ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



4月

2021


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2021年04月15日(木)

FX:円小幅高、景気回復期待高まり株前面高の中で円が買われる
  [場況]

ドル/円:108.76、ユーロ/ドル:1.1965、ユーロ/円:130.11 (NY17:00)

為替は円が小幅高。米経済指標に強気のサプライズが相次ぎ、景気回復期の高まりを背景に株が全面高の展開となる中、円にしっかりと買いが集まった。ドル/円は東京では109円の節目をやや割り込んだあたりを中心に、上値の重い展開。午後からは徐々に売りが優勢となり、ロンドンでは108円台後半まで値を切り下げての推移となった。NYに入っても流れに大きな変化は見られず、同水準でのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京から1.19ドル台後半の狭いレンジ内でのもみ合い、ロンドンに入ってもしばらくは動きが見られなかったが、その後売り圧力が強まり1.19ドル台半ばまで値を切り下げた。NYに入ってからは売りも一服、1.19ドル台半ばから後半にかけてのレンジ内で方向感なく上下を繰り返す展開が続いた。ユーロ/円は東京では130円台前半から半ばのレンジ内でのもみ合い、ロンドンに入ると徐々に売り圧力が強まり、NYでは130円の節目割れをうかがう水準まで値を切り下げた。午後には値動きも落ち着き、130円をやや上回ったあたりでのもみ合いが続いた。

Posted by 松    4/15/21 - 17:30   

債券:反発、予想上回る経済指標でも出尽くし感から買い
  [場況]

債券は反発。朝方発表された小売売上高などの経済指標に予想を上回るものが並んだが、出尽くし感から買いが入った。バイデン米政権の対ロシア制裁措置発表を受け、安全資産とされる債券に下た座さえとなった。

夜間取引で買いが先行し、10年債利回りは低下した。通常取引で1.6%を割り込んだ後はほぼ一本調子で下げ、午後に1.52%と約1ヶ月ぶりの低水準を付けた。

Posted by 直    4/15/21 - 17:23   

ブラジルコーヒー輸出:15日現在54.50万袋と前月を23.9%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

4月15日 4月累計 前月(3/12) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 119.883 544.971 439.904 ↑23.9% ↑27.2%
>アラビカ種 115.708 443.878 250.817 ↑77.0% ↑37.8%
>ロブスタ種 0.000 85.922 158.766 ↓45.9% ↓73.3%
>インスタント 4.175 15.171 30.321 ↓50.0% ↓60.6%

Posted by 松    4/15/21 - 17:12   

株式:全面高、強気の経済指標受けて景気回復への期待高まる
  [場況]

ダウ工業平均:34,035.99↑305.10
S&P500:4,170.42↑45.76
NASDAQ:14,038.76↑180.92

NY株式は全面高の展開、ダウ工業平均とS&P500種は再び史上最高値を更新した。朝方発表された経済指標が軒並み強気のサプライズとなり、景気回復に対する期待が改めて高まる中でしっかりと買いが集まった。長期金利が低下したことも強気に作用した。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、早々に200ポイント台半ばまで値を切り上げた。中盤にかけても買いの勢いは止まらず、昼には300ポイントまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったが、高値圏はしっかりと維持しての推移。引け間際には改めて買いが加速、日中高値を更新擦る格好で取引を終了した。

セクター別では、金鉱株が大きく値を伸ばしたほか、半導体やコンピューター関連もしっかりと上昇。通信やバイオテクノロジーにも買いが集まった。一方で銀行株は下落、エネルギー関連にも売りが膨らんだ。ダウ銘柄では、ユナイテッド・ヘルス(UNH)が3.835の上昇となったほか、アムジェン(AMGN)やセールスフォース・ドットコム(CRM)も2%を超える上昇。ビサ(V)やアップル(AAPL)もしっかりと値を切り上げた。一方でウォルグリーン(WBA)は1.38%の下落、ウォルト・ディズニー(DIS)やシェブロン(CVX)、トラベラーズ(TRV)も下げが目立った。

Posted by 松    4/15/21 - 16:56   

大豆:続伸、作付進捗状況にらみながらテクニカルな買いの展開
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1418-1/4↑8-1/4

シカゴ大豆は続伸。作付の進捗状況をにらみながら、テクニカルな買いの展開となった。5月限は夜間取引から上昇。1420セントを超えてブレーキがかかり、通常取引開始後に弱気の週間輸出成約高が重石となっていったん前日終値を下回るまで値を消した。しかし、その後改めて買いが進んで強含み、再び1420セント台に乗せる場面もあった。

Posted by 直    4/15/21 - 16:38   

コーン:反落、買い一服感に加え低調な週間輸出成約高で売り
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:590-0↓4-0

シカゴコーンは反落。買い一服感に加え、週間輸出成約高が低調だったため、売りが膨らんだ。夜間取引で買いが先行し、5月限は小じっかりとなった。一時、上昇ピッチが速まって600セント台に上昇し、601-1/2セントと一代高値を更新。通常取引に入ると売りが台頭して下げに転じた。日中に売りにブレーキがかかって下げ幅縮小となっても、前日の終値水準で改めて売り圧力が強まり、その後は軟調な値動きだった。

Posted by 直    4/15/21 - 16:36   

小麦:続伸、米主要生産地の乾燥や冷え込みの影響懸念が下支え
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:653-3/4↑5-3/4

シカゴ小麦は続伸。米主要生産地の乾燥や冷え込みの影響懸念が下支えになった。夜間取引ではまず売りに押され、5月限は下落。売りが一巡して買いが優勢となり反発した。通常取引開始後に再び売りが台頭し、640セントを割り込むまで下落の場面があったが、すぐに下値で買いが集まってプラス圏に持ち直した。657-3/4セントと3月9日以来の高値を更新し、その後伸び悩みながらも最後まで買いの流れを維持した。

Posted by 直    4/15/21 - 16:31   

2月対米証券投資は42.1億ドルの流入超、前月から縮小
  [経済指標]

対米証券投資
出所:米財務省、NY16:00発表、単位100万ドル

21年2月 21年1月
ネット流入額 債券・株式合計 4214 90988
純資本フロー(TIC) 72638 105821

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 16:12   

全米コーヒー生豆在庫、3月末時点で前月から1.92%減少
  [コーヒー]

全米コーヒー生豆在庫
出所:米コーヒー生豆協会、単位1,000袋

3/31/21 2/28/21 前月比 (%) 前年比
全米合計 5679.162 5790.571 ↓ 111.409 ↓1.92% ↓5.72%

Posted by 松    4/15/21 - 15:31   

天然ガス:上昇、在庫統計が予想下回ったの手掛かりに買いが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:2.658↑0.040

NY天然ガスは上昇。在庫統計が予想を下回る積み増しにとどまったことが好感される中、これまでの流れを継いだ投機的な買い戻しが相場を主導した。5月限は夜間取引では売りが優勢、朝方には2.60ドルの節目をやや割り込むまで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後は買い意欲が強まり、ジリジリと値を切り上げる展開。在庫統計発表後は更に騰勢を強める格好となり、2.60ドル台後半まで一気に上げ幅を拡大した。その後は買いも一服となったものの、2.60ドル台半ばの水準をしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    4/15/21 - 14:51   

石油製品:続伸、需要回復期待高まる中で株や原油につれ高
  [場況]

RBOBガソリン5月限:2.0518↑0.0163
暖房油5月限:1.8989↑0.0089

NY石油製品は続伸。強気の経済指標を受けて景気や需要回復に対する期待が高まる中、株や原油の上昇につれて買いが集まった。相場は夜間取引では売りが先行、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後もしばらくは上値が重かったが。中盤にかけては一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。午後に入っても上昇の勢いが止まることはなかった。

Posted by 松    4/15/21 - 14:46   

原油:小幅続伸、景気や需要回復への期待高まる中で買い集まる
  [場況]

NYMEX原油6月限終値:63.51↑0.29

NY原油は小幅続伸。朝方発表された経済指標は軒並み強気のサプライズとなったことを受け、景気や需要回復に対する期待が改めて高まる中でしっかりと買いが集まった。6月限は夜間取引では売りが優勢、前日の急伸の反動もあり、63ドルの節目をやや割り込んだあたりまで値を切り下げてのもみ合いとなった。通常取引開始後には一転して買い意欲が強まり、63ドル台半ばまで一気に値を切り上げる展開。中盤には一旦売りに押し戻されたものの、押し目ではしっかりと買いが集まり、早々に下げ止まり。昼からは改めて騰勢を強める格好となり、引け間際には日中高値を更新する場面も見られた。

Posted by 松    4/15/21 - 14:45   

金:大幅反発、米長期金利が低下する中で投機的な買い戻し加速
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,766.8↑30.5

NY金は大幅反発、終値ベースで2月25日以来の高値を更新した。朝方発表された経済指標が軒並み強気のサプライズとなり、景気回復への期待が更に高まる中にも関わらず、米長期金利が低下してことを受け、投機的な買い戻しが加速した。6月限は夜間取引から買いが先行、1,740ドル台後半まで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後は改めて騰勢を強める展開となり、昼前には1,770ドル台まで一気に上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったものの、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    4/15/21 - 13:51   

コーヒー:続伸、レアル高の進行支えに投機的な買いが相場を主導
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:134.70↑0.65

NYコーヒーは続伸。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、対ドルでのブラジルレアル高の進行が支えとなる中でこれまえの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導した。7月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりで軟調な展開となった。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。中盤にはまとまった売りに押される場面も見られたものの、押し目でではしっかりと買いが集まり早々に値を回復。最後は135セントまで値を切り上げて取引を終了した。

Posted by 松    4/15/21 - 13:42   

砂糖:続伸、ブラジルレアル高支えに投機的な買いが加速
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:16.38↑0.52

NY砂糖は続伸。対ドルでのブラジルレアル高の進行が下支えとなる中、これまでの流れを継いだ投機的な買いが一気に相場を押し上げた。5月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ると改めて騰勢を強める展開、16セントの節目を上抜けると買いに弾みがつき、16セント台半ばまで一気に上げ幅を拡大した。その後は買いも一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、高値圏をしっかりと維持してのもみ合いが続いた。

Posted by 松    4/15/21 - 13:22   

3月NOPA大豆圧搾高は1.78億ブッシェルと前月から14.7%増加
  [穀物・大豆]

NOPA大豆圧搾高
出所:全米油種加工業組合(NOPA)、NY12:00発表、季節調整値、
単位100万ブッシェル、100万ポンド(大豆油)

21年3月 前月比 前年比 市場予想
大豆圧搾高 177.98 ↑14.71% ↓1.87% 179.20
大豆油在庫 1771.08 ↑0.78% ↓6.73% 1822.00

Posted by 松    4/15/21 - 12:28   

20/21年度産ブラジルコーヒー、13日時点で生産の90%売却済み
  [コーヒー]

ブラジル農業顧問サフラスによると、4月13日時点で2020/21年度産コーヒーが生産推定の90%売却済みとなった。前年同月の86%や過去5年平均の88%を上回った。サフラスの2020/21年度生産見通しは6950万袋で、このうち9280万袋の成約という。

Posted by 直    4/15/21 - 11:17   

天然ガス在庫は610億立方フィートの積み増し、予想下回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 4月9日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 1845 ↑ 61 ↑ 66 ↓12.02% ↑ 0.48%

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 10:32   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から57億ドル増加
  [メタル]

ロシア中銀が15日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は4月9日時点で5,805億ドルと、前週から57億ドル増加した。昨年末時点の5,958億ドルからは、153億ドルの減少となる。

Posted by 松    4/15/21 - 10:30   

4月住宅市場指数(HMI)は83に上昇、予想は下回る
  [経済指標]

住宅市場指数(HMI)
出所:全米住宅建設業協会(NAHB)、NY10:00発表

21年4月 21年3月 市場予想
住宅市場指数(HMI) 83 82 84

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 10:05   

2月企業在庫は前月から0.50%増加、市場予想と一致
  [経済指標]

企業在庫・在庫率
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

21年2月 前月比 21年1月 市場予想
企業在庫 2010814 ↑0.50% ↑1.23% ↑0.5%
在庫率 1.298 ↑0.031 1.267

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 10:02   

3月鉱工業生産指数は前月から1.44%上昇、予想は下回る
  [経済指標]

鉱工業生産・設備稼働率
出所:米連邦準備制度理事会(FRB)、NY9:15発表、季節調整値、2012年=100

21年3月 21年2月 市場予想
鉱工業生産指数 ↑1.44% ↓2.62% ↑2.9%
設備稼働率 74.39% 73.36% 75.9%

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 09:25   

輸出成約高:小麦とコーンは前週から減少、大豆は増加
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

4/8/21 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 ▲56.6 274.4 217.8 ↓64.4% 350.0 〜750.0
コーン 327.7 52.6 380.3 ↓52.9% 500.0 〜1200.0
大豆 90.4 265.5 355.9 ↑44.6% ▲100.0 〜700.0
大豆ミール 71.5 26.0 97.5 ↓26.4% 70.0 〜300.0
大豆油 ▲1.5 0.0 ▲1.5 ↓109.6% 5.0 〜30.0

Posted by 松    4/15/21 - 09:00   

4月フィラデルフィア連銀指数は50.2に上昇、予想も上回る
  [経済指標]

フィラデルフィア連銀指数
出所:フィラデルフィア連邦準備銀行、NY8:30発表

21年4月 21年3月 市場予想
現況指数 50.2 44.5 35.0

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 08:47   

4月ニューヨーク連銀指数は26.3に上昇、予想も上回る
  [経済指標]

ニューヨーク連銀指数
出所:ニューヨーク連邦準備銀行、NY8:30発表、季節調整値

現況指数 21年4月 21年3月 市場予想
総合 26.3 17.4 23.0

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 08:39   

3月小売売上高は前月から9.82%増加、予想大きく上回る
  [経済指標]

小売売上高
出所:米国勢調査局、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル

21年3月 前月比 21年2月 市場予想
小売売上高 619105 ↑9.82% ↓2.73% ↑5.3%
>自動車除く 484977 ↑8.45% ↓2.53% ↑4.9%

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 08:35   

失業保険新規申請件数は57.6万件に減少、予想も大きく下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

4月10日 前週比 4月3日 市場予想
新規申請件数 576.00 ↓ 193.00 769.00 695.00
4週平均 683.00 ↓ 47.25 730.25 -
継続受給件数 3731.00 NA

続きを読む

Posted by 松    4/15/21 - 08:32   

21/22年度タイ砂糖生産、前年から40%増加見通し・USDAアタシェ
  [砂糖]

米農務省(USDA)アタシェによると、タイの2021/22年度砂糖生産は1060万3000トンと、前年から40.1%増加の見通しになった。2年連続の干ばつ絡みの減少から改善が見込まれている。砂糖きびの生産予想は前年比32.4%増の9000万トン。収穫は面積にして152万ヘクタールとみられ、前年との比較で21.6%の増加になる。

2021/22年度の砂糖輸出は1044万5000トンの見通しになり、前年から43.1%増加する。このうち粗糖が3.4%増えて460万トン、精製糖が前年の2倍超の584万5000トン。砂糖の期末在庫は304万トンと、前年から43.5%減少の見通しとなった。

Posted by 直    4/15/21 - 08:29   

印マハラシュトラ州砂糖生産、14日時点で1038.6万トン
  [砂糖]

インドのマハラシュトラ州砂糖局によると、同州の砂糖生産は14日時点で1038万6000トンとなった。前年同期を70%以上上回る。砂糖きびの圧搾高が9912万7000トン。同州の砂糖生産は3月末時点で1000万トンを超え、初めてウッタルプラデシュ州を抜けて国内最大の生産規模を記録した。マハラシュトラ州の生産は最終的に1050万-1070万トンになるとみられている。ウッタルプラデシュ州の生産見通しは1050万トン。

Posted by 直    4/15/21 - 08:16   

14日のOPECバスケット価格は63.39ドルと前日から1.54ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
4/14 (水) 63.39 ↑1.54
4/13 (火) 61.85 ↑0.41
4/12 (月) 61.44 ↑0.32
4/9 (金) 61.12 ↓0.08
4/8 (木) 61.20 ↑0.53

Posted by 松    4/15/21 - 05:29   

4/15(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・3月小売売上高 (08:30)
・4月ニューヨーク連銀指数 (08:30)
・4月フィラデルフィア連銀指数 (08:30)
・3月鉱工業生産・設備稼働率 (09:15)
・2月企業在庫・在庫率 (10:00)
・4月住宅市場指数(HMI) (10:00)
・2月対米証券投資 (16:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)
・3月NOPA大豆圧搾高 (12:00)
・3月全米コーヒー生豆在庫 (15:00)

納会日
・砂糖 5月限OP 納会
・原油 5月限OP 納会

Posted by 松    4/15/21 - 05:25   

2021年04月14日(水)

FX:ドル小幅続落、米長期金利が上昇する中でも売りの流れ継続
  [場況]

ドル/円:108.91、ユーロ/ドル:1.1978、ユーロ/円:130.46 (NY17:00)

為替はドルが小幅続落。米長期金利が上昇に転じる中にも関わらず、これまでの流れを継いだポジション調整のドル売りが全体を主導した。ドル/円は東京朝から前日の流れを継いだ売りが先行、108円台後半まで値を切り下げた。その後は徐々に買い意欲が強まり、午後には109円台を回復。ロンドンでは再び上値が重くなり、109円をやや割り込んだあたりを中心としたもみ合いとなった。NYに入ると109円台まで買い進まれる場面も見られたものの、早々に息切れ。中盤以降は改めて売りが優勢となり、108円台後半まで値を切り下げた。

ユーロ/ドルは東京から買いが優勢、1.19ドル台後半までジリジリと値を切り上げる展開となった。ロンドンに入ると売り圧力が強まり、1.19ドル台半ばまで反落。NYに入ると再び買い意欲が強まり、昼過ぎには1.19ドル台後半まで値を伸ばした。その後は買いも一服となったものの、高値圏は維持しての展開となった。ユーロ/円は東京朝に葉130円尾節目割れを試すまで売りに押されたものの、その後は一転して買いが優勢となり、ロンドンに入ると130円台半ばまで値を回復。その後は再び売りが優勢となったものの、NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、昼には130円台半ばまで値を伸ばした。午後からは買いも一服となったものの、高値圏を維持しての推移が続いた。

Posted by 松    4/14/21 - 17:27   

債券:反落、輸入物価指数上昇や原油高背景に売り圧力強まる
  [場況]

債券は反落。朝方発表された輸入物価指数の上昇や原油高を背景に売り圧力が強まった。夜間取引で売りの展開となり、10年債利回りはじりじりと上昇。通常取引で1.6%台半ばまで上がってからペースは鈍りながら、売りの流れが切れることはなかった。

Posted by 直    4/14/21 - 17:15   

ブラジルコーヒー輸出:14日現在42.54万袋と前月を14.3%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

4月14日 4月累計 前月(3/11) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 125.234 425.448 372.117 ↑14.3% ↑47.6%
>アラビカ種 97.025 328.170 206.863 ↑58.6% ↑66.8%
>ロブスタ種 24.667 86.282 140.448 ↓38.6% ↓56.1%
>インスタント 3.542 10.996 24.806 ↓55.7% ↓53.3%

Posted by 松    4/14/21 - 17:11   

株式:ダウ平均が反発の一方、S&P500とナスダックは反落
  [場況]

ダウ工業平均:33,730.89↑53.62
S&P500:4,124.66↓16.93
NASDAQ:13,857.84↓138.26

NY株式はダウ工業平均が反発した一方、S&P500種とナスダック総合指数は反落。コインベース(COIN)のIPOに注目が集まり、金融機関の決算が予想を上回る好調な内容となる中、米長期金利が上昇に転じたことを嫌気する形でハイテク銘柄などにポジション調整の売り圧力が強まった。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、早々に200ポイント以上値を伸ばしザラ場ベースでは過去最高値を更新した。中盤には買いも一服、しばらくは高値圏を維持しての推移が続いたが、午後からは徐々に売りに押し戻される格好となり、100ポイントを割り込むまで上げ幅を縮小して取引を終了した。

セクター別では、エネルギー関連が原油の急伸につれて大きく買い進まれたほか、銀行株も好調な決算を背景に上昇。バイオテクノロジーや素材、公益株も堅調に推移した。一方でコンピューター関連や半導体、一般消費財、通信などは軟調に推移した。ダウ銘柄では、ゴールドマン・サックス(GS)が2.34%、トラベラーズ(TRV)が2.12%それぞれ上昇、シェブロン(CVX)やダウ(DOW)、キャタピラーもしっかりと値を切り上げた。一方でJPモルガン・チェース(JPM)は1.87%の下落、アップル(AAPL)やセールスフォース・ドットコム(CRM)、インテル(INTC)、マイクロソフト(MSFT)も1%を超える下落となった。

Posted by 松    4/14/21 - 16:49   

大豆:続伸、原油高や大豆油上昇につれて買い優勢
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1410-0↑20-1/2

シカゴ大豆は続伸。原油高や大豆油の上昇につれて大豆も買い優勢となった。5月限は夜間取引でじりじりと上昇。通常取引に入って1400セントを超えると上げピッチがさらに速まった。1410セント台後半まで上がってペースもスローダウンし、1410セント前後で推移した。

Posted by 直    4/14/21 - 16:37   

コーン:続伸、大豆や小麦の上昇につれて買いの展開
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:594-0↑14-0

シカゴコーンは続伸。大豆や小麦の上昇につれて買いの展開となった。5月限は夜間取引でまず小幅レンジをもみ合ってから、買いが進む中一本調子の上昇となった。通常取引で590セント台に乗せ、取引終盤に9日に付けた一代高値595-0セントを上抜け。597-3/4セントまで上昇してブレーキがかかった。

Posted by 直    4/14/21 - 16:35   

小麦:続伸、引き続き米欧の乾燥による影響懸念から買い進む
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:648-0↑18-1/4

シカゴ小麦は続伸。引き続き米国や欧州の乾燥による影響懸念から買いが進んだ。5月限は夜間取引からしっかりと値を伸ばす展開。通常取引開始後に一気に655-3/4セントと3月11日以来の高値を付けた。その後は650セントを挟んでもみ合った。

Posted by 直    4/14/21 - 16:32   

天然ガス:ほぼ変わらず、朝方まで買い先行もその後値を切り下げる
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:2.618↓0.001

NY天然ガスは前日からほぼ変わらず。朝方まではこれまでの流れを継いだ投機的な買い戻しが先行したものの、その後はジリジリと売りに押し戻された。翌日の在庫統計で大幅な積み増しが予想されていることも弱気に作用した。5月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。朝方にかけては改めて騰勢を強める格好となり、通常取引開始時には2.60ドル台後半まで上げ幅を拡大。その後は一転して売りに押し戻される展開、しばらくはプラス圏を維持しての推移が続いたが、昼にかけては売り圧力が強まり、小幅ながらもマイナス転落。最後は前日終値近辺まで値を戻して取引を終了した。

Posted by 松    4/14/21 - 14:57   

米経済活動、緩やかなペースで加速・FRBベージュブック
  [金融・経済]

米連邦準備理事会(FRB)は14日に発表した地区連銀経済報告(ベージュブック)で、2月終わりから4月初めにかけて国内の経済活動が緩やかなペースで加速したとの見方を示した。見通しも前回報告に比べて楽観的で、新型コロナウィルスワクチンの接種が進んでいることを理由の一つに挙げた。

Posted by 直    4/14/21 - 14:52   

石油製品:大幅続伸、強気の在庫統計支えに原油につれ高
  [場況]

RBOBガソリン5月限:2.0355↑0.0598
暖房油5月限:1.8900↑0.0755

NY石油製品は大幅続伸。需要回復に対する楽観的な見方や強気の在庫統計が支えとなる中、原油の上昇につれて買いが加速した。相場は夜間取引から買いが先行、通常取引開始後には改めて騰勢を強める展開、在庫統計発表後にはまとまった買いが入り、約1ヶ月ぶりの高値まで一気に値を伸ばした。その後も買いの勢いは衰えず、ジリジリと値を切り上げ続ける格好で取引を終了した。

Posted by 松    4/14/21 - 14:50   

原油:大幅続伸、需要に対する楽観的な見方や在庫取り崩し好感
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:63.15↑2.97

NY原油は大幅続伸。景気や需要の回復に対する楽観的な見方が強まる中で投機的な買いが加速、終値ベースで3月17日以来の高値を更新した。在庫統計で原油が大幅な取り崩しとなったことも強気に作用した。5月限は夜間取引から買いが先行、前日のOPECに続き、IEAも月報で世界需要見通しを引き上げたことを好感、61ドル台を回復しての推移となった。通常取引開始後は61ドル台半ばまでレンジを切り上げての推移、在庫統計発表後は改めて買いが加速、63ドル台まで一気に値を伸ばした。午後に入っても上昇の勢いは衰えず、63ドル台半ばまで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    4/14/21 - 14:49   

金:反落、米長期金利の上昇嫌気し投機的な売りに押される
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,736.3↓11.3

NY金は反落。米長期金利が改めて上昇基調を強める中、日中を通じて投機的な売りに押される軟調な展開となった。6月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心にとしたレンジ内でのもみ合いが続いた。通常取引開始後には改めて売り圧力が強まり、1,730ドル台半ばまで一気に下げ幅を拡大。その後は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、1,730ドル台半ばから後半を中心に方向感なく上下を繰り返す展開。最後まで上値は重いまま取引を終了した。

Posted by 松    4/14/21 - 13:58   

コーヒー:続伸、レアル高の進行支えとなる中で投機的な買い集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:134.05↑2.10

NYコーヒーは続伸。対ドルでのブラジルレアル高の進行が下支えとなる中、ここまでの流れを継いだ投機的な売りが加速、終値ベースで3月17日以来の高値を更新した。7月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。朝方からは改めて騰勢を強める格好となり、135セント台まで一気に上げ幅を拡大。NYに入ると買いも一服、中盤にかけて売りに押し戻されたものの、プラス圏は維持して下げ止まり。昼前からは改めて買い意欲が強まった。

Posted by 松    4/14/21 - 13:45   

砂糖:大幅続伸、需給見通しの強さ支えに3月18日以来の高値更新
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:15.86↑0.43

NY砂糖は大幅続伸。目先の需給逼迫見通しが改めて材料視される中で買いが加速、終値ベースで3月18日以来の高値を更新した。5月限は夜間の取引開始時から買いが先行、早々に15.80セント台まで値を切り上げた。その後はしばらくもみ合いが続いたものの、朝方からは改めて騰勢を強める格好となり、NYに入ると15.80セント台後半まで上げ幅を拡大。買い一巡後はやや売りに押される格好となったものの、対ドルでのブラジルレアル高の進行も支えとなる中で、早々に下げ止まり。中盤から引けにかけても高値圏をしっかりと維持しての推移が続いた。

Posted by 松    4/14/21 - 13:18   

天然ガス在庫は660億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
15日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 66.0 ↑ 61.0 〜 ↑ 79.0
>前週 ↑ 20.0
>前年 ↑ 73.0
>過去5年平均 ↑ 27.2

Posted by 松    4/14/21 - 13:09   

エルニーニョ・南方振動、少なくとも9月まで中立
  [砂糖]

オーストラリア気象局は13日付のリリースで、エルニーニョ現象もラニーニャ現象も発生しないことを意味するエルニーニョ・南方振動(ENSO)が少なくとも9月まで中立水準にとどまる見通しを示した。熱帯太平洋の海面水温は引き続きENSO中立水準にあり、海面下も平均的とコメント。大気指標もまた、中立状態にあるという。

当局はこのほか、大気振動の一つであるマッデン・ジュリアン振動(MJO)が過去2週間のオーストラリアの天候を大きく左右し、北端では平均以上の降雨をもたらしたと指摘した。しかし、MJOはオーストラリアから離れ、太平洋西部に移動したという。

Posted by 直    4/14/21 - 10:52   

EIA在庫:原油は589.0万バレルの取り崩し、石油製品も減少
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

4月9日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 492423 ↓ 5890 ↓ 2536 ↓ 3608
ガソリン在庫 234897 ↑ 309 ↑ 345 ↑ 5565
留出油在庫 143464 ↓ 2083 ↑ 1082 ↓ 3006
製油所稼働率 84.99% ↑ 0.98 ↑ 0.43 -
原油輸入 5852 ↓ 412 - -

続きを読む

Posted by 松    4/14/21 - 10:36   

2021年のインドモンスーン降雨は平均的・インド気象情報会社
  [天候]

インドの気象情報会社スカイメットは13日、2021年のモンスーン降雨が平均的になる見通しを示した。降水量予想は長期平均(LPA)の89センチメートルの103%。LPAの96-104%が通常量とされる。モンスーンの降水量が減少しやすくなるエルニーニョ現象の発生確率が低く、平均的な降雨になるとコメント。モンスーンの最後の月になる9月には平均以上の降雨予想ともした。地域別には、北部と北東部ではシーズンを通して雨不足になる可能性を示唆。カルナタカ州内部も7-8月に僅かな降雨にとどまるかもしれないという。

Posted by 直    4/14/21 - 09:02   

3月輸入物価指数は前月から1.25%上昇、輸出物価指数は2.14%上昇
  [経済指標]

輸入・輸出物価指数
出所:米労働省、NY8:30発表、2000年=100

21年3月 前月比 前年比 21年2月
輸入物価指数 129.7 ↑1.25% ↑6.92% ↑1.34%
>非燃料 120.6 ↑0.84% ↑3.79% ↑0.50%
輸出物価指数 133.7 ↑2.14% ↑9.14% ↑1.63%

続きを読む

Posted by 松    4/14/21 - 08:36   

仏軟質小麦輸出、前年から36.7%減少見通し・FranceAgriMer
  [穀物・大豆]

フランス政府機関FranceAgriMerは月次レポートで、同国の2020/21年度(7-6月)軟質小麦輸出が1330万2000トンと、前年から36.7%減少するとの見通しを示した。前月時点での1338万2000トンからやや修正。欧州連合(EU)向けを580万8000トンから562万8000トンに引き下げ、前年と比べて23.4%の減少になる。域外向けは前年比44.2%減の755万トンで、10万トン引き上げた。

軟質小麦の生産推定は2915万7000トンで、前月の2914万1000トンから僅かに修正した。前年との比較にして26.3%減少。作付が前年比14.7%減の426万2000ヘクタール、イールドは6.84トンとみており、前年の7.91トンから低下となる。期末在庫見通しは前年を11.4%下回る270万1000トン。従来の268万3000トンから小幅修正である。

FranceAgriMerは、2020/21年度(7-6月)コーン輸出予想が448万1000トンで、前月時点での439万6000トンから若干引き上げた。前年比にして7.1%の増加になる。EU向けを373万6000トンから382万1000トンに上方修正、非EU向けは54万トンで据え置いた。揃って前年との比較にすると増加の見通しである。生産推定を1227万5000トンから1243万7000トンに小幅引き上げた。前年から3.3%増加。作付が155万ヘクタールで、前年から11.4%の増加になる。前月の報告で見越していた152万3000ヘクタールも上回る。反面、イールドは前年の8.65トンから8.04トンに低下し、また前月時点での8.06トンから引き下げた。期末在庫は200万5000トンから201万5000トンンに修正した。前年から0.5%減少見通しとなる。

Posted by 直    4/14/21 - 08:16   

MBA住宅ローン申請指数は前週から3.72%低下
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

4月9日 前週比 前年比 4月2日
総合指数 667.7 ↓3.72% ↓13.36% ↓5.10%
新規購入指数 279.5 ↓1.45% ↑53.07% ↓4.61%
借り換え指数 2916.7 ↓4.96% ↓31.25% ↓5.35%

Posted by 松    4/14/21 - 07:20   

IEA、2021年の世界石油需要見通しを前月から23万バレル引き上げ
  [エネルギー]

国際エネルギー機関(IEA)は14日に発表した月報で、2021年の世界石油需要が日量9,670万バレルと、前年比で570万バレル増加するとの見通しを示した。1-3月期のデータが予想を下回ったにも関わらず、通年での需要の伸びは前月から23万バレルの上方修正。経済見通しが上向いていることや、直近の経済指標に強気の内容が多くみられることが背景にあるが、経済の回復は依然として脆弱であり、いくつかの主要な消費国でCOVID-19の感染が依然として拡大しているとも指摘した。

続きを読む

Posted by 松    4/14/21 - 06:28   

13日のOPECバスケット価格は61.87ドルと前日から0.41ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
4/13 (火) 61.87 ↑0.41
4/12 (月) 61.46 ↑0.32
4/9 (金) 61.14 ↓0.08
4/8 (木) 61.22 ↑0.54
4/7 (水) 60.68 ↓0.65

Posted by 松    4/14/21 - 05:53   

4/14(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 ( 07:00)
・3月輸入・輸出物価指数 (08:30)
・地区連銀経済報告(ベージュブック) (14:00)

エネルギー
・国際エネルギー機関(IEA)月報 (04:00)
・EIA石油在庫統計 (10:30)

Posted by 松    4/14/21 - 05:50   

2021年04月13日(火)

FX:ドル安、消費者物価指数の強い伸びにも関わらず売られる
  [場況]

ドル/円:109.06、ユーロ/ドル:1.1947、ユーロ/円:130.30 (NY17:00)

為替はドル安が進行、3月の米消費者物価指数が予想を上回る大きな伸びとなったにも関わらず、材料出尽くし感も手伝ってドルを売る動きが強まった。ドル/円は東京では買いが先行、109円台後半まで値を伸ばしての推移となった。ロンドンに入ると一転して売り圧力が強まり、109円台前半まで反落。NYに入っても軟調な流れが継続、午後遅くには109円の節目割れを意識する水準まで下げ幅を拡大した。

ユーロ/ドルは東京から売りが優勢、1.19ドルをやや割り込んだあたりまで値を切り下げた。ロンドンに入ると買いが集まり一旦は1.19ドル台を回復したものの、その後改めて売りに押されるなど、不安定な値動き。NYに入ると消費者物価指数の発表を受けて買いが加速、1.19ドル台半ばまで一気に値を回復した。中盤以降も買いの勢いは継続、ペースこそ鈍ったもののしっかりと上昇基調を維持しての推移となった。ユーロ/円は東京から買いが優勢、130円台半ばまで値を切り上げての推移となった。ロンドンでは売りに押し戻される格好となり、130円割れを試すまで反落。NY朝には129円台後半まで下げ幅を拡大する場面も見られたが、その後は一転して買い意欲が強まり130円台半ばまで一気に値を回復。中盤以降は130円台前半の水準で動意も薄くなった。

Posted by 松    4/13/21 - 17:54   

ブラジルコーヒー輸出:13日現在30.02万袋と前月を7.9%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

4月13日 4月累計 前月(3/10) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 162.181 300.214 278.229 ↑7.9% ↑46.7%
>アラビカ種 157.311 231.145 159.551 ↑44.9% ↑87.4%
>ロブスタ種 2.433 61.615 97.194 ↓36.6% ↓50.1%
>インスタント 2.437 7.454 21.484 ↓65.3% ↓44.5%

Posted by 松    4/13/21 - 17:29   

債券:上昇、30年債入札結果受けて買いに弾み付く
  [場況]

債券は上昇。30年債入札結果が好調と受け止められ、買いに弾みが付いた。また、米食品医薬品局(FDA)によるジョンソン・エンド・ジョンソン社製新型コロナウィルスワクチンの接種中止勧告を背景に景気回復が進むとの見方が後退したのもプラスに作用した。夜間取引では売りに押され、10年債利回りは上昇したが、1.70%まで上がって一服となった。通常取引ではピッチの速い買いによって低下した。午後には入札結果の発表に続いて一段と下がった。

Posted by 直    4/13/21 - 17:23   

株式:ダウ平均続落の一方、S&P500とナスダックは反発
  [場況]

ダウ工業平均:33,677.27↓68.13
S&P500:4,141.59↑13.60
NASDAQ:11,996.10↑146.10

NY株式はダウ工業平均が続落となる一方、S&P500種とナスダック総合指数は反発、S&P500種は史上最高値を更新した。朝方発表された消費者物価指数が予想を上回る伸びとなったにも関わらず、米長期金利が低下に転じたことがハイテク株を中心に買いを呼び込んだ一方、CDCがジョンソン・エンド・ジョンソン社のCOVID-19ワクチンの使用を、血栓が生じる可能性を理由に一時停止したことが弱気に作用した。ダウ平均は寄り付きから大きく売りが先行、200ポイントに迫るまで一気に値を崩した。その後は売りも一服となったものの、安値近辺で上値の重い展開が継続。午後からは一転して買い意欲が強まり、前日終値近辺まで値を戻したものの、プラス転換することなく息切れ。引けにかけては再び売りが優勢となった。

セクター別では、金鉱株が大きく値を伸ばしたほか、コンピューター関連や公益株、一般消費財、バイオテクノロジーも上昇。一方で銀行株は下落、運輸株や保険、生活必需品、工業株も値を下げた。ダウ銘柄では、アップル(AAPL)が2.43%の上昇となったほか、ボーイング(BA)やセールスフォース・ドットコム(CRM)、マイクロソフト(MSFT)も1%を超える伸びを見せた。一方でIBM(IBM)は2.53%。ナイキ(NKE)は2.27%の下落、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)やプロクター・アンド・ギャンブル(PG)、ゴールドマン・サックス(GS)も下げが目立った。

Posted by 松    4/13/21 - 17:10   

中国の3月原油輸入は前年比で20.85%増加・税関総局
  [エネルギー]

中国税関総局が14日に明らかにしたデータによると、同国の3月の原油輸入は4,965.90万トン(日量1,174.20万バレル)と、前年比で20.85%の増加となった。年初来では1億3,922.60万トン(日量1,133.92万バレル)と前年同期から9.48%増加した。石油製品の輸入は210.2万トンと、前年の207.0万トンからは1.55%増加した。年初来では13.28%の減少となる。

Posted by 松    4/13/21 - 16:56   

大豆:反発、値ごろ感から買いの展開
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1389-1/2↑7-1/2

シカゴ大豆は反発。値ごろ感から買いの展開となった。5月限は夜間取引でまず上下に振れ、1370セント台後半に下落してから、買いが進む中強含んだ。ただ、通常取引開始後に1390セント台後半まで上がって一服。引けにかけて1380セント台後半に伸び悩んだ。

Posted by 直    4/13/21 - 16:49   

コーン:反発、ブラジルの生産不安から買い集まる
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:580-0↑11-0

シカゴコーンは反発。ブラジルの生産不安から買いが集まった。夜間取引では売りが先行し、5月限は下落。しかし、一巡して買いが優勢となり、朝方にかけて反発した。通常取引に入るとピッチも速まって580セント台半ばまで上昇。その後は買いもやや細り、伸び悩んだ。

Posted by 直    4/13/21 - 16:47   

小麦:反発、米国や欧州の乾燥による影響懸念される中買い入る
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:629-3/4↑1-3/4

シカゴ小麦は反発。米国や欧州の主要生産地で乾燥による影響が懸念される中買いが入った。夜間取引で買いが先行し、5月限はじりじりと上昇。通常取引開始後に630セント台後半まで上がってからペースも落ちて、上げ幅を縮小した。

Posted by 直    4/13/21 - 16:44   

API在庫:原油は360.8万バレルの取り崩し、ガソリンは大幅増
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

4月9日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↓ 3608 ↓ 2536
>オクラホマ州クッシング ↑ 917 -
ガソリン在庫 ↑ 5565 ↑ 345
留出油在庫 ↓ 3006 ↑ 1082

続きを読む

Posted by 松    4/13/21 - 16:38   

3月中国大豆輸入、前年から81.6%増加・税関総局
  [穀物・大豆]

中国税関総局の暫定データによると、3月の大豆輸入は77万7000トンと、前年同月から81.6%増加した。2021年の輸入は最初の3ヶ月間で211万7800トンになり、前年同期を19.0%上回る。

Posted by 直    4/13/21 - 16:33   

20/21年度ブラジル大豆収穫、4月8日時点で85%終了
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、ブラジルの2020/21年度大豆収穫は4月8日時点で85%終了した。前週の78%からアップ。前年同期の89%は下回るが、過去5年平均の84%と比べるとやや改善した格好になる。中西部などでは作業がほぼ完了し、パラナ州とサンパウロ州、ミナスジェライス州でも査収段階に入ったという。南部のリオグランデ・ド・スル州の収穫は引き続き遅れているが、晴天予報が出ていることから目先作業が進むとの見方を示した。

アグルーラルは大豆生産が最終的に1億3300万トンになると見通しており、4月後半に修正の可能性を示唆した。サフリーニャコーン生産見通しについても高温乾燥が続くようなら4月後半に引き下げるかもしれないという。

Posted by 直    4/13/21 - 16:21   

天然ガス:続伸、中西部の気温低下や供給減少観測で買われる
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:2.619↑0.058

NY天然ガスは続伸。目先中西部を中心に冷え込みが続くと見られていることや、生産施設のメンテナンスによる供給の減少、LNGの輸出が好調さを維持していることなどが支えとなる中でしっかりと買いが集まった。5月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後には断続的にまとまった買いが入り、2.60ドル台半ばまで一気に上げ幅を拡大。買い一巡後もしっかりと高値圏を維持、そのまま終値ベースでは4月1日以来の高値で取引を終了した。

Posted by 松    4/13/21 - 15:08   

石油製品:小幅続伸、原油の上昇好感し投機的な買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン5月限:1.9757↑0.0057
暖房油5月限:1.8145↑0.0065

NY石油製品は小幅続伸。原油やハイテク株などの上昇を好感する形で投機的な買いが集まった。相場は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりを中心に底堅い展開となった。朝方にかけては改めて騰勢を強める格好となり、日中高値を更新。その後は買いも一服、中盤にかけてやや売りに押し戻されたものの、大きく値を崩すこともなく、プラス圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    4/13/21 - 14:59   

原油:小幅続伸、需要に対する楽観的な見方支えに買いが先行
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:60.18↑0.48

NY原油は小幅続伸。需要の先行きに対する楽観的な見方が下支えとなる中。日中を通じて堅調な展開が続いた。OPECが月報で需要見通しを引き上げたことや、ドル安の進行も強気に作用した。5月限は夜間取引から買いが先行、ロンドン時間には60ドルの大台を回復してのもみ合いが続いた。通常取引開始後には60.59ドルの高値まで上げ幅を拡大、買い一巡後も大きく売りに押し戻されることはなく。60ドル台前半の水準をしっかりと維持しての推移が続いた。

Posted by 松    4/13/21 - 14:48   

金:反発、長期金利の低下やドル安好感し買い戻し集まる
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,747.6↑14.9

NY金は反発、長期金利の低下やドル安の進行が支えとなる中でポジション整理の買い戻しが加速した。朝方発表された3月の消費者物価指数は予想を上回る伸びとなったが、市場では当面の材料出尽くしと受け止められた。6月限は夜間取引では前日までの流れを継いだ売りが先行、1,720ドル台半ばまでレンジを切り下げてのもみ合いとなった。通常取引開始後は消費者物価指数の発表を受けて買いが加速、1,750ドルの節目に迫るまで一気に値を伸ばす展開。その後は買いも一服となったものの、最後まで高値圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    4/13/21 - 14:29   

コーヒー:続伸、ブラジルレアル高の進行支えに投機的な買い集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー7月限終値:131.95↑1.95

NYコーヒーは続伸。対ドルでのブラジルレアル高の進行が支えとなる中で投機的な買いが加速、終値ベースで3月22日以来の高値を更新した。7月限は夜間の時間帯は売りが優勢、前日の上昇の反動もあり、129セントを割り込むあたりまで値を切り下げての推移となった。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、133セントに迫るまで一気に上げ幅を拡大。買い一巡後は131セント台まで値を切り下げたものの、この水準では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。引けにかけては同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    4/13/21 - 14:12   

砂糖:反発、ブラジルレアル高の進行支えに投機的な買い集まる
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:15.43↑0.08

NY砂糖は反発。対ドルでのブラジルレアル高の進行などが下支えとなる中、投機的な買いが相場を主導した。5月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、15.60セント台まで上げ幅を拡大。買い一巡後もしっかりと高値圏を維持しての推移が続いた。引けにかけてはやや売りが優勢となり、15.40セント台まで値を切り下げて取引を終了した。

Posted by 松    4/13/21 - 13:38   

30年債入札リ・オープン、応札倍率は2.47、最高利回りは2.320%
  [金融・経済]

30年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

30年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(3/11)
合計 59178.7 24000.0 2.47 2.28
競争入札分 59171.7 23993.0 2.47 2.28
顧客注文比率(外国中銀含む) 60.96% 60.55%
最高落札利回り(配分比率) 2.320% (54.85%) 2.295%

Posted by 松    4/13/21 - 13:29   

2020/21年度英小麦輸出、2月時点で前年から85%減少
  [穀物・大豆]

英国の税関データによると、2020/21年度(7-6月)小麦輸出は2月時点で14万4179トンとなり、前年同期から85%減少した。欧州連合(EU)向けが84.6%減り12万422トン。非EU向けは2月にゼロだったため、前月比横ばいの2万3757トンで、前年を86.4%下回った。

一方、2020/21年度の小麦輸入は2月まであわせて166万8763になり、前年の2.5倍に膨らんだ。EU諸国からの輸入が129万4618トンで、前年の3.8倍。非EU産輸入は前年比12.7%増の37万4145トンとなった。

Posted by 直    4/13/21 - 11:43   

2021年フランス軟質小麦作付、前年から15%増加見通し・農務省
  [穀物・大豆]

フランスの農務省によると、国内の2021年軟質小麦作付は490万2000ヘクタールの見通しになった。多雨の影響で減少した前年から15%増加。また過去平均とほぼ同水準になる。ただ、作付見通しは最近の突然の冷え込みに見舞われる前のものであるともいう。

Posted by 直    4/13/21 - 11:38   

2021年フランス砂糖ビート作付、前年から6%減少見通し・農務省
  [砂糖]

フランスの農務省によると、国内の2021年砂糖ビート作付は39万6000ヘクタールの見通しになった。前年から6%減少し、過去平均を11.8%下回る。しかも、最近の突然の冷え込みは見通しに反映されていないことを明らかにしており、寒波が作付に大きく影響する可能性も示唆した。

Posted by 直    4/13/21 - 11:37   

20/21年ブラジル中南部砂糖きび圧搾、3月後半は前年比33.18%減
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が発表した国内中南部の2020/21年度(4-3月)砂糖きび収穫報告によると、3月後半の圧搾高は499万5000トンと、前年同期から33.18%減少した。前半の43.25%に比べると小幅マイナス。2020/21年度の圧搾高は6億546万2000トンになり、前年同期を2.56%上回った。

3月後半の砂糖生産は17万4000トンで、前年とに比較にして23.43%の減少に転じた。エタノールは18.46%ダウンとなって3億7200万リットル。含水エタノールが2.39%減り、無水エタノールは95.02%落ち込んだ。2020/21年度の砂糖生産は2846万5000トン。前年との比較にして43.73%増加し、過去最高を更新した。エタノールは前年比2.56%減の303億6600万リットルとなった。

2020/21年度の砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は144.72キログラムと、前年の138.57キログラムを上回った。砂糖きびの消費比率は砂糖生産が前年の34.33%から46.07%に上昇、エタノール生産は65.67%から53.93%に低下した。

Posted by 直    4/13/21 - 11:27   

ユーロシステムの金準備高は前週から横ばい
  [メタル]

ECBが13日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は4月9日現在4,993億1,600万ユーロと、前週から横ばいとなった。

Posted by 松    4/13/21 - 09:55   

米チェーンストア売上高、10日時点で前年から13.2%上昇
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが13日に発表した週次レポートによると国内チェーンストア売上高は4月10日時点で前年同期から13.2%上昇した。

Posted by 直    4/13/21 - 09:28   

ブラジルMT州コーン生産見通し下方修正、前年から減少に・IMEA
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)は、同州の2020/21年度コーン生産見通しを3497万7327トンと、前月時点での3626万7360トンとから引き下げた。下方修正により、前年から1.33%減少する見方に転じた。作付面積は前年比4.94%増の568万7022ヘクタールで据え置き。一方、イールドを106.29袋から102.51袋に下方修正し、前年の109.02袋との比較で5.98%低下になる。

作付は完了したが、4割強が理想とされる期間の後にずれ込み、天候絡みのリスクが高いことを指摘した。また、イールドを引き下げ、この結果生産の下方修正に至ったという。

Posted by 直    4/13/21 - 09:16   

20/21年ブラジルMT州大豆生産推定据え置き・IMEA
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)は、同州の2020/21年度大豆生産推定を3573万7568トンで据え置いた。前年から0.94%増加。面積は前年比3.18%増の1030万2565ヘクタール、イールドが前年の59.09袋から57.81袋に低下見通しで、いずれも修正なし。収穫は4月9日時点で99.9%終わったという。

Posted by 直    4/13/21 - 09:16   

OPEC、世界石油需要見通しを前月から引き上げ
  [エネルギー]

OPEC月報
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位100万バレル

2021年 修正 前年比 21年2Q 21年1Q 2020年 修正 2019年
世界需要合計 96.46 ↑ 0.19 ↑6.57% 95.09 93.43 90.51 ↑ 0.12 99.98
非OPEC石油生産合計 63.83 ↑ 0.03 ↑1.49% 63.06 63.06 62.89 ↑ 0.04 65.42

続きを読む

Posted by 松    4/13/21 - 09:12   

3月消費者物価指数(CPI)は前月から0.62%上昇、予想上回る
  [経済指標]

消費者物価指数(CPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982-84年=100

前月比 21年3月 21年2月 市場予想
消費者物価指数 ↑0.62% ↑0.35% ↑0.5%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.34% ↑0.10% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    4/13/21 - 08:35   

2021年ロシア春穀物作付、12日時点で2.8%終了
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2021年春穀物の作付は4月12日時点で、82万2300ヘクタールと事前見通しの2.8%終了した。前年同期の350万ヘクタールを大きく下回る。このうち小麦が0.4%終わって4万7700ヘクタール、コーンは0.1%終了し1300ヘクタールになり、いずれも前年の55万1900ヘクタールと4万8900ヘクタールからダウン。

Posted by 直    4/13/21 - 08:19   

2021年ロシア砂糖ビート作付、12日時点で8.2%終了
  [砂糖]

ロシア農務省によると、2021年砂糖ビートの作付は4月12日時点で、8万6800ヘクタールと事前見通しの8.2%終了した。農務省は作付が106万2000ヘクタールになるとみている。前年比にして約15%の増加。

Posted by 直    4/13/21 - 08:18   

12日のOPECバスケット価格は61.46ドルと前週末から0.32ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
4/12 (月) 61.46 ↑0.32
4/9 (金) 61.14 ↓0.08
4/8 (木) 61.22 ↑0.54
4/7 (水) 60.68 ↓0.65
4/6 (火) 61.33 ↓0.37

Posted by 松    4/13/21 - 07:42   

4/13(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・3月消費者物価指数(CPI) (08:30)
・30年債入札 (Re-Opening) (13:00)

エネルギー
・ラマダーン開始
・石油輸出国機構(OPEC)月報
・API石油在庫統計 (16:30)

Posted by 松    4/13/21 - 02:48   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ