ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



1月

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年01月10日(水)

債券:ほぼ横ばい、中国の米国債購入関連報道で売りの後買い優勢
  [場況]

債券はほぼ横ばい。中国が米国債買い入れの減額あるいは停止を検討とのブルームバーグの報道を受けて急速に売りに押される場面があったが、午後に10年債入札結果が好調と受け止められたことから買いが進んだ。夜間取引から前日の売りの流れを引き継ぎ、やや軟調な相場展開となり、朝方に中国の米国債購入絡みの報道で売りのピッチが速まった。10年債利回りは2.59%と2017年3月15日以来の高水準を付けた。ここで売りも一服。午後には入札結果を手掛かりに買いが優勢となった。また、トランプ米大統領の北米自由貿易協定(NAFTA)脱退見通しを示すカナダ政府関係者の話が報じられたことも政治不安から買い材料視され、この結果、横ばい水準に持ち直した。

Posted by 直    1/10/18 - 17:42 

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
sunward




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ