ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



1月

2022


            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2022年01月12日(水)

米冬小麦作付は前年比2.2%増の3,439.7万エーカー、予想上回る
  [穀物・大豆]

USDA冬小麦作付推定
出所:米農務省、NY12:00発表、単位100万エーカー

冬小麦品種別 2022年 前年比 前年 市場予想
全冬小麦 34.397 ↑2.2% 33.648 34.100
硬質赤色種 23.800 ↑1.0% 23.564 24.000
軟質赤色種 7.070 ↑6.0% 6.670 6.600
白色種 3.560 ↑2.0% 3.490 3.500

米農務省(USDA)が12日に発表した2022年米国内冬小麦作付推定は3439万7000エーカーとなった。前年から2.2%増加で、市場予想も上回る。硬質赤色種が前年比1.0%増の2380万エーカー、軟質赤色種は6.0%増えて707万エーカーになる見通し。また、白色種は356万エーカーになり、前年との比較にすると2.0%増加する。いずれも市場が予想していた以上となった。

州別にみると、生産1位のカンザスが2.74%増え、2位のテキサスが1.82%増加の見通しとなった。また、サウスダコタが37.50%、オハイオが20.69%とそれぞれ大きく増加の見通し。一方、3位のオクラホマや5位のモンタナは横ばい、4位のコロラドが2.27%減少の見通しである。

Posted by 松    1/12/22 - 12:12 

ページのトップへ ページのトップへ

先取り




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2020-2025   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ