ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



4月

2018


1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2018年04月06日(金)

ブラジル・サンパウロ州無水アルコール価格は前週から2.17%下落
  [エタノール]

ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数
出所:サンパウロ州立大Cepea、単位:ブラジルレアル/リットル

期間 無水アルコール 前週比 前年比 含水アルコール 前週比 前年比
4/2〜 4/6 1.8691 ↓ 2.17% ↑ 17.46% 1.6499 ↓ 8.44% ↑ 14.90%
3/26〜 3/29 1.9106 ↓ 0.65% ↑ 13.74% 1.8020 ↓ 3.21% ↑ 21.41%
3/19〜 3/23 1.9231 ↓ 0.55% ↑ 14.86% 1.8617 ↓ 2.13% ↑ 21.44%
3/12〜 3/16 1.9337 ↓ 0.48% ↑ 17.27% 1.9022 ↑ 1.20% ↑ 24.72%

Posted by 松    4/6/18 - 17:44   

債券:反発、米中貿易柾懸念の再燃で買い優勢
  [場況]

債券は反発。米中貿易摩擦への懸念が再燃し、買いが優勢となった。5日夜にトランプ米大統領が中国に対する追加関税を検討していることを発表したのを受け、夜間取引で買いが進んだ。早朝にいったんペースが鈍ったが、朝方発表された雇用統計で非農業部門雇用数が予想を大きく下回る増加だったためこともあって買いに弾みが付き、この結果10年債利回りの下げも加速。2.8%を割り込み、午後も一段と低下した。

Posted by 直    4/6/18 - 17:37   

FX:ドル安、米中の貿易摩擦への懸念改めて高まる中で売られる
  [場況]

ドル/円:106.90、ユーロ/ドル:1.2279、ユーロ/円:131.26 (NY17:00)

為替はドル安が進行。米中の貿易摩擦に対する懸念が改めて高まる中、米株の下落につれてドルに売り圧力が強まった。ドル/円は東京ではポジション調整の買い戻しが優勢、107円台前半から半ばのレンジまで値を戻しての推移となった。ロンドンに入ると買いも一服、やや上値の重い展開。NYでは株価の下落につれて売り圧力が強まり、中盤には107円の節目割れを試すまでに反落。午後には106円台後半まで下げ幅を拡大した。

ユーロ/ドルは東京では売りが優勢、1.22ドル台前半まで値を下げての推移となった。ロンドンに入ると買い戻しが集まり1.22ドル台半ばまで値を回復。NYでは更に買い意欲が強まり、1.22ドル台後半まで値を伸ばした。ユーロ/円は東京では買いが優勢、131円台前半から半ばのレンジ内での上下となった。ロンドンに入っても流れは変わらず、NYでは改めて買い意欲が強まる場面も見られたものの、早々に息切れ。中盤にかけては売りに押し戻される格好とあり、131円台前半まで値を下げた。

Posted by 松    4/6/18 - 17:20   

大豆:続伸、USDAへの輸出成約報告など手掛かりに買い
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1033-3/4↑2-1/2

シカゴ大豆は続伸。USDAにメキシコ向けと仕向け先不明で輸出成約報告があったのや、アルゼンチンの生産見通しが一段と引き下げられたことなどを手掛かりにした買いが値を押し上げた。5月限は夜間取引で米中の貿易摩擦懸念が再燃する中売りが優膨らみ、早くからピッチの速い下落となった。ただ、1003-0セントまで落ち込んですぐに売りのペースは鈍り、1010セント台に下げ渋った。通常取引では一段と下げ幅を縮め、1030セント台に戻して前日終値水準でのもみ合いとなった。取引終盤には買いがやや優勢となって値上がりが進み、前日の高値を超える場面もあった。

Posted by 直    4/6/18 - 17:08   

コーン:小反落、テクニカルな売りに押されるも下げ限定的
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:388-1/2↓1-0

シカゴコーンは小反落。テクニカルな売りに押されたが、USDAがエジプト向けの輸出成約報告を受けたことなどが下支えでもあり、小幅安にとどまった。5月限は夜間取引で改めて米中貿易摩擦を警戒した売りの展開になり、380セント台に下落した。ただ、早い段階で380セント台前半に下げた後は後半に下げ渋り。通常取引に入ってからも限定的な下げで、取引終盤には前日比プラスに転じる場面があり、引けにかけて小安くなった。

Posted by 直    4/6/18 - 17:04   

小麦:続伸、気温低下で冬小麦作柄や春小麦作付懸念して買い
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:472-1/4↑7-1/2

シカゴ小麦は続伸。米主要生産地で気温低下を背景にした冬小麦の作柄不安、また春小麦の作付が遅れるとの見方も浮上して買いが優勢となった。5月限は夜間取引で売りが先行し、460セントを割り込む下落。しかし、下値では買いも入り、通常取引が始まるとプラス圏に持ち直した。470セントを上抜けてから伸び悩みながら、買いの流れも切れず、取引終盤には改めて上昇が進んで472-3/4セントと3月16日以来の高値を付けた。

Posted by 直    4/6/18 - 16:59   

株式:大幅反落、米中の貿易摩擦への懸念改めて高まる
  [場況]

ダウ工業平均:23,932.76↓572.46
S&P500:2,604.47↓58.37
NASDAQ:6,915.11↓161.44

NY株は大幅反落。米中の貿易摩擦に対する懸念が改めて高まる中、日中を通じて売りが大きく先行する展開となった。ダウ平均は寄り付きから売り一色の展開。前日遅くにトランプ大統領が、1,000億ドルに上る中国製品に対して新たな関税を検討するよう指示したことを明らかにしたことが大きな重石となる中、昼過ぎには下げ幅が450ポイントにまで広がった。その後やや買いが入る場面も見られたものの、早々に息切れ。再び売り圧力が強まる格好となり、午後遅くには700ポイントを超えるまでに下げ幅を拡大。引けにかけては買い戻しが集まり、やや値を回復した。

セクター別では、金関連が小幅上昇したのを除いて、全面安の展開。中でもバイオテクノロジーや半導体、運輸株などの下げがきつかったほか、銀行株やコンピューター関連も大きく値を下げた。ダウ銘柄は、30銘柄全てが下落。キャタピラー(CAT)、インテル(INTC)、ボーイング(BA)の3根雨柄は3%を越える下げとなった一方、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)は唯一1%を下回る下げにとどまった。

Posted by 松    4/6/18 - 16:51   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

4月3日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 738456 ▼ 21159
NEMEX-RBOBガソリン △ 15186 ▼ 360
NYMEX-暖房油 △ 80183 ▼ 1327
NYMEX-天然ガス ▼ 98849 ▼ 3118
COMEX-金 △ 173181 ▼ 38698
_
CBOT-小麦 ▼ 40610 ▼ 934
CBOT-コーン △ 289676 △ 62173
CBOT-大豆 △ 200722 △ 16975
ICE US-粗糖 ▼ 115350 △ 2072
ICE US-コーヒー ▼ 52586 ▼ 6607
_
IMM-日本円 △ 5362 △ 8398
IMM-ユーロFX △ 128259 ▼ 4076
CBOT-DJIA (x5) △ 19511 ▼ 7580
CME-E-Mini S&P △ 189360 ▼ 21748

Posted by 松    4/6/18 - 15:47   

ブラジルコーヒー輸出:6日現在14.22万袋と前月を33.1%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

4月6日 4月累計 前月(3/7) 前月比 前年比
輸出合計 5.776 142.164 212.600 ↓33.1% ↓29.3%
>アラビカ種 5.776 133.480 200.305 ↓33.4% ↓27.5%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 0.000 8.684 12.295 ↓29.4% ↓49.0%

Posted by 松    4/6/18 - 15:37   

2月消費者信用残高は前月から106.0億ドル増加、予想下回る
  [経済指標]

消費者信用残高
出所:連邦準備制度理事会(FRB)、NY15:00発表、季節調整値、単位10億ドル、年率換算

18年2月 前月比 (年率) 18年1月 市場予想
消費者信用残高 3867.51 ↑10.60 ↑3.3% ↑15.59 ↑15.00
>回転(Revolving) 1030.94 ↑0.15 ↑0.2% ↑1.45
>非回転(Nonrevolving) 2836.57 ↑10.45 ↑4.4% ↑14.14

続きを読む

Posted by 松    4/6/18 - 15:04   

天然ガス:反発、在庫水準の低さが改めて買い呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:2.701↑0.026

NY天然ガスは反発。在庫水準の低さが改めて下支えとなる中、週末を前にポジション整理の買い戻しが集まった。5月限は夜間取引から買いが先行、早朝には2.70ドル台まで一気に値を伸ばす展開となった。通常取引開始後は買いも一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、2.70ドル近辺の水準を維持しての推移。午後からは動意も薄くなった。

Posted by 松    4/6/18 - 15:01   

石油製品:全面安、株や原油の下落につれて投機的な売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン5月限:1.9547↓0.0269
暖房油5月限:1.9578↓.0187

NY石油製品は全面安の展開。米中の貿易摩擦に対する懸念が高まる中、株や原油の下落につれて投機的な売りが膨らんだ。相場は夜間取引から売りが先行、軟調に推移した。通常取引開始後は買いが集まりプラス転換したものの、早々に息切れ。中盤にかけては売りが加速、ガソリンは週の安値を更新するまで一気に値を崩した。中盤以降は売りも一服となったが、最後まで上値は重かった。

Posted by 松    4/6/18 - 15:01   

原油:大幅反落、米中貿易摩擦への懸念から株につれ安
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:62.06↓1.48

NY原油は大幅反落。米中の貿易摩擦に対する懸念が改めて高まり株価が急落する中、景気の回復ペースの鈍化に伴う需要の伸び悩み観測を背景にポジション整理の売りが膨らんだ。5月限は夜間取引から売りが先行、63ドル台前半までレンジを切り下げての推移となった。通常取引開始後は買い意欲が強まりプラス圏を回復したものの、早々に息切れ。中盤にかけては改めて売りが加速、62ドル台前半まで一気に値を崩した。その後はしばらく下げも一服となっていたが、午後にまとまった売りが出ると61ドル台後半まで下げ幅を拡大、そのまま取引を終了した。

Posted by 松    4/6/18 - 15:00   

段階的に一段と金利引き上げるのが適切・FRB議長
  [要人発言]

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は6日の講演で、物価の目標達成に向けた利上げ継続の意向を示した。向こう数年間にかけて景気が現行の拡大基調を続ける限り、段階的に一段と金利を引き上げていくのが適切という。また、2015年12月に2006年6月以来での利上げを行ってからこれまでの忍耐強い取り組みによって今の力強い景気につながったと評価した。

ただ、今後の金融政策は経済指標や景気見通し次第であるともコメント。情勢に応じて利上げペースを調整していくといい、従来の方針を改めて強調した格好になった。

パウエル議長は雇用について、最大限に近いとする一方で、需給の緩みがある程度残っていることを示すデータがあることも認識した。さらに、賃金の伸びが緩慢なこと指摘。労働市場がさらに引き締まることで賃金の上昇ペースも速まるのを見込むとした。景気や物価について言及したが、米中の貿易摩擦など通商問題についての発言はなかった。

Posted by 直    4/6/18 - 14:39   

金:反発、米中貿易摩擦に対する懸念改めて高まる中で買い
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,336.1↑7.6

NY金は反発。トランプ大統領が中国に対する追加関税の検討を指示したことを受け、米中の貿易摩擦に対する懸念が改めて高まる中で安全資産としての需要が相場を押し上げた。6月限は夜間取引から買いが先行、早々に1,330ドル台まで値を切り上げた。ロンドン時間には一旦マイナス圏まで売りに押される格好となったものの、通常取引開始後は雇用統計が弱気の内容だったこともあり改めて買いが加速、1,340ドルに迫るまで一気に上げ幅を拡大した。中盤にかけては買いも一服、1,330ドル台半ばを中心としたもみ合いとなった。

Posted by 松    4/6/18 - 13:49   

コーヒー:小幅反落、日中を通じて軟調な展開続く
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:117.45↓0.10

NYコーヒーは小幅反落。前日までのポジション整理の買い戻しも一服、日中を通じて軟調な値動きとなった。5月限は夜間の時間帯から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移となった。NYに入ると一転して買い戻しが集まり118セントまで値を回復したものの、早々に息切れ。中盤にまとまった売りが出ると、あっさりとマイナス転落した。その後は動意も薄くなり、最後まで上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    4/6/18 - 13:47   

砂糖:小幅反落、日中方向感に欠けるも引け間際に売られる
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:12.34↓0.01

NY砂糖は小幅反落、日中を通じて方向感に欠ける展開も、最後は売りに押された。5月限は夜間の時間帯は売りが先行、早朝には12.28セントの安値をつけた。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、早々にプラス圏を回復。その後も買いの勢いは衰えず、昼過ぎには12.40セント台まで上げ幅を拡大。引け間際に商いの薄い中でまとまった売りが出ると、一気にマイナス転落した。

Posted by 松    4/6/18 - 13:34   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は1,003基と前週から10基増加
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

4月6日 前週比 前年比 (%)
米国合計 1003 ↑ 10 ↑ 164 ↑19.55%
>陸上油田 987 ↑ 10 ↑ 174 ↑21.40%
>海上 12 →0 ↓ 10 ↓45.45%
>>メキシコ湾 12 →0 ↓ 10 ↓45.45%

続きを読む

Posted by 松    4/6/18 - 13:07   

ブラジルUnica、パキスタンとインドの砂糖輸出政策を非難
  [砂糖]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)がパキスタンとインドの砂糖輸出政策を非難していると報じられた。Unicaの幹部はロイターに対し、両国の生産者保護と輸出拡大を狙った政策が国際価格を押し下げるとコメント。、世界貿易機関(WTO)の規定に抵触していないか調査しており、ブラジル政府やほかの国とWTOへの提訴について協議中と述べた。

同氏によると、パキスタンで政府の輸出補助がコメから砂糖の生産に乗り換えを促進し、世界需給を緩め、価格下落を押し下げる可能性がある。また、インドの2017/18年度砂糖生産が過去最高を更新する見通しであり、インド政府は国内の需給対策に関税を撤廃など輸出規制の緩和を行っていることを指摘。インド政府が輸出補助を設けることも危惧しているという。

Posted by 直    4/6/18 - 12:34   

インド主要給水所の貯水量、前年や過去10年平均下回る
  [天候]

インドの水資源省によると、91ヶ所ある主要給水所の貯水量は4月5日時点で最大能力の27%になった。前週の28%から下がり、前年同期の31%や過去10年平均の29%を下回った。

マハラシュトラ州を含む西部の貯水量が30%で、これも前年の35%、過去平均の34%より低い。ウッタルプラデシュ州などの中部が30%になり、前年の44%を大きく下回るが、過去平均とは同水準だった。給水所の数が31と最も多い南部では18%。前年の13%を上回るが、過去10年平均の24%からはダウンである。南部にはカルナタカやタミルナドゥ、アンドラプラデシュといった州などがある。このほか、北部で21%、東部で44%となった。

インドの給水所は、飲用にもちろん、国内で灌漑農地が約半分しかないことから、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育に欠かせず、また、秋の作付の鍵も握る。

Posted by 直    4/6/18 - 11:30   

3月インドネシア・ランプン州コーヒー輸出、7ヶ月連続の前年割れ
  [コーヒー]

インドネシアの主要コーヒー生産地であるランプン州の州政府データによると、3月のコーヒー輸出は4280.2トンと、前年同月から75%落ち込んだ。7ヶ月連続して前年割れとなった。ただ、前月の4042.1トンからは5.9%増加した。

Posted by 直    4/6/18 - 11:00   

3月のコロンビアコーヒー生産、前年から1.7%減少
  [コーヒー]

コロンビアコーヒー生産者連合会(Fedecafe)によると、同国の3月のコーヒー生産は、103万7000袋と前年同月から1.7%増加した。年初3ヶ月間で338万袋になり、前年同期を5.8%下回る。3月の輸出は100万2000袋で、前年から13.6%減少した。

Posted by 直    4/6/18 - 10:54   

ロシア春作物作付、5日時点で31.73万ヘクタール
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内南部で2018年春作物の作付が5日時点で53万1200ヘクタールになった。事前予想の1%終わった格好になり、前年同期の150万ヘクタールの約3割にとどまる。このほか、冬穀物で作付されたうちの25.9%に当たる440万ヘクタールで追肥が行われたという。

Posted by 直    4/6/18 - 10:45   

ウクライナ春作物作付、5日時点で3%終了
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、同国の2018年に収穫となる春作物の作付が5日時点で事前予想の2720万ヘクタールうち8万1500ヘクタールになり、3%終了した。前年同期の177万3000ヘクタールウを大きく下回る。このうち春小麦が1000ヘクタールという。このほか、冬穀物で作付されたうちの58%に当たる418万2000ヘクタールで追肥が行われたという。

Posted by 直    4/6/18 - 10:42   

中国、コーン主要生産地で700万トンの備蓄放出計画
  [穀物・大豆]

中国政府がコーン備蓄から700万トン放出すると報じられた。情報サイトのアグリセンサスによると、12日に遼寧省と黒竜江省、吉林省、内モンゴル自治区で380万トンの競売を設ける。黒竜江省では13日にも311万トンの競売が多な割れるという。売り出すのは2013‐2015年産になる模様。

Posted by 直    4/6/18 - 10:14   

エジプト向けで10万トンのコーン輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は6日、民間業者からエジプト向けで10万トンの2017/18年度産コーン輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    4/6/18 - 09:22   

メキシコ向けと仕向け先不明で大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は6日、民間業者からメキシコ向けで6万5316トンずつの2017/18年度産と2018/19年度産、計13万632トンの大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。このほか仕向け先不明で32万7000トンの2017/18年度産と13万1000トンの2018/19年度産、あわせて45万8000トンの輸出成約報告もあったという。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    4/6/18 - 09:22   

仕向け先不明で2万トンの大豆油輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は6日、民間業者から仕向け先不明で2万トンの2017/18年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約(大豆油は2万トン)について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    4/6/18 - 09:21   

3月非農業雇用数は前月から10.3万人増加、予想下回る
  [経済指標]

非農業雇用数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000人

18年3月 前月比 18年2月 市場予想
非農業雇用数 148230 ↑103 ↑326 ↑175
民間雇用数 125904 ↑102 ↑320 ↑180
週平均労働時間 34.5 →0.0 34.5 34.5
時間あたり賃金 $26.82 ↑0.30% ↑0.11% ↑0.2%

続きを読む

Posted by 松    4/6/18 - 08:43   

3月失業率は4.07%に小幅低下、予想はやや上回る
  [経済指標]

失業率
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000人

18年3月 前月比 18年2月 市場予想
失業率 4.07% ↓0.07 4.14% 4.0%
労働力人口 161763 ↓158 161921
>就業者 155178 ↓37 155215

続きを読む

Posted by 松    4/6/18 - 08:34   

17/18年アルゼンチン大豆生産見通し、150万トン下方修正
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所は5日付クロップレポートで、2017/18年度大豆生産見通しを3800万トンと、従来の3950万トンから150万トン引き下げた。干ばつの影響からイールドが下がっているためという。収穫が行われている地域で前年比にして24-58%のイールド低下で、さらに落ち込む可能性もあると指摘。収穫は4日時点で15%終わり、前週の8.8%からアップ、前年同期に6%近かったのを上回る。

Posted by 直    4/6/18 - 08:07   

2017/18年アルゼンチンコーン収穫、4日時点で21.6%終了
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2017/18年度コーン収穫は4日時点で21.6%終了した。前週の18%から進み、前年同期の15%も上回った。イールドがこの一週間で下がったともいう。最終的な生産について、3200万トンの見通しを維持するものの、今後修正の可能性があることも指摘した。

Posted by 直    4/6/18 - 08:07   

5日のOPECバスケット価格は65.18ドルと前日から0.70ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
4/5 (木) 65.18 ↑0.70
4/4 (水) 64.48 ↓0.50
4/3 (火) 64.98 ↓1.11
4/2 (月) 66.09 ↑0.22
3/29 (木) 65.87 ↓0.19

Posted by 松    4/6/18 - 05:46   

4/6(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・3月失業率 (08:30)
・3月非農業雇用数 (08:30)
・2月消費者信用残高 (15:00)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (13:00)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

Posted by 松    4/6/18 - 05:43   

2018年04月05日(木)

FX:ドル続伸、貿易摩擦への懸念後退する中でしっかりと買われる
  [場況]

ドル/円:107.38、ユーロ/ドル:1.2239、ユーロ/円:131.33 (NY17:00)

為替はドルが続伸。米中の貿易問題に対する懸念が後退、株がしっかりとの値を伸ばすのにつれてドルを買う動きが強まった。ドル/円は東京から買いが優勢、107円をやや割り込んだあたりまでレンジを切り上げての推移となった。ロンドンに入ると107円台前半まで上げ幅を拡大、NYでは株価の上昇につれて買い意欲が強まり、107円台半ばまで一気に値を伸ばした。中盤以降は買いも一服となったものの、高値圏をしっかりと維持しての推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.22ドル台後半のレンジ内で、やや上値の重い展開、午後に入ると売りが優勢となり、1.22ドル半ばまで値を下げた。ロンドンでは一旦買い戻しが集まったものの、NY早朝からは再び売りに押し戻される展開。昼には1.22ドル台前半まで値を崩した。その後は売りも一服、1.22ドル台前半から半ばにかけてのレンジ内でのもみ合いとなった。ユーロ/円は東京から買いが優勢、131円台前半のレンジ内で上下を繰り返す展開となった。ロンドンに入っても新たな動きは見られず、NY朝には131円割れをうかがうまで売りに押される場面も見られたものの、その後は一転して買い意欲が強まる展開、午後からは131円台半ばでの推移が続いた。

Posted by 松    4/5/18 - 17:27   

債券:続落、米中貿易摩擦懸念やや後退して売り圧力強まる
  [場況]

債券は続落。トランプ米政権幹部による中国との交渉の可能性を示唆する発言が伝わって米中貿易摩擦懸念がやや後退し、株高の進行もあり、売り圧力が強まった。夜間取引から売りの展開で、10年債利回りはじりじりと上昇。通常取引に入って一服の場面をみても、売りの流れは切れず、結局、本日のレンジを切り上げる展開に進んだ。取引終盤には2.83%と3月27日以来の高水準を付けた。

Posted by 直    4/5/18 - 17:10   

ブラジルコーヒー輸出:5日現在13.64万袋と前月を27.7%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

4月5日 4月累計 前月(3/6) 前月比 前年比
輸出合計 24.547 136.388 188.715 ↓27.7% ↑41.7%
>アラビカ種 24.547 127.704 176.420 ↓27.6% ↑44.9%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 0.000 8.684 12.295 ↓29.4% ↑7.8%

Posted by 松    4/5/18 - 16:53   

株式:続伸、米中貿易摩擦への懸念後退する中で買いが加速
  [場況]

ダウ工業平均:24,505.22↑240.92
S&P500:2,662.84↑18.15
NASDAQ:7,076.55↑34.44

NY株式は続伸。米中の貿易摩擦はそれほど深刻なものとならず、この先通商交渉が進展するとの期待が高まる中、前日の流れを継いでしっかりと買いが集まる展開となった。ダウ平均は寄り付きから大きく買いが先行、昼前には上げ幅も300ポイントを上回るまでに広がった。その後は買いも一服となったものの、大きく売りに押し戻されることもなく、最後までしっかりと高値圏を維持したまま取引を終了した。

セクター別では、石油サービスをはじめとしたエネルギー関連がしっかりと値を伸ばしたほか、通信や一般消費財も上昇。一方で半導体やバイオテクノロジーや下落、薬品株も軟調な展開となった。ダウ銘柄では、ダウデュポン(DWDP)が2.75%、ボーイング(BA)が2.74%それぞれ上昇したほか、シェブロン(CVX)やキャタピラー(CAT)も2%を超える伸びとなった。一方でファイザー(PFE)は1.11%の下落、このほかプロクター・アンド・ギャンブル(PG)、IBM(IBM)、メルク(MRK)、ユナイテッド・テクノロジー(UTX)の計5銘柄が値を下げた。

Posted by 松    4/5/18 - 16:49   

大豆:反発、米中の貿易摩擦やや和らぎ買いの展開
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1031-1/4↑16-0

シカゴ大豆は反発。米政権幹部による中国との交渉の可能性を示唆する発言を背景に米中貿易摩擦懸念がやや和らぎ、買いの展開になった。週間輸出成約高が予想を上回ったことなども寄与。5月限は夜間取引でまず売り買いにもまれてから、買いが進んで1010セント台後半に上昇した。朝方には1020セント台に上がり、通常取引に入っていったん伸び悩んだ後買いに弾みが付き、1030セントも超える上昇となった。

Posted by 直    4/5/18 - 16:39   

コーン:反発、前日下げた反動で買い戻し入り大豆上昇も支援材料
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:389-1/2↑8-1/2

シカゴコーンは反発。前日の下落の反動で買い戻しが進み、大豆の上昇も支援材料となった。5月限は夜間取引でやや買いが優勢となり、小高く推移した。朝方にはペースも速まり始め、通常取引に入って380セント台後半に上昇。引け近くには前日高値を超えた。

Posted by 直    4/5/18 - 16:37   

小麦:反発、米主要生産地の気温低下背景に作柄懸念から買い
  [場況]

CBOT小麦5月限終値:464-3/4↑9-0

シカゴ小麦は反発。米主要生産地での気温低下を背景に冬小麦の作柄懸念から買いが進んだ。5月限は夜間取引から買いの展開で、460セント台に上昇。通常取引が始まり上げ幅拡大となって、466-0セントと3月19日の高値に並んだ。その後買いのペースが鈍り、取引終盤には460セントまで伸び悩んだが、引けにかけて改めてしっかりとした。

Posted by 直    4/5/18 - 16:30   

天然ガス:反落、強気の在庫統計にも関わらず手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:2.675↓0.043

NY天然ガスは反落。在庫統計で予想を上回る取り崩しが確認されたにも関わらず、材料出尽くし感も手伝ってポジション整理の売りが膨らんだ。5月限は夜間取引から売りが優勢、2.70ドルをやや割り込んだあたりまで値を切り下げての推移となった。朝方にかけては買い意欲が強まったものの、通常取引開始後にはプラス転換することなく息切れ。在庫統計発表後はまとまった売りが出て、2.60ドル台半ばまで一気に値を崩した。その後は値動きも落ち着き、2.60ドル台半ばから後半のレンジ内でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    4/5/18 - 15:04   

石油製品:ガソリンが小幅続伸となる一方、暖房油は僅かに続落
  [場況]

RBOBガソリン5月限:1.9816↑0.0048
暖房油5月限:1.9765↓0.0008

NY石油製品はガソリンが小幅続伸となる一方、暖房油は僅かに続落。日中を通じて原油の値動きを追随、方向感なく上下に振れる展開が続いた。相場は夜間取引では売りが優勢、朝方にかけて下げ幅を広げる展開となったものの、通常取引開始後は一転して大きく買い戻しが集まりプラス転換。中盤以降は前日終値を中心としたレンジ内で、上下に方向感なく振れる展開が続いた。

Posted by 松    4/5/18 - 15:03   

原油:小幅反発、方向感なく上下繰り返すも最後は買い優勢
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:63.54↑0.17

NY原油は小幅反発。日中を通じて方向感なく上下を繰り返す展開が続いたが、最後は買いが優勢で取引を終了した。5月限は夜間取引では売りが先行、朝方には63ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後は一転して買い意欲が強まり64ドル台まで値を伸ばしたものの、早々に息切れ。株高の進行が下支えとなる中、中盤以降はややプラス圏に入ったあたりを中心に方向感なくもみ合う展開。午後遅くにはマイナス圏まで売りに押される場面も見られたが、引けにかけてはプラス転換して取引を終了した。

Posted by 松    4/5/18 - 14:54   

4月米国債入札予定総額、3年債を再び20億ドル引き上げ
  [金融・経済]

米財務省は4日、10日に控えている3年債入札の予定額を300億ドルと、前月の280億ドルから引き上げた。2ヶ月連続して20億ドルの増額である。来週はまた、2月に発行した10年債と30年債の銘柄統合入札(リ・オープン)を行う予定で、10年債を210億ドル、30年債は130億ドルとした。いずれも3月に10億ドルずつ増やした規模を維持した格好になる。10年債のリ・オープンは11日、30年債は12日に行う。

Posted by 直    4/5/18 - 14:33   

インド、モンスーンで平均的な降雨見通し・スカイメット
  [天候]

インドの気象情報会社スカイメットは、2018年のモンスーン(6-9月)の降水量が長期平均(LPA)の887ミリメートルの100%と、平均的な降雨になる見通しを示した。誤差が5%。通常量と所みなされるLPAの95-105%になる確率が55%で、90-95%の通常以下もしくは105-110%の通常以上がいずれも20%とした。また、LPAの110%を超える確率は5%あるが、干ばつはゼロという。このほか、月別には、6月にLPAの111%になるが、7月と9月には97%、96%にダウン、9月には通常を下回る可能性も示唆した。

インドで灌漑農地は約半分しかなく、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育にモンスーンの降雨がかぎとなる。

Posted by 直    4/5/18 - 14:16   

ブラジルエタノール消費量、2月に過去最高を更新
  [エタノール]

ブラジル砂糖きび生産者協会(Unica)が石油・天然ガス・バイオ燃料監督庁(ANP)のデータをまとめた結果、2月の国内エタノール消費が20億9000万リットルと月間消費量として過去最高を記録した。このうち含水エタノールが12億4000万リットルで、ガソリンに混合される無水エタノールが8億4573万リットル。フレックス車による含水エタノール消費が前年同月から43.2%増加したのが背景にあるという。

Posted by 直    4/5/18 - 14:01   

金:続落、米中貿易戦争への懸念後退する中で売り膨らむ
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,328.5↓11.7

NY金は続落。米中の貿易戦争に対する懸念が後退し株価がしっかりと上昇、安全資産としての需要が後退する中で投機的な売りが膨らんだ。6月限は夜間取引から売りが先行、1,330ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後は改めて売り圧力が強まり、1,320ドル台半ばまで下げ幅を拡大。その後は売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、1,320ドル台後半を中心としたレンジ内でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    4/5/18 - 13:54   

コーヒー:続伸、レアル高支えにポジション整理の買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:117.55↑0.65

NYコーヒーは小幅続伸。対ドルでのブラジルレアルの上昇が下支えとなる中、前日までの流れを継いだ5ポジション整理の買い戻しが相場を主導した。5月限は夜間の時間帯から買いが先行、117セント台半ばまで値を切り上げての推移となった。朝方に売りに押し戻されたものの、プラス圏を維持してしっかりと下げ止まり。NYに入ると商いの薄い中で買いが加速、118セント台半ばまで一気に値を伸ばす展開となった。その後は買いも一服、再び売りが優勢となったものの、117セント台はしっかりと維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    4/5/18 - 13:45   

砂糖:小幅反発、ポジション整理の買い戻しが相場を主導
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:12.35↑0.08

NY砂糖は小幅反発。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、これまでの下落で売られ過ぎ感が高まる中でポジション整理の買い戻しが相場を主導した。5月限は夜間の時間帯はややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合い、早朝には前日終値を挟んだレンジまで値を戻しての推移となった。NYに入ると改めて買い意欲が強まり、12.30セント台まで上げ幅を拡大。中盤以降は値動きも落ち着き、同水準での小動きが続いた。

Posted by 松    4/5/18 - 13:14   

2月の米国金輸入は前月から4.76%増加、商務省
  [メタル]

米商務省が5日に発表した貿易収支によると、2月の金輸入は6,222.269キログラムと前月の5,939.775キログラムから4.76%増加した。前年同月の8,877.998キログラムからは29.91%の減少となる。年初来の累計では1万2,162.044キログラムと、前年同期の1万2,463.145キログラムを2.42%下回っている。

Posted by 松    4/5/18 - 12:29   

2月の米コーン輸出前月から1.8%減少、小麦は22.3%落ち込む
  [穀物・大豆]

米商務省が5日に発表した2月の貿易収支によると、コーン輸出は376万8720トンと前月から1.8%減少した。小麦輸出は140万8102トンで、22.3%落ち込んだ。

Posted by 直    4/5/18 - 11:54   

2月の米大豆輸出、前月から26.9%減少
  [穀物・大豆]

米商務省が5日に発表した2月の貿易収支によると、大豆輸出は421万2824トンと前月から26.9%減少した。大豆ミールが3.67%減の92万8305トン。一方、大豆油の輸出は8万2143トンで、前月から0.2%と僅かに増加した。

Posted by 直    4/5/18 - 11:54   

2月の米コーヒー輸入、前月から2%増加
  [コーヒー]

米商務省が5日に発表した2月の貿易収支によると、コーヒー輸入は8万4554トン (約140万袋)となった。前月の8万2719トン (約137万袋)から2.2%増加した。

Posted by 直    4/5/18 - 11:48   

18/19年度南アコーン期末在庫見通し、7050トンの上方修正
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物・油種需給推定委員会は、国内の2018/19年度(5-4月)コーン期末在庫が304万4445トンになると見通し、前月に発表した初回予測の303万7395トンから7050トンと僅かに引き上げた。前年との比較では25.7%の減少。食用となるホワイトコーンを前年比36.5%減の173万4886トンとみており、160万4286トンから上方修正。一方、主に飼料用のイエローコーンは143万3109トンから130万9559トンに引き下げ、前年の推定136万4159トン(修正値)から減少見通しに転じた。

Posted by 直    4/5/18 - 11:18   

17/18年度南ア小麦期末在庫見通し、7800トンの下方修正
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物・油種需給推定委員会は、国内の2017/18年度(10-9月)小麦期末在庫が49万7474ンになるとの見通しを発表し、前月時点での48万9674ンから7800トン引き上げた。前年比で45.7%増加

Posted by 直    4/5/18 - 11:18   

17/18年ロシア穀物輸出、4月4日時点で前年39%上回る
  [穀物・大豆]

ロシアの税関データによると、2017/18年度穀物輸出(7-6月)は4月4日時点で3998万8000トンとなり、前年同期を39%上回った。このうち、小麦は41%増えて3120万トン、コーンが400万トンと前年から1%の増加。

Posted by 直    4/5/18 - 11:05   

2017/18年度ウクライナ穀物輸出、4月4日時点で3080万トン
  [穀物・大豆]

ウクライナ政府によると、2017/18年度穀物輸出(7−6月)は4月4日時点で3080万トンと、前年同期を9%下回った。このうち小麦が1420万トン、コーンは1230万トンという。

Posted by 直    4/5/18 - 11:03   

アルジェリア、38.8万トンの小麦買い付け
  [穀物・大豆]

アルジェリアの国営業者OAICが38万8000トン尾製粉用小麦を買い付けたと報じられた。関係者によると、商社2社から12万トンずつ購入し、また別の2社から9万トン、5万8000トンかい付け、価格レンジが1トン224.18-230ドル。フランス産とみられるという。

Posted by 直    4/5/18 - 10:57   

天然ガス在庫は290億立方フィートの取り崩し、予想上回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 3月30日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 1354 ↓ 29 ↓ 25 ↓33.98% ↓20.38%

続きを読む

Posted by 松    4/5/18 - 10:56   

ユーロシステムの金準備高は四半期調整で21億4,100万ユーロ減少
  [メタル]

ECBが5日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は3月30日現在3,741億1,200万ユーロと前週から21億4,100万ユーロ減少した。減少は四半期毎に行う評価基準価格の調整に伴うもので、調整前では前週から横ばいとなる。

Posted by 松    4/5/18 - 10:52   

ブラジルの3月フレックス車販売は前月から32.54%増加、ANFAVEA
  [エタノール]

ブラジル自動車製造業協会(ANFAVEA)が発表した月報によると、ガソリンとアルコール燃料を併用できるフレックス車の3月の国内販売台数は17万6,364台と、前月比で32.54%増加した。前年同月比では7.41%の増加となる。ガソリン車の販売は6,946台と前月から29.93%増加、前年比では18.33%の増加となった。年初来の累計ではフレックス車が前年同期を13.43%、ガソリン車が22.47%それぞれ前年を上回っている。

Posted by 松    4/5/18 - 10:50   

17/18年度世界穀物生産推定、350万トン上方修正・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)は5日付のレポートで、世界の2017/18年度穀物生産推定を26億4580万トンと、3月の前回報告での26億4230万トンから350万トン引き上げた。これで7回連続の上方修正になり、主に欧州連合(EU)のコーンの上方修正が背景にあるという。前年比にして1.3%増加し、過去最高を更新する。

2017/18年度の雑穀生産推定を13億8310万トンから13億8520万トンに引き上げた。前年との比較で2.5%増加。一方、小麦生産は7億5740万トンとみており、前年から0.3%の減少になるが、従来推定からは40万トン引き上げた。米国の作付上方修正、ロシアでの生産見通しも改善し、全体を押し上げたとしている。

2017/18年度の穀物消費は26億760万トンから26億1230万トンにやや上方修正し、前年比で1.5%見通しになる。小麦とコーンの上方修正が背景にあるとコメント。小麦は7億3360万トンから7億3640万トンに上方修正し、前年比で0.3%と小幅にも増加し、過去最高を更新する。雑穀の消費は13億7290万トンの見通しで、250万トン引き上げた。EUや一部のアジア諸国の飼料用コーン需要が上方修正に寄与したという。前年との比較にすると2.3%の増加になる。

穀物の貿易は4億660万トンとみており、4億480万トンから引き上げ、前年の4億5700万トンを僅かにも上回る見方に転じた。期末在庫は7億5280万トンから7億4820万トンに下方修正。しかし、前年に比べると3.9%膨らみ、過去最高の見方に変わらない。

Posted by 直    4/5/18 - 10:49   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から1億ドル減少
  [メタル]

ロシア中銀が5日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は3月30日時点で4,577ドルと、前週から1億ドル減少した。年初の4,327億ドルからは、250億ドルの増加となる。

Posted by 松    4/5/18 - 10:44   

輸出成約高:小麦とコーンは前週から減少、大豆は大幅に回復
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

3/29/18 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 109.0 200.2 309.2 ↓35.0% 250.0 〜700.0
コーン 898.3 11.0 909.3 ↓44.6% 1100.0 〜1600.0
大豆 1133.0 358.2 1491.2 ↑285.1% 600.0 〜1050.0
大豆ミール 414.3 0.0 414.3 ↑125.0% 150.0 〜300.0
大豆油 43.5 0.0 43.5 ↑25.7% 10.0 〜35.0

Posted by 松    4/5/18 - 10:33   

17/18年度世界小麦生産推定、40万トン上方修正・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、世界の2017/18年度小麦生産推定を7億5740万トンと、3月の前回報告時の7億5700万トンから40万トン引き上げた。前年比にして0.3%の減少になる。2017/18年度の消費は過去最高の見通しで、しかも7億3360万トンから7億3640万トンに上方修正。欧州連合(EU)の工業用やロシアの飼料用の需要が事前予想以上であるためという。

貿易は1億7380万トンとみており、30万トン引き上げた。ロシアの輸出が大幅の上方修正となったが、EUなどの輸出を引き下げたことを示した。前年に比べると1.6%の減少。期末在庫は2億7270万トンから2億7200万トンに引き下げたものの、過去最高に変わらないとしている。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    4/5/18 - 10:14   

17/18年度世界コーン生産推定260万トン引き上げ・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、世界の2017/18年度コーン生産推定を10億8700万トンと、3月の前回報告で10億8440万トンとみていたのから260万トン引き上げた。主に欧州連合(EU)の上方修正によるという。前年からは3.9%増加。

2017/18年度の消費見通しは10億7220万トンで、前月の10憶6930万トンから上方修正した。EUや南米を中心した飼料需要が全体を押し上げ、最新予測は前年を3.1%上回る。貿易は1億4440万トンから1億4550万トンに改定で、EUとトルコ、アジアの一部諸国の輸入が事前の予想以上なのを反映している。前年比で4.0%の増加。期末在庫は2億5290万トンから2億4720万トンに引き下げた。韓国と米国で予想を上回る取り崩しとみられ、下方修正につながったと指摘。それでも、過去最高更新になる。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    4/5/18 - 10:13   

17/18年度世界大豆生産推定、840万トンの下方修正・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、2017/18年度の世界大豆生産推定を3億3680万トンと、3月の前回報告での3億4520万トンから840万トンと大きく引き下げた。アルゼンチンの下方修正が背景にある。前年比にすると3.4%の減少。

2017/18年度消費は3億5140万トンから3億4910万トンに下方修正した。アルゼンチンやブラジルなどの圧搾需要が当初の見通しを下回ることによる。ただ、前年に比べると2.3%の増加。貿易は80万トン引き上げて1億5400万トンの見通しとした。ブラジルの輸出見通しを上方修正、アルゼンチンとウルグアイの輸出は下方修正という。前年との比較にすると3.2%の増加。期末在庫は4730万トンから4200万トンに引き下げ、4年ぶりの低水準になると予想。アルゼンチンとブラジルを大きく引き下げたためという。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    4/5/18 - 10:11   

2月の貿易収支、575.9億ドルの赤字で2008年10月以来の大幅赤字
  [経済指標]

貿易収支
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

18年2月 前月比 18年1月 市場予想 年初来 2017年度
貿易収支 (モノ+サービス) ▲57592 ↑1.64% ▲56664 ▲56700 ▲114256 ▲568442
>モノ(Goods) ▲77011 ↑0.40% ▲76708 ▲153719 ▲811212
>サービス 19419 ↓3.12% 20044 39463 242770
輸出 (モノ+サービス) 204445 ↑1.74% 200948 405393 2331599
輸入 (モノ+サービス) 262037 ↑1.72% 257612 519649 2900041

続きを読む

Posted by 直    4/5/18 - 08:54   

失業保険新規申請件数は24.2万件に増加、市場予想も上回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

3月31日 前週比 3月24日 市場予想
新規申請件数 242.00 ↑ 24.00 218.00 225.00
4週平均 228.25 ↑ 3.00 225.25 -
継続受給件数 1808.00 NA

続きを読む

Posted by 直    4/5/18 - 08:32   

17/18年度フィリピン穀物輸入、前年から5%増加見通し・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)によると、フィリピンの2017/18年度(7-6月)穀物輸入は717万7000トンと前年から5.0%増加の見通しになった。過去5年平均の626万5000トンも上回る。コーンが43万トンに増加見通し。コメへの乗り換えの影響でコーンの生産が前年から6%減少して760万トンとみられ、輸入が上向くとの見方である。小麦は前年比ほぼ横ばいの550万トンとみられ、製粉用と飼料用いずれも需要が堅調なためという。

Posted by 直    4/5/18 - 08:29   

3月の米企業解雇予定数、6万357人で2016年4月以来の高水準
  [経済指標]

米企業解雇予定数
出所:チャレンジャー・グレイ・アンド クリスマス社

18年3月 前月比 前年比 18年2月
解雇予定数 60357 ↑ 70.65% ↑ 39.36% ↓20.79%
2018年度累計 140379 - ↑ 11.23% -

続きを読む

Posted by 直    4/5/18 - 08:00   

4日のOPECバスケット価格は64.48ドルと前日から0.50ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
4/4 (水) 64.48 ↓0.50
4/3 (火) 64.98 ↓1.11
4/2 (月) 66.09 ↑0.22
3/29 (木) 65.87 ↓0.19
3/28 (水) 66.06 ↓0.75

Posted by 松    4/5/18 - 05:00   

4/5(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・3月米企業解雇予定数 (07:30)
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・2月貿易収支 (08:30)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

Posted by 松    4/5/18 - 04:58   

2018年04月04日(水)

債券:続落、強気の経済指標や株価回復などで売り
  [場況]

債券は続落。朝方発表されたADPの民間雇用データが予想以上の増加となったことや米供給管理協会(ISM)非製造業指数の価格上昇を背景に売り圧力が強まった。米中の貿易摩擦激化を手掛かりに買いが進む場面があったが、インフレも懸念されることが重石になり、また株価が下落から回復したことがマイナスに作用した。

夜間取引でもみ合い相場となってから、中国の関税措置発表を受けて買いの展開にシフト。10年債利回りの低下が進み、通常取引に入っても流れを引き継いで2.74%まで下がった。しかし、この水準で買いも一服となり、雇用データなどを手掛かりに売りが膨らみ、昼前には前日の水準に戻した。また、株式相場が大きく下げた後で持ち直したため、午後には2.8%に上昇した。

Posted by 直    4/4/18 - 17:40   

FX:円安、NY朝まではリスク回避の動き優勢もその後円売り進む
  [場況]

ドル/円:106.77、ユーロ/ドル:1.2278、ユーロ/円:131.10 (NY17:00)

為替は円安が進行。NY朝までは米中の貿易摩擦に対する懸念を背景とした株価の急落を受けて、リスク回避の動きが強まる格好となったが、その後流れが一転。株価の上昇につれて安全資産としての円に対する需要が後退した。ドル/円は東京では106円台半ばのレンジ内での推移。ロンドンに入ると中国の報復関税発表を受けて売りが加速、106円割れを試すまで一気に値を崩した。その後は売りも一服、NYに入ると買い意欲が強まり、徐々に値を回復する展開。午後に入っても買いの勢いは衰えず、最後は106円台後半まで値を伸ばした。

ユーロ/ドルは東京では1.22ドル台後半での小動き。午後には1.22ドル半ばまで売りに押される格好となったものの、ロンドンでは買い戻しが集まり1.223ドル台まで値を回復するなど、不安定な展開。その後は1.22ドル台後半でもみ合う展開、NYに入っても特に新たな動きが見られることはなかった。ユーロ/円は東京では130円台後半での小動き、ロンドンに入ると売りが膨らみ130円台前半まで下落。NYに入ると一転して買い一色の展開となり、昼前には131円台を回復した。

Posted by 松    4/4/18 - 17:32   

ブラジルコーヒー輸出:4日現在11.18万袋と前月を31.1%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

4月4日 4月累計 前月(3/5) 前月比 前年比
輸出合計 11.084 111.841 162.252 ↓31.1% ↑376.1%
>アラビカ種 4.276 103.157 149.957 ↓31.2% ↑521.5%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 6.808 8.684 12.295 ↓29.4% ↑26.0%

Posted by 松    4/4/18 - 17:15   

大豆:反落、中国の対米報復関税背景に売り優勢
  [場況]

CBOT大豆5月限終値:1015-1/4↓22-3/4

シカゴ大豆は反落。中国の対米報復関税に大豆が含まれていたのを背景に売りが優勢となった。5月限は夜間取引でまず小動き、関税発表に続いて一気に1000セントを割り込む下落となった。ただ、USDA作付意向調査が予想を下回ったのが引き続き下支えであり、983-1/2セントと2月6日以来の安値を付けて一服。通常取引に入り1000セント台に戻し、1020セント台に下げ幅を縮める場面もあった。

Posted by 直    4/4/18 - 17:07   

株式:続伸、中国の対米報復関税で貿易摩擦に対する懸念から買い
  [場況]

ダウ工業平均:24,264.30↑230.94
S&P500:2,644.69↑30.24
NASDAQ:7,042.11↑100.83

NY株は続伸。米中の貿易摩擦に対する懸念が材料視される中で大きく売りが先行したものの、その後しっかりと買いが集まった。ダウ平均は寄り付きでは大きく売りが先行、中国が米国製品に対して25%の報復関税を賦課する方針を示したことを受け、米中が貿易戦争に発展するのではとの見方が嫌気された。その後は一転して買いが先行する展開、中盤には伸び悩む場面も見られたものの、午後からは改めて買いが加速しプラス圏を回復。その後も買いの勢いは衰えず、上げ幅は200ポイントを超えるまでの値を伸ばした。

セクター別では、エネルギー関連や金関連、運輸株が値を下げたものの、それ以外は軒並み上昇。バイオテクノロジーや一般消費財、半導体やコンピューター関連も値を伸ばした。ダウ銘柄では、マイクロソフト(MSFT)が2.92%上昇、IBM(IBM)やナイキ(NKE)、ホープ・デポ(HD)も2%を超える伸びとなった。一方下落したのはボーイング(BA)、シェブロン(CVX)、エクソン・モービル(XOM)の3銘柄のみだった。

Posted by 松    4/4/18 - 17:05   

コーン:反落、中国の対米関税措置で売りに押される
  [場況]

CBOTコーン5月限終値:381-0↓7-1/2

シカゴコーンは反落。中国が対米関税措置を取り、コーンも対象にしたことから売りに押された。5月限は夜間取引で小刻みな売り買いにもまれる展開から、中国の関税発表に続いて売りを浴び、370セント台に下落した。ただ、関税の時期が不透明なことなどから、372-0セントと3月28日の安値に並んで売りのペースも鈍って、朝方に下げ渋り。通常取引では380セント台に下げ幅を縮めた。

Posted by 直    4/4/18 - 17:04   

小麦:反落、大豆やコーンにつれ安も作柄懸念で売り限定的
  [場況]

CBOT小麦5月限終値: 455-3/4↓1-3/4

シカゴ小麦は反落。中米の通商問題を背景にした大豆やコーンの下落につれ安となったが、冬小麦の作柄懸念が強いこともあり、売りは限られた。5月限は夜間取引で前日の買いの流れを引き継いで460セント台に上昇していたのから、中国の関税措置発表の後売りに押され、440セント台に下落。しかし、447-0セントまで下がって売りも一服し、450セントの節目近辺でもみ合った。通常取引では前日の終値水準に戻し、一時、狭いレンジで上下に振れる展開となった後、やや弱含んだ。


Posted by 直    4/4/18 - 17:00   

天然ガス:続伸、強気の天気予報が改めて下支え
  [場況]

NYMEX天然ガス5月限終値:2.718↑0.021

NY天然ガスは続伸。目先中西部から北東部にかけて平年以下の気温が続くとの予報が下支えとなる中で買いが集まった。5月限は夜間取引では前日終値をやや割り込んだあたりを中心としたレンジ内で、方向感なくもみ合う展開。通常取引開始後は商いの薄い中でまとまった買いが入り、2.70ドル台半ばまで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服となったものの、しっかりと高値圏は維持。引けにかけては売りに押し戻されたが、2.70ドルを割り込むことはなかった。

Posted by 松    4/4/18 - 15:05   

石油製品:ガソリンが小幅続伸となる一方、暖房油は反落
  [場況]

RBOBガソリン5月限:1.9768↑0.027
暖房油5月限:1.9773↓0.0177

NY石油製品はガソリンが小幅続伸となる一方、暖房油は反落。相場は夜間取引では原油や株の下落につれて売りが先行、中国が報復関税を打ち出したことが懸念される中、朝方まで軟調な展開が続いた。通常取引開始後は売りも一服、ガソリンは在庫統計で取り崩しとなったことも支えとなる中で最後はプラス圏まで値を戻したが、暖房油は上値の重いまま取引を終了した。

Posted by 松    4/4/18 - 14:59   

原油:小幅反落、貿易戦争による需要減少懸念が重石
  [場況]

NYMEX原油5月限終値:63.37↓0.14

NY原油は小幅反落。中国が米国製品に対する報復関税を打ち出したことを受け、貿易戦争に発展すれば世界的に景気が減速、石油需要も伸び悩むとの見方が弱気に作用した。5月限は夜間取引から売りが先行、通常取引開始後には62ドル台前半まで値を下げた。その後は売りも一服、中盤にかけては在庫統計で原油が大幅取り崩しとなったことが好感される中で買い戻しが集まり、63ドル台を回復した。その後も堅調な値動きが継続、引け間際には小幅ながらもプラス転換する場面も見られたが、最後は売りが優勢で取引を終了した。

Posted by 松    4/4/18 - 14:59   

金利は中立水準に近く、利上げ必要ない・セントルイス連銀総裁
  [要人発言]

セントルイス連銀のブラード総裁は4日の講演で、金利は中立水準に近く、更なる利上げの必要はないとの見方を示した。2015年12月から今年3月にかけて計6回引き上げたことにより、金利は近年で最も中立水準に近いとコメント。物価が当局の目標である2%を下回っており、インフレの下押しを狙うことはないという。また、インフレは上がってくるとも述べた。

総裁はこのほか、2017年には米国や世界の経済成長が予想以上で、世界展開する米企業の収益や米国株を押し上げたとした。しかし、2018年に入って米実質国内総生産(GDP)の伸び率に不透明感が出ているともいう。季節的な要因に加え、金利上昇、また通商政策の先行きやハイテクセクターに対する規制が懸念されており、2017年の景気拡大の効果も薄れていると述べた。

セントルイス連銀総裁は2019年に米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーを務める。

Posted by 直    4/4/18 - 14:42   

天然ガス在庫は 245億立方フィートの取り崩し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
5 日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↓ 24.5 ↓ 30.0 〜 ↓ 21.0
>前週 ↓ 63.0
>前年 ↑ 2.0
>過去5年平均 ↓ 33.8

Posted by 松    4/4/18 - 14:22   

金:小幅反発、中国の報復関税受け買い先行も最後は上げ幅縮小
  [場況]

COMEX金6月限終値:1,340.2↑2.9

NY金は小幅反発。中国が米国製品に対して報復関税を上乗せする方針を打ち出したことを受け、貿易戦争に発展するとの懸念から買いが先行したものの、市場が落ち着きを取り戻すのにつれて上げ幅を縮小した。6月限は夜間取引から中国の関税発表を受けて買いが先行、通常取引開始時には1,250ドル台前半まで値を伸ばした。その後は一転して売りに押し戻される格好となり、中盤には前日終値近辺まで値を下げたものの、プラス圏はしっかりと維持して下げ止まり。結局最後までマイナス転落することなく取引を終了した。

Posted by 松    4/4/18 - 13:52   

コーヒー:小幅続伸、ポジション整理の買い戻し先行も上げ幅縮小
  [場況]

ICE-USコーヒー5月限終値:116.90↑0.30

NYコーヒーは小幅続伸。前日の流れを継いだポジション整理の買い戻しが先行する展開ながら、最後は上げ幅を縮小した。5月限は夜間の時間帯はこれまでの流れを継いだ売りが優勢、ややマイナス圏に入ってあたりでのもみ合いとなった。NYに入ると買い意欲が強まり、117セント台半ばまで値を回復したものの、それ以上の動きは見られず。その後しばらく高値近辺での推移が続いたが、中盤以降は改めて売りが優勢となり、前日終値をはさんだレンジ内で上下を繰り返す展開が続いた。

Posted by 松    4/4/18 - 13:50   

砂糖:続落、ファンダメンタルズの弱さが改めて相場の重石
  [場況]

ICE-US砂糖5月限終値:12.27↓0.20

NY砂糖は続落。需給面で新たな材料が出たわけではなかったが、ファンダメンタルズの弱さが相場の重石となる中で軟調に推移した。5月限は夜間の取引開始時から売りが先行、早々に12セント台前半まで値を下げる展開となった。その後は買い戻しが集まったものの、プラス圏を回復することなく息切れ。NYに入ると改めて売り圧力が強まる格好となり、中盤には12.20セント台まで下げ幅を拡大。最後まで上値の重いまま取引を終了した。

Posted by 松    4/4/18 - 13:16   

18/19年度世界砂糖市場は430万トンの供給過剰・ラボバンク
  [砂糖]

欧州金融大手ラボバンクは、2018/19年度の世界砂糖市場が430万トンの供給過剰になるとの初回見通しを発表した。2年連続して供給が需要を上回る見方である。2017/18年度は760万トンの供給過剰と予想、従来より330万トン引き上げた。

同銀は、インドの2017/18年度砂糖生産見通しを400万トン引き上げ、3170万トンとした。前年比で49%の増加となる。このほか、タイの2017/18年度生産は1350万トンの予想で、90万トンの上方修正。また欧州連合は40万トンの引き上げ、2090万トンと前年から26%増加、過去5年平均を340万トン上回るのを見越す。

Posted by 直    4/4/18 - 12:58   

ベトナムコーヒー輸出、1-3月期は前年比15.1%増加・農務省
  [穀物・大豆]

ベトナム農務省によると、同国の1‐3月期コーヒー輸出は52万トンと、前年同期から15.1%増加した。ドイツ向けが14%以上を占めて最もシェアが大きかったが、前年同期の18%は下回った。このほか、米国、インドネシア、イタリア、日本が主な仕向け先だったという。

ベトナムコーヒー・ココア協会Vicofaは2017/18年度(10-9月)の輸出が150万トンと見通しており、2017年10‐12月期の40万トンとあわせてすでに約6割が輸出済みになった格好になる。Vicofaの副会長は輸出が好調とコメントした。

Posted by 直    4/4/18 - 11:12   

EIA在庫:原油は461.7万バレルの取り崩し、製油所稼動率が上昇
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

3月30日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 425332 ↓ 4617 ↑ 1000 ↓ 3280
ガソリン在庫 238477 ↓ 1116 ↓ 1918 ↑ 1123
留出油在庫 129491 ↑ 537 ↓ 1255 ↑ 2200
製油所稼働率 93.04% ↑ 0.70 ↓ 0.04 -
原油輸入 7898 ↓ 250 - -

続きを読む

Posted by 松    4/4/18 - 11:08   

3月のISM非製造業指数、58.8に低下し市場予想もやや下回る
  [経済指標]

ISM非製造業指数
出所:米供給管理協会(ISM)、NY10:00発表

ISM非製造業指数 18年3月 18年2月 市場予想
NMI/PMI 58.8 59.5 59.0
ビジネス指数/生産 60.6 62.8

続きを読む

Posted by 直    4/4/18 - 10:20   

2月の製造業受注、前月から1.21%増加も市場予想は下回る
  [場況]

製造業受注
出所:米国勢調査局、NY10:00発表、季節調整値、単位100万ドル

18年2月 前月比 18年1月 市場予想
製造業新規受注 497984 ↑1.21% ↓1.32% ↑1.8%
>運輸除く(ex-Trans) 414495 ↑0.12% ↑0.45% NA
>防衛除く(ex-Defence) 485572 ↑0.93% ↓0.75%

続きを読む

Posted by 直    4/4/18 - 10:05   

中国が新たな関税方針、大豆やコーンなどに25%の関税上乗せ
  [穀物・大豆]

中国政府は4日、大豆やコーン、小麦など106品目に25%の関税を上乗せする新たな対米関税方針を発表した。米国が3日に中国の知的財産権侵害を理由に中国製品1300品目に対する25%関税導入を決め、中国が報復措置を取った格好になる。米大豆協会は米中の対立が進むのに不満を示す声明を発表。米国の大豆輸出の61%が中国向けであり、25%の関税は大豆農家に打撃とコメント。米政府が関税措置以外で中国の知的財産権侵害への対策を取れないことは残念と述べた。

Posted by 直    4/4/18 - 10:00   

中国向けと仕向け先不明で大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は4日、民間業者から中国向けで12万9000トンの2018/19年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。このほか、仕向け先不明で13万トンの2017/18年度産と19万5000トンの2018/19年度産、あわせて32万5000トンの大豆輸出成約報告もあったという。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    4/4/18 - 09:39   

17/18年インド大豆生産推定、イールド不振で100万トン下方修正
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、インドの2017/18年度大豆生産推定は900万トンで、従来の1000万トンから下方修正になった。夏場の一部生産地における乾燥の影響でイールドが当初予想をやや下回ったのが背景にあるという。生産は前年比にして14.3%減少する。

圧搾は前年比6.3%増の850万トンと従来見通しで据え置きとなった。一方、国内消費が978万トンとみられ、1018万トンから下方修正、前年に比べると1.9%の増加。期末在庫は40万6000トンの見通しで、従来の23万4000トンから引き上げられた。それでも、前年比にすると66.6%落ち込む。

Posted by 直    4/4/18 - 09:07   

3月ADP民間雇用数は前月から24.1万人増加、予想上回る
  [経済指標]

ADP全米雇用レポート
出所:Automatic Data Processing, Inc.、NY8:15発表、季節調整値、単位1,000人

18年3月 前月比 18年2月 労働省2月 市場予想
非農業民間雇用数 125961 ↑241 ↑246 ↑287 ↑203
>製造業(鉱工業、建設含む) 20392 ↑65 ↑42 ↑100
>サービス業 105569 ↑176 ↑204 ↑187

続きを読む

Posted by 松    4/4/18 - 08:20   

MBA住宅ローン申請指数は前週から3.29%低下
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

3月30日 前週比 前年比 3月23日
総合指数 388.1 ↓3.29% ↓2.27% ↑4.78%
新規購入指数 252.3 ↓2.06% ↑5.21% ↑3.08%
借り換え指数 1130.1 ↓4.91% ↓11.15% ↑7.29%
一般ローン 491.0 ↓3.71% ↓1.09% ↑5.94%
政府系ローン 215.1 ↓1.87% ↓6.32% ↑0.87%
30年固定金利 4.69% →0.00 ↑0.35 ↑0.01
15年固定金利 4.09% →0.00 ↑0.52 ↓0.03
5年変動金利(ARM) 3.87% ↓0.05 ↑0.54 ↑0.09

Posted by 松    4/4/18 - 07:06   

3日のOPECバスケット価格は64.98ドルと前日から1.11ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
4/3 (火) 64.98 ↓1.11
4/2 (月) 66.09 ↑0.22
3/29 (木) 65.87 ↓0.19
3/28 (水) 66.06 ↓0.75
3/27 (火) 66.81 →0.00

Posted by 松    4/4/18 - 05:48   

4/4(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・3月ADP全米雇用レポート (08:15)
・2月製造業受注 (10:00)
・3月ISM非製造業指数 (10:00)

エネルギー

・EIA石油在庫統計 (10:30)

Posted by 松    4/4/18 - 05:45   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ