ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



6月

2020


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2020年06月26日(金)

20/21年インド砂糖生産暫定見通し3050万トン、前年から12%増加
  [砂糖]

インド製糖所協会(ISMA)は、国内の2020/21年度(10-9月)砂糖生産が3050万トンになるとの暫定見通しを発表した。前年から12%増加で、2019/20年度に天候要因から減少となったマハラシュトラ州とカルナタカ州の改善を中心に生産が上向くとの見方を示した。砂糖きびの作付は522万8000ヘクタールとみられ、前年比にして8%増加。

ISMAによると、マハラシュトラの砂糖生産見通しが1013万4000トン、前年から64.5%の増加になる。カルナタカ州は前年比26%増の431万3000トン。グジャラート州は108万1000トンで、前年を16%上回る。一方、2019/20年度に多くの州で減産となる中、増加を記録したウッタルプラデシュ州では1230万6000トンと、前年から2.7%減少見通しとなった砂糖きびの作付が1.3%ダウン、イールドは前年から僅かに上昇鵜の見通しという。タミルナドゥ州も、3.7%減少して75万@000トンになる見通しを示した。

2019/20年度の期初在庫は1450万トンになり、加えて生産が2720万トンとなった。消費の2500万トンと約520万トンの輸出を差し引き、2020/21年度の期初在庫は1150万トンに減少する見通しとした。それでも、生産が本格化するまでの消費を650万トンほど上回ることを指摘。生産増加もあり、国内の需給は引き続き緩むとの見方を示した。タイの2020/21年度生産が一段と減少が予想されていることもあり、インドの輸出を伸ばすチャンスと強調した。

Posted by 直    6/26/20 - 11:01 

ページのトップへ ページのトップへ

新著




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ