ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



1月

2018


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2017年12月13日(水)

12日のOPECバスケット価格は62.75ドルと前日から0.81ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
12/12 (火) 62.75 ↑0.81
12/11 (月) 61.94 ↑0.91
12/8 (金) 61.03 ↑0.91
12/7 (木) 60.12 ↓0.61
12/6 (水) 60.73 ↓0.14

Posted by 松    12/13/17 - 03:41   

12/13(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・11月消費者物価指数(CPI) (08:30)
・FOMC声明発表 (14:00)

エネルギー
・石油輸出国機構(OPEC)月報
・EIA石油在庫統計 (10:30)

Posted by 松    12/13/17 - 03:39   

2017年12月12日(火)

債券:続落、PPI背景にインフレ上昇懸念から売り圧力強まる
  [場況]

債券は続落。朝方発表された生産者物価指数(PPI)が前年比で2012年1月以来の大きな伸び率を記録したのを背景に、インフレ上昇懸念から売り圧力が強まった。ただ、13日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明や金利見通しの発表を控えており、積極的に売り進むのは見送られた。夜間取引から売りが先行、10年債利回りの上昇が進み、通常取引で2.4%台に上がった。午後にはやや売りのペースも鈍り、2.42%を付けてから2.40%に戻した。

Posted by 直    12/12/17 - 17:38   

FX:対ユーロ中心にドル高、インフレ観測や長期金利上昇が下支え
  [場況]

ドル/円:113.55、ユーロ/ドル:1.1741、ユーロ/円:133.31 (NY17:00)

為替は対ユーロを中心にドル高が進行。インフレ観測の高まりや長期金利の上昇が支えとなる中、しっかりとドルが買い進まれる展開となった。ドル/円は東京では売りが優勢、113円台前半から半ばのレンジ内でのもみ合いが続いた。ロンドンに入っても大きな動きは見られず、NY朝には生産者物価指数でコア部分が予想を上回る高い伸びとなったことを受けて買いが集まり、113円台後半まで上げ幅を拡大。中盤以降は再び売りに押される格好となったが、113円台半ばでは下げ止まった。

ユーロ/ドルは東京では1.17ドル台後半のレンジ内でのもみ合い。ロンドン朝にはやや買い意欲が強まる場面も見られたが、その後は一転して売りに押し戻される格好となり、NYに入ると1.17ドル台前半まで下げ幅を拡大。午後には売りも一服となったものの、買い戻しは限定的なものにとどまった。ユーロ/円は東京では133円台半ばのレンジ内での小動き。ロンドン朝には133円台後半まで買い進まれる場面も見られたが、その後はジリジリと売りに押し戻される展開。NYに入っても売りの流れは止まらず、昼には133円割れを試す場面も見られた。

Posted by 松    12/12/17 - 17:22   

大豆:続落、弱い内容のUSDA需給報告受けて売りに弾み付く
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:975-3/4↓6-3/4

シカゴ大豆は続落。引き続きアルゼンチンの降雨予報が重石となったのに加え、USDA需給報告が弱い内容だったのを受けて売りに弾みが付いた。1月限は夜間取引でまず買いが進み、980セント台後半に上昇。しかし、一段の買いにつながらず、早々にマイナス転落となった。980セントを割り込んでいったん持ち直しても、朝方に改めて弱含み、節目を下抜けた。通常取引開始後には下げ幅拡大、さらに需給報告の発表に続いて975-0セントと11月17日以来の安値を更新した。いったん急速に持ち直したものの、980セント台後半まで上がって買いも息切れとなり、取引終盤に970セント台に下落した。

Posted by 直    12/12/17 - 17:16   

コーン:続落、USDA需給報告消化してもみ合いの後売りに押される
  [場況]

CBOTコーン3月限終値:347-3/4↓1-1/4

シカゴコーンは続落。USDA需給報告を消化しもみ合う場面があったが、一巡して売りに押される展開となった。3月限は夜間取引からやや買いが優勢となる中小じっかりと推移し、通常取引開始時には売りにシフト、下落となった。前日に記録した一代安値の348-1/4セントに並んだところで買いが急速に集まり、プラス圏に回復。USDA需給報告で米期末在庫は引き下げとなった一方、世界の期末在庫は上方修正で、潤沢な供給の見方も変わらず。報告発表直後に前日の高値を超える場面があったが、上値ですぐに売りが台頭、一気に値を消した。取引終盤に前日終値を下回ってさらに下落が加速。347-1/2セントと安値を更新した。

Posted by 直    12/12/17 - 17:08   

小麦:続落、USDA需給報告の期末在庫上方修正が重石
  [場況]

CBOT小麦3月限終値:410-3/4↓2-3/4

シカゴ小麦は続落。USDA需給報告で、米国と世界の期末在庫がともに上方修正されたのが重石となった。3月限は夜間取引で売りが先行して弱含み、一巡して回復と方向感の定まらない展開。通常取引開始後も上下に振れた。需給報告の発表に続いてまず売りに押されて下落し、その後一気に410セント台後半に上昇した。しかし、上値ですぐに売りが台頭し、急速に値を消した。取引終盤に前日終値を下回り、さらに下げ幅を広げた。前日に付けた一代安値の410-3/4セントを下回り、410-1/2セントまで下落した。

Posted by 直    12/12/17 - 17:05   

株式:ダウとS&P史上最高値更新続ける一方、ナスダックは反落
  [場況]

ダウ工業平均:24,504.80↑118.77
S&P500:2,664.11↑4.12
NASDAQ:6,862.32↓12.76

NY株式はダウ工業平均とS&P500種が続伸、史上最高値の更新を続ける一方、ナスダック総合指数はポジション調整の売りに押される展開となった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、その後も堅調な値動きが続き、中盤には上げ幅も100ポイントを越えるまでに広がった。午後には買いも一服となったものの、最後まで日中高値圏をしっかりと維持したまま取引を終了した。

セクター別では、銀行株がしっかりと値を伸ばしたほか、石油関連も上昇。一方ではバイオテクノロジーや半導体が下落。公益株も下げがきつくなった。コンピューター関連や金鉱株も軟調に推移した。ダウ銘柄では、ゴールドマン・サックス(GS)が3.02%急伸、ベライズン(VZ)とボーイング(BA)も2%を超える上昇となった。ゼネラル・エレクトリック(GE)やメルク(MRK)も上昇が目立った。一方スリーエム(MMM)は1.14%の下落、インテル(INTC)やシェブロン(CVX)マクドナルド(MCD)やアップル(AAPL)も下げが目立った。

Posted by 松    12/12/17 - 16:55   

API在庫:原油は738万バレルの大幅取り崩し、石油製品は増加
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

12月8日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↓ 7380 ↓ 2909
>オクラホマ州クッシング ↓ 2700 -
ガソリン在庫 ↑ 2330 ↑ 2264
留出油在庫 ↑ 1540 ↑ 1209

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 16:32   

天然ガス:大幅反落、弱気の天気予報嫌気し売りが加速
  [場況]

NYMEX天然ガス1月限終値:2.678↓0.150

NY天然ガスは大幅反落。目先北東部を中心に寒さが緩むとの予報が出ていることを嫌気、投機的な売りに大きく押される展開となった。1月限は夜間取引では前日終値を中心としたレンジ内で方向感なくもみ合う展開。通常取引開始後もしばらくは動きが見られなかったが、その後は一転して売り圧力が強まる格好となり、2.70ドルを割り込むまで一気に値を崩した。中盤以降は売りも一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    12/12/17 - 15:03   

石油製品:反落、原油の下落につれて手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン1月限:1.6976↓0.0290
暖房油1月限:1.9336↓0.0170

NY石油製品は反落。原油の下落につれてポジション整理の売りが膨らんだ。相場は夜間取引では前日の流れを継いだ買いが先行、暖房油は直近の高値を上抜けるまで値を伸ばしての推移となった。通常取引開始後は一転して売り一色の展開となり、中盤にはあっさりとマイナス転落。その後も売りの勢いは衰えず、最後は大きく下げ幅を拡大して取引を終了した。

Posted by 松    12/12/17 - 14:59   

原油:反落、朝方まで買い先行もその後手仕舞い売りが加速
  [場況]

NYMEX原油1月限終値:57.14↓0.85

NY原油は反落。朝方までは前日の北海油田の主要パイプラインの閉鎖などを手掛かりに買いが先行したものの、その後はポジション整理の売りに大きく押し戻される格好となった。1月限は夜間取引では買いが先行、58ドル台前半から半ばまでレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される格好となり、中盤には57ドル台半ばまで反落。その後も売りの勢いは衰えず、引け前には一時57ドルの節目を割り込む場面も見られた。

Posted by 松    12/12/17 - 14:50   

金:続落、長期金利の上昇重石となる中で売りが先行
  [場況]

COMEX金2月限終値:1,241.7↓5.2

NY金は続落。長期金利の上昇が大きな重石となる中、投機的な売りに押される軟調な展開が続いた。2月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。通常取引開始後は改めて売り圧力が強まる展開、11月の生産者物価指数が強い伸びとなったことも重石となる中、中盤には1,240ドルを割り込むまでに値を下げた。昼からは一転して買い戻しが優勢となったものの、プラス圏を回復するには至らなかった。

Posted by 松    12/12/17 - 14:23   

11月財政収支は1,385.5億ドルの赤字、予想上回る
  [経済指標]

財政収支
出所:米財務省、NY14:00発表、単位10億ドル、▲赤字、会計年度:10月-9月

17年11月 16年11月 今年度累計 前年同期 市場予想
財政収支 ▲138.547 ▲136.669 ▲201.761 ▲182.500 ▲134.00
歳入 208.374 199.875 443.715 421.567
歳出 346.922 336.544 645.476 604.067

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 14:15   

コーヒー:続落、レアル安の進行重石となる中で売り膨らむ
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:118.45↓1.55

NYコーヒーは続落。対ドルでのブラジルレアルの下落が引き続き相場の重石となる中、日中を通じて軟調に推移した。3月限は夜間の時間帯はポジション整理の買い戻しが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。NYにはいると改めて売り圧力が強まる格好となり、120セントの節目を下抜け。中盤以降も売りの勢いは衰えることがなく、最後は118セント台半ばまで下げ幅を拡大して取引を終了した。

Posted by 松    12/12/17 - 14:07   

砂糖:続落、レアル安の進行嫌気し投機的な売り膨らむ
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:13.77↓0.18

NY砂糖は続落。対ドルでのブラジルレアルの下落が引き続き大きな重石となる中で投機的な売りが先行、終値ベースで6月28日以来の安値を更新した。3月限は夜間の時間帯には買い戻しが集まり14セントの節目を回復する場面も見られたが、早々に売りに押されマイナス転落。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、昼には13.70セントの安値まで下げ幅を拡大した。引けにかけてはまとまった買い戻しが入ったが、プラス圏まで値を戻すには至らなかった。

Posted by 松    12/12/17 - 13:31   

30年債入札リ・オープン、応札倍率は2.48
  [経済指標]

30年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

30年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(11/9)
合計 29745.0 12000.0 2.48 2.23
競争入札分 29737.4 11992.5 2.48 2.23
顧客注文比率(外国中銀含む) 61.91% 61.82%
最高落札利回り(配分比率) 2.804% (8.35%) 2.801%

Posted by 直    12/12/17 - 13:10   

EIA、世界石油需要見通しを前月から上方修正
  [エネルギー]

EIAアウトルック
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、単位100万バレル(日量)

2018年 修正 2017年 修正 2016年
世界需要合計 99.96 ↑ 0.09 98.34 ↑ 0.13 96.95
世界供給合計 100.01 ↓ 0.15 97.94 ↓ 0.10 97.24
価格見通し 2018年 修正 2017年 修正 2016年
WTI原油 $52.77 ↑ 1.73 $50.56 ↑ 0.86 $43.33
レギュラーガソリン小売 $2.51 ↑ 0.06 $2.43 ↑ 0.03 $2.15

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 12:51   

USDA需給:砂糖在庫小幅引き上げ、生産引き上げも輸入引き下げ
  [砂糖]

USDA需給報告・砂糖
出所:米農務省、NY12:00発表、単位1,000トン

砂糖 17/18年 修正 前年比 16/17年 修正 15/16年
生産 9245 ↑ 409 ↑ 3.08% 8969 ↑ 2 8989
ビート糖 5359 ↑ 409 ↑ 5.02% 5103 ↑ 2 5119
砂糖きび糖 3886 →0 ↑ 0.52% 3866 →0 3870
輸入 3326 ↓ 384 ↑ 2.53% 3244 ↓ 3 3341
>輸入枠内 1798 ↑ 42 ↑ 11.61% 1611 →0 1620
食用消費 12400 →0 ↑ 2.25% 12127 ↓ 3 11881
期末在庫 1802 ↑ 27 ↓1.85% 1836 ↑ 2 2054
在庫率 14.30% ↑ 0.21 - 14.77% ↑ 0.02 16.99%

Posted by 松    12/12/17 - 12:36   

USDA需給:世界在庫は小麦、コーン、大豆ともに前週から引き上げ
  [穀物・大豆]

USDA需給報告・世界
出所:米農務省、NY12:00発表、単位100万トン

17/18年 修正 前年比 16/17年 修正
小麦
生産 755.21 ↑ 3.23 ↑ 0.21% 753.61 ↓ 0.28
消費 742.12 ↑ 2.07 ↑ 0.32% 739.72 ↑ 0.09
期末在庫 268.42 ↑ 0.89 ↑ 5.13% 255.33 ↓ 0.28
コーン
生産 1044.75 ↑ 0.85 ↓2.86% 1075.55 ↑ 0.79
消費 1068.01 ↑ 1.39 ↑ 0.46% 1063.12 ↑ 0.51
期末在庫 204.08 ↑ 0.22 ↓10.23% 227.34 ↑ 0.76
大豆
生産 348.47 ↓ 0.42 ↓0.81% 351.32 ↑ 0.07
消費 344.72 ↓ 0.24 ↑ 4.56% 329.69 ↓ 0.37
期末在庫 98.32 ↑ 0.42 ↑ 1.76% 96.62 ↑ 0.34

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 12:33   

USDA需給:国内在庫は小麦と大豆が引き上げ、コーンは引き下げ
  [穀物・大豆]

USDA需給報告
出所:米農務省、NY12:00発表、単位:100万ブッシェル、イールドはブッシェル/エーカー

小麦 17/18年 修正 前年比 16/17年 修正
>イールド 46.3 →0.0 ↓12.14% 52.7 →0.0
>生産 1741 →0 ↓24.60% 2309 →0
期末在庫 960 ↑ 25 ↓18.71% 1181 →0
コーン 17/18年 修正 前年比 16/17年 修正
>イールド 175.4 →0.0 ↑ 0.46% 174.6 →0.0
>生産 14578 →0 ↓3.76% 15148 →0
期末在庫 2437 ↓ 50 ↑ 6.19% 2295 →0
大豆 17/18年 修正 前年比 16/17年 修正
>イールド 49.5 →0.0 ↓4.81% 52.0 →0.0
>生産 4425 →0 ↑ 3.00% 4296 →0
期末在庫 445 ↑ 20 ↑ 47.84% 301 →0

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 12:30   

ユーロシステムの金準備高は9週連続で前週から変わらず
  [メタル]

ECBが12日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は12月8日現在3,790億4,500万ユーロと、9週連続して前週から変わらずとなった。

Posted by 松    12/12/17 - 12:06   

メキシコ向けで15.2万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は12日、民間業者からメキシコ向けで15万2000トンの2017/18年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    12/12/17 - 09:07   

仕向け先不明で16.8万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は12日、民間業者から仕向け先不明で16万8300トンの2017/18年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    12/12/17 - 09:07   

大豆輸出成約報告の仕向け先変更・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は12日、民間業者から49万2000トンの2017/18年度産大豆輸出成約の仕向け先が不明から中国に変更になったとの報告を受けたと発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    12/12/17 - 09:07   

ブラジルIBGE、大豆生産推定を前月から引き上げ、コーン引き下げ
  [穀物・大豆]

ブラジルIBGE農産物生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2018年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 108142.6 ↑0.37% ↓5.94% 31770
コーン(メインクロップ) 25767.2 ↓1.25% ↓17.00% 4898
2017年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
大豆 114968.1 ↑0.01% ↑19.39% 3393
コーン 99556.4 ↑0.18% ↑55.21% 5581
>メインクロップ 31045.3 ↓0.32% ↑26.91% 5576
>サブクロップ 68511.1 ↑0.41% ↑72.66% 5584
小麦 5117.2 ↓0.69% ↓25.13% 2673

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 08:59   

ブラジルIBGE、砂糖きび生産推定を前月から引き下げ
  [砂糖]

ブラジルIBGE砂糖きび生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE) 、単位:1,000トン

2017年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
砂糖きび 714875.8 ↓0.24% ↓7.00% 70886

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 08:58   

ブラジルIBGE、コーヒー生産推定を前月から僅かに引き上げ
  [コーヒー]

ブラジルIBGEコーヒー生産推定
出所:ブラジル地理統計局(IBGE)、 単位:1,000袋(60kg)

2017年 生産 前月からの修正 前年比 イールド
コーヒー 46351.8 ↑0.05% ↓7.88% 24.30

続きを読む

Posted by 松    12/12/17 - 08:58   

12月のチェーンストア売上高、最初の2週間で前月比0.7%減少
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが12日に発表したレポートによると、12月の国内チェーンストア売上高は最初の2週間で前月比0.7%減少となった。前年同期と比べると3.2%の増加という。

Posted by 直    12/12/17 - 08:56   

11月の生産者物価指数(PPI)0.44%上昇、コアは0.27%上昇
  [経済指標]

生産者物価指数(PPI)
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、1982年=100

前月比 17年11月 17年10月 市場予想
最終需要 ↑0.44% ↑0.44% ↑0.4%
コア(エネルギー・食品除く) ↑0.27% ↑0.35% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 直    12/12/17 - 08:37   

小売チェーンストア販売指数、前週比3.2%上昇
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、12月9日時点で前週から3.2%上昇した。前年同期比にすると3.1%の上昇になる。

Posted by 直    12/12/17 - 08:24   

ブラジルCONAB、大豆生産推定を上方修正、コーンは前年から減少
  [穀物・大豆]

ブラジル商品供給公社(CONAB)生産推定
出所:ブラジル農務省商品供給公社(CONAB) 単位1,000トン

17/18年度 生産 前回(11/9) 前年比
大豆 109183.4 106438.1 〜108639.8 ↓4.29%
コーン 92222.5 91631.2 〜93063.3 ↓5.74%
小麦 4299.4 4568.4 ↓36.09%

続きを読む

Posted by 直    12/12/17 - 08:01   

11日のOPECバスケット価格は61.94ドルと前週末から0.91ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
12/11 (月) 61.94 ↑0.91
12/8 (金) 61.03 ↑0.91
12/7 (木) 60.12 ↓0.61
12/6 (水) 60.73 ↓0.14
12/5 (火) 60.87 ↓0.58

Posted by 松    12/12/17 - 07:17   

12/12(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・11月生産者物価指数(PPI) (08:30)
・30年債入札 (Re-Opening) (13:00)
・11月財政収支 (14:00)

エネルギー
・EIAアウトルック (12:00)
・API石油在庫統計 (16:30)

農産物
・ブラジル農産物生産推定
・USDA需給報告 (12:00)
・USDA需給報告・世界 (12:00)

Posted by 松    12/12/17 - 02:48   

2017年12月11日(月)

FX:全般に小動き、FOMC前に様子見気分強まる
  [場況]

ドル/円:113.55、ユーロ/ドル:1.1768、ユーロ/円:133.64 (NY17:00)

為替は全般に小動き。FOMCの声明発表を水曜に控えて様子見気分の強まる中、日中を通じて方向感の定まらない展開となった。ドル/円は東京ではやや軟調な展開、ロンドンに入っても売りの勢いは衰えず、113円台前半まで値を下げた。NYに入ってからは売りも一服となったものの、しばらくは同水準でのもみ合いが継続。午後からは株価の上昇を好感する形で買い意欲が強まり、遅くには113円台半ばまで値を回復した。

ユーロ/ドルは東京では1.17ドル後半で底堅い値動き。ロンドンに入っても買いが優勢の状態は続き、一時1.18ドルを回復する場面も見られた。NYでは中盤に一段高となる場面も見られたものの、昼からは一転して売りに押し戻される展開、1.17ドル台後半まで値を下げた。ユーロ/円は東京では133円台半ばから後半にかけてのレンジ内で、上下を繰り返す展開。ロンドンに入っても大きな動きは見られず、NYでも特に変化が起きることはなく、同水準でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    12/11/17 - 17:28   

債券:続落、FOMC会合控えて持ち高調整に売り台頭
  [場況]

債券は続落。12-13日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合を控えやや持ち高調整の売りが台頭した。また10年債の入札結果が低調と受け止められたのも重石。夜間取引ではまずもみ合いとなった。しかし、朝方にニューヨーク市で爆破事件が起き、テロ行為とみられて買いにシフト。10年債利回りが2.3%台半ばまで低下する場面があった。しかし、この水準で売りもあり、その後じりじりと戻した。午後に入札結果を受けてさらに売りが進み、取引終盤には前週末の水準を超える上昇となった。

Posted by 直    12/11/17 - 17:22   

全米平均ガソリン小売価格は前週から1.5セント下落
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

12月11日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢248.5 ↓1.5 ↑24.9
ディーゼル燃料全米平均 ¢291.0 ↓1.2 ↑41.7

Posted by 松    12/11/17 - 17:02   

大豆:続落、アルゼンチンの降雨予報で作柄不安やや緩和し売り
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:982-1/2↓7-1/4

シカゴ大豆は続落。アルゼンチンの降雨予報が作柄不安がやや緩和し、売りが膨らんだ。1月限は夜間取引で売りが優勢となってまず980セント台半ばに下がり、いったんもみ合ってから、前半まで下落した。通常取引に入り一時買いも入って下げ幅縮小。しかし、売りの流れが切れず、その後本日のレンジも切り下げる下落に進んだ。引け近くでは、981-1/2セントと11月17日以来の安値を付けた。

Posted by 直    12/11/17 - 17:00   

株式:続伸、FOMC前に投機的な買いの流れ継続
  [場況]

ダウ工業平均:24,386.03↑56.87
S&P500:2,659.99↑8.49
NASDAQ:6,875.08↑35.00

NY株式は続伸。FOMCを前に投機的な買いの流れが継続、ダウ工業平均とS&P500種は再び史上最高値を更新した。原油の上昇もエネルギー関連を中心に強気に作用した一方、NYで爆破事件が起こったことに対する反応は限定的なものにとどまった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行。上昇は早々に一服となり、ややポジション調整の売りに押し戻される場面も見られたものの、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。中盤以降も大きく値を下げることもなく、高値近辺でのもみ合いが続いた。引けにかけては、改めて買いが集まった。

セクター別では、石油関連が大きく値を伸ばしたほか、半導体やコンピューター関連も上昇、公益株もしかりと推移した。一方でバイオテクノロジーは下落、銀行株や運輸株も軟調な展開となった。ダウ銘柄では、ウォルト・ディズニー(DIS)が2.49%の上昇、アップル(AAPL)は1.95%の上昇となった。ベライズン(VZ)やメルク(MRK)、ファイザー(PFE)やマイクロソフト(MSFT)もしっかりと値を伸ばした。一方ボーイング(BA)は0.96%の下落、ホーム・デポ(HD),ユナイテッド・ヘルス(UNH)、トラベラーズ(TRV)も軟調に推移した。

Posted by 松    12/11/17 - 16:59   

コーン:反落、USDA需給報告控えてポジション調整の売り優勢
  [場況]

CBOTコーン3月限終値:349-0↓3-3/4

シカゴコーンは反落。USDA需給報告の発表を12日に控えてポジション調整の売りが優勢となり、大豆の下げもマイナスに作用した。3月限は夜間取引から売りに押されて下落。350セント割れに迫ったところでいったん売りのペースが鈍ったが、通常取引の開始に続いて一気に節目を下抜けた。一時もみ合ってから、下げ幅拡大。11月16日に付けた一代安値の348-3/4セントを割り込み、348-1/4セントと安値を更新した。取引終盤はやや下げ渋った。

Posted by 直    12/11/17 - 16:49   

小麦:続落、潤沢な世界供給が再び売り圧力強める
  [穀物・大豆]

CBOT小麦3月限終値:413-1/2↓5-1/2

シカゴ小麦は続落。潤沢な世界供給が再び売り圧力を強めた。3月限は夜間取引から売りの展開で、前週末に付けた一代安値を早々に下回ってさらに下落が進んだ。410セント台前半に下落して一時下げ渋ったが、通常取引に入って改めて弱含み。410-3/4セントと安値を更新して売りが一服した。取引終盤には410セント台半ばに下げ幅を縮めた。

Posted by 直    12/11/17 - 16:47   

天然ガス:続伸、足元の気温低下受けてしっかりと買い集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス1月限終値:2.828↑0.056

NY天然ガスは続伸。週末にNYでも積雪が見られるなど、足元で厳しい寒さが続いていることを受け、暖房需要の増加観測を支えにポジション整理の買い戻しが集まった。1月限は夜間取引から買いが先行、2.80ドル台半ばまで値を伸ばしての推移となった。早朝には一旦売りに押し戻される格好となったものの、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。通常取引開始後は再び騰勢を強め、2.80ドル台前半から半ばのレンジまで値を戻しての推移が続いた。

Posted by 松    12/11/17 - 14:53   

石油製品:続伸、原油や株の上昇支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン1月限:1.7266↑0.63
暖房油1月限:1.9506↑0.0218

NY石油製品は続伸。原油や株の上昇を好感する形で、投機的な買いが集まった。相場は夜間取引では売りが優勢となったものの、朝方にかけては原油の上昇につれてプラス圏を回復。通常取引開始後も買いの勢いは衰えず、上下を繰り返しながらも徐々に下値を切り上げていく展開が続いた。午後からはやや買いの勢いが鈍ったが、最後まで高値圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    12/11/17 - 14:47   

原油:続伸、サウジの輸出削減やNYでの爆発事件受けて買い集まる
  [場況]

NYMEX原油1月限終値:57.99↑0.63

NY原油は続伸。サウジが1月のアジア向け輸出量を削減する意向を示したことが支えとなる中、しっかりと買いが先行する展開となった。NYで爆発事件が発生したことも、買いを呼び込んだ。1月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方にはマンハッタンで爆発が起こったことを受けて買いが集まり、プラス圏を回復。通常取引開始後も買いの勢いは衰えず、昼には一時58ドル台を回復する場面も見られた。その後は買いも一服となったが、最後まで高値圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    12/11/17 - 14:46   

金:小幅続落、朝方まで買い先行もその後売られる
  [場況]

COMEX金2月限終値:1,246.9↓1.5

NY金は小幅続落。朝方まではポジション整理の買い戻しが相場を主導したものの、その後は株価の上昇が重石となる中でこれまでの流れを継いだ投機的な売りに押し戻される格好となった。2月限は夜間取引では買いが先行、1,250ドル台前半までレンジを切り上げてのもみ合いが続いた。通常取引開始後は一転して売りに押し戻される展開、中盤まではかろうじてプラス圏を維持する形で下げ渋っていたものの、引けにかけては改めて売り圧力が強まり、マイナス圏で取引を終了した。

Posted by 松    12/11/17 - 14:08   

コーヒー:続落、レアル安の進行重石となる中で投機的な売り膨らむ
  [場況]

ICE-USコーヒー3月限終値:120.00↓2.60

NYコーヒーは続落。対ドルでのブラジルレアル安の進行が重石となる中、日中を通じて投機的な売りが相場を主導した。3月限は夜間の時間帯から、ややマイナス圏に入ったあたりを中心に上値の重い展開。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、上下を繰り返しながらも徐々に下値を切り下げる展開となった。昼過ぎに商いの薄い中でまとまった売りが出ると、120セントの節目を割り込むまで一気に下げ幅を拡大。最後はかろうじて120セントを回復する形で取引を終了した。

Posted by 松    12/11/17 - 13:42   

砂糖:続落、レアル安の進行嫌気し上値の重展開続く
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:13.95↓0.10

NY砂糖は続落。対ドルでのブラジルレアルの下落が投機的な売りを呼び込む格好となり、日中を通じて上値の重い展開が続いた。3月限は夜間の取引開始後しばらくはポジション整理の買い戻しが優勢となったが、その後売りに押されマイナス転落、朝方には14セントの節目も割り込んだ。NYに入ると再び買いが集まったものの、プラス圏を回復したあたりで早々に息切れ。中盤以降は売り圧力が強まり、日中安値を更新する形で取引を終了した。

Posted by 松    12/11/17 - 13:29   

10年債入札リ・オープン、応札倍率は2.37
  [金融・経済]

10年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル (Re-Opening)

10年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(11/8)
合計 47439.8 20000.0 2.37 2.48
競争入札分 47430.4 19990.7 2.37 2.48
顧客注文比率(外国中銀含む) 57.20% 68.00%
最高落札利回り(配分比率) 2.384% (91.12%) 2.314%

Posted by 松    12/11/17 - 13:05   

輸出検証高:コーンは前週から増加、小麦と大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

12月7日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 316.9 ↓22.9% ↓28.9% 13073.3 ↓7.3% 300.0 〜500.0
コーン 658.4 ↑8.8% ↓24.5% 8536.4 ↓41.6% 550.0 〜800.0
大豆 1229.8 ↓31.8% ↓33.3% 24086.4 ↓13.8% 1100.0 〜1600.0

Posted by 松    12/11/17 - 12:23   

3年債入札、応札倍率は3.15
  [金融・経済]

3年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

3年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(11/7)
合計 75582.1 24000.0 3.15 2.76
競争入札分 75428.3 23846.2 3.16 2.77
顧客注文比率(外国中銀含む) 59.05% 53.52%
最高落札利回り(配分比率) 1.932% (71.27%) 1.750%

Posted by 直    12/11/17 - 11:36   

ウクライナ冬穀物、98%が発芽済み・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、2018年に収穫となる小麦の作付は690万ヘクタールとなり、このうち98%に相当する680万ヘクタールが発芽済みとなった。83%の状態が良好あるいはまずまずという。残る17%は不良と指摘した。

Posted by 直    12/11/17 - 10:41   

17/18年ロシア穀物輸出、12月6日時点で前年28.4%上回る
  [穀物・大豆]

ロシアの税関データによると、2017/18年度穀物輸出(7-6月)は12月6日時点で2278万5000トンとなり、前年同期を28.4%上回った。このうち、小麦は26.7%増えて1763万トン、コーンが185万トンと前年から5.2%増加という。

Posted by 直    12/11/17 - 10:33   

メキシコ向けで11万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は11日、民間業者からメキシコ向けで11万トンの2017/18年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    12/11/17 - 10:25   

仕向け先不明で13.2万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は11日、民間業者から仕向け先不明で13万2000トンの2017/18年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    12/11/17 - 10:25   

10月求人数は599.6万人、前月から18.1人減少・JOLTS
  [経済指標]

求人・労働力異動調査(JOLTS)
出所:米労働省、NY10:00発表、季節調整値、単位1,000人

17年10月 前月比 求人/離職率 17年9月
求人数 5996 ↓181 3.93% 4.04%
離職数 5178 ↓66 3.53% 3.57%
>自発的離職 3180 →0 2.17% 2.17%

続きを読む

Posted by 直    12/11/17 - 10:04   

17/18年世界砂糖生産見通し、200万トン上方修正・ABARES
  [砂糖]

オーストラリアの農業資源経済科学局(ABARES)は四半期ごとの商品レポートで、世界の2017/18年度(10-9月)砂糖生産推定を1億9200万トンと、従来の1億9000万トンから200万トン引き上げた。前年比にして7.5%増加で、過去最高を更新。最大のブラジルは4000万トンで据え置いた。

2017/18年度の世界砂糖消費見通しは1億8500万トンから1億8600万トンに引き上げた。前年比で2.3%増加。2017/18年度の輸出は7000万トンから7100万トンに上方修正。前年との比較にして3.2%の増加になる。期末在庫に関すると、2016/17年度の推定を7160万トンから7120万トン、2017/18年度は7640万トンから7570万トンにそれぞれ引き下げた。

Posted by 直    12/11/17 - 09:38   

17/18年度豪州砂糖生産見通し、10万トン下方修正・ABARES
  [砂糖]

オーストラリアの農業資源経済科学局(ABARES)は四半期ごとの商品レポートで、国内の2017/18年度(7-6月)砂糖生産が470万トンになると見通した。従来の480万トンから10万トン引き下げ、3月に発表した初回予測の516万1000トンから3回連続の下方修正になる。前年比にして2.2%減少。クイーンズランド州南部の乾草被害に加え、同州は3月に大型サイクロン・デビーに見舞われ、生産に影響したという。

2017/18年度の輸出見通しは405万1000トンから398万5000トンに下方修正した。また、2016/17年度を404万9000トンから400万9000トンに引き下げた。

Posted by 直    12/11/17 - 09:38   

17/18年度世界小麦生産見通し、400万トン上方修正・ABARES
  [穀物・大豆]

オーストラリア農業資源経済科学局(ABARES)は四半期ごとの商品レポートで、2017/18年度の世界小麦生産推定を7億4700万トンと、前回報告時の7億4100万トンから600万トン引き上げた。3月に発表した初回予測の7億3500万トンから3回連続の上方修正になる。それでも、前年比にすると0.9%の減少。

国・地域別の生産について、黒海周辺国を1億1600万トンから1億2100万トン、欧州連合(EU)は1億4800万トンから1億5100万トンにそれぞれ引き上げた。インドは9840万トンで、200万トンの上方修正。米国も4730万トンから4740万トンに小幅引き上げた。中国は1億3000万トンで据え置いた。

2017/18年度の世界小麦消費は7億4000万トンの見通しで、400万トン引き上げた。前年比にして0.5%増加。食用は従来の5億700万トンを維持し、飼料を1億4400万トンから1億4600万トンに上方修正した。2017/18年度の貿易見通しは1億7400万トンと、1億7200万トンから引き上げた。前年に比べると1.1%の減少。黒海周辺国の輸出が5500万トンから5600万トンに引き上げ、前年比で5.3%の増加になる。ロシアを3230万トンと、60万トンの上方修正、ウクライナ40万トン引き上げ。アルゼンチンは10万トン引き上げて1080万トンとした。しかし、オーストラリアは1820万トンから1680万トンに下方修正し、EUは2870万トンで70万トンの下方修正。米国は2650万トンで据え置いた。

期末在庫に関すると、2016/17年度の推定を2億4300万トンから2億4200万トンに引き下げた。2017/18年度が2億5000万トンの見通しで、従来の2億4600万トンから上方修正で、前年比にすると3.1%増加する。

Posted by 直    12/11/17 - 09:37   

17/18年ブラジル中南部砂糖きび圧搾、11月後半は22.64%減少
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が発表した国内中南部の砂糖きび収穫報告によると、11月後半の2017/18年度砂糖きび圧搾高は1522万5000トンと、前年同期から22.64%減少した。前半の7.24%増加からマイナス転落。年初からの圧搾高は12月1日時点で5億6817万7000トンになり、前年同期を2.33%下回る。

11月後半の砂糖生産は73万4000トンと、前年から35.44%落ち込んだ。9月後半から連続の前年割れであり、また、マイナス幅は前半の8.16%から大きくなった。エタノール生産は8億リットルで、前年から0.59%増加し、含水エタノールだけで15.36%増えた。一方、無水エタノールは17.10%の減少。2017/18年度の砂糖生産は12月1日時点で前年比1.11%増の3508万9000トン。エタノールは0.32%増えて244億6200万リットルとなり、4月にシーズンが始まって初めての前年比プラスである。

12月6日時点での砂糖きび1トンあたりの糖分含有量(ATR)は137.57キログラムと、前年同期の133.94キログラムから上がった。砂糖きびの消費比率は砂糖生産向けが前年同期の46.74%から47.11%に上昇、エタノール生産向けは53.26%から52.89%に低下した。

Posted by 直    12/11/17 - 08:27   

サウジ、1月のアジア向け輸出量を10万バレル以上削減
  [エネルギー]

サウジ石油省の報道官は11日、同国の来年1月のアジア向けの石油輸出量を前月から日量で10万バレル以上削減する意向を明らかにした。欧米向けの輸出量は、12月と同水準を維持するという。これは石油市場のリバランスに向けた取り組みを継続していることの表れであり、既に割当を超えて減産を行っているとしたほか、他のOPECや非OPECの産油国も目的達成のために、同様の行動を取ることを希望しているとも述べた。

Posted by 松    12/11/17 - 05:18   

8日のOPECバスケット価格は61.03ドルと前日から0.91ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
12/8 (金) 61.03 ↑0.91
12/7 (木) 60.12 ↓0.61
12/6 (水) 60.73 ↓0.14
12/5 (火) 60.87 ↓0.58
12/4 (月) 61.45 ↓0.26

Posted by 松    12/11/17 - 03:57   

12/11(月)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・10月求人・労働力異動調査 (JOLTS) (10:00)
・3年債入札 (11:30)
・10年債入札 (Re-Opening) (13:00)

エネルギー

・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物

・USDA輸出検証高 (11:00)

Posted by 松    12/11/17 - 03:52   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員
メールマガジン




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ