ホーム 無責任トーク 予想 データ ニュース 相場ひとひねり よそうかい横丁 リンク サイト案内

はやみみニュース アップデート



11月

2019


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


カテゴリーリスト

検索




最近のはやみみ


2019年11月07日(木)

債券:大幅反落、米中貿易協議の進展観測から売り膨らむ
  [場況]

債券は大幅反落。米中の段階的な関税撤回の可能性が報じられ、貿易協議の進展観測から株式相場が上昇、安全資産とされる再建には売りが膨らんだ。夜間取引では前日の買いの流れを引き継ぎ、10年債利回りは1.80%まで低下したが、関税絡みのニュースが伝わると急速に売りが膨らみ、上昇に転じた。ほぼ一本調子で上げ、通常取引で1.9%を上抜け。さらに上がり、午後に1.97%と8月1日以来の高水準を付けた。ただ、てその後は米政権内で関税撤廃に対する強い反発があると報道もあって売りペースが鈍り、1.9%台前半に上昇幅縮小となった。

Posted by 直    11/7/19 - 17:33   

FX:ドル高、米中の関税撤回合意受けて景気減速懸念が後退
  [場況]

ドル/円:109.26、ユーロ/ドル:1.1049、ユーロ/円:120.75 (NY17:00)

為替はドル高が進行。米中が関税の段階的な撤回で合意したと伝わり、景気減速に対する懸念が後退する中、米長期金利の上昇につれてドルに買いが集まった。ドル/円は東京では前日の流れを継いだ売りが優勢、108円台後半で軟調に推移した。午後に中国が関税の撤回合意を発表すると一転して買いが加速、ロンドンでは109円台前半まで値を切り下げての推移となった。NYに入ると米株の上昇につれて改めて買い意欲が強まり、昼には109円台半ばまで上げ幅を拡大。午後には関税撤回に対して米政権内に強烈な抵抗があるとの見方が伝わり、109円台前半まで売りに押し戻された。

ユーロ/ドルは東京では1.10ドル台半ばから後半のレンジ内で、やや上値の重い展開。午後からは米中の関税撤回合意を受けて買い意欲が強まり、1.1090ドルまで値を伸ばした。NYに入ると流れは一転、米金利の上昇を受けて売りに押し戻される展開となり、1.10ドル台半ばまで反落。午後には売りも一服、動意も薄くなった。ユーロ/円は東京では売りが先行、120円台前半まで値を切り下げての推移となった。午後には一転して買い意欲が強まり、ロンドンに入ると121円台まで一気に値を回復。NYに入ると買いも一服、120円台後半でのもみ合いが続いた。

Posted by 松    11/7/19 - 17:17   

ブラジルコーヒー輸出:7日現在16.98万袋と前月を117.7%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

11月7日 11月累計 前月(10/7) 前月比 前年比
輸出合計 40.674 169.835 78.031 ↑117.7% ↓31.6%
>アラビカ種 38.329 164.721 70.941 ↑132.2% ↓27.5%
>ロブスタ種 0.320 0.320 6.887 ↓95.4% ↓98.5%
>インスタント 2.025 4.794 0.203 ↑2261.6% ↓77.3%

Posted by 松    11/7/19 - 17:04   

大豆:反発、米中の段階的な関税撤回報道などが買いを支援
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:936-1/2↑9-0

シカゴ大豆は反発。米中の段階的な関税撤回の可能性が報じられ、また週間輸出成約高が強い内容だったことなどが買いを支援した。1月限は夜間取引でまず小動きとなってから、買いが進み930セント台前半に上昇。通常取引に入っていったん930セントを挟んでもみ合った後、改めて買いに弾みが付き、急速に値を伸ばした。取引終盤には930セント台後半に上昇した。

Posted by 直    11/7/19 - 16:55   

コーン:続落、買い材料乏しく需給報告控えポジション調整の売り
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:375-1/4↓3-1/2

シカゴコーンは続落。買い材料に乏しく、8日にUSDA需給報告の発表を控えていることもあり、ポジション調整の売りが出た。夜間取引では12月限は上下に振れる展開だったのから、通常取引開始後に売りが膨らみ、値を下げた。373-3/4セントと9月30日以来の安値を更新して売りもスローダウン。ただ、売りの流れは切れることもなく、いったん下げ渋った後、引けにかけて改めて弱含んだ。

Posted by 直    11/7/19 - 16:51   

小麦:反落、低調な週間輸出成約高背景に売りの展開
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:512-1/2↓4-1/4

シカゴ小麦は反落。低調な週間輸出成約高を背景に売りの展開になった。12月限は夜間取引でもみ合った後、買いが集まり上昇に転じた。ただ、520セント近くまで値を伸ばすと買いも息切れとなり、通常取引では改めて売りが膨らみ一気に510セント台前半に下落した。一時下げ幅を縮めても、前日の終値まで超えるとすぐに売りが台頭し、取引終盤に本日の安値圏に押し戻された。

Posted by 直    11/7/19 - 16:49   

株式:上昇、米中による段階的な関税撤回の合意を好感
  [場況]

ダウ工業平均:27,674.80↑182.24
S&P500:3,085.18↑8.40
NASDAQ:8,434.52↑23.89

NY株式は上昇。米中が段階的な関税の撤回で合意したと伝わり、景気減速に対する懸念が後退する中で投機的な買いが相場を主導、ダウ工業平均とS&P500種は終値ベースでの史上最高値を再び更新した。ダウ平均は寄り付きから買いが先行、中盤には上げ幅も200ポイント台後半まで拡大した。買い一巡後もしばらくは高値圏を維持しての推移、午後遅くには米政権内で関税撤回に対する激しい抵抗があると伝わったことを受けて売りに押し戻される場面も見られたが、下げ幅は限定的なものにとどまった。

セクター別では、エネルギーがしっかりと上昇したほか、銀行株や半導体、コンピューター関連にも買いが集まった。一方で金鉱株は下落、公益株や保険、薬品も下げが目立った。ダウ銘柄では、ダウ(DOW)が2.80%の上昇、ユナイテッド・ヘルス(UNH)やゴールドマン・サックス(GS)、エクソン・モービル(XOM)も2%を超える上昇となった。一方でウォルグリーン(WBA)は1.38%の下落、コカコーラ(KO)やファイザー(PFE)も値を下げた。

Posted by 松    11/7/19 - 16:44   

9月消費者信用残高は前月から95.1億ドル増加、予想下回る
  [経済指標]

消費者信用残高
出所:連邦準備制度理事会(FRB)、NY15:00発表、季節調整値、単位10億ドル、年率換算

19年9月 前月比 (年率) 19年8月 市場予想
消費者信用残高 4149.29 ↑9.51 ↑2.8% ↑17.84 ↑14.00
>回転(Revolving) 1076.99 ↓1.11 ↓1.2% ↓2.21
>非回転(Nonrevolving) 3072.30 ↑10.63 ↑4.2% ↑20.05

続きを読む

Posted by 松    11/7/19 - 15:05   

天然ガス:続落、強気の在庫統計にも関わらず手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:2.772↓0.056

NY天然ガスは続落。目先中西部や北東部で厳しい冷え込みが続くとの予報が下支えとなる中、在庫統計が予想を下回る積み増しにとどまったことを受けて買いが集まったものの、その後は材料出尽くし感もあってポジション整理の売りに押し戻された。12月限は夜間取引から売りが優勢、早朝には2.80ドルを割り込んでの推移となった。通常取引開始後は徐々に値を回復、在庫統計発表後は買い加速し2.80ドル台後半まで一気に値を伸ばしたものの、早々に息切れ。昼前からは一転して売り圧力が強まり、マイナス転落して取引を終了した。

Posted by 松    11/7/19 - 14:56   

石油製品:ガソリンが反発する一方、暖房油は小幅続落
  [場況]

RBOBガソリン12月限:1.6355↑0.0093
暖房油12月限:1.9203↓0.0075

NY石油製品はガソリンが反発する一方、暖房油は小幅続落。相場は夜間取引から買いが先行、株や原油の上昇が下支えとなる中、朝方にかけてしっかりと値を切り上げる展開となった。中盤には売りに押し戻されマイナス転落する場面も見られたものの、早々に下げ止まり。昼前からは改めて買い意欲が強まりガソリンは大きく値を伸ばしたが、暖房油は最後まで上値が重いまま取引を終了した。

Posted by 松    11/7/19 - 14:56   

原油:大幅反発、景気減速懸念後退やOPECの減産観測が下支え
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:57.15↑0.80

NY原油は大幅反発。米中が関税の段階的な撤回で合意、景気減速に対する懸念が後退する中、投機的な買いがしっかりと相場を押し上げる展開となった。OPECプラスが12月の総会で追加減産に踏み切るとの見方も、強気に作用した。12月限は夜間取引から買いが先行、早朝にかけては57ドル台を回復しての推移となった。朝方には57ドル台半ばまで上げ幅を拡大、中盤には一旦売りに押し戻される場面も見られたものの、押し目では買い意欲も強く、すぐに値を回復。昼前からは改めて騰勢を強める格好となり、57ドル台後半まで値を伸ばした。引けにかけては価格調整が進んだが、57ドル台は維持して取引を終了した。

Posted by 松    11/7/19 - 14:56   

金:大幅反落、米中の段階的な関税撤回合意受けて売りが加速
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,466.4↓26.7

NY金は大幅反落。米中が段階的な関税の撤回で合意したと伝わり、投資家のリスク志向が改めて強まる中、長期金利の上昇やドル高の進行を嫌気する形で投機的な売りが加速した。12月限は夜間取引ではややマイナス圏に入ったあたりでの小動き、その後中国が米国と関税撤回で合意したと発表したことを受け、1,480ドル台後半まで値を崩した。その後も売りの勢いが衰えず、早朝には1,480ドル台前半まで下げ幅を拡大。通常取引開始後には買い戻しが集まる場面も見られたが、株式市場が開くと売り一色の展開となり、昼前には1,460ドル台前半まで一気に値を崩した。

Posted by 松    11/7/19 - 13:50   

コーヒー:続伸、これまでの流れ継いだ投機的な買い集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:109.10↑1.10

NYコーヒーは続伸。需給面に新たな材料が出た訳ではなかったが、これまでの流れを継いだ投機的な買いがしっかりと相場を押し上げた。対ドルでのブラジルレアル高の進行も強気に作用した。12月限は夜間の時間帯は売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりでのもみ合いが続いた。NYに入ってもしばらくは動きが見られなかったが、その後買い意欲が強まりプラス圏を回復。中盤以降は再び動きが鈍ったものの、引けにかけてまとまった買いが入ると、109セント台まで上げ幅を拡大した。

Posted by 松    11/7/19 - 13:17   

砂糖:続落、材料難の中で前日の流れ継いだ売りに押される
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.39↓0.17

NY砂糖は続落。需給面で新たな材料が見当たらない中、前日の流れを継いだポジション整理の売りが相場を主導した。3月限は夜間の取引開始から売りが先行、12.40セント台まで値を切り下げての推移となった。朝方にかけては買い意欲が強まり、12.50セント台を回復。NYに入ってもしばらくは同水準での推移が続いたが、中盤にまとまった売りが出ると、12.35セントの安値まで急反落。売り一巡後も最後まで上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    11/7/19 - 13:17   

30年債入札、応札倍率は2.23、最高利回りは2.430%
  [金融・経済]

30年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

30年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(10/10)
合計 42419.1 19000.0 2.23 2.25
競争入札分 42404.8 18985.7 2.23 2.25
顧客注文比率(外国中銀含む) 58.79% 58.52%
最高落札利回り(配分比率) 2.430% (51.75%) 2.170%

Posted by 松    11/7/19 - 13:06   

19/20年度タイ砂糖生産、雨不足背景に17.2%減少見通し
  [砂糖]

タイ製糖協会の会長は7日にメディアに対し、同国の2019/20年度砂糖生産が1200万トンと、前年から17.2%減少する見通しを示した。砂糖きびの生産予想が前年比15.4%減の1億1000万トン。モンスーンの降雨不足が背景にあり、依然として干ばつが続いている生産地もあるという。2019/20年度の輸出は850万トンを見通し、これも前年から約2割ダウンになる。同氏はまた、ほとんどの農家が干ばつ耐性の高い作物に乗り換え始めていることを指摘し、2020/21年の砂糖きびと砂糖生産が一段と減少すると述べた。

Posted by 直    11/7/19 - 11:07   

オーストラリア砂糖きび圧搾、11月3日時点で89.1%終了
  [砂糖]

オーストラリアの砂糖製造業者協議会(ASMC)によると、国内の2019年砂糖きび圧搾は11月3日時点で2686万4137トンと、事前予想の89.1%終了した。圧搾は3日までの一週間で127万1931トン。ASMCは2019年の砂糖きび圧搾見通しを3016万3461トンと、従来の3015万8759トンからやや引き上げた。シーズン初めの生産見通しは3165万9480トンだったが、その後断続的に修正となっている。

Posted by 直    11/7/19 - 10:52   

19/20年世界穀物生産見通し、小幅ながら一段と引き下げ・FAO
  [穀物・大豆]

国連食糧農業機関(FAO)は7日付のレポートで、世界の2019/20年度穀物生産見通しを27億400万トンと、10月の前回報告での27億630万トンから小幅ながら一段と引き下げた。前年比にすると1.8%増加。

コーンを含めて雑穀の生産予想を14億2680万トンから14億2550万トンに僅かに下方修正した。主にメキシコのコーンとオーストラリアのオオムギの下方修正が背景にあり、いずれも乾燥の影響を指摘。ただ、世界生産は前年との比較で1.3%増加する。小麦生産見通しを7億6600万トンから7億6500万トンに小幅引き下げた。オーストラリアで引き続き雨不足が見通しを悪化させており、またカザフスタンでデモ乾燥被害が懸念されているという。一方、欧州連合(EU)やウクライナは上方修正。また、世界生産は下方修正でも前年比4.5%増加、過去最高を更新する。

FAOはこのほか北半球で始まった2020年の小麦作付について、EUで土壌水分の不足から作業が遅れていることを指摘した。ウクライナでも乾燥の影響から作付が減少する可能性を示唆。反面、ロシアでは天候に恵まれ、政府の輸出促進策もあって増反予想とした。南半球では2020年収穫の雑穀作付が開始し、南アフリカで価格上昇や好天気を背景に作付が増えることを見越す。ブラジルとアルゼンチンでは9月と10月の雨不足が作付に影響を及ぼしているが、輸出需要もあり、前年と同水準の見通しに変わらないという。

2019/20年度の穀物消費予想は27億1360万トンから27億920万トンに下方修正した。前年から0.8%増加で、過去最高更新の見通しに変わらない。小麦消費を7億6150万トンから7億5950万トンに下方修正、前年との比較にして1.5%の増加になる。雑穀消費は14億3580万トンから14億3390万トンに引き下げ、前年に比べて0.2%の増加になる。

穀物の貿易は4億1530万トンの従来予想から4億1510万トンに修正した。前年からは0.7%増加。期末在庫は8億4990万トンから8億4950万トンに小幅引き下げ、前年を1.5%下回る。

Posted by 直    11/7/19 - 10:46   

天然ガス在庫は340億立方フィートの積み増し、予想下回る
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位10億立方フィート

天然ガス在庫 11月1日 前週比 市場予想 前年比 過去5年平均比
全米(48州) 3729 ↑ 34 ↑ 44 ↑ 16.24% ↑ 0.99%

続きを読む

Posted by 松    11/7/19 - 10:33   

19/20年世界小麦生産見通し、3回連続下方修正・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、世界の2019/20年度小麦生産見通しを7億6500万トンと、10月の前回報告時の7億6600万トンから小幅引き下げた。これで3回連続の下方修正になり、カザフスタンの下方修正、またオーストラリアの見通しがさらに悪化したことを理由にしている。ただ、世界生産は前年比にすると4.5%の増加。

消費予想は7億6150万トンから7億5950万トンに引き下げた。飼料需要を下方修正。前年との比較では1.5%%増加する。2019/20年度の貿易は1億7210万トンの見通しで、これも従来の1億7350万トンから下方修正。アフガニスタンなどアジアの輸入が当初の予想以下であることを反映しているという。前年と比べると2.3%増加。期末在庫は2億7290万トンから2億7490万トンに引き上げた。ロシアを引き下げたが、それ以上に欧州連合(EU)を上方修正し、全体を押し上げる格好になったという。前年からは1.9%増加。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    11/7/19 - 10:13   

19/20年度世界コーン生産見通し下方修正、前年比0.4%増加・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、世界の2019/20年度コーン生産見通しを11億2260万トンと、10月の前回報告時の11億2410万トンからやや引き下げた。メキシコの下方修正が背景にあるが、前年比は0.4%と僅かにも増加で、過去2番目の高水準になる。

消費予想は11億4150万トンとし、30万トン引き下げた。この結果、前年の推定11億4160万トンを僅かに下回る。食用需要は増加でも、飼料用が米国を中心に減少する見通しを示した。一方、貿易は1億6150万トンの見通しとし、80万トン上方修正。それでも前年の過去最高からは減少の見方に変わらない。期末在庫は3億3100万トンの見通しで、米国の下方修正を背景に3億3720万トンから引き下げ。前年からは7.1%減少する。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    11/7/19 - 10:12   

19/20年度世界大豆生産見通し4回連続下方修正・AMIS
  [穀物・大豆]

農産物市場情報システム(AMIS)は月次レポートで、2019/20年度の世界大豆生産見通しを3億4310万トンと、10月の前回報告の3億4620万トンから4回連続で引き下げた。米国とインド、ロシアを下方修正。前年比にして5%の減少になる。

2019/20年度消費予想は3億5920万トンから、3億5550万トンに引き下げた。主にアルゼンチン、ブラジル、中国、インドの圧搾需要が当初の予想以下であるためとコメント。ただ、前年からは1.5%増加する。貿易は1億5050万トンの見通しで、50万トン引き上げた。前年比ほぼ変わらず。期末在庫見通しは4820万トンから4700万トンに引き下げた。米国を一段と下方修正した結果という。前年からは20.7%の減少。

AMISは、市場の透明性を高めることなどを目的に主要20カ国・地域(G20)が設立した。

Posted by 直    11/7/19 - 10:11   

中国向けで13.6万トンの大豆輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は7日、民間業者から中国向けで13万6000トンの2019/20年度産大豆輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    11/7/19 - 09:20   

フィリピン向けで13.3万トンの大豆ミール輸出成約報告・USDA
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)は7日、民間業者からフィリピン向けで13万3000トンの2019/20年度産大豆ミール輸出成約報告を受けたことを発表した。USDAは輸出業者に対し、10万トン以上の成約について翌日までの報告を義務付けている。

Posted by 直    11/7/19 - 09:20   

ロシアの金及び外貨準備高は前週から30億ドル増加
  [メタル]

ロシア中銀が7日に発表した週次データによると、同国の金及び外貨準備高は11月1日時点で5,429億ドルと、前週から30億ドル増加した。年初の4,685億ドルからは、744億ドルの増加となる。

Posted by 松    11/7/19 - 09:18   

ロシア小麦生産見通し、天候要因から下方修正・USDAアタシェ
  [穀物・大豆]

米農務省(USDA)アタシェによると、ロシアの2019/20年度小麦生産見通しは7400万トンと、従来の7900万トンから下方修正となった。中部やボルガ地方では多雨に見舞われた一方、ウラル地方、シベリア連邦管理区の一部で乾燥が長引くなど天候要因からイールドが事前予想を下回る見通しとなったことが背景にある。前年からは増加予想に変わらないが、伸び率は下方修正前の10%から3.2%に小さくなる。

輸出は3400万トンの予想で、3750万トンから引き下げられ、また前年から4.8%減少となる。ウクライナや欧州連合(EU)との競争に加え、米国の輸出による影響も懸念されると指摘。ロシア・ルーブルの上昇、規制や輸送コストが足かせであるという。

一方、コーン生産は前年比13.9%増の1300万トンとなった。南部ではイールド不振が報告されているものの、黒土地帯の改善が生産を押し上げるとの見方である。輸出が404万トンとみられ、前年から40.4%増加。

Posted by 直    11/7/19 - 08:38   

輸出成約高:小麦とコーンは前週から減少、大豆は増加
  [穀物・大豆]

USDA輸出成約高
出所:米農務省、NY8:30発表、単位1,000トン

10/31/19 今年度 次年度 合計 前週比 市場予想
小麦 360.6 0.0 360.6 ↓27.0% 350.0 〜600.0
コーン 487.9 0.0 487.9 ↓11.1% 300.0 〜650.0
大豆 1807.4 0.0 1807.4 ↑91.5% 600.0 〜1200.0
大豆ミール 262.4 0.0 262.4 ↑46.2% 150.0 〜300.0
大豆油 3.8 0.1 3.9 ↓87.0% 5.0 〜25.0

Posted by 松    11/7/19 - 08:36   

失業保険新規申請件数は21.1万件に減少、予想も下回る
  [経済指標]

失業保険新規申請件数
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、単位1,000件

11月2日 前週比 10月26日 市場予想
新規申請件数 211.00 ↓ 8.00 219.00 217.00
4週平均 215.25 ↑ 0.25 215.00 -
継続受給件数 1689.00 NA

続きを読む

Posted by 松    11/7/19 - 08:31   

6日のOPECバスケット価格は62.39ドルと前日から0.18ドル下落
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/6 (水) 62.39 ↓0.18
11/5 (火) 62.57 ↑0.57
11/4 (月) 62.00 ↑1.81
11/1 (金) 60.19 ↓0.33
10/31 (木) 60.52 ↓0.72

Posted by 松    11/7/19 - 07:00   

11/7(木)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・失業保険新規申請件数 (08:30)
・30年債入札 (13:00)
・9月消費者信用残高 (15:00)

エネルギー
・EIA天然ガス在庫統計 (10:30)

農産物
・USDA輸出成約高 (08:30)

Posted by 松    11/7/19 - 06:58   

2019年11月06日(水)

債券:反発、米中貿易協議の先行き不透明感改めて意識され買い
  [場況]

債券は反発。米中首脳会談が遅れる可能性が報じられ、米中貿易協議の先行き不透明感が改めて意識される格好となり、安全資産とされる債券に買いが入った。10年債入札結果が好調と受け止められたのも寄与。夜間取引で買いが先行し、通常取引でも流れを継続した。この結果、10年債利回りの低下が進み、午後には1.80%まで下がった。

Posted by 直    11/6/19 - 17:42   

ブラジルコーヒー輸出:6日現在12.92万袋と前月を644.9%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

11月6日 11月累計 前月(10/4) 前月比 前年比
輸出合計 76.114 129.161 17.340 ↑644.9% ↑11.5%
>アラビカ種 74.967 126.392 17.137 ↑637.5% ↑22.1%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 1.147 2.769 0.203 ↑1264.0% ↓77.5%

Posted by 松    11/6/19 - 17:19   

FX:円小幅高、米中貿易交渉への不透明感浮上する中で買われる
  [場況]

ドル/円:108.96、ユーロ/ドル:1.1066、ユーロ/円:120.58 (NY17:00)

為替は円が小幅高。米中首脳会談が12月にずれ込む可能性があるとの報道を受け、貿易交渉に対する不透明感が改めて高まる中、安全資産としての円に買いが集まった。ドル/円は東京から売りが優勢、ポジション調整の動きが主導する中、午後には108円台まで値を下げての推移となった。ロンドンでは売りも一服、109円の節目をやや下回ったあたりでのもみ合いが継続。NYに入ってもしばらくは動きが見られず、昼前には米中会談遅延の報道を受けて108円台後半まで一気に値を下げたものの、それ以上の動きは見られなかった。

ユーロ/ドルは東京では1.1070ドル台を中心としたレンジ内での推移、ロンドンに入ると買い意欲が強まり、1.1090ドルまで値を切り上げた。NYに入ると売りに押し戻される格好となり、昼には1.1060ドル台まで反落、その後は動きも鈍くなった。ユーロ/円は東京では売りが優勢、120円台後半で上値の重い展開が続いた。ロンドンに入るとやや買い意欲が強まったものの、121円台を試すような動きは見られず。NYに入ると改めて売りが加速、昼には120円台半ばまで値を切り下げた。

Posted by 松    11/6/19 - 17:12   

大豆:続落、8日にUSDA需給報告控えテクニカルな売り台頭
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:927-1/2↓6-3/4

シカゴ大豆は続落。8日にUSDA需給報告の発表を控え、テクニカルな売りが台頭した。夜間取引で売りが優勢となり、1月限は下落。朝方に買いが進んで上昇に転じる場面があったが、通常取引開始後に売りが膨らみ、急速に値を下げた。930セントちょうどでいったん下げ止まっても売りの流れは切れず、改めて弱含み。節目を割り込み、さらに値を下げた。

Posted by 直    11/6/19 - 16:56   

コーン:続落、引き続き収穫絡みで売り圧力強まる
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:378-3/4↓3-0

シカゴコーンは続落。引き続き収穫絡みで売り圧力が強まった。夜間取引で買いが先行し、12月限は反発。朝方に380Z台半ばまで上昇して買いにブレーキがかかり、通常取引に入って前日の終値水準まで戻した。しばらくもみ合ってから、売りに押されて下落。380セントを下抜けて一段安となり、377-1/2セントと9月30日以来の安値を付けた。

Posted by 直    11/6/19 - 16:54   

小麦:続伸、USDA需給報告に関心集まる中ポジション調整の買い
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:516-3/4↑1-1/2

シカゴ小麦は続伸。8日に発表のUSDA需給報告に関心が集まる中、ポジション調整の買いが入った。12月限は夜間取引で上下に振れる展開だったのから、朝方にかけて上昇となった。通常取引では520セント台に上がったが、521-3/4セントと10月25日以来の高値を付けて早々に買いもスローダウンし、そのまま伸び悩んだ。引け近くには前日の終値水準まで戻し、その後小高くなった。
 

Posted by 直    11/6/19 - 16:51   

株式:ほぼ変わらず、米中交渉の不透明感から売りもその後回復
  [場況]

ダウ工業平均:27,492.56↓0.07
S&P500:3,076.78↑2.16
NASDAQ:8,410.63↓24.05

NY株は前日からほぼ変わらず。ダウ工業平均とナスダック総合指数が小幅反落となる一方、S&P500種は僅かに反発した。ダウ平均は小安く寄り付いた後、直ぐに買い戻しが集まるプラス圏を回復。中盤にかけては前日終値近辺でのもみ合いが続いた。昼前に米中首脳会談が12月にずれ込む可能性があるとの報道を受け、貿易交渉に対する不透明感が高まる中で売りが加速、80ポイント以上一気に値を崩す場面も見られたものの、早々に下げ止まり。その後は再び前日終値近辺まで値を回復、引けにかけては動意も薄くなった。

セクター別では、金鉱株が上昇したほか、薬品株、生活必需品、保険、公益株もしっかり。一方でエネルギーは大幅に下落、半導体やバイオテクノロジーも下げがきつくなった。ダウ銘柄では、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)が1.19%の上昇となったほか、シスコ・システムズ(CSCO)やベライゾン(VZ)、マクドナルド(MCD)の伸びも1%を超えた。一方でウォルグリーン(WBA)は2.81%の下落、エクソン・モービル(XOM)やシェブロン(CVX)、ボーイング(BA)も下げが目立った。

Posted by 松    11/6/19 - 16:40   

天然ガス:反落、買い一巡となる中で手仕舞い売りに押される
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:2.828↓0.034

NY天然ガスは反落。ここまでの買いの勢いもようやく一服、ポジション整理の売りに押される形で値を下げた。12月限は夜間取引では前日の流れを継いだ買いが優勢、早朝には2.89ドルまで値を伸ばす場面も見られた。その後は一転して売り圧力が強まり、朝方には2.82ドルまで反落。通常取引開始後は改めて買い意欲が強まりプラス転換したものの、日中高値を更新することなく息切れ。中盤以降は改めて売りに押される展開、最後は朝方の安値を割り込むまで値を崩した。

Posted by 松    11/6/19 - 14:45   

石油製品:反落、原油の下落につれてポジション整理の売り膨らむ
  [場況]

RBOBガソリン12月限:1.6262↓0.0484
暖房油12月限:1.9278↓0.0288

NY石油製品は反落、原油の下落が重石となる中でポジション整理の売りが膨らんだ。相場は夜間取引から軟調に推移。通常取引開始後は一転して買い意欲が強まりプラス圏を回復したものの、在庫統計発表後は弱気の内容を嫌気した原油の下落につれて売りが加速、大きく下げ幅を拡大した。午後には売りも一服となったが、最後まで安値近辺で上値の重い状態が続いた。

Posted by 松    11/6/19 - 14:44   

原油:反落、在庫の大幅積み増しや米中貿易交渉への不透明感重石
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:56.35↓0.88

NY原油は反落。在庫統計で原油が予想を上回る大幅積み増しとなったことや、米中首脳会談が12月にずれ込む可能性があるとの報道を受け、貿易交渉への先行き不透明感が強まる中でポジション整理の売りが膨らんだ。12月限は夜間取引から売りが優勢、57ドルをやや割り込むあたりまで値を切り下げての推移となった。通常取引開始後は買い意欲が強まり、57ドル台後半まで一気に値を切り上げたものの、在庫統計発表後は一転して売り一色の展開。昼前に米中会談遅延に関するニュースが伝わると、56ドル台前半まで一気に下げ幅を拡大した。午後には売りも一服となったが、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    11/6/19 - 14:44   

天然ガス在庫は440億立方フィートの積み増し予想
  [エネルギー]

天然ガス在庫統計市場予想
7日 NY10:30発表、単位10億立方フィート、ダウジョーンズ社集計

予想平均 予想レンジ
天然ガス在庫 ↑ 44.0 ↑ 33.0 〜 ↑ 49.0
>前週 ↑ 89.0
>前年 ↑ 65.0
>過去5年平均 ↑ 56.2

Posted by 松    11/6/19 - 13:43   

金:反発、米中貿易交渉への不透明感高まる中で買い集まる
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,493.4↑9.4

NY金は反発。米中首脳会談が12月にずれ込む可能性が報じられたことを受け、貿易交渉に対する先行き不透明感が高まる中で安全資産としての買いが集まった。12月限は夜間取引から買いが先行、前日の急落の反動もあり、一時1,490ドルまで値を伸ばす場面も見られた。早朝にかけてはやや売りが優勢となったものの、押し目では買い意欲も強く、通常取引開始後には改めて1,490ドル台を回復。昼前に米中首脳会談遅延の可能性が報じられると一段と買い意欲が強まり、1,490ドル台半ばまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったものの、最後まで高値圏は維持したまま取引を終了した。

Posted by 松    11/6/19 - 13:41   

コーヒー:続伸、これまでの流れ継いだ投機的な買い集まる
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:108.00↑2.20

NYコーヒーは続伸。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが これまでの流れを継いだ投機的な買いが大きく相場を押し上げた。12月限は夜間の時間帯から底堅く推移、NYに入ると106セント台後半まで値を伸ばした。その後は対ドルでのブラジルレアル安の進行を嫌気する形で一旦売りに押されマイナス転落したものの、押し目では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。中盤以降は改めて買い意欲が強まる格好となり、最後は108セント台まで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    11/6/19 - 13:16   

砂糖:反落、レアルや原油の下落嫌気し手仕舞い売り膨らむ
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.56↓0.15

NY砂糖は反落。対ドルでのブラジルレアル安の進行や原油の下落が嫌気される中、前日の急伸の反動もあってポジション整理の売りが膨らんだ。3月限は夜間の時間帯から売りが優勢、早朝には12.60セントまで値を下げる場面も見られた。その後は一旦買い戻しが集まったものの、プラス転換する目前で息切れ。中盤にかけては改めて売りに押し戻される格好となり、、最後は12セント台半ばまで下げ幅を拡大した。

Posted by 松    11/6/19 - 13:16   

10年債入札、応札倍率は2.49、最高利回りは1.809%
  [金融・経済]

10年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

10年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(10/9)
合計 67181.3 27000.0 2.49 2.43
競争入札分 67161.2 26980.0 2.49 2.43
顧客注文比率(外国中銀含む) 64.54% 58.53%
最高落札利回り(配分比率) 1.809% (45.79%) 1.590%

Posted by 松    11/6/19 - 13:05   

ロシア穀物・豆類収穫、5日時点で1.229億トン
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、国内の2019年穀物・豆類収穫は11月5日時点で1億2290万トンとなった。面積にして4470万ヘクタールで、事前予想の95.7%終了した格好になる。イールドが2.75トンと、前年の2.6トンから上昇。小麦が2750万ヘクタールから7760万トン収穫済みとなり、98%終了、イールドは2.82トンだった。コーン収穫が190万ヘクタールから1160万トン、75.1%終わったという。イールドが5.97トン。

Posted by 直    11/6/19 - 12:21   

ロシア冬穀物作付、5日時点で1800万ヘクタール
  [穀物・大豆]

ロシア農務省によると、2020年に収穫となる冬穀物の作付は11月5日時点で1800万ヘクタールとなった。前年同期の1760万ヘクタールからアップ。作付は10月の終わり時点ですでに事前予想を上回った。

Posted by 直    11/6/19 - 12:20   

19/20年インド砂糖生産見通し下方修正、前年比19%減少・ISMA
  [砂糖]

インド製糖所協会(ISMA)は5日、国内の2019/20年度(10-9月)砂糖生産が2685万トンになるとの見通しを発表した。10月終わりの衛星画像に基づき、7月に発表した暫定予測の2820万トンから下方修正。前年比にして19%の減少になる。砂糖きびの栽培面積は483万1000万ヘクタールとみており、7月時点での493万1000ヘクタールからやや引き下げた。前年との比較で12.2%減少。

続きを読む

Posted by 直    11/6/19 - 12:18   

EIA在庫:原油は792.9万バレルの積み増し、予想大きく上回る
  [エネルギー]

EIA石油在庫統計
出所:米エネルギー省情報局(EIA)、NY10:30発表、単位1,000バレル

11月1日現在 前週比 市場予想 API発表(前日)
原油在庫 446782 ↑ 7929 ↑ 1418 ↑ 4260
ガソリン在庫 217229 ↓ 2828 ↓ 1682 ↓ 4000
留出油在庫 119132 ↓ 622 ↓ 1209 ↓ 1600
製油所稼働率 86.00% ↓ 1.69 ↑ 0.82 -
原油輸入 6077 ↓ 620 - -

続きを読む

Posted by 松    11/6/19 - 10:36   

ロシア砂糖ビート収穫、11月5日時点で92.2%終了
  [砂糖]

ロシア農務省によると、2019年砂糖ビートの収穫は11月5日時点で4890万トンとなった。面積にして106万へクタールになり、事前予想の92.2%終了。イールドが46.32トンという。

Posted by 直    11/6/19 - 09:58   

エジプトGASC、ロシア産とルーマニア産小麦買い付け
  [穀物・大豆]

エジプト商品供給公社(GASC)が5日に17万5000トンの小麦を買い付けたと報じられた。関係者によると、購入したのは12万トンのフランス産と5万5000トンのロシア産で、価格はそれぞれ1トン214ドル、218ドル。小麦は全て12月15−25日に出荷になる。

Posted by 直    11/6/19 - 09:48   

7-9月期労働生産性速報値は前期比0.28%低下、予想外のマイナス
  [経済指標]

労働生産性
出所:米労働省、NY8:30発表、季節調整値、年率換算、2012年=100

19年3Q 前期比 19年2Q 市場予想
労働生産性 ↓0.28% ↑2.48% ↑1.0%
単位労働コスト ↑3.55% ↑2.43% ↑2.1%

続きを読む

Posted by 松    11/6/19 - 08:35   

10月のコロンビアコーヒー生産、前年から26%増加
  [コーヒー]

コロンビアコーヒー生産者連合会(Fedecafe)によると、同国の10月のコーヒー生産は136万9000袋と前年同月から26%増加した。2ヶ月連続の増加でもある。年初から10月まであわせて1156万6000袋になり、前年同期を5%上回った。10月の輸出は121万1000袋で、前年から15%増加した。

Posted by 直    11/6/19 - 08:10   

MBA住宅ローン申請指数は前週から0.10%低下
  [経済指標]

住宅ローン申請指数
出所:米モーゲージ・バンカーズ協会(MBA)、NY7:00発表、季節調整値

11月1日 前週比 前年比 10月25日
総合指数 518.7 ↓0.10% ↑58.53% ↑0.64%
新規購入指数 241.0 ↓2.51% ↑6.59% ↑2.28%
借り換え指数 2102.7 ↑1.78% ↑143.99% ↓0.52%

Posted by 松    11/6/19 - 07:02   

5日のOPECバスケット価格は62.57ドルと前日から0.57ドル上昇
  [エネルギー]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/5 (火) 62.57 ↑0.57
11/4 (月) 62.00 ↑1.81
11/1 (金) 60.19 ↓0.33
10/31 (木) 60.52 ↓0.72
10/30 (水) 61.24 ↓0.20

Posted by 松    11/6/19 - 06:46   

11/6(水)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・住宅ローン申請指数 (07:00)
・7-9月期労働生産性速報値 (08:30)
・10年債入札 (13:00)

エネルギー
・EIA石油在庫統計 (10:30)

Posted by 松    11/6/19 - 06:42   

2019年11月05日(火)

債券:続落、米中貿易協議進展期待に加えISM非製造業指数も重石
  [場況]

債券は続落。米中貿易協議の進展期待に加え、朝方発表された米供給管理協会(ISM)非製造業指数の改善も重石となって売りが膨らんだ。夜間取引に売りが優勢となり、10年債利回りは1.8%台に上昇。通常取引でも流れを維持して一段と上がり、一時、1.87%と9月中旬以来の高水準を付けた。

Posted by 直    11/5/19 - 17:33   

FX:ドル続伸、強気の経済指標支えにしっかりと買い集まる
  [場況]

ドル/円:109.14、ユーロ/ドル:1.1074、ユーロ/円:120.86 (NY17:00)

為替はドルが続伸。米中の貿易交渉進展に対する期待や、強気の経済指標を受けた景気減速懸念の後退を受けて投資家のリスク志向が強まる中、ドルに大きく買いが集まった。ドル/円は東京から買いが先行、米国が対中関税の一部撤回を検討していると伝わる中、108円台後半までレンジを切り上げての推移となった。ロンドンに入っても底堅い値動きが継続、NYに入るとISMサービス指数が強気の内容となったことを受けて買いが加速、109円台前半まで一気に値を伸ばした。その後は買いも一服となったものの、ポジション調整の売りに押されることもなく、高値圏をしっかりと維持してのもみ合いが続いた。

ユーロ/ドルは東京では1.11ドル台前半のレンジ内で上下を繰り返す展開。ロンドン朝には買いが優勢となる場面も見られたものの、その後は一転して売りに押される展開となり、NYに入ると1.11ドル台を割り込んだ。その後はISMサービスの強気サプライズを受け、1.10ドル台後半まで下げ幅を拡大。中盤以降は売りも一服となったものの、安値近辺でのもみ合いが続いた。ユーロ/円は東京から買いが優勢、121円の節目を挟んだレンジまで値を切り上げての推移となった。ロンドン朝には121円台前半まで上げ幅を拡大したものの、その後は一転して売りに押される格好となり、NYに入ると120円台後半まで値を下げた。中盤以降は値動きも一服、同水準での小動きが続いた。

Posted by 松    11/5/19 - 17:28   

ブラジルコーヒー輸出:5日現在5.30万袋と前月を209.5%上回る
  [コーヒー]

ブラジルコーヒー生豆輸出
出所:ブラジルコーヒー生豆輸出協会(CECAFE)、単位1,000袋(60kg)

11月5日 11月累計 前月(10/3) 前月比 前年比
輸出合計 45.287 53.047 17.137 ↑209.5% ↑856.8%
>アラビカ種 43.665 51.425 17.137 ↑200.1% ↑827.6%
>ロブスタ種 0.000 0.000 0.000 - -
>インスタント 1.622 1.622 0.000 - -

Posted by 松    11/5/19 - 16:56   

株式:ダウ平均とナスダック続伸の一方、S&P500は反落
  [場況]

ダウ工業平均:27,492.63↑30.52
S&P500:3,074.62↓3.65
NASDAQ:8,434.68↑1.48

NY株式はダウ工業平均とナスダック総合指数が小幅ながら続伸、史上最高値を更新した一方、S&P500種は反落。米国が対中関税の一部撤回を検討していると伝わるなど、貿易交渉進展に対する期待が改めて高まったが、積極的な買いにつながることはなかった。ISMサービス指数が予想を上回ったことも、影響は限定的なものにとどまった。ダウ平均は寄り付きからしっかりと買いが先行、ISMサービス指数の発表後は100ポイント近くまで上げ幅を拡大したものの、早々に息切れ。中盤にかけてはややプラス圏に入ったあたりを中心としたもみ合いが続いた。午後からはは改めて騰勢を強める格好となったが、午前中の高値を更新することなく伸び悩み。引けにかけては売りが優勢となり、上げ幅を縮小して取引を終了した。

セクター別では、銀行株に買いが集まったほか、運輸株やエネルギーもしっかりと上昇。一方で金鉱株は大幅に下落、公益株や薬品、バイオテクノロジーも下げが目立った。ダウ銘柄では、ウォルグリーン(WBA)が2.62%の上昇となったほか、ボーイング(BA)、2%を超える伸びを記録。エクソン・モービル(XOM)やマクドナルド(MCD)も値を伸ばした。一方でファイザー(PFE)は1.45%、ビサ(V)は1.44%それぞれ下落。コカコーラ(KO)やメルク(MRK)、ホーム・デポ(HD)、ウォルト・ディズニー(DIS)も値を下げた。

Posted by 松    11/5/19 - 16:54   

大豆:反落、コーン下落につれて売り台頭し収穫圧力も重石
  [場況]

CBOT大豆1月限終値:934-1/4↓3-3/4

シカゴ大豆は反落。コーンの下落につれて売りが台頭し、収穫圧力も重石となった。1月限は夜間取引で上下に振れる展開だったのから、朝方に売り圧力が強まり値を下げた。930セント台前半に下落し、通常取引に入って前日の安値を下抜ける場面もあったが、下値で売りも一服。取引終盤に下げ渋った。

Posted by 直    11/5/19 - 16:50   

コーン:続落、テクニカルや収穫にらんでやや売りの展開
  [場況]

CBOTコーン12月限終値:381-3/4↓1-1/2

シカゴコーンは続落。テクニカルや収穫をにらみながらやや売りの展開となった。夜間取引では買いが進み、12月限は380セント台半ばに上昇し、通常取引開始後に売りに転じて反落。380-1/2セントと10月11日以来の安値を付け、その後売りもややスローダウンし、限定的な下げで終わった。

Posted by 直    11/5/19 - 16:42   

小麦:反発、新規材料乏しく前日の下落の反動で買い集まる
  [場況]

CBOT小麦12月限終値:515-1/4↑5-1/2

シカゴ小麦は反発。新規材料に乏しく、前日の下落の反動で買いが集まった。夜間取引で買いが優勢となり、12月限は510セント台に上昇。朝方にいったん値を消したが、通常取引に入って前日終値を下回ると買いが集まり、改めて小じっかりとした。引け近くには買いのピッチが速まり、510セント台半ばに値を伸ばした。

Posted by 直    11/5/19 - 16:40   

API在庫:原油は426万バレルの積み増し、石油製品は減少
  [エネルギー]

API石油在庫統計
出所:全米石油協会(API)、NY16:30発表、単位1,000バレル

11月1日現在 前週比 市場予想
原油在庫 ↑ 4260 ↑ 1418
>オクラホマ州クッシング ↑ 1300 -
ガソリン在庫 ↓ 4000 ↓ 1682
留出油在庫 ↓ 1600 ↓ 1209

続きを読む

Posted by 松    11/5/19 - 16:32   

天然ガス:続伸、暖房需要の増加観測が引き続き買い呼び込む
  [場況]

NYMEX天然ガス12月限終値:2.862↑0.041

NY天然ガスは続伸。目先中西部や北東部で厳しい寒さが続くとの予報に変化が見られない中、暖房需要の増加観測が引き続き買いを呼び込んだ。液化天然ガス(LNG)の輸出が増加基調にあるとの見方も強気に作用した。12月限は夜間取引から買いが先行、一時2.90ドル台まで値を伸ばす場面も見られた。朝方には2.80ドル台半ばまで売りに押し戻される格好となったものの、この水準では買い意欲も強く、しっかりと下げ止まり。中盤にかけては2.80ドル台半ばから後半のレンジ内でのもみ合いが続いた。午後には改めて売りが膨らみ、2.80ドル台前半まで値を崩す場面も見られたが、最後は2.80ドル台半ばまで買い戻された。

Posted by 松    11/5/19 - 15:01   

石油製品:続伸、原油や株の上昇支えに投機的な買い集まる
  [場況]

RBOBガソリン12月限:1.6746↑0.0109
暖房油12月限:1.9566↑0.0161

NY石油製品は続伸。原油や株の上昇が下支えとなる中、前日までの流れを継いだ投機的な買いが相場を主導した。相場は夜間取引から買いが先行、朝方にはやや売りに押し戻される場面も見られたが、通常取引開始後は一段と騰勢を強める展開。中盤以降は上昇も一服となったものの、高値圏はしっかりと維持しての推移。暖房油は引けにかけて改めて買いが集まった。

Posted by 松    11/5/19 - 15:00   

原油:続伸、米中貿易交渉進展への期待から買いが加速
  [場況]

NYMEX原油12月限終値:57.23↑0.69

NY原油は続伸。米中貿易交渉進展への期待が下支えとなる中、株高の進行につれて投機的な買いが集まった。イランが核濃縮のペースを速めていると伝わったことも、強気に作用した。12月限は夜間取引から買いが先行、早朝には57ドルの節目を挟んだレンジまで値を切り上げての推移となった。通常取引開始後は改めて騰勢を強める格好となり、57ドル台半ばまで上げ幅を拡大。その後は買いも一服となったものの、57ドル台はしっかりと維持しての推移。最後まで大きく売りに押し戻されることもないままに取引を終了した。

Posted by 松    11/5/19 - 15:00   

金:大幅続落、長期金利の上昇やドル高嫌気し売りが加速
  [場況]

COMEX金12月限終値:1,483.7↓27.4

NY金は大幅続落。米中慕貿易交渉が第一段階の合意に向けて進捗しているとの見方や、長期金利の上昇やドル高の進行が重石となる中、ポジション整理の売りに大きく押し戻された。12月限は夜間取引から売りが優勢、ややマイナス圏に入ったあたりを中心に上値の重い展開となった。早朝からは改めて売り圧力が強まる格好となり、通常取引開始後には1,490ドル台前半まで下げ幅を拡大。その後一旦は買い戻しが優勢となったものの、ISMサービス指数が予想を上回る強気の内容となったことを受けて改めて売りが加速、1,480ドル台前半まで一気に値を崩した。昼前には下げも一服となったものの、最後まで安値近辺で上値の重い展開が続いた。

Posted by 松    11/5/19 - 13:42   

コーヒー:大幅反発、レアル高の進行支えに投機的な買いが加速
  [場況]

ICE-USコーヒー12月限終値:105.80↑2.15

NYコーヒーは大幅反発。需給面で新たな材料が出た訳ではなかったが、対ドルでのブラジルレアル高の進行が好感される中で投機的な買いが加速、期近終値ベースで7月以来の高値を更新した。12月限は夜間の時間帯は売りが優勢、朝方には103セントを割り込むまで値を切り下げての推移となった。NYに入ると一転して買い意欲が強まり、早々に104セント台を回復。その後しばらくは動きが止まったが、中盤以降は改めて騰勢を強める展開となり、最後は106セントをつけるまでに上げ幅を拡大した。

Posted by 松    11/5/19 - 13:13   

砂糖:大幅続伸、レアル高支恵となる中で買いの流れが加速
  [場況]

ICE-US砂糖3月限終値:12.71↑0.20

NY砂糖は大幅続伸。対ドルでのブラジルレアル高の進行が下支えとなる中で、これまでの流れを継いだ買いが加速、終値ベースで10月4日以来の高値を更新した。3月限は夜間の取引開始時から買いが先行、早々に12.60セント台まで値を切り上げての推移となった。朝方にはやや売りに押し戻される場面も見られたが、NYに入ると改めて騰勢を強める格好となり、12.70セントまで上げ幅を拡大。中盤にかけては買いも一巡となったものの、しっかりと高値圏を維持しての推移。引けにかけては改めて買いが集まった。

Posted by 松    11/5/19 - 13:13   

3年債入札、応札倍率は2.60と前回上回る、利回りは上昇
  [金融・経済]

3年債入札
出所:米財務省、単位100万ドル

3年債 応札額 発行額 応札倍率 前回(10/8)
合計 98641.2 38000.1 2.60 2.43
競争入札分 98492.1 37851.0 2.60 2.43
顧客注文比率(外国中銀含む) 53.32% 45.80%
最高落札利回り(配分比率) 1.630% (42.86%) 1.413%

Posted by 松    11/5/19 - 13:06   

印マハラシュトラ州砂糖きび圧搾、3ヶ月も続かない可能性
  [砂糖]

インド・マハラシュトラ州の2019/20年度砂糖きび圧搾は、例年より遅い開始となるうえ、3ヶ月も続かない可能性が報じられた。圧搾開始は11月最終週もしくは12月第一週になる見通し。西インド製糖所協会(WISMA)のプレジデントは、通常なら州政府閣僚の会合で開始日決定となるところ、今年は会合自体の開催すら決まっていないと指摘した。

圧搾の遅れの背景にあるのが天候絡みの砂糖きび不足である。マハラシュトラ州は6月のモンスーン開始時には雨不足に見舞われ、7月以降は大雨や洪水が発生。約6万2000ヘクタールに相当する砂糖きびの被害が伝わっている。また、10月にサイクロンに伴う豪雨を経験し、今週新たなサイクロンの予報も出ており、さらなるダメージが懸念されている。WISMAプレジデントはこのほか、隣接するカルナタカ州の区画規制によって、マハラシュトラ州の製糖所がカルナタカ州から砂糖きびの調達するのが難しくなっていることも指摘した。

Posted by 直    11/5/19 - 11:44   

2019年ウクライナコーン収穫、11月4日時点で81%終了・農務省
  [穀物・大豆]

ウクライナ農務省によると、国内の2019年コーン収穫は11月4日時点で2760万トンとなり、作付されたうち81%終了した。イールドは6.89トンという。

Posted by 直    11/5/19 - 11:33   

9月の米大豆輸出、前月から21.1%減少
  [穀物・大豆]

米商務省が5日に発表した9月の貿易収支によると、大豆輸出は389万13トンと前月から21.1%減少した。大豆油は70.7%落ち込んで2万2016トン。また、大豆ミールが68万4757トンで、15.1%減少した。

Posted by 直    11/5/19 - 10:58   

9月の米コーン輸出前月から28.2%減少、小麦は10%ダウン
  [穀物・大豆]

米商務省が5日に発表した9月の貿易収支によると、コーン輸出は202万8505トンと前月から28.2%減少した。小麦輸出は231万2813トンになり、10%ダウン。

Posted by 直    11/5/19 - 10:58   

9月の米コーヒー輸入、前月から18.3%減少
  [コーヒー]

米商務省が5日に発表した 9月の貿易収支によると、コーヒー輸入は8万5360トン (約142万袋)となった。前月の10万4465トン (約174万袋)から3.7%増加した。

Posted by 直    11/5/19 - 10:57   

9月求人・労働力異動調査(JOLTS)、求人数は前月比27.7万人減少
  [経済指標]

求人・労働力異動調査(JOLTS)
出所:米労働省、NY10:00発表、季節調整値、単位1,000人

19年9月 前月比 求人/離職率 19年8月
求人数 7024 ↓277 4.42% 4.59%
離職数 5808 ↑76 3.83% 3.78%
>自発的離職 3498 ↓103 2.30% 2.37%

続きを読む

Posted by 松    11/5/19 - 10:09   

10月ISM非製造業指数は54.7に上昇、予想も上回る
  [経済指標]

ISM非製造業指数
出所:米供給管理協会(ISM)、NY10:00発表

ISM非製造業指数 19年10月 19年9月 市場予想
NMI/PMI 54.7 52.6 53.3
ビジネス指数/生産 57.0 55.2

続きを読む

Posted by 松    11/5/19 - 10:04   

ユーロシステムの金準備高は前週から300万ユーロ増加
  [メタル]

ECBが5日に発表したデータによると、欧州圏中銀(ユーロシステム)の金準備高(受取勘定含む)は11月1日現在4,740億6,600万ユーロと、前週から300万ユーロ増加した。増加はユーロシステム内の中銀1行による金取引によるもの。

Posted by 松    11/5/19 - 09:57   

9月の米国金輸入は前月から28.84%減少、商務省
  [メタル]

米商務省が5日に発表した貿易収支によると、9月の金輸入は5,545.988キログラムと、前月の7,794.039キログラムから28.84%減少した。前年同月の4,664.731キログラムからは18.89%の増加となる。年初来の累計では3万8,811.589キログラムと、前年同期の4万9,401.0814キログラムを21.44%下回っている。

Posted by 松    11/5/19 - 09:55   

ブラジル大豆作付、10月31日時点で46%終了・アグルーラル
  [穀物・大豆]

ブラジルの農業顧問アグルーラルによると、ブラジルの2019/20年度大豆作付は10月31日時点で46%終了した。前週の35%から進み、前年同期の60%を下回るものの、過去5年平均の43%からは改善。最大の生産地のマットグロッソ州で84%終わり、前週から12ポイントアップとなった。また、パラナ州でも降雨が寄与して60%終了し、前週の46%から上がった。マットグロッソ・ド・スル州の作付は前週時点で29%だったのから、58%アップ。今週に予報通り降雨に恵まれるようなら、同州南部の作付は11月第一週に終わるとの見方を示した。

アグルーラルは2019年の大豆作付を前年比1.3%増の3640万ヘクタールと見越す。また、増反により、生産は1億2100万トンと過去最高の見通しとしている。

Posted by 直    11/5/19 - 09:45   

10月のチェーンストア売上高、最初の4週間で前月比0.3%増加
  [経済指標]

米小売調査レッドブック・リサーチが8日に発表したレポートによると、10月の国内チェーンストア売上高は最初の4週間で前月から0.3%増加した。前年同期と比べると4.6%の増加という。

Posted by 直    11/5/19 - 08:56   

9月貿易収支524.5億ドルの赤字、前月から赤字縮小
  [経済指標]

貿易収支
出所:米商務省、NY8:30発表、季節調整値、単位100万ドル、▲赤字

19年9月 前月比 19年8月 市場予想 年初来
貿易収支 (モノ+サービス) ▲52450 ↓4.70% ▲55036 ▲52500 ▲481328
>モノ(Goods) ▲71718 ↓3.63% ▲74423 ▲659799
>サービス 19267 ↓0.62% 19387 178470
輸出 (モノ+サービス) 205990 ↓0.88% 207825 1870518
輸入 (モノ+サービス) 258440 ↓1.68% 262861 2351847

続きを読む

Posted by 松    11/5/19 - 08:35   

小売チェーンストア販売指数、前週比1.2%上昇
  [経済指標]

米小売調査会社リテール・エコノミストとゴールドマン・サックスが集計したデータに基づく週間小売チェーンストア販売指数(季節調整値)は、11月2日時点で前週から1.2%上昇した。前年同期比にすると1.6%の上昇になる。

Posted by 直    11/5/19 - 08:02   

4日のOPECバスケット価格は62.00ドルと前週末から1.81ドル上昇
  [経済指標]

OPECバスケット価格
出所:石油輸出国機構(OPEC)、単位:ドル/バレル

日付 バスケット価格 前日比
11/4 (月) 62.00 ↑1.81
11/1 (金) 60.19 ↓0.33
10/31 (木) 60.52 ↓0.72
10/30 (水) 61.24 ↓0.20
10/29 (火) 61.44 ↓0.21

Posted by 松    11/5/19 - 06:57   

11/5(火)の予定
  [カレンダー]

経済指標
・9月貿易収支 (08:30)
・9月求人・労働力異動調査 (JOLTS) (10:00)
・10月ISM非製造業指数 (10:00)
・3年債入札 (13:00)

エネルギー
・API石油在庫統計 (16:30)

Posted by 松    11/5/19 - 06:54   

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

WEB会員




当ウェブサイト上で提供している内容は、信頼に値すると判断した情報を基に作成されていますが、
あくまでも情報提供が目的であり、その結果について責任を負うものではありません。
投資の決断は、投資家自身の判断に基いて下してください。
先物取引はリスクの高い取引であり、多大な損失をもたらす場合があります。
投資を行う前には 十分な考慮が必要です。

Copyright © 2017-2019   Yosoukai Global Investors, Inc.,  All rights reserved
無断転載、引用は固くお断りします

会社概要サービス広告掲載 プライバシーポリシーお問い合わせ