ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



8月

2022


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2022年08月05日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から2.65%下落
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
8/1〜 8/5 3.3764 ↓ 2.65% ↓ 2.57% 2.8635 ↓ 2.69% ↓ 5.55%
7/25〜 7/29 3.4682 ↓ 1.47% ↑ 1.17% 2.9426 ↑ 0.28% ↓ 0.84%
7/18〜 7/22 3.5198 ↑ 0.71% ↑ 3.56% 2.9344 ↑ 0.15% ↑ 0.78%
7/11〜 7/15 3.4951 ↑ 2.84% ↑ 3.26% 2.9300 ↑ 0.99% ↓ 1.07%

Posted by 松    8/5/22 - 17:45   

債券:反落、強い雇用統計で景気不安和らぎ売り優勢
  [場況]

債券は反落。朝方発表された7月の非農業部門雇用数や賃金の伸び率が予想以上、失業率は予想を下回る強い内容だったことで、景気不安が和らぎ、売りが優勢となった。夜間取引では様子見の空気が強く、10年債利回りは前日の水準近辺でもみ合い。しかし、通常取引で雇用統計の発表後に売りが殺到し、一気に2.8%台に上がった。2.86%と2週間ぶりの高水準を付け、午後はやや売りもスローダウンした。

Posted by 直    8/5/22 - 17:25   

FX:ドル高、雇用統計の強気サプライズ受けて大きく買い集まる
  [場況]

ドル/円:134.95、ユーロ/ドル:1.0183、ユーロ/円:137.42 (NY17:00)

為替はドル高が進行。7月の雇用統計が強気のサプライズとなり、FRBの大幅利上げ観測が改めて高まる中、米長期金利の上昇につれてドルに買いが集まった。ドル/円は東京では朝方にやや売りが出たものの、その後は買いが優勢、133円をやや上回ったあたりでのもみ合いが続いた。ロンドンに入っても新たな動きは見られず、同水準での推移が継続。NYでは雇用統計の発表を受けて買い一色の状態となり、135円まで一気に値を切り上げた。昼前に135円台半ばまで上げ幅を拡大したところで、ようやく買いも一服、その後はやや上値が重くなり、135円の節目近辺での値動きとなった。

ユーと/ドルは東京から売りが優勢、1.02ドル台前半までレンジを切り下げてのもみ合いとなった。ロンドンに入っても新たな動きは見られず、NYに入ると雇用統計を受けて売りが加速、1.01ドル台半ばまで一気に値を崩した。売り一巡後は1.01ドル台後半まで値を回復、午後からは動意も薄くなった。ユーロ/円は東京では136円台前半から半ばにかけてのレンジ内での推移、ロンドンに入ると売りが優勢となり136円割れを試すまで値を下げる場面も見られた。NYに入ると雇用統計を受けて買い意欲が強まり、137円台半ばまで一気に値を切り上げる展開。中盤以降は値動きも落ち着き、同水準での推移が続いた。

Posted by 松    8/5/22 - 17:17   

ブラジルコーヒー輸出:5日現在14.33万袋と前月を9.9%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

8月5日 8月累計 前月(7/7) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 30.692 143.265 159.016 ↓9.9% ↓49.1%
>アラビカ種 25.547 133.112 134.157 ↓0.8% ↓44.3%
>ロブスタ種 0.866 0.866 3.913 ↓77.9% ↓99.6%
>インスタント 4.279 9.287 20.946 ↓55.7% ↓96.1%

Posted by 松    8/5/22 - 16:58   

大豆:反落、週末控え米中西部の天候にらみ売り台頭
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1408-3/4↓9-0

シカゴ大豆は反落。週末を控え、米中西部の天候をにらみ売りが台頭した。ドル高も重石となった。11月限は夜間取引で1420セント台後半まで上昇したが、買いが一巡すると値を消した。前日終値を割り込み、そのまま下落。朝方にいったん持ち直しても、すぐに売りが膨らみマイナス圏に戻し、通常取引開始後に1390セント台前半まで下がった。日中はペースこそ鈍りながら、最後まで売りの展開となった。

Posted by 直    8/5/22 - 16:51   

コーン:続伸、コーンベルトの一角の高温乾燥予報が下支え
  [場況]

CBOTコーン9月限終値:610-1/4↑8-0

シカゴコーンは続伸。大豆や小麦の下落につれて売りの場面があったが、コーンベルトの一角の高温乾燥予報が下支えになった。夜間取引で買いが先行し、9月限は上昇。600セント台後半でいったんブレーキがかかり、さらに売りが進んで下落に転じた。しかし、通常取引で買いの流れを再開して反発。一気に610セントを超える上昇となった。日中もしっかりと推移した。

Posted by 直    8/5/22 - 16:47   

小麦:反落、ウクライナ輸出再開やテクニカル要因から売り
  [場況]

CBOT小麦9月限終値:775-3/4↓6-3/4

シカゴ小麦は反落。ウクライナの輸出再開やテクニカル要因から売りが出た。夜間取引が始まり9月限は早々に790セント台後半まで上昇して、上値が重くなった。早朝には売りに押されて反落。通常取引開始後に770セントを割り込んでブレーキがかかっても、前日の終値水準に持ち直すと改めて売りが台頭。しばらく上下に振れてから、下げが進んだ。

Posted by 直    8/5/22 - 16:44   

株式:ダウ平均が反発の一方、S&P500とナスダックは下落
  [場況]

ダウ工業平均:32,803.47↑76.65
S&P500:4,145.19↓6.75
NASDAQ:12,657.55↓63.03

NY株式はダウ工業平均が反発する一方、S&P500種とナスダック総合指数は下落。朝方発表された7月の雇用統計が強気のサプライズとなり、FRBの大幅利上げ観測が改めて強まる中、長期金利の上昇を嫌気する形でハイテク銘柄中心に売りが先行したものの、押し目ではしっかりと買いが集まった。ダウ平均は寄り付きでは売りが先行、早々に200ポイント以上値を切り下げた。その後は一転して買い意欲が強まり、小幅ながらもプラス圏を回復。昼にかけては再び売りに押し戻されたものの、朝方につけた安値を試すには至らなかった。午後からは改めて騰勢を強める格好となり、再びプラス転換。その後は前日終値を中心としたレンジ内で方向感なくもみ合う展開、最後は買いが集まり日中高値を更新する形で取引を終了した。

セクター別では、エネルギー関連や銀行株がしっかりと上昇したほか、保険や運輸株、バイオテクノロジーも買いが集まった。一方で一般消費財には売りが先行、通信や半導体、コンピューター関連、薬品株も軟調に推移した。ダウ銘柄では、JPモルガン・チェース(JPM)が3.03%の上昇となったほか、シェブロン(CVX)はやベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)、ビサ(V)も1%を超える上昇となった。一方でウォルト・ディズニー(DIS)は1.41%の下落、ボーイング(BA)やシスコ・システムズ(CSCO)、インテル(INTC)も下げが目立った。

Posted by 松    8/5/22 - 16:39   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

8月2日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 309178 △ 993
NEMEX-RBOBガソリン △ 50870 △ 5445
NYMEX-暖房油 △ 21858 △ 3251
NYMEX-天然ガス ▼ 125689 ▼ 6882
COMEX-金 △ 128287 △ 36864
_
CBOT-小麦 ▼ 10541 ▼ 2183
CBOT-コーン △ 164074 △ 14237
CBOT-大豆 △ 90061 △ 10371
ICE US-粗糖 ▼ 3775 ▼ 31839
ICE US-コーヒー △ 24590 ▼ 1276
_
IMM-日本円 ▼ 39880 △ 18466
IMM-ユーロFX ▼ 37541 △ 4333
CBOT-DJIA (x5) ▼ 18417 △ 2771
CME-S&P 500 ▼ 194685 △ 19510

Posted by 松    8/5/22 - 15:34   

6月消費者信用残高は前月から401.5億ドル増加、予想大きく上回る
  [経済指標]

消費者信用残高
出所:連邦準備制度理事会(FRB)、NY15:00発表、季節調整値、単位10億ドル、年率換算

22年6月 前月比 (年率) 22年5月 市場予想
消費者信用残高 4627.44 ↑40.15 ↑10.5% ↑23.79 ↑24.70
>回転(Revolving) 1125.75 ↑14.80 ↑16.0% ↑7.16
>非回転(Nonrevolving) 3501.68 ↑25.36 ↑8.8% ↑16.63

続きを読む

Posted by 松    8/5/22 - 15:07   

天然ガス:小幅続落、週末を前にポジション整理の売り買い交錯
  [場況]

NYMEX天然ガス9月限終値:8.064↓0.058

NY天然ガスは小幅続落。週末を前にポジション整理の動きが強まる中で日中を通じて売り買いが交錯、上下に不安定に振れる展開が続いた。9月限は夜間取引から売りが先行、朝方にかけては8ドルの節目を大きく割り込むまで値を切り下げる展開となった。通常取引開始後は一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。一時8.20ドル台まで値を切り上げる場面も見られた。中盤にかけては買いも一服となったものの、しばらくは高値近辺の水準を維持しての推移。午後からは改めて売りに押される格好となり、マイナス転落して取引を終了した。

Posted by 松    8/5/22 - 15:05   

石油製品:ガソリンが反発となる一方、暖房油は大幅続落
  [場況]

RBOBガソリン9月限:2.8556↑0.0621
暖房油9月限:3.2159↓0.1213

NY石油製品はガソリンが反発となる一方、暖房油は大幅続落。相場は夜間取引では暖房油が主導する形で売りが優勢、朝方にかけて軟調な展開が続いた。通常取引開始後は原油の上昇につれて買いが集まり、ガソリンはプラス展開したものの、暖房油は前日終値手前で息切れ。午後からはガソリンがプラス圏を維持しての推移となった一方、暖房油には改めて売りが膨らむ展開となった。

Posted by 松    8/5/22 - 15:01   

原油:小幅反発、強気の雇用統計で需要減少懸念が後退
  [場況]

NYMEX原油9月限終値:89.01↑0.47

NY原油は小幅反発。朝方発表された7月の米雇用統計が強気のサプライズとなり、景気の減速に伴う需要の落ち込みに対する懸念が後退する中、週末を前にしたポジション整理の買い戻しが相場を主導した。9月限は夜間取引では前日終値近辺のもみ合い、早朝にかけては徐々に上値が重くなり、88ドルを割り込んでの推移となった。雇用統計発表後はドル高の進行を嫌気する形で一旦は87ドルまで値を下げたものの、その後は一転して買い意欲が強まり、90ドルの節目を回復した。中盤以降は再び売りに押される展開となり、午後にはマイナス転落する場面も見られたが、最後はプラス圏に戻して取引を終了した。

Posted by 松    8/5/22 - 14:51   

金:反落、強気の雇用統計受けた金利上昇やドル高を嫌気
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,791.2↓15.7

NY金は反落、朝方発表された7月の雇用統計が強気のサプライズとなり、FRBの大幅利上げ観測が改めて強まる中、米長期金利の上昇やドル高の進行を嫌気する形で投機的な売りが膨らんだ。12月限は夜間取引から売りが優勢、1,800ドルの節目近辺まで値を下げての推移となった。通常取引開始後は雇用統計の発表を受けて売り一色の状況となり、1,780ドルまで急反落。売り一巡後は買い戻しが集まり1,790ドル台半ばまで値を戻したものの、それ以上の動きは見られず。中盤以降は再び上値が重くなり、1,790ドルを挟んだレンジ内でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    8/5/22 - 14:11   

コーヒー:大幅反落、週末を控えポジション整理の売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー9月限終値:209.45↓9.85

NYコーヒーは大幅反落。前日までの上昇で短期的な買われ過ぎ感が高まる中、週末を前にしたポジション整理の売りが相場を主導した。9月限は夜間の取引開始後しばらくは買いが先行したものの、その後は一転して大きく売りに押される展開、NYに入ると210セントまで一気に値を切り下げた。売り一巡後はやや値を回復する格好となったものの、流れを強気に変えるには至らず。中盤以降は改めて売りが加速、210セントを割り込むまで下げ幅を拡大した。昼前には下げ止まりとなったが、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    8/5/22 - 13:46   

砂糖:反発、原油高の進行につれしっかりと買い集まる
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:17.94↑0.39

NY砂糖は反発。原油高の進行などが下支えとなる中、日中を通じて投機的な買いがしっかりと相場を押し上げる格好となり、終値ベースで7月21日以来の高値をつけた。10月限は夜間の時間帯から買いが先行、17セント台後半まで値を切り上げての推移となった。早朝にかけては徐々に売りが優勢となり、NYに入ると17.50セント台まで値を切り下げたものの、プラス圏は維持して下げ止まり。中盤以降は一転して買い一色の展開となり、最後は18セントの節目に迫るまで大きく値を伸ばした。

Posted by 松    8/5/22 - 13:31   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は764基と前週から3基減少
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

8月5日 前週比 前年比 (%)
米国合計 764 ↓ 3 ↑ 273 ↑55.60%
>陸上油田 746 →0 ↑ 270 ↑56.72%
>メキシコ湾 14 ↓ 1 →0 →0.00%
カナダ 203 ↓ 1 ↑ 47 ↑30.13%
北米合計 967 ↓ 4 ↑ 320 ↑49.46%

続きを読む

Posted by 松    8/5/22 - 13:07   

22/23年度ロシア穀物輸出見通し下方修正の可能性・農務省
  [穀物・大豆]

ロシアの農務省は5日、2022/23年度(7-6月)穀物輸出見通しを現時点での5000万トンから引き下げる可能性を示唆した。生産が1億3000万トンの目標を下回る可能性が背景にあるという。パトルシェフ農相は、寒波で収穫の開始が遅れ、さらに降雨や外国産農機の部品不足のため、作業ペースが前年に比べてスローなことを指摘。生産が目標に届かないようなら、国内需要を満たすのに問題はないが、輸出の下方修正が余儀なくされるという。

Posted by 直    8/5/22 - 10:09   

22/23年ウクライナ穀物輸出、5日時点で前年48.6%下回る・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、同国の2022/23年度(7-6月)穀物輸出は5日時点で123万トンと、前年同期を48.6%下回った。コーンが125万トン、小麦は44万4000トンで、いずれも前年からダウン。

2月のロシアのウクライナ侵攻以降、港の閉鎖によってウクライナの輸出は停滞している。ただ、ウクライナとロシアは先月下旬にウクライナ穀物輸出再開に合意。1日にウクライナ産穀物を載せた貨物船がオデーサ港を出港し、海上輸送再開となった。荷積み目的でウクライナの港に貨物船が向かっているとの報道もある。

Posted by 直    8/5/22 - 09:13   

中国向けと仕向け先不明で大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は5日、民間業者から中国向けと仕向け先不明でそれぞれ13万2000トンの2022/23年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    8/5/22 - 09:05   

7月非農業雇用数は前月から52.8万人増加、予想大きく上回る
  [経済指標]

非農業雇用数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000人

22年7月 前月比 22年6月 市場予想
非農業雇用数 152536 ↑528 ↑398 ↑250
民間雇用数 130254 ↑471 ↑404 ↑200
週平均労働時間 34.6 →0.0 34.6 34.5
時間あたり賃金 $32.27 ↑0.47% ↑0.44% ↑0.3%

続きを読む

Posted by 松    8/5/22 - 08:47   

7月失業率は3.46%に低下、予想も下回る
  [経済指標]

失業率
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000人

22年7月 前月比 22年6月 市場予想
失業率 3.46% ↓0.15 3.60% 3.6%
労働力人口 163960 ↓63 164023
>就業者 158290 ↑179 158111

続きを読む

Posted by 松    8/5/22 - 08:35   

2022年ウクライナ穀物収穫、4日時点で40%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2022年穀物収穫は4日時点で480万ヘクタールから1750万トンとなり、作付されたうちの40%終了した。小麦収穫が350万ヘクタールから1260万トン、3.6トンのイールドになったという。

Posted by 直    8/5/22 - 08:25   

7月のコロンビアコーヒー生産、前年から22%減少
  [コーヒー]

コロンビアコーヒー生産者連合会(Fedecafe)によると、7月のコーヒー生産は94万4000袋と前年同月から22%減少した。10月に始まった2021/22年度の生産は7月まであわせて989万9000袋になり、前年同期を12%下回った。7月の輸出は102万袋で、前年比14%減少。2021/22年度は7月時点で1017万7000袋、4%の減少となった。

Posted by 直    8/5/22 - 08:07   

22/23年アルゼンチン小麦作付、3日時点で99.6%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、同国の2022/23年度小麦作付は3日時点で事前見通しの610万ヘクタールの99.6%終了した。前週比にして0.8ポイントのプラスとなった。前年同期にはすでに終わっていた。前週の南部や中部の降雨で土壌水分はわずかに改善したという。

Posted by 直    8/5/22 - 08:04   

21/22年アルゼンチンコーン収穫、3日時点で81.4%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所の週次クロップレポートによると、2021/22年度コーン収穫は3日時点で81.4%終了した。前週から7.1ポイントアップで、主に中部や北部で作業が進んだという。前年同期の89.2%は下回る。イールドは7トン。生産見通しは4900万トンを維持した。

Posted by 直    8/5/22 - 08:03   

4日のOPECバスケット価格は101.19ドルと前日から2.98ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
8/4 (木) 101.19 ↓2.98
8/3 (水) 104.17 ↓0.69
8/2 (火) 104.86 ↓1.94
8/1 (月) 106.80 ↓4.04
7/29 (金) 110.84 ↑0.05

Posted by 松    8/5/22 - 05:58   

8/5(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・7月失業率 (08:30)
・7月非農業雇用数 (08:30)
・6月消費者信用残高 (15:00)

エネルギー

・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

Posted by 松    8/5/22 - 05:55   

2022年08月04日(木)

債券:続伸、英大幅利上げ背景に世界景気の先行き不安から買い
  [場況]

債券は続伸。英イングランド銀行の大幅利上げを背景に、世界景気の先行き不安から買いが集まった。夜間取引で売りが台頭し、10年債利回りは上昇となったが、通常取引で買いに転じて低下。日中も買いの流れを維持し、2.6%台半ばまで下がった。

Posted by 直    8/4/22 - 17:20   

FX:ドル安、米長期金利の低下につれてドル売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:132.89、ユーロ/ドル:1.0245、ユーロ/円:136.10 (NY17:00)

為替はドル安が進行。米雇用統計の発表を翌日に控える中、米長期金利が低下に転じるのにつれてドルに売りが膨らんだ。ドル/円は東京では133円台後半を中心に、やや上値の重い展開。午後からは買い意欲が強まり、ロンドンでは134円台前半までレンジを切り上げての推移となった。NY早朝からは再び売りに押される展開となり、133円台前半まで反落。中盤以降も売りの勢いは衰えず、午後には133円を割り込むまで下げ幅を拡大した。

ユーロ/ドルは東京では1.01ドル台半ばから後半のレンジ内でのもみ合い、ロンドンでは1.01ドル台後半から1.02ドルに迫るまで値を切り上げた。NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、午後遅くには1.02ドル台半ばまで値を伸ばした。ユーロ/円は東京では136円近辺でのもみ合い、午後からは買い意欲が強まり、ロンドンでは136円台後半まで値を切り上げた。NY朝からは一転して売りに押される格好となったものの、135円台後半でしっかりと下げ止まり。中盤から午後にかけては136円台をやや上回ったあたりまで値を戻してのもみ合いが続いた。

Posted by 松    8/4/22 - 17:16   

ブラジルコーヒー輸出:4日現在11.26万袋と前月を8.7%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

8月4日 8月累計 前月(7/6) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 66.171 112.573 103.578 ↑8.7% ↓38.2%
>アラビカ種 64.050 107.565 87.896 ↑22.4% ↓30.0%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 2.121 5.008 15.682 ↓68.1% ↓96.7%

Posted by 松    8/4/22 - 16:47   

株式:ダウ平均とS&P500が反落の一方、ナスダック総合指数は続伸
  [場況]

ダウ工業平均:32,726.82↓85.68
S&P500:4,151.94↓3.23
NASDAQ:12,720.58↑52.42

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が反落となった一方、ナスダック総合指数は続伸。7月の雇用統計の発表を翌日に控え、様子見気分が強まる中、日中を通じて狭い値幅内で方向感なくもみ合う展開となった。将来的な景気減速に対する懸念が重石となる一方、米長期金利の低下を好感しハイテク銘柄には買いが集まった。ダウ平均は寄り付きから売りが先行、直後に買い戻しが集まり小幅ながらプラス転換する場面も見られたが、すぐに売りに押し戻され、100ポイント台半ばまで下げ幅を拡大した。その後は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いが入るとこともなく、ややマイナス圏に入ったあたりでの上下が継続。午後に入っても新たな動きも見られず、そのまま取引を終了した。

セクター別では、金鉱株やバイオテクノロジーが大きく上昇、半導体や一般消費財にも買いが集まった。一方でエネルギー関連は大幅に下落、銀行株や生活必需品、保険や薬品株も軟調に推移した。ダウ銘柄では、スリーエム(MMM)が3.24%の上昇、ビサ(V)が2.39%の上昇。アメリカン・エクスプレス(AXP)やセールスフォース・ドットコム(CRM)にも買いがが集まったが、1%以下の上げ幅にとどまった。一方でウォルマート(WMT)は3.78%の下落、シェブロン(CVX)は2.73%の下落、ベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)にも売りが膨らんだ。

Posted by 松    8/4/22 - 16:47   

大豆:大幅反発、米中西部一部で再び高温乾燥予報出て買い進む
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1417-3/4↑48-0

シカゴ大豆は大幅反発。米中西部の一角で再び高温乾燥予報が出ているのを手掛かりに買いが進んだ。夜間取引で売りが台頭し、11月限は下落となったが、1360セントを割り込むと早々にペースが鈍った。朝方には買いが進んで前日終値を超え、通常取引に入るとほぼ一本調子で上昇。取引終盤に1420セント台前半まで値を伸ばした。

Posted by 直    8/4/22 - 16:34   

コーン:上昇、コーンベルトの一角に高温乾燥戻るとの予報が支援
  [場況]

CBOTコーン9月限終値:602-1/4↑10-3/4

シカゴコーンは上昇。コーンベルトの一角に高温乾燥が戻るとの予報が買いを支援した。夜間取引では売りが先行し、9月限は下落となったが、通常取引に買いが進み反発。600セントを超えて、一段と上がった。

Posted by 直    8/4/22 - 16:32   

小麦:反発、値ごろ感から買い入り他市場の上昇も寄与
  [場況]

CBOT小麦9月限終値:782-1/2↑18-3/4

シカゴ小麦は反発。値ごろ感から買いが入り、他市場の上昇も寄与した。9月限は夜間取引で反発となりながら、早朝に断続的に売りも出て、前日終値を挟み上下に振れる展開にシフトした。通常取引でもまずもみ合いを続けてから、買いに弾みが付いて強含み。日中に790セント近くまで上がった。

Posted by 直    8/4/22 - 16:29   

天然ガス:反落、弱気の在庫統計受けポジション整理売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス9月限終値:8.122↓0.144

NY天然ガスは反落。在庫統計が予想を上回る積み増しとなったことが嫌気される中、前日の反動もあってポジション整理の売りが相場を主導した。9月限は夜間取引では前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開、ロンドン時間に入ると買い意欲が強まり、早朝には8.40ドル台を回復する場面も見られた。朝方からは一転して売り一色の展開、通常取引開始後も下落の勢いは衰えず、在庫統計発表後には7.80ドル台前半まで一気に値を崩した。その後は売りも一巡となり、昼前には8.10ドル台まで値を回復。引けにかけては値動きも落ち着き、同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    8/4/22 - 14:49   

石油製品:大幅安、需要減少に対する懸念重石となる中で売り加速
  [場況]

RBOBガソリン9月限:2.7935↓0.1187
暖房油9月限:3.3372↓0.0776

NY石油製品は大幅安。景気減速に伴う需要の落ち込みに対する懸念が重石となる中、原油の下落につれて投機的な売りが膨らんだ。相場は夜間取引では前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開、朝方からは一転して売り圧力が強まった。通常取引開始後は一段と下げ足を速める格好となり、昼にかけて一気に下げ幅を拡大。午後には売りも一服となったが、反発は小幅なものにとどまった。

Posted by 松    8/4/22 - 14:48   

原油:続落、景気悪化に伴う需要減少懸念重石となる中で売り膨らむ
  [場況]

NYMEX原油9月限終値:88.54↓2.12

NY原油は続落。将来的な景気の悪化に伴う需要の減少に対する懸念が大きな重石となる中で投機的な売りが加速、期近終値ベースで2月2日以来の安値を更新した。9月限は夜間取引では前日終値近辺で方向感なくもみ合う展開、早朝には91ドル台後半まで値を切り上げる場面も見られた。通常取引開始後は一転して売り一色の展開となり、昼過ぎには一時88ドルを割り込むまでに下げ幅を拡大。引けにかけては買い戻しが優勢となったが、反発は限定的なものにとどまった。

Posted by 松    8/4/22 - 14:48   

金:反発、米長期金利の低下やドル安好感し買いが加速
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,806.9↑30.5

NY金は反発。米長期金利の低下やドル安の進行を好感する形で投機的な買いが加速、終値ベースで7月1日以来の高値をつけた。12月限は夜間取引からしっかりと買いが先行、朝方には1,800ドルの節目を回復するまでに値を伸ばした。通常取引開始後には一旦売りに押し戻されたものの、1,790ドルあたりで下げ止まり。株式市場が開くと改めて買いが加速、昼過ぎには1,808ドルまで上げ幅を拡大した。引けにかけては買いも一服となったが、最後まで高値圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    8/4/22 - 13:45   

コーヒー:続伸、ブラジルレアル高の進行支えに投機的な買い集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー9月限終値:219.30↑4.65

NYコーヒーは続伸。ブラジルレアル高の進行が大きな下支えとなる中、投機的な買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。消費国の在庫の逼迫が進んでいることも、引き続き強気に作用した。9月限は夜間の時間帯から買いが先行、朝方には219セント台まで値を切り上げた。NYに入ると一旦は大きく売りに押し戻され、小幅ながらマイナス転落する場面も見られたものの、この水準では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。中盤にかけて220セント台まで一気に上げ幅を拡大した。その後は買いも一服となったが、最後まで高値圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    8/4/22 - 13:23   

砂糖:反落、原油安の進行重石となる中で売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:17.55↓0.22

NY砂糖は反落。原油安の進行が大きな重石となる中、日中を通じて投機的な売りに押される軟調な展開が続いた。10月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。朝方には買いが集まりプラス転換する場面も見られたものの、NYに入ると改めて売りに押し戻される展開となり、中盤には17.50セント台まで下げ幅を拡大。昼にかけてはやや値を回復する格好となったが、最後は日中安値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    8/4/22 - 13:16   

四半期ごとの入札予定総額、50億ドル引き下げ・米財務省
  [金融・経済]

米財務省は、四半期ごとの入札予定総額を980億ドルと、5月の1030億ドルから50億ドル引き下げた。3年債を450億ドルから420億ドル、10年債は360億ドルから350億ドル、30年債は220億ドルから210億ドルにそれぞれ削減。3年債は9日、10年債が10日、30年債が10日に実施される。

財務省はまた、直近の財政見通しに基づいて入札規模を一段と削減することを決めた。8-10月の3ヶ月間に2年債と3年債、5年債、7年債を月10億ドルずつ減らす計画という。10年債と30年債に関しても、8月の新規発行と9月の銘柄統合入札(リ・オープン)で10億ドルずつ引き下げる。20年債も8月の新規発行分と6月のリ・オープンでの発行額を20億ドルずつ縮小の計画。2年変動金利債(FRN)は8-9月のリ・オープンと10月の新規発行分いずれも据え置きを決めた。

Posted by 直    8/4/22 - 11:14   

天然ガス在庫は410億立方フィートの積み増し、予想上回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 7月29日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 2457 ↑ 41 ↑ 29 ↓9.47% ↓11.57%

続きを読む

Posted by 松    8/4/22 - 10:31   

6月の米国金輸入は前月から24.62%減少、商務省
  [メタル]

米商務省が4日に発表した貿易収支によると、6月の金輸入は2,724.216キログラムと、前月の3,613.935キログラムから24.62%減少した。前年同月の9,984.313キログラムからは、72.72%の減少となる。年初来の累計では27,717.639キログラムと、前年同期の41,475.053キログラムを33.17%下回っている。

Posted by 松    8/4/22 - 10:28   

6月の米コーヒー輸入、前月から22.3%増加
  [コーヒー]

米商務省が4日に発表した6月の貿易収支によると、コーヒー輸入は10万2636トン (約171万袋)となった。前月の8万3943トン (約140万袋)から22.3%増加した。

Posted by 直    8/4/22 - 10:06   

6月の米大豆輸出、前月から6.1%減少
  [穀物・大豆]

米商務省が4日に発表した6月の貿易収支によると、大豆輸出は227万1140トンと前月から6.1%減少した。大豆油が3万3325トン、大豆ミールは85万7614トンで、いずれも前月比1.4%減少となった。

Posted by 直    8/4/22 - 10:06   

6月の米コーン輸出前月から23.6%減少、小麦は17.1%増加
  [穀物・大豆]

米商務省が4日に発表した6月の貿易収支によると、コーン輸出は549万2988トンと前月から23.6%減少した。一方、小麦は159万3053トンになり、17.1%増加した。

Posted by 直    8/4/22 - 10:05   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から42億ドル増加
  [メタル]

ロシア中銀が4日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は7月29日時点で5,712億ドルと、前週から42億ドル増加した。昨年末時点の6,306億ドルからは、594億ドルの減少となる。

Posted by 松    8/4/22 - 09:25   

輸出成約高:小麦、コーン、大豆共に前週から減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

7/28/22 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 249.9 0.0 249.9 ↓39.3% 200.0 〜550.0
コーン 57.9 256.7 314.6 ↓8.5% 100.0 〜700.0
大豆 ▲11.0 410.6 399.6 ↓42.1% 100.0 〜900.0
大豆ミール 186.6 48.8 235.4 ↑384.4% 25.0 〜350.0
大豆油 1.3 0.0 1.3 ↓75.0% 0.0 〜30.0

Posted by 松    8/4/22 - 09:12   

7月米企業解雇予定数は前月から20.63%減少、チャレンジャー
  [経済指標]

米企業解雇予定数
出所:チャレンジャー・グレイ・アンド クリスマス社

22年7月 前月比 前年比 22年6月
解雇予定数 25810 ↓20.63% ↑ 36.26% ↑ 57.00%
2022年度累計 159021 - ↓31.34% -

続きを読む

Posted by 松    8/4/22 - 08:51   

6月貿易収支は796.1億ドルの赤字と前月から縮小、予想も下回る
  [経済指標]

貿易収支
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

22年6月 前月比 22年5月 市場予想 年初来 2021年同期
貿易収支 (モノ+サービス) ▲79614 ↓6.23% ▲84906 ▲81700 ▲534976 ▲400906
>モノ(Goods) ▲99483 ↓4.74% ▲104431 ▲653976 ▲532698
>サービス 19868 ↑1.76% 19525 119000 131791
輸出 (モノ+サービス) 260799 ↑1.67% 256523 1474813 1228577
輸入 (モノ+サービス) 340413 ↓0.30% 341429 2009789 1629484

続きを読む

Posted by 松    8/4/22 - 08:38   

失業保険新規申請件数は26.0万件に増加、市場予想と一致
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

7月30日 前週比 7月23日 市場予想
新規申請件数 260.00 ↑ 6.00 254.00 260.00
4週平均 254.75 ↑ 6.00 248.75 -
継続受給件数 1416.00 NA

続きを読む

Posted by 松    8/4/22 - 08:31   

インド、砂糖きび適正価格3年連続引き上げ
  [砂糖]

インドの内閣経済諮問委員会(CCEA)は3日、製糖所が2022/23年度(10-9月)農家に支払う砂糖きびの基準となる適正価格(FRP)を100キログラムあたり305ルピーと、従来の290ルピーから15ルピー、5.2%引き上げた。砂糖きび農家支援に向け、これで3年連続の値上げになる。しかも、引き上げ幅はこれまでで最大。一方、インド製糖所協会(ISMA)は政府に宛てた同日付の書簡で、砂糖きびの価格上昇に伴うコスト増加を相殺するために砂糖の最低支持価格(MSP)の引き上げを要請したと報じられている。MSPは2019年2月以降据え置かれたままであるという。

Posted by 直    8/4/22 - 08:29   

3日のOPECバスケット価格は104.17ドルと前日から0.69ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
8/3 (水) 104.17 ↓0.69
8/2 (火) 104.86 ↓1.94
8/1 (月) 106.80 ↓4.04
7/29 (金) 110.84 ↑0.05
7/28 (木) 110.79 ↑2.74

Posted by 松    8/4/22 - 05:45   

8/4(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・7月米企業解雇予定数 (07:30)
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・6月貿易収支 (08:30)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物

・USDA輸出成約高 (08:30)

Posted by 松    8/4/22 - 05:43   

2022年08月03日(水)

債券:反発、米景気高官の発言背景に景気懸念高まり買い集まる
  [場況]

債券は反発。米連銀高官の発言を背景に積極的な利上げによる景気への影響懸念が高まり、買いが集まった。夜間取引でまず買いが集まってから、売りの展開にシフトし、10年債利回りは上昇となった。通常取引では、米供給管理協会(ISM)非製造業指数が予想外の上昇となったのも重石となってさらに売りが進んだが、2.8%台半ばまで上がってブレーキがかかり戻していた。午後には前日の水準を下回ってさらに低下が進んだ。

Posted by 直    8/3/22 - 17:24   

FX:円安、米株の上昇受けてリスク志向強まる中で売り膨らむ
  [場況]

ドル/円:133.83、ユーロ/ドル:1.0165、ユーロ/円:136.02 (NY17:00)

為替は円安が進行。米株が大きく上昇し投資家のリスク志向が一段と高まる中、安全資産としての円に対する売りが膨らんだ。ドル/円は東京朝に133円台後半で買い進まれた後132円台前半まで反落するなど、不安定に上下に振れる展開。午後には133円台を回復、ロンドンでは133円台前半でのもみ合いが続いた。NYに入るとISMサービス指数が強気のサプライズとなったのに反応する形で買いが加速、134円台半ばまで一気に値を切り上げる展開。その後は売りに押し戻される格好となり、午後遅くには134円をやや割り込むまで値を下げた。

ユーロ/ドルは東京から買いが先行、1.01ドル台後半まで値を切り上げての推移となった。午後には売りに押し戻される格好となったものの、 ロンドンに入ると再び買いが先行、NY早朝には1.02ドル台を回復するまでに値を伸ばした。その後は一転して売り圧力が強まり、中盤には1.01ドル台前半まで反落。昼には1.01ドル台半ばまで値を回復、動意も薄くなった。ユーロ/円は東京午前には136円まで買い進まれる場面も見られたものの、その後は売りに押され134円まで反落と、値動きの不安定な展開。午後からは再び買いが優勢となりロンドンでは135円台後半まで値を回復した。NYに入ると136円台前半まで上げ幅を拡大、中盤以降は買いも一服となったが、高値圏を維持しての推移が続いた。

Posted by 松    8/3/22 - 17:18   

大豆:続落、米中西部の降雨予報や原油安で売り圧力強まる
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:1369-3/4↓16-3/4

シカゴ大豆は続落。米中西部の降雨予報や原油安で売り圧力が強まった。夜間取引でまず売りが膨らみ、11月限は1370セント台半ばに下落して一服。急速に持ち直し、そのまま買いが進んで1400セント台後半まで上昇した。しかし早朝には買いも息切れとなって値を消した。通常取引では売りに弾みが付いて一気に弱含む展開。1350セント台後半まで下げた。

Posted by 直    8/3/22 - 16:48   

コーン:小幅高、米中西部の天候にらみ上下に振れる展開
  [場況]

CBOTコーン9月限終値:591-1/2↑0-1/4

シカゴコーンは小幅高。米中西部の天候をにらみ、上下に振れる展開となった。夜間取引で売りが台頭してから、早々に買いが優勢となり、9月限は下げから回復した。プラス圏をしっかりと推移していたのが、通常取引に入って再び売り圧力が強まり下落。580セント台前半まで下げてブレーキがかかり、取引終盤に持ち直した。

Posted by 直    8/3/22 - 16:46   

小麦:続落、テクニカルな買いの後世界需要に対する懸念から売り
  [場況]

CBOT小麦9月限終値:763-3/4↓11-0

シカゴ小麦は続落。テクニカルな買いが入る場面もあったが、インフレ高進を背景にした世界需要に対する懸念などから売りが出た。9月限は夜間取引で770セント台半ばに下落してから、買いが進み上昇に転じた。しっかりと値を伸ばし、一時790セントも超えながら、通常取引に入って一気に値を消した。前日終値を割り込むと下げ足も加速し、752-0セントと2月4日以来の安値を付けた。取引終盤は売りのペースもやや鈍った。

Posted by 直    8/3/22 - 16:40   

株式:大幅反発、好調な決算や経済指標好感し投機的な買い集まる
  [場況]

ダウ工業平均:32,812.50↑416.33
S&P500:4,155.17↑63.98
NASDAQ:12,668.16↑319.40

NY株式は大幅反発。ここまで比較的好調な企業決算が続いていたことが改めて下支えとなる中、投機的な買い戻しが改めて相場を押し上げる展開となった。午前中に発表された経済指標が強気の内容となったことも、素直に好感された。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、200ポイント以上値を切り上げての推移となった。経済指標後にはやや売りに押される場面も見られたものの、押し目では買い意欲も強く、早々に下げ止まり。昼にかけては改めて騰勢を強める展開、午後遅くには500ポイントを超えるまで上げ幅を拡大する場面も見られた。

セクター別では、バイオテクノロジーやコンピューター関連が大きく値を伸ばしたほか、半導体や一般消費財、銀行株も上昇。一方でエネルギー関連はお幅に下落、金鉱株や薬品株にも売りが膨らんだ。ダウ銘柄では、ウォルト・ディズニー(DIS)が4.12%の上昇となったほか、アップル(AAPL)やセールスフォース・ドットコム(CRM)も3%を超える伸びを記録。マイクロソフト(MSFT)やアメリカン・エクスプレス(AXP)もしっかりと上昇した。一方でシェブロン(CVX)は2.38%の下落、ウォルマート(WMT)は1.64%の下落となった。

Posted by 松    8/3/22 - 16:38   

ブラジルコーヒー輸出:3日現在4.64万袋と前月を27.5%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

8月3日 8月累計 前月(7/5) 前月同期比 前年同期比
輸出合計 29.197 46.402 36.382 ↑27.5% ↓15.0%
>アラビカ種 28.889 43.515 23.674 ↑83.8% ↓5.0%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 0.308 2.887 12.708 ↓77.3% ↓93.7%

Posted by 松    8/3/22 - 16:37   

天然ガス:反発、中盤まで売り優勢もその後一気に買い戻し集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス9月限終値:8.266↑0.560

NY天然ガスは反発。中盤まではポジション整理の売りが相場を主導する展開となったが、その後は投機的な買いがまとまって入り、大きくプラス転換した。9月限は夜間取引では買いが優勢、前日の急落の反動もあってややプラス圏に入ったあたりでの推移となった。早朝からは徐々に売り圧力が強まりマイナス転落、通常取引開始後も軟調な流れは変わらず、一時7.60ドルを割り込む場面も見られた。昼前からは一転して買い意欲が強まり、プラス圏を回復。午後には火災で閉鎖されていたテキサス州のLNG施設が10月初めに稼働を再開するとの見通しが伝わったことから買いが加速、8.40ドル台まで一気に値を切り上げた。引けにかけては上昇も一服、やや値を切り下げて取引を終了した。

Posted by 松    8/3/22 - 14:55   

石油製品:ガソリンが大幅反落となる一方、暖房油は反発
  [場況]

RBOBガソリン9月限:2.9122↓0.1445
暖房油9月限:3.4148↑0.0344

NY石油製品はガソリンが反落となる一方、暖房油は反発。相場は夜間取引では売りが優勢、朝方にかけてはOPECプラスの増産が小幅にとどまったことを受けた」原油の上昇につれて買いが加速、一気にプラス圏を回復した。通常取引開始後は再び売りが先行、在庫統計でガソリン需要が大幅に減少したことからガソリンはマイナス転落したが、暖房油はプラス圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    8/3/22 - 14:54   

原油:大幅反落、OPEC+の小幅増産で買い先行もその後売りが加速
  [場況]

NYMEX原油9月限終値:90.66↓3.76

NY原油は大幅反落。朝方にはOPECプラスが打ち出した増産が小幅なものにとどまったことから買いが集まる場面も見られたが、その後は景気の減速に伴う将来的な需要の減少に対する懸念が高まる中で大きく売りが膨らんだ。9月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心に上値の重い展開が続いた。朝方にはOPECプラスの決定を受けて買いが加速、96ドル台まで一気に値を切り上げる格好となったものの、早々に息切れ。通常取引開始後は一転して売り一色の展開となり、あっさりとマイナス転落。その後も売りの勢いは衰えず、在庫統計でガソリン需要が大幅に減少したことも嫌気される中、昼過ぎには91ドルを割り込むまで値を崩した。引けにかけては売りも一服となったが、押し目で買いを入れる向きもなく、最後まで安値近辺でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    8/3/22 - 14:54   

金:反落、強気の経済指標受け大幅利上げ懸念高まり売りが加速
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,776.4↓13.3

NY金は反落。午前中に発表された経済指標が強気のサプライズとなり、インフレの高止まりやFRBの大幅利上げ継続に対する懸念が改めて高まる中、投機的な売りが相場を主導した。12月限は夜間取引から売りが優勢、早朝には1,770ドル台まで値を切り下げる場面も見られた。その後は買い意欲が強まり、通常取引開始時には前日終値近辺まで値を戻したものの、プラス転換することなく息切れ。株式市場が開くと再び売りが優勢、中盤にかけてはISMサービス指数や製造業受注が予想を上回ったことも売りを呼び込む格好となり、1,770ドルまで一気に値を崩した。引けにかけては売りも一服となったが、反発は限定的なものにとどまった。

Posted by 松    8/3/22 - 13:48   

コーヒー:反発、材料難の中で投機的な買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー9月限終値:214.65↑4.75

NYコーヒーは反発。決め手となる材料に欠ける中ながら、これまでの下落の反動もあって投機的な買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。9月限は夜間の時間帯から買いが先行、朝方には214セント台まで値を切り上げた。NYに入っても買いの勢いは衰えず中盤には218セント台まで一気に上げ幅を拡大。その後は売りに押し戻される格好となったが、214セントを割り込んだあたりでしっかりと下げ止まり。中盤以降は値動きも落ち着き、同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    8/3/22 - 13:30   

砂糖:続伸、割安感強まる中で投機的な買い戻し集まる
  [砂糖]

ICE-US砂糖10月限終値:17.77↑0.08

NY砂糖は続伸。ここまでの下落で割安感が強まる中、投機的な買い戻しが相場を主導する展開となった。10月限は夜間の取引開始時には売りが先行したものの、早々に下げ止まり。朝方にかけてジリジリと買いが集まる格好となり、プラス圏を回復した。NYに入っても買いの勢いは衰えず、18セントの節目を回復。その後は買いも一服、中盤以降は売りに押し戻される格好となり、17.70セント台まで値を切り下げて取引を終了した。

Posted by 松    8/3/22 - 13:21   

天然ガス在庫は290億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
4日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 29.0 ↑ 24.0 〜 ↑ 33.0
>前週 ↑ 15.0
>前年 ↑ 36.0
>過去5年平均 ↑ 35.8

Posted by 松    8/3/22 - 12:06   

ロシア穀物・豆類収穫、2日時点で前年下回る5100万トン
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2022年穀物・豆類収穫は2日時点で5100万トンと、前年同期の5800万トンを下回った。小麦が4390トン収穫済みとなり、やはり前年の4470万トンからダウン。ただ、イールドは前年比プラスという。

Posted by 直    8/3/22 - 11:46   

EIA在庫:原油は446.7万バレルの積み増し、予想は取り崩し
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

7月29日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 426553 ↑ 4467 ↓ 709 ↑ 2165
ガソリン在庫 225294 ↑ 163 ↓ 1336 ↓ 204
留出油在庫 109324 ↓ 2400 ↑ 664 ↓ 351
製油所稼働率 90.95% ↓ 1.23 ↑ 0.47 -
原油輸入 7342 ↑ 1178 - -

続きを読む

Posted by 松    8/3/22 - 10:44   

OPECプラス、日量10万バレルの小幅増産で合意
  [エネルギー]

石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC産油国10ヶ国で構成されるOPECプラスは3日、31回目となる会合をオンラインで開催、9月の生産量を前月から10.0万バレル引き上げることで合意した。8月の増産によって、2020年4月にご決定した大幅な減産分をすべて解消する格好となったが、9月からは小幅ながら一段と生産量を引き上げることになる。声明では生産国の供給余力が著しく減少していることに対する懸念を改めて示し、深刻な供給障害に対する対応に問題が残ると警告した。イランとリビア、ベネズエラを除くOPEC10ヶ国の生産量は日量2,675.3万バレル、非OPEC10ヶ国の生産量は日量1,720.2万バレルとなる。次回会合は、9月5日に開催される。

Posted by 松    8/3/22 - 10:31   

7月ISM非製造業指数は56.7に上昇、低下予想に反する
  [経済指標]

ISM非製造業指数
出所:米供給管理協会(ISM)、NY10:00発表

ISM非製造業指数 22年7月 22年6月 市場予想
NMI/PMI 56.7 55.3 53.8
ビジネス指数/生産 59.9 56.1

続きを読む

Posted by 松    8/3/22 - 10:05   

6月製造業新規受注は前月から1.99%増加、予想上回る
  [経済指標]

製造業受注
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

22年6月 前月比 22年5月 市場予想
製造業新規受注 555238 ↑1.99% ↑1.76% ↑0.9%
>運輸除く(ex-Trans) 462360 ↑1.37% ↑1.80% NA
>防衛除く(ex-Defence) 535365 ↑1.28% ↑1.74%

続きを読む

Posted by 松    8/3/22 - 10:01   

ポーランド向けで13.5万トンの大豆ケーキ・ミール輸出成約報告
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は3日、民間業者からポーランド向けで13万000トンの2022/23年度産大豆ケーキ・ミール輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    8/3/22 - 09:03   

印マハラシュトラ州の22/23年砂糖きび圧搾、10月1日に開始見通し
  [砂糖]

インド・マハラシュトラ州の砂糖局長官は2日、同州の2022/23年度砂糖きび圧搾が10月1日に始まる見通しを示した。通常に比べて極めて早い開始になり、前年の記録的な生産を背景に圧搾意欲が高まっていることを指摘した。2021/22年度砂糖生産は前年比29%増の1327万8000トンとなった。当局は2022/23年度の砂糖生産は1380万トンを見通す。

Posted by 直    8/3/22 - 08:52   

インド、21/22年度砂糖輸出に120万トンの追加枠承認
  [砂糖]

インド政府は2日、2021/22年度(10-9月)砂糖輸出に120万トンの追加枠を承認した。すでに設けている1000万トンの輸出とあわせて1120万トン、前年から49.3%増加し、過去最高を記録する。食料省関係者はフィナンシャル・エクスプレス紙に対し、追加枠を承認しても、2022/23年度期初在庫は600万‐650万トンとお祭りシーズンである10-11月需要を満たすのに十分とコメント。需給見通しを考慮して追加の認可に至ったことを指摘した。

Posted by 直    8/3/22 - 08:46   

6月の世界コーヒー輸出、前年比1.3%増加・ICO
  [コーヒー]

国際コーヒー機関(ICO)によると、6月の世界コーヒー輸出は1111万袋と、前年同月から1.3%増加した。2021/22年度(10-9月)の輸出は6月まであわせて9877万袋になり、前年を0.5%上回った。

Posted by 直    8/3/22 - 08:20   

欧州コーヒー在庫、6月末時点で前年5.6%下回る
  [コーヒー]

欧州コーヒー連盟(ECF)によると、欧州の主要港におけるコーヒー在庫は6月30日時点で81万7837トンと、前年同月を5.6%下回った。前月比は2.1%増加。アラビカ種が50万2200トンで、前年に比べて9.0%ダウン、前月との比較にすると0.4%の増加になる。このうち自然乾燥式は前年から9.0%減少し、前月比較で0.3%の減少。水洗式は前年から8.9%減り、前月比にすると1.1%増加。ロブスタ種は31万5637トン、前年から0.3%、前月から5.0%それぞれ増加になる。

Posted by 直    8/3/22 - 08:17   

2022年アルジェリア小麦生産20%増加見通し、輸入も増加へ・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、アルジェリアの2022年小麦生産は300万トンと、前年から20%増加の見通しとなった。収穫は8月半ばに終了の予定。昨年11月から今年2月にかけて各地で干ばつ状態に悩まされながら、3-4月の多雨で中部や東部の作柄回復につながったという。ただ、西部の不作もあり、アルジェリア全体の生産は過去5年平均の317万2000トンをやや下回る。

生産増加が見込まれる中、輸入需要も依然として強い。このため、2022/23年度(7-6月)小麦輸入は810万トンの予想で、前年比25%増加、過去5年へ金との比較にして7%の増加になる。

Posted by 直    8/3/22 - 08:09   

MBA住宅ローン申請指数は前週から1.16%上昇
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

7月29日 前週比 前年比 7月22日
総合指数 279.2 ↑1.16% ↓62.00% ↓1.81%
新規購入指数 208.4 ↑0.97% ↓15.80% ↓0.77%
借り換え指数 640.6 ↑1.46% ↓82.06% ↓3.71%

Posted by 松    8/3/22 - 07:19   

2日のOPECバスケット価格は104.86ドルと前日から1.94ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
8/2 (火) 104.86 ↓1.94
8/1 (月) 106.80 ↓4.04
7/29 (金) 110.84 ↑0.05
7/28 (木) 110.79 ↑2.74
7/27 (水) 108.05 ↓1.25

Posted by 松    8/3/22 - 06:11   

8/3(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・6月製造業受注 (10:00)
・7月ISM非製造業指数 (10:00)

エネルギー
・第31回 石油輸出国機構(OPEC)並びに非OPEC産油国閣僚級会合
・EIA石油在庫統計 (10:30)

Posted by 松    8/3/22 - 06:08   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ