ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



7月

2019


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2019年07月29日(月)

債券:続伸、FOMC控えて様子見の中持ち高調整の買い
  [場況]

債券は続伸。30-31日の米連邦公開市場委員会(FOMC)会合を控えて様子見の空気が強まる中、持ち高調整の買いが入った。夜間取引にやや買いが優勢となり、10年債利回りは低下。通常取引でもペースは緩やかながら買いの流れを続けた。

Posted by 直    7/29/19 - 17:38   

全米平均ガソリン小売価格は前週から3.5セント下落
  [エネルギー]

ガソリン・ディーゼル小売価格
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY17:00発表、単位セント/ガロン

7月29日 前週比 前年比
レギュラーガソリン全米平均 ¢271.5 ↓3.5 ↓13.1
ディーゼル燃料全米平均 ¢303.4 ↓1.0 ↓19.2

Posted by 松    7/29/19 - 17:30   

FX:ユーロ反発、FOMC控え様子見気分強まる中で買い戻しが優勢
  [場況]

ドル/円:108.78、ユーロ/ドル:1.1144、ユーロ/円:121.23 (NY17:00)

為替はユーロが反発。FOMCを前にして市場全体に様子見気分が強まる中、ポジション調整のユーロ買い戻しが相場を主導した。ドル/円は東京では売りが先行、早々に108円台前半まで値を下げた。売り一巡後はジリジリと買いが集まり、ロンドンでは108円台後半まで反発。NYに入ってもしばらくは同水準での推移が続いたが、中盤にまとまった買いが入ると、109円をうかがうまで一気に値を伸ばした。昼前には買いも一服、午後にかけて108円台後半で上値の重い展開が続いた。

ユーロ/ドルは東京朝には買いが先行、1.11ドル台半ばまで値を伸ばしたものの、その後は一転して売りに押される展開。ロンドンでは1.11ドル台前半まで値を下げた。NYに入ると今度は買い意欲が強まり、1.11ドル台半ばまで一気に値を回復。午後には勢いこそ鈍ったものの、買いの流れが止まることはなかった。ユーロ/円は東京から売りが優勢、120円台後半まで値を切り下げての推移となった。ロンドンに入っても新たな動きは見られず、NYでは中盤にまとまった買いが入り、121円台前半まで急反発。昼前には買いも一服となったが、その後も高値圏をしっかりと維持しての推移が続いた。

Posted by 松    7/29/19 - 17:26   

大豆:続伸、30日の米中貿易協議再開にらんで買いの展開
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:904-1/4↑3-1/4

シカゴ大豆は続伸。30日に米中貿易協議が再開するのをにらんで買いの展開になった。11月限は夜間取引に小じっかり。一時値を消したものの、前週末の終値を下回ってすぐに買いが集まり、朝方には900セント台後半まで上昇した。通常取引でも買いの流れを続け、堅調な値動きだった。

Posted by 直    7/29/19 - 16:57   

ブラジルコーヒー輸出:29日現在184.71万袋と前月を5.8%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

7月29日 7月累計 前月(6/30) 前月比 前年比
輸出合計 69.657 1847.121 1961.255 ↓5.8% ↑6.5%
>アラビカ種 18.715 1346.887 1682.851 ↓20.0% ↑3.9%
>ロブスタ種 26.831 352.739 55.179 ↑539.3% ↑77.4%
>インスタント 24.111 147.495 223.225 ↓33.9% ↓25.8%

Posted by 松    7/29/19 - 16:56   

株式:ダウ平均が小幅反発となる一方、S&P500とナスダック反落
  [場況]

ダウ工業平均:27,221.35↑28.90
S&P500:3,020.97↓4.89
NASDAQ:8,293.33↓36.88

NY株式はダウ工業平均が小幅反発となる一方、S&P500種とナスダック総合指数は反落。FOMCを控えて様子見気分の強まる中、日中を通じてポジション調整の動きが全体を主導する展開となった。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、早々に80ポイント以上値を伸ばした。中盤には買いも一服となったものの、大きく売りに押されることもなく、日中高値近辺でのもみ合いが継続。午後からはやや上値が重くなったものの、最後までプラス圏を維持しての推移となった。

セクター別では、金が上昇したほか、公益株や生活必需品、薬品株も堅調に推移。一方で義b工株は下落、保険や一般消費財も値を下げた。エネルギーや素材も軟調に推移した。ダウ銘柄では、インテル(INTC)が1.78%、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)が1.75%それぞれ上昇。スリーエム(MMM)、メルク(MRK)、ウォルト・ディズニー(DIS)、キャタピラー(CAT)、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)も1%を超える上昇となった。一方でファイザー(PFE)は3.81%の急落、ダウ(DOW)やボーイング(BA)も大きく値を下げた。

Posted by 松    7/29/19 - 16:52   

コーン:反発、米中西部一部の乾燥予報背景に買い入る
  [場況]

CBOTコーン9月限終値:417-0↑2-1/2

シカゴコーンは反発。米中西部の一部で今週に乾燥予報が出ているのを背景に作柄への影響懸念から買いが入った。夜間取引でまず売りに押されたが、9月限は412-0セントと5月24日以来の安値を付けてから間もなくして買いが進みプラス圏に値を伸ばした。朝方には410セント台後半に一段高。通常取引開始後に伸び悩んでも、買いの流れまで止まることはなく、改めて410セント台後半に上がった。

Posted by 直    7/29/19 - 16:44   

小麦:反発、ロシアや欧州の生産不安から買い進む
  [場況]

CBOT小麦9月限終値:503-1/2↑7-1/2

シカゴ小麦は反発。ロシアや欧州の生産不安から買いが進んだ。夜間取引で買いが優勢となる中、9月限は500セント台に上昇。通常取引に入って一段と値を伸ばした。ただ、500セント台後半まで上がってからペースもややスローダウンし、その後500セント台前半に伸び悩んだ。

Posted by 直    7/29/19 - 16:41   

USDAクロップ:大豆作柄はほぼ変わらず、開花や着サヤには遅れ
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・大豆
出所:米農務省、NY16:00発表

7月28日現在

大豆作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 10% 33% 45% 9%
前週 3% 9% 34% 46% 8%
前年 2% 6% 22% 53% 17%
大豆開花進捗率 7月28日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 57% 40% 85% 79%
大豆着サヤ進捗率 7月28日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 21% 7% 58% 45%

Posted by 松    7/29/19 - 16:11   

USDAクロップ:コーン作柄は前週からやや改善、生育は依然遅れる
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・コーン
出所:米農務省、NY16:00発表

7月28日現在

コーン作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要18州平均 3% 9% 30% 47% 11%
前週 3% 10% 30% 47% 10%
前年 3% 6% 19% 50% 22%
コーンシルキング進捗率 7月28日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 58% 35% 90% 83%
コーンドウ進捗率 7月28日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 13% 5% 35% 23%

Posted by 松    7/29/19 - 16:08   

USDAクロップ:春小麦作柄は前週から悪化、出穂は97%が終了
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・春小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

7月28日現在

春小麦作柄 - 不良 - やや不良 平年並み - やや良- -- 良 --
主要6州平均 1% 5% 21% 62% 11%
前週 - 4% 20% 63% 13%
前年 1% 3% 18% 64% 14%
春小麦出穂進捗率 7月28日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要6州平均 97% 92% 99% 98%

Posted by 松    7/29/19 - 16:07   

USDAクロップ:冬小麦収穫は75%が終了、平年下回るペース続く
  [穀物・大豆]

USDAクロップレポート・冬小麦
出所:米農務省、NY16:00発表

冬小麦収穫進捗率 7月28日現在 -- 前週 -- -- 前年 -- 過去5年平均
主要18州平均 75% 69% 84% 86%

Posted by 松    7/29/19 - 16:06   

天然ガス:続落、気温低下に伴う冷房需要の伸び悩み観測が重石
  [場況]

NYMEX天然ガス9月限終値:2.141↓0.028

NY天然ガスは続落。目先平年以下の気温が続くとの予報が出る中、冷房需要の伸び悩み観測が改めて売りを呼び込む格好となった。9月限は夜間取引ではポジション整理の買い戻しが先行、2.16ドル台まで値を回復する場面も見られたが、早々に息切れ。ロンドン時間に入ったあたりから徐々に売りが優勢となり、早朝にまとまった売りが出ると、2.10ドル台前半まで一気に値を崩した。朝方には一旦買いが優勢となり、2.10ドル台半ばまで値を戻したものの、通常取引開始後は改めて売りが加速 。2.10ドル割れをうかがう水準まで下げ幅を拡大。中盤以降は売りも一服となったが、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    7/29/19 - 15:08   

石油製品:ガソリンが小幅続落となる一方、暖房油は反発
  [場況]

RBOBガソリン9月限:1.8153↓0.0071
暖房油9月限:1.9203↑0.0070

NY石油製品はガソリンが小幅続落となる一方、暖房油は反発。相場は夜間取引では売りが先行したものの、ロンドン時間には暖房油がプラス圏を回復、朝方には原油の上昇につれる形で更に値を伸ばした。その後は一旦売りに押し戻されたものの、しっかりと下げ止まり、中盤以降はプラス圏での推移が続いた。一方ガソリンは最後までマイナス圏で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    7/29/19 - 14:52   

原油:続伸、中盤まで方向感なく上下も最後は騰勢強める
  [場況]

NYMEX原油9月限終値:56.87↑0.67

NY原油は続伸。中盤までは投機的な売り買いが交錯、不安定な上下を繰り返す展開が続いたが、最後はイラン情勢緊迫に対する不安などが下支えとなる中でしっかりと値を切り上げた。9月限は夜間取引では売りが優勢の展開、ロンドン時間からは買い意欲が強まり、ややプラス圏に入ったあたりまで値を回復した。通常取引開始後は改めて買いが加速 、56ドル台後半まで値を伸ばしたものの、直ぐに売りに押し戻されマイナス転落、そのまま56ドルを割り込むまで値を崩した。中盤以降は再び買いが優勢の展開、最後は日中高値を更新、57ドルの節目に迫るまでに値を伸ばした。

Posted by 松    7/29/19 - 14:48   

金:小幅続伸、FOMC控え様子見気分強まる中でもみ合い続く
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,433.3↑1.1

NY金は小幅続伸。FOMCを控えて様子見気分の強まる中、日中を通じて先週末の終値近辺で方向感なくもみ合う展開となった。12月限は夜間取引では買いが先行、1,430ドル台後半まで値を伸ばす場面も見られたものの、早々に息切れ。その後は売りに押され、ややマイナス圏に入ったあたりでの推移が続いた。朝方にかけては改めて買いが優勢となり、プラス圏を回復。通常取引開始後はまとまった売りが出て1,430ドルを割り込むまで値を崩す場面も見られたが、直ぐに値を回復した。中盤以降は値動きも落ち着き、ややプラス圏に入ったあたりでの推移が続いた。

Posted by 松    7/29/19 - 13:46   

コーヒー:反発、売られ過ぎ感高まる中で買い戻し集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー9月限終値:101.15↑1.40

NYコーヒーは反発。ここまでの下落で売られ過ぎ感が高まる中、ポジション整理の買い戻しがしっかりと相場を押し上げる展開となった。9月限は夜間の取引開始時には買いが先行したものの、その後売りに押し戻されあっさりとマイナス転落、NYに入ると99セントを割り込むまでに下げ幅を拡大した。中盤にかけては流れが一転、商いの薄い中でまとまった買いが断続的に入ると102セント台半ばまで一気に値を回復。引けにかけては買いも一服、上げ幅を縮小して取引を終了した。

Posted by 松    7/29/19 - 13:27   

砂糖:小幅続伸、これまでの流れ継いだ買いが相場を主導
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:12.07↑0.05

NY砂糖は小幅続伸。需給面で新たな材料に欠ける中、これまでの流れを継いだテクニカルな買いが相場を主導する展開となった。。10月限は夜間の取引開始時から買いが優勢、12.10セント台まで値を切り上げての推移となった。NYに入ると売り圧力が強まり、小幅ながらもマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、すぐに値を回復。中盤には日中高値を更新、12.20セント台まで値を伸ばした。引けにかけては改めて売り圧力が強まったものの、プラス圏を維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    7/29/19 - 13:27   

輸出検証高:コーンと大豆は前週から増加、小麦は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出検証高
出所:米農務省、NY11:00発表、単位1,000トン

7月25日 前週比 前年比 期初来 前年比
小麦 390.7 ↓12.6% ↑0.2% 3798.7 ↑24.5%
コーン 645.4 ↑47.2% ↓61.2% 44255.5 ↓14.0%
大豆 1031.5 ↑83.9% ↑34.2% 40311.9 ↓23.2%

Posted by 松    7/29/19 - 11:01   

インドの2019年雨期作付、26日時点で前年6.3%下回る
  [砂糖]

インド農務省によると、2019年の雨期(カリフ)農作物作付は26日時点で6890万ヘクタール終了し、前年同期を6.3%下回った。モンスーン入りの遅れ、また6月は平均以下の降雨だったことで、6月に作業が始まってから前年比マイナスが続いている。ただ、このところ雨量が増していることで開きは縮小傾向にある。

コーンが前年比ほぼ横ばいの630万ヘクタールとなった。綿花は前年の1020万ヘクタールを上回る1090万ヘクタール。反面、大豆は970万ヘクタールになり、前年の1010万ヘクタールからダウンである。コメや砂糖きび、豆類も引き続き前年を下回っているという。

Posted by 直    7/29/19 - 10:54   

ロシア砂糖ビートテスト、平均根重量が前年28.9%上回る
  [砂糖]

ロシア砂糖生産者組合によると、2019年産砂糖ビートの3次テストで平均根重量は281グラムとなり、前年同期の218ラムを28.9%上回った。1次テストで117グラム、2次テストでの179グラムから順調に伸びている。また、ビートの糖分比率も上がっているという。砂糖ビート生産は前年から10-20%増加見通しとなっている。

Posted by 直    7/29/19 - 10:44   

ブラジル・パラナ州小麦生産見通し、寒波要因で15.8%下方修正
  [穀物・大豆]

ロイターによると、ブラジル・パラナ州の地方開発局(Deral)は同州の2019年小麦生産見通しを272万トンと、15.8%引き下げた。数週間前に南部がひどい寒波に見舞われたのが修正要因とされる。パラナ州は州最大の小麦生産地。米調査会社のソイビーン・アンド・コーン・アドバイザーは、パラナ州の下方修正に伴いブラジルの小麦輸入が当初予想の700万トンを上回るとの見方を示した。、

Posted by 直    7/29/19 - 09:59   

2019年米新学期商戦、支出額が過去最高更新の見通し・NRF
  [金融・経済]

2019年の米新学期商戦で、支出額が過去最高を更新する見通しとなった。米小売協会(NRF)の新学期商戦における支出調査によると、6歳から17歳までの子供がいる世帯の予算は平均して696.70ドルと、前年の684.79ドルから増加し、2012年に記録した過去最高の688.62ドルを上回る。ただ、この年齢層を含む家族の数が少なくなったことから、総額にすると262億ドルで、前年の275億ドルを下回る。

また、大学生がいる世帯の一世帯当たり予算は976.78ドルになり、前年の942.17ドルから増え、2年前の969.88ドル以上となって記録を塗り替える。総額545億ドルで、前年の553億ドルからダウン。大学生の減少が背景にある。

調査は7月1-8日に、7660世帯を対象に行われた。

Posted by 直    7/29/19 - 09:06   

南アコーン期末在庫見通し小幅引き上げ、前年からは40%減少
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物・油種需給推定委員会は7月の需給報告で、国内の2019/20年度(5-4月)コーン期末在庫見通しを159万4503トンと、前回報告時の152万5246トンからやや引き上げた。2月に130万5879トンの初回予測を発表してから5月の報告まで連続上方修正となったのから、6月の報告に小幅引き下げに転じたが、今回改めて上方修正。在庫は前年比にすると40.1%の減少。

飼料用のイエローコーンが55万5208トンの従来見通しから52万1163トンに下方修正、前年と比べると39.7%の減少になる。一方、主に食用となるホワイトコーンは107万3340トンの予想で、前年を13.1%下回るものの、前回報告での97万38トンから引き上げた。

委員会はこのほか、2018/19年度(10-9月)小麦期末在庫見通しを59万2334トンから58万634トンに引き下げた。前年からは19.5%の減少になる。

Posted by 直    7/29/19 - 08:39   

26日のOPECバスケット価格は64.02ドルと前日から0.53ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
7/26 (金) 64.02 ↓0.53
7/25 (木) 64.55 ↓0.03
7/24 (水) 64.58 ↑0.66
7/23 (火) 63.92 ↓0.35
7/22 (月) 64.27 ↑1.34

Posted by 松    7/29/19 - 06:39   

7/29(月)の予定
  [カレンダー]

エネルギー
・ガソリン・ディーゼル小売価格 (17:00)

農産物
・USDA輸出検証高 (11:00)
・USDAクロップレポート (16:00)

納会日
・メタル 7月限納会
・天然ガス 8月限納会

Posted by 松    7/29/19 - 06:37   

2019年07月26日(金)

債券:小反発、GDPで鈍い物価上昇背景に利下げ期待から買い
  [経済指標]

債券は小反発。朝方発表された4-6月期実質国内総生産(GDP)速報値で物価上昇が鈍かったのを背景に、利下げ期待から買いが集まった。GDP発表に続き、まず前期より小幅増加となったものの、市場予想は上回ったことに着目して売りの展開。しかし、10年債利回りは2.1%まで上昇してから買いにシフトし、下げに転じた。その後も限定的ながら、最後まで低下を続けた。

Posted by 直    7/26/19 - 17:40   

FX:ユーロ安、ECBの追加緩和観測が改めて重石
  [場況]

ドル/円:108.66、ユーロ/ドル:1.1125、ユーロ/円: (NY17:00)

為替はユーロ安が進行。ECBの追加緩和観測が改めてユーロの重石となる一方、朝方発表された米4-6月期のGDPが予想を上回る伸びとなったことや米株の上昇を支えに、ドルには買いが集まった。ドル/円は東京では108円台後半の狭いレンジ内でのもみ合い、ロンドンに入っても大きな動きが見られることはなかった。NY朝にはGDPの発表を受けて買いが集まったものの、直ぐに売りに押し戻されるなど、しばらく不安定に上下に振れる展開。中盤以降は値動きも落ち着き、ロンドン時間よりはやや値を切り上げた水準での推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.11ドル台半ばのレンジ内での小動き、午後からは徐々に売りが優勢となり、ロンドンでは1.11ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。NYに入ると改めて売り圧力が強まり、更に下げ幅を拡大。昼前には売りも一服となったものの、上値の重い展開が続いた。ユーロ/円は東京では121円をやや上回ったあたりでのもみ合い、中盤以降は売りが優勢となり、ロンドンでは121円を割り込むまでに値を下げた。NYに入っても売りの勢いは衰えず、中盤には120円台後半まで下げ幅を拡大。昼からは買い戻しが優勢となったが、反発は限定的なものにとどまった。

Posted by 松    7/26/19 - 17:27   

大豆:反発、来週に米中貿易協議控えてポジション調整の買い
  [場況]

CBOT大豆11月限終値:901-0↑1-1/4

シカゴ大豆は反発。来週に米中貿易協議を控え、ポジション調整の買いが入った。ただ、米生産地の天候改善が予想されていることから上値の重い展開でもあった。夜間取引に買いが進み、11月限は900セント台に上昇。朝方に一時値を消した後、通常取引に入って買いに弾みが付き、900セント台後半まで上がった。その後改めて買いのペースが鈍り、上げ幅を縮小。引け近くで前日終値を下回る場面もみたものの、最後は小高くなり、節目を超えて引けた。

Posted by 直    7/26/19 - 16:52   

株式:反発、決算や利下げ期待支えにS&Pとナスダック最高値更新
  [場況]

ダウ工業平均:27,192.45↑51.47
S&P500:3,025.86↑22.19
NASDAQ:8,330.21↑91.67

NY株式は反発。強気の企業決算やFRBの利下げ観測が改めて下支えとなる中で投機的な買いが加速、S&P500種とナスダック総合指数は再び史上最高値を更新した。ダウ平均は寄り付きから買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりを中心に、底堅い展開が続いた。昼からは動意の薄くなる場面も見られたが、引けにかけては改めて買い意欲が強まり、日中高値を更新する形で取引を終了した。

セクター別では銀行株やコンピューター関連、通信、バイオテクノロジー、生活必需品などがしっかりと上昇。一方でエネルギーや保険、金は軟調に推移した。ダウ銘柄では、コカコーラ(KO)が2.07%の上昇、プロクター・アンド・ギャンブル(PG)やユナイテッド・ヘルス(UNH)、ベライゾン(VZ)、ビサ(V)、ウォルト・ディズニー(DIS)も1%を超える上昇となった。一方でダウ(DOW)は3.27%、スリーエム(MMM)は2.33%それぞれ大きく下落、シェブロン(CVX)やキャタピラー(CAT)、インテル(INTC)の下げも1%を超えた。

Posted by 松    7/26/19 - 16:50   

コーン:続落、生育に適した天候予報を背景に売り膨らむ
  [場況]

CBOTコーン9月限終値:414-1/2↓4-0

シカゴコーンは続落。コーン生産地で来週に生育に適した天候予報がでているのを背景に売りが膨らんだ。9月限は夜間取引に小動きだったのから、朝方に売りに押されて下落。通常取引に入って下げ幅も広がり、引け近くには413-0セントと5月24日以来の安値を付けた。

Posted by 直    7/26/19 - 16:40   

小麦:反落、収穫進捗やコーンの下落が売り圧力強める
  [場況]

CBOT小麦9月限終値:496-0↓3-1/2

シカゴ小麦は反落。収穫進捗やコーンの下落が売り圧力を強めた。夜間取引で売りが優勢となり、9月限は下げた。通常取引開始時に490セント台前半まで下落。その後ややペースは鈍りながらも、最後まで売りの展開だった。

Posted by 直    7/26/19 - 16:37   

ブラジルコーヒー輸出:26日現在177.75万袋と前月を2.7%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

7月26日 7月累計 前月(6/28) 前月比 前年比
輸出合計 213.547 1777.464 1826.495 ↓2.7% ↑11.8%
>アラビカ種 47.428 1328.172 1620.758 ↓18.1% ↑10.7%
>ロブスタ種 146.551 325.908 55.179 ↑490.6% ↑79.7%
>インスタント 19.568 123.384 150.558 ↓18.0% ↓32.0%

Posted by 松    7/26/19 - 16:31   

CFTC建玉報告
  [CFTC建玉報告]

CFTC建玉報告
出所:米商品先物取引委員会(CFTC)、NY15:30発表

7月23日 現在、 先物 + オプション サマリー

大口トレーダー(ノン・コマーシャル) ネット・ポジション 前週比
NYMEX-原油 △ 435349 ▼ 19362
NEMEX-RBOBガソリン ▼ 1400 △ 3793
NYMEX-暖房油 △ 77482 ▼ 5870
NYMEX-天然ガス ▼ 196431 ▼ 36278
COMEX-金 △ 279831 △ 556
_
CBOT-小麦 △ 22154 ▼ 9849
CBOT-コーン △ 244751 ▼ 39345
CBOT-大豆 ▼ 10636 ▼ 923
ICE US-粗糖 ▼ 119009 ▼ 75328
ICE US-コーヒー ▼ 6298 ▼ 2790
_
IMM-日本円 ▼ 11599 △ 1924
IMM-ユーロFX ▼ 46139 ▼ 8773
CBOT-DJIA (x5) △ 44491 ▼ 635
CME-S&P 500 △ 57994 △ 16701

Posted by 松    7/26/19 - 15:31   

天然ガス:反落、弱気の天気予報嫌気し投機的な売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス9月限終値:2.150↓0.077

NY天然ガスは反落。目先中西部で平値にかに気温が下がるとの予報が出る中、冷房需要の伸び悩みに対する懸念が投機的な売りを呼び込む展開となった。9月限は夜間取引では売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。通常取引開始後は改めて売り圧力が強まる格好となり、昼前には2.10ドル台半ばまで下げ幅を拡大。その後一旦は買い戻しが優勢となる場面も見られたが、引けにかけては改めて売りに押し戻された。

Posted by 松    7/26/19 - 15:18   

石油製品:反落、週末を前にポジション整理の売りが優勢
  [場況]

RBOBガソリン8月限:1.8744↓0.0059
暖房油8月限:1.9044↓0.0099

NY石油製品は反落、週末を前にポジション整理の売りが優勢となった。相場は夜間取引では買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。朝方からは原油の下落につれて売り圧力が強まりマイナス転落、中盤にかけて下げ幅を拡大する展開。昼には原油の反発につれて買い戻しが集まる場面も見られたが、早々に息切れ。午後からは再び売りが優勢となった。

Posted by 松    7/26/19 - 15:14   

原油:小幅続伸、新たな材料に欠ける中で株高につれて買い集まる
  [場況]

NYMEX原油9月限終値:56.20↑0.18

NY原油は小幅続伸。需給面で新たな材料が見当たらない中、FRBの利下げ期待などを手掛かりとした株高の進行につれてしっかりと買いが集まった。9月限は夜間取引から買いが先行、早朝には56ドル台半ばまで値を切り上げての推移となった。NYに入ると一転して売りに押される展開となり、あっさりとマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、早々に下げ止まり。中盤にまとまった買いが入ると56ドル台前半まで一気に値を回復、その後再び売りに押されるなど、不安定な値動きが続いたが、最後はプラス圏で取引を終了した。

Posted by 松    7/26/19 - 15:02   

金:反発、GDPは強気サプライズもFRBの利下げ観測改めて強まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,432.2↑4.7

NY金は反発。朝方発表された4-6月期GDPは予想を上回る強気の内容となったが、前期から成長率が大幅に鈍化したことを受けてFRBの利下げ観測が改めて高まった。12月限は夜間取引から買いが先行、ロンドン時間には1,430ドル台を回復しての推移となった。通常取引開始後はGDPの発表を受けて一旦マイナス転落するまで値を崩したものの、直後から大きく買いが集まり1,430ドル台後半まで一気に上げ幅を拡大。買い一巡後はジリジリと売りに押し戻される格好となったが、1,430ドル台は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    7/26/19 - 13:52   

コーヒー:続落、材料難の中でこれまでの流れ継いだ売りに押される
  [場況]

ICE-USコーヒー9月限終値:99.75↓0.90

NYコーヒーは続落。需給面では相変わらずの材料難の中、これまでの流れを継いだ投機的な売りが相場を主導した。9月限は夜間の時間帯から売りが優勢、朝方には改めて売り圧力が強まり、99.05セントの安値まで一気に下げ幅を広げる展開となった。NYに入ると流れが一転、ポジション整理の買い戻しが断続的に入る中で102セント台半ばまで一気に値を回復。その後は改めて売り圧力が強まり、中盤には再び99セント台まで値を崩した。その後は値動きも一服、ひけにかけては1ドルの節目をやや割り込んだあたりでのもみ合いが続いた。

Posted by 松    7/26/19 - 13:25   

砂糖:小幅反発、朝方には売り先行もその後しっかりと値を回復
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:12.02↑0.02

NY砂糖は小幅反発。朝方には前日の流れを継いだポジション整理の売りに押される格好となったが、その後は対ドルでのブラジルレアル高の進行などを支えにしっかりと値を回復した。10月限は夜間の時間帯はややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合い、朝方にかけては売り圧力が強まり、マイナス転落しての推移となった。NYに入ると再び買い意欲が強まり、プラス圏を回復。中盤にかけてジリジリと値を切り上げる格好となり、昼前には12.11セントの高値をつけるまでに値を伸ばした。

Posted by 松    7/26/19 - 13:16   

米国内で稼動中のリグ(掘削機)は946基と前週から8基減少
  [エネルギー]

北米稼動リグ(掘削機)数
出所:ベーカーヒューズ社

7/26/2019 前週比 前年比 (%)
米国合計 946 ↓ 8 ↓ 102 ↓9.73%
>陸上油田 921 ↓ 5 ↓ 109 ↓10.58%
>海上 25 ↓ 1 ↑ 9 ↑56.25%
>>メキシコ湾 23 ↓ 2 ↑ 8 ↑53.33%
カナダ 127 ↑ 9 ↓ 96 ↓43.05%
北米合計 1073 ↑ 1 ↓ 198 ↓15.58%

続きを読む

Posted by 松    7/26/19 - 13:09   

中国、2019年後半にコーン生産地で害虫被害拡大見通し
  [穀物・大豆]

中国農務省の調査機関NATESCによると、2019年後半にヨトウムシの一種のFall Armyworm(FAW)の被害が広がる見通しとなった。今年1月に南部の雲南省で最初に見付かってから、今年最初の6ヶ月間に22省あるうちの21省に広がり、79万2000へクタールのコーン生産地で被害が出た。後半にはさらに133万ヘクタールに蔓延するという。

これまでに、コーンや砂糖きびをはじめとした作物被害が報告されており、情勢次第でコーンや砂糖きびのほか、小麦、大豆、コメなどの生産減少や品質低下につながる可能性があるとも報じられている。

Posted by 直    7/26/19 - 10:50   

2019年ウクライナ穀物収穫、26日時点で76%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は26日時点で760万ヘクタールと事前予想の76%終了となった。規模にして2800万トン。小麦が520万ヘクタールから2040万トン収穫済みで、77%終わった。

Posted by 直    7/26/19 - 10:33   

インド、向こう2週間で平均上回る降雨見通し・気象局
  [天候]

インド気象局(IMD)は25日付のリリースで、向こう2週間(7月25日-8月7日)の雨量が平均以上になるとの見通しを示した。モンスーンの勢いが強まっており、地域によって最初の一週間には豪雨が予想されるという。ただ、南部の一部で降雨は平均を下回る予報であることを指摘し、2週目には平均以下の地域もやや増えるとの見方を示した。

IMDによると、6月にモンスーン入りしてから7月24日までの降雨量は313.1ミリメートルになり、この時点での長期平均(LPA)を19%下回った。17日時点での16%から開きがやや拡大。11-17日の一週間で52.8ミリメートルだったのから18-25日は43.3ミリメートルに減った。

インドで灌漑農地は約半分しかなく、大豆やコーン、砂糖きびなどの作付や生育にモンスーンの降雨がかぎとなる。

Posted by 直    7/26/19 - 10:24   

19/20年カナダ小麦生産見通し下方修正、前年比3.8%増加・農務省
  [穀物・大豆]

カナダ農務省(AAFC)は、同国の2019/20年度小麦生産見通しを2700万トン、従来の2870万トンから引き下げた。それでも、前年比にして3.8%の増加。作付推定を839万ヘクタールから814万1000ヘクタール、イールドは3.49トンから3.44トンにそれぞれ下方修正した。

デュラム小麦の生産予想も515万トンから500万トンに引き下げ、この結果全小麦生産は3200万トンの見通しで、従来の3385万トンから下方修正になる。前年との比較で0.7%と僅かに増加。全小麦輸出は2370万トンから2360万トンに修正した。デュラムを除いて10万トン引き下げ1890万トンの見通しにしたのが背景にある。デュラム小麦は470万トンの見通しを維持した。全小麦の期末在庫予想を670万トンから510万トンに引き下げた。下方修正により、従来積み増しを見越していたのから、1.9%縮小の見方に転じた。

農務省はこのほか、コーンの生産見通しを1458万2000トンから1426万4000トンに引き下げた。前年に比べると2.7%増加する。カノーラは1890万トンから1857万5000トンに下方修正し、反面大豆を650万トンから667万5000トンにやや引き上げた。

Posted by 直    7/26/19 - 10:02   

19/20年EU軟質小麦生産見通し、2回連続の下方修正・欧州委
  [穀物・大豆]

欧州委員会は25日付の需給レポートで、欧州連合(EU)の2019/20年度軟質小麦生産見通しを1億4134万5000トンと、前月時点での1億4234万トンから引き下げた。2回連続の下方修正になるが、前年比にすると9.71%の増加。面積にして2367万8000ヘクタールの推定で、従来の2380万4000ヘクタールから下方修正。一方、イールドは6.0トンで据え置いた。

2019/20年度輸出は2552万5000トンとみており、前年から19.3%の増加になる。従来の2549万4000トンとほぼ変わらず。期末在庫予想は1408万9000トンから1369万2000トンに引き下げ、前年との比較で11.8%の拡大になる。

2019/20年度のコーン生産見通しは前月時点での6933万8000トンから6951万7000トンにやや引き上げた。前年に比べて0.8%増加。882万2000ヘクタールとみており、従来の878万7000ヘクタールから修正。イールドは7.9トンの予想を維持した。在庫は2596万?000トンから2328万5000トンに引き下げ、前年との比較で.2ダウン。2019/20年度の穀物生産は前年比6.9%増の3億1024万6000トンの見通しで、前月時点での3億1102万8000トンから小幅にも一段と方修正した。

Posted by 直    7/26/19 - 09:51   

4-6月期GDP速報値は前期比2.06%の増加、予想上回る
  [経済指標]

実質国内総生産(GDP) 速報値
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、年率、単位10億ドル

19年2Q 19年1Q 市場予想
実質国内総生産 ↑ 2.06% ↑3.10% ↑1.8%
個人消費 ↑ 4.27% ↑1.14%
国内投資 ↓5.48% ↑6.16%
物価指標
>GDPデフレーター ↑ 3.83% ↓1.04% ↑1.8%
>個人消費支出(PCE) ↑ 2.34% ↑0.39% NA
>>コア ↑ 1.80% ↑1.05%

続きを読む

Posted by 松    7/26/19 - 08:40   

米硬質赤色春小麦イールド前年から上昇、予想以上に生育健全
  [穀物・大豆]

米小麦品質評議会主催の2019年春小麦クロップツアーで、硬質赤色春小麦イールド推定は1エーカー43.1ブッシェルと、前年のツアーでの41.1ブッシェルから改善した。ただ、過去5年平均の44.7ブッシェルは下回った。ツアーは23-25日にノースダコタ州とミネソタ州北西部で行われた。

ツアー参加者によると、早くに作付された小麦は早期の生育段階で気温低下や降雨による影響がみられた。遅くに作付された分については、最も改善余地がある一方、降霜被害のリスクがあると指摘。評議会の幹部は、春の多雨を考えると小麦の生育は事前の予想以上に健全とコメント。病害も全般に少な目という。

Posted by 直    7/26/19 - 08:30   

アルゼンチン小麦作付、24日時点で96.4%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、同国の2019/20年度小麦作付は24日時点で事前予想の660万ヘクタールの96.4%終了した。前週から4.3ポイントアップで、前年同期の95.6%を若干上回る。気温低下によって暑さも和らぎ、ブエノスアイレス州の中部や南部で作業が進んだとコメント。ただ、同州南東部、またサンタフェ州中北部では土壌水分の過剰で遅れているともいう。

Posted by 直    7/26/19 - 08:07   

18/19年アルゼンチンコーン収穫、25日時点で68.6%終了・BA取引所
  [穀物・大豆]

アルゼンチンのブエノスアイレス穀物取引所のクロップレポートによると、2018/19年度コーン収穫は25日時点で68.6%終了した。前週から7.6ポイント進み、湿度が下がったことでコルドバ州やサンタフェ州の作業ペースが速まったという。それでも、前年同期の79.1%は下回る。生産見通しは従来の4800トンを維持した。

Posted by 直    7/26/19 - 08:07   

25日のOPECバスケット価格は64.55ドルと前日から0.03ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
7/25 (木) 64.55 ↓0.03
7/24 (水) 64.58 ↑0.66
7/23 (火) 63.92 ↓0.35
7/22 (月) 64.27 ↑1.34
7/19 (金) 62.93 ↓0.17

Posted by 松    7/26/19 - 06:43   

7/26(金)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・4-6月期GDP速報値 (08:30)

エネルギー
・北米稼動リグ(掘削機)数 (7/26)

農産物
・ブラジルサンパウロ州アルコール価格指数

・CFTC建玉報告 (15:30)

納会日

・大豆・大豆製品 8月限OP 納会
・石油製品・天然ガス 8月限OP 納会

Posted by 松    7/26/19 - 06:40   

2019年07月25日(木)

債券:反落、ECB総裁の発言や米経済指標改善重石になり売り
  [場況]

債券は反落。欧州中央銀行(ECB)の利下げ観測が強まったものの、ドラギECB総裁が記者会見で景気後退のリスクは小さいと述べたことなどが重石となり、売りの展開になった。朝方発表された米耐久財受注の予想を上回る増加、失業保険申請件数は減少となったことも売り圧力を強めた。10年債利回りは夜間取引で買い優勢の中低下したが、通常取引に入ってドラギ総裁の発言や米経済指標を消化しながら売りが進み、一気に2.1%に上昇した。間もなくして売りのペースは鈍っても、流れまで切れることなく、2.0%台後半で推移。午後には7年債入札の結果もマイナスに作用した。

Posted by 直    7/25/19 - 17:43   

FX:ユーロ乱高下、ECB理事会やドラギ総裁の会見で売り買い交錯
  [場況]

ドル/円:108.63、ユーロ/ドル:1.1146、ユーロ/円:121.09 (NY17:00)

為替はユーロが乱高下。ECB理事会で将来的な追加緩和の必要性が強く示されたことがユーロ売りを呼び込む一方、現時点で悲観的なるのは難しいと発言するなど、即時に緩和策を打ち出すとの市場の期待は裏切ったことからその後ユーロが大きく買い戻される格好となった。一方ドルは6月の米耐久財受注が予想を上回る伸びとなったことを受けてFRBの利下げ観測がやや後退、しっかりと買い戻しが集まった。ドル/円は東京では108円台前半のレンジ内で、やや上値の重い展開。ロンドンでは108円割れをうかがう水準まで値を下げたが、それ以上の動きは見られなかった。NYでは耐久財受注の発表を受けて買いが加速、108円台後半まで一気に値を伸ばした。午後には買いも一服となったものの、高値圏を維持したままでの推移が続いた。

ユーロ/ドルは東京から売りが優勢、ロンドンでは1.11ドル台前半まで値を切り下げての推移となった。NY早朝には一旦買い戻しが集まったものの、ECB理事会後は売り圧力が強まり、1.11ドル割れを試すまでに急落。その後ドラギ総裁の会見が始まると流れが一転、1.11ドル台後半まで一気に値を回復した。中盤にかけては再び売り圧力が強まり、1.11ドル台前半まで反落、午後に入ると1.11ドル台半ばまで値を回復、ようやく動意も薄くなった。ユーロ/円は東京から軟調に推移、ロンドンでは120円台前半まで値を下げた。NYではECB理事会を受けて一旦120円割れをうかがうまで下げ幅を広げたものの、ドラギ総裁の会見後は急反発、121円台前半まで値を戻した。その後は値動きも一服、121円をやや上回ったあたりでのもみ合いが続いた。

Posted by 松    7/25/19 - 17:35   

ブラジルコーヒー輸出:25日現在156.39万袋と前月を4.2%下回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

7月25日 7月累計 前月(6/27) 前月比 前年比
輸出合計 93.037 1563.917 1633.023 ↓4.2% ↑0.9%
>アラビカ種 86.185 1280.744 1470.456 ↓12.9% ↑8.4%
>ロブスタ種 0.000 179.357 55.179 ↑225.0% ↑12.2%
>インスタント 6.852 103.816 107.388 ↓3.3% ↓35.0%

Posted by 松    7/25/19 - 17:16   

株式:下落、強気の経済指標受けてFRBの利下げ観測が後退
  [場況]

ダウ工業平均:27,140.98↓128.99
S&P500:3,003.67↓15.89
NASDAQ:8,238.54↓82.96

NY株式は下落。6月の耐久財受注が予想を上回る伸びとなり、FRBの利下げ観測がやや後退したことが嫌気される中、ポジション調整の売りに押される展開となった。ダウ平均は寄り付きこそ買いが先行する場面も見られたものの、直ぐに売りに押し戻されマイナス転落、そのまま100ポイント以上値を崩した。その後一旦は買い戻しが集まったものの、プラス圏を回復することなく息切れ。中盤にかけては改めて売り圧力が強まり、下げ幅も200ポイントを超えるまでに広がった。昼過ぎには売りも一服となったものの、押し目で積極的に買いを入れる向きもなく、最後まで安値近辺で方向感なくもみ合う展開が続いた。

セクター別では、ほぼすべてのセクターが下落。中でも金やバイオテクノロジー、半導体の下げがきつくなったほか、エネルギーや素材も値を下げた。一方薬品株は底堅く推移、保険や公益株、工業株も下げが限定的なものにとどまった。ダウ銘柄では、キャタピラー(CAT)前日の急落から2.12%反発、ユナイテッド・テクノロジー(UTX)やウォルト・ディズニー(DIS)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)も1%を超える上昇となった。一方でダウ(DOW)は3.83%、ボーイング(BA)は3.69%それぞれ大幅に下落、インテル(INTC)やコカコーラ(KO)、シスコ・システムズ(CSCO)の下げも1%を超えた。

Posted by 松    7/25/19 - 16:58   

大豆:反落、予想下回る週間輸出成約高受けて売り膨らむ
  [場況]

CBOT大豆8月限終値:882-1/2↓8-1/2

シカゴ大豆は反落。朝方発表された週間輸出成約高が市場予想を下回り、中国向けのキャンセルも示したことから、売りが膨らんだ。夜間取引では来週の米中貿易協議をにらみながら前日の買いの流れを引き継ぎ、8月限は上昇。朝方に前日高値を超え、896-0セントまで上がったが、その後輸出データを受けて売りに転じ、通常取引開始後に一気に880セント台に値を下げた。取引終盤には881-0セントまで下落した。


Posted by 直    7/25/19 - 16:53   

コーン:続落、低調な週間輸出成約高背景に売りの展開
  [場況]

CBOTコーン9月限終値:418-1/2↓5-1/2

シカゴコーンは続落。朝方発表された週間輸出成約高が低調だったのを背景に売りの展開になった。夜間取引では買いの場面もあったが、一巡してやや売りが優勢となり、9月限は下落した。通常取引に入って420セント割れ近くでいったん下げ渋り。しかし、売りの流れも切れず、結局取引終盤に節目を下抜け、418-0セントと2日以来の安値を更新した。

Posted by 直    7/25/19 - 16:50   

小麦:続伸、週間輸出成約高やIGCの生産見通し下方修正が下支え
  [場況]

CBOT小麦9月限終値:499-1/2↑1-3/4

シカゴ小麦は続伸。朝方発表された週間輸出成約高が予想を上回ったことや、IGCの世界生産見通し下方修正が下支えとなった。9月限は夜間取引で売りに押されて490セント台前半に下落となってから、朝方に売りのペースも鈍り、下げ幅を縮めていった。通常取引に入って前日終値を超えたところで買いに弾みが付き、一気に500セント台に上昇。ただ、上値で早々に買いにブレーキがかかって伸び悩み、取引終盤には490セント台後半に上げ幅縮小となった。

Posted by 直    7/25/19 - 16:46   

天然ガス:反発、在庫積み増しのペース鈍る中で買い戻し集まる
  [場況]

NYMEX天然ガス8月限終値:2.244↑0.024

NY天然ガスは反発。在庫統計で積み増し量が平年を下回る小幅なものにとどまったことが支えとなる中、ポジション整理の買い戻しが相場を主導した。8月限は夜間取引から買いが先行、早朝には2.230ドル台まで値を切り上げての推移となった。朝方には改めて買い意欲が強まり、通常取引開始後には2.260ドル台まで上げ幅を拡大。在庫統計発表後は材料出尽くし感から一旦売りに押し戻されたものの、プラス圏は維持してしっかりと下げ止まり。午後からは改めて騰勢を強める格好となり、2.240ドル台まで値を戻して取引を終了した。

Posted by 松    7/25/19 - 15:21   

石油製品:反発、原油の上昇につれてしっかりと値を回復
  [場況]

RBOBガソリン8月限:1.8803↑0.0252
暖房油8月限:1.9143↑0.0056

NY石油製品は反発、原油の上昇につれてしっかりと値を回復した。相場は夜間取引から買いが先行、朝方にかけて大きく値を伸ばす展開となった。通常取引開始後は原油が下落に転じるとのにつれて売りに押し戻される格好となったものの、押し目で買い意欲も強く、早々に下げ止まり。ガソリンはその後日中高値を改めて更新、高値圏での推移が続いた。暖房油も最後までプラス圏を維持した。

Posted by 松    7/25/19 - 15:14   

原油:小幅反発、中銀の緩和期待支えに買い先行も最後は値を消す
  [場況]

NYMEX原油9月限終値:56.02↑0.14

NY原油は小幅反発。欧米の中銀が緩和姿勢を強めるとの見方が下支えとなる中、投機的な買いが大きく先行したものの、朝方発表された耐久財受注が強気の内容となった後は流れが一転、売りに押し戻された。9月限は夜間取引から買いが優勢、56ドル台を回復しての堅調な値動きが続いた。早朝からは改めて騰勢を強める格好となり、朝方には56ドル台後半まで上げ幅を拡大。通常取引開始後は売り圧力が強まり、56ドル台前半まで一気に値を下げた。中盤には買いが優勢となり、56ドル台後半まで値を伸ばす場面も見られたが、昼からは改めて売りが加速。引け間際には一時56ドルを割り込む格好となったが、プラス圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    7/25/19 - 14:45   

金:反落、朝方まで堅調も強気の耐久財受注受けて売りが加速
  [場況]

COMEX金8月限終値:1,414.7↓8.9

NY金は反落。朝方までは米欧の中銀が緩和政策を進めるとの見方を支えに投機的な買いが先行したものの、その後は一転して大きく売りに押し戻された。6月の耐久財受注が予想を上回る伸びとなったことが嫌気された。8月限は夜間取引では買いが先行、1,420ドル台後半まで値を切り上げての推移となった。朝方にはECBが理事会で将来の追加緩和を強く示唆したことを好感、1,430ドル台半ば値を伸ばしたものの、耐久財受注の発表後は一転して売り一色の展開となり、1,410ドル台半ばまで急落。中盤には1,420ドル台を回復する場面も見られたが、引けにかけては改めて売りが加速、1,410ドル台前半まで値を崩した。

Posted by 松    7/25/19 - 13:50   

コーヒー:小幅続落、決め手材料に欠ける中で売り優勢の展開
  [場況]

ICE-USコーヒー9月限終値:100.65↓0.35

NYコーヒーは小幅続落。決め手となる材料に欠ける中、これまでの流れを継いだポジション整理の売りが相場を主導した。9月限は夜間の時間帯は前日終値を中心としたレンジ内で方向感なくもみ合う展開、NYに入るとブラジルレアルが対ドルで下落に転じたこともあり、100セント台半ばまで値を下げた。売り一巡後は一旦プラス圏まで買い戻されたものの、流れを強気に傾けるには至らず。引けにかけてはジリジリと売りに押される格好となり、マイナス転落して取引を終了した。

Posted by 松    7/25/19 - 13:18   

砂糖:反落、中盤まで買い優勢もその後売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖10月限終値:12.00↓0.06

NY砂糖は反落。中盤まではこれまでの流れを継いだ投機的な買い戻しが相場を主導したが、その後はブラジルレアルが下落に転じたのが重石となる中で売りが膨らみマイナス転落した。10月限は夜間の時間帯は買いが優勢、ややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。NYに入ると売りに押され、12セントを割り込むまでに反落。その後改めて買い意欲が強まり12.20セントの日中高値をつけたものの、早々に息切れ。引けにかけては断続的にまとまった売りが出る格好となり、日中安値を更新するまでに値を崩した。

Posted by 松    7/25/19 - 13:18   

7年債入札、応札倍率は2.27と前回下回る、利回りは上昇
  [金融・経済]

7年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

7年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(6/27)
合計 72782.6 32000.0 2.27 2.44
競争入札分 72765.0 31982.4 2.28 2.44
顧客注文比率(外国中銀含む) 59.36% 55.52%
最高落札利回り(配分比率) 1.967% (6.34%) 1.889%

Posted by 松    7/25/19 - 13:12   

19/20年度世界小麦生産見通し、600万トン下方修正・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は25日付けの世界穀物需給報告で、世界の2019/20年度小麦生産見通しを7億6300万トンと、前月時点での7億6900万トンから600万トン引き下げた。欧州連合(EU)やロシア、カナダの下方修正が背景にある。しかし、前年との比較で4.1%の増加、過去最高を更新する見方に変わらない。

消費予想は100万トン引き下げて7億5500万トンとした。やはり前年に比べると1.9%の増加。貿易を前年比1.8%増の1億7300万トンとみており、これも100万トンの下方修正。期末在庫は前回報告での2億7500万トンから、2億7000万トンに引き下げた。前年から3.1%の積み増しになる。

Posted by 直    7/25/19 - 10:47   

19/20年度世界コーン生産見通し、300万トン下方修正・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は25日付けの世界穀物需給の月次報告で、2019/20年度コーン生産見通しを10億9200万トンと、前月時点での10億9500万トンから300万トン引き下げた。中国の下方修正が全体を押し下げたという。最新予測は前年と比べると3.4%減少。

消費予想は前年比0.3%減の11億4100万トンで、200万トン引き下げた。貿易は1億6300万トンとみており、100万トン上方修正、前年と比べると0.6%ダウンとなる。期末在庫は2億7100万トンから、2億7300万トンに上方修正。前年からは15.2%縮小の見通しである。

Posted by 直    7/25/19 - 10:46   

19/20年世界大豆生産見通し、100万トン下方修正・IGC
  [穀物・大豆]

国際穀物理事会(IGC)は25日付けの世界穀物需給報告で、2019/20年度の大豆生産が3億4800万トンになるとの見通しを示した。前年比にして4.15減少。また前月時点での3億4900万トンから100万トン引き下げ、米国の修正が背景にあるという。

消費予想は逆に100万トン引き上げて3億5900万トンとした。前年と比べると2%増加。貿易は前年比0.7%増の1億5100万トンの見通しで、100万トン下方修正。中国の輸入ペース鈍化により引き下げとなった。期末在庫予想は4500万トンから4400万トンに引き下げ、前年から20%の取り崩し。

Posted by 直    7/25/19 - 10:46   

天然ガス在庫は360億立方フィートの積み増し、予想やや下回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 7月19日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 2569 ↑ 36 ↑ 37 ↑ 13.07% ↓5.35%

続きを読む

Posted by 松    7/25/19 - 10:32   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から6億ドル増加
  [メタル]

ロシア中銀が25日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は7月19日時点で5,203億ドルと、前週から6億ドル増加した。年初の4,685億ドルからは、518億ドルの増加となる。

Posted by 松    7/25/19 - 09:57   

2019年南アコーン生産見通しやや上方修正、前年からは減少
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は、2019年のコーン生産見通しを1097万8860トンと、前月時点での1093万2660トンからやや引き上げた。ただ、前年と比べると12.2%の減少。食用となるホワイトコーンを548万8040トンから557万2240トンに引き上げた一方、主に飼料用のイエローコーンを544万4620トンから540万6620トンに上方修正。ホワイトとイエローともに前年から減少予想である。

CECは州別の生産について、最も規模の大きいフリーステートを436万4000トンから439万1000トンに上方修正し、ハウテンも小幅引き上げた。ほかの州については全て据え置き。

Posted by 直    7/25/19 - 09:21   

2019年南ア小麦作付、前年から6.7%増加見通し・CEC
  [穀物・大豆]

南アフリカの穀物推定委員会(CEC)は25日、2019年の小麦作付が53万6950ヘクタールと、前年から6.7%増加する見通しを示した。4月の作付意向調査での51万3450ヘクタールも上回る。最も規模の大きいウエスタンケープ州が32万4000ヘクタールで、前年から1.9%増加、フリーステート州も前年比プラスの見通しとした。より規模の小さい州は増加、減少とまちまち。

Posted by 直    7/25/19 - 09:21   

2019年ウクライナ穀物収穫、24日時点で74%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は24日時点で720万ヘクタールと事前予想の74%終了となった。規模にして2610万9000トン。小麦が490万ヘクタールから1890万トン収穫済みで、これも74%終わった。

Posted by 直    7/25/19 - 09:05   

輸出成約高:小麦とコーンは前週から増加、大豆は減少
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

7/18/19 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 659.7 0.0 659.7 ↑90.0% 200.0 〜450.0
コーン 121.2 386.6 507.8 ↑52.5% 250.0 〜700.0
大豆 ▲78.2 223.7 145.5 ↓55.4% 0.0 〜600.0
大豆ミール 87.3 140.0 227.3 ↑5.8% 150.0 〜400.0
大豆油 3.6 9.2 12.8 ↓6.6% 8.0 〜32.0

Posted by 松    7/25/19 - 08:48   

6月貿易収支(モノ)速報値は741.7億ドルの赤字、前月から赤字縮小
  [経済指標]

貿易収支(モノ-Goods)速報値
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

19年6月 前月比 19年5月
貿易収支 (Goods-Census Basis) ▲74171 ↓1.17% ▲75049
輸出 136285 ↓2.68% 140033
輸入 210456 ↓2.15% 215081

続きを読む

Posted by 松    7/25/19 - 08:41   

6月耐久財受注は前月から2.05%増加、予想上回る
  [経済指標]

耐久財受注
出所:米国勢調査局、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル

19年6月 前月比 19年5月 市場予想
耐久財受注 245958 ↑2.05% ↓2.26% ↑1.0%
>運輸除く(ex-Trans) 165463 ↑1.20% ↑0.46% ↑0.3%
>防衛除く(ex-Defence) 233614 ↑3.10% ↓1.21%

続きを読む

Posted by 松    7/25/19 - 08:36   

失業保険新規申請件数は20.6万件に減少、予想も下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

7月20日 前週比 7月13日 市場予想
新規申請件数 206.00 ↓ 10.00 216.00 215.00
4週平均 213.00 ↓ 5.75 218.75 -
継続受給件数 1676.00 NA

続きを読む

Posted by 松    7/25/19 - 08:31   

インド、砂糖需給引き締め狙って400万トンの緩衝在庫設立
  [砂糖]

インドの内閣経済諮問委員会(CCEA)は24日付声明で、国内の砂糖需給引き締めと価格引き上げを狙って400万トンの緩衝在庫を設けることを発表した。在庫は8月1日から一年間有効。2018年7月-2019年6月の300万トンから引き上げでもある。在庫設立に167億4000万ルピーを投じるという。食料省の見直しに基づいて在庫の規模、取り崩しなどを行うともいう。

Posted by 直    7/25/19 - 08:24   

24日のOPECバスケット価格は64.58ドルと前日から0.66ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
7/24 (水) 64.58 ↑0.66
7/23 (火) 63.92 ↓0.35
7/22 (月) 64.27 ↑1.34
7/19 (金) 62.93 ↓0.17
7/18 (木) 63.10 ↓1.50

Posted by 松    7/25/19 - 06:42   

7/25(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・6月耐久財受注(速報値) (08:30)
・6月貿易収支(モノ-Goods)速報値 (08:30)
・7年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

納会日

・メタル 8月限OP 納会

Posted by 松    7/25/19 - 06:39   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ