ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



11月

2021


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2021年11月09日(火)

債券:反発、米株式相場の下落が買いを支援
  [場況]

債券は反発。米株式相場の下落が買いを支援した。夜間取引で買いが先行し、10年債利回りは低下。通常取引で一段と下がり、昼過ぎに1.41%と9月下旬以来の低水準を付けた。ただ、10年債入札結果が振るわなかったことから、午後はやや買いもスローダウンし、下げも限られた。

Posted by 直    11/9/21 - 17:40   

ブラジルコーヒー輸出:9日現在51.01万袋と前月を24.2%上回る
  [コーヒー]

11月9日 11月累計 前月(10/11) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 320.595 510.128 410.625 ↑24.2% ↑114.5%
>アラビカ種 233.918 389.282 368.058 ↑5.8% ↑114.4%
>ロブスタ種 4.627 24.581 25.833 ↓4.8% ↓86.5%
>インスタント 82.050 96.265 16.734 ↑475.3% ↑1463.0%

Posted by 松    11/9/21 - 17:27   

FX:円高、株価の調整進む中で安全資産としての需要高まる
  [場況]

ドル/円:112.84、ユーロ/ドル:1.1593、ユーロ/円:130.80 (NY17:00)

為替は円高が進行。米株の調整が進み、投資家のリスク志向が後退する中、安全資産としての円に対する需要が強まった。ドル/円は東京から売りが先行、112円台後半まで値を切り下げての推移となった。ロンドン朝にはやや買いが集まる場面も見られたものの、113円の節目まで値を戻したあたりで息切れ。NY朝には改めて騰勢と強める格好となり、113円台前半まで上げ幅を拡大したが、結局流れを強気に変えるには至らず、113円を割り込んでの推移となった。

ユーロ/ドルは東京では1.15ドル台後半でのもみ合い、午後には1.16ドル台まで買い進まれる場面も見られたものの、すぐに売りに押し戻され、ロンドンでは1.15ドル台後半に逆戻りしての推移となった。NY朝には再び買いが集まり、1.16ドル台を回復したものの、やはりすぐに売りに押し戻された。ユーロ/円は東京から売りが先行、130円台後半まで値を切り下げての推移となった。午後には売りも一服、ロンドンに入っても新たな動きは見られず、同水準で方向感なくもみ合う展開。NYに入ってからもレンジ内での推移が続いた。

Posted by 松    11/9/21 - 17:25   

株式:反落、インフレ懸念高まる中でポジション整理の売り膨らむ
  [場況]

ダウ工業平均:36,319.98↓112.24
S&P500:4,685.25↓16.45
NASDAQ:15,886.54↓95.81

NY株式は反落。ここまでの上昇の勢いもひとまず一服、ポジション調整の売りが全体を主導する展開となった。ダウ平均は寄り付きから売りが先行、昼には200ポイント台半ばまで値を切り下げた。その後は売りも一服となったものの、インフレに対する懸念が重石となる中、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、安値圏で方向感なく上下を繰り返す展開。引けにかけては買い戻しが集まり、100ポイント台前半まで下げ幅を縮小した。

セクター別では、金鉱株に買いが集まったほか、エネルギー関連や素材、公益株、生活必需品なども堅調に推移。一方で運輸株やバイオテクノロジー、一般消費財は大きく下落、保険や銀行株も軟調に推移した。ダウ銘柄では、ナイキ(NKE)が1.15%の上昇となったほか、ハネウェル・インターナショナル(HON)やシスコ・システムズ(CSCO)、シェブロン(CVX)も堅調に推移した。一方でビサ(V)は3.22%の下落、キャタピラー(CAT)は2.07%の下落、IBM(IBM)やウォルグリーン(WBA)も下げが目立った。

Posted by 松    11/9/21 - 17:07   

大豆:反発、予想外のイールド見通し下方修正で買いに弾み付く
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1212-0↑23-1/2

シカゴ大豆は反発。USDA需給報告でイールド見通しが予想外の下方修正となったことを背景に買いに弾みが付いた。夜間取引で需給報告をにらみながら小刻みな売り買いにもまれ、1月限は狭いレンジを方向感なく推移。通常取引で1190セント台に上がった後売りが台頭して下落し、1181-1/4セントと2月19日以来の安値を付けた。しかし、需給報告を受けて一気に1240セントを超えるまで上昇。すぐに上値が重くなったが、買いの流れは維持し、1200セント台半ばまで上げ幅を縮めて取引終盤に強含んだ。

Posted by 直    11/9/21 - 17:01   

コーン:反発、大豆や小麦の上昇につれ高も上値は限定的
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:554-3/4↑3-1/4

シカゴコーンは反発。大豆や小麦の上昇につれ高となったが、USDA需給報告は予想以上の期末在庫など買い材料視される内容でなかったことから上値は限られた。12月限は夜間取引で上下に振れる展開となってから、通常取引に入って売りに押され弱含んだ。需給報告の発表後は大豆などの値動きに追随して560セント台前半まで上がってすぐにペースが鈍り、伸び悩んだ。

Posted by 直    11/9/21 - 16:57   

小麦:上昇、USDA需給報告でタイトな世界供給確認して買い進む
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:778-1/2↑10-1/2

シカゴ小麦は上昇。USDA需給報告での市場予想を下回る世界期末在庫見通しを受け、世界供給がタイトなことを確認する格好となって買いが進んだ。夜間取引でポジション調整の買いが集まり、12月限はまず小動きだったのから上昇にシフト。いったん770セント台後半でブレーキがかかり、そのまま値を消していき、通常取引では前日終値を挟んで上下する展開となった。需給報告では米国期末在庫見通しの上方修正を消化して売りの場面もあったが、その後世界供給を着目して買いのピッチが速まり、780セント台前半まで上昇した。

Posted by 直    11/9/21 - 16:52   

API在庫:原油は248.5万バレルの取り崩し、予想は積み増し
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

11月5日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↓ 2485 ↑ 1273
>オクラホマ州クッシング ↑ 234 -
ガソリン在庫 ↓ 4516 ↓ 636
留出油在庫 ↓ 3257 ↓ 1191

続きを読む

Posted by 松    11/9/21 - 16:46   

天然ガス在庫は120億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
10日 NY12:00発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 12.0 ↑ 8.0 〜 ↑ 19.0
>前週 ↑ 63.0
>前年 ↑ 8.0
>過去5年平均 ↑ 23.8

Posted by 松    11/9/21 - 16:38   

EIA、今年度の世界石油需要見通しを前月から引き上げ
  [エネルギー]

EIAアウトルック
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、単位100万バレル(日量)

2022年 修正 2021年 修正 2020年
世界需要合計 100.88 ↓ 0.07 97.53 ↑ 0.06 92.42
世界供給合計 101.42 ↑ 0.10 95.97 ↑ 0.11 94.19
価格見通し 2022年 修正 2021年 修正 2020年
WTI原油 $68.28 ↑ 0.04 $69.02 ↑ 0.54 $39.17
レギュラーガソリン小売 $2.91 ↑ 0.01 $3.00 ↑ 0.03 $2.18

続きを読む

Posted by 松    11/9/21 - 15:39   

天然ガス:大幅反落、ロシアの欧州向け供給再開受け5ドル割り込む
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:4.978↓0.448

NY天然ガスは大幅反落。ロシアが欧州向けの天然ガス供給を再開、欧州圏のエネルギー危機に対する懸念が大幅に後退する中でポジション整理の売りが加速した。12月限は夜間取引から売りが優勢、早朝には5.40ドルをやや割り込むまで値を切り下げての推移となった。朝方からは一段と売り圧力が強まる展開、通常取引開始後も売りの勢いは衰えず、昼前には5ドルの大台を割り込むまで一気に下げ幅を拡大した。その後は売りも一服、午後遅くには一旦5ドル台まで買い戻される場面も見られたものの、最後は改めて売りに押された。

Posted by 松    11/9/21 - 15:13   

石油製品:続伸、原油の上昇につれて投機的な買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン12月限:2.3752↑0.0530
暖房油12月限:2.5081↑0.0410

NY石油製品は続伸。原油の上昇につれて投機的な買いが集まった。相場は夜間取引から買いが先行、大きくレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後にはやや買いの勢いが鈍る場面も見られたが、昼からは原油が一段高となるのにつれて買いが加速、一段と上げ幅を拡大して取引を終了した。

Posted by 松    11/9/21 - 15:08   

原油:大幅続伸、将来的な需要増加期待など支えに買いが加速
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:84.15↑2.22

NY原油は大幅続伸。米政府の戦略備蓄放出観測がくすぶる中にも関わらず、将来的な需要の増加期待などを背景として投機的な買いが加速、終値ベースで10月26日以来の高値を更新した。12月限は夜間取引から買いが先行、82ドル台を回復しての推移となった。通常取引開始後には改めて買い意欲が強まり、82ドル台後半まで上げ幅を拡大。昼からは一段と騰勢を強める格好となり、最後は84ドル台まで値を伸ばした。

Posted by 松    11/9/21 - 14:59   

金:小幅続伸、ポジション整理の売り先行も最後は買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,830.8↑2.8

NY金は小幅続伸。買われ過ぎ感が高まる中でポジション整理の売りが先行する展開となったが、最後は米長期金利の低下が好感される中で、しっかりと買いが集まった。12月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後には買い意欲が強まり、1,830ドル台まで値を回復。中盤にかけてはまとまった売りが出て1,820ドル台前半まで値を下げたものの、押し目ではすぐに買いが集まりプラス圏を回復。その後も買いの勢いは衰えず、引けにかけては日中高値を更新する格好となった。

Posted by 松    11/9/21 - 14:08   

コーヒー:反発、ブラジルレアル高の進行好感し投機的な買いが加速
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:208.65↑6.20

NYコーヒーは反発。対ドルでのブラジルレアル高の進行が大きなしたざさえとなる中、投機的な買い戻しが相場を押し上げた。3月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。早朝からは徐々に売りに押される格好となり、NYに入るとマイナス転落したものの、押し目ではしっかりと買いが集まり、早々に下げ止まり。中盤にかけては流れが一転、まとまった買いが断続的に入る格好となり、209セント台まで一気に値を切り上げた。昼前には上昇も一服となったものの、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/9/21 - 13:54   

砂糖:小幅続落、新たな買い材料に欠ける中で上値の重い展開続く
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:19.90↓0.02

NY砂糖は小幅続落。需給面で新たな買い材料が見当たらない中、ポジション整理の売りが上値を押さえる展開となった。原油やブラジルレアルの上昇も押し上げ要因とはならなかった。3月限は夜間の時間帯は買いが先行、早朝には20.10セントまで値を切り上げる場面も見られた。朝方からは一転して売り一色の展開となり、NYに入るとマイナス転落。19.80セント台前半まで値を切り下げた。中盤にかけては下げも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、安値近辺でのもみ合いが継続。引けにかけては買い戻しが集まり、前日終値近辺まで値を回復したものの、最後はマイナス圏で取引を終了した。

Posted by 松    11/9/21 - 13:32   

10年債入札、応札倍率は2.35、最高利回りは1.444%
  [金融・経済]

10年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

10年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(10/12)
合計 91821.7 39000.0 2.35 2.58
競争入札分 91800.6 38978.9 2.36 2.58
顧客注文比率(外国中銀含む) 71.01% 71.05%
最高落札利回り(配分比率) 1.444% (66.22%) 1.584%

Posted by 松    11/9/21 - 13:07   

USDA需給:砂糖国内在庫は前月から引き上げ、生産や輸出が増加
  [砂糖]

USDA需給報告・砂糖
出所:米農務省、NY12:00発表、単位1,000トン

砂糖 21/22年 修正 前年比 20/21年 修正 19/20年
生産 9332 ↑ 46 ↑ 1.11% 9230 ↑ 48 8149
ビート糖 5413 ↑ 65 ↑ 6.30% 5092 ↑ 61 4351
砂糖きび糖 3919 ↓ 20 ↓5.32% 4139 ↓ 12 3798
輸入 3045 ↑ 45 ↓4.69% 3195 ↓ 57 4165
>輸入枠内 1611 ↑ 20 ↓7.89% 1749 ↓ 2 2152
食用消費 12200 →0 ↑ 0.75% 12109 ↓ 91 12246
期末在庫 1765 ↑ 138 ↑ 2.14% 1728 ↑ 47 1618
在庫率 14.30% ↑ 1.12 - 14.03% ↑ 0.44 12.97%

Posted by 松    11/9/21 - 12:22   

USDA需給:世界在庫は小麦と大豆が引き下げ、コーンは上方修正
  [穀物・大豆]

USDA需給報告・世界
出所:米農務省、NY12:00発表、単位100万トン

21/22年 修正 前年比 市場予想 20/21年 修正
小麦
生産 775.28 ↓ 0.59 ↑ 0.08% - 774.66 ↓ 0.08
消費 787.42 ↑ 0.37 ↑ 0.67% - 782.21 ↑ 1.04
期末在庫 275.80 ↓ 1.38 ↓4.22% 276.50 287.95 ↓ 0.41
コーン
生産 1204.62 ↑ 6.40 ↑ 7.65% - 1119.02 ↑ 3.52
消費 1192.07 ↑ 5.61 ↑ 5.16% - 1133.63 ↑ 2.02
期末在庫 304.42 ↑ 2.68 ↑ 4.30% 300.82 291.87 ↑ 1.88
大豆
生産 384.01 ↓ 1.13 ↑ 4.85% - 366.23 ↑ 0.97
消費 378.03 ↑ 0.76 ↑ 4.13% - 363.05 ↑ 0.49
期末在庫 103.78 ↓ 0.79 ↑ 3.67% 105.48 100.11 ↑ 0.95

続きを読む

Posted by 松    11/9/21 - 12:17   

USDA需給:国内在庫は小麦と大豆が上方修正、コーンは引き下げ
  [穀物・大豆]

USDA需給報告
出所:米農務省、NY12:00発表、単位:100万ブッシェル、イールドはブッシェル/エーカー

小麦 21/22年 修正 前年比 市場予想 20/21年 修正
>イールド 44.3 →0.0 ↓10.87% - 49.7 →0.0
>生産 1646 →0 ↓9.96% - 1828 →0
期末在庫 583 ↑ 3 ↓31.01% 581 845 →0
コーン 21/22年 修正 前年比 市場予想 20/21年 修正
>イールド 177.0 ↑ 0.5 ↑ 3.27% 176.9 171.4 →0.0
>生産 15062 ↑ 43 ↑ 6.74% 15050 14111 →0
期末在庫 1493 ↓ 7 ↑ 20.79% 1480 1236 →0
大豆 21/22年 修正 前年比 市場予想 20/21年 修正
>イールド 51.2 ↓ 0.3 ↑ 0.39% 51.9 51.0 →0.0
>生産 4425 ↓ 23 ↑ 4.96% 4484 4216 →0
期末在庫 340 ↑ 20 ↑ 32.81% 362 256 →0

続きを読む

Posted by 松    11/9/21 - 12:11   

ユーロシステムの金準備高は前週から横ばい
  [メタル]

ECBが9日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は11月5日現在5,178億5,200万ユーロと、前週から横ばいとなった。

Posted by 松    11/9/21 - 11:20   

ブラジル・サンマルチーニョ砂糖きび圧搾、21/22年前半は8.3%減少
  [砂糖]

ブラジルの砂糖・エタノール会社サンマルチーニョによると、同社の2021/22年度(4-3月)前半の砂糖きび圧搾高は1844万2000トンと、前年同期から8.3%減少した。干ばつが続き、また収穫日数が前年より少なかったことを背景に圧搾ダウンになったという。イールドが72.4トンで、前年の84.6トンから低下。しかし、砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は前年から1.4%増加し、145.6キログラムとなった。

2021/22年度の砂糖生産は9月まであわせて122万1000トン、エタノール生産は8億2700万リットルになり、それぞれ前年を8.7%、5.7%下回った。砂糖とエタノール生産への砂糖きびの割り当てが、砂糖向けで48%、エタノール向けでは52%。いずれも前年同期と同水準になる。

サンマルチーニョは2021/22年度の圧搾見通しを2052万5000トンで据え置いた。ただ、2020/21年度を2252万2000トンから1987万6000トンに下方修正したことから、前年比にして3.2%減少で、従来予想より小幅マイナスになる。2021/22年度砂糖生産予想も120万5000トンを維持した。エタノールが10億1400万リットル。砂糖とエタノールともに2020/21年度を引き下げたことで、それぞれ8.2%、11.4%の増加の見方に転じた。

Posted by 直    11/9/21 - 11:03   

米チェーンストア売上高、11月6日時点で前年から15.6%上昇
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが9日に発表した週次レポートによると国内チェーンストア売上高は6日時点で前年同期から15.6%上昇した。前週の16.9%より低い伸びとなった。

Posted by 直    11/9/21 - 09:55   

21/22年英国小麦生産、前年から45%増加見通し
  [穀物・大豆]

英農業園芸開発協会(AHDB)の穀物需給報告によると、2021/22年度(7-6月)小麦生産は1402万2000トンと、前年から45%増加の見通しとなった。過去5年平均も2%上回る。期初在庫が前年比42%減の141万6000トンになる見通し。輸入予想が73万1000トンで、30%減少する。あわせて2021/22年度は1713万9000トンの供給になり、前年から18%増加。

2021/22年度国内消費は1474万5000トンの見通しで、前年との比較にすると14%の増加になる。食用・工業用を716万3000トン、飼料用は723万6000トンとみており、それぞれ前年から9%、21%増加。2021/22年度は239万4000トンの供給過剰見通しになり、過剰幅は前年の161万6000トン(修正値)から大きくなる。

Posted by 直    11/9/21 - 09:38   

ラニーニャ現象発生確率、70%を維持・豪州気象局
  [天候]

オーストラリア気象局は9日付のリリースで、70%のラニーニャ現象発生確率を維持した。見通しも引き続きAlert(警戒)。大気や海洋状態はまだ一貫してラニーニャ現象が起きていないとコメントし、直近の熱帯太平洋水温はい平均より低いものの、過去2週間大きな変化はなく、ラニーニャ現象基準に到達していないという。大気指標の南方振動指数(SOI)もラニーニャ現象基準からやや下がったと指摘。ただ、ラニーニャ現象が実際に起きなくても、太平洋の類似減少がつづくなら、オーストラリア北部と東部では春から夏にかけて平均以上の降雨になる可能性が高まるとした。

また、ラニーニャ現象によって東南アジアや南アフリカの降水量も平均を上回る傾向になり、一方、アルゼンチン、ブラジル、欧州、米国南部では乾燥が進む。

Posted by 直    11/9/21 - 09:07   

10月生産者物価指数(PPI)は前月から0.62%上昇、市場予想と一致
  [経済指標]

生産者物価指数(PPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982年=100

前月比 21年10月 21年9月 市場予想
最終需要 ↑0.62% ↑0.55% ↑0.6%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.39% ↑0.24% ↑0.4%

続きを読む

Posted by 松    11/9/21 - 08:31   

21/22年カナダ小麦生産推定、38.3%の落ち込み・USDAアタシェ
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、カナダの2021/22年度小麦生産推定は2171万5000トンと、前年から38.3%の落ち込みになり、また従来の3200万トンから下方修正となった。春小麦の8%減反やイールド低下、デュラム小麦も3%の減反とイールド不振で、生育期の記録的な高温乾燥が背景にある。小麦全体でイールドが2.36トン。前年の3.51トン、過去5年平均の3.426トンともに30%以上下回る。

輸出は2250万トンの従来予想から1570万トンに引き下げとなった。過去最高の前年との比較にして40.5%ダウン。期末在庫見通しは510万トンから337万トンに下方修正。前年から40.9%減少する。

Posted by 直    11/9/21 - 08:22   

8日のOPECバスケット価格は82.34ドルと前週末から2.23ドル上昇
  [場況]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/8 (月) 82.34 ↑2.23
11/5 (金) 80.11 ↓1.31
11/4 (木) 81.42 ↓0.16
11/3 (水) 81.58 ↓1.79
11/2 (火) 83.37 ↑0.88

Posted by 松    11/9/21 - 05:26   

11/9(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・10月生産者物価指数 (PPI) (08:30)
・10年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIAアウトルック (12:00)
・API石油在庫統計 (16:30)

農産物
・USDA需給報告 (12:00)
・USDA需給報告・世界 (12:00)

Posted by 松    11/9/21 - 05:24   

2021年11月08日(月)

全米平均ガソリン小売価格は前週から2.0セント上昇
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

11月8日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢341.0 ↑2.0 ↑131.4
ディーゼル燃料全米平均 ¢373.0 ↑0.3 ↑134.7

Posted by 松    11/8/21 - 20:31   

FX:ドル安、米金利が上昇する中にも関わらず売りに押される
  [場況]

ドル/円:113.20、ユーロ/ドル:1.1587、ユーロ/円:131.20 (NY17:00)

為替はドル安が進行。先週金曜に米下院が5,500億ドル規模のインフラ法案を可決、インフレ懸念から金利が上昇する中にも関わらず、ドルには売りが膨らむ展開となった。ドル/円は東京では買いが優勢、113円台半ばから後半にかけてのレンジ内でのもみ合いが続いた。ロンドンに入ると一転して売り圧力が強まり、113円台前半まで反落。NYに入ると一段と売りが加速、113円の節目割れを窺うところまで下げ幅を拡大した。中盤には売りも一服、113円台前半で方向感なくもみ合う展開となった。

ユーロ/ドルは東京では1.15ドル台半ばから後半にかけてのレンジ内で方向感なく上下を繰り返す展開。ロンドンに入っても大きな動きが見られることはなかった。NYに入ると買い意欲が強まり、1.16ドルの節目を試すまでに上げ幅を拡大。昼前には買いも息切れとなったが、その後もしっかりと高値圏を維持しての推移が続いた。ユーロ/円は東京では131円台前半で、底堅く推移。ロンドンに入ったあたりから徐々に上値が重くなり、NYに入ると131円を割り込むまで一気に値を崩した。売り一服後は買い戻しが集まり、131円台を回復。中盤以降は131円をやや上回ったあたりでのもみ合いが続いた。

Posted by 松    11/8/21 - 17:19   

債券:反落、インフレ投資法案可決や連銀高官発言背景に売り
  [場況]

債券は反落。5日に米下院がインフラ投資法案を可決したことや、連銀高官のタカ派寄りの発言を背景に売りが出た。今週は国債入札を控え、需給も重石。夜間取引で売りが先行し、10年債利回りは上昇となった。通常取引でもじりじりと上がり、午後に1.5%を超える場面があった。

Posted by 直    11/8/21 - 17:16   

ブラジルコーヒー輸出:8日現在18.95万袋と前月を53.8%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

11月8日 11月累計 前月(10/8) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 95.028 189.533 410.625 ↓53.8% ↓20.3%
>アラビカ種 77.875 155.364 368.058 ↓57.8% ↓14.5%
>ロブスタ種 12.224 19.954 25.833 ↓22.8% ↓89.0%
>インスタント 4.929 14.215 16.734 ↓15.1% ↑130.8%

Posted by 松    11/8/21 - 16:59   

株式:小幅続伸、インフラ法案の可決で景気回復期待高まる
  [場況]

ダウ工業平均:35,432.22↑104.27
S&P500:4,701.70↑4.17
NASDAQ:15,982.36↑10.77

NY株式は小幅続伸。先週金曜の流れを継いだ投機的な買いが相場を主導、日中を通じて底堅く推移した。5日遅くに5,500億規模のインフラ法案が下院で可決されたことも、景気回復期待を改めて高める格好となった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、200ポイントを超えるまで一気に上げ幅を拡大した。その後は売りも一服、ジリジリと値を切り下げる展開となったものの、昼過ぎにはプラス圏は維持して下げ止まり。午後からは再び騰勢を強め、小幅ながら値を回復して取引を終了した。

セクター別では、半導体や素材に買いが集まったほか、エネルギー関連や金鉱株も上昇。一方で公益株や一般消費財は下落、生活必需品やバイオテクノロジーも下げが目立った。ダウ銘柄では、キャタピラー(CAT)が4.04%の上昇となったほか、アメリカン・エクスプレス(AXP)やビサ(V)、ユナイテッド・ヘルス(UNH)などにもしっかりと買いが集まった。一方でナイキ(NKE)は3.19%の下落、アムジェン(AMGN)やコカ・コーラ(KO)も下げが目立った。

Posted by 松    11/8/21 - 16:58   

大豆:続落、需給報告の生産推定上方修正予想背景に売り膨らむ
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1188-1/2↓17-0

シカゴ大豆は続落。USDA需給報告で生産の上方修正が予想されているのを背景に売りが膨らんだ。夜間取引で売りの展開の後、いったん買いが集まり、1月限は下落して回復。しかし、朝方には再び売りが進み、弱含んだ。1200セントを割り込むと下げ足も速まっていき、通常取引ではさらに1190セントを割り込んだ。一時下げ渋っても、引けにかけて売りに押され、1187-0セントと3月31日以来の安値を付けた。

Posted by 直    11/8/21 - 16:42   

コーン:続落、USDA需給報告を翌日に控え大豆下落も重石で売り
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:551-1/2↓1-1/2

シカゴコーンは続落。USDA需給報告の発表を翌日に控え、大豆の下落も重石で、売りの展開となった。夜間取引でまず売りが出て、12月限は小安くなってから、徐々に買いも集まり持ち直した。しかし、買いが続かず、朝方には再びマイナス圏での推移。通常取引で売りの流れを続け、550セントを下回る場面もあった。

Posted by 直    11/8/21 - 16:40   

小麦:小反発、前週に下落続いた反動で買い戻し入る
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:768-0↑1-1/2

シカゴ小麦は小反発。前週に下落が続いた反動で買い戻しが入った。12月限は夜間取引では売りに押されて760セント台前半に下げてから、買いに弾みが付いて反発。770セント台前半まで上昇した。ただ、目新しい材料に乏しいことから積極的な買いは見送られ、上値も限定的。通常取引に入ってまず前週末終値を挟んでもみ合いの後再び強含んでも、770セント台に上がると買いもスローダウンとなった。

Posted by 直    11/8/21 - 16:37   

USDAクロップ:コーン収穫は84%、大豆は87%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン、大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

コーン収穫進捗率 11月7日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 84% 74% 90% 78%
大豆収穫進捗率 11月7日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 87% 79% 91% 88%

Posted by 松    11/8/21 - 16:05   

USDAクロップ:冬小麦作柄は前週からほぼ変わらず、発芽率は74%
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

11月7日現在

冬小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 9% 13% 33% 39% 6%
前週 7% 14% 34% 40% 5%
前年 6% 11% 38% 40% 5%
冬小麦作付進捗率 11月7日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 91% 87% 92% 91%
冬小麦発芽進捗率 11月7日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 74% 67% 78% 77%

Posted by 松    11/8/21 - 16:03   

天然ガス:続落、早朝までは買い先行もその後売りに押し戻される
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:5.427↓0.089

NY天然ガスは続落。早朝までは投機的な買いが先行する展開となったものの、その後は弱気の天気予報が改めて重石となる中で売りに押し戻された。12月限は夜間取引では堅調に推移、5.60ドル台まで値を切り上げた。朝方にかけては一転して売りに押し戻される格好となり 、5.30ドル台まで急反落。通常取引開始後には再び買いが集まり、中盤にかけてややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いたが、午後に入ると改めて上値が重くなり、最後は朝方につけた安値近辺まで値を下げて取引を終了した。

Posted by 松    11/8/21 - 14:58   

石油製品:続伸、原油の上昇につれてしっかりと買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン12月限:2.3222↑0.0013
暖房油12月限:2.4671↑0.0115

NY石油製品は続伸。原油の上昇につれた投機的な買いが全体を主導した。相場は夜間取引から買いが先行、しっかりと値を切り上げる展開となった。朝方からは売りに押し戻される格好となり、通常取引の開始時には小幅ながらマイナス転落する場面も見られたものの、押し目では買い意欲も強く、中盤には大きく値を回復。午後からは再び売りに押されたが、プラス圏は維持したまま終了した。

Posted by 松    11/8/21 - 14:50   

原油:続伸、先週末の流れを継いだ投機的な買い戻しが主導
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:81.93↑0.66

NY原油は続伸。先週末の流れを継いだ投機的な買い戻しが相場を主導、日中を通じた堅調に推移した。12月限は夜間取引から買いが先行、早朝には82ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。その後は米政府が戦略備蓄原油を追加放出するとの観測が改めて弱気に作用する中で売りが膨らみ、通常取引開始後には81ドル台前半まで値を下げたものの、プラス圏はしっかりと維持。中盤にかけては82ドル台まで値を回復した。昼からは再び上値が重くなったものの、押し目では買い意欲も強く、81ドル台半ばでは下げ止まった。

Posted by 松    11/8/21 - 14:50   

金:3日続伸、ドル安の進行好感し投機的な買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,828.0↑11.2

NY金は3日続伸。米長期金利が上昇する中にも関わらず、ドル安の進行を好感する形で投機的な買いが集る格好となり、終値ベースで9月3日以来の高値を更新した。12月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりを中心に、方向感なく上下を繰り返す展開が続いた。通常取引開始後には改めて買い意欲が強まり、1,820ドル台後半まで上げ幅を拡大。中盤には一旦売りに押し戻されたものの、プラス圏をしっかりと維持して下げ止まり。引けにかけては改めて騰勢を強める格好となり、最後は日中高値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    11/8/21 - 13:48   

コーヒー:続落、新たな買い材料に欠ける中で手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:202.45↓3.95

NYコーヒーは続落。需給面で新たな買い材料が見当たらない中、先週末のながれを継いだポジション整理の売りが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯は買いが先行、早朝には209セントに迫るまで値を伸ばす場面も見られたが、その後は急速に伸び悩み。NYに入るとマイナス転落、205セント台までジリジリと値を切り下げた。中盤以降は断続的にまとまった売りが出て、202セント台まで一気に下げ幅を拡大。引けにかけては売りも一服となったが、最後まで上値は重いままだった。

Posted by 松    11/8/21 - 13:35   

砂糖:小幅反落、早朝まで買い先行もその後売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:19.92↓0.02

NY砂糖は小幅反落。早朝までは先週後半の流れを継いだ投機的な買い戻しが相場を主導したが、その後ジリジリと売りに押される展開となった。3月限は夜間の時間帯は堅調に推移、20.10セントまで値を切り上げる場面も見られた。朝方にかけては売り圧力が強まり、NYに入るとあっさりとマイナス転落。その後一旦はプラス圏まで買い戻されたものの、売りの勢いは衰えず、中盤にかけて上値の重い状態が続いた。昼からは19.90セント台前半まで値を切り下げてのもみ合い、最後に買いが集まったが、プラス転換するには至らなかった。

Posted by 松    11/8/21 - 13:29   

3年債入札、応札倍率は2.33と前回やや下回る、最高利回りは0.750%
  [金融・経済]

3年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

3年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(10/12)
合計 130254.5 56000.1 2.33 2.36
競争入札分 130053.5 55799.0 2.33 2.36
顧客注文比率(外国中銀含む) 57.62% 44.23%
最高落札利回り(配分比率) 0.750% (74.06%) 0.635%

Posted by 松    11/8/21 - 13:08   

輸出検証高:小麦と大豆は前週から増加、コーンは減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

11月4日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 231.9 ↑77.4% ↓23.8% 9899.4 ↓15.4% 150.0 〜400.0
コーン 563.2 ↓16.1% ↓18.7% 6037.0 ↓20.6% 550.0 〜1000.0
大豆 2646.9 ↑1.5% ↓7.2% 13851.2 ↓30.8% 1100.0 〜2515.0

Posted by 松    11/8/21 - 11:50   

中国の10月原油輸入は前月から10.90%減少・税関総局
  [エネルギー]

中国税関総局が7日に明らかにしたデータによると、同国の10月の原油輸入は3,779万7,000トン(日量893.72万バレル)と8月の日量1,003.01万バレルから10.90%減少した。前年比では11.19%の減少となる。年初来では4億2,505万5,000トン(日量1,024.89万バレル)と、前年同期を7.23%下回っている。石油製品の輸入は215.5万トンと、前月の221.8万トンから2.84%減少、前年の150.4万トンからは43.28%の増加となった。年初来では前年同期を7.11%下回っている。

Posted by 松    11/8/21 - 11:44   

2022年末までに利上げの3条件満たされる・FRB副議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のクラリダ副議長は8日の講演で、雇用と物価が想定通りの展開になるなら、2022年末までに利上げの条件が満たされるはずだと述べた。現時点では、利上げを考慮すること自体まだ明らかに先のこととしながらも、利上げに必要な物価と雇用の3条件達成に前向きな見方を示した。

雇用も含めて需給逼迫はかなりのものだが、物価や賃金の上昇圧力を強めることなく緩和していくとの見方を示した。ただ個人消費支出(PCE)物価指数の上昇率がこれまでのところ2%の目標を適度とされる以上に上回っていることを指摘した。連銀内では副議長も含めてインフレの上振れリスクを警戒していると述べた。

Posted by 直    11/8/21 - 11:42   

コロンビア向けで15万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は8日、民間業者からコロンビア向けで15万トンの2021/22年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    11/8/21 - 09:23   

21/22年ブラジル大豆作付、11月4日時点で67%終了・アグルーラル
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、同国の2021/22年度大豆作付は、11月4日時点で67%終了した。前週の52%から大きく進み、また前年同期の56%を上回る。この一週間十分な降雨で作区付の進捗につながったと指摘。好天気から生育も順調との見方を示した。ただ、リオグランデ・ド・スル州など南部では向こう2週間雨不足による影響を注視するという。一方、マラニョン州、トカンティンス州、ピアウイ州、バイーア州で多雨によって作業ペースが落ちる可能性を示唆した。

Posted by 直    11/8/21 - 08:53   

ブラジル一次コーン作付、11月4日時点で75%終了・アグルーラル
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、2021/22年度一次コーン作付は11月4日時点で75%終了した。前週の63%からアップ、前年同期の68%も上回る。好天気により安定した作業ペースを確保できており、また作付状態も良好とコメント。ただ、リオグランデ・ド・スル州では11月に降雨や気温が上昇することがないようだと影響が懸念されるという。

Posted by 直    11/8/21 - 08:52   

21/22年ロシア小麦輸出見通し、30万トン下方修正・SovEcon
  [穀物・大豆]

ロシア通信社インターファクスによると、同国の農業顧問SovEconはロシアの2021/22年度(7-6月)小麦輸出見通しを30万トン引き下げた。最新予想は3400万トンで、生産推定の下方修正と輸出価格の下落が修正要因という。生産は7550万トンとみており、10万トン引き下げた。同社はまた、ロシアの穀物全体についても生産を70万トン引き下げて1億1940万トン、輸出を60万トン引き下げて4380万トンとした。

Posted by 直    11/8/21 - 08:39   

21/22年ウクライナ穀物輸出、11月8日時点で前年18.8%上回る
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2021/22年度穀物輸出(7-6月)は11月8日時点で2060万5000トンと、前年同期を18.8%上回った。このうち小麦が17.5%増加して1288万8000トン。コーンが292万6000トンで、0.1%の増加となった。

Posted by 直    11/8/21 - 08:33   

ウクライナ穀物収穫、5日時点で87%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2021年穀物収穫は5日時点で1380万ヘクタールから6780万トンとなり、事前予想の87%終了した。進捗ペースは前年同期を若干下回るが、規模にすると前年比プラス。イールドが4.91トンとなった。コーンが330万ヘクタールから2280万トン収穫済みで、61%終了し、イールドが6.82トン。小麦はすでに収穫を終えている。

Posted by 直    11/8/21 - 08:31   

10月中国大豆輸入、前月から25.7%減少・税関総局
  [穀物・大豆]

中国税関総局の暫定データによると、10月の大豆輸入は510万9000トンと、前月から25.7%減少した。前年同月に比べると41.2%の落ち込みになる。2021年の輸入は10月まであわせて7908万3000トンで、前年同期を5.0%下回る。

Posted by 直    11/8/21 - 08:24   

20/21年度世界コーヒー、248.7万袋の供給過剰・ICO
  [コーヒー]

世界コーヒー機関(ICO)は月次市場レポートで、世界コーヒーが2020/21年度(10-9月)に248万7000袋の供給過剰になったとの見方を示した。前月時点での238万6000袋から僅かに修正で、4年ぶりに小さいギャップになる見方に変わらない。

世界コーヒー消費推定を1億6725万8000袋から1億6714万8000袋から小幅引き下げた。前年比にして1.9%増加。消費は回復基調にあり、パンデミック発生前の過去10年平均の伸びペースに持ち直したと指摘。特にエマージング諸国の消費増加が著しいという。パンデミック絡みの規制緩和により消費はさらに増加が見込まれ、需給もより引き締まり、価格上昇のトレンドが続く可能性を示唆した。

世界の生産推定は1億6964万4000袋から1億6963万5000袋に修正し、前年から0.4%増加。アラビカ種が2.3%増えて9926万2000袋、ロブスタ種は7037万5000袋で2.1%の減少になる。

Posted by 直    11/8/21 - 08:19   

サウジアラムコ、12月の原油出荷価格を前月から引き上げ
  [エネルギー]

サウジ国営石油のサウジアラムコは5日、顧客に対して12月の原油出荷価格を通知、前月から引き上げた。アジア向けのアラブライトは、指標価格となるオマーン/ドバイ原油に2.70ドルのプレミアム(上乗せ)と、前月から1.40ドルの大幅上昇。欧州向けのアラブライトは、ブレント原油から30セントのディスカウント、米国向けはアーガスサワーに1.75ドルのプレミアムと、それぞれ前月の2.40ドルのディスカウント、1.25ドルのプレミアムから引き上げとなっている。

Posted by 松    11/8/21 - 05:15   

5日のOPECバスケット価格は80.11ドルと前日から1.31ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/5 (金) 80.11 ↓1.31
11/4 (木) 81.42 ↓0.16
11/3 (水) 81.58 ↓1.79
11/2 (火) 83.37 ↑0.88
11/1 (月) 82.49 ↓0.38

Posted by 松    11/8/21 - 05:07   

11/8(月)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・3年債入札 (13:00)

エネルギー

・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物
・USDA輸出検証高 (11:00)
・USDAクロップレポート (16:00)

Posted by 松    11/8/21 - 05:03   

2021年11月05日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から4.61%上昇
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
11/1〜 11/5 4.5353 ↑ 4.61% ↑ 88.83% 3.8918 ↑ 1.67% ↑ 89.47%
10/25〜 10/29 4.3353 ↑ 6.64% ↑ 78.67% 3.8280 ↑ 7.85% ↑ 86.10%
10/18〜 10/22 4.0652 ↑ 3.20% ↑ 70.86% 3.5495 ↑ 3.51% ↑ 73.55%
10/11〜 10/15 3.9393 ↑ 2.50% ↑ 70.17% 3.4292 ↑ 2.64% ↑ 70.19%

Posted by 松    11/5/21 - 17:44   

債券:続伸、主要国のハト派的金融政策見越して買いの流れ継続
  [場況]

債券は続伸。米英など主要国のハト派的金融政策を見越し、買いの流れを継続した。夜間取引では売り買いが交錯し、10年債利回りはまず1.5%台半ばに上昇してから、前日の水準を挟んでもみ合い。通常取引に入って予想以上に強気の雇用統計を消化して売りの場面があったが、利上げ観測を強めるには至らず、結局買いに弾みが付いてピッチの速い低下にシフトした。1.5%を割り込んで一段と下がり、午後には1.43%と9月下旬以来の低水準を付けた。

Posted by 直    11/5/21 - 17:26   

FX:円高、米株が最高値更新する中でも週末控え円の買い戻し進む
  [場況]

ドル/円:113.37、ユーロ/ドル:1.1567、ユーロ/円:131.18 (NY17:00)

為替は円高が進行。米株が市場さ高値を更新する中にも関わらず、週末を控えて円を買い戻す動きが強まった。米雇用統計が強気の内容となり、インフレが更に進むとの懸念が高まったにも拘らず、米長期金利が低下に転じたこともポジション調整の動きを活発にさせる一因となった。ドル/円は東京から売りが優勢、113円台半ばから後半にかけてのレンジ内でのもみ合いが続いた。ロンドンに入ると買い意欲が強まり、113円台後半までレンジを切り上げての推移。NY朝には雇用統計の発表を受けて114円台まで買い進まれる場面も見られたが、その後は一転して売りが加速、昼過ぎには113円台前半まで一気に値を切り下げた。午後からは値動きも落ち着き、同水準で上値の重い展開が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.15ドル台半ばを中心としたレンジ内での推移、ロンドン朝にはやや買いが優勢となったが、その後は一転して売り圧力が強まり、1.15ドル台前半まで値を切り下げた。NYに入ると雇用統計の発表を受けてもう一段売りに押される格好となったものの、その後は一転して買い一色の展開、昼過ぎには1.15ドル台後半まで一気に値を切り上げた。午後からは買いも一服、1.15ドル台半ばかでジリジリと売りに押される格好となった。ユーロ/円は東京では売りが優勢、131円台前半まで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入ると一旦は131円台半ばまで買い戻されたものの、すぐに売りに押され131円台前半に逆戻り。NYに入ると一段と売りが加速、131円をやや割り込むまで下げ幅を拡大した。中盤には売りも一服、小幅ながらも131円台を回復してのもみ合いが続いた。

Posted by 松    11/5/21 - 17:17   

ブラジルコーヒー輸出:5日現在9.45万袋と前月を77.0%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

11月5日 11月累計 前月(10/7) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 48.720 94.505 410.625 ↓77.0% ↓50.5%
>アラビカ種 41.237 77.489 368.058 ↓78.9% ↓47.5%
>ロブスタ種 0.000 7.730 25.833 ↓70.1% ↓94.8%
>インスタント 7.483 9.286 16.734 ↓44.5% -

Posted by 松    11/5/21 - 16:59   

株式:上昇、強気の雇用統計で景気の先行きに対する期待高まる
  [場況]

ダウ工業平均:36,327.95↑203.72
S&P500:4,697.53↑17.47
NASDAQ:15,971.59↑31.28

NY株式は上昇。朝方発表された雇用統計が強気の内容となり、景気の先行きに対する期待が高まる中で投機的な買いが先行、主要3指数は揃って史上最高値を更新した。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、早々に300ポイント以上値を切り上げる展開となった。その後は買いも一服、中盤にかけて売りに押し戻される格好となったものの、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。午後からは改めて買い意欲が強まり、200ポイントまで上げ幅を回復。引けにかけては動意も薄くなった。

セクター別では、金鉱株が大きく値を伸ばしたほか、エネルギー関連保険、半導体もしっかりと上昇。一方でバイオテクノロジーは大幅に下落、薬品株も軟調に推移した。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)が5.42%の上昇となったほか、ビサ(V)とウォルト・ディズニー(DIS)も3%を超える上昇を記録。アメリカン・エクスプレス(AXP)やIBM(IBM)にも買いが集まった。一方でメルク(MRK)は9.86%急落、ホーム・デポ(HD)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、ウォルマート(WMT)も下げが目立った。

Posted by 松    11/5/21 - 16:59   

大豆:続落、ポジション調整の売り膨らみ植物油下落も重石
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1205-1/2↓17-1/4

シカゴ大豆は続落。9日のUSDA需給報告の発表前にポジション調整の売りが膨らみ、植物油の下落も重石となった。夜間取引でまず買いが入り、1月限は上昇したが、買い一巡後に売りに押されて下落に転じた。朝方には下げ幅拡大となり、通常取引では1210セントを割り込み、さらに値を下げる展開。引け近くに1203-1/2セントと10月14日以来の安値を付けた。

Posted by 直    11/5/21 - 16:46   

コーン:続落、弱気のUSDA需給報告予想されているのを背景に売り
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:553-0↓6-1/4

シカゴコーンは続落。9日に控えるUSDA需給報告が弱気の内容になると予想されているのを背景に売りの展開となった。夜間取引では買いが先行し、12月限は560セント台前半に上昇した。しかし、朝方には売り圧力が強まり反落。通常取引に入って一段安となった。

Posted by 直    11/5/21 - 16:44   

小麦:続落、週初の高値更新後で引き続き一服感から売りに押される
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:766-1/2↓7-1/4

シカゴ小麦は続落。週初の高値更新の後で引き続き一服感から売りに押される展開となった。夜間取引で買いが入り、12月限は上昇したものの、780セント台に乗せるとブレーキがかかり、上値は限られた。通常取引では売りが膨らみ下落。760セント台半ばまで値を下げた。

Posted by 直    11/5/21 - 16:34   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

11月2日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 492639 ▼ 7143
NEMEX-RBOBガソリン △ 23552 ▼ 3335
NYMEX-暖房油 △ 48589 ▼ 1482
NYMEX-天然ガス ▼ 138995 ▼ 107
COMEX-金 △ 225597 △ 154
_
CBOT-小麦 △ 9401 △ 15397
CBOT-コーン △ 394820 △ 76926
CBOT-大豆 △ 66378 △ 16889
ICE US-粗糖 △ 199076 △ 11446
ICE US-コーヒー △ 60242 ▼ 2766
_
IMM-日本円 ▼ 117217 ▼ 794
IMM-ユーロFX ▼ 4615 △ 6590
CBOT-DJIA (x5) △ 5226 △ 3497
CME-S&P 500 △ 125702 △ 30324

Posted by 松    11/5/21 - 15:31   

9月消費者信用残高は前月から299.1億ドル増加、予想上回る
  [経済指標]

消費者信用残高
出所:連邦準備制度理事会(FRB)、NY15:00発表、季節調整値、単位10億ドル、年率換算

21年9月 前月比 (年率) 21年8月 市場予想
消費者信用残高 4367.40 ↑29.91 ↑8.3% ↑13.76 ↑17.00
>回転(Revolving) 1010.38 ↑9.84 ↑11.8% ↑2.79
>非回転(Nonrevolving) 3357.02 ↑20.08 ↑7.2% ↑10.97

続きを読む

Posted by 松    11/5/21 - 15:03   

天然ガス:反落、弱気の天気予報嫌気し手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:5.516↓0.200

NY天然ガスは反落。今月半ばにかけて比較的穏やかな天候が続くとの予報が重石となる中、週末を前にしたポジション整理の売りが相場を主導した。12月限は夜間取引から売りが先行、一時5.60ドルを割り込むまでに値を切り下げた。早朝にかけては買い戻しが集まったものの、プラス転換することなく息切れ。その後は改めて売り圧力が強まり、通常取開始時後には5.50ドル台前半まで下げ幅を拡大した。中盤には売りも一服となり、5.60ドル台を回復しての推移が続いたものの、最後は再び売りが加速、日中安値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    11/5/21 - 14:45   

石油製品:反発、原油が大きく上昇するのにつれて買い戻し集まる
  [場況]

RBOBガソリン12月限:2.3209↑0.0283
暖房油12月限:2.4556↑0.0490

NY石油製品は反発、原油が大きく上昇するのにつれて投機的な買い戻しが集まった。相場は夜間取引から買いが先行、レンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後には一旦売りに押されガソリンがマイナス転落する場面も見られたが、中盤には原油が騰勢を強めるのにつれて買いが加速、一気に値を伸ばした。昼には買い一服となったものの、最後まで高値圏を維持したまま終了した。

Posted by 松    11/5/21 - 14:45   

原油:大幅反発、将来的な需給逼迫懸念が改めて買い呼び込む
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:81.27↑2.46

NY原油は大幅反発。前日までのポジション整理の売りの勢いも一服、需要の回復や生産の伸び悩みによって将来的に需給逼迫が進むとの見方が改めて材料視される中で買いが加速した。12月限は夜間取引から買いが先行、79ドル台後半までレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後もしばらくは動きが見られなかったが、中盤にまとまった買いが断続的に入ると81ドル台まで一気に上げ幅を拡大。買い一巡後もしっかりと高値圏を維持に、午後には81ドル台後半まで値を伸ばす場面も見られた。

Posted by 松    11/5/21 - 14:45   

金:続伸、強気の雇用統計にも関わらずしっかりと買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,816.8↑23.3

NY金は続伸。朝方発表された雇用統計が強気の内容となり、インフレに対する懸念が改めて高まる中にも関わらず、米長期金利の低下やドル安の進行を好感する形で投機的な買いが加速、終値ベースで9月3日以来の高値を回復した。12月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後には雇用統計の発表を受けて売りが膨らみ、1,780ドル台まで値を下げる場面も見られたものの、押し目ではすぐに買いが集まりプラス圏を回復。中盤以降は改めて騰勢を強める格好となり、1,810ドル台まで一気に上げ幅を拡大した。昼には買いも一服となったが、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/5/21 - 14:04   

コーヒー:続落、材料難の中で週末控えポジション整理の売り膨らむ
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:203.55↓5.05

NYコーヒーは続落。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、週末を前に投機筋を中心としたポジション整理の売りが相場を主導した。12月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。朝方からは改めて売り圧力が強まり、NYに入ると202セント台まで一気に下げ幅を拡大。その後は売りも一服、204セント台まで値を回復しての推移となったものの、それ以上買いを呼び込むような動きは見られず。中盤以降は再び上値が重くなった。

Posted by 松    11/5/21 - 14:02   

砂糖:大幅続伸、原油やブラジルレアル高好感し買いが加速
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:19.94↑0.31

NY砂糖は大幅続伸。原油の急反発伸やブラジルレアル高の進行を好感する形で投機的な買いが加速、終値ベースで10月12日以来の高値を更新した。3月限は夜間の時間帯は売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりで上値の重い展開が続いた。朝方からは一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。NYに入っても買いの勢いは衰えず、昼前には20セントの節目に迫るまで一気に上げ幅を拡大した。その後一旦は売りに押し戻されたものの、最後は日中高値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    11/5/21 - 13:23   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は550基と前週から6基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

11月5日 前週比 前年比 (%)
米国合計 550 ↑ 6 ↑ 250 ↑83.33%
>陸上油田 535 ↑ 6 ↑ 249 ↑87.06%
>メキシコ湾 13 →0 ↑ 1 ↑8.33%
カナダ 160 ↓ 6 ↑ 74 ↑86.05%
北米合計 710 →0 ↑ 324 ↑83.94%

続きを読む

Posted by 松    11/5/21 - 13:06   

2021年ウクライナ砂糖ビート収穫、11月5日時点で83%終了
  [砂糖]

ウクライナ砂糖生産者協会によると、2021年砂糖ビートの収穫は11月5日時点で18万7680ヘクタールと、作付されたうちの83%終了となった。前年同期に約60%だったのを上回る。規模にして880万トンが収穫済みで、これも前年比大幅プラスとなった。

Posted by 直    11/5/21 - 09:58   

21/22年インド小麦輸出見通し上方修正、前年比25%増加
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、インドの2021/22年度小麦輸出見通しは500万トンと、従来の250万トンから上方修正となった。国内市場の安定が予想されている中、輸出向けの供給が潤沢なことから、修正につながった。前年比にすると25%増加。生産は1億952万トンと、過去最高を更新する見通しである。2021/22年度国内消費予想は1億450万トン、前年から2.2%増加し、過去最高を更新する。飼料用だけなら7.7%の増加見通し。食用・種子・工業用は1.8%増加が見込まれている。期末在庫は2784万5000トンの見通しになり、前年から0.2%増加、

Posted by 直    11/5/21 - 09:44   

21/22年中国大豆輸入見通し据え置き、初めて1億トン超える
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、中国の2021/22年度(10-9月)大豆輸入見通しは1億100万トンで据え置きとなった。初めて1億トンを超えることになり、大豆油と大豆ミールの需要増加が背景にあるという。

国内消費は前年比3.3%増の1億1770万トンとなり、修正はなかった。大豆ミールの消費が7668万6000ト、大豆油は1831万トンの予想。それぞれ前年との比較で3.3%と1.2%の増加になる。大豆圧搾は3.2%増えて9800万トンになるとの見通し。2021/22年度の大豆生産は1900万トンの従来推定から変わらず、前年から3.1%減少する。

Posted by 直    11/5/21 - 09:43   

2021年南アフリカコーン生産、前年から5.5%増加・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、南アフリカの2021年コーン生産は1684万8000トンとみられ、前年から5.5%増加、過去5年平均を26.4%上回った。また、従来推定の1670万トンから上方修正。平均以上の作付と好天気に恵まれ、イールドも平均を上回ったのが背景にあるという。

現在行われている2022年の作付も平均を上回る見通しで、国内価格の上昇と平均以上の降雨が寄与するとの見方を示した。ただ、肥料など生産コストの増加による採算性への影響が予想され、前年に比べると増加にはならないという。

2021/22年度(5-4月)のコーン輸出は290万トンの見通しで、前年や過去5年平均を上回る。十分な在庫を抱える中、2021年の豊作もあって、輸出が上向くとの見方である。ただ、ジンバブエなど近隣国で国内生産生産の増加を背景に南アフリカからの輸出需要が細っていることから、輸出見通しは従来の300万トンからやや引き下げとなった。

Posted by 直    11/5/21 - 09:15   

10月非農業雇用数は前月から53.1万人増加、予想上回る
  [経済指標]

非農業雇用数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000人

21年10月 前月比 21年9月 市場予想
非農業雇用数 148319 ↑531 ↑312 ↑400
民間雇用数 126393 ↑604 ↑365 ↑317
週平均労働時間 34.7 ↓0.1 34.8 34.8
時間あたり賃金 $30.96 ↑0.36% ↑0.59% ↑0.4%

続きを読む

Posted by 松    11/5/21 - 08:45   

10月失業率は4.60%に低下、予想も下回る
  [経済指標]

失業率
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000人

21年10月 前月比 21年9月 市場予想
失業率 4.60% ↓0.16 4.76% 4.7%
労働力人口 161458 ↑104 161354
>就業者 154039 ↑359 153680

続きを読む

Posted by 松    11/5/21 - 08:36   

10月のコロンビアコーヒー生産、前年から13%減少
  [コーヒー]

コロンビアコーヒー生産者連合会(Fedecafe)によると、10月のコーヒー生産は101万2000袋と前年同月から13%減少した。輸出は98万6000袋で、6%の減少。

Posted by 直    11/5/21 - 08:30   

21/22年アルゼンチン大豆作付、3日時点で7.1%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、2021/22年度の大豆作付は3日時点で事前予想の1650万ヘクタールの7.1%終了した。前週から2.5ポイントアップ、前年同期を3ポイントほど上回る。作付は過去15年間最も小さい規模になる見通しとなっている。

Posted by 直    11/5/21 - 08:15   

21/22年アルゼンチンコーン作付、3日時点で28.4%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2021/22年度コーン作付は3日時点で事前予想の710万ヘクタールの28.4%終了した。前週から0.8ポイント進んだだけで、前年同期に比べると2.5ポイントダウン。それでも、ここ数日間は土壌水分の改善が、作業とともに生育にも寄与するとの見方を示した。

Posted by 直    11/5/21 - 08:15   

21/22年アルゼンチン小麦収穫、3日時点で10.5%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、2021/22年度小麦収穫は3日時点で10.5%終了した。前週から3.8ポイント進み、前年同期に比べると1.8ポイントアップ。イールドは1.09トンで、前週時点での1.03トンから上昇した。

Posted by 直    11/5/21 - 08:14   

4日のOPECバスケット価格は81.42ドルと前日から0.16ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/4 (木) 81.42 ↓0.16
11/3 (水) 81.58 ↓1.79
11/2 (火) 83.37 ↑0.88
11/1 (月) 82.49 ↓0.38
10/29 (金) 82.87 ↑0.46

Posted by 松    11/5/21 - 05:34   

11/5(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・10月失業率 (08:30)
・10月非農業雇用数 (08:30)
・9月消費者信用残高 (15:00)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

Posted by 松    11/5/21 - 05:32   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ