通常並みのレベルだったという。特に、植物油部門は消費者向け事業で力強い結果を出し、バイオ燃料需要も増加していることを指摘し、従来減益を見込んでいたのから増益の見方に転じた。肥料部門も前年からの増加を見込む。

7-9月期には一株当たり1.84ドルの黒字を計上し、前年同期に10.57ドルの赤字だったのから改善した。アグリビジネスの純利益が42.6%増加し、植物油は10.6%の増益。砂糖・バイオエネルギーは黒字転換した。

Posted by 直    10/28/20 - 10:37   

韓国向けで20.7万トンのコーン輸出成約・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は28日、民間業者から韓国向けで20万7000トンの2020/21年度産コーン輸出成約報告があったことを発表した。コーンの原産国は米国も含めてオプションという。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/28/20 - 09:08   

エジプト向けと仕向け先不明で大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は28日、民間業者からエジプト向けで11万トン、仕向け先不明で12万トンの2020/21年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/28/20 - 09:08   

2021年南アコーン作付、前年から5.2%増加見通し・CEC
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は28日、2021年のコーン作付が274万6000ヘクタールと、前年から5.2%増加の見通しを発表した。食用となるホワイトコーンが前年比4.3%増の168万6100ヘクタール、主に飼料用のイエローコーンは6.6%増えて105万9900ヘクタールと見越す。

CECはこのほか、2020年生産推定を1542万220トンとした。前月時点での1542万2120トンとほぼ変わらす、前年から36.8%増加。ホワイトコーンを880万1760トンから874万6310トン、イエローコーンは662万360トンから667万3910トンにそれぞれ修正した。前年比にしてホワイトが57.7%アップ、イエローが16.5%の増加になる。

Posted by 直    10/28/20 - 09:03   

2020年南ア小麦生産見通し、僅かにも2回連続上方修正・CEC
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は28日、2020年の小麦生産見通しを213万4990トンと、前月時点での202万4030トンから小幅引き上げた。8月に196万2230トンの初回予想を発表してから僅かにも2回連続の上方修正になる。修正値は前年との比較で39.1%増加する。作付は50万9800ヘクタールで据え置き、前年から5.6%減少する。

Posted by 直    10/28/20 - 09:03   

9月貿易収支(モノ)速報値は793.74億ドルの赤字、前月から縮小
  [場況]

貿易収支(モノ-Goods)速報値
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

20年9月 前月比 20年8月
貿易収支 (Goods-Census Basis) ▲79374 ↓4.50% ▲83113
輸出 121992 ↑2.73% 118750
輸入 201367 ↓0.25% 201864

続きを読む

Posted by 松    10/28/20 - 08:33   

2020年ウクライナ砂糖ビート収穫、10月26日時点で41%終了
  [砂糖]

ウクライナ砂糖生産者協会が発表した政府データによると、2020年砂糖ビートの収穫は10月26日時点で8万8500ヘクタールと、事前予想の41%終了した。前年同期に約70%だったのを下回る。収穫は規模にして370万トンとなり、やはり前年からダウン。

Posted by 直    10/28/20 - 08:25   

オーストラリア砂糖きび圧搾、10月25日時点で80.4%終了
  [砂糖]

オーストラリアの砂糖製造業者協議会(ASMC)によると、国内の2020年砂糖きび圧搾は10月25日時点で2491万2093トンと、事前予想の80.4%終了した。前年同期を若干下回る。圧搾は25日までの一週間で147万756トンとなった。ASMCは2020年の砂糖きび圧搾が最終的に3099万5595トンになるとみており、前週時点での3092万1052トンからやや引き上げた。シーズン初めに3100万6500トンの見通しを発表してから断続的に修正を行っている。

Posted by 直    10/28/20 - 08:14   

MBA住宅ローン申請指数は前週から1.71%上昇
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

10月23日 前週比 前年比 10月16日
総合指数 807.8 ↑1.71% ↑55.59% ↓0.59%
新規購入指数 305.2 ↑0.20% ↑23.46% ↓2.09%
借り換え指数 3711.6 ↑2.52% ↑79.65% ↑0.23%

Posted by 松    10/28/20 - 07:03   

27日のOPECバスケット価格は39.53ドルと前日から0.31ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
10/27 (火) 39.53 ↑0.31
10/26 (月) 39.22 ↓1.83
10/23 (金) 41.05 ↑0.14
10/22 (木) 40.91 ↑0.03
10/21 (水) 40.88 ↓0.16

Posted by 松    10/28/20 - 05:53   

10/28(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・9月貿易収支(モノ-Goods)速報値 (08:30)
・5年債入札 (13:00)
・2年変動金利債 (FRN)入札 (13:00)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)

納会日
・天然ガス 11月限納会

Posted by 松    10/28/20 - 05:50   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ