ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



11月

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2021年11月02日(火)

FX:ユーロ安、材料難の中で前日の反動からユーロ売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:113.96、ユーロ/ドル:1.1578、ユーロ/円:131.94 (NY17:00)

為替はユーロ安が進行。決め手となる材料に欠ける中、前日の反動もあってユーロに投機的な売りが膨らんだ。ドル/円は東京から売りが先行、午後には113円台後半まで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入ると改めて売り圧力が強まり、113円台半ばまで下げ幅を拡大。NY早朝からは一転して買い意欲が強まる格好となり、113円台後半まで値を回復した。昼からは一段と騰勢を強める格好となり、午後遅くには114円の節目を試す形での推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.16ドルの節目近辺での推移、午後には買いが優勢となり、1.16ドル台前半まで値を切り上げた。ロンドンに入ると一転して売りに押し戻される格好となり、1.16ドルを割り込むまで反落。NYに入ると一段と売り圧力が強まり、1.15ドル台後半まで下げ幅を拡大。午後からは値動きも落ち着き、同水準でのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京から売りが先行、132円を割り込むまでに値を切り下げた。ロンドンに入ると131円台半ばまで下げ幅を拡大。その後は一転して買い意欲が強まり、NY朝には132円台を回復した。中盤にかけてはやや上値が重くなり、132円をやや割り込んだあたりでのもみ合いが続いた。

Posted by 松    11/2/21 - 17:18   

債券:上昇、FOMC政策決定やFRB議長会見控え様子見の空気
  [場況]

債券は上昇。3日に米連邦公開市場委員会(FOMC)による金融政策決定や会合後のパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長記者会見を控えて様子見の空気が強まる中売り買いが交錯した。夜間取引ではまず売りに押され、10年債利回りは1.5%台後半に上昇してから、買いが進んで下げに転じた。通常取引に入って改めて売りが台頭し、上昇となったが、一巡して買いの流れに戻り低下した。

Posted by 直    11/2/21 - 17:11   

株式:続伸、好調な企業決算背景とした買いの流れ継続
  [場況]

ダウ工業平均:36,052.63↑138.79
S&P500:4,630.65↑16.98
NASDAQ:15,649.60↑53.69

NY株式は続伸、好調な企業決算を好感する形での買いの勢いは衰えを知らず、主要3指数は再び史上最高値を更新した。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、昼過ぎには100ポイント台後半まで一気に値を切り上げる展開となった。その後は買いも一服となったものの、高値圏をしっかりと維持しての推移、そのまま取引を終了した。

セクター別では、運輸株が大幅な上昇となったほか、半導体や薬品株、素材、通信もしっかりと上昇。一方でエネルギー関連は下落、金鉱株やバイオテクノロジーも軟調に推移した。ダウ銘柄では、シスコ・システムズ(CSCO)が2.71%の上昇となったほか、アムジェン(AMGN)も2%を超える上昇、ダウ(DOW)やゴールドマン・サックス(GS)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)にも買いが集まった。一方でビサ(V)は0.56%の下落、ボーイング(BA)やトラベラーズ(TRV)、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)も下げがきつくなった。

Posted by 松    11/2/21 - 16:49   

大豆:上昇、予想下回る収穫進捗率が下支え
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1256-1/4↑7-3/4

シカゴ大豆は上昇。前夕に発表されたクロップレポートで収穫進捗率が予想を下回ったのが下支えになった。夜間取引では売り買いが交錯し、1月限は上下を繰り返す展開。通常取引開始後に買いのピッチが速まり、上げ幅拡大となった。1260セントを超えてブレーキがかかり、前日の終値水準でもみ合いの場面もあったが、取引終盤に強含んだ。

Posted by 直    11/2/21 - 16:42   

コーン:反落、小麦や原油の下落受けて利食い売り出る
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:573-0↓6-0

シカゴコーンは反落。小麦や原油の下落を受け、コーンにも利食い売りが出た。夜間取引でやや売りの展開となり、12月限は下落した。一巡して買いが進み反発。しかし、通常取引開始後に586-0セントと8月12日以来の高値を更新したところで再び売りが台頭し、マイナス圏に押し戻された。そのまま売りの流れが続き、570セント台前半に下げた。

Posted by 直    11/2/21 - 16:40   

小麦:反落、高値更新の後で利食い売り台頭しドル高も重石
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:791-1/2↓5-3/4

シカゴ小麦は反落。高値更新の後で利食い売りが台頭し、ドル高も重石となった。12月限は夜間取引で狭いレンジをもみ合い。一時、需給に着目した買いが進んで強含み、前日に付けた一代高値を超え、807-0セントまで上がった。しかし、通常取引に入ると買いも息切れとなって下げに転じ、そのまま引けまでマイナス圏で推移した。

Posted by 直    11/2/21 - 16:37   

API在庫:原油は359.4万バレルの積み増し、予想上回る
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

10月29日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↑ 3594 ↑ 1527
>オクラホマ州クッシング ↓ 882 -
ガソリン在庫 ↓ 552 ↓ 1345
留出油在庫 ↑ 573 ↓ 1245

続きを読む

Posted by 松    11/2/21 - 16:34   

天然ガス:大幅反発、前日までの急落の反動から買い戻しが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:5.542↑0.356

NY天然ガスは大幅反発。前日までの急落の反動もあり、ポジション整理の買い戻しが大きく値を押し上げる格好となった。12月限は夜間取引から買いが先行、朝方には5.30ドル台まで値を回復した。通常取引開始時には5.40ドル台まで上げ幅を拡大、その後も買いの勢いは衰えず、昼には5.50ドル台半ばまで一気に値を伸ばした。その後は一旦上値が重くなったものの、引けにかけては改めて買いが加速、日中高値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    11/2/21 - 14:51   

石油製品:続伸、株高の進行支えに投機的な買いが相場を主導
  [場況]

RBOBガソリン12月限:2.4501↑0.0408
暖房油12月限:2.5082↑0.0051

NY石油製品は続伸、株高の進行が下支えとなる中で前日の流れを継いだ投機的な買いが先行した。相場は夜間取引から買いが先行、早朝からは売りに押し戻される格好となり、一時マイナス圏での推移が続いたものの、通常取引開始後はガソリンが主導するかたちで買いが集まり、しっかりとプラス圏を回復。最後まで騰勢が衰えることはなかった。

Posted by 松    11/2/21 - 14:43   

原油:小幅反落、ポジション整理の売り先行も最後は下げ幅縮小
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:83.91↓0.14

NY原油は小幅反落。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、OPECプラスの会合を控えてポジション整理の売りが相場を主導した。12月限は夜間取引では前日終値近辺で方向感なく上下を繰り返す展開。早朝にかけては売り圧力が強まり、朝方には83ドルの節目に迫るまで一気に値を崩した。直後には大きく買い戻しが集まり小幅ながらプラス転換したものの、通常取引開始後は再び売りが加速、昼前には83ドルを割り込むまでに下げ幅を拡大した。引けにかけては売りも一服、しっかりと買い戻しが集まったが、プラス圏を回復するには至らなかった。

Posted by 松    11/2/21 - 14:42   

印マハラシュトラ州製糖所、1日時点で約3割砂糖きび圧搾開始済み
  [砂糖]

インド・マハラシュトラ州で、54件の製糖所が2021/22年度(10-11月)砂糖きび圧搾を開始済みと報じられた。170件強あるうちの約3割がすでに稼働している格好になり、地元メディアによると、州の砂糖生産の中心となるプネー市やコールハープル県で30件が作業を始めた模様。これまでに183万トンの砂糖きびを圧搾、砂糖生産が13万3200トン。

インド製糖所協会(ISMA)は、マハラシュトラ州の2021/22年度砂糖生産が1225万トンと、国内最大の生産州になると見通す。

Posted by 直    11/2/21 - 13:53   

金:反落、対ユーロでのドル高嫌気し投機的な売りに押される
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,789.4↓6.4

NY金は反落。対ユーロでのドル高の進行が重石となる中、投機的な売りがジリジリと相場を押し下げる展開となった。12月限は夜間取引では前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開。早朝からは徐々に売りが優勢となり、通常取引開始後には1,790ドルを割り込むまで値を切り下げた。中盤には一旦買い戻しが集まったものの、流れを強気に変えるには至らず。引けにかけては改めて上値が重くなり、1,790ドルを割り込んで取引を終了した。

Posted by 松    11/2/21 - 13:53   

コーヒー:小幅反落、投機的な売り先行も下げ幅は限定的
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:208.05↓0.65

NYコーヒーは小幅反落。前日までの上昇の反動もあって投機的な売りが先行する展開となったものの、押し目では買い意欲も強く、下げ幅は限定的なものにとどまった。12月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。朝方には一段と売り圧力が強まり、204セント台まで値を切り下げたものの、直後には買いが集まり207セント台まで値を回復。中盤には改めて売りが膨らんだが、やはりすぐに値を戻した。引けにかけては一段と騰勢を強め、208セント台での推移となったものの、プラス圏を回復するには至らなかった。

Posted by 松    11/2/21 - 13:51   

砂糖:続伸、材料難の中で前日の流れ継いだ投機的な買いが先行
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:19.54↑0.17

NY砂糖は続伸。新たな材料が出た訳ではなかったが、前日の流れを継いだ投機的な買い戻しが相場を主導した、ブラジルが祝日で生産者の売り圧力が弱かったことも強気に作用した。3月限は夜間の取引開始時には売りが先行したものの、すぐに買いが集まりプラス圏を回復。朝方には19セント台半ばまで値を切り上げた。NYに入っても買いの勢いは止まらず、19.60セント台まで上げ幅を拡大。中盤以降は値動きも落ち着き、19セント台半ばを中心としたレンジ内でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    11/2/21 - 13:33   

ユーロシステムの金準備高は前週から5,000万ユーロ増加
  [メタル]

ECBが2日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は10月29日現在5,178億5,200万ユーロと、前週から5,000万ユーロ増加した。

Posted by 松    11/2/21 - 11:37   

米チェーンストア売上高、10月30日時点で前年から16.9%上昇
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが2日に発表した週次レポートによると、国内チェーンストア売上高は10月30日時点で前年同期から16.9%上昇した。6週間ぶりの高い伸びとなった。

Posted by 直    11/2/21 - 08:59   

ウクライナ冬穀物作付、1日時点で90%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2022年に収穫となる冬穀物作付は1日時点で710万ヘクタールと事前予想の90%終了した。冬の作付の95%を占める小麦は91%終わって610万ヘクタール。10州で作業が完了したという。

Posted by 直    11/2/21 - 08:57   

エジプトGASC、18万トンのロシア産小麦買い付け
  [穀物・大豆]

エジプト商品供給公社(GASC)が1日に18万トンのロシア産小麦を買い付けたと報じられた。トレーダーによると、商社3社から6万トンずつ、1トン331.90ドル、332.55ドル、332.50ドルで購入した。小麦は12月11−20.日に出荷になる。

Posted by 直    11/2/21 - 08:55   

21/22年ブラジルMT州コーン生産、9月の初回予想発表から修正なし
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)は、同州の2021/22年度コーン生産が3957万5181トンになるとの見通しを示した。9月に初回予想を発表してから修正なし。前年から21.53%増加する。作付面積は前年比6.44%増の621万6992ヘクタール、イールドが14.51%上がって106.09袋になると見通す。需要増加と価格の高止まりを背景に生産意欲が高まっていることを指摘。天候にも恵まれており、イールド見通しが上向いているという。

Posted by 直    11/2/21 - 08:51   

21/22年ブラジルMT州大豆生産見通し据え置き、前年比3.76%増
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)は、同州の2021/22年度大豆生産見通しを3740万8531トンで据え置いた。前年比にすると3.76%増加する。面積を1084万225ヘクタールとみており、前年との比較で3.59%の増加。これまでの作付進捗を考慮して推定を維持したという。イールドは0.18%上昇して57.52袋と見通す。これまでの降雨に加え、11月から来年1月にかけての天気予報も前向きとコメント。このほか、ロジスティクスの問題を認識しながらも、2021/22年度の収穫に向けて肥料供給は十分と指摘した。

Posted by 直    11/2/21 - 08:50   

9月の世界コーヒー輸出、前年比4.9%減少・ICO
  [コーヒー]

国際コーヒー機関(ICO)によると、9月の世界コーヒー輸出は1007万3819袋と、前年同月から4.9%減少した。アラビか種が7.2%ダウンの609万6524袋。ロブスタ種は397万7294袋で、1.0%減った。

主要国別にみると、生産と輸出規模が世界最大のブラジルが前年から25.36%落ち込んだ。一方、2位のベトナムは4.1%増え、3位のコロンビアは23.4%増加。このほかインド、ホンジュラス、メキシコなども増加したが、インドネシアは前年から減少した。

9月に終わった2020/21年度の輸出はあわせて1億2893万509袋になり、前年を1.2%上回った。アラビカが前年比4.1%増の8188万6233袋。ロブスタは4704万4286袋で、前年から3.4%の減少となった。

Posted by 直    11/2/21 - 08:18   

1日のOPECバスケット価格は82.49ドルと前週末から0.38ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/1 (月) 82.49 ↓0.38
10/29 (金) 82.87 ↑0.46
10/28 (木) 82.41 ↓1.31
10/27 (水) 83.72 ↓0.80
10/26 (火) 84.52 ↓0.14

Posted by 松    11/2/21 - 07:39   

11/2(火)の予定
  [カレンダー]

エネルギー
・API石油在庫統計 (16:30)

Posted by 松    11/2/21 - 02:18   

2021年11月01日(月)

全米平均ガソリン小売価格は前週から0.7セント上昇
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

11月1日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢339.0 ↑0.7 ↑127.8
ディーゼル燃料全米平均 ¢372.7 ↑1.4 ↑135.5

Posted by 松    11/1/21 - 18:20   

債券:横ばい、3日にFOMC政策決定控えて持ち高調整の取引中心
  [場況]

債券は横ばい。3日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の金融政策決定を控え、持ち高調整の取引が中心となった。夜間取引で売りが先行し、10年債利回りは上昇。通常取引でも流れを続けたが、1.6%を超えるとペースがスローダウンし、午後には前週末の水準に戻した。

Posted by 直    11/1/21 - 17:33   

FX:ユーロ高、先週末の急落の反動から投機的な買い戻し集まる
  [場況]

ドル/円:113.99、ユーロ/ドル:1.1606、ユーロ/円:132.31 (NY17:00)

為替はユーロが反発。決め手となるようなファンダメンタルズの変化が見られた訳ではなかったが、先週末の急落の反動もあってユーロに投機的な買い戻しが集まった。ドル/円は東京から買いが優勢、午後にかけて一段と騰勢を強める格好となり、ロンドン朝には114円台半ばまで値を伸ばした。その後は一転して売りに押し戻される格好となり、114円台前半まで値を切り下げての推移。NYに入っても同水準でのもみ合いが続いたが、昼からは改めて売り圧力が強まり、一時114円を割り込む場面も見られた。午後遅くには値動きも落ち着き、114円をやや上回ったあたりでのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.15ドル台半ばのレンジ内でのもみ合い、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、1.15ドル台後半まで値を切り上げた。NYに入ってからしばらくは動きが見られなかったが、中盤以降は徐々に買い意欲が強まり、午後には1.16ドル台を回復。その後は値動きも落ち着いた。ユーロ/円は東京では132円の節目をやや割り込んだあたりでの推移、午後からは徐々に買いが優勢となり、ロンドンでは132円台前半でのもみ合いとなった。NYに入ると一旦は132円割れを試すまで売りに押される格好となったものの、押し目ではしっかりと買いが集まり、132円台前半までレンジを戻した。

Posted by 松    11/1/21 - 17:20   

大豆:小幅安、買いの場面の後ブラジル作付進捗など背景に売り
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1248-1/2↓1-0

シカゴ大豆は小幅安。大豆油上昇やUSDAへの中国向け輸出成約報告が下支えに買いの場面があったが、一巡してブラジルの作付進捗などを背景に売りに押された。夜間取引でまず買いが入ってから、売りが膨らみ、1月限は1250セント台に上昇して反落。1230セント台後半まで下落した。朝方にかけて下げ幅を縮め、通常取引ではプラス圏に回復。しかし、1260セント近くに上昇したところで買いにブレーキがかかり、そのまま値を消していった。取引終盤に前週末終値を割り込み、マイナス引けとなった。

Posted by 直    11/1/21 - 16:52   

コーン:続伸、小麦の上昇につれ高となり原油高も寄与
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:579-0↑10-3/4

シカゴコーンは続伸。小麦の上昇につれ高となり、原油高も寄与した。夜間取引で売りが先行し、12月限は小安くなったが、朝方には買いが進み反発。通常取引に入って買いに弾みが付き、580セント台に値を伸ばした。582-0セントと8月13日以来の高値を付けた後はペースこそスローダウンしながら、最後まで買いの流れを維持した。

Posted by 直    11/1/21 - 16:50   

小麦:大幅上昇、堅調な世界需要やドル安が買いを支援
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:797-1/4↑24-1/2

シカゴ小麦は大幅上昇。堅調な世界需要やドル安が買いを支援した。夜間取引で買いが先行し、12月限は上昇。いったん売りに押されて下げに転じたが、すぐに買いの流れを再開してプラス圏に持ち直した。そのまま上げ幅を拡大し、通常取引では800セントを上抜けた。800-1/2セントと一代高値を更新した後伸び悩んでも、引けにかけて改めて強含んだ。

Posted by 直    11/1/21 - 16:46   

株式:続伸、先週後半の流れを継いだ投機的な買いが主導
  [場況]

ダウ工業平均:35,913.84↑94.28
S&P500:4,613.67↑8.29
NASDAQ:15,595.92↑97.53

NY株式は続伸。先週後半の流れを継いだ投機的な買いが相場を主導、再び史上最高値を更新した。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、早々に36,000台をつけるまでに値を伸ばした。その後は一旦売りに押し戻され小幅ながらマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり、その後はややプラス圏に入ったあたりを中心に、方向感なくもみ合う展開が続いた。

セクター別では、エネルギー関連やバイオテクノロジーが大きく値を伸ばしたほか、半導体や銀行株、一般消費財もしっかりと買い進まれた。一方でコンピューター関連やヘルスケアは軟調に推移した。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)が3.65%の上昇となったほか、ダウ)DOW)やマクドナルド(MCD)の上昇も2%を超えた。アムジェン(AMGN)やインテル(ONTC)にも買いが集まった。一方でホーム・デポ(HD)は1.41%、ユナイテッド・ヘルス(UNH)は1.38%それぞれ下落、マイクロソフト(MSFT)やナイキ(NKE)、アップル(AAPL)も値を下げた。

Posted by 松    11/1/21 - 16:44   

USDAクロップ:コーン収穫は74%、大豆は79%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン、大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

コーン収穫進捗率 10月31日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 74% 66% 81% 66%
大豆収穫進捗率 10月31日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 79% 73% 86% 81%

Posted by 松    11/1/21 - 16:06   

USDAクロップ:小麦作柄は前週から僅かに悪化、発芽は67%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

10月31日現在

冬小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 7% 14% 34% 40% 5%
前週 7% 13% 34% 40% 6%
前年 6% 13% 38% 37% 6%
冬小麦作付進捗率 10月31日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 87% 80% 88% 86%
冬小麦発芽進捗率 10月31日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 67% 55% 70% 68%

Posted by 松    11/1/21 - 16:05   

天然ガス:大幅続落、欧州の需給逼迫懸念後退する中で売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:5.186↓0.240

NY天然ガスは大幅続落。欧州の天然ガス需給逼迫に対する懸念が後退する中、先週後半の流れを継いだポジション整理の売りが加速した。12月限は夜間取引からややマイナス圏に入ったあたりでの推移。ロンドン時間にはプラス圏まで買い戻される場面も見られたが、早朝からは改めて売り圧力が強まり、通常取引開始後には5.30ドルを割り込むまで値を下げた。その後は一旦下げ渋る格好となったものの、昼からは改めて下げ足を速め、引け前には5.10ドル台半ばまで値を崩すに至った。

Posted by 松    11/1/21 - 14:52   

石油製品:上昇、原油高の進行好感ししっかりと買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン12月限:2.4093↑0.0396
暖房油12月限:2.5031↑0.0244

NY石油製品は上昇、原油高の進行が支えとなる中でしっかりと買いが集まった。相場は夜間取引では売りが先行したものの、ロンドン時間に入ったあたりからは原油が上昇に転じるのにつれて騰勢を強めプラス圏を回復。早朝には上昇も一服となったものの、通常取引開始後もガソリンを中心に買い意欲は衰えず、高値圏を維持しての底堅い値動きが続いた。

Posted by 松    11/1/21 - 14:52   

原油:続伸、OPECプラスの大幅増産に期待持てない中で買い集まる
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:84.05↑0.48

NY原油は続伸。4日の会合を控え、米国などが要求しているにも関わらずOPECプラスが大幅な増産に踏み切らないとの見方が大勢を占める中、将来的な需給逼迫に対する懸念が改めて買いを呼び込む格好となった。12月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移が続いたものの、ロンドン時間に入ったあたりからは一転して買いが集まりプラス転換、そのまま84ドル台まで値を切り上げた。朝方からは改めて騰勢を強める格好となり、通常取引開始後は84ドル台後半まで一気に上げ幅を拡大。中盤にかけては買いも一服となり、84ドル台前半まで反落。午後には84ドルを割り込む格好となったが、プラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/1/21 - 14:51   

ブラジル運転手が燃料価格上昇に抗議デモ、道路閉鎖はなし
  [穀物・大豆]

ブラジルのインフラストラクチャー省によると、独立系トラック運転手が1日、燃料価格上昇に対する抗議デモを行った。ただ、道路閉鎖やなく、デモによる港や燃料分配ハブへの影響もないという。また、デモに関しても、リオデジャネイロ州南部のバラマンサを走る国道116号線で行われているだけ。1日早くにゴイアス州ゴイアニアでも抗議デモが行われたが、もう終了しているとのことである。トラック運転手は先週、政府の燃料費対策の不在を非難し、11月1日にストを計画していると報じられていた。トラック運転手を代表する3つの全国組合が1日のスト決行に向けて調整しているとの報道もあった。

Posted by 直    11/1/21 - 14:02   

金:反発、対ユーロでのドル安支えに投機的な買い戻し集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,795.8↑11.9

NY金は反発。対ユーロでのドル安の進行が下支えとなる中、先週末の下落の反動から投機的な買い戻しが相場を主導する展開となった。12月限は夜間取引ではややプラス圏に入ったあたりでのもみ合い、ロンドンの朝方にはマイナス転落する場面も見られた。朝方からは徐々に買い意欲が強まる格好となり、通常取引開始後には1,790ドル台半ばまで一気に上げ幅を拡大。その後は買いも一服、中盤にかけて上値が重くなったものの、最後まで1,790ドル台をしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/1/21 - 13:51   

コーヒー:続伸、先週末の流れ継いだ投機的な買いが主導
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:208.70↑4.75

NYコーヒーは続伸。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、先行末の流れを継いだ投機的な買いが相場を主導、終値ベースで10月14日以来の高値を更新した。12月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、208セント台まで上げ幅を拡大。中盤以降は買いも一服となったものの、最後まで高値圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/1/21 - 13:50   

砂糖:小幅反発、投機的な買い戻し先行も上げ幅は限定的
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:19.37↑0.10

NY砂糖は小幅反発。原油高の進行が下支えとなる中、先週後半の下落の反動もあって投機的な買い戻しが先行したものの、上昇局面では売り圧力も強く、上げ幅は限定的なものにとどまった。3月限は夜間の取引開始時からしっかりと買いが先行、朝方には19セント台半ばまで値を回復した。NYに入ってからは買いも一服、しばらくは高値圏でのもみ合いが継続。中盤以降は売りに押し戻される格好となったものの、プラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/1/21 - 13:28   

輸出検証高:小麦、コーン、大豆共に前週から減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

10月28日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 115.3 ↓41.6% ↓63.2% 9651.1 ↓15.4% 149.7 〜500.9
コーン 619.3 ↓2.4% ↓16.4% 5422.1 ↓21.5% 475.0 〜899.2
大豆 2272.0 ↓11.5% ↓5.0% 10863.9 ↓36.7% 1851.1 〜2300.3

Posted by 松    11/1/21 - 12:03   

10月ISM製造業指数は60.8に低下、予想はやや上回る
  [経済指標]

ISM製造業指数
出所:米供給管理協会(ISM)、NY10:00発表

21年10月 21年9月 市場予想
ISM製造業指数 60.8 61.1 60.5

続きを読む

Posted by 松    11/1/21 - 10:06   

9月建設支出は前月から0.53%減少、予想外のマイナス
  [経済指標]

建設支出
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

21年9月 前月比 21年8月 市場予想
建設支出 1573610 ↓0.53% ↑0.06% ↑0.5%

続きを読む

Posted by 松    11/1/21 - 10:00   

21/22年ブラジル大豆作付、10月28日時点で52%終了・アグルーラル
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、同国の2021/22年度大豆作付は、10月28日時点で52%終了した。前週の38%から14ポイント進み、降雨パターンが不規則だった前年同期の42%を上回る。今年は特に10月の十分な降雨が作業に貢献し、この時点での進捗率として2018/19年度に次ぐ過去2番目の高水準を更新している。ただ、パラナ州では多雨の影響からかなりの規模の作付をやり直す必要があるかもしれないと指摘した。

Posted by 直    11/1/21 - 09:44   

ブラジル一次コーン作付、10月28日時点で63%終了・アグルーラル
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、2021/22年度一次コーン作付は10月28日時点で63%終了した。前週の53%からアップ、前年同期の54%も上回る。好天気により作業が順調に進んでいるという。

Posted by 直    11/1/21 - 09:44   

中国向けで13.2万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は1日、民間業者から中国向けで13万2000トンの2021/22年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    11/1/21 - 09:34   

21/22年ウクライナ穀物輸出、11月1日時点で前年17.3%上回る
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2021/22年度穀物輸出(7-6月)は11月1日時点で1941万トンと、前年同期を17.3%上回った。このうち小麦が1237万1000トンになり、16.2%増加。一方、コーンが231万5000トンで、6.4%の減少に転じた。

Posted by 直    11/1/21 - 08:28   

21/22年ロシア小麦輸出、10月28日時点で前年14%下回る
  [穀物・大豆]

ロシアの連邦動物植物検疫監督局(Rosselkhoznadzor)によると、同国の2021/22年度(7-6月)小麦輸出は10月28日時点で1530万トンと、前年同期を14%下回った。一方、コーンは60万トンで、前年比にして8%の増加。穀物・油種の輸出が2030万トンになり、前年から16%ダウンである。

Posted by 直    11/1/21 - 08:27   

11/1(月)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・9月建設支出 (10:00)
・10月ISM製造業指数 (10:00)

エネルギー
・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物

・USDA輸出検証高 (11:00)
・USDAクロップレポート (16:00)

Posted by 松    11/1/21 - 05:50   

2021年10月29日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から6.64%上昇
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
10/25〜 10/29 4.3353 ↑ 6.64% ↑ 78.67% 3.8280 ↑ 7.85% ↑ 86.10%
10/18〜 10/22 4.0652 ↑ 3.20% ↑ 70.86% 3.5495 ↑ 3.51% ↑ 73.55%
10/11〜 10/15 3.9393 ↑ 2.50% ↑ 70.17% 3.4292 ↑ 2.64% ↑ 70.19%
10/4〜 10/8 3.8432 ↑ 0.86% ↑ 72.91% 3.3411 ↑ 1.49% ↑ 76.36%

Posted by 松    10/29/21 - 17:44   

FX:ドル高、雇用コスト上昇によるインフレ懸念背景に買いが加速
  [場況]

ドル/円:113.93、ユーロ/ドル:1.1557、ユーロ/円:131.61 (NY17:00)

為替は対ユーロを中心にドル高が進行。朝方発表された米雇用コスト指数が予想を大幅に上回る伸びとなり、賃金の上昇によってインフレが加速するとの見方が改めて強まる中、ドルに大きく買いが集まった。ユーロは前日のECB理事会でラガルド総裁が早期の利上げ転換の可能性に否定するなど、ハト派的な内容だったことが改めて売り材料視された。ドル/円は東京では113円台半ばから後半のレンジ内での小動き、ロンドンに入るとやや買いが優勢となった。NYに入ってからも米株が堅調に推移する中で買いの流れが継続、114円台を回復するまでに上げ幅を拡大。午後には売りに押し戻されたものの、最後は再び114円台を試す格好となった。

ユーロ/ドルは東京から売りが優勢、1.16ドル台後半で上値の重い展開となった。ロンドンに入ると売り圧力が強まり、1.16ドル台半ばまで下げ幅を拡大。NYに入ると売り一色の展開となり、1.15ドル台前半まで一気に値を崩した。昼には下げも一服、買い戻しが優勢となったものの、反発は限定的なものにとどまった。ユーロ/円は東京では132円台半ばから後半のレンジ内での推移、ロンドンにかけて徐々に上値が重くなり、132円台半ばでのもみ合いとなった。NYに入ると売りが加速し131円台半ばまで急落、昼には下げも一巡、131円台後半でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    10/29/21 - 17:17   

債券:反発、月末特有の機関投資家による買い進む
  [場況]

債券は反発。月末特有の機関投資家による買いが進んだ。夜間取引で売りが台頭し、10年債利回りは1.6%台に上昇となった。通常取引では9月の個人消費支出(PCE)物価指数の上昇加速を受けて一段と上がる場面があったが、一巡して買いが優勢となり低下に転じた。午後には1.5%台前半まで下がった。

Posted by 直    10/29/21 - 17:14   

大豆:反発、テクニカルな買い仕向け先不明輸出成約報告も下支え
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1249-1/2↑3-1/2

シカゴ大豆は反発。テクニカルな買いが入り、USDAへの仕向け先不明の輸出成約報告も下支えとなった。夜間取引で売りが出て、1月限は前日の終値近くまで下落してから、早々に買いが進んで反発した。1250セント台半ばまで上がってブレーキがかかり、通常取引で再び下落。しかし、売りも長続きせず、日中に持ち直し、そのまま引けにかけて小じっかりとなった。

Posted by 直    10/29/21 - 16:49   

ブラジルコーヒー輸出:29日現在265.59万袋と前月を6.5%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

10月29日 10月累計 前月(9/30) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 167.677 2655.894 2493.193 ↑6.5% ↑9.5%
>アラビカ種 157.983 2250.660 2022.896 ↑11.3% ↑20.1%
>ロブスタ種 0.783 190.239 208.233 ↓8.6% ↓89.8%
>インスタント 8.911 214.995 262.064 ↓18.0% ↑21.9%

Posted by 松    10/29/21 - 16:48   

コーン:続伸、収穫スローダウンやメキシコ向け輸出成約で買い
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:568-1/4↑5-1/2

シカゴコーンは続伸。降雨による収穫ペースのスローダウンに加え、USDAへのメキシコ向け輸出成約報告も伝わり、買いが優勢となった。夜間取引で買いが集まり、12月限は小高くなった。通常取引開始後にいったん売りが膨らみ下げに転じたが、すぐに買いの流れに戻ってプラス転換。引け近くに569-1/4セントと8月17日以来の高値を更新した。

Posted by 直    10/29/21 - 16:45   

株式:続伸、アマゾンやアップルの決算重石も最後は買い集まる
  [場況]

ダウ工業平均:35,819.56↑89.08
S&P500:4,605.38↑8.96
NASDAQ:15,498.39↑50.27

NY株式は続伸。前夕に発表されたアマゾンやアップルの決算が弱気の内容だったことを嫌気した売りが重石となる場面も見られたものの、その後は月末を控えて投機的な買いが加速、大きく値を回復した。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、その後一旦はマイナス圏まで売りに押し戻されたものの、押し目ではすぐに買いが集まりプラス圏を回復。昼過ぎには100ポイントを超えるまでに上げ幅を拡大した。午後には再び売り圧力が強まり、小幅ながらもマイナス転落したものの、それ以上大きく値を崩すには至らず。引けにかけてまとまった買いが入ると、日中高値を更新するまでに値を切り上げた。

セクター別では、薬品株に買いが集まるなどヘルスケアが堅調だったほか、コンピューター関連もしっかりと推移。一方で金鉱株は大きく下落、公益株やエネルギー関連、銀行株も下げが目立った。ダウ銘柄では、マイクロソフト(MSFT)が2.24%と大きく値を伸ばしたほか、インテル(INTC)やメルク(MRK)、ナイキ(NKE)も1%台後半の上昇となった。一方でアップル(AAPL)は1.81%の下落、ダウ(DOW)は1.06%の下落、スリーエム(MMM)やIBM(IBM)、シスコ・システムズ(CSCO)も下げが目立った。

Posted by 松    10/29/21 - 16:42   

小麦:ほぼ横ばい、世界供給不安下支えの一方利食い売りも出る
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:772-3/4↑0-1/4

シカゴ小麦はほぼ横ばい。世界の供給不安は引き続き下支えであるものの、最近の堅調な値動きの後で利食い売りも出る展開となった。夜間取引で買いが先行し、12月限は上昇したが、前日に付けた8月以来の高値に並んでブレーキがかかった。そのまま下げに転じ、通常取引開始後に760セント台前半まで下落して売りも一服。下げ幅を縮めていき、最後は前日の終値水準に持ち直した。期先限月は下落。

Posted by 直    10/29/21 - 16:42   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

10月26日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 499782 ▼ 6570
NEMEX-RBOBガソリン △ 26888 ▼ 1017
NYMEX-暖房油 △ 50071 △ 2220
NYMEX-天然ガス ▼ 138889 ▼ 6764
COMEX-金 △ 225443 △ 25998
_
CBOT-小麦 ▼ 5996 △ 12060
CBOT-コーン △ 317894 △ 31908
CBOT-大豆 △ 49488 △ 13013
ICE US-粗糖 △ 187631 ▼ 16027
ICE US-コーヒー △ 63009 ▼ 23
_
IMM-日本円 ▼ 116422 ▼ 3472
IMM-ユーロFX ▼ 11205 △ 197
CBOT-DJIA (x5) △ 1728 ▼ 1935
CME-S&P 500 △ 95379 △ 28853

Posted by 松    10/29/21 - 15:31   

天然ガス:続落、新たな買い材料に欠ける中で手仕舞い売りが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:5.426↓0.356

NY天然ガスは続落。新たな買い材料に欠ける中、月末を控えたポジション整理の売りが相場を主導、週前半の上昇分を全て消すところまで値を下げた。12月限は夜間取引では買いが先行、5.80ドル台を回復する場面も見られたものの、それ以上の動きは見られず。早朝からは一転して売り圧力が強まる格好となり、あっさりとマイナス転落。通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、最後は5.40ドル台まで下げ幅を拡大して取引を終了した。

Posted by 松    10/29/21 - 14:45   

石油製品:ガソリンが反発する一方、暖房油は小幅続落
  [場況]

RBOBガソリン12月限:2.3697↑0.0108
暖房油12月限:2.4787↓0.0061

NY石油製品はガソリンが反発する一方、暖房油は小幅続落。日中を通じて原油や株価の動向を睨みながら投機的な売りかが交錯、不安定に上下に振れる展開となった。相場は夜間取引ではガソリン主導で買いが先行、朝方にかけては一転して売り圧力が強まりマイナス転落したものの、中盤にはしっかりと下げ止まり。その後改めてプラス圏まで買い戻されたが、暖房油は最後に値を切り下げた。

Posted by 松    10/29/21 - 14:45   

原油:続伸、日中売り買い交錯も、最後はしっかりと値を切り上げる
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:83.57↑0.76

NY原油は続伸。株価やドルの値動きを睨み、日中を通じて投機的な売り買いに振り回される不安定な展開が続いたが、最後はしっかりと値を切り上げた。12月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方からは一転して売り圧力が強まり、81ドル台半ばまで値を崩したものの、押し目では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。通常取引開始後はしばらく82ドルの節目近辺での上下が続いたが、中盤以降は改めて買い意欲が強まり、昼には83ドル台を回復。引けにかけては一段と上げ幅を拡大する展開となった。

Posted by 松    10/29/21 - 14:44   

金:大幅反落、雇用コスト上昇やドル高嫌気し投機的な売り膨らむ
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,783.9↓18.7

NY金は大幅反落。米雇用コスト指数が予想を大幅に上回り、賃金の上昇によってインフレが加速するとの見方が改めて強まる中、ドル高の進行を嫌気する形で投機的な売りが膨らんだ。12月限は夜間取引から売りが優勢、1,800ドルの節目をやや割り込んだあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後は一段と売り圧力が強まり、1,770ドル台前半まで一気に下げ幅を拡大。その後は売りも一服となったものの、戻りは弱く、1,770ドル台後半の水準で方向感なくもみ合う展開が続いた。引け間際には改めて買いが集まり、1,780ドル台で取引を終了した。

Posted by 松    10/29/21 - 13:58   

21/22年南アコーン期末在庫見通し下方修正、前年比は38.6%増加
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物・油種需給推定委員会は月次需給報告で、国内の2021/22年度(5-4月)コーン期末在庫見通しを293万4864トンと、前月時点での301万2364トンから下方修正した。前年比は38.6%の増加。飼料用のイエローコーンは112万2632トンから96万5132トンに引き下げた。一方、食用となるホワイトコーンの在庫見通しは196万9732で、188万9732トンから上方修正。イエローとホワイトいずれも前年との被比較で増加になる。

委員会はこのほか、2021/22年度(10-9月)小麦期末在庫見通しを53万3643トンから52万9733トンに修正した。8月に60万2243トンの初回予想を発表してから僅かながらもこれで2回連続引き下げた格好になる。前年は14.5%上回る。

Posted by 直    10/29/21 - 13:58   

コーヒー:反発、前日までの下落の反動から投機的な買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:203.95↑4.00

NYコーヒーは反発。前日までの下落の反動もあり、投機的な買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。12月限は夜間の時間帯から買いが先行、2ドルの節目を回復しての推移が続いた。NYに入ると一旦は売りに押し戻されマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、早々に下げ止まり。中盤にかけて断続的な買いが入ると204セント台まで一気に値を切り上げた。昼前には上昇も一服となったものの、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    10/29/21 - 13:47   

砂糖:続落、新たな買い材料に欠ける中で投機的な売り膨らむ
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:19.27↓

NY砂糖は続落。需給面で新たな買い材料に欠ける中で投機的な売りが先行、週前半の上昇分の多くを消す展開となった。3月限は夜間の取引開始後しばらくは買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。その後は売りが優勢となり、早朝にかけてはマイナス転落。NYに入ると売り圧力が強まり、19セント台前半まで一気に値を崩した。中盤には売りも一服、小幅ながら値を回復したものの、最後は再び上値が重くなり、日中安値近辺で取引を終了した。

Posted by 松    10/29/21 - 13:32   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は544基と前週から2基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

10月29日 前週比 前年比 (%)
米国合計 544 ↑ 2 ↑ 248 ↑83.78%
>陸上油田 529 ↑ 2 ↑ 247 ↑87.59%
>メキシコ湾 13 →0 →0 →0.00%
カナダ 166 ↑ 2 ↑ 80 ↑93.02%
北米合計 710 ↑ 4 ↑ 328 ↑85.86%

続きを読む

Posted by 松    10/29/21 - 13:03   

21/22年インド砂糖生産見通しやや下方修正、前年比2.2%減少
  [砂糖]

インド製糖所協会(ISMA)は、国内の2021/22年度(10-9月)砂糖生産見通しを3050万トンと、7月に発表した暫定予測の3100万トンからやや引き下げた。2020/21年度の生産が当初予想を上回る3118万トンとなったこともあり、2021/22年度は前年比2.2%減少になる。エタノール生産に向けた砂糖きびの割り当てが増加し、この結果砂糖生産が340万トンほど削減されるとの見方である。

10月第2週の衛星画像に基づき、砂糖きびの作付推定は543万7000ヘクタールになったという。前年から2.8%増加。7月時点での545万5000ヘクタールは若干下回る。

州別の生産見通しになると、ウッタルプラデシュ州が1135万トンとなり、暫定予測の1192万7000トンから引き下げとなった。砂糖きびの栽培面積が231万2000ヘクタールから230万8000ヘクタールに修正。前年比にしてほぼ同水準になる。マハラシュトラ州では砂糖きびが11%増反となり、砂糖生産が1225万トンになる見通し。従来の1212万8000トンの予想から引き上げとなった。今年のモンスーンの降雨に恵まれ、また給水所の貯水量も十分だったことが寄与するという。カルナタカ州の砂糖きび栽培面積は前年から2%増加、砂糖生産が495万トンの見通しとなった。従来の487万4000トンより若干アップ。ほかの州はあわせて531万トンの生産になるとみており、前回報告時の546万トンを小幅下回る。

ISMAはこのほか、生産見通しをベースに2021/22年度の砂糖輸出が約600万トンになる見通しを示した。前月時点での予想を維持した格好になり、前年の約700万トンと比べて減少の見方である。2021/22年度の期初在庫は829万4000トンの見通しを示した。前年度の1070万4000トンから22.8%減少となる。在庫見通しは年初3ヶ月の国内消費を上回るとコメント。その後で新年度産の砂糖が出回り始めることも挙げ、需給の緩みが続くことを指摘した。

2021/22年度の砂糖きび圧搾は一部で開始し、ほかの地域でも間もなく始まるとした。圧搾が進むことで生産見通しもより明確になるといい、2022年1月に砂糖きびと砂糖の生産状況を見直す意向を示した。

Posted by 直    10/29/21 - 12:03   

2021年ウクライナ砂糖ビート収穫、10月29日時点で73%終了
  [砂糖]

ウクライナ砂糖生産者協会によると、2021年砂糖ビートの収穫は10月29日時点で16万4600ヘクタールと、作付されたうちの73%終了となった。前年同期に50%弱だったのを上回る。規模にして70万トンが収穫済みで、これも前年比大幅プラスとなった。

Posted by 直    10/29/21 - 12:02   

10月ミシガン大消費者指数は71.7に小幅引き上げ、予想も上回る
  [経済指標]

ロイター/ミシガン大消費者指数
出所:ロイター/ミシガン大学、NY10:00発表

21年10月 10月速報値 21年9月 市場予想
消費者指数修正値 71.7 71.4 72.8 71.4

続きを読む

Posted by 松    10/29/21 - 10:00   

21/22年EU軟質小麦とコーン生産推定下方修正・欧州委
  [穀物・大豆]

欧州委員会は10月29日付の需給レポートで、欧州連合(EU)の2021/22年度軟質小麦生産推定を1億3030万4000トンと、前月時点での1億3101万3000トンからやや引き下げた。前年比にすると10.8%増加。コーン生産は6875万6000トンから6783万3000トンに下方修正。前年との比較にして3.7%の増加になる。

Posted by 直    10/29/21 - 10:00   

10月シカゴビジネス指標 (PMI)は68.4に上昇、予想も上回る
  [経済指標]

シカゴビジネス指標 (PMI)
出所:シカゴ供給管理協会(ISM-Chicago)、NY9:45発表

21年10月 21年9月 市場予想
総合指数 68.4 64.7 63.1

続きを読む

Posted by 松    10/29/21 - 09:56   

メキシコ向けで27万9415トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は29日、民間業者からメキシコ向けで27万9415トンの2021/22年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/29/21 - 09:16   

仕向け先不明で2件の大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は29日、民間業者から仕向け先不明で13万2000トンと22万2350トン、2件の2021/22年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    10/29/21 - 09:15   

2021年南アコーン作付意向、前年比1.1%減少・CEC
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は27日付レポートで、同国の2022年コーン作付意向が272万5200ヘクタールと、前年から1.1%減少になったと発表した。食用となるホワイトコーンが前年比2.8%減の164万4200ヘクタール。一方、主に飼料用のイエローコーンは108万1000ヘクタールで、前年比にして1.7%増加になる。

2021年のコーン生産見通しは1621万1265トンで据え置いた。前年との比較にすると6%の増加。ホワイトコーン予想は前年比0.7%増の860万8815トン、イエローコーンが12.6%増えて755万1700トンになるとの見通しで変わらない。

Posted by 直    10/29/21 - 09:13   

2021年南ア小麦生産見通し、前年比1%減少・CEC
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は27日付レポートで、2021年小麦生産見通しを209万9435トンと、前月時点での209万5935トンから小幅修正した。8月に発表した初回予想の208万6135トンから僅かにも2回連続の上方修正になる。それでも前年比は1.0%の減少。作付推定が52万3500ヘクタールで修正なし、前年から2.7%の増加になる。

Posted by 直    10/29/21 - 09:13   

4-6月期雇用コスト指数は前期比1.31%上昇、予想大きく上回る
  [経済指標]

雇用コスト指数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、2005年=100

21年3Q 前期比 21年2Q 市場予想
雇用コスト指数 ↑1.31% ↑0.70% ↑ 0.8%
>給与 ↑1.46% ↑0.91%
>福利厚生 ↑0.89% ↑0.41%

続きを読む

Posted by 松    10/29/21 - 08:38   

9月個人所得は前月から1.04%減少、個人消費支出は0.58%の増加
  [経済指標]

個人所得・個人消費支出
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位:10億ドル

21年9月 前月比 市場予想
個人所得 20492.6 ↓1.04% ↓0.2%
個人消費支出 16060.2 ↑0.58% ↑0.4%
貯蓄率 7.47% ↓1.72
個人消費価格指数(PCE) 116.631 ↑0.32% ↑0.3%
PCEコア 118.286 ↑0.21% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    10/29/21 - 08:31   

21/22年アルゼンチン大豆作付開始、4.6%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、2021/22年度の大豆作付が開始し、27日時点で事前予想の1650万ヘクタールの4.6%終了した。前年同期はまだ作業がほとんど始まってなかった。作付は過去15年間最も小さい規模になる見通しという。

Posted by 直    10/29/21 - 08:26   

21/22年アルゼンチンコーン作付、27日時点で27.6%終了
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2021/22年度コーン作付は27日時点で27.6%終了した。前週から1.3ポイントアップ、前年同期は2.2ポイント下回る。引き続き南部や中部を中心に作業が進んだという。

Posted by 直    10/29/21 - 08:26   

21/22年アルゼンチン小麦生産見通し60万トン上方修正・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所は週次クロップレポートで、2021/22年度小麦生産見通しを1980万トンと、従来の1920万トンから60万トン引き上げた。最近の降雨が修正につながったという。収穫は27日時点で6.7%終了し、前年同期を0.6ポイント上回った。イールドは1.03トンで、前週時点ので1.02トンから僅かにアップ。

Posted by 直    10/29/21 - 08:25   

28日のOPECバスケット価格は82.41ドルと前日から1.31ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
10/28 (木) 82.41 ↓1.31
10/27 (水) 83.72 ↓0.80
10/26 (火) 84.52 ↓0.14
10/25 (月) 84.66 ↑1.26
10/22 (金) 83.40 ↑0.04

Posted by 松    10/29/21 - 05:36   

10/29(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・7-9月期雇用コスト指数 (08:30)
・9月個人所得・個人消費支出 (08:30)
・10月シカゴビジネス指標(PMI) (09:45)
・10月ロイター/ミシガン大消費者指数修正値 (10:00)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

納会日
・大豆 11月限第一通知日
・石油製品 11月限納会

Posted by 松    10/29/21 - 05:33   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ