ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



3月

2018


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年03月21日(水)

債券:反発、FOMC会合終わり材料出尽くし感から買い戻し
  [場況]

債券は反発。米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合が終わり、材料出尽くし感から買い戻しが集まった。FOMCは市場の予想通り利上げを実施。会合後に発表された年内の利上げ回数見通しが増えることがなかったのも注目された。

夜間取引でやや買いの展開、通常取引では売り圧力が強まり、10年債利回りは2.9%を超える上昇となった。午後のFOMC声明発表に続いていったん大きく売り買いにもまれる展開。景気見通しの上方修正が売り材料視され、10年債は低下してから急速に上昇に転じた。しかし、2.93%と2月23日以来の水準まで上がったところで買いが進み、取引終盤には低下した。

Posted by 直    3/21/18 - 17:46   

FX:ドル安、FOMCでの利上げ決定後に材料出尽くし感から売られる
  [場況]

ドル/円:106.05、ユーロ/ドル:1.2338、ユーロ/円:130.84 (NY17:00)

為替はドル安が進行。FOMCでは予想通り25bpの利上げが決定されたが、その後は材料出尽くし感が高まる中でポジション調整のドル売りが優勢となった。ドル/円は東京市場が休みの中、アジア時間は106円台半ばでやや上値の重い展開、ロンドンに入ると売り圧力が強まり、106円台前半まで値を下げた。NYではFOMCを前に様子見気分の強まる中、同水準で方向感なく上下に振れる展開、声明発表後は一旦買いが集まったものの、その後売りに押し戻される格好となり、106円の節目割れを試すまでに値を下げた。

ユーロ/ドルはアジア時間には1.22ドル台台半ばから後半にかけてのレンジ内で底堅く推移、ロンドンに入ってからも買い意欲は衰えず、NY朝には1.23ドルをうかがう水準まで値を伸ばした。その後は再び売りに押し戻されたものの、FOMC後は改めて買いが加速、1.23ドル台半ばまで上げ幅を拡大した。ユーロ/円はアジア時間には130円台半ばを中心としたもみ合い、ロンドンに入っても特に新たな動きが見られることはなかった。NYではやや上値が重くなったものの、午後にはFOMCを受けてユーロ/ドルの上昇につれる形で買いが加速、131円台を試すまでに値を伸ばした。

Posted by 松    3/21/18 - 17:29   

景気見通し、ここ数ヶ月間で減税などにより強まる・FRB議長会見
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に行った記者会見で、景気見通しがここ数ヶ月間で強くなったとの見方を示した。これはFOMCの声明にも新たに盛り込まれた見解であり、パウエル議長は財政政策がより刺激的であり、雇用増加を背景にした収入や信頼感の改善、海外の成長がしっかりした軌道にあること、また緩和的な金融の状態が続いていることが背景にあるという。ただ、記者からのトランプ米政権が主張する減税効果による3%の経済成長に関する質問に対し、3%は現時点でFRBの想定より高いとコメント。達成するには著しい生産性の伸びや労働力人口の増加が必要と述べた。

物価に関すると、インフレ加速の先端にいることを示すデータはないと述べた。これまでのところ賃金や物価は緩やかな上昇にとどまっているという。インフレには警戒していると強調したが、現時点でインフレが進んでいるわけではないともコメントした。一方、労働市場がさらにタイトとなれば賃金も上がるだろうといい、利上げ継続に前向きな見方も示した。米国の通商政策が保護主義の傾向にあることに問われると、産業界などで懸念材料になっているとの報告があったことを認識した。ただ、FRBは通商政策にかかわらないとも述べた。このほか、FRB議長によるFOMC会合後の記者会見の回数についての質問に、現行の3ヶ月に1回から増やすかどうか検討しているとした。

Posted by 直    3/21/18 - 17:27   

ブラジルコーヒー輸出:21日現在127.78万袋と前月を7.2%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

3月21日 3月累計 前月(2/23) 前月比 前年比
輸出合計 141.608 1277.753 1377.547 ↓7.2% ↓0.8%
>アラビカ種 113.981 1104.441 1255.601 ↓12.0% ↓4.4%
>ロブスタ種 20.560 27.723 7.732 ↑258.5% ↓76.7%
>インスタント 7.067 145.589 114.214 ↑27.5% ↑22.4%

Posted by 松    3/21/18 - 17:14   

株式:反落、中盤まで買い先行もFOMC後に売られる
  [場況]

ダウ工業平均:24,682.31↓44.96
S&P500:2,711.93↓5.01
NASDAQ:7,345.29↓19.01

NY株式は反落。中盤にかけてはしっかりと買いが集まる展開となったものの、FOMCで利上げが決定されたあとはポジション調整の売りが膨らんだ。ダウ平均は寄り付きからしばらくは売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。中盤には買い意欲が強まり、プラス圏を回復。FOMC声明発表後は一段高、上げ幅も200ポイントを大きく超えたものの、早々に息切れ。引けにかけては急速に売り圧力が強まり、マイナス転落して取引を終了した。

セクター別では、金鉱株やエネルギー関連が大きく値を伸ばしたほか、銀行株も底堅く推移。一方ではコンピューター間連や情報通信、生活必需品、公益などが値を下げた。ダウ銘柄では、シェブロン(CVX)が2.22%の上昇、ゼネラル・エレクトリック(GE)、ダウデュポン(DWDP)、エクソン・モービル(XOM)、キャタピラー(CAT)も1%を超える上昇となった。一方でアップル(AAPL)は2.27%の下落、ユナイテッド・ヘルス(UNH)やプロクター・アンド・ギャンブル(PG)、ビサ()V)も値を下げた。

Posted by 松    3/21/18 - 16:57   

米利上げ回数見通し、2018年内はあと2回もしくは3回で分かれる
  [金融・経済]

米連邦準備理事会(FRB)が21日に発表したFRB理事と地区連銀総裁の政策金利見通しによると、ドットチャートと呼ばれる各高官の具体的な金利見通しを示す点の分布図で、2018年末時点でのレンジを2.0-2.25%と見通すのが6人、2.25-2.5%は6人だった。米連邦公開市場委員会(FOMC)がこの日の会合でフェデラルファンド金利の誘導目標レンジを1.25-1.5%から1.5-1.75%に引き上げたため、2018年には0.25ポイントのペースであと2回、もしくは3回金利を引き上げるとの見方に分かれた格好になる。

1人は2.5-2.7%と、あと4回を予想し、2人は年内の利上げは打ち止めを見通した。ドットチャートはこのほか、2019年と2020年も利上げ継続がほぼ全員の連銀高官によって予想されていることを示し、2020年末時点での見通しは中央値にして3.25-3.5%になった。

次回のFOMC会合は5月1-2日の2日間で行われる。

Posted by 直    3/21/18 - 15:26   

天然ガス在庫は900億立方フィートの取り崩し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
22日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↓ 90.0 ↓ 104.0 〜 ↓ 84.0
>前週 ↓ 93.0
>前年 ↓ 150.0
>過去5年平均 ↓ 57.8

Posted by 松    3/21/18 - 15:00   

天然ガス:反落、北東部の寒波にも関わらず売りに押される
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:2.638↓0.037

NY天然ガスは反落。北東部が再び寒波に見舞われている中にも関わらず、季節的な暖房需要の減少観測が重石となる中で売りが優勢の展開となった。4月限は夜間取引では買いが先行、早朝には2.70ドル台まで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後は上昇も一服、中盤に商いの薄い中でまとまった売りが出ると、あっさりとマイナス転落。その後も売りの勢いは衰えず、最後は2.60ドル台半ばまで値を下げて取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 14:57   

石油製品:大幅続伸、強気の在庫統計受けて原油につれ高
  [場況]

RBOBガソリン4月限:2.0122↑0.0463
暖房油4月限:2.0037↑0.0542

NY石油製品は大幅続伸。強気の在庫統計が下支えとなる中、原油や株の上昇につれて買いが加速、終値ベースで2月5日以来の高値を更新した。相場は夜間取引から買いが先行、通常取引開始後も買いの流れは継続、在庫統計発表後にはまとまった買いが入り、一気に上げ幅を拡大した。その後は上昇も一服となったものの、最後まで高値圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 14:53   

FRB 高官の18-20年経済成長率予想レンジ上方修正
  [金融・経済]

米連邦準備理事会(FRB)が13日に発表した、FRB理事および地区連銀総裁による2018年の経済成長率予想レンジが2.6-3.0%と、2017年12月時点での2.2-2.6%から上方修正、中央値にして2.5%から2.7%に引き上げられた。2019年の予想は、1.9-2.3%から2.2-2.6%、2020年が1.7−2.0%から1.8-2.1%にそれぞれ上方修正。ただ、2019年の中央値が2.4%と前回の2.1%を上回るのに対し、2020年は2.0%で修正なしだった。

2018年の失業率見通しは3.6-3.8%になり、12月の3.7-4.0%から引き下げられた。2019年も3.4-3.7%で、従来の3.6-4.0%から下方修正。また、2018年と2019年の見通しは中央値で3.9%からそれぞれ3.8%、3.6%に引き下げられた。2020年の予想レンジは3.6‐4.2%から3.5-3.8%、中央値が4.0%から3.6%に引き下げとなった。

物価上昇率に関すると、2018年の個人消費支出(PCE)指数、コア指数ともに1.8-2.0%となり、従来の1.7-1.9%から上限と下限それぞれ0.1ポイント引き上げられた。2019年のPCEとコアが2.0-2.2%の予想。前回はいずれも2.0%だったのが、レンジ見通しに修正したことで、上昇の可能性をみている格好になった。また、2020年のPCEとコアがいずれも2.0-2.1%から2.1-2.2%に引き上げられた。

より長期的なトレンド予想では、GDPの伸び率が1.8−2.0%になり、前回の1.8-1.9%のレンジ上限が引き上げられた。一方、失業率は4.3-4.7%で、レンジ下限が0.1ポイント下方修正、上限は据え置きである。

見通しは、連銀高官が20-21日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合で提出したものを集計したものとなる。

Posted by 直    3/21/18 - 14:46   

原油:続伸、強気の在庫統計好感し投機的な買い集まる
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:65.17↑1.63

NY原油は続伸。在庫統計で原油が予想外の大幅取り崩しとなったことなどを手掛かりに投機的な買いが加速、期近終値ベースで2月2日以来の高値を更新した。5月限は夜間取引から買いが先行、朝方には64ドル台前半まで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後はしばらく動きが見られなかったが、在庫統計発表後は改めて買いが加速、昼には65ドルの節目まで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服となったが、最後まで高値圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 14:44   

大豆:続伸、輸出が回復基調強める中で買いが先行
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1029-3/4↑1-1/2

シカゴ大豆は続伸。ここへきて輸出が回復基調を強めていることが下支えとなる中、前日に続いてポジション整理の買い戻しが相場を主導した。5月限は夜間取引から買いが先行、1030セント台前半までレンジを切り上げての推移となった。通常取引開始後には1030セント台後半まで値を伸ばす場面も見られたものの、それ以上の動きは見られず。中盤以降は売りが優勢となり、最後は1030セントを割り込むまで値を下げたが、プラス圏は維持して取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 14:37   

コーン:小幅反発、決め手材料に欠ける中で買い戻しが優勢
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:375-0↑0-1/2

シカゴコーンは小幅反発。需給面で決め手となる材料に欠ける中、これまでの下落の反動からポジション整理の買い戻しが優勢となったものの、上げ幅は限定的なものにとどまった。5月限は夜間取引ではややマイナス圏に入ったあたりを中心に、方向感なくもみ合う展開。通常取引開始後は買いが優勢となったものの早々に息切れ、中盤にはマイナス圏まで値を下げての推移となった。引けにかけては再び買いが優勢となり、ややプラス圏に入ったあたりで取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 14:37   

小麦:小幅続伸、輸出の低迷重石となるも最後に買い戻し集まる
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:453-1/2↑0-1/2

シカゴ小麦は小幅続伸。今後も輸出の低迷が続くとのも見方が重石となる中、これまでの流れを継いだ売りが相場を主導したものの、最後に買い戻しが集まった。5月限は夜間取引では前日終値近辺でもみ合う展開、通常取引開始後は改めて売り圧力が強まり、中盤には440セント台後半まで値を下げた。引けにかけてはまとまった買い戻しが入り、僅かながらもプラス圏を回復して取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 14:36   

FOMC、昨年12月以来で0.25ポイントの利上げ決定
  [金融・経済]

米連邦公開市場委員会(FOMC)は21日、フェデラルファンド金利の誘導目標水準を年1.5-1.75%と、従来の1.25-1.5%のレンジから0.25ポイント引き上げたことを発表した。昨年12月以来の利上げで、2015年12月に2006年6月以来で金利を引き上げてからこれで6回目となる。労働市場や物価の現状、およびその見通しに基づいての決定という。一方で、金融政策は引き続き緩和的、強い労働市場、インフレ率の2%の目標への回復を支援すると強調した。金融政策は全会一致の決定となった。

Posted by 直    3/21/18 - 14:04   

金:反発、FOMCの声明発表控え買い戻し集まる
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,321.5↑9.6

NY金は反発。FOMCの声明発表やパウエル新議長の会見を午後に控え、ポジション整理の買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。4月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでの推移が続いた。通常取引開始後は改めて騰勢を強める格好となり、早々に1,320ドル台を回復。中盤には1,320ドル台半ばまで上げ幅を拡大した。引けにかけては売りに押し戻される格好となったが、プラス圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 13:50   

コーヒー:小幅続落、中盤まで買い先行もその後値を下げる
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:118.85↓0.10

NYコーヒーは小幅続落。中盤までは対ドルでのブラジルレアルの上昇が支えとなる中でポジション整理の買い戻しが先行したものの、最後は売りに押し戻された。5月限は夜間の時間帯から買いが先行、NYに入ると120セント台後半まで一気に上げ幅を拡大する展開となった。その後は買いも一服、中盤までは高値圏を維持しての推移が続いていたものの、その後は売り圧力が強まり、僅かながらもマイナス転落して取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 13:45   

砂糖:反発、前日の下落の反動から買い戻しが先行
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:12.67↑0.11

NY砂糖は反発。前日の下落の反動もあってポジション整理の買い戻しが先行する展開となったものの、需給見通しの弱さが重石となる中で、反発も限定的なものにとどまった。5月限は夜間の時間帯から買いが先行、朝方には12セント台後半まで値を戻しての推移となった。NYに入ると一旦は売りに押し戻されたものの、プラス圏を維持してしっかりと下げ止まり。中盤にかけてはブラジルレアルの上昇を支えに改めて買い意欲が強まり、日中高値を更新したが、最後は再び売りが優勢となり上げ幅を縮小して取引を終了した。

Posted by 松    3/21/18 - 13:14   

17/18年度インド小麦生産、1000万トンの目標に到達の可能性
  [穀物・大豆]

インドの農業調査委員会(ICAR)の小麦調査部門IIWBRの幹部はインド通信社IANSに対し、国内の2017/18年度小麦生産がこれまで目標としてきた1000万トンに到達する可能性を示した。シーズンを通じて天候に恵まれ、また害虫被害の報告が極めて少ないことを指摘。登熟のプロセスが順調に進んでいるとも述べた。農務省は2月に小麦の生産を9711万トンと、前年の9851万トンから減少を見越していた。

Posted by 直    3/21/18 - 12:23   

EIA在庫:原油は262.2万バレルの取り崩し、石油製品も減少
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

3月16日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 428306 ↓ 2622 ↑ 2425 ↓ 2739
ガソリン在庫 243065 ↓ 1693 ↓ 1392 ↓ 1063
留出油在庫 131044 ↓ 2022 ↓ 1808 ↓ 1926
製油所稼働率 91.69% ↑ 1.73 ↑ 0.16 -
原油輸入 7077 ↓ 508 - -

続きを読む

Posted by 松    3/21/18 - 11:38   

イラン、6万トンの粗糖買い付け計画
  [砂糖]

イランの国営商社GTCが6万トンの粗糖買い付けを計画していると報じられた。トレーダーによると、物色しているのは6月出荷できる砂糖。4月17日までオファーを受け付けるという。

Posted by 直    3/21/18 - 11:34   

2月中古住宅販売、554万戸に増加し市場予想も上回る
  [経済指標]

中古住宅販売
出所:全米不動産協会、NY10:00発表、季節調整値、年率、単位1,000戸

18年2月 前月比 18年1月 市場予想
中古住宅販売 5540 ↑2.97% 5380 5420
販売価格(中間値) $241700 ↑0.37% $240800

続きを読む

Posted by 直    3/21/18 - 10:25   

18/19年中国大豆輸入、過去最高更新し1億トンに到達見通し
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、中国の2017/18年度大豆輸入は再び過去最高を更新し、1億トンに到達する見通しとなった。前年比にして3.1%の増加。これで15年連続して記録を塗り替える格好になる。消費が拡大基調にある中で輸入依存が続くとの見方を示した。2018/19年度の消費見通しは1億1423万トンで、前年から3.7%増える。

一方、2018/19年度の生産が前年比1.7%減少の1430万トンの予想になった。作付がやや減少するとみられているのが背景にある。ただ、イールドは平均以上になるとの見通しで、生産は前年割れでも2016/17年度は上回る。
期末在庫は2088万1000トンの見通しで、前年から0.4%減少。

Posted by 直    3/21/18 - 09:46   

韓国向けで13.8万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は21日、民間業者から韓国向けで13万8000トンの2017/18年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/21/18 - 09:04   

10-12月期経常収支、1281.6億ドルの赤字で市場予想上回る
  [経済指標]

経常収支
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位10億ドル、▲赤字

17年4Q 前期比 17年3Q 17年2Q
経常収支 ▲128.158 ↓26.683 ▲101.475 ▲123.742
>モノ+サービス ▲153.886 ↓18.621 ▲135.265 ▲141.446
>一次所得 57.195 ↓1.300 58.495 50.879
>二次所得 ▲31.467 ↓6.761 ▲24.706 ▲33.175
市場予想 ▲125.00

続きを読む

Posted by 直    3/21/18 - 08:38   

MBA住宅ローン申請指数は前週から1.14%低下
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

3月16日 前週比 前年比 3月9日
総合指数 383.0 ↓1.14% ↓5.85% ↑0.86%
新規購入指数 249.9 ↑1.38% ↑6.20% ↑3.44%
借り換え指数 1107.7 ↓4.45% ↓18.92% ↓2.23%

Posted by 直    3/21/18 - 08:17   

20日のOPECバスケット価格は64.11ドルと前日から0.80ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
3/20 (火) 64.11 ↑0.80
3/19 (月) 63.31 ↑0.57
3/16 (金) 62.74 ↑0.50
3/15 (木) 62.24 ↑0.27
3/14 (水) 61.97 ↓0.18

Posted by 松    3/21/18 - 04:25   

3/21(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・10-12月期経常収支 (08:30)
・2月中古住宅販売 (10:00)
・FOMC声明発表 (14:00)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)

納会日
・プラチナ 4月限OP 納会

Posted by 松    3/21/18 - 04:11   

2018年03月20日(火)

債券:続落、タカ派寄りのFOMC声明になること懸念し売り圧力強まる
  [場況]

債券は続落。米連邦公開市場委員会(FOMC)の2日間の会合が始まった中、明日に控える声明がタカ派寄りになることを懸念し、売り圧力が強まった。夜間取引で売りが優勢となり、10年債利回りは上昇。通常取引に入っていったん売り一服となった。ただ、流れが切れるには至らず、取引終盤には改めて上昇が進んだ。

Posted by 直    3/20/18 - 17:41   

FX:ドル高、FOMCの声明発表を前にポジション調整の買い戻し優勢
  [場況]

ドル/円:106.53、ユーロ/ドル:1.2241、ユーロ/円:130.42 (NY17:00)

為替はドル高が進行。FOMCの声明発表を翌日に控え、ポジション調整のドル買い戻しが相場を主導した。ドル/円は東京から買いが優勢、106円台前半までレンジを切り上げての推移となった。ロンドンに入ると106円台半ばまで上げ幅を拡大、その後一旦はまとまった売りに押され値を下げたものの、NY朝には再び106円台半ばまで値を伸ばした。中盤にかけては動意も薄くなり、106.40円を中心としたレンジ内でのもみ合い、午後にはやや買い意欲が強まった。

ユーロ/ドルは東京では1.23ドル台前半から半ばのレンジ内での推移、ロンドンに入ってもしばらくは同水準でのもみ合いが続いたが、その後一転して売り圧力が強まる格好となり、NY朝には1.22ドル台後半まで反落。中盤以降も売り意欲は衰えず、午後遅くには1.22ドル台半ばまで下げ幅を拡大した。ユーロ/円は東京では買いが優勢、131円台前半までレンジを切り上げての推移となった。ロンドンに入ると131円台後半まで買い進まれたものの、その後は売りに押し戻され131円を割り込むまで反落。NYに入っても売りの流れは止まらず、午後には130円台半ばまで値を下げての推移となった。

Posted by 松    3/20/18 - 17:34   

大豆:反発、前日の大幅下落の後で売り一服感から買い集まる
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1028-1/4↑5-3/4

シカゴ大豆は反発。前日の大幅下落の後で売り一服感から買いが集まった。5月限は夜間取引で買いが先行し、小じっかりとなった。通常取引に入ってやや買いのペースも速まり、1020セント台後半に上昇。ただ、1030セント近くまで上がりながら、一段の買いが入らず、取引終盤はやや上値の重い展開だった。

Posted by 直    3/20/18 - 17:06   

ブラジルコーヒー輸出:20日現在113.61万袋と前月を17.5%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

3月20日 3月累計 前月(2/23) 前月比 前年比
輸出合計 39.098 1136.145 1377.547 ↓17.5% ↓11.8%
>アラビカ種 22.103 990.460 1255.601 ↓21.1% ↓14.3%
>ロブスタ種 0.000 7.163 7.732 ↓7.4% ↓94.0%
>インスタント 16.995 138.522 114.214 ↑21.3% ↑16.4%

Posted by 松    3/20/18 - 17:06   

株式:反発、FOMC声明発表を前に買い戻し集まる
  [場況]

ダウ工業平均:24,727.27↑116.36
S&P500:2,716.94↑4.02
NASDAQ:7,364.30↑20.06

NY株式は反発。フェースブックの顧客情報流出スキャンダルが引き続き相場の重石となる中にも関わらず、明日のFOMC声明発表を前にポジション整理の買い戻しが集まった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、早々に100ポイントを超える上昇となった。中盤にかけては買いも一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、高値圏はしっかりと維持。引けにかけては改めて買い意欲が強まった。

セクター別では、原油の上昇につれてエネルギー関連に買いが集まったほか、半導体や一般消費財も上昇。一方で通信関連や金鉱株、公益株は値を下げた。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)が1.77%の上昇、ナイキ(NKE)やインテル(INTC)、ビサ(V)もしっかりと値を伸ばした。一方でゼネラル・エレクトリック(GE)は3.06%の急落、ベライズン(VZ)やIBM(IBM)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)も値を下げた。

Posted by 松    3/20/18 - 17:03   

コーン:小幅安、テクニカルな売りに押されるも下げは限定的
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:374-1/2↓0-1/2

シカゴコーンは小幅安。テクニカルな売りが値を押し下げたが、前日下げた反動で買いが入る場面があり、またUSDAがペルー向けで輸出成約報告を受けたことも下支えになり、極めて限定的な下げにとどまった。5月限は夜間取引で買いが入り、小高く推移。朝方にペースが鈍って値を消し、前日の終値を挟んでもみ合いとなってから、通常取引開始に続いて売りが膨らみ下落が進んだ。373-1/4セントと2月22日以来の水準まで下げたところでいったん買いが集まり持ち直し。しかし、買いも早々に息切れとなり、取引終盤に前日終値を割り込み、小幅ながらマイナス引けとなった。

Posted by 直    3/20/18 - 16:59   

小麦:反発、値ごろ感から買いの展開
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:453-0↑2-1/4

シカゴ小麦は反発。値ごろ感から買いの展開となった。5月限は夜間取引でまず売りに押されながら、450-0セントと1月26日以来の安値を更新してすぐに買いが優勢となり、450Kセント半ばに上昇した。通常取引に入って450セント台前半に伸び悩んでも、買いの流れ切れるまでには至らず、最後までプラス圏での値動きを維持した。

Posted by 直    3/20/18 - 16:54   

API在庫:原油は273.9万バレルの取り崩し、増加予想に反する
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

3月16日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↓ 2739 ↑ 2425
>オクラホマ州クッシング ↑ 1644 -
ガソリン在庫 ↓ 1063 ↓ 1392
留出油在庫 ↓ 1926 ↓ 1808

続きを読む

Posted by 松    3/20/18 - 16:35   

天然ガス:反発、米北東部の寒波再来受けて買い集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:2.675↑0.024

NY天然ガスは反発。米北東部が再び寒波に見舞われる中、暖房需要の増加観測が改めて買いを呼び込む展開となった。4月限は夜間取引から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。通常取引開始後は改めて買い意欲が強まり、昼には2.70ドル台をうかがう水準まで上げ幅を拡大。午後からは売りに押し戻される格好となったものの、プラス圏はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/20/18 - 14:57   

石油製品:大幅反発、原油高の進行につれて投機的な買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン4月限:1.9659↑0.0410
暖房油4月限:1.9495↑0.0425

NY石油製品は大幅反発。原油高の進行が下支えとなる中、投機的な買いがしっかりと集まった。相場は夜間取引から買いが先行、早朝には直近の高値をあっさりと上抜けての推移となった。通常取引開始後も買いの勢いは衰えず、昼にかけて一段と値を伸ばす展開。その後は手仕舞い売りに押し戻されたものの、押し目で買い意欲も強く、しっかりと下げ止まった。

Posted by 松    3/20/18 - 14:51   

原油:大幅続伸、サウジ皇太子の訪米でイランの供給不安高まる
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:63.54↑1.41

NY原油は大幅反発。サウジ皇太子の訪米を受け、イランに対する強硬姿勢が強まり同国の生産が再び落ち込むとの懸念が下支えとなる中で投機的な買いが集まった。5月限は夜間取引から買いが先行、朝方には63ドル台を回復しての推移となった。通常取引開始後も買いの勢いは衰えず、昼には64ドルの節目に迫るまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったものの、63ドル台半ばの水準はしっかりと維持しての推移が続いた。

Posted by 松    3/20/18 - 14:43   

金:反落、長期金利の上昇やドル高嫌気し投機的な売りが主導
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,311.9↓5.9

NY金は反落。長期金利の上昇やドル高の進行が重石となる中、日中を通じて投機的な売りが相場を主導する展開となった。4月限は夜間取引から売りが先行、朝方には1,310ドル近辺まで値を下げての推移となった。通常取引開始後は売りの勢いは衰えず、中盤には1,306ドル台まで下げ幅を拡大。その後は買い戻しが集まり1,310ドル台まで値を戻したものの、プラス圏を回復するには至らなかった。

Posted by 松    3/20/18 - 13:46   

コーヒー:小幅反落、レアル安の進行重石となる中で軟調に推移
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:118.95↓0.40

NYコーヒーは小幅反落。対ドルでのブラジルレアルの下落が重石となる中、日中を通じて軟調な展開となった。5月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。NYに入ると買い戻しが集まりプラス圏を回復する場面も見られたものの、早々に息切れ。中盤にかけては売りが加速、118セント台後半まで下げ幅を拡大した、その後は売りも一服となり、119セント台まで下げ幅を縮小しての推移となったが、最後まで上値は重いままだった。

Posted by 松    3/20/18 - 13:41   

砂糖:反落、前日の反発の反動もあって売りが先行
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:12.56↓0.33

NY砂糖は反落。前日の急反発の反動もあり、売りが先行する展開となった。インドが輸出関税を撤廃したことも弱気に作用した。5月限は夜間の時間帯から売りが先行、12.60セント台までレンジを切り下げての推移となった。NYに入ると売りの流れも一服、12.70セント前後まで値を戻してのもみ合いが続いたものの、流れを強気に変えるような動きも見られず。中盤以降も同水準での推移が継続、引けにかけては改めて売り圧力が強まった。

Posted by 松    3/20/18 - 13:19   

ユーロシステムの金準備高は、2週連続で前週から変わらず
  [メタル]

ECBが20日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は3月16日現在3,762億8,000万ユーロと、2週連続して前週から変わらずとなった。

Posted by 松    3/20/18 - 12:34   

インド、20%の砂糖輸出関税を撤廃
  [砂糖]

インド政府が20日に、20%の砂糖輸出関税を撤廃したと報じられた。2017/18年度に砂糖生産の回復によって需給が緩むとみられていることから、インド製糖所協会(ISMA)やインド協同組合砂糖工場連盟(NFCSFL)が関税をゼロにして輸出を進め、国内価格を押し上げるようロビー活動していた。ただ、エコノミック・タイムズ紙によると、関税撤廃でも効果は限られているとの見方もあり、業界ではさらに輸出補助を求めている。

Posted by 直    3/20/18 - 10:36   

17/18年度ウクライナ砂糖輸出、2月時点で前年比44%減少
  [砂糖]

ウクライナ砂糖生産者協会の調査部門幹部によると、ウクライナの2017/18年度砂糖輸出は2月時点で29万900トンとなり、前年同期から44%%減少した。2月だけで4万9000トンと、前月から47%落ち込んだ。

Posted by 直    3/20/18 - 10:18   

ブラジルMT州大豆圧搾増加、アルゼンチンの不作が寄与
  [穀物・大豆]

ブラジル・マットグロッソ州の農業経済研究所(IMEA)によると、同州の2月の大豆圧搾が82万4700トンと、前年同月から10.8%増加した。前月との比較では24.4%アップ。収穫開始に加え、圧搾業者も定期メンテナンスから戻ったことにより圧搾が進んだとコメント。また、アルゼンチンの不作に伴い国際市場でブラジル産の大豆ミールに需要が高まっていることを指摘した。世界需要は引き続き堅調とみており、この結果、圧搾マージンの改善、圧搾が続く続くとの見通しを示した。

Posted by 直    3/20/18 - 10:13   

18/19年フィリピンコーン生産、1.4%増加見通し・USDAアタシェ
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、フィリピンの2017/18年度コーン生産は815万トンと、前年から1.4%増加の見通しとなった。2017/18年度の推定が従来の820万トンから804万トンに引き下げられたことで、2年ぶりのプラス転換。価格下落を反映して2017/18年度の生産が下向く格好になったが、価格は下げも一服、2018年初めには上昇基調にあって、生産に寄与するという。輸入は前年比40%増の70万トンの見通し。期末在庫が前年と同水準の23万6000トンとみられる。

Posted by 直    3/20/18 - 09:30   

ペルー向けで11万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は20日、民間業者からペルー向けで11万トンの2017/18年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/20/18 - 09:03   

3月のチェーンストア売上高、最初の2週間で前月から0.1%減少
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが20日に発表したレポートによると、3月の国内チェーンストア売上高は最初の2週間で前月から0.1%減少した。前年同期と比べると3.0%の増加という。

Posted by 直    3/20/18 - 08:59   

小売チェーンストア販売指数、前週比1.2%低下
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、3月17日時点で前週から1.2%低下した。前年同期比にすると2.7%の上昇になる。

Posted by 直    3/20/18 - 08:06   

19日のOPECバスケット価格は63.31ドルと前週末から0.57ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
3/19 (月) 63.31 ↑0.57
3/16 (金) 62.74 ↑0.50
3/15 (木) 62.24 ↑0.27
3/14 (水) 61.97 ↓0.18
3/13 (火) 62.15 ↓0.38

Posted by 松    3/20/18 - 05:00   

3/20(火)の予定
  [カレンダー]

エネルギー
・API石油在庫統計 (16:30)

納会日
・原油 4月限納会
・カナダドル先物 3月限納会

Posted by 松    3/20/18 - 04:59   

2018年03月19日(月)

債券:小幅続落、FOMC会合控え持ち高調整の売りに押される
  [場況]

債券は小幅続落。20-21日に米連邦公開市場委員会(FOMC)の会合を控え、持ち高調整の売りにやや押された。英国が欧州連合(EU)からの離脱を巡りEUと移行期間を設けることに合意し、不透明感が薄れたこともあって夜間取引で売りが優勢、通常取引に入っても流れを継続した。10年債利回りは2.87%まで上昇。

しかし、この水準で売りも一服となり、その後は株安も手伝って買いが進んで低下に転じた。午後に2.8%台前半まで下がったが、FOMC会合後に発表の声明やパウエルFRB議長の記者会見を見極めたいとする空気が強まる中売り圧力が強まり、取引終盤に戻した。

Posted by 直    3/19/18 - 17:42   

FX:ユーロ高、ブレグジットの交渉進展好感し買い集まる
  [場況]

ドル/円:106.09、ユーロ/ドル:1.2335、ユーロ/円:130.87 (NY17:00)

為替はユーロがしっかりと上昇。ブレグジットの交渉に関して進展が見られたことが好感される中、欧州通貨には全面的に買いが集まる展開となった。ドル/円は東京から売りが優勢、105円台後半までレンジを切り下げての推移となった。ロンドンに入ると一転して買い意欲が強まり、106円台前半まで値を回復。NYに入ると株価の下落が重石となる中で中盤には再び106円を割り込んだが、午後遅くには値を回復した。

ユーロ/ドルは東京では1.22ドル台後半で、やや上値の重い展開。ロンドンに入ると騰勢を強め、1.23ドルに迫るまで値を伸ばした。NYに入ってからも買いの勢いは衰えず、早々に1.23ドル台前半まで上げ幅を拡大。午後遅くには、1.23ドル台半ばまで値を伸ばす場面も見られた。ユーロ/円は東京では売りが優勢、129円台後半まで値を下げての推移となった。ロンドンに入ると一転して買い意欲が強まり、130円台半ばまで一気に値を回復。NYでも買いの勢いは衰えず、午後には131円台を回復する場面も見られた。

Posted by 松    3/19/18 - 17:28   

全米平均ガソリン小売価格は前週から3.9セント上昇
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

3月19日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢259.8 ↑3.9 ↑27.7
ディーゼル燃料全米平均 ¢297.2 ↓0.4 ↑43.3

Posted by 松    3/19/18 - 17:15   

大豆:反落、アルゼンチン降雨や週間輸出検証高背景に売りの展開
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1022-1/2↓27-0

シカゴ大豆は大幅反落。アルゼンチンで週末の降雨に加え、目先一段の降雨予報が出ていることもあり、売りの展開に終始した。週間輸出検証高が弱気な内容だったのも重石。5月限は夜間取引で売りが進み、1030セント台に下落した。通常取引では下げ幅拡大となり、1030セントを下抜けて値下がりペースもさらに速まった。取引終了近くで1021-3/4セントと2月14日以来の安値を付けた。

Posted by 直    3/19/18 - 17:04   

コーン:続落、大豆や小麦の下落につれて売りが膨らむ
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:375-0↓7-3/4

シカゴコーンは続落。大豆や小麦が大きく下落したのにつれて売りが膨らんだ。5月限は夜間取引で売りに押され、370K台に下落が進んだ。通常取引では下げ幅をさらに拡大する展開。取引終盤に374-3/4Kと2月26日以来の安値を付けた。

Posted by 直    3/19/18 - 17:02   

小麦:続落、米主要生産地の週末の降雨や降雪で売り圧力強まる
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:450-3/4↓17-0

シカゴ小麦は続落。米冬小麦の主要生産地で週末に降雨や降雪となったのを背景にこれまでの乾燥による影響懸念が一服する格好になり、売り圧力が強まった。夜間取引で売りが膨らみ、5月限は弱含み。まず460セント台前半で推移し、朝方に節目を割り込んだ。通常取引に入るとさらに値下がりが進み、450セント台前半に下落。引け近くで450-1/4セントと1月26日以来の安値を付けた。

Posted by 直    3/19/18 - 16:59   

株式:全面安、大統領選へのデータ不正流出疑惑でFB株が急落
  [場況]

ダウ工業平均:24,610.91↓335.60
S&P500:2,712.92↓39.09
NASDAQ:7,344.24↓137.75

NY株式は全面安の展開。先の米大統領選でトランプ陣営のデータ解析を行った企業に、フェースブックの個人ユーザー情報が不正に流出していたことが発覚、今後フェースブック社に対する捜査圧力が強まるとの味方が弱気材料視される中、ハイテク株中心に売り一色の展開となった。ダウ平均は寄り付きから大きく売りが先行、途中反発らしい反発も見られないままに値下がりが続き、午後には400ポイントを大きく超えるまでに下げ幅が拡大した。その後は売りも一服、引けにかけては買い戻しが優勢となったものの、反発は限定的なものにとどまった。

セクター別では、情報技術やコンピューター関連が大きく値を崩したほか、エネルギーや金融も下落。一方で運輸株や金鉱株は小幅な下げにとどまった。ダウ銘柄では、ボーイング(BA)が0.39%の上昇となった以外、29銘柄が下落。中でもキャタピラー(CAT)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)、スリーエム(MMM)、ダウデュポン(DWDP)、マクドナルド(MCD)は2%を超える下げとなった。フェースブック(FB)は、6.77%の大幅下落となった。

Posted by 松    3/19/18 - 16:59   

ブラジルコーヒー輸出:19日現在109.70万袋と前月を17.7%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

3月19日 3月累計 前月(2/22) 前月比 前年比
輸出合計 220.084 1097.047 1333.754 ↓17.7% ↓8.4%
>アラビカ種 198.578 968.357 1212.051 ↓20.1% ↓10.1%
>ロブスタ種 2.167 7.163 7.732 ↓7.4% ↓93.2%
>インスタント 19.339 121.527 113.971 ↑6.6% ↑14.8%

Posted by 松    3/19/18 - 16:40   

天然ガス:反落、季節的な需要の後退が改めて材料視される
  [場況]

NYMEX天然ガス4月限終値:2.651↓0.037

NY天然ガスは反落。季節的な需要の後退が改めて材料視される中で売りが膨らんだ。4月限は夜間取引では買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後は商いの薄い中でまとまった売りが出たことから、2.60ドル台半ばまで急落。その後は下げも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、日中安値近辺でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    3/19/18 - 15:01   

石油製品:ガソリン中心に反落、株や原油安が売り誘う
  [場況]

RBOBガソリン4月限:1.9249↓0.0210
暖房油4月限:1.9070↓0.0048

NY石油製品はガソリン中心に反落。株価が急落し原油が軟調に推移する中、ポジション整理の売りに押される軟調な展開となった。相場は夜間取引から売りが優勢、朝方にかけては買いが集まるプラス圏を回復する格好となったものの、そこから一気に流れを強気に変えるだけの勢いも見られず。中盤にまとまった売りが出て急落するなど、最後まで上値の重い状況が続いた。

Posted by 松    3/19/18 - 14:57   

原油:反落、米シェールオイルの増加観測や株安が重石
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:62.13↓0.28

NY原油は反落。米シェールオイルの増加観測や株価の下落が重石となる中、日中を通じて売りが優勢の展開が続いた。5月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いとなった。通常取引開始後もしばらくは特に大きな動きも見られず、中盤に商いの薄い中でまとまった売りが出たことから、61ドル台後半まで急落する場面も見られたが、押し目では買い意欲も強く、昼にはしっかりと値を回復。引けにかけては、再びややマイナス圏での推移となった。

Posted by 松    3/19/18 - 14:46   

金:反発、株安や長期金利の低下支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

COMEX金4月限終値:1,317.8↑5.5

NY金は反発。株式が全面安の展開となり、投資家の間にリスク回避の動きが強まる中、安全資産としての買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。長期金利の低下も強気に作用した。4月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。朝方にかけては買いが優勢となり、通常取引開始後はしばらく先週末の終値近辺で細かい上下を繰り返す展開。中盤にまとまった買いがが入ると1,320ドルを試す水準まで一気に値を伸ばした。引けにかけては買いも一服となったが、最後まで高値圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/19/18 - 13:56   

コーヒー:反発、売られ過ぎ感高まる中で買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:119.35↑1.30

NYコーヒーは反発。ここまでの下落で売られ過ぎ感が高まる中、ポジション整理の買い戻しが相場を主導する展開となった。5月限は夜間の時間帯から買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、119セント台後半まで上げ幅を拡大。その後は120セントの節目を前に伸び悩んだものの、最後まで高値圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    3/19/18 - 13:44   

砂糖:反発、割安感からポジション整理の買い戻し集まる
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:12.89↑0.24

NY砂糖は反発。朝方までは大きく売りが先行する展開となったが、その後は割安感からポジション整理の買い戻しがしっかりと集まった。5月限は夜間の時間帯は先週末の終値近辺でもみ合う展開。朝方からは売り圧力が強まり、NYに入ると12セント台前半まで一気に下げ幅を拡大した。その後は一転して買い一色の展開、中盤にプラス転換した後も上昇の勢いは衰えず、最後は12セント台後半まで値を伸ばして取引を終了した。

Posted by 松    3/19/18 - 13:33   

輸出検証高:小麦とコーンは前週から小幅増、大豆は落ち込む
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

3月15日 前週比 前年比 期初来 前年比 市場予想
小麦 443.3 ↑3.4% ↓31.9% 19135.0 ↓7.6% 275.0 〜450.0
コーン 1409.3 ↑2.3% ↑3.8% 21733.0 ↓28.2% 1200.0 〜1500.0
大豆 490.5 ↓47.3% ↓34.1% 40219.6 ↓12.2% 700.0 〜1050.0

Posted by 松    3/19/18 - 11:20   

17/18年インド砂糖生産、3月15日時点で前年から47%増加
  [砂糖]

インド製糖所協会(ISMA)によると、同国の2017/18年度(10-9月)砂糖生産は3月15日時点で2580万6000トンと、前年同期を825万6000トン、47.0%上回った。523件ある製糖所のうち106件がすでに今シーズンの作業を終了したという。

マハラシュトラ州の生産が938万3000トン、ウッタルプラデシュ州では843万9000トン、カルナタカ州では351万トンになった。3月半ば時点で稼働を停止した製糖所は、カルナタカ州で48件、マハラシュトラ州で31件となり、またウッタルプラデシュ州の製糖所は2月末時点で全て稼働していたのに対し、3月半ば時点で5件が閉鎖したという。

ISMAは、2017/18年度に供給が需要を450万トン上回り、2018/19年度も供給過剰が続くと予想されることを指摘し、2017/18年度に少なくとも200万トン、2018/19年度には400万−500万トンの砂糖を輸出する櫃夜ぐああるとの見方を示した。

Posted by 直    3/19/18 - 11:20   

2018年EU小麦イールド初回見通し、前年から1.5%上昇・MARS
  [穀物・大豆]

欧州連合(EU)の農業サポート機関MARSは19日付レポート、2018.年のEU小麦イールドが5.94トンになるとの初回見通しを発表した。前年の5.85トンから1.5%上昇し、また過去5年平均の5.79トンも3.7%上回る。このうち軟質小麦が前年比1.3%上昇の6.20トン、過去平均との比較にして3.9%上がる。デュラム小麦は3.52トンとみており、前年から0.3%上昇、また過去平均を3.5%上回る。EUの降雨範囲にわたって冬場の天候が作柄に適したことを指摘。2月終わりから3月初めてにかけて寒波に見舞われたが、冬枯れは限定的ともいう。

Posted by 直    3/19/18 - 10:57   

17/18年度ロシア穀物輸出見通し、500万トン上方修正・農務省
  [穀物・大豆]

ロシア農務省の経済部門高官は、同国の2017/18年度穀物輸出見通しを5000万-5200万トンと、従来の4500万−4700万トンから引き上げた。このうち小麦は3600万−3700万トンと予想。潤沢な期初在庫に加え、これまでの輸出ペースが上方修正につながったという。このほか、2018年の穀物生産を1億@000万−1億@500万トンとみており、従来の1億600万-1億1000万トンから引き上げた。南部の生産推定、天候にも恵まれているのが背景にあるとした。

Posted by 直    3/19/18 - 10:24   

日本向けと仕向け先不明でコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は19日、民間業者から日本向けで20万6000トンの2018/19年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。また、仕向け先不明で11万5000トンの2017/1/年度産コーンの輸出成約報告もあったという。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    3/19/18 - 10:03   

18/19年EU軟質小麦生産見通し、60万トン下方修正
  [穀物・大豆]

ストラテジーグレインズは、欧州連合(EU)の2018/19年度(7-6月)軟質小麦生産見通しを1億4110万トンと、60万トン引き下げた。一部生産国の減反、またデンマークやポーランド、スウェーデンなどの最近のっ寒波による被害懸念が背景にあるという。

しかし、2018/19年度の軟質小麦輸出は2460万トンとみており、60万トン上方修正した。米産が南部の干ばつ被害を背景に価格が上昇したことで、競争も弱まったことを指摘。また、クロアチアとルーマニアの生産見通しが改善し、両国あわせて40万トンの上方修正になったことも輸出に寄与するという。一方、2017/18年度の輸出見通しは25万トン引き下げて2120万トンとした。3回連続の下方修正で、フランス産がロシア産との競争激化にさらされているという。

Posted by 直    3/19/18 - 10:00   

ブラジル大豆収穫58%終了、前年6ポイント下回る
  [穀物・大豆]

ブラジル農業顧問アグルーラルによると、ブラジルの2017/18年度大豆収穫は15日時点で58%終了し、前年同期の62%を6ポイント下回った。しかし、過去5年平均に比べると3ポイントアップ。マットグロッソ州で91%終了。リオグランデ・ド・スル州では2%終わり、この一週間の降雨は遅くに作付された大豆の生育に寄与するものの、さらなる降雨が必要ともいう。

Posted by 直    3/19/18 - 08:50   

ブラジルのサフリーニャコーン作付、前年からダウン
  [穀物・大豆]

ブラジル農業顧問アグルーラルによると、ブラジル中南部の2017/18年度サフリーニャコーンの作付が15日日時点で92%となった。前年同期の96%からダウンだが、過去5年平均は2%上回る。マットグロッソ州での降雨が一部の水不足による影響懸念をやや緩和するとコメント。また、目先の降雨予報がすでに生育段階に入っている大豆に寄与するとの見方も示した。

Posted by 直    3/19/18 - 08:50   

1-3月期米CEO景気見通し指数、118.6で過去最高
  [金融・経済]

米主要企業最高経営責任者(CEO)で構成するビジネス・ラウンドテーブルが四半期ごとに行なう景気調査報告によると、CEO景気見通し指数は1-3月期に118.6と、2002年10‐12月期の調査開始以降最高となった。前期の96.8から上昇。昨年暮れに成立した税制改革が指数改善の背景にあるという。ただ、調査は2月7日から26日に行われたため、トランプ米大統領が3月初めに発表した鉄鋼やアルミニウム輸入への高関税導入計画は調査に反映されていないことを指摘した。

向こう6ヶ月間の売り上げについて、増加見通しが93%と、前回調査で76%だったのから大きく上がり、横ばいが20%から7%、減少が4%から1%にそれぞれ下がった。設備投資見通しで、増加は68%になり、前期の49%からアップ。横ばいは45%から30%に下がり、減少が2%で前期の6%を下回った。雇用についても、増加計画は前期の43%から61%に上がり、逆に削減が5ポイント低下して13%となった。据え置きは39%から2だ%にダウン。

2018年の実質国内総生産(GDP)見通しは2.8%の増加で、伸び率が初回予測の2.5%から上方修正となった。

Posted by 直    3/19/18 - 08:47   

16日のOPECバスケット価格は62.74ドルと前日から0.50ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
3/16 (金) 62.74 ↑0.50
3/15 (木) 62.24 ↑0.27
3/14 (水) 61.97 ↓0.18
3/13 (火) 62.15 ↓0.38
3/12 (月) 62.53 ↑0.58

Posted by 松    3/19/18 - 05:43   

3/19(月)の予定
  [カレンダー]

エネルギー
・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物

・USDA輸出検証高 (11:00)

納会日
・コーヒー 3月限納会
・通貨先物 3月限納会

Posted by 松    3/19/18 - 05:41   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ